<   2015年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

通級指導学級めぐるガイドライン 都は速やかに公表すべきです   

都民に知らせない東京都
 東京都教育委員会が、「特別支援教室の導入ガイドライン~小学校の『情緒障害等通級指導学級』が『特別支援教室』に変わります~』を発表しました。とはいっても、都民に対してその内容をホームページなどで知らせているわけではありません。3月末に発表されると聞いていましたが、遅れていて、4月時点で市の担当に問い合わせたところ、まだ暫定案とのことでした。昨日、市の担当に確認したところ、データで都教委から来ていて、これにもとづき、今月末に保護者に説明するとの話しでした。ところが…やはり東京都のホームページではアップされていません。
 13日、東京都の担当課に電話で、「いつアップされますか」と聞いたところ、「その予定はありません」と…。「え!?どうしてですか?」と聞くと、膨大な内容でもあり、各自治体の教育委員会からそれぞれの実情をふまえて説明していただく、との趣旨の話しでした。…それはないのではないか…。東京都のガイドラインそのものを東京都の責任で公表すべきであり、アップするようにしてほしい、と要請しました。
公表するのは当然のこと
 このガイドラインの前に、第三次計画が発表されており、そのことについてさまざま意見や疑問もだされてきた経緯。そのなかでモデル事業も行われてきたこと。それらをふまえて、ガイドラインを出すといってきたのですから、それを都民に公表するのは当然だと思います。
 すでにオープンなものなのに…。本当に疑問です。引き続き、東京都に改善を求めるとともに、市の保護者説明会ではていねいな説明と保護者の声を十分に聞き取り、検討することを求めていきたいと思います。

「市議会だより」に掲載された一般質問の見出しについて
 5月15日付の市議会だよりに、一般質問の記事が載っています。私の記事のタイトルが、「かけがいのない通級学級の存続を」となっています。正しくは、「かけがい」ではなく「かけがえ」ですが、なんらかの手違いですね。次号に訂正を載せてもらえるよう事務局にお願いしました。(該当のページは、こちらから)

イモカタバミ
通級指導学級めぐるガイドライン 都は速やかに公表すべきです_b0190576_23245554.jpg


by hara-noriko | 2015-05-14 23:26 | 市政報告 | Comments(0)

市の重要な会議が続々 ぜひ傍聴を   

6月議会を前に、重要な会議が続々と開かれます。どなたでも傍聴できます。

★14日(木)午前9時半~ 総合教育会議(703にて)
 8時半から6階の教育総務課にて傍聴整理券を発行。
 9時半以降に傍聴する場合は、直接703へ。
 *議題は、教育大綱の策定です。

★22日(金)午後7時~ 子ども子育て会議(701にて)
 *議題は、保育料・学童保育料についてです。

★26日(火)午後2時~ 都市計画審議会(701にて)
 *議題は、上の原地域の開発、アクセス道路関連です。

シジュウカラ
市の重要な会議が続々 ぜひ傍聴を_b0190576_01313232.jpg


by hara-noriko | 2015-05-11 01:32 | 市政報告 | Comments(0)

東久留米の教科書が危ない!   

 5月10日午後は、東久留米の教育を考える会の総会に、永田まさ子議員、村山順次郎議員とともに出席。今回のメインは、「今、東久留米の教科書が危ない!」と題しての学習会。講師は、世取山洋介先生(新潟大学準教授)です。50名をこえる参加者で、会場はいっぱいでした。
 世取山先生は、新自由主義教育改革について、年代を追って、どう展開してきたかくわしく話され、経済発展至上主義の考え方で、人権や平和などが後景においやられていること。それが教科書にも現れてきていることを指摘。…教育の問題は本当に深い問題だと実感しました。改めて、教育を変えて、利用して、戦争へと進んで行った歴史を考えさせられました。
 教育大綱に、教科書採択についてどう書きこまれていくのか…。次の総合教育会議が重要になっていると感じました。

世取山先生の話に聞き入る参加者
東久留米の教科書が危ない!_b0190576_01265873.jpg


by hara-noriko | 2015-05-11 01:27 | 活動日誌 | Comments(0)

東久留米子どもまつりに参加して   

 5月10日、晴天に恵まれた「第42回東久留米子どもまつり」。村山順次郎議員は朝一番に参加し、私もその後参加しました。市長のあいさつもあったそうです。会場の第七小学校は、たくさんの子どもたち、父母の方、地域の方でおおにぎわい! かき氷は飛ぶように売れ、保育園のお父さんが氷を買いに走っていました。
 子どもたちは、それぞれ工作や折り紙のブースに行ったり、児童館のゲームにならんだり、本当に楽しそう。実行委員のみなさんが汗を流しながら、忙しく動かれていて…本当に頭が下がります。ありがとうございます。子どもたちのためにずっと続いてほしいイベントです。これからも応援していきたいです。

第42回東久留米子どもまつりの大看板
東久留米子どもまつりに参加して_b0190576_01232032.jpg

by hara-noriko | 2015-05-11 01:24 | 活動日誌 | Comments(0)

ドキュメンタリー映画「60万回のトライ」を観て   

 5月9日、すばらしいドキュメンタリー映画を、家族で観てきました。高校ラグビーの強豪・大阪朝鮮高級学校ラグビー部の長編ドキュメンタリー「60万回のトライ」です。上映会は、朝鮮学校が高校無償化から外され、都の補助金も停止される状況の中、子どもたちを応援している「ハムケ・共に」の会の5周年企画として、西東京朝鮮第一初中級学校との共催で行われました。映画の監督、朴思柔(ぱく・さゆ)さんと朴敦史(ぱく・とんさ)さんのお話しも聞けました。子どもたちの素晴らしい歌やあいさつも。
 映画は、時間を忘れて見入ってしまいました。何より、ラグビーを通しての高校生たちの生きいきとした姿、「やらされている」感などみじんもなく、自分のルーツや日本の現実にまっすぐ向き合っている姿勢に感動しました。
 どのシーンも心に残りますが、私は、ラグビー部のキャプテンがケガで試合に出られなくなるという緊急事態のなかでの練習で、焦りからか、いさかいがおきたときの様子がとくに忘れられません。激しく言い争う生徒達。そこに、そっと監督が歩いていって、静かに、「命令形で言ってはいけない、みんなでやろう、と言わないと」という趣旨の話をひとことだけ言ったのです。生徒達は、心を落ち着け、また自分たちで話し合い、乗り越えていきました。すばらしい…生徒たちの自主性、監督の寄り添い方…教育とはこういうものなんだ、と胸があつくなりました。
 本当に観てよかった。感動とともに、日本がアジア諸国に対し、植民地支配と侵略を行なった事実について、改めて考えさせられ、日本人として本気で向き合わなければと思いました。そして、そのことについて、おわびの気持ちも示せない人が首相であることについても…。
 ぜひ、多くの方に観ていただきたいです。
 
映画「60万回のトライ」ホームページ
映画「60万回のトライ」予告編


by hara-noriko | 2015-05-10 00:45 | 日記 | Comments(0)

22人の市議が初顔合わせ   

 ゴールデンウィーク後半は、家の掃除をしたあと、5日と6日は実家(川崎)に行ってきました。祖母(98歳)、父、母、弟、夫、娘たち3人、私で一緒に食卓をかこみ、のんびりと…。充電もして、いよいよ5期目の活動が本格的にスタートです。
市議会議員懇談会
 5月7日、市議会議員懇談会がありました。新議員22人の初顔合わせです。
 今回、新人議員は自民党の島崎孝さんひとり。9期目…桜木さん(社民)、8期目…篠原さん(共産)、6期目…白石さん(無所属)、5期目…篠宮さん(自民)、原のり子(共産)、4期目…富田さん(民主)、野島さん(自民)宮川さん(無)、沢田さん(公明)、細谷さん(自民)、間宮さん(無)、3期目…梶井さん(民主)、島崎清二さん(自民)、阿部さん(公明)、津田さん(公明)、2期目…関根さん(公明)、永田さん(共産)、佐藤さん(維新)、三浦さん(公明)、村山さん(共産)、小山さん(自民)。
民主的な議会運営を
 8日の午前中までに、会派結成届を提出し、来週からは代表者会議で、初議会の運営や正副議長、常任委員の選任などについて協議していくことになりました。共産党としては、民主的な議会運営が行われる体制となるよう、とりくんでいきます。
上の原土地利用構想整備計画(案)
 懇談会後、市側より、「上の原土地利用構想整備計画」(案)がまとまったと、説明がありました。5月15日広報に載せ、31日に市民説明会を行うとのこと。くわしくは、後日お伝えします。


カワセミ(黒目川)

22人の市議が初顔合わせ_b0190576_14481396.jpg


by hara-noriko | 2015-05-07 14:48 | 市政報告 | Comments(0)

疑問だらけの総合教育会議   

 4月30日、第1回総合教育会議が開かれ、傍聴しました。20名を超える傍聴者で席が埋まりました。市長が主宰する会議のため、並木市長が司会進行を務めます。私は、いくつかの違和感や問題を感じました。

(1)第1回の会議なのに、総合教育会議では何を扱い、何を扱うべきでないのか、という基本的な議論がなかったこと。

(2)1回目であるにもかかわらず、昨年度、3回実施された市長を招いての教育委員会の懇談会で、「大綱」に向け実質的な十分な意見交換ができた、としていること。

(3)大綱策定に向けた論点整理、として市長側から補強したい点などが提起され、それに対し、教育委員が意見を述べた。この中で…
 《1》いじめ防止について道徳と結びつけることについて強調されたが、では、「道徳」とは何か。「社会を保つという意識から道徳が重要」との発言もあったが、子どもにとって、という視点はどうなのか。
 《2》学力調査結果の公表について、心配する市民の声にはまったく触れられず、成果としてのみ語られている事。
 《3》情緒障害児の通級指導学級の成果については何も触れられず、まだ保護者の意見も聞かないのに、特別支援教室を全校に順次導入することが強調されたこと。
 《4》学校統廃合について、推進していく姿勢を鮮明に打ち出したこと。

教科書採択については…

 教科書採択について市長は、大綱の中に「教育指導にきわめて重要な役割を果たす教科書を、教育委員会の権限と責任において、適正かつ公正に採択するとともに、その結果と採択理由について明らかにする」ということをもりこむ考えを述べました。あえて、大綱に明記する意味についても含め、次回、5月14日の第2回総合教育会議でどのように確認されていくのか、見守っていきます。

 総合教育会議についての関連記事は、こちらから。

市議選後初めての定例土曜宣伝
 写真は、市議選後は初めての定例土曜日宣伝。たくさんの方に声をかけていただきました。ありがとうございます! 来週と再来週は、土曜日に大事な行事が重なり、宣伝はできませんが、10年以上続けて来たこの宣伝は今後も継続していきます。よろしくお願いします。
疑問だらけの総合教育会議_b0190576_23310380.jpg

by hara-noriko | 2015-05-02 23:31 | 市政報告 | Comments(0)

メーデーに参加しました   

 5月1日、第86回三多摩メーデーに、日本共産党東久留米市議団4人そろって参加しました。今年の会場は、立川の多摩川緑地野球場。中央舞台には、「働く者の団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそう」とのスローガン。参加者は3500人と発表されました。
 東久留米からもたくさんの方が参加されていて、交流することができました。「労働法制改悪反対」「憲法9条守れ」「戦争立法ストップ」。みんなで声をあげながら、立川のまちを歩いてアピールしました。

東久留米市議団の4人
(左から)永田まさ子さん、村山順次郎さん、私・原のり子、篠原重信さん
メーデーに参加しました_b0190576_00470706.jpg

by hara-noriko | 2015-05-02 00:47 | 活動日誌 | Comments(0)

改めて決意 市民のみなさんと一緒に行動する議員   

原事務所の「ごくろうさま会」
 4月29日、原事務所の「ごくろうさま会」でした。みなさんに当選証書を見ていただき、選挙でのエピソードや感想、意見などを交流しました。改めて、市民のみなさんが市政の主人公だ、と実感。これからも市民のみなさんと一緒に考え、行動する議員でありたい…と思いました。

身体障害者福祉協会の総会へ
 午後は、身体障害者福祉協会の総会へ。篠原重信議員、村山順次郎議員と一緒に参加しました。総会後の茶話会では、会員のみなさんといろいろとお話しをさせていただきました。以前160名台の会員がいたが、現在は50名台になっていること、高齢化が進み総会に来たくても来れない人がたくさんいること、そのようななかで工夫し助け合って活動を続けていること…。とても大事な会です。応援していきたいです。

「ごくろうさま会」で見ていただいた当選証書
改めて決意 市民のみなさんと一緒に行動する議員_b0190576_00345473.jpg
小学生の女の子とお母さんにいただいた花です
改めて決意 市民のみなさんと一緒に行動する議員_b0190576_00350150.jpg


by hara-noriko | 2015-05-01 00:35 | 活動日誌 | Comments(0)