<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

沖縄ツアー その1   

歴史と現在を見るオリジナル企画
 今回のツアーは、沖縄に実際に行った方が中心になって計画をつくってくださった、まったくのオリジナル企画。資料も手づくり、移動も自分たちで。たった3日間で沖縄の歴史や現在がみえてくる、すばらしい内容でした。企画し準備してくださった方に心から感謝…です。
沖縄戦の激戦地へ 普天間基地が見える
 初日に、まず、宜野湾市の嘉数高台公園へ。沖縄戦の激戦地で、日本軍が使用した「トーチカ」(拠点)が今も残っています。「写真1」は、軍人の出入り口。中は3名ぐらいが入れる広さ。向うに少し見える四角い穴から機関銃を出して、米軍を攻撃したそうです。
 展望台に上がると、米軍普天間基地(写真2)が見えます。住宅のすぐ向うが基地。オスプレイが薄気味悪いです…。
嘉手納空軍基地
 その後、道の駅「かでな」へ。米軍嘉手納空軍基地(写真3)の広さは東京ドーム420個分、日本最大級。「かでな」の展望場から全体を見渡せますが、写真に納まりきれません。
 3階には学習展示室があり、嘉手納町と基地の関係がよくわかりました。展示のなかには、「基地の重圧」(写真4)というパネルがあり、嘉手納基地にかかわる事故や事件がどれだけあったか、克明に記されています。1955年の由美子ちゃん事件からはじまり、その数の多さ、深刻な内容に胸がしめつけられます。こういう危険と隣り合わせの毎日なんですね…。
想像以上だった戦闘機の騒音
 また、ヘッドホーンで戦闘機の騒音をジェット機やトラックと聞き比べることができるのですが、戦闘機の音の大きさは想像以上で、とても最後まで聞けませんでした。町民の人たちが、長年たいへんな苦労をしながら暮らしていることを実感します。

(写真1)嘉数高台公園に残る軍の出入り口
b0190576_00584404.jpg
(写真2)普天間基地。オスプレイが見える
b0190576_00585047.jpg
(写真3)嘉手納基地
b0190576_00585665.jpg
(写真4)学習展示室にある「基地の重圧」パネル
b0190576_00590162.jpg
沖縄ツアー その2
沖縄ツアー その3
沖縄ツアー その4

by hara-noriko | 2016-04-11 01:00 | 活動日誌 | Comments(0)

宮本徹衆議院議員と一緒に農業者を訪問   

農地を残したいのだが…
 4月3日、宮本徹衆議院議員(東京20区予定候補)と一緒に、農業者の方を訪ねました。少し肌寒い日。作業小屋で、抹茶のお茶をいただきながらお話しをうかがいました。国では、都市農業振興基本法にもとづき、基本計画の策定が進められています。その状況を宮本議員が伝えながら、どうやったら農地を残していけるか、どんな課題があるか、さまざま話しになりました。「農地を残したくても、相続が起きれば、土地を切り売りするしかない」「固定資産税の負担も大きく、ウン百万円。この小屋も農作業のために必要だけど、農地として認められない」
 基本法ができたことは画期的ですが、本当に、都市に農地を残すためには、相続税や固定資産税の対策がなければできない、と改めて実感します。
さっそく国会で質問
固定資産税の抜本的軽減や相続税納税猶予制度の適用を求める
 宮本議員はさっそく、5日の衆院財務金融委員会でこの問題をとりあげ、その一端が9日付の「しんぶん赤旗」に載っています。宮本議員は、「農家には農地以外にも、納屋、屋敷林、農作業の場所もあり、これらについても、固定資産税の抜本的軽減や相続税納税猶予制度の適用が必要」と指摘し、次年度の税制改正で踏み切るよう求めました。それに対し、麻生財務相が、関係省庁と詰めていく旨の答弁をしています。ぜひ、実現するよう働きかけを強めたいと思います。

世界で一番貧しい大統領
 4月9日付の、しんぶん赤旗のコラム「潮流」に、南米ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領のことが紹介されています。「世界で一番貧しい大統領」。でも、その称号には誤解があると。また、戦争法(安保関連法)についての認識も。とてもいい内容です。ぜひ。
沖縄報告は改めて
 本当に行って良かった…。すぐにブログに沖縄のことを書こうと思ったのですが、「行って良かった」の中身が本当に重く、まだ自分のなかで考え続けています。もう少ししたら、写真とともに、報告したいと思います。

農業者の方から意見を聞く宮本徹衆院議員

b0190576_13253442.jpg


by hara-noriko | 2016-04-09 13:25 | 活動日誌 | Comments(0)

沖縄・辺野古座り込み支援ツアーに参加中   

 いま、4日から6日の日程で沖縄に来ています。東久留米反核平和市民実行委員会のよびかけによる、辺野古座り込み支援ツアーに参加しています。総勢24名。18歳から80代の方まで。篠原議員も参加しています。
 初日は、米軍の普天間基地と嘉手納基地を見に行き、不屈館を見学。基地の現実を見て圧倒され、でもそれ以上に、沖縄の人々の不屈のたたかいに圧倒されました。また詳しくは、報告したいと思います。
 2日目は、いよいよ辺野古へ。3日目は、ひめゆり平和祈念資料館や首里城公園へ。
たくさん学び、からだいっぱいに沖縄を吸収して帰りたいです。


by hara-noriko | 2016-04-04 23:46 | 活動日誌 | Comments(0)

公立保育園廃止計画に意見相次ぐ   

子ども子育て会議を傍聴
 3月29日、子ども子育て会議を傍聴しました。傍聴者のうち、議員は、小山議員、間宮議員、そして私。議題の「その他」として、「東久留米市保育サービスの施設整備・運営及び提供体制に関する実施計画」の説明があり、質疑応答がありました。とても大事な意見が、たくさん出されました。
こんな意見が
 「なぜ全公立保育園の民間化なのか?」
 「これまでの民営化の検証もしていないのでは?」
 「検証しないで、どうやって保育の維持・向上ができるのか?」
 「保護者や市民の声はどこにも聞いてもらえないのか?それなのに、なぜ保育の向上になるのかわからない」
 「なぜ、案として提示されないのか?」
 「子ども子育て支援事業計画の具体化というのに、なぜ、策定にかかわったわれわれに何も話がないのか? もうこれは決まったことなのか?」
 「しんかわ保育園の廃止計画を知っていたら、入園しなかったという声もある。保護者への配慮がない」
 「さいわい民営化としんかわ廃止での財政効果まで議会で発言があった。配慮がない」
 「財政面での公私の比較があるが、ここに人件費が含まれていることをきちんとみるべき」
 「駅周辺の保育施設をふやすことが強調されているが、園庭がなく、公園などを利用しているところが多い。保護者の利便性だけでなく、子どもの育ちにもう少し視点がほしい」
 「公立保育園に国が補助を出さないので、良い悪いは別としてこういう計画が出てきているのでは?」
 「公立と私立がそれぞれ果たしてきている役割をきちんとまとめ、今後どうするのか示すべき。それもなくて民間化、というのはいかがか」
 などなど…。

市民の声を聞かずに決めるのは大問題です
 どの意見も本当に重要です。しかし、あくまで市としては、決まった計画の報告…。会長からも、「報告のしっぱなしでなく、この会議で出た意見を伝えていただきたい」との発言がありました。
 私は、やはり保育のあり方を検討する懇談会などを設置して、きちんと調査・研究していくことが必要だと思いました。とにかく、こんな重要なことを庁内で決めてしまい、市民の声を聞かない、ということが問題です。今日のみなさんのご意見を受け、市がどのように対応していくのか、注目されます。

桜咲く黒目川遊歩道
b0190576_00064724.jpg


by hara-noriko | 2016-04-01 00:06 | Comments(0)