<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

市民のみなさんと手を携えて 私の街頭演説   

 東久留米市議会議員選挙が始まりました。私、原のり子は、5期目をめざして全力を尽くします。日本共産党から私、篠原重信さん、永田まさ子さん、村山順次郎さんの4人が立候補しています。投票は4月26日です。私の街頭演説をお読みください。

1週間がんばりぬきます
b0190576_20491601.jpg
市政は市民のみなさんの声で動いている
 日本共産党市議会議員候補の原のり子です。私は4期16年間、市議会で活動してきました。なんといっても市政は市民のみなさんの声で動いている。これが一番の実感です。運動をすすめてきている人たちと一緒に5期目を必ずかちとって、みなさんと運動を続けていきたいと思っています。大きなお力添えをまず最初にお願い申し上げます。

「戦争立法ノー」の声を東久留米から
 今度の市議会議員選挙では、さまざまな問題が問われていますが、一言でいえば、安心して住み続けられる東久留米にどうやってしていけばいいのか、ということだと思います。根本の問題は、平和だと思います。平和であってこその私たちの暮らしです。いま、そのことが鋭く問われているのではないでしょうか。
 市議選が終わって、5月の連休明けにも、安倍首相は「戦争立法」を国会に提出しようとしています。いっせい地方選挙の結果が、安倍政権の暴走に大きな影響を与えるのではないでしょうか。
 「戦争立法」は、たくさんの法律を「改正」し、新しい法律までつくって、自衛隊がアメリカの戦争を支援するために「戦闘地域」まで行く、武器まで使えるということに道を開くものです。安倍政権もまさかそこまではやらないのではないか、と多くの方が思っていたのではないでしょうか。でも、安倍首相は本気です。だから怖いんです。
 先日、戦争を体験された方がこう言っていました。「戦争というのは、気づいたときには遅いんだ」「だからいま、声をあげなければいけないんだ」と。本当にそうだと思います。市議選を通して、東久留米のみなさんは戦争反対だよ、という声を大きくあげていきましょう。思想信条・立場の違いを超えて、日本共産党にその願いを託してください。4人の候補が全員当選するという形で、この東久留米から平和の声をしっかりと発信していきたいと思います。

4人の全員当選で平和の共同広げたい
 私は、市内で開かれるさまざまな学習会に参加してきました。そのなかで、イラク戦争のことが話されました。イラク戦争にも自衛隊が派遣されました。しかし「戦闘地域」には行っていません。歯止めがあったからです。イラク戦争から帰ってきた自衛隊員の方々のなかで、28人の若者が自ら命を絶っていることを知りました。本当にショックでした。「戦闘地域」には行っていなくても、戦争が起きている国に行って傷ついて帰ってきた。心にいっぱい傷をもって帰ってきて、自分の国で命を絶たなければならない。今回の「戦争立法」で「戦闘地域」に行ってもいい、ということになったら、本当に悲惨な状況になることを痛感しました。「戦争立法」は、どうしてもストップをかけなければなりません。沖縄を見習って、立場の違いを超えて力を合わせ、「戦争反対」の一致点で大きく声をあげていきましょう。4人全員の当選を果たし、他の党派にも呼びかけて、一致して取り組む共同をさらに広げていきたいと思います。

保育園民営化 間違った税金のつかい方を正したのは保護者の声
 いまの東久留米市政はどうでしょうか。施策の優先順位が間違っていると思います。そんななかでも市民のみなさんのねばり強い運動が、市政をたしかに動かしています。
 みなみ保育園の民営化をめぐって、民営化の費用が過大に見積もられていました。この事実を見つけてくださったのは、保護者のみさなんでした。共産党市議団も「これは重大だ」ということで、議会で取り上げました。保護者のみなさんのおっしゃる通りだったのです。間違った税金のつかい方をするところでした。保護者のみなさんと連携しながら、訂正させてきました。

通級指導学級 保護者の声が市の姿勢を変える
 通級指導学級という、発達障害のお子さん方が通っている学級があります。6小と7小にあって、週に1回、子どもたちはここに行って勉強しています。専門の個別指導を受け、自閉症やアスペルガーのお子さんたちは小集団活動をして、力を蓄えます。そしてまた1週間、自分の学校に戻って勉強するんです。
 このかけがえのない学級を、東京都は来年度から順次廃止するといっています。保護者のみなさんが、「それは困る」と声をあげました。市長にも、教育委員会にも、私たちの議員にも、手記を書いてくれて、「学級をなくさないでほしい」「保護者の声をちゃんと聞いてほしい」と要請しました。
 教育委員会は、都の方針に従って市の計画を決めたら、それを保護者に報告するといっていました。保護者のみなさんのねばり強い取り組みの成果で、保護者のみなさんの声を聞いてから計画します、と約束しています。これは、保護者のみなさんの取り組みがあったらできたことです。
 市民のみなさんの力はすごいと思います。市民が力を合わせれば、必ず市政は変えられます。

逆立ちした税金の使い方を見直す
 逆立ちした税金の使い方を見直す。これも市政の課題です。私たち日本共産党市議団は、予算の組み替えを提案して、施策の優先順位を変えれば新たな財源を持ち出さなくてもできることを具体的に提案しています。残念ながら他会派の議員の賛成がないために通りませんが、後から必ず生きてきます。この選挙を勝ち抜いて、実現したいと思います。

少数大激戦の選挙 共産党こそ市民の暮らしの応援団
 「いっせい地方選挙の前半戦で調子がよかったから、共産党は大丈夫だろう」といわれています。私も16年間議員をやっているせいか、「原さんは大丈夫ではないか」という声が寄せられます。とんでもありません。この「大丈夫」というのは共産党の4候補、だれにも当てはまりません。少数大激戦の選挙です。
 私がいちばんいいたいのは、市民のみなさんの暮らしが大丈夫なのかどうか、このことが選挙で問われている、ということです。市民のみなさんの暮らしをしっかり応援するために勝ち抜いて、4人で力を合わせて、市民のみなさんと連携して、取り組みを強めたいと思います。
 どうか最後の最後まで、ご支援を広げていただけますようお願いいたします。

声援を受けて
b0190576_20492283.jpg

by hara-noriko | 2015-04-19 20:58 | 選挙 | Comments(0)

市議選始まる 元気に出発しました   

 いっせい地方選挙の後半戦、東久留米市議会議員選挙がきょうから始まりました。午前9時半すぎ、幸町3丁目の事務所前で出発のあいさつ。たくさんの方から激励をいただきました。1週間、元気に訴えます。

きょう午後2時から4候補が街頭演説 イトーヨーカドー前
 4月19日午後2時から、東久留米駅に近いイトーヨーカドーの前で、日本共産党から立候補している、私・原のり子、篠原重信、永田まさ子、村山順次郎の4候補が訴えます。ぜひお聞きください。

事務所前で出発のあいさつ
b0190576_10523891.jpg
b0190576_10524316.jpg

by hara-noriko | 2015-04-19 10:53 | 選挙 | Comments(0)

私の思い 後援会ニュースから   

 日本共産党東久留米市西部後援会のニュースに紹介された私のインタビューを、ブログに掲載します。ぜひお読みください。

 ―4期16年間活動してきて一番印象深いことは?
 一番、というのは決められませんが…。でも、自分が議員としてがんばっていこうと決意が固まったのは、初めての厚生委員会です。当時、子どもたちが3人とも保育園児だったのですが、委員会が長引いてお迎えの時間が迫って来てしまい、福祉施設で働く夫も泊まり勤務で…どうしよう…と。それで、意を決して挙手して、事情を話し、電話をするための休憩をお願いしました。他の議員の人達が快く認めてくださり、近所の方にお迎えを頼めました。このとき、子どもがいて議員活動をすることが私なんだ、自分らしく頑張って行こうと決意が固まりました。先日、東京新聞の取材を受ける機会があり、このことを振り返りました。初心を忘れないでいたいと思います。
 ―市政は市民が動かすとは?
 もう、本当にこれは実感です。東京都が特別支援教育を大きく変えようとするなか、小学校の情緒障害通級指導学級の保護者のみなさんが、一方的に変更せず保護者の声を聞いてほしいと3月議会に請願を提出し、教育委員会や市長、私たち議員にもお手紙(手記)をくださいました。私も一般質問でとりくみました。請願は、自民・公明・民主・維新により趣旨採択にとどまりましたが、教育委員会はこれまでの態度を変え、保護者の声を聞いたうえで市の計画をつくることを約束しました。これは、保護者のとりくみがあってこそです。議員の役割は、こうした市民のみなさんのとりくみに学び、一緒に考えながら、しっかり議会で発言し、実現に向け努力することだと思っています。
 ―昭和病院行きのバスが動き出しましたね
 「昭和病院に行きやすくしてほしい」というのは、長年の市民の切実な願いでした。駅西口から乗り換えなしで、昭和病院前まで行けるようになったことは、本当によかったです。なんといっても、2010年と2014年の合計1万人をこえる、コミバス実現を求める署名の力が大きかったと私は実感しています。このとりくみのなかで、昭和病院に行きやすくしてほしいということの切実さがより明確になり、結果的にバス路線実現への後押しになったと思います。共産党市議団としても、2011年、2014年に西武バス本社に出向いて要請したり、議会でもさまざまな角度から質問してきました。2006年、石井みち子元市議も、新小金井街道のアンダーパスになることをふまえ、昭和病院を通るバスを具体的に提案しています。
 ―コミバスの展望は?
 今回の昭和病院行きのバスは本当によかったのですが、この恩恵を受けられない地域が残ります。民間バス事業者は、当然のことながら、採算がとれないところは走らせないのです。そういうところにこそ、コミバスが必要なんだということがより鮮明になったと思います。同時に、それぞれの地域にふさわしい地域公共交通の充実がはかられるように、みなさんの意見をうかがいながら、とりくみを強めたいです。
 ―市財政の状況は?
 市は、「財政が厳しい」とくりかえしています。しかし、東久留米市は、黒字決算が続いており、財政調整基金も30億円を超えました。豊かとはいえないけれど、一番大切なのは「使い方」だと思います。共産党市議団は、新たな財源を求めなくても、今の財政規模のなかでできる予算組み替え案を提案しました。不要不急の上の原の道路建設や保護者の合意のない保育園民営化関連予算などを削除し、後期高齢者健診料の無料化、認可外保育施設の保育料補助などにふりむける中身です。が、共産党以外はすべて反対でした。
 ―5期目をめざす決意は?
 私は、1期目の4年間、農業委員として活動しました。この4年間は私の宝物です。私は、農業についてまったくの素人です。都市農業のことや農家の苦労、東久留米の歴史など、いちから教えていただきました。そして、農があり、水と緑豊かなこのまちがもっと好きになりました。このまちで、誰もが安心して暮らせるように、くらし・福祉・教育を大事にするあたりまえの市政をめざし、引き続きとり組む決意です。
 そのためにも、若者を戦場に送る「戦争立法」の動きは、絶対にくいとめたい!戦争はだめ、平和を守ろう、9条を守ろう、この声を大きく広げるために力を尽くしたいです。

共産党市議団の執務室で
b0190576_00524357.jpg


by hara-noriko | 2015-04-18 00:52 | 活動日誌 | Comments(0)

予算の一部を組み替えれば市民を応援できる   

 2015年度予算が、自民・公明・民主・社民・維新などの賛成で決まりました。日本共産党市議団は、市長の予算案に対し、予算組み替え案を提出。新たな財源を求めなくても、今の予算のなかでごく一部を組み替えるだけで、市民のみなさんを応援できることを示しています。組み替え案は、他の会派・議員の賛成は無く否決されました。みなさんと力をあわせ、提起した内容の実現へ引き続き努力します。以下、紹介します。

【共産党の予算組み替え案
 市民合意のない保育園民営化強行、不要不急の道路建設推進の予算に反対
(1)さいわい保育園民間移管法人選定を中止する (72万4000円)
(2)上の原地区へのアクセス道路建設を中止する (2332万8000円)☆
(3)神山堂阪公園区域変更事業を中止する (1459万3000円)☆
(4)市独自の小中学校学力調査を中止する (206万円)
(5)財政健全経営検討会議を4回開催から1回開催へと変更する (30万3000円)
(6)東中学校体育館耐震補強工事を中止する (0円)*

―以上から生み出される財源4100万8000円を下記の施策に振り向ける―
<1>認可外保育施設保護者助成金の実施 659万円
<2>後期高齢者医療健康診査無料化 400万円
<3>コミュニティバスを含む地域公共交通のニーズ調査 350万円
<4>木造住宅耐震補強工事助成 300万円
<5>家具転倒防止器具取り付け助成 300万円
<6>住宅・ 店舗リフォーム助成 300万円
<7>子ども議会開催 5万円
<8>コミュニティ活性化補助金の増額 6万円★
<9>保存樹木補助金の増額 22万3000円★
<10>生ごみ減量化処理機器購入助成増額 5万円★
<11>難病等啓発事業補助金の増額 1万円★
<12> <1>~<11>の残額を財政調整基金に積み立てる 1752万5000円

(注)
☆ 上の原の企業誘導のためのアクセス道路は、公園を削ってつくられる。近隣住民は不安や反対の声をあげている。来年度だけで総額6億円強かかるが、今後全体の経費がどのぐらいになるかは不明。
* 東中学校体育館の耐震補強工事は、総額1億3520万円。国費と都費を除く市の負担は、6540万円の起債と、教育振興基金から2192万8000円を繰り出すこととしている(一般財源は0円)。この事業をとりやめ、来年度、当初計画通り、学校敷地内に新体育館を建築することとする。
★ 市の「補助金適正化」による一律10%削減の新たに対象になった4事業の削減分を戻す。
(「こんにちは原のり子です」№286より)


【情緒障がい児の通級指導学級をなくさないで
 東京都は、2016年度から、通級学級を廃止し、先生が各学校を巡回する形に変えようとしています。これに対し、保護者のみなさんが、「保護者の声をきちんと聞いてほしい」と請願を提出。趣旨採択となりました(共産党は採択を主張)。また、議員一人ひとりに手紙も下さり、「通級学級をなくさないでほしい」との切実な思いが伝わって来ました。私は、一般質問でとりくみました。(趣旨採択とは、願意は理解する、という範囲のもの)
かけがえのない通級学級
 通級学級は、7小と6小にあり、計87人です(2014年度)。ふだんは、通常学級に所属し、週に1回スクールバスが家のそばに迎えに来て通級学級に行きます。朝の体育からはじまり、小集団活動や個別指導を受け、エネルギーをためて通常学級に戻って1週間がんばる、ということです。かけがえのなさがわかります。
 先生の巡回型に変わると、ある時間だけとりだして指導を受けるということになり、1日かけて、じっくり指導を受け、安心して過ごすということはできなくなってしまいます。
「保護者の声を聞く」と答
 市の担当者が、東京都のガイドラインが出たら保護者に説明し、市の計画を決める前に保護者の意見を聞くと答弁。保護者の声ととりくみの力です! 通級学級のかけがえのない教育を守るために力を尽くしたいです。

【国民健康保険税 2015年度は据え置きに!

 4年連続で値上げされてきた国保税。昨年秋に共産党が実施した市民アンケートでも、「これ以上の負担増反対」が83.1%。市議団としても、まずはこれ以上の引き上げはストップをと、市長へ2回申し入れ、議会でもとりくんできました。昨年の12月議会では市民の方からの請願も寄せられました。今回、全体の3%にあたる高額所得の人以外は、据え置き、あるいは軽減されます!議案は全会一致で可決されました。……でも、それにしても高い…。引き下げに向けとりくみたいです。

【介護保険料は引き上げ
 介護保険料は、平均月額4200円が4900円に引き上げ。保育料も大幅な引き上げになる人が出てくることもわかり、これらについては反対しました。自・公・民・維などにより可決されています。

【市民の声で、昭和病院行きのバスが動き始める!
 昭和病院に行きやすくしてほしい…これは市民の切実な声です。4月から、駅西口から乗り換えなしで昭和病院前まで行けるようになり、本当によかったです!コミバス実現を求めた署名運動も結果として大きな後押しになったと実感しています。同時に、民間バス事業者は、採算のとれないところは走りません。そのため、今回のバス路線の恩恵を受けられない地域も沢山残ります。そこにこそ、コミバス等、対策が必要です。とりくみを強めます。

「こんにちは 原のり子です」NO.286
b0190576_00160781.jpg


by hara-noriko | 2015-04-17 00:16 | 市政報告 | Comments(0)

通級学級 正式なガイドラインが出たら保護者に説明   

臨時教育委員会を傍聴
 4月13日、臨時教育委員会を傍聴しました。報告事項として、「特別支援教室の導入ガイドラインについて」とあり、指導室長が報告しました。3月にガイドラインの暫定版が示されたが、まだ精査すべき点があり、正式なものは4月中に示されるとのこと。
ガイドライン暫定版について指導室長が報
 あくまで、聞き取った範囲ですが、ガイドライン暫定版について指導室長が報告した主な内容を書きます。
 (1)発達障害児の人数は3万3661人と想定されるが、そのうち、通級学級を利用している児童は6209人のみである。(2)通級学級設置校の通常学級に在籍している発達障害児(想定)のうち、通級を利用している児童は28.9%だが、通級未設置校の場合は15.9%のみである。(3)他校に通うことによるデメリットは、移動の負担や在籍校との連携のむずかしさがある。…以上のことから、1人でも多く支援を受けられるように、巡回型に変える。
巡回型を来年度から順次導入し、2018年度には全校実施と―
 スケジュールは、平成28年度(2016年度)に順次導入していき、30年度(2018年度)には全校実施とする。今年度中に市として推進計画を示す予定。正式なガイドラインが出たら、保護者に説明する。…とのことでした。
 いくつか質疑もありました。そのなかで、まだ、保護者への説明会の日程は未定であること、しかし、保護者の意見を聞くことについては確認されました。
通級学級のメリットには触れず 注視が必要
 指導室長の報告では、通級学級のメリットについては触れられませんでした。ガイドライン自体がそうなっているのか? これは見てみないとわからないですね。…いずれにしても、注視していかなければならないです。

 【通級学級についての過去の記事】
 かけがえのない通級指導学級
 3月議会の一般質問から

カワセミ(黒目川)
b0190576_23140801.jpg

by hara-noriko | 2015-04-15 23:14 | 市政報告 | Comments(0)

いよいよ後半戦 がんばります   

 いっせい地方選挙の前半戦が終わりました。この結果、日本共産党は初めて、全都道府県議会に議席をもつことができました。道府県議も政令市議も議席をふやすことができました。ご支援いただき、本当にありがとうございました!
 このブログで紹介した神奈川県議候補のごとう真左美さん(川崎区)は残念ながら届かず…。でも、厳しい選挙区ですばらしい大健闘だったと思います! 今回の躍進は、当選した人だけでなく、みんなで勝ち取った躍進だと実感しています。今度は後半戦。良い結果がだせるよう、頑張りたいと思います。
 私は、活動をさらに強めていくために、12日(日)に事務所びらきを行ないました。小さな事務所に、50人を超える方々が来てくださり、激励をいただき、また交流することができました。いらしていただいたみなさん、本当にありがとうございました!
 原のり子事務所 東久留米市幸町3の6の3  電話・ファクス 042(476)2544
         JAの並び、バス停「中央図書館入り口」の近くです。

原事務所に飾られた激励の寄せ書き
b0190576_00094370.jpg

by hara-noriko | 2015-04-15 00:10 | 選挙 | Comments(0)

平和とくらしを守る願いを共産党に   

b0190576_00271444.jpg
 いよいよ、あす12日は、いっせい地方選前半戦の投票日。平和とくらしを守る願いを、日本共産党の候補者にお寄せください!
特別の思い入れ ごとう真左美さん
 私も、今回、特別の思い入れがあります。神奈川県川崎市川崎区で県会に挑戦しているごとう真左美さんは、1歳年下で高校、大学と一緒で、日本民主青年同盟や共産党の活動を一緒にとりくんだ仲間です。
 以前、このブログでも、ごとう真左美さんと「赤旗まつり」で出会ったことを書きました。そして、先程、川崎に住む私の父から電話があり、私たちの高校の恩師からの手紙に、ごとうさんと私のことが書いてあり、「高校のときに広島に行ったメンバー」と。そうなんです。法政女子高では、昭和の歴史という特別講座があり、私もごとうさんもその講座を選択し、広島に行って戦争と原爆のことを勉強しました。この講座で学びたくて、私は、法政女子高に入ったのです。…原点にかえる思いになりました。
 戦争立法にストップをかけ、どうしても憲法9条を守りたい! 思想・信条・立場の違いをこえ、戦争だけはだめ、という思いを日本共産党にたくしてください!

12日は原のり子事務所開きへぜひ
 4月12日(日)午後2時から3時まで、「原のり子事務所開き」をおこないます。
 安倍政権による「戦争立法」の動きが強まるなか、平和といのち、くらしを守るために、活動をより強めたいと思います。ぜひ、おこしください。
 原事務所は、幸町3の6の3。JAの並び、バス停「中央図書館入り口」の近くです。



by hara-noriko | 2015-04-11 23:41 | 選挙 | Comments(0)

事務所開きにぜひおいでください   

 4月12日(日)午後2時から3時まで、「原のり子事務所開き」をおこないます。
 安倍政権による「戦争立法」の動きが強まるなか、平和といのち、くらしを守るために、活動をより強めたいと思います。ぜひ、おこしください。

 原事務所は、幸町3の6の3。JAの並び、バス停「中央図書館入り口」の近くです。

スズラン
b0190576_23165225.jpg

by hara-noriko | 2015-04-10 23:17 | お知らせ | Comments(0)

「憲法守ろう」の輪を広げましょう   

 4月9日夕方、東久留米憲法共同行動でした。「憲法を守ろう!」を一致点にさまざまな団体・個人が一緒に宣伝します。冬のように寒い日…でも20名を超える人たちで元気にアピール! 一人ひとりのスピーチは、「戦争立法を絶対にくい止めよう」「憲法9条を守ろう」という思いにあふれていました。いつも議員にもよびかけてくださり、今回は、共産党市議団から篠原重信さんと私が参加。生のギターとアコーディオン演奏にのって、スピーチしました。この輪が大きく広がるように、一緒にとりくみに参加していきたいと思います。

こんな横断幕を掲げて訴えました
b0190576_00034394.jpg
スピーチする篠原重信市議
b0190576_00035295.jpg
私もマイクを握りました
b0190576_00034943.jpg

by hara-noriko | 2015-04-10 00:04 | 活動日誌 | Comments(0)

すべり台 すぐに修理していただきました   

 小山森の広場の前にある小さな公園、小山第三緑地。丘の上に、すべり台があります。そのすべり台の踏み台が丘の下に落ちてしまい、子どもが遊べない、という声が寄せられました。
 見に行ってみると…本当にそうでした。しかもその踏み台はかなり重い。落ちてしまった踏み台をただ元に戻せばいいのか、安全性や老朽化などは大丈夫か、市の環境政策課に相談しました。すぐに現地を確認してくださり、元に戻していただきました。滑り台自体の状態も確認し、使用して問題ないとのこと。よかったです。さっそく、子どもさんがお母さんと遊んでいました。

落ちてしまった踏み台
b0190576_23535419.jpg
元の場所に戻った踏み台
b0190576_23535862.jpg

by hara-noriko | 2015-04-09 23:54 | 活動日誌 | Comments(0)