<   2017年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

沖縄の空にも東京の空にも オスプレイはいらない   

清瀬市議団のみなさんと一緒にスピーチ
 1月6日の朝、日本共産党清瀬市議団や後援会のみなさんと一緒に、東京・清瀬駅南口で街頭スピーチをおこないました。米海兵隊の垂直離着陸機オスプレイの空中給油が6日から再開されるというので、大事な問題の1つとしてとりあげました。東京では米軍横田基地にオスプレイが配備されようとしています。これを認めていいのでしょうか。訴えを紹介します。

オスプレイの空中給油まで再開するとは
 みなさん、今日からオスプレイの空中給油が再開されようとしています。MV22オスプレイ(人員・物資などの輸送用)が昨年12月13日、沖縄で墜落し大破しました。その事故の本当の究明がまだ行われていない、分かっていないなかで、事故の6日後にはオスプレイの飛行再開が強行されています。これに対して沖縄県は知事をはじめ自治体の首長、また議員が一体となって「やめてほしい」と声をあげてきました。さらに、今回、事故の原因も特定しないまま、事故に直結したとされる訓練、空中給油の訓練を再開するということで、抗議の声が大きく上がっています。稲田朋美防衛相は「空中給油が再開されることを理解し、沖縄県などに理解を求めていく」といっています。とんでもないことです。
米軍横田基地への配備は都議選の大争点
 6月におこなわれる東京都議会議員選挙で問われる大事な問題の1つに、横田基地へのオスプレイ配備があります。政治のいちばんの土台、大事なことは、命と平和を守ることです。思想・信条、立場の違いなく、共同して取り組みをすすめていくことが必要だと思います。CV22という特殊作戦用のオスプレイを横田基地に配備をさせるかどうか、これを認めてしまうのかどうか、ここに今、東京の焦点の1つがあります。
 私はあらためて、横田基地はもちろんですけれども、このオスプレイ、日本のどこにもいらない、アメリカに持ち帰ってもらわないといけないと痛感しています。
 そしてみなさん、横田基地に今年の後半からまず3機が配備され、最終的には10機にまで増やそうというCV22オスプレイというのは、特殊作戦部隊のための長距離潜行、極秘救援、補給などをする機種で、低空飛行をして誘拐や拉致なども行う訓練もする大変危険なものです。
立場の違い、思想・信条の違いを超えて、声を上げましょう
 このオスプレイの配備が始まる前に、都議会議員選挙が実施されます。私は、この都議選を通じて、「横田基地にオスプレイを配備してはいけない」「CV22オスプレイ配備反対」の声をみなさんと一緒にあげていきたいと思います。
 横田基地を中心にして3キロメートル以内の範囲に、幼稚園、小学校、中学校、特別養護老人ホームなど教育・福祉の施設が30もあります。住宅も密集しています。もし事故となればオスプレイの逃げ場もありません。もちろん住民も逃げ場がなく、大きな被害にあいます。清瀬市や東久留米市も含めこの東京の空を飛ばせるということは本当に危険なことです。横田基地の地元、福生市などの首長さんたちも、「配備しないでほしい」と声を上げています。東京全体でこの配備計画の撤回を求めていきましょう。
 6月の都議選で「配備計画撤回」をはっきり主張し行動している日本共産党を躍進させてください。それがオスプレイを配備させない大きな力になります。平和を守る、安全を守っていくという問題については、ぜひみなさん、立場の違い、思想・信条の違いを超えて、声を上げていきましょう。このことを心から呼びかけたいと思います。


清瀬駅を利用する方たちに訴えました
b0190576_23490641.jpg
ニュースも配布して
b0190576_23493444.jpg
清瀬市議団のみなさんと
(左から)深沢まさ子市議、原のり子、原田ひろみ市議
(右から)佐々木あつ子市議、山崎美和市議
b0190576_23493963.jpg

homepage   twitter   facebook



by hara-noriko | 2017-01-06 23:53 | 活動日誌 | Comments(0)

東京・清瀬市で新春の訴え   

宮本徹衆院議員、党清瀬市議団のみなさんと一緒に
 1月3日の午後、宮本徹衆院議員、党清瀬市議団(佐々木あつ子さん、原田ひろみさん、深沢まさ子さん、山崎美和さん)のみなさんといっしょに、清瀬市内の商店街や団地をまわり、新春の訴えをさせていただきました。台田団地では、寒い中わざわざたくさんの方が外に出てきてくださいました。商店街でも声をかけていただきました。握手、温かい励まし、ありがとうございます。私の訴えを紹介します。

市民と野党が本気で共同すれば必ず政治は変わります
 あけましておめでとうございます。ことし1年、本当にいい年にしたいと思っています。そのためには政治を変えなければならない、と改めて決意しています。
 6月に行われる東京都議会議員選挙は、日本の政治をよくしていくためにとても重要な選挙になると思っています。前回の都議選で日本共産党は8人から17人へと増やしていただきました。それを力に築地市場の豊洲移転問題などさまざまな都政の闇を明らかにして、みなさんと一緒に改革をすすめていく立場で取り組みを強めることができました。
 この都議選がきっかけとなり、その後の参院議員選挙(昨年7月)では市民と野党の共同が実現して、全国で11人の野党統一候補が当選しました。新潟の県知事選挙(昨年10月)でも、市民と野党の共同が広がって新しい知事を誕生させることができました。
 市民のみなさんと野党が本気で共同していけば必ず政治を変えることができる。そういう前進がいま、たしかに進みはじめています。
 2017年は、この共同を広げ、政治を本格的に変えていく年だと実感しています。ぜひみなさん、力を合わせて政治を変えていきましょう。心から呼びかけます。
「安心して暮らし続けたい」―寄せられた切実な願いを実現したい
 私は都議予定候補に決まって以来、清瀬市や東久留米市で市民のみなさんの声をたくさんうかがってきました。切実な声がたくさんあります。それを一言でいえば、「安心して暮らし続けたい」という願いだと思っています。
 この地域では、都立清瀬小児病院が石原都政によって廃止されました。築地市場の豊洲移転を強行的にすすめてきたのも石原都政です。一方で、「何が贅沢化かといえば、まず福祉」といって福祉を切り縮めてきました。
 高齢の方たちから、「シルバーパスが全面有料化されてしまい、安心して生活することができない」という声をたくさんうかがいました。若い世代のお父さん・お母さんたちからも、「子どもが小学校に入ると、23区と違って医療費が有料になってしまう。歯医者さんに通い続けるのも実はたいへんだ」という声も寄せられています。三多摩格差が歴然としてあります。
 こんどの都議選で共産党の議席をさらに増やしていただいて、市民のみなさんの声を都政にまっすぐに届けたい。多摩地域の共産党都議は2人だけです。多摩地域からもたくさんの都議を誕生させていただいただいて、東京のどこに住んでいても安心して住み続けられる政治をつくっていきましょう。

宮本徹衆院議員(中央)、清瀬市議団のみなさんと
(左から)深沢まさ子市議、佐々木あつ子市議
(右から)山崎美和市議、原田ひろみ市議
b0190576_21371183.jpg

励ましもいただきました
b0190576_21371680.jpg

声援に応えて
b0190576_21371935.jpg

homepage   twitter   facebook







by hara-noriko | 2017-01-03 21:34 | 東京都政 | Comments(0)

2017年 都政に挑戦   

新年あけましておめでとうございます。

2017年を良い年にしましょう

 2017年を良い年にしたい。そのためには、政治を変えなければ。心から思います。
 昨年は、参院選でも全国で野党統一候補が11人当選し、その後、新潟県知事選やつくば市長選でも、市民と野党の共同の力で勝利しています。市民の力と野党の本気の共闘があれば、必ず政治を変えることができる、確かな前進がありました。
 今、清瀬・東久留米・東村山・東大和・武蔵村山の地域の市民のみなさんが、改憲阻止、安保関連法廃止へ野党は共闘を、と取り組みを強められています。この声に応えたい! 共同を進める政党、日本共産党として役割を果たせるよう、私も全力を尽くしていきたいと思います。

都政の壁を破りたい
 6月に行われる都議会議員選挙に北多摩4区(清瀬市・東久留米市)から挑戦します。いま私は市議会議員として18年目の活動をしています。都政にチャレンジすることを決めたのは、市民のみなさんの暮らし・福祉・教育を守り、よりよくしてくためには、「都政の壁」を打ち破らなければならない、と考えたからです。
東久留米でも清瀬でも公立保育園廃止の計画が
 この地域では、都立清瀬小児病院が理不尽にも廃止されました。東久留米市では公立保育園をぜんぶ廃止してしまおうという計画を並木市政が出しています。清瀬市でも突然、公立保育園1園の廃止・民営化を打ち出しました。公立保育園をなくしていく、民営化していく、この流れを強めたのも、実は東京都に大きな責任があります。
東京都の独自補助廃止が大きく影響 東久留米では6500万円がこなくなった
 国は2004年(平成16年)から、公立保育園に対する補助を一般財源化してしまいました。つまり、お金は出すけれど保育園に使わなくてもいいよ、ということにしてしまいました。それならばということで東京都は、独自の補助をやめてしまいました。補助の廃止によって東久留米市は都から6500万円のお金がこなくなっています。こうした都の姿勢が大きな影響を与えて、公立保育園を維持するにはお金がかかるから廃止するという流れが強まってしまいました。
都と交渉 「公立保育園に対する補助を復活すべきだ」
 昨年11月、私は日本共産党都議団などと一緒に東京都と交渉しました。私は、「公立保育園に対する補助を復活すべきだ。都は多様な保育サービスへの支援といっているのだから、待機児解消のためにも、いまある認可保育園に対して平等に支援していくことが必要だ。そのためには、公立保育園への支援を復活することが急がれる」と訴えました。
 東京都の回答は、残念ながら「考えていません」というものでした。しかし、この問題では、小池知事になってからは本格的に議論されていません。私は知事に直接訴えて、都の独自補助を復活させたいと改めて決意しています。
待機児解消は緊急の課題 保護者から心配の声
 待機児の状況は本当に深刻です。東久留米市も昨年12月1日の時点で、300人を超える待機児がいます。圧倒的に0歳、1歳、2歳のお子さんたちですが、3歳児も16人が待機していることがわかり、保護者のみなさんから心配の声が広がっています。
 市内には0歳から2歳までの小規模な保育が増えています。この小規模保育を卒園し、3歳になって行ける保育園がなければ、また保育園を探す「保活」をしなければなりません。「保育園がみつからなければ、もう育休はとれないし、どうしよう」という声をあちこちで聞きます。
 公立保育園を廃止することは本当に許されません。いまある保育園をきちんと運営していくこと、0歳から5歳までの認可保育園を確実に増やしていくこと、これが求められています。
 日本共産党は、市政・都政・国政のネットワークを活かしながら、みなさんの声を実現するために全力を尽くします。ぜひ、みなさんのご意見・ご要望をお寄せください。

b0190576_00523289.jpg
黒目川(東久留米市)の初日の出
b0190576_08302125.jpg

homepage   twitter   facebook



by hara-noriko | 2017-01-01 00:54 | 東京都政 | Comments(0)