2019年 05月 14日 ( 1 )   

戦争をあおる発言は許されない   

 5月14日、共産党東久留米市議団のみなさんと一緒に、駅前で朝の宣伝をしました。日本維新の会の丸山穂高衆院議員が見過ごすことのできない発言をしました。黙っていられなくて、スピーチで取り上げました。以下は、その内容です。午後の動きを加えてまとめました。

千島問題 戦争で領土奪還
日本維新の会 丸山穂高議員が重大発言
 みなさん、報道を見て、多くの方が背筋が凍るような、本当に許されない発言だと思われていると思います。日本維新の会の丸山穂高衆院議員が国後島で、この島を取り戻すためには、戦争でも起こさないといけないのではないか、と元島民の方に執拗に質問を繰り返したことが報道されています。
 報道によれば、国後島の「ビザなし交流」に参加した際、丸山氏は元島民に「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」と聞き、「戦争はすべきではない」という元島民に、「戦争しないとどうしようもなくないですか」などといいました。

即刻、辞職すべきです
 領土問題にかかわって国会議員が、戦争じゃないと取り戻せないのではないか、などということ自体、大問題であり、議員を辞職すべきだと心から思います。こういう発言を平気で繰り返すのでは、いつまでたっても解決しないどころか、こじれてしまうのではないか、そう多くの方が心配されているのではないでしょうか。
 みなさん、お一人おひとり、思想信条は違い、また支持政党や支持する議員もそれぞれだと思います。でも、戦争をあおるような発言をする議員が平気で活動を続けるのは、やっぱりおかしいのではないでしょうか。許されないことだと思います。

安倍改憲を支える維新
 日本維新の会(代表・松井一郎大阪市長)というこのグループは、安倍政権に先駆けて9条もどんどん変えていく、安倍政権のスピードが遅いから、もっとそれを前にすすめていくんだ、そういう立場で取り組んでいるグループです。今回の発言を受けて松井代表も、丸山議員を除名して議員辞職を促さざるえない事態です。
 私たちの暮らしの土台は、平和であることです。平和を守るというのは、思想、信条、立場の違いを超えて、大前提です。その大前提を崩す発言は許されません。戦争がなければ領土を取り戻せない、このような発言をした議員は辞職すべきだということを強く訴えます。

市民と野党の共同ひろげ
参院選で安倍政権退陣へ
 みなさん、いま、安倍政権は憲法9条を変えようとしています。夏の参院議員選挙でも多数を握って、2020年には実現したいと公言しています。本当に危険です。私たち日本共産党は、32ある1人区で野党共闘の候補者が擁立できるように全力をあげています。すでに熊本、愛媛、新潟では市民と野党の共同候補が決まりました。
 いま大事なのは、さまざまな違いはあっても、「安倍政権のもとで改憲をやらせてはいけない」「こんなに景気が悪くなってきているのに、消費税の増税はさせるわけにはいかない」、こういう大きな一致点で、力を合わせることが必要ではないでしょうか。参院選で、安倍政権退陣にすすんでいけるように力を尽くしていきたいと思います。

比例代表は日本共産党
東京選挙区は吉良よし子さん
 そして、そのためにも、ぜひとも日本共産党へご支援をお願いいたします。日本共産党は、さまざまな立場の人たちと一致点を大事にして共同で政権を取っていく方針を綱領に書き込んでいる政党です。日本共産党をぜひとも伸ばしていただいて、野党共闘のかなめとなってがんばりたいと思います。比例代表は日本共産党へ、東京選挙区は吉良よし子参院議員へ、大きなお力添えをいただきたいと思います。ご一緒に政治を良くしていきましょう。


共産党東久留米市議団と一緒に
「戦争をあおる政治家はノー」と訴えました
b0190576_23121695.jpg
永田まさ子市議
b0190576_23091297.jpg
北村りゅうた市議
b0190576_23091679.jpg
はもしだ芳美市議
b0190576_23092095.jpg




by hara-noriko | 2019-05-14 23:10 | 国政 | Comments(0)