<   2013年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

わかくさ学園の運動会で感じたこと   

 11月3日、就学前の障がい児が通園する、市立わかくさ学園の運動会でした。草刈ちのぶさんと一緒に、見学しました。
 「わかくさ学園に出会えた子たちは幸せだね」と草刈さん。本当にそう思います。就学前からの一人ひとりに応じた療育と、保護者がわが子の障がいと向き合うことを援助する先生たち。年長さんたちの姿には、その日々の積み重ねの大事さがあらわれていました。
 毎回感心してしまうのは、子どもたちが、自分で考えて挑戦することです。たくさんのお客さんがいるので、緊張したり、落ち着けなくなったり、ということもあります。でもそんな中でも、考えながらちゃんと参加しているんですよね。2種類ある平均台も自分で選んで挑戦する、トロルの口にボールを入れるときも、自分でどのへんから投げるか決めて挑戦する…。練習のときより、ずいぶん遠くからボール投げに挑戦した子が、見事一回で決めたり、かけっこで一番で走っていた子が転んでしまったけどそのあとも力いっぱい走りきったり…。子どもたちの力に圧倒されます。
 ますますたくさんの子どもたちが、わかくさと出会えるように、と思います。

  キクイモの花(黒目川)
b0190576_2242173.jpg

by hara-noriko | 2013-11-04 22:42 | 活動日誌 | Comments(0)

土曜の定例宣伝 「秘密保護法案を廃案に」   

 11月2日の夕方は、定例の土曜日宣伝。秘密保護法案を廃案に追い込みましょう、と宣伝しました。
 できたてほやほやのチラシ(「しんぶん赤旗」11月号外)を配布。国民の知る権利・表現の自由を侵害する大問題!暗闇の時代への逆戻りは許さない!…急速に声を広げられるよう、“超党派”でとりくんでいきたいです。
 写真は、秘密保護法反対を訴える「赤旗写真ニュース」です。
  
b0190576_22333143.jpg

by hara-noriko | 2013-11-03 22:25 | 活動日誌 | Comments(4)

真剣な姿が力強かった総合防災訓練   

 11月2日午前、市の総合防災訓練に参加しました。今年は、滝山グランドでの開催でした。土曜日ということで、お父さんと子ども、という組み合わせの親子連れも多かったように思いました。防災問題に日頃からとりくむ市民団体の方々をはじめ、さまざまな関係機関・団体などが参加しました。
 さらに今年は、久留米西高校の生徒さんたちも訓練に参加してくれました。

 写真は、倒壊した建物や車から人を救出する訓練です。訓練全体を通じて、消防署・消防団のみなさんの真剣な訓練の姿が、本当に頼もしく、力強かったです。
  
b0190576_22221555.jpg

by hara-noriko | 2013-11-03 22:22 | 活動日誌 | Comments(0)

東中学校の50周年式典 素敵だった全員合唱   

 11月1日、東中学校の50周年式典と祝賀会に参加しました。
 式典オープニングでの、ぶち合わせ太鼓と吹奏楽。部活動で付ける力はすごいな、と感心してしまいました。そして、全員合唱の歌声が本当に素敵でした! 中学生は思春期の真っ只中。色々なことを考え、悩み、葛藤する時期です。そのなかで合わさっていく歌声にじーんときてしまいます。また、生徒代表の方のスピーチも素晴らしかったです。力一杯文化祭にとりくんだことを、各学年ごと、そして特別支援学級の様子も含んでくわしくいきいきと話されました。まさに、東中の教育目標の1、よく考え自主的に行動する人になろう、…そのものの姿です。中学生の力は本当にすごいな、と思いました。
卒業生のスピーチに感激
 祝賀会で、卒業生の小山恭輔さん(27歳)のスピーチが聞けたことも、本当によかったです。小山さんは、2大会連続でパラリンピック50メートルバタフライのメダリスト。中学2年生の時に脳梗塞になり、右半身がまひ。「絶望して死にたいと思った」「でも、学校の担任の先生が、全部まかせなさい、と言ってくれた。友達も支えてくれ、学校に戻った。自分の人生でこの時が転機だった。本当に感謝している」と。これが教育なんだな…と感激しました。
 一人ひとりが、中学生の時期を豊かに過ごせるように…と心から思います。

  ダイサギ(落合川)
b0190576_0391214.jpg

by hara-noriko | 2013-11-03 00:38 | 活動日誌 | Comments(0)