2019年 03月 04日 ( 1 )   

東京・清瀬市 いよいよ市政を変えるとき   

深沢まさ子市議の事務所びらき
宮本衆院議員と一緒に参加
 3月2日午前中、共産党の深沢まさ子・清瀬市議の事務所びらきでした。宮本徹衆院議員は、午前2時に本会議を終えて駆け付け、あいさつ。つづいて私も。司会の方が、「いつも2人でいろいろな行事に参加してくださり、身内のようです」と紹介してくださり、とてもうれしかったです。

市長予定候補 池田いづみさんも駆けつけて
 そして! 池田いづみさん(市長予定候補)が駆けつけてくださいました。「党派をこえて推薦や支援を決めてくださっていること、とてもうれしい。この流れをさらに広げたい」と。深沢さんのことも、「従軍慰安婦問題や男女共同参画のとりくみで、ご一緒してきた」と話され、そのなかで人となりも含め、信頼できる人だということをよくわかっている、さらに市議として引き続きとりくんでいただきたい、と熱いエールを送ってくださいました。そしてしめくくりに、ひとりの行動が社会を動かしていくと信じている、という信念を語られ、感動しました。分け隔てがなく、物事をまっすぐに見て行動する、素晴らしい方! 池田さんが、「うそのない政治にしなければならない」というと、本当に説得力があります。

深沢まさ子市議 原点を語る
 そして、深沢さんがスピーチ。池田さんのお話を受けて、池田さんが清瀬市の男女平等推進条例制定と普及に尽力されてきたこと。そこに、自分自身も参加し、男女平等について子どもにわかるパンフレットをつくり、現在小学5年生全員に配布されていることなどを紹介しながら、男女平等、差別のない社会にしたいという思いで共産党に入党した、という自らの原点を話しました。
 そのもともとのきっかけは、社会事業大学の学生だったときに、女性の緊急一時保護施設での実習だったと。そのシェルターをつくり広げる運動をしてきたのも池田さん、と紹介。誰もが個人として尊重される社会をめざしてとりくんできている2人の話に、いよいよ市政を変えるときだ、と思いました。

 池田いづみさんと一緒に。そして、共産党市議団を4人から5人へ。私も一緒に頑張ります。


スピーチする深沢まさ子市議
b0190576_20172835.jpg
b0190576_20134194.jpg
市長予定候補 池田いづみさん
b0190576_20134822.jpg
国会報告をする宮本徹衆院議員
b0190576_20135457.jpg
私もスピーチ
b0190576_20135872.jpg
「がんばってね」「がんばる!」と和やかに
b0190576_20140691.jpg




by hara-noriko | 2019-03-04 20:16 | Comments(0)