カテゴリ:活動日誌( 347 )   

終戦の日 東京・清瀬市で訴える   

 今年の8月15日は、73回目の終戦の日。日本共産党清瀬市議団のみなさんと一緒に、市内4カ所を回って、平和の訴えをしました。手を振って声援をおくってくださる方も多く、栄養ドリンクの差し入れもありました。私のスピーチ(要旨)を紹介します。

憲法9条を守る 今が正念場

 日本共産党都議会議員の原のり子です。暑い日が続いています。お体に気をつけてお過ごしください。
 きょうは、73回目の終戦の日です。73回を迎えられたということは、憲法9条があって、戦争をしない国として日本が歩み続けてくることができたからではないでしょうか。この先ずっと、「8月15日は二度と戦争をしない日だね」といい続けられるようにしていくためには、今が本当に大事なのではないでしょうか。
 終戦の日を迎える直前に安倍首相は、「自民党としての憲法改正案を次の国会に提出できるよう、とりまとめを加速すべきだ」といいました。憲法9条を守れるのかどうかが鋭く問われる正念場になりました。

思想信条・立場の違いを超えて
 世論調査をみれば、憲法9条が日本の平和に役に立っていきた、と多くの方が答えています。憲法を変える必要はない、と多くの方が思っています。国会で与党の議席が多数のうちに憲法を変えてしまおうなどということは、絶対に許されません。
 私たち日本共産党は、思想信条・立場の違いを超えて、平和を願うみなさんとしっかり手をつないで憲法9条を守るために全力を尽くします。

私の祖母が体験したこと
 戦争を知っている世代のみなさんが、だんだんと少なくなっています。私の祖母は昨年、百歳で亡くなりました。祖母は、戦争中の話をほとんどしませんでした。亡くなる前、私の娘たちと一緒に「おばあちゃん、戦争のときはどうだった」と聞きました。おばあちゃんの話は総じて「朝鮮の人たちは優しかった」「親切だった」ということでした。祖母は終戦を朝鮮で迎えました。祖父が学校の先生をしていて、当時、植民地だった朝鮮に行って日本化教育をする役割を担わされたんです。
 ですから朝鮮の人から見たら、日本の人々というのは、学校の先生としていった祖父や、その連れ合いの祖母も、怖い存在だったと思います。でも、朝鮮のお母さん方は、いつも野菜などいろんなものを届けにきてくださったそうで、特にキムチをいっぱいまぶした野菜を毎日のように届けてくれたそうです。
 とはいえ、あまりにも辛くて食べられないので、おばあちゃんは辛い汁を水に流して食べていたそうです。それを見た朝鮮のお母さんたちが、「内地(ないち)の奥さんはいちばんおいしいところを流して食べてるよ」と笑い合っていたというエピソードも教えてくれました。
 (注)当時は、日本本土を内地(ないち)と呼び、朝鮮半島や台湾など本土以外の日本統治区域を外地(がいち)と呼びました。

優しい気持ちをずたずたにする戦争は二度とさせない

 戦争中、本当にひどい仕打ちを受けていた朝鮮の人たちが、庶民の間では日本から来たおばあちゃんを優しく迎えていたことを知って、涙が出る思いでした。
 いよいよ終戦となって日本に帰ることになり、おばあちゃんは命からがら帰ってくることになるのですが、このときも朝鮮のお母さんたちが「ここにいたらどうなの?」と話をしてくれたそうです。おばあちゃんの身をとても案じていた、という話でした。
 みなさん、もう戦争は二度とやってはいけないのではないでしょうか。こうした人々の優しい気持ちをずたずたにしていくような戦争を繰り返させない。そのことを私は、きょう改めて感じています。

朝鮮半島から平和の流れが
 この朝鮮半島から、いま平和の流れが強まっているところに感動しています。みなさんご存知の通り、北朝鮮と韓国が首脳会談をおこないました。朝鮮戦争は終結させよう、朝鮮半島全体を非核化しようということが合意されました。さらに、アメリカと北朝鮮の間でも首脳会談がもたれました。
 マスコミなどは、進み具合はどうだとかいろいろ言っていますけれど、今度は改めて韓国と北朝鮮の間で首脳会談をさらに進めて、進捗状況を確認しながら平和の流れを前進させていくために話し合うと言っています。

日本が担うべき役割とは
 戦争で傷つけられた朝鮮半島から平和の流れが強まっている。核兵器をなくそうという声も強まっている。この流れを前に進めるために、どうしたらいいでしょうか。ここに、日本の果たすべき役割があるのではないでしょうか。
 日本は唯一の被爆国です。被爆国の首相が、核兵器を廃絶するために核兵器禁止条約にサインする。日本国憲法で位置づけられている憲法9条をこれからも守って、「日本は二度と戦争はしませんよ」ということを発信し続ける。これこそが、日本が担うべき役割ではないでしょうか。

参院選 市民と野党の共同で当たり前の政治をつくり出す
 ところが、安倍政権はまったく逆の流れをつくっています。憲法9条をいよいよ変えようと、次の国会に提案しようというところにまで踏み込んでいます。憲法9条を変えさせない。核兵器廃絶のためにがんばる。当たり前の政治をご一緒につくりだしていこうではありませんか。日本共産党は、来年の夏に行われる参院選挙でも、市民のみなさんとの共同、そして野党共闘を思い切って強めて、安倍政権を終わりにして、みなさの平和の願いがしっかり実っていく政治にするために、全力を尽くします。

清瀬市は市長選と市議選が
共産党市議団 4人から5人に挑戦
 私が特に訴えたいのは、参院選挙の前に統一地方選挙がある、ということなんです。この清瀬市でも、市長選挙と市議会議員選挙があります。私たちにとって、いちばん身近でもっとも大事な草の根の政治。清瀬でそれはこの市政です。もっとみなさんの声が届く市政に切り替えていくために、日本共産党は4人の議員団を5人へと伸ばしたい、とみなさんに訴えています。
 清瀬では、平和の問題でも、福祉の問題でも、論戦をリードしているのが日本共産党の市議団です。国民健康保険税があまりにも高すぎる。子どもたちにまで同じように均等割りがかかっている。これでは子育てもできない。どうしても改善したい。こういうことで日本共産党は、子どもたちが多い家族に対する均等割りの減免などを提案してきました。そしてこれが、前進してきています。みなさんの声に耳を傾けて、一つひとつ進めてきています。

オスプレイの危険性を告発する意見書
共産党市議団が提案して全会一致で可決
 さらに共産党市議団は、「平和があっての暮らし」という立場で活動を続けています。清瀬には米軍大和田通信基地があるために、危険なオスプレイが飛んでいます。米軍横田基地にオスプレイを配備する計画があり、米軍は配備前からオスプレイを飛ばしているのです。
 横田基地にオスプレイを本格配備させないために共産党市議団は、市議会の中から声をあげ、オスプレイの危険性を告発する意見書を各会派のみなさんに呼びかけて、全会一致で可決しました。こういう取り組みをしている共産党市議団を、みなさんのお力でもう一人、伸ばしてください。それを力に、みなさんの声が通る市政にしていくために全力を尽くします。

共産党都議団提案のシルバーパス改善条例案

「否決」とはいえ予算がついて調査が行われている
 私、都議会議員の原のり子も、市議団のみなさんとしっかり連携して、都政の場にみなさんの声を届けるために力を尽くします。
 昨年の都議選のときに、私はシルバーパスの拡充の問題を取り上げました。今は千円か2万510円か、このどちらかしかありません。このため「高すぎてなかなかパスを買えない」という声がたくさんあがっていました。東京都と埼玉県を通るようなバス路線ではシルバーパスが使えない問題も取り上げて、日本共産党都議団はシルバーパスの改善条例案を提案しました。生活者ネットが賛成してくれましたけれど、残念ながらその他の会派が反対ということで、否決されてしまいました。
 報告したいのは、否決はされましたけれど、予算がついて調査が行われているんです。一歩前進です。統一地方選挙までにシルバーパスのもっと改善が進むように、みなさんの声を都政に届けて、しっかりがんばります。
 国政・都政・市政とつないで、市民のみなさんの暮らしを守るために力を尽くす日本共産党を大きく伸ばしていただけますよう、重ねてお願い申し上げます。ご清聴・ご声援、ありがとうございました。


清瀬市議団と一緒に平和を訴えました(清瀬市の台田団地前で)
マイクを持つのは山崎美和市議、その右が佐々木あつ子市議
憲法9条のプラカードを持つのは深沢まさ子市議、その右が原のり子
後援会の人たちが横断幕を掲げてくださいました
b0190576_23214624.jpg

木陰に入って訴えを聞いてくださいました(清瀬市の台田団地前で)
b0190576_23215557.jpg

山崎市議と一緒に、みなさんと握手(清瀬市の台田団地前で)
b0190576_23220113.jpg

清瀬駅前でも訴えました
b0190576_23233272.jpg




by hara-noriko | 2018-08-15 23:26 | 活動日誌 | Comments(0)

子ども家庭支援センターを視察   

 8月9日、東久留米市の子ども家庭支援センター(東久留米市滝山4丁目)を視察しました。村山順次郎、永田まさ子、北村りゅうた各市議と一緒に。説明してくださったのは、子ども家庭部児童青少年課長(子ども家庭支援センター長)と主査です。

児童虐待をなくす、起こさないために

急がれる地域の子育て支援と相談体制の拡充
 今回、改めて視察したいと思ったのは、児童虐待をなくす、起こさないためには、児童相談所の拡充とともに、地域の子育て支援と相談体制の拡充が大事だと思ったからです。そのカギは、子ども家庭支援センターだと思います。
 子どもと家庭の総合的な支援をめざして設置された子ども家庭支援センターは、東京都独自の事業で、設置主体は区市町村です。東京都は、児童相談所が11か所しかなく、人口あたりの設置数は全国水準の半分程度です。その分、子ども家庭支援センターの負担は大きなものとなっています。先日、ある児童相談所の方のお話しを聞く機会がありましたが、継続的に支援が必要なケースは子ども家庭支援センターが多くを受け持っている、と。
 (子ども家庭支援センターについて都の案内は こちら から)
 (東久留米市の案内は こちら から)
 (清瀬市の案内は こちら から)

虐待相談も継続相談も増えている
 子ども家庭支援センターで受けている相談状況について説明いただきましたが、虐待相談も継続相談も増えている状況がよくわかりました。
 継続支援の場合、職員の方が受け持っているケース数は60~70件程度になるとのこと。しかも、その中心を担っているのは、非正規の嘱託職員です。月16日間の勤務なので、時間外の対応などもせざるをえない。資格ももち、専門性を発揮してとりくんでくださっていて、本来正規で仕事をしていただくのが最も良いのではと改めて思いました。

幼児や小学生親子も利用
 交流スペースには、夏休みということもあり、幼児や小学生親子も来ていました。児童館も減り、遠くなってしまった。また、夏休み中、障害をもったお子さんが安心して遊べる場が本当に少ないことを実感しました。子ども家庭支援センターでは、赤ちゃんのスペースとは分ける配慮をしながら、受け止めていました。

地域子ども家庭支援センター上の原へ
 その後、「地域子ども家庭支援センター上の原」(東久留米市上の原1丁目)へ移動。乳児室や幼児室を見せていただきながら、説明を受けました。手作りおもちゃが素敵で、たくさんの大小のおにぎりがフエルトで作られていたり、おままごとも存分に楽しめるようになっています。
 ベランダでは、水遊びする子も。赤ちゃんの部屋では、今日初めてここで出会ったというお母さんたちが、赤ちゃんをみながらおしゃべりしています。あたたかい雰囲気のなかで、子育ての悩みをスタッフの保育士さんたちに相談もできます。体制は、正規・再任用・臨時の3人の職員。この体制で、相談も受け、広場事業も担っています。

市の中央部に子ども家庭支援センターがない

抜本的な支援の強化を都に求めたい
 改めて、子ども家庭支援センターの果たしている役割の大きさと、さらなる拡充が求められていること。とくに、市の西部(滝山)と東部(上の原)に子ども家庭支援センターはありますが、中央部にないことについては課題だと感じました。やはり、身近なところにあるからこそ、気軽に立ち寄れる…。子育て家庭が孤立しないようにすることがとても大事です。こうした課題を解決していくうえでも、抜本的な支援の強化を東京都として行わなければならないのではないか、と思いました。

共産党都議団の提言を持参して
 今回の視察に、2010年に発表した共産党都議団の提言「児童虐待ゼロの東京をめざして」を当日お持ちして紹介させていただきました。子ども家庭支援センターへの都としての支援の充実を位置付け、あわせて、地域の子育て支援の施設や機能の拡充が大事だと提言している内容です。これを共産党都議団のホームページで再掲し、今改めてこの視点が大事ではないかと考えています。
 提言の最後は、「子どもの権利条例」を都として制定していく必要性で締めくくられています。児童虐待防止法も、子どもの権利条約の批准が大きな力になって制定されたことを指摘し、子どもの生きる権利、育つ権利をきちんと位置付け、子どもの最善の利益の実現に向けた条例の必要性を提起しています。
 小池知事が、先日、児童虐待防止の条例を年内に作ると記者会見で述べていましたが、どういう内容にしようとしているのか、注視していきます。

【関連記事】 いのちを守る

地域子ども家庭支援センター上の原で
b0190576_19050215.jpg
b0190576_19050509.jpg





by hara-noriko | 2018-08-11 19:05 | 活動日誌 | Comments(0)

文部科学省への要請に参加して   

認可外の幼児教育施設に通う子どもたちも無償化の対象にして
施設関係者や保護者が切実に要望
 8月7日、幼稚園類似施設など、認可外の幼児教育施設に通う子どもたちも無償化の対象にするように、施設関係者や保護者のみなさんが文部科学省に要請しました。白間竜一郎審議官が対応し、みなさんの訴えを聞いたうえで、「切実な声を聞かせていただいた。50年にもわたって続けてこられた理念や思いを聞かせていただいた。無償化の中でどうあつかうか、切実な要望をいただいた。可能な限り現場の声を受け止めて、要請書をよく読ませていただき検討していく」と述べました。
 宮本徹衆院議員、吉良よし子参院議員とともに、国分寺の中山ごう市議と私も同席しました。

宮本徹衆院議員 「認可外を対象からはずすのは公平性を欠く」

吉良よし子参院議員 「担い手をつぶすことはあってはならない」
 政府は、3歳から5歳の幼児教育無償化を2019年10月から実施すると計画していますが、その対象範囲を検討する検討会報告書では、専業主婦(夫)家庭で認可外幼児教育施設に行っている場合は対象外となっています。一方、親が働いていて認可外保育施設を利用する場合は対象です。宮本議員はその点を指摘し、「認可外幼児教育施設を対象からはずすのは公平性を欠く」と指摘。吉良議員も、「国の教育無償化政策で、大事な幼児教育の担い手をつぶしてしまうことがあってはならない」と強調しました。

東京都にも要請
 文科省に行く前に、東京都でも幼稚園類似施設のみなさんが要請にこられ、米倉春奈都議とともに同席しました。幼稚園類似施設を担当する、生活文化局私学部企画担当課長らが対応されました。

保護者から活発な意見が
 保護者の方からは、こんな意見が―。
 「自分自身も卒園児。自主運営なので、子どもたちをあずけているという感覚ではなく、一緒に運営に参加している」
 「個人で編集の仕事をしている。0歳の子どもをいったん保育園にあずけたが、子どもの様子が見えないと感じて、やめた。入れる年齢になってから、保育内容の良さで今の類似施設に通っている。保育園をふやすというだけでなく、多様な選択を認めてほしい」

先生方からも
 先生方からは、こんな意見が―。
 「今は選んで入ってきてくれているが、全体が無償化になり、ここにくると対象にならないとなれば、選べなくなるのではないか。今後入ってくるひとたちにどう説明するか悩んでいる」
 「障害のある子どもたちが、幼稚園には入れず、働けないから保育園も選べず、類似施設に来ているというケースもある。どの子も平等に無償化の対象にしてほしい」などなど…。

「都から国に働きかけてほしい」と
 課長も、「地域にとって必要とされている施設だということはわかった」と。国に対して類似施設も無償化の対象にするように、都としても働きかけてほしい、と要望すると「国がまだ詳細を示していないなかで、都としてものを言うのは難しい」と。「詳細が決まっていないからこそ、対象外にしないように、今求めることが大事だ」と訴えました。

超党派でとりくむべき課題
 どの子にも教育を受ける権利があり、どんな教育を受けたいのか選択する自由もあります。そこは守られなければなりません。今回要請行動をおこなったみなさんは、各政党、会派にも呼びかけています。まさに、超党派でとりくむべき課題。私も引き続きとりくみます。改めて、現場にもおたずねしたいと考えています。


アブラゼミ
b0190576_21292106.jpg

ミンミンゼミ
b0190576_21292184.jpg





by hara-noriko | 2018-08-08 21:29 | 活動日誌 | Comments(0)

清瀬の共産党市議団を4人から5人へ   

朝の駅頭宣伝で訴え
 8月1日、共産党清瀬市議団のみなさんと一緒に、清瀬駅前で朝の宣伝をしました。西日本豪雨被災者への救援募金を呼びかけながら、国政・都政・市政の課題をそれぞれが訴えました。このなかで私は、来年の統一地方選挙で清瀬市議団を4人から5人に増やしてください、とスピーチしました。以下はその要旨です。

来年の統一地方選挙 清瀬では市議選と市長選
 来年4月には統一地方選挙がおこなわれます。平和があってこその私たちの暮らしです。その暮らしを守るいちばんの土台は、市区町村の政治ということになります。清瀬市でも東久留米市でも、市議会議員選挙があります。清瀬市では市長選挙もあります。市政を大きく変えていく絶好のチャンスです。

現職4人に加えて香川泰範(かがわ・やすのり)さんが
 日本共産党は清瀬市では、市議を4人から5人にへと前進しようと取り組みが始まっています。佐々木あつ子市議、原田ひろみ市議、深沢まさ子市議、山崎美和市議の現職4人に加えて、5人目の予定候補が香川泰範(かがわ・やすのり)さんです。

子育て真っ最中 障害者施設で働いてきた人
 香川さんは4人のお子さんを育てている子育て真っ最中の世代です。障害者施設で働き、障害者・障害児のみなさんを支える仕事をしてきました。
 障害者福祉は、いま曲がり角にきています。障害者の権利を守ろうという条約を批准し、障害者差別禁止法もつくられてきました。しかし一方で、整備はまだまだ不十分です。

放課後等デイサービスへの支援が切り縮められる事態に
 子どもたちが放課後や長期休みにすごす放課後等デイサービスへの支援が切り縮めらる事態に直面しています。この4月国が支援のあり方を見直して事業所の報酬を改定したからです。多くの事業所から悲鳴があがっています。重度のお子さんも含めて、放課後を安心してすごせるように取り組んでいる良心的な事業所ほど大きな減収が見込まれ、子どもたちの負担が大きくなる危険が高くなっています。「障害のある子どもの放課後保障全国連絡会」(全国放課後連)など、放課後等デイサービスにかかわっているみなさんが改善を求めて取り組みを強めています。

市民が政治を動かして新たな局面つくる
 そういうなかで、やっぱり市民のみなさんの声が政治を動かし、ようやく国も事業所の減収や障害の判定について見直さなければならなくなりました。放課後等デイサービスを利用している子どもたちの障害の程度はどうなのか、障害の重い子がどれくらい入っているのかなどについて再判定しなさい、という指示が出ていることがわかりました。
 障害のある子どもたちが安心して学校に通い、放課後等デイサービスにいけるよう改善を求めてみなさんと一緒に声をあげていきたいと思います。

障害者福祉の現場を知っている香川さん

 こういう現場で仕事をしてきたのが香川泰範さんです。
 障害のある人もない人も安心して暮らせる地域をつくっていくために、みなさんと一緒に取り組みを強めていきます。ぜひとも、香川さんを知っていただき応援していただきたいと思います。日本共産党市議団を4人から5人にしてください。どうぞよろしくお願いいたします。

参院選挙で野党共闘を強めたい
 統一地方選挙のあとには参院議員選挙があります。
 日本共産党は、1人区を含めて野党共闘がしっかりすすむように力を尽くしているところです。野党共闘がしっかりできることによって、1人区でも議席を取っていく。そういう取り組みができれば、政治は大きく変わっていきます。
 いま、自民党の総裁選がどうなるか、安倍総裁の3選がどうなるか、あれこれいわれています。この安倍政権を終わらせる。自民党・公明党の政治によって福祉や教育が削減されてきました。こうした政治をみなさんと一緒に切り替えていきたい。そのためには一致点での共同がどうしても必要です。日本共産党は野党共闘を強めて、みなさんと一緒に新しい政治をつくれるようにがんばりたいと思います。ご支援を心からお願いいたします。

【香川泰範(やすのり)さんの思い】

 香川泰範さんは、市議会に挑戦する思いを清瀬市内で語っています。要旨を紹介します。

4人の子どもを育てながら
 こんにちは。ご紹介いただきました5人目の市議に挑戦させていただきます香川泰範です。
 私は中清戸に住んでいまして、子どもが4人います。双子の男の子が中3でいますが、生まれたときは元気だったのですが、2人とも同じタイミングで自発呼吸をしなくなり、無呼吸発作となり、それが原因で脳性麻痺になりました。弟は完全に身体障害で車椅子生活をしています。兄の方はそこまでひどくないですが、脳性麻痺の症状が少し残って運動が苦手です。

障害児を育てる子育て世代として「声を出してみよう」と
 私が今回、挑戦させていただく理由として、休みの日に子どもを連れて出かけようと清瀬駅に行こうと思っても、私の自宅の近くのバス停からは車椅子でバスに乗れないんです。狭すぎて、スロープを出すのに苦労する。もう一つ先のバス停、手前のバス停も同じ状況なんです。なんて乗りづらい場所なんだなと。歩道を見ても若干の傾斜なんですが、本人は車道に傾いてしまう。いくらガードレールがあっても危険です。小学生たちが登下校で通るバス通りなのに信号がない。小さな子どもの事故が何回もある。信号機をつけてほしいという声は前から出ていると思うけれどなかなか実行されず、これは強くいうしかない、大きな声を出してみようと思い、決意しました。

新生児集中治療室・母体胎児集中治療室
小児医療の充実を訴えたい
 小児医療のことでは、清瀬市内で2人は生まれました。1人は当時、まだあった清瀬小児病院のNICU(新生児集中治療室)に入りました。もう1人はベッドがいっぱいで、板橋区の豊島病院に搬送されました。
 その時、清瀬小児以外にNICUがあるところが近くになかった。その後清瀬小児がなくなり、昭和病院と武蔵野赤十字にNICUができているのですが、それぞれ6床しかない。
 NICUは生まれてから急変した子どもたちが入る。もう一つMFICU(母体胎児集中治療室)という生まれる前の母親と子どもが入る集中治療室は、この近辺にはなく、府中市の総合医療センターにしかない。地元で安心して出産でき、子どもの面倒を見ることができるよう強く願っておりまして、訴えていきたいです。
 いいたいことはいろいろありますが、今後の活動で発信していきたいと思います。若輩者ですが、どうぞよろしくお願い致します。

【香川泰範(やすのり)さんのプロフィール】
 1976年、西東京市(保谷)生まれ、42歳。
 17年間ガソリンスタンドに勤務、自動車整備士。保険会社に勤務後、障害のある息子の育児と障害福祉の向上をめざして障害福祉施設に勤務。特別支援学校PTA副会長。現在、党市子育て・くらし応援パートナー。
 中清戸在住。家族は妻、3男(15歳・双子、10歳)、1女(13歳)、猫(オス)。趣味は水泳、ドライブ。夢は障害のある息子とスキューバーダイビングに挑戦すること。


声援に応える清瀬市議団と香川さん
(左から)原田ひろみ市議、深沢まさ子市議、香川泰範(やすのり)さん、
宮本徹衆院議員、原のり子、山崎美和市議、佐々木あつ子市議
b0190576_23512298.jpg

香川泰範さんとがっちり握手
b0190576_22431359.jpg

都政・市政報告会で発言する香川さん
b0190576_22433374.jpg
b0190576_22432102.jpg

豪雨災害救援募金を訴える香川さん
b0190576_22480009.jpg



by hara-noriko | 2018-08-03 23:51 | 活動日誌 | Comments(0)

農業者のみなさんから学んで   

東久留米市都市農政推進協議会の総会に出席
 東久留米市都市農政推進協議会の第32回通常総会に出席しました。来賓は、並木克巳市長、細谷祥子都議、そして私。会場の「JA東京みらい」のホールいっぱいの会員のみなさん。総会の前後、短い時間でしたが、色々なご意見を聞くこともでき、勉強になりました。うかがえて良かった! 総会後、会員のみなさんは、防災協力農地、また、特定生産緑地指定手続きについての説明会とのこと。本当にお疲れ様です。

私もあいさつ
 来賓は、ひとことずつ、あいさつしました。以下、私のあいさつ要旨です。
防災協力農地の拡充 体験農園などへの支援
 お忙しいなか、また大変暑いなか、本当にお疲れ様です。都市農政推進協議会の第32回通常総会のご成功、おめでとうございます。会長はじめみなさま方の1年間の活動の上に、新しい事業計画が決まり、お祝い申し上げます。
 その新しい事業計画では、防災協力農地をさらに拡充するとされました。また、農業委員会の意見書には、そのトップに、体験農園など市民が農業に触れ合う取り組みへの支援が要望されていました。農業者のみなさんは、いつも、市民のことを考えて取り組んでくださっていることに感謝いたします。
農業の担い手を応援する施策の充実こそ
 だからこそ、やはり、農業の担い手の皆さん方を応援する施策の充実が必要です。農地を残してほしい、といっても、農業者のみなさんが続けられなければ守れません。いま、2022年に向けて、生産緑地の対策を進められていますが、同時に、相続税や固定資産税の負担軽減などがどうしても必要だと思います。国に求めるとともに、東京都でもできる対策を進められるように、みなさんから学び、勉強しながらとりくんでいきます。
 今後ともよろしくお願いいたします。本日は、本当におめでとうございました。

毎週火曜日の朝、東久留米駅前で宣伝しています
(左から)原のり子、永田まさ子市議、北村りゅうた市議
b0190576_22393612.jpg
b0190576_22394345.jpg
ビラを配布する村山順次郎市議
b0190576_22394732.jpg

マイクで訴える篠原重信市議
b0190576_22395092.jpg





by hara-noriko | 2018-07-31 22:40 | 活動日誌 | Comments(0)

人間らしく生きられる社会へ   

日本共産党にお誘いしています
 今、人間らしく生きられる社会をつくるために政治を変えよう、そのために少しずつ力を出し合えたら、と共産党の活動にお誘いしています。入党する方もそうでない方ももちろんさまざまですが、話し合うことは本当に大事。とても学ばされます。

パワハラで苦しんできた30代の方が
 最近入党してくださった30代の方は、職場でのパワハラに苦しんできた方。そのなかで、選挙ボランティアに参加し、「しんぶん赤旗」を申し込んで読んでくれている。「つどい」や党本部見学会にも参加してくれた。経済的な問題や体調の問題などもあり、これまでは入党にはいたりませんでした。でも、改めて地域の支部長さん、篠原重信市議とお訪ねすると、以前にお渡ししていた申込書を机から出して、心配事を改めて話し合ったうえですぐ記入してくれました。

理不尽な社会を変えたい、と
 そのとき、自民党の杉田水脈衆院議員の、LGBTの人たちは子どもを作らないから「生産性が」ない。そこに税金を投入することは果たしていいのか。…などと書かれた文章について話になりました。「これはLGBTの人だけでなく、障害者や他の人たちにも向けられているのではと思った」と。
 杉田議員は、生産性がない、という文章の前に、こう書いています。「リベラルなメディアは『生きづらさ』を社会制度のせいにして、その解消をうたいますが、そもそも世の中は生きづらく、理不尽なものです。それを自分の力で乗り越える力をつけさせることが教育の目的のはず。『生きづらさ』を行政が解決してあげることが悪いとは言いません。しかし、行政が動くということは税金を使うということです」。そして、「例えば」と記して、「生産性」を論じているのです。
 子どもを作らないということを「生産性」がない、ということ自体おかしいですが、そもそも人を「生産性」でみていくということが問題ではないでしょうか。こういう見方をのりこえて、理不尽な今の社会を力を合わせて変えていこう、と入党してくださった思いに胸があつくなりました。

70代のご夫妻も
 また、70代後半のご夫婦。一緒に入党してくださいました。夫さんが定年退職してから、児童養護施設の子どもをフレンドホームとして育てたと。今の政治のおかしさを話し合う中で、初めてそのことを知りました。少しでも人のために、と生きてきた方々。それも、本当に謙虚に…。心から尊敬します。そういう方々からたくさんのことを学び、力を合わせていきたいと改めて強く思っています。


各地で都政の報告をしています
b0190576_00502217.jpg
b0190576_00502792.jpg






by hara-noriko | 2018-07-31 00:50 | 活動日誌 | Comments(0)

都議会でSOGIハラをなくす学習会   

都の人権条例をよりよいものに
 7月27日、都議会議事堂内の会議室において、東京都が9月議会に提案を予定している人権条例について、SOGI(ソジ)ハラをなくす国際水準の条例にしていくための学習会が行われ、参加しました。都民ファースト、公明、自民、共産、立憲・民主ク、かがやけ、ネットの各会派から参加は、都議15人ほどになったのではないかと思います。共産党都議団からは、とくとめ道信都議、とや英津子都議、原のり子が出席しました。広い会議室は満席! 真剣で熱気あふれる会になりました。

リレートーク 「差別禁止を明確にして」
 専門の先生の問題提起につづき、リレートーク。ひとりひとりの発言は胸に迫ります。

 *トランスジェンダーの方のお母さん。37年前、女の子を出産したが、その子は今男性として生きている。就職活動では最後の面接で落とされた。「これはいけない」「差別は禁止だ」ということが書かれている条例をつくってください。

 *女性で生まれ、19歳まで女性でしたと語るトランスジェンダーの方。一般社員としてカミングアウトして働いていた。ハラスメントを受け続け、3カ月で行けなくなる。自己都合退職にさせられた。生きていけないと思った。啓発・理解促進、というだけでは生きてゆけない。何かあったときに、守ってくれる条例になってほしい。

 *ゲイの方。転勤でシンガポールに行った時、上司はレズビアン、同僚もレズビアン…などが全く普通のことだった。ようやく、初めて、自分はこれでいいんだと思えた。

 *ゲイの方。カナダ、ニュージーランドに20年前まで住んでいた。日本に帰るとなったとき、自殺を考えた。日本のLGBTの人たち、逃げるように海外に行っている人は実は多い。20年たっても日本の現実は遅れている。

 *LGBTの方とそのパートナーの権利を認める、というのはもう当然なこと。企業研修で出会ったトランスジェンダーの方、亡くなってしまった。理解促進ではなく、差別禁止としてほしい。

 *差別の禁止を。こういうことがダメだというものを明記してほしい。

 *自分はゲイなので、孫の顔を親に見せられない自分をずっと責めてきた。異性愛者のふりをして、つらかった。レインボーパレードで東京は虹色になるが、地方は同じ企業があっても全く関係ない。また、東京でもレインボーパレードが終われば戻ってしまう。差別禁止の明記を。それは、罰則を設けろということとは違う。

 *トランスジェンダーの方。男性で生まれたが性自認は女性。カミングアウトしている。会社はLGBTの研修もやってくれた。しかし、部署が変わったらすべてゼロになってしまった。毎日ハラスメントを受け、うつ病が深刻になり、休職。SOGIハラはだめだという声をあげていこう。

6月の総務委員会 私も差別禁止を盛り込むよう提起
 圧倒的に、差別禁止を明確にしてほしい、という声でした。6月の都議会総務委員会で、私も、何が差別なのか、ということを明確にして、きちんと禁止するということを盛り込むことが重要だと質問しました。都の答弁ははっきりしたものではありませんが、みなさんのリレートークを聞きながら改めてこの点の重要性を確認できました。

さらに学んで
 6月議会の前には、世田谷区の上川あや区議やLGBT法連合会の代表の方にお話をうかがい,勉強させてもらいました。上川区議は、都条例作成に向けた東京都の考え方について資料を作成してレクチャーしてくださいました。LGBT法連合会の方々も会の声明をもとにレクチャーしてくださいました。このとき学んだことが、今回のリレートークによってよりはっきりしてきました。9月議会に向けて、さらにさまざまな声をうかがいながら、より良い条例にするため準備をしたいと思います。

許されない自民党・杉田衆院議員の人権侵害発言
 自民党・杉田水脈衆院議員の「生産性がない」等の許されない文章が出され、発言も起きた中で開かれた学習会。学習会自体はこの問題がおきて準備されたものではありませんが、この発言とそれに対する自民党の対応をみると、まさに人権条例をつくることが求められているとはっきりしてきたと思います。
 いろいろな意見がある、ではすまされない。本来、このような人権侵害発言をおこなう議員がいて申し訳ない、と辞職させるぐらいのことを自民党はしなければならない問題。改めて、都条例をよいものにすること、またSOGIハラをなくす条例の必要性は高まっていると思いました。
 学習会は、勝間和代さんと増原裕子さんのトークセッションで締めくくられました。有意義な学習会を準備してくださった関係者のみなさんに、心から感謝したいです。引き続きとりくみます。

学習会で語り合う勝間和代さん(左)と増原裕子さん
b0190576_10403195.jpg



by hara-noriko | 2018-07-29 10:41 | 活動日誌 | Comments(0)

子ども食堂支援 東久留米市に申し入れ   

共産党市議団に同席
 7月25日、日本共産党東久留米市議団による「子ども食堂支援に関する申し入れ」に同席しました。市の子ども家庭部長が対応してくださいました。
 この間、市議団では、篠原重信議員がくりかえし質問してきました。また、私自身も、清瀬・東久留米地域の子ども食堂の見学や尽力されている方々のご意見をうかがっています。

星見てい子都議が本会議の質問で取り上げる
補助事業の予算化を実現
 共産党都議団は、昨年12月の本会議一般質問(星見てい子都議)で、子ども食堂支援についてとりあげました。その後、今年度予算で補助事業が予算化されました。
 1食堂あたり、上限24万円(年)。人件費以外の会場費・食材費・高熱水費・保険料などに充てることができます。市も関わっての子ども食堂の連絡会に参加することが要件です。全額都負担なので、市の持ち出しはいりません。ただし、3年間です。
 東京都の予算は、50カ所、1200万円です。

市も「補助事業の活用に向けて取り取り組んでいる」と
 この補助事業の今年度前半期分は、7月末までに申請する必要があります。市としての考え方をうかがったところ、「補助事業の活用に向けて取り組んでいる」とのことでした。まずは、ほっとしました。ただ、課題もあることを実感しました。市として心配していることとして…

支援の継続が課題
 ひとつは、3年間の事業なので、その後どうするか、都の補助がなくなった場合、市の単独補助として実施できるか、ということ。
 これについては、経過をみながら検討していくことが大事ではないか、と思います。都としても、現時点では3年間ですが、実績をみながら検討していくことを求めたい。とくに、子どもたちの支援は継続することが重要ですから、必要とされながら財政的な事情で子ども食堂ができなくなる、ということはあってはなりません。

支援の規模も課題
 もうひとつは、50カ所、1200万円ということでは、手をあげても該当にならない、あるいは上限額の引き下げなどのことにならないか、ということ。
 都の担当課にうかがったところ、現時点でも、50カ所を大きく上回る申請があると見込まれており、まずは手をあげていただきたい。多い場合は、財政当局にかけあっていく、と。また、上限額を引き下げるなどのことはおこなわない、とのことでした。

ひきつづき取り組み強める
 ひきつづき、子ども食堂を必要としている子どもたち、そして、子どもたちを支えているみなさんの熱意に応えられるよう、とりくみを強めていきたいと思います。


子ども食堂支援に関する申し入れ

2018年7月25日
東久留米市長 並木克巳殿
日本共産党東久留米市議団

 現在、市内に少なくとも5つの子ども食堂が運営されています。学習支援とあわせて実施しているものや、世代を超えた交流を大事にしているもの、子どもたちが安心して過ごせる居場所としての役割を重視している取り組みなど、それぞれが地域に根ざし、関係者の努力により運営されています。
 こうしたなか、東京都が子ども食堂への補助事業をスタートしました。今年度前半期分は、この7月までに東京都に申し出ることになっていると聞いています。つきましては、市としてこの補助を積極的に活用し、子ども食堂のとりくみが定着、さらに広がるようにするため、下記の点について要望いたします。

 (1)それぞれの子ども食堂を実施している団体などに聞き取り調査を実施し、実施状況などとともに、と補助について要望を把握してください。
 (2)すみやかに、市として補助申請をすすめる意思表示を東京都におこなってください。
 (3)市のホームページに、子ども食堂の案内を載せるなど、事業の普及を進めてください。


子ども家庭部長(右)に市長あての申し入れ書を手渡しました
(左から)北村りゅうた市議、永田まさ子市議、村山順次郎市議、
原のり子、篠原重信市議
b0190576_23190324.jpg

東久留米市で開かれた「都政・市政を語るつどい」
b0190576_23190880.jpg
b0190576_23191350.jpg





by hara-noriko | 2018-07-25 23:20 | 活動日誌 | Comments(0)

清瀬の平和行進に初めて参加   

市長も参加して
 7月24日、清瀬の平和行進に初参加しました。朝8時半からでしたが、すでに暑い!
 出発前の集会では、司会の原田ひろみ市議(清瀬原水協)が、この間の核兵器禁止条約のとりくみなどをわかりやすく報告。そして、渋谷金太郎市長が力強いあいさつをしてくださり、公務の時間になるぎりぎりまで一緒に歩いてくださいました。

清瀬から7人が世界大会に参加
 8月2日から9日まで、広島市・長崎市で開かれる2018年原水爆禁止世界大会には、清瀬から7人が参加すると紹介がありました。新日本婦人の会の代表は、フレッシュな若い方。平和行進も初めて、と。「長く続いてきた平和行進、一歩一歩踏みしめて、最後まで歩くのが今日の目標です」と。そして、平和の歩みはずっと続いていく、という趣旨の思いを話してくれました。素敵でした。
 私は、清瀬市議団のみなさんと前に立ち、代表してスピーチしました。また、新人予定候補の香川泰範さんも参加しました。
 私のスピーチ要旨を紹介します。

私のスピーチ要旨

平和の問題は立場の違いを超えて一致できる
 暑い中、本当にお疲れさまです。
 私は、清瀬の平和行進に初めて参加しました。参加して驚いたのは、市長が来てくださり、力強いあいさつをしてくださったことです。平和の問題は、思想信条、立場の違いをこえて一致できることだと強く感じます。
 今、世界の流れは、話し合いで平和を守っていく方向に大きく前進しています。垣根をこえて、多くの方と力を合わせていきたいと思います。
清瀬の空を通告なしにオスプレイが飛んでいる
 そういうなかで、今この地域を通告なしにオスプレイが飛んでいます。これに対しても、共産党清瀬市議団が意見書を提案し、全会一致となりました。また、市長も通告なしに飛来していることについて、抗議もされているとうかがっています。まさに、地域の安全・安心・平和を守るためには違いをこえて力を合わせることが大事だということを示していると思います。
平和への思いかみしめて
 都政において、オスプレイの配備に反対していくこと、また、東京都は非核平和都市宣言を行っていないと指摘がありましたが、平和のとりくみを強めていけるよう努力したいと改めて決意しました。今日は、みなさんと平和への思いをかみしめて、歩きたいと思います。

平和行進とは
 平和行進は、原水爆禁止国民平和大行進といいます。核兵器のない世界、非核の日本をめざし、核兵器禁止条約の締結・批准・発効、被爆者援護などを訴えて、全国でとりくまれています。1958年にたった1人から歩き始めた平和行進は、ことしで60周年です。詳しくは こちら から。

みんなで元気に行進(右端が香川泰範さん)
b0190576_21122704.jpg

司会の原田ひろみ市議
b0190576_21123079.jpg

私が代表してスピーチ
(左から)佐々木あつ子、深沢まさ子、山崎美和の各市議
b0190576_21123333.jpg
b0190576_21123673.jpg

(撮影:長島可純 2次加工、SNS以外のご利用はお控えください)

by hara-noriko | 2018-07-24 21:48 | 活動日誌 | Comments(0)

関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典   

実行委員会主催の街頭宣伝に参加
 7月18日、「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典」実行委員会主催の街頭宣伝、署名行動に、共産党都議団を代表して参加しました。
 酷暑の東京・有楽町マリオン前。10人ほどのリレースピーチ。開会あいさつは日朝協会東京都連理事長、閉会あいさつは日中友好協会都連理事長。日朝協会、関東大震災朝鮮人虐殺の国家責任を問う会、安保破棄実行委員会(メッセージ)、日本平和委員会、朝鮮人強制労働被害者補償立法をめざす日韓共同行動、亀戸事件追悼実行委員会の方々からのスピーチ。間には、歌もあり、1時間ほどの宣伝でした。

式典に都知事のメッセージ 「今年は寄せてほしい」

 小池都知事は昨年、関東大震災の朝鮮人犠牲者追悼式典へのメッセージ送付をとりやめてしまいました。その理由は、関東大震災の犠牲者全体を追悼する大法要に追悼文を送っているから、としました。しかし、大法要は自然災害で「亡くなった」方たちを悼むものです。朝鮮人というだけで「殺された」人を悼むこととは意味が異なります。このような差別、過ちを二度とくりかえさない、ということを知事が表明することはとても重要な意味があります。歴代の都知事は、それぞれさまざまな思想をもっていましたが、途切れることなくこの追悼文は送られてきました。それを小池都知事がとりやめてしまった。実行委員のみなさんは、この重大さを訴え、今年は寄せてほしい、と求め続けているのです。

【私のスピーチ要旨】

関東大震災のデマは過去の問題ではない

 1923年9月1日、関東大震災で10万人をこえる方たちが亡くなりました。そして、混乱のなかで、朝鮮人が暴動を起こしている、井戸水に毒を入れた、などのウソ、デマが広げられ、「朝鮮人」というだけで、数千人の朝鮮人が虐殺されました。
 私はこのことを過去の問題にできない、ということを訴えたいと思います。大阪北部地震でも、西日本豪雨災害でも、ネットのなかでは朝鮮人が地震に乗じて火事場泥棒をおこなっている、また井戸に毒を入れたようだなど、ほかにもとても言葉にできないような、ひどい言葉、ウソとデマが流されています。この差別意識を変えていくことは重要問題です。

「人権条例」の制定を前にして
 今、小池都知事は、オリンピックに向け、「人権条例」を制定しようとしています。私の所属している都議会総務委員会で議論が始まっています。
 この条例は、これまでの人権課題に加え新たに2つの大きなテーマを盛り込んでいます。ひとつは、セクシュアルマイノリティの方たちの権利保障とすべての人が性的指向や性自認による差別を受けない、ということです。これはとても重要なことで、中身をよりよいものに練り上げていく必要があります。そしてもうひとつは、ヘイトスピーチの禁止です。このことを盛り込むこともとても重要です

歴史の事実を認めることが差別をなくす土台
 そうであれば、知事自ら、「関東大震災時に殺された朝鮮人犠牲者への追悼文送付」をとりやめたことは、考え直し、今年は送付すべきではないでしょうか。「人権条例」が形だけのきれいごとになってしまっては困ります。歴史の事実をきちんと認めることこそ、差別をなくす土台です。
 共産党都議団は、知事の追悼文送付のとりやめについて抗議し、考え直すよう申し入れもおこなってきました。改めて、ずっと運動されているみなさんと連帯し、知事が今年の式典に追悼文を送るよう取り組みを強める決意を述べ、スピーチといたします。


都知事が式典に追悼文を送るよう訴える人たち
7月18日、東京・有楽町マリオン前
b0190576_22454335.jpg



「原のり子 都政報告&トーク集会」
7月22日(日) 午後2時開会
会場の東部地域センター 地図は こちら から
東久留米市大門町2-10-5 東部図書館と併設
東久留米駅東口からまっすぐ約800m
b0190576_23575279.jpg



by hara-noriko | 2018-07-19 22:49 | 活動日誌 | Comments(0)