<   2015年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

教育大綱に市民の意見を反映させる仕組みを   

市長は、教育大綱と教育振興基本計画の整合性をはかったと報告
 3日の本会議(初日)で、市長による行政報告がありました。このなかで、教育振興基本計画の改定について、教育大綱と教育振興基本計画の整合性をはかった、という報告がありました。私は、このことについて質問しました。10月30日のブログでも書きましたが、何が問題だと感じているか改めて…。
教育大綱決定に際して、市民の意見を聞く機会はもたれなかった
 市長が総合教育会議で教育大綱を決めましたが、その段階で、市民意見を聞く機会はもたれませんでした。今回の基本計画の改定は、大綱との「整合性をはかる」、大綱にもとづいて改定するものです。懇談会の場でも、基本計画を改定するにあたり、「大綱は変更できない」と教育委員会が答えています。つまり、基本計画改定についてのパブリックコメントはありましたし、懇談会もありましたが、大綱はすでに決定しているものであり、「先にありき」なのです。
基本計画は大綱の趣旨にもとづく、とされている
 教育振興基本計画改訂版の1ページから3ページには、図も示して、基本計画の中心は大綱であること、大綱の趣旨にもとづくことがはっきり示されています。それなのに、大綱そのものについての市民意見を聞く場面がないということは問題です。市長の報告では、教育委員会と十分協議したことが強調され、教育長もそのように強調されていました。どうも、私の質問の趣旨が伝わっていないのでしょうか…。
 市民が大綱について意見を言える、それが反映される、というしくみを確立しておかないと、なんでも総合教育会議で大綱にもりこめば、それが無条件に方針化されるということになりかねません。教育委員会を信頼していないから、ということではありません。そういうシステムが必要なのです。
 今回の改定で、教育振興基本計画は、東久留米の教育の最上位計画、という言葉がなくなり、教育振興のための基本的な計画、と置き換えられました。位置づけが変わったのかと聞いても、正直なところ明確な説明がありませんでした。
決まったことにものがいえない事態にならぬよう…
 …なんだか、この問題を考えると胸がざわつきます。なぜ、大綱案の段階で、市民意見を聞くことが必要だということが伝わらないのだろう…。そんなに難しいことではないはずなのに。市民は、「決まったことにものがいえない」「黙って従うしかない」、そんなことに絶対にならないように、大事な問題として考えていかないといけないと思っています。

コサギのいる風景(黒目川)
教育大綱に市民の意見を反映させる仕組みを_b0190576_23525725.jpg



by hara-noriko | 2015-12-04 23:53 | 市政報告 | Comments(2)

家庭ごみ有料化計画をめぐる市長の議会軽視発言   

予算特別委員会のインターネット映像配信を求める請願審査 日程決まる
 12月3日、市議会定例会がはじまりました。
 本会議に先立って開かれた議会運営委員会で、追加日程が決まりました。市議会予算特別委員会のインターネット映像配信を求める内容の請願について、11日(金)の午前9時半から、議会運営委員会を開き、審査することになりました。
家庭ごみ有料化 いきなり「実施計画案」として説明する?
 驚いたのは、議会運営委員会の最後の場面での市長発言です。家庭ごみ有料化の実施計画について、現在は「原案」となっていますが、環境が整い次第、実施計画「案」について市長として報告の場を持つと…。篠原重信議員が、「議会には、有料化を前提とした市民アンケート結果についても、速報値しか出されていない。それなのに、計画案として報告できるまでになるのか」とただしました。市側は、報告より前にまとめて、なるべく早く示して議員が検討できるようにしたい旨の答弁をしていました。
 私は、議会での質問って何なのだろう…と憤りを感じます。家庭ごみ有料化実施計画の「原案」が出され、それについて共産党市議団でも話し合い、村山順次郎さんと篠原さんが一般質問でとりくみます。しかし、そうした質問と関係なく、原案より一歩進めたものをこの議会中に示すと議会の初日に市長が発言する…。あまりに議会軽視ではないでしょうか。
 なぜそんなに急ぐのか?…本当にわかりません。市長発言どおりでいけば、議会最終日に報告があると思います。それに対し質疑も交わすことになります。たいへんな議会になりそうです。

ハナミズキの実(市内)
家庭ごみ有料化計画をめぐる市長の議会軽視発言_b0190576_22511043.jpg



by hara-noriko | 2015-12-03 22:51 | 市政報告 | Comments(0)

家庭ごみ有料化で意見交換 市政報告懇談会   

 12月1日、共産党市議団で、「市政報告懇談会」を行いました。ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!
 今回は、家庭ごみ有料化問題でたくさんのご意見がだされ、参加したみなさんでのディスカッションになりとても有意義でした。みなさんのご意見に聞き入ってしまいました。なぜ、有料化なのか? ごみ問題の本質は何か? 考えさせられました。学んだことを12月議会で生かせるように取り組みたいと思います。
 そのほか、放課後子ども教室についても発言があり、アンケート用紙には、「保育園には園庭を」「インフルエンザ予防接種への補助を」などの声も寄せられました。
 いつも思うことですが、やはりみなさんと懇談する場は大切ですね。いよいよ、3日から12月議会。がんばりたいと思います。

懇談会で報告する市議団
左から原、篠原、村山、永田の各市議
家庭ごみ有料化で意見交換 市政報告懇談会_b0190576_23243576.jpg


by hara-noriko | 2015-12-02 23:24 | 活動日誌 | Comments(0)

人間らしく生きる権利・学童保育・憲法を学ぶ   

生活と健康を守る会の総会へ
 11月29日、午前中は東久留米生活と健康を守る会の総会へ。2001年の創立以来、会長として会を引っ張って来てくれた横田幸子さんから、井口信治さんへバトンタッチ。体調を崩されていた横田さんが、久しぶりに出席され、あいさつをしてくださりとてもうれしかったです。弱い立場に立たされた人たちに、お母さん、あるいはお姉さんのように、自然に寄り添う姿を尊敬していました。本当にお疲れさまでした。これからもよろしくお願いします。

三多摩学童保育フォーラムへ
 午後は、第26回三多摩学童保育フォーラム(主催=三多摩学童保育連絡協議会)へ。東京農工大(府中)を会場に、保護者や指導員のみなさんがスタッフとして運営。すごい力です!
 私は、「子ども子育て支援新制度」と求められる学童保育、と題したシンポジウムに参加しました。まず、全国学童保育連絡協議会の木田保男会長が、ますます学童保育の役割が大きくなっていることをわかりやすく話されました。そして、厚労省雇用均等・児童家庭局総務課少子化総合対策室室長補佐の竹中大綱氏が、「厚労省からの参加は初めて。こういう機会をいただけてよかった。一緒により良い学童保育へ進めていきたい」とあいさつし、新制度における学童保育の位置づけについて話されました。
 質疑応答も活発におこなわれ、充実したシンポジウムになり、参加できて本当によかったです。放課後子ども教室との関係や障害児の受け入れなど、さまざま考えさせられとても有意義でした。三多摩学童保育フォーラムは、多摩26市の状況をふまえながら考え合える貴重な場であることを実感です。スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

東久留米9条の会の憲法学習会へ
 夜は、東久留米九条の会の憲法学習会へ。「戦争法と憲法」と題し、立正大学名誉教授の金子勝先生が講師でした。戦争法反対、憲法を守る、との熱い思いが伝わってきました。いろいろと学ぶことがありましたが、金子先生が、憲法第12条「この憲法が保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」というところに触れて話されたことに改めてハッとさせられました。私たち自身が、どう生きるのかが問われているのだと…。戦争法(安保関連法)の廃止を求める2000万人署名を語り、広げていきたいです。

東久留米九条の会の学習会で語る金子勝さん
人間らしく生きる権利・学童保育・憲法を学ぶ_b0190576_00580916.jpg

by hara-noriko | 2015-12-02 00:58 | 活動日誌 | Comments(0)