<   2014年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

麻生副総理の許されない暴言   

 7日に、麻生太郎副総理・財務相が、またまた許されない暴言…。「子どもを産まないのが問題」。そのことについて、9日に「産みたくても産めないことだった」「説明不足だった」などと述べました。が、その釈明の内容も私は問題だと思いました。
 そもそも麻生副総理の発言は、少子高齢化の問題で、高齢者が悪いのでなく、子どもを産まない方が問題、といういい方をしています。高齢者と若い人たちを対立的に描いていること自体、問題だと思います。また、「産まない」という選択をする人は最初から否定されているかのよう…。一人ひとりの生き方が尊重される社会にしていかないといけないですよね。
 改めて総選挙は大事になってきた、と実感です。ぜひ、共産党の総選挙政策をご覧ください!

日本共産党の総選挙政策
女性への差別を解決し、男女が共に活躍できる社会を―日本共産党は提案します
日本共産党の分野別政策

by hara-noriko | 2014-12-11 00:51 | 選挙 | Comments(0)

たくさん感動した一日でした   


 12月7日(日)は大切な行事がたくさんあり、共産党市議団では、選挙活動をしながら、分担もして参加しました。
東久留米の障害福祉を語る市民のつどい
 私は、午前中、「東久留米の障害福祉を語る市民のつどい2014」に、篠原重信議員と一緒に参加しました。2002年から年1回開かれているつどいです。私は久し振りに参加しました。
 北欧の小さな町の福祉について、東久留米の障害福祉の現状、障害福祉にかかわる条約や法律についてなど、この1年間をふりかえって、それぞれの分野の方のお話しを聞くことができ、とても勉強になりました。
難病の方に市としてできることは
 そのなかで、筋痛性脳脊髄炎の会の篠原代表が、指定難病になるための国への働きかけを続けて実態調査のための予算がつき、調査がはじまったこと、しかし、まだまだ前途多難であることなどを、くわしくお話ししてくださいました。改めて、「制度の谷間」におかれている難病の方に、市としてできることはないのか、と考えさせられました。難病者福祉手当の対象を広げることなど、引き続き提案していきたいと思いました。

笑顔につながる映画祭
 午後は、「笑顔につながる映画祭」(清瀬・久留米民主商工会主催、「映画祭」実行委員会共催)に参加しました。
ドキュメンタリー映画「あの街に桜が咲けば」
 ドキュメンタリー映画「あの街に桜が咲けば」を観ました。2011年3月11日の東日本大震災でたくさんの方が津波で亡くなった岩手県陸前高田市で、地元の方たちが津波最高到達点に桜の植樹を行なっている、そのとりくみと思いを映し出しています。最初の映像が衝撃でした。津波がくるから早く逃げろと叫んでいる人、でもゆっくり歩く人々の姿…。まさか、街を飲み込んでしまう津波になるとは多くの人が思えなかったんだな…たまらない映像です…。その現実と向き合いながら、未来へ歩みをすすめようという内容に、感動しました。監督の小川光一さん、「桜ライン311」副代表の佐藤一男さんのお話しもとてもよかったです。自分のまちの防災対策を考えさせられました。
 社会派アイドルグループ「制服向上委員会」のライブも、とてもかわいく楽しかったです。真剣に社会のことを考えて行動しているんだな、と感じました。
市民のいのちとくらしを守る市民集会
 そして、最後は、「市民のいのちとくらしを守る市民集会」。13団体が参加し、8団体がスピーチ。分野、世代をこえてつながりが強まり、東久留米の市民運動はすごいな、と感激。力をもらいました。共産党市議団4人全員参加し、みなさんのスピーチを聞くことができました。
 「映画祭」をつくりあげてくださったスタッフのみなさん、いい企画を本当にありがとうございました!

キセキレイ(黒目川)
b0190576_02400173.jpg

by hara-noriko | 2014-12-10 02:40 | 活動日誌 | Comments(0)

さいわい保育園の民営化をめぐり質疑   

 5日、市議会本会議で一般質問を行ないました。まもなく、インターネット録画放映で見ることができますが、保育園民営化問題は11日の厚生委員会で引き続き議論することになるので、取り急ぎ、報告します。
行政としてやってはならないこと
 (1)先日、このブログで報告した行政報告での質問のつづきです。
 今年度入園の方に対し、民営化の予定はあるが、希望すれば卒園するまでさいわい保育園で保育を受けることができる、と文書をもって説明していたにもかかわらず、スケジュールが決まったので、同意をもって新園に移ってもらう、という問題について。契約違反であり、行政としてやってはならない、ありえないこと。「同意してもらえるよう努力する」と行政側は答弁しますが、努力するとかしないとか、という次元の問題ではない。少なくとも、スケジュール変更をすべきである。…など、一定のやりとりをしましたが、平行線のため、行政側に問題を整理して、厚生委員会できちんと答弁することを求めました。
 市が、どのような見解を述べるのか、注目されます。
人の心に土足でふみこむようなことはやめるべきです
 (2)さいわい保育園に入園希望を出す場合、民営化に同意しなければ入れないともとれる確認票は、人の心に土足でふみこみ、精神的に圧力を加えるもの。とりやめるべきだと主張しました。厚生委員会で議論します。
民営化の検証がきちんとおこなわれていません
 (3)こうした問題が次々とでてくるのは、根本に、民営化の検証をきちんと行なっていないことがある。みなみ保育園の引き継ぎ連絡会の会議録を提出するよう求めました。
 担当課長は「4月以降は、主体が法人なので、それ以前のものなら出せる」とのこと。しかし…引き継ぎは市が入って行なっているものであり、4月以降のものも出せるように調整すべきではないか、と私は思います。厚生委員会で議論していきます。

ジョウビタキのメス(黒目川)
b0190576_01541436.jpg

by hara-noriko | 2014-12-08 01:54 | 市政報告 | Comments(5)

「自民党批判票を共産党が獲得してほしい」   

 12月6日(土)とてもさむ~い朝、衆院東京20区候補の池田真理子さんと東久留米駅西口で宣伝しました。共産党後援会のみなさんも十数人あつまってくださり、共産党市議団からは篠原重信さんと私が参加。寒い中でも、池田さんは元気いっぱいです!
 今日は、東久留米で生まれ育ち、地元中の地元の方が、わざわざ池田さんの演説を聞きにきてくださいました! これまで共産党と縁の無かった方…。「自民党批判票を共産党が獲得してほしい」と、池田さんとがっちり握手。ありがとうございます!
 中央地域党後援会のみなさんと、夕方の定例宣伝も行ないました。選挙中のため、ハンドマイクは使えず、池田さんのビラを配布することもできません。…変ですよね。選挙中だからこそ、誰がどのような政策なのか、みなさん関心を持つのに…。そんな中、「赤旗」号外を配布しました。「政治とカネ」の問題など、わかりやすく書かれています。ぜひ、ごらんください!

訴える池田真理子候補(東久留米駅西口)
b0190576_00540668.jpg

by hara-noriko | 2014-12-07 00:54 | 選挙 | Comments(0)

さいわい保育園民営化で入園者との約束を破る   

 12月議会初日(12月3日)、行政報告がありました。共産党市議団として、いくつか質疑を行ないました。
 私は、さいわい保育園民営化問題についての報告について、質問しました。このなかから、いくつか報告します。
 (1)このブログでもお伝えしましたが、市が保護者に相談もなく一方的に設定した、さいわい保育園民営化の市民説明会は、市の強行な姿勢への疑問や反対の声のなか、民営化計画の実質的な説明は行われませんでした。ところが、あたかも説明会は、たくさんの参加できちんと行なわれたかのように受け取れる報告でした。「実際に説明に入れなかったが、市はどう評価しているのか?」と聞くと、「必要な説明はできたと考えている」との部長答弁…。どうしてそんなことが言えるのか…。
 (2)2014年度入園の人は、卒園するまで公立さいわい保育園に在籍できる、と文書にも明記され、そのうえで入園しています。ところが、今回発表されたスケジュールでは、2歳児、1歳児は、途中で保育園を変わることになります。まったく話しが違う。どういうことなのか、と聞くと、「民営化スケジュールが決まっていないときの説明であり、今はスケジュールが決まったので、それにそって同意のもとに新園に移行してもらう」と。スケジュールが決まったから、入園のときの約束を反故(ほご)にされる。そんなことがあっていいのでしょうか。「重大問題であり、契約違反では」と指摘しました。
 あくまで、行政報告の質疑は、報告の範囲で事実関係を確認するなど、制約があります。私は、これらの質疑をもとに、5日の一般質問で中身について質問する予定です。

黒目川の朝霧
b0190576_00243310.jpg


by hara-noriko | 2014-12-04 00:24 | 市政報告 | Comments(0)

日本共産党へのご支援を   

池田真理子さんとともに訴え
 総選挙が始まりました。衆院東京20区候補の池田真理子さんは、東村山、東大和、清瀬、東久留米、武蔵村山の5市をまわって立候補のごあいさつ。東久留米市では、私も一緒に候補者カーに乗りました。
 気迫のこもった池田さんの訴え…。やはり私は、戦争する国にしない、という池田さんの強い思いに、ぐっときてしまいます。15年間、国政にチャレンジを続けてきた池田さん。どんな情勢のもとでも、国民が主人公の政治実現へ、一歩でも二歩でも歩みを進めるために、あきらめずに努力を重ねてきた人…心から尊敬しています。なんとしても国政におしあげたい!
比例は日本共産党へ
 比例は日本共産党(政党名で)、小選挙区は池田真理子さん(候補者名で)。ぜひ、みなさんのご支援をお願いします。池田さんのブログもぜひ、ごらんください!

清瀬駅北口で尾崎あや子都議(左)とともに訴える池田真理子候補
b0190576_00221033.jpg

by hara-noriko | 2014-12-03 00:22 | 選挙 | Comments(0)

いよいよ総選挙   

池田真理子さんが訴えます
 
いよいよ、2日、総選挙が公示されます。衆院20区予定候補の池田真理子さんが、午後3時ヨーカドー前、3時半東久留米駅西口で訴えを行なう予定です。ぜひ、いらしてください!
 今度の選挙ではふたつの投票があります。ひとつは小選挙区、もうひとつは比例代表です。
比例代表は政党名 候補者名は無効
 実は、市の広報で比例代表は政党名か、候補者名を書く、となっていましたが、これは間違いで、衆院選の比例代表の場合は、政党名以外は無効になります。すでに、市のホームページで訂正を載せ、選挙を特集した広報も改めて全戸に配布し直すそうです。参院選と衆院選で同じ比例代表でも投票の仕方に違いがある…本当にわかりにくい…。選挙制度はさまざま改善が必要ですね。
比例代表は1票1票の積み重ねが必ず議席に結びつきます
 比例代表は、1票1票の積み重ねが必ず議席に結びつきます。大切な1票が無駄にならないように、「比例代表は政党名で」とよびかけたいと思います。そして、ぜひとも、日本共産党へとご支援をお願いします!

市の重要課題で市民の意見を募集
 12月、市の重要課題でふたつのパブリックコメント(意見)募集が行なわれます。
 ひとつは、「子ども・子育て支援事業計画(素案)」。来年度からの5年間の計画です。パブコメをふまえ、子ども子育て会議で検討されることになっています。
 もうひとつは、「旧大道幼稚園跡利活用等検討プロジェクトチーム報告書」。滝山児童館を大道幼稚園跡地に移転し、高校生まで対象にした児童館を新設する。閉館したくぬぎ児童館の機能も新設児童館に含める。滝山児童館跡(西部地域センター内)には、わかくさ発達相談室、滝山教育相談室を設置する。新設児童館は、運用のなかで市民集会室としても利用できるように工夫する。…というもの。パブコメをふまえて、3月に市長が最終的な利活用案を提案するとしています。
 市民意見の聴取が、パブコメだけでは十分といえませんが、まずは、たくさんの声が出されることが大切だと思います。ぜひ、市のホームページをごらんください。
 子ども・子育て支援事業計画(素案)については、こちらから
 旧大道幼稚園跡の新たな利活用案については、こちらから


by hara-noriko | 2014-12-01 23:37 | 選挙 | Comments(0)