2019年 10月 10日 ( 1 )   

カジノ誘致 都政の大問題に   

小池都知事がカジノ誘致を検討
都が開示した資料は黒塗り
 きょうは、都政でも大問題が出てきたことをみなさんに報告したいと思います。カジノを東京に誘致するかどうか、小池都知事がその検討をしていることが明らかになりました。カジノをめぐり東京都が開示した資料は、多くの文書が黒塗りで、のり弁状態でした。どんな検討をしているのか、というところはほとんど黒塗りでした。

共産党 代表質問で取り上げる
資料の全面開示を要求
 日本共産党都議団は、各政党のなかでも唯一、この問題を取り上げて、代表質問で追及をしました(9月9日)。とや英津子都議(練馬区選出)が、どんな検討をしているのか、資料の全面開示を要求しました。「知事、情報公開を進めるという公約に違反しているのではありませんか」「カジノによるギャンブル依存症の深刻な実態が、都民の目にふれないようにするためだとしか思えません。黒塗りをはずして開示し直すべきです」と。

都知事選の大争点に浮上
 カジノを検討していくのかどうかついて国から問い合わせがあって、9月19日が回答日でした。小池知事は、東京にカジノを誘致するかどうかについて検討中だ、と回答しました。来年は知事選。この知事選に向けて、大争点が浮上してきたということを私は指摘をしたいと思います。

逆立ち政治を正す
 カジノの問題では、ギャンブル依存症で苦しむ人たちのことが本当に深刻な社会問題になっています。こういうときにカジノの誘致を検討する。私はあってはならないことだと思います。共産党都議団は、検討自体を中止すべきだ、と強調しています。政治で何に力を入れていくべきなのか、本当に逆立ちしているといわざるをえません。

東京にもカジノはいらない
 小池知事については、私たち日本共産党は、さまざま考えの違いはあっても、いいことを進める場合には協力をして、より良くしていくとりくみを強めています。しかし、カジノの検討を進めていくことについては絶対に譲ることはできない、賛成することはできません。いま横浜でも大問題になっていますが、東京にもカジノはいらない、このことをしっかりと今後とりくみを強めていきたいと思います。

駅前の街頭宣伝で
b0190576_19522741.jpg
b0190576_19523153.jpg
b0190576_19523447.jpg



by hara-noriko | 2019-10-10 19:53 | 東京都政 | Comments(0)