2019年 05月 30日 ( 2 )   

「東久留米市手をつなぐ親の会」総会に参加して   

 5月28日、「東久留米市手をつなぐ親の会」の第52回定時総会へ。この日は、市議会の請願受け付け、一般質問通告の日でもあり、共産党市議団幹事長の村山順次郎市議は市役所に残り、永田まさ子、北村りゅうた、かもしだ芳美の各市議が出席しました。他の会派からもそれぞれ出席していました。

長田会長から堀野会長にバトンタッチ

 これまで14年にわたって会長を務めてきた長田会長から、堀野会長にバトンタッチ。節目の大事な総会となりました。
 「東久留米市手をつなぐ親の会」は、知的障がい児者の親の集まりです。自らの思いを上手に伝えられない知的障がいのある人たちがより良い社会環境の中で生活できるように福祉の増進を図る活動をしています。
 私は、次のようなあいさつをしました。

私のあいさつ

みなさんの声にこたえる取り組みを
 …大変な激動の中、長きにわたり会長を務められてきた長田会長、本当にお疲れ様でした。そして、親の会は、会長を中心にしながら、みなさんで力を合わせてとりくまれている会だといつも実感してきました。みなさんのご努力に心から敬意を表します。
 同時に、障害福祉の分野は、ご家族のみなさんの努力で道を拓いてきてくださっている。一日も早く、もっと社会全体でサポートする体制をつくっていかないといけない、とつくづく思います。
 先ほど会長も自立支援法について触れられていましたが、あのときのとりくみで学んだ絶対に忘れてはいけないと思っていることは、「私たちのことを私たちぬきで決めないで」という障がい者のみなさんの声です。この声にこたえる取り組みをしていかなければと思っています。

住み慣れた地域で安心して過ごせるように
 いま、東京都ではグループホームの都加算が廃止になり、みなさんの運動によって重度の方の受け入れについての支援がされることにはなりました。しかし、本来のグループホームは、住み慣れた地域で安心して過ごせる、グループホームで生活しながら、土日には実家に帰ったり、地域に出て過ごしたりすることもできる、そこに大切な意義と良さがあると思います。そうやってみなさんの努力で少しずつ増えてきている。そこを支援していく手立てが必要であり、そこをどうしていくかは、本当に大きな課題です。住み慣れた地域で安心して、だれもが生きいきと過ごせるように、私もとりくみを強めたいと思います。…
 長年、お子さんたちの成長とともにがんばり続けているお母さん、お父さん方の顔ぶれに、胸がいっぱいです。少しでもみなさんが安心できる状況をつくりたい。自分にできることを精一杯やっていきたいと決意を新たにしました。

オイカワの産卵
b0190576_23510715.jpg
b0190576_23511353.jpg




by hara-noriko | 2019-05-30 23:51 | 活動日誌 | Comments(0)

市民の力はすごい! 参院選へ2つの合意   

 うれしい! 参院選をめぐり5月29日、大事な2つの合意がおこなわれました。1つは野党統一候補、もう1つは市民と野党の共通政策です。

参院選の1人区
30選挙区で野党統一候補が決まる
 共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の5野党会派は、32の1人区のうち、新たに19選挙区で統一候補を擁立することで合意しました。これまでに合意されている選挙区を含めると30に。残りの2選挙区についても、早期の合意をめざします。共産党候補は、福井、鳥取・島根、徳島・高知の3選挙区で統一候補になりました。

市民連合と野党
13項目の共通政策で合意
 市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)と5野党・会派は13項目の「共通政策」で合意しました。安倍改憲反対、安保法制や共謀罪法などの廃止、沖縄の新基地建設中止、原発ゼロの実現、消費税率引き上げの中止などが確認されています。
 2つの合意をうけて、共産党の志位和夫委員長は、「憲法、沖縄、原発、消費税という国政の根幹部分で足並みがそろって、共通の旗印が立ったというのは非常に大きな前進だ」と。本当にそう思います。やはり、市民の力はすごい。改めて実感します。

商工業者の団体の総会や懇親会で
消費税増税 「個人商店は残れないんじゃないか」
 この間、商工業者の団体の総会や懇親会などに出席させていただいたり、お話をうかがう機会がたくさんありました。「いくつもの商店会が、加盟店がピーク時の半分になっている」「この2、3年でお店をたたんでいる人が多い」「消費税増税されたら個人商店は残れないんじゃないか」「息子に継いでほしいけど、やめておいた方がいいかなと最近思っている」など、本当に切実な声ばかりです。消費税増税は、厳しい中でここまでねばって頑張ってきている方々に追い打ちをかけるようなもの…本当に中止すべきだとつくづく思います。

私は「立場の違いをこえて増税中止を」とあいさつ
一方、自民党は…
 ある団体の方針でも、消費税増税、軽減税率の導入の影響が懸念される、と書かれており、私も「立場の違いをこえて消費税増税は中止すべきと思う」との趣旨のあいさつをしました。そのあとの自民党の国会議員の方のあいさつでは、消費税については何も触れられませんでした。しかし、別の団体の懇親会での、同じ自民党国会議員の方のメッセージでは、消費税増税については万全の対策をとっている、とありました。
万全の対策…。実際には、事務手続きも大変、逆にもちだしがふえている、そうこうしているうちに持ちこたえられなくなるよ、という声をどう聞いているのでしょうか。

共通政策を力にがんばる
 こういうなかで、共通政策で、10月に予定されている消費税増税を中止することが明記され、野党も合意したのは本当によかった! 力をあわせて、消費税増税中止、そしてアベ政治は終わりにする。がんばりたいと思います!


【参院選1人区 野党統一予定候補】
青森    小田切達     立憲民主
秋田    寺田静      無所属
岩手    横沢高徳     無所属
宮城    石垣のりこ    立憲民主
山形    芳賀道也     無所属
福島    水野さち子    無所属
栃木    加藤千穂     立憲民主
群馬    斉藤あつこ    立憲民主
山梨    市来伴子     立憲民主
長野    羽田雄一郎    国民民主
新潟    打越さく良    無所属
富山    西尾政英     国民民主
石川    田辺徹      国民民主
福井    山田和雄     共産
岐阜    梅村慎一     立憲民主
三重    芳野正英     無所属
滋賀    嘉田由紀子    無所属
奈良    西田一美     無所属
和歌山   藤井幹雄     無所属
鳥取・島根 中林よし子    共産
岡山    原田謙介     立憲民主
山口    大内一也     国民民主
徳島・高知 松本けんじ    共産
香川    尾田美和子    無所属
愛媛    永江孝子     無所属
佐賀    候補者は調整中
長崎    白川鮎美     国民民主
熊本    阿部広美     無所属
大分    安達澄      無所属
宮崎    早期合意へ
鹿児島   早期合意へ
沖縄    高良鉄美     無所属

【市民連合と5野党・会派の「共通政策」】
市民連合の要望書
 来る参議院選挙において、以下の政策を掲げ、その実現に努めるよう要望します。

だれもが自分らしく暮らせる明日へ
 1 安倍政権が進めようとしている憲法「改定」とりわけ第9条「改定」に反対し、改憲発議そのものをさせないために全力を尽くすこと。
 2 安保法制、共謀罪法など安倍政権が成立させた立憲主義に反する諸法律を廃止すること。
 3 膨張する防衛予算、防衛装備について憲法9条の理念に照らして精査し、国民生活の安全という観点から他の政策の財源に振り向けること。
 4 沖縄県名護市辺野古における新基地建設を直ちに中止し、環境の回復を行うこと。さらに、普天間基地の早期返還を実現し、撤去を進めること。日米地位協定を改定し、沖縄県民の人権を守ること。また、国の補助金を使った沖縄県下の自治体に対する操作、分断を止めること。
 5 東アジアにおける平和の創出と非核化の推進のために努力し、日朝平壌宣言に基づき北朝鮮との国交正常化、拉致問題解決、核・ミサイル開発阻止に向けた対話を再開すること。
 6 福島第一原発事故の検証や、実効性のある避難計画の策定、地元合意などのないままの原発再稼働を認めず、再生可能エネルギーを中心とした新しいエネルギー政策の確立と地域社会再生により、原発ゼロ実現を目指すこと。
 7 毎月勤労統計調査の虚偽など、行政における情報の操作、捏造(ねつぞう)の全体像を究明するとともに、高度プロフェッショナル制度など虚偽のデータに基づいて作られた法律を廃止すること。
 8 2019年10月に予定されている消費税率引き上げを中止し、所得、資産、法人の各分野における総合的な税制の公平化を図ること。
 9 この国のすべての子ども、若者が、健やかに育ち、学び、働くことを可能とするための保育、教育、雇用に関する予算を飛躍的に拡充すること。
10 地域間の大きな格差を是正しつつ最低賃金「1500円」を目指し、8時間働けば暮らせる働くルールを実現し、生活を底上げする経済、社会保障政策を確立し、貧困・格差を解消すること。また、これから家族を形成しようとする若い人々が安心して生活できるように公営住宅を拡充すること。
 11 LGBTsに対する差別解消施策、女性に対する雇用差別や賃金格差を撤廃し、選択的夫婦別姓や議員間男女同数化(パリテ)を実現すること。
 12 森友学園・加計学園及び南スーダン日報隠蔽(いんぺい)の疑惑を徹底究明し、透明性が高く公平な行政を確立すること。幹部公務員の人事に対する内閣の関与の仕方を点検し、内閣人事局の在り方を再検討すること。
 13 国民の知る権利を確保するという観点から、報道の自由を徹底するため、放送事業者の監督を総務省から切り離し、独立行政委員会で行う新たな放送法制を構築すること。
2019年5月29日

 私たちは、以上の政策実現のために、参議院選挙での野党勝利に向けて、各党とともに全力で闘います。
安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合

上記要望を受け止め、参議院選挙勝利に向けて、ともに全力で闘います。
立憲民主党代表  枝野幸男
国民民主党代表  玉木雄一郎
日本共産党委員長 志位和夫
社会民主党党首  又市征治
社会保障を立て直す国民会議代表 野田佳彦


【関連記事】
2つの画期的合意をスタート台に 志位委員長が記者会見


政策合意を交わた市民連合の人たちと
5野党・会派の代表=10月29日、参院議員会館
b0190576_14273736.jpg
宣伝しながら市民と対話
b0190576_14274377.jpg
b0190576_14274719.jpg




by hara-noriko | 2019-05-30 14:28 | 選挙 | Comments(0)