<   2017年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

小児医療の充実へ全力あげる   

 清瀬市と東久留米市の地域を回って訴える「まちかどスピーチ」をやっています。さまざまなテーマをお話ししていますが、今回は清瀬駅北口でおこなった小児医療の充実についてのスピーチを紹介します。

都立清瀬小児病院廃止に反対して
 日本共産党の都議予定候補、原のり子です。商店街のみなさん、いつも本当にご協力、ありがとうございます。お買い物中のみなさん、ぜひとも私、原のり子の話に少しでも耳を傾けていただけたら幸いです。
 私はこれまで市議会議員として東久留米で18年間、仕事をしてきました。先日、辞職をいたしまして、都政に挑戦してまいります。
 東久留米で仕事をしながらも、ここ清瀬でもさまざまな問題に取り組んでまいりました。長い間取り組んできたことの1つは、都立清瀬小児病院の廃止問題でした。廃止計画が出たときから、みなさんと一緒に「守る会」を立ち上げ、10年越しの取り組みになりました。

20万人の署名で痛感したこと
 小児病院の廃止に反対する20万人の署名が集まり、そういう中で多摩北部医療センター(東村山市)に小児科ができるなど、さまざまな取り組みが広がりましたが、都立清瀬小児病院は廃止されました。
 このとき私は、この地域からまっすぐに声を届ける議席が必要だと痛感しました。ぜひとも、小児医療拡充の仕事を、私、原のり子にやらせていただきたいと思います。

新生児集中治療室の新設などを求める
 私は、市議会議員として、また「小児医療を良くする会」のメンバーとして、東京都や多摩北部医療センターに繰り返し申し入れてきました。
 ▽小児整形外科を設置すること
 ▽子どもの脳血管疾患によるリハビリの実施
 ▽NICU(新生児集中治療室)の新設
 ▽障害児・者が受診しやすい環境づくり―などです。
 多摩格差を解消して、中学生までの子ども医療費を無料にすることとあわせて、実現していきたいと思います。

チェック機能がはたらく都議会につくりかえましょう
 石原都知事(当時)が都立清瀬小児病院の廃止という計画を出し、これにストップをかけられない都議会。この問題が大きくありました。日本共産党をもっと伸ばしていただいて、チェック機能がはたらき、都民の願いがまっすぐに通る都議会につくりかえていこうではありませんか。


どこでも真剣に訴えを聞いてくださる方がいます
b0190576_20250202.jpg
b0190576_20251217.jpg

摩北部医療センターに申し入れ(今年4月)
左から3人目が尾崎あや子都議、その右が原のり子
b0190576_20251656.jpg


小池晃党書記局長の応援演説動画は、こちら から
b0190576_21411890.jpg


原のり子のスピーチ動画は、こちら から
b0190576_21412425.jpg


原のり子リーフは、こちら から
b0190576_21433364.jpg


「都市農業への思い」は、こちら から
b0190576_21411480.jpg



この街から都政へ 原のり子インタビュー



homepage  twitter  facebook  YouTube


by hara-noriko | 2017-06-12 20:32 | 東京都政 | Comments(0)

多摩のこの地から共産党の議席を   

 きょう6月11日は、清瀬市と東久留米市を宣伝カーで回りながら、9カ所で「まちかどスピーチ」をしました。どこでも聞いてくださる方がいて、うれしかったです。歩きながら手を振ってくださる方、目で合図してくださる方もいて、スピーチしながら元気が出ました。さまざまなことを訴えましたが、都政に挑戦する理由と、多摩格差解消について紹介します。

「都政の壁」を破る
 日本共産党の都議予定候補(北多摩4区=清瀬市・東久留米市)、原のり子です。
 私はこれまで、18年間、東久留米の市議会議員をしてきました。そのなかで、政治を動かしているのは市民のみなさんだ、ということを実感するとともに、もっと都政が変われば市民のみなさんの暮らし・福祉・教育がよくなることも痛感してきました。
 私が都政に挑戦する最大の理由は、都民のみなさんの願いを阻む「都政の壁」をどうしても破って、みなさんの暮らし・福祉・教育を守り良くしたい、と思ったからです。そのために私ができることを精いっぱいやっていきたい、と決意しました。

公立保育園をしっかり守り認可保育園を増やす

 とくに東久留米市は、ことしの4月、保育園の待機児が130人を超えました。にもかかわらず、さいわい保育園は民営化され、公立保育園を全部廃止しようなどという無謀な計画が出ています。
 先日も、東久留米駅の近くにある西口の公園でお母さん方と話をしましたら、「待機児がいっぱいいるのに、どうして保育園をなくすんですか?」と聞かれました。本当にそのとおりです。
 安心して子どもを預けられる公立保育園をしっかり守り、維持・運営していく。そして、足りない分は認可保育園を増設していく。こういう当たり前の姿を取り戻す必要があると思っています。
保育園は子どもたちの発達を保障する場
 保育園は、子どもを預かればいいという単なるハコモノではありません。子どもたちがのびのびと保育を受け、発達も保障される場でなければなりません。
 安心して子どもを預けることができる公立保育園を守るためには、市政を変えることももちろんですが、東京都政の姿勢を変えていくことが欠かせないんです。
公立保育園に対する東京都の補助を復活させたい
 公立保育園の運営費に対する補助を東京都は廃止しました。これをぜひとも復活させる。その仕事を私、原のり子にやらせていただきたいと思います。

子ども医療費の無料化 23区との格差をなくす
 多摩格差解消の問題も大きな課題となっています。
 23区では当たり前に受けられるサービスが、多摩地域に来ると受けられない。こういう格差がいくつもあります。たとえば、子育て世代の方たちに関係する子どもの医療費無料化です。23区は中学生まで完全無料化になっています。しかし、清瀬・東久留米を含め多摩地域の多くは、小中学生は通院するたびにお金がかかります。医療費の補助を受けるには所得制限もある。
 「同じ都民なのにどうしてサービスが違うのか」。こういう声がたくさん寄せられていいます。多摩格差はどうしても解決していかなければならないと思っています。どこに住んでいても同じようにサービスが受けられるようにする。ここにこそ都政の光を当てるべきではないでしょうか。

新生児の集中治療室の設置も切実
 子どもたちの命にかかわる問題では、新生児の集中治療室の設置も切実です。都立清瀬小児病院が廃止された後、この地域では不足しています。これを取り戻していくことがどうしても必要です。

多摩地域で共産党の議席を増やしてください
 多摩格差を解消していくためには、どうしてもこの多摩地域から日本共産党の都議を増やしていただきたいと思っています。
 共産党都議団が多摩格差の問題を繰り返し質問してきました。そのなかでようやく小池都知事が、多摩格差があることを認め、格差解消のために具体的に取り組むと答弁しました。今度の都議会議員選挙は、その意味でも大事な選挙です。この多摩地域から日本共産党の私、原のり子を押し上げていただきたいと思います。

都には十分な財政力がある 問題は使い方
 では、東京都にお金があるのか。都の財政力はスウェーデン1国と同じです。13兆円の予算規模です。問題は使い方です。1㍍に1億円もかかる道路を建設するような巨大開発推進の逆立ちした姿勢を改めていく。お金の使い方を暮らしと福祉最優先に切り替えていけば、十分に財政力はあることをみなさんにお伝えしたいと思います。
 日本共産党は、いまみなさんのお宅にお配りしているチラシにも書きましたが、一般会計の4%程度でシルバーパスの改善や保育園の増設など、さまざまな課題が解決できることを提案しています。こうしたことをすすめる都政に切り替えていく。その仕事を私、原のり子にやらせてください。

佐々木あつ子市議と一緒に清瀬市でスピーチ
b0190576_21395091.jpg
b0190576_21395679.jpg


村山順次郎市議と一緒に東久留米駅西口でスピーチ
b0190576_21400042.jpg
b0190576_21400574.jpg


小池晃党書記局長の応援演説動画は、こちら から
b0190576_21411890.jpg


原のり子のスピーチ動画は、こちら から
b0190576_21412425.jpg


原のり子リーフは、こちら から
b0190576_21433364.jpg



「都市農業への思い」は、こちら から
b0190576_21411480.jpg

「市民とともに『共謀罪』ノー」の動画は、こちら から
b0190576_21413061.jpg


homepage  twitter  facebook  YouTube


by hara-noriko | 2017-06-11 21:48 | 東京都政 | Comments(0)

若者がスピーチ 共産党街頭演説   

 小池晃書記局長(参院議員)を迎えて東久留米駅西口で行われた日本共産党街頭演説(6月7日)では、若者を代表して東久留米市の北村龍太さん(30)さんがスピーチしました。北村さんは日本民主青年同盟で活動しています。若者たちの願いが届く都政にするために、私も全力をあげます。北村さんのスピーチをお読みください。あわせて、日本共産党東京都委員会が8日に発表した若者政策の骨子を紹介します。

【北村龍太さんのスピーチ】

 私は清瀬市で生まれ、5歳のときに東久留米市に引っ越してきました。小学校入学前の1年間を、しんかわ保育園ですごしました。1年間しかいなかったとはいえ、しんかわ保育園にはたくさんの思い出があります。近くにある竹林公園に遊びに行ったり、大晦日にお泊りをし、みんなで初日の出を見に行ったりしました。
 そんな、しんかわ保育園が数年後になくなってしまうかもしれないと聞きました。しんかわ保育園だけではありません。東久留米市はすべての公立保育園を廃止し、すべての園を民間化するという計画を打ち出しています。待機児童が全国的な問題になっているいま、「市として子どものめんどうをみることはしない」といわんばかりのこの方針には、疑問しか浮かびません。

 原のり子さんは、市議だったころから子育てにかかわるさまざなま政策に取り組んでおり、公立保育園廃止の問題についても、地域の方々と協力し、「なんとしても計画の撤回を」と働きかけてきました。
 原さんがすごいのは、この問題は市の中だけでは解決できないから、とより大きな政治の立場から解決しようとしているところです。原さんの都政での活躍を応援し、東久留米と清瀬の将来を担う子どもたちの未来を守っていきましょう。

 また、働き方の問題もわれわれ若者にとって大きな課題です。
 2015年に自ら命を絶った電通の高橋まつりさんは、月100時間を超える残業をしていたとニュースで報じられました。しかし、このようなことはいま、それほど珍しい話ではありません。私の周りでも、毎日のように終電まで働いている人や、土日も休まず自宅で仕事の続きをしている人たちがいます。「そんなつらい仕事ならやめてしまえばいいじゃないか」と思う人もいるかもしれません。しかし、一度社会で足場を失った人間に世間は優しくありません。

 私は大学在学中は公務員をめざしていたため、新卒での就職はしてこなかったのですが、その後、志望先を民間企業に変えた際は、とても苦労しました。ハローワークや求人サイトの求人には、給料が低かったり、非正規雇用のため待遇が悪かったりといったものが多くあります。なかには、履歴書を送り面接に向かったところ、その場で最初に示された求人案内とはだいぶ違った条件を示されたこともあります。

 一部報道では雇用が改善しているという話もありますが、労働者に対する待遇はまだ改善しているとはいえません。
 共産党は、いわゆる「ブラック企業」や労働に関する問題と長い間たたかってきました。原のり子さんを都政に押し上げ、都政へ、そして国政へと声を届け、誰もが働きやすい社会の実現をめざしましょう。

【共産党の若者政策 東京プロジェクト】
 日本共産党東京都委員会は6月8日、都庁内で記者会見を行い、都議選の若者政策「若者の願いにこたえる4つの『東京プロジェクト』」を発表しました。ネット上のSNSや、大型パネルを使った街頭宣伝で訴えていくことにしています。「東京プロジェクト」の骨子は次の通りです。

 全国の20代・30代の若者の8人に1人が東京に暮らしています。
 東京都の財政規模は、年間総額13兆円(福祉が充実したスウェーデン一国と同じ規模)。税金の使い方しだいで、全国に先駆けて、若者の生きやすい社会をつくれるポテンシャルがあります。
 東京都議選で、若者の願いを実現していく都議会を、一緒につくりましょう。
〔東京プロジェクト1〕お金の心配なく学べる東京へ、授業料負担の軽減、学生向け給付制奨学金をつくります
〔東京プロジェクト2〕最低賃金時給1500円、ブラックな働き方をなくし、8時間働けばふつうに暮らせる東京を
〔東京プロジェクト3〕就活のルールを作り、安心して仕事に就ける東京を
〔東京プロジェクト4〕若者への家賃助成制度を創設するなど、安心して生活できる東京を
 (「東京プロジェクト」の全文は、こちら から)
 (PDFファイルは、こちら からダウンロードできます)


スピーチする北村龍太さん
b0190576_21320291.jpg
6月10日は宮本徹衆院議員と東久留米市内で訴えました
b0190576_21320763.jpg
b0190576_21423314.jpg

原のり子リーフレットをぜひお読みください
全文は、こちら から
b0190576_21235104.jpg


小池晃書記局長のスピーチです

私、原のり子のスピーチです



homepage  twitter  facebook  YouTube








by hara-noriko | 2017-06-10 21:38 | 東京都政 | Comments(0)

広がる安倍政権への怒り 都議選で審判下そう   

 6月9日は、清瀬市各地で「まちかどスピーチ」をおこない、東久留米駅西口で後援会の人たちと一緒に宣伝しました。通常国会も最終盤。安倍政権への怒りが日増しに強くなっています。10日には「止めよう辺野古埋立て 共謀罪法案は廃案に6・10国会大包囲」が計画されています。11日は、10代・20代を中心とした「未来のための公共」が渋谷ハチ公前で「共謀罪に反対する緊急渋谷街宣」を実施します。13日は、「共謀罪を廃案に!安倍改憲NO!6・13市民集会」が日比谷野外音楽堂で開かれます。全国の草の根でも行動が広がっています。私は、「都議会議員選挙で『安倍政権ノー』の審判を下し、市民と野党の共同をすすめる日本共産党を大きくしていただきたい」と力を込めて訴えました。

まともな議論ができない安倍政権
 いま、国会の状況が本当にひどすぎると思われませんか? 安倍首相は野党の質問にまともに答えられません。それどころか、首相自ら自分の席からどんどん野次を飛ばしている。人を指さして名指しで野次を飛ばす。こんな首相がいままでいたでしょうか。
 民進党議員の質問の後に、「きょうも、くだらない質問で終わっちゃったね」なんていう野次を首相が飛ばしているんです。もうまともな議論ができない安倍政権は、退陣するほかないのではないでしょうか。

自民党を支持してきた人も「安倍政権はダメだね」と
 地域を歩いていても、「いままで自民党を応援してきているよ」という方でも、「安倍政権だけはダメだね」と多くの方がおっしゃっています。「戦争だけはぜったにダメだ」という保守の方もたくさんいらっしゃいます。
 いま安倍首相は憲法改悪をねらっています。衆議院で与党が3分の2の議席をもっている間に改憲を強行したい。2020年には憲法9条を変えるといっています。これにストップをかけていくことが本当に求められていると思います。

都議選ではずみをつけて改憲ねらう自民党
 自民党の人たちははっきりいっています。都議選ではずみをつけて憲法を変える、と。これにストップをかけていくためには、都議会議員選挙で安倍政権にきっぱり審判を下していくことが必要ではないでしょうか。

4野党の党首会談で合意したこと
 昨日(8日)、日本共産党は他の野党のみなさんと党首会談をおこないました。このなかで、野党は一致して安倍政権の下での憲法9条改悪反対、「共謀罪」法案は廃案に、加計学園や森友学園の問題を徹底究明する、衆院選挙ではできるかぎり力を合わせよう、ということで一致しました。

共同をすすめる日本共産党

 安倍政権に代わる政権をつくりあげていくためにも、今度の都議会議員選挙で、共同をすすめる柱の1つである日本共産党を大きくのばしていただきたいと思います。この地域からは私、原のり子を押し上げていただきますようお願いを申し上げます。

【4野党党首会談の合意内容】
(一)当面する課題について
 1、この間の党首会談の合意を尊重し、実行するために引き続き努力する。
 2、安倍政権の下での憲法9条の改悪に反対する。
 3、「共謀罪」廃案めざし、院の内外で共同して闘う。
 4、加計学園・森友学園疑惑の徹底究明のため全力をつくす。
(二)次期総選挙における野党4党の協力について
 次期総選挙は、新しい区割りの下で行われることになる。安倍政権の打倒をめざして全力をあげる。
 民進党、日本共産党、自由党、社民党の野党4党は、次期総選挙で「できる限りの協力を行う」との昨年9月の合意に基づき、協議を加速させ、4野党が協力して候補者調整を行い、一致したところを順次発表する。


清瀬駅前で深沢まさ子市議と一緒に
b0190576_21211792.jpg
b0190576_21212276.jpg
b0190576_21212785.jpg
b0190576_21213257.jpg


私のスピーチを動画でご覧ください

市民のみなさんと一緒に「共謀罪ノー」



原のり子リーフです こちら からご覧いただけます
b0190576_21235104.jpg

都市農業への思い
この街から都政へ 原のり子インタビュー


homepage  twitter  facebook  YouTube


by hara-noriko | 2017-06-09 21:29 | 東京都政 | Comments(0)

都政で仕事をしたい 私の街頭演説(下)   

 6月7日の夕方、東久留米駅西口で、小池晃書記局長(参院議員)を迎えた日本共産党街頭演説を開催しました。私のスピーチを2回に分けて紹介しています。後半の今回は、「築地市場の豊洲移転を中止して築地を再整備をしよう」という訴えと、「党派を超えて安倍政権ノーの声を日本共産党と原のり子へ」という訴えです。

豊洲の無害化はできていない、と小池知事が認める
 都政の問題で、もう一つ訴えたい問題があります。築地市場の豊洲移転問題です。
 この問題では、大きな変化が起きました。いままで小池知事は、地上は安全だといっていました。だから都議会自民党のみなさんが、安全なら早く豊洲に行け、といっていました。6月1日、小池知事は所信表明演説のなかで、土壌汚染対策が十分できていないこと、無害化は実現できていない、豊洲は汚染された状態だということを公式に認めて、安全と安心の総点検をすると表明しました。

築地市場の豊洲移転はありえない
 私は、これを表明した時点で豊洲移転はありえない、といいたい。生鮮食料品を扱う市場を土壌汚染対策がとりきれていないところにもっていくことはありえない話です。
 都議会自民党のみなさんは、汚染は地下だから大丈夫といっています。でも都の専門家会議では、その汚染は地震などが起きて亀裂が生じれば気化して地上まで汚染するリスク(危険)が十分あることをはっきり認めています。リスクがあるところにもっていけるわけがないではありませんか。
 豊洲移転は中止して、都民のみなさんの健康、そして食品の安全を守っていくことが絶対に必要だと思っています。

生鮮食料品を扱う市場を豊洲にもっていくことはやめる
 こうしたスピーチを街角でやっているのですが、先日、訴えをしているときに、「じゃあ豊洲を無駄にしちゃうんですか」と聞かれました。そうではありません。生鮮食料品を扱う市場を豊洲にもっていくことはやめよう。このことを決めましょう、と共産党は提案しているんです。

豊洲の使い方は都民と相談して決める
 豊洲の使い方については、情報公開もちゃんとして、都民のみなさんと相談して、きちんと決めていけばいいことではないでしょうか。
 私は、都政をこの当たり前の方向に転換させるために、豊洲移転問題にここできっぱり決着をつける。そのために全力を尽くしたいと思います。

地域の魚屋さんが「なんとか築地でがんばってね」と
 実は、地域の魚屋さんとも話をしましたけれど、「なんとか築地でがんばってね」といわれました。「豊洲から来た魚といったら売れないよ」とおっしゃっていました。本当にそうだと思います。
 築地は、東京都がお金をかけてこなかったから、たしかに古いので整備が必要です。でも、業者のみなさんの大変な努力で守られてきた。食品の汚染の事故は一度も起こしていない。この築地を守って働いているみなさんの声にしっかり耳を傾けて、築地市場の豊洲移転はきっぱり中止。このことをどうしても実現したいとみなさんに訴えます。

日本共産党だからできること
 私は思うんですが、この問題で結局、だれがもうかったのか。やっぱり大企業なんです。こういうところにメスを入れられるのが、共産党です。共産党は、大企業などから1円も献金を受け取っていません。だからこそ、みなさんの立場に立ってこの問題を解決することができます。どうかお力添えを日本共産党に、そしてこの地域では私、原のり子を押し上げていただきますよう、心からお願いを申し上げます。

「安倍政権ノー」の声をあげていく選挙に

 こんどの都議会議員選挙は、「安倍政権ノー」の声をしっかりあげていくうえで、本当に重要な選挙だと思っています。
 いま、テレビを見ていても、安倍首相は国会で野党の質問にまったく答えることができない。自分みずからヤジをとばしている。許せないと思ったのは、民進党の質問の後に、「くだらない質問で終わっちゃったね、また」なんていうヤジを飛ばしていることです。こんな首相がいままでいたでしょうか。
 そして安倍首相は、なにがなんでも憲法を変える方向で政治を進めています。3分の2の与党の議席があるうちに改憲を実現しようとしています。それならば、こんどの都議会議員選挙できっぱり審判を下していくことが必要ではないかと思います。

党派を超えて「9条守ろう」の声を共産党と原のり子へ

 憲法9条を守ろう。平和の思いをぜひとも党派を超えて、私、原のり子にお寄せください。地域のみなさんと話していても、立場の違いを超えて、「安倍政権だけは危険だ」「もうやめさせよう」という声があります。ある保守の方が、「自分は、戦争だけはしてはいけない、そいう保守なんだよ」と話をしてくれました。そういう方たちとしっかり手をつないで、憲法を守り、平和な社会を子どもたちに引き継ぐ声を、この首都東京から発信していきたいと思います。
 今度の都議会議員選挙で、日本共産党を大きく伸ばしてください。この地域で日本共産党の議席を取り戻し、みなさんの声をまっすぐ都政に届ける役割を、私、原のり子に果たさせてください。みなさん、よろしくお願いします。

演説を終えて、みなさんと交流
左端が小池晃書記局長です
b0190576_22380809.jpg
みなさんの熱気に私が元気をいただきました
b0190576_22382500.jpg
熱い握手を交わして
b0190576_22383000.jpg


私のスピーチを動画でご覧いただけます





市民のみなさんと一緒に「共謀罪ノー」の声をあげています




私のリーフレットです



都市農業への思いをまとめました



homepage  twitter  facebook  YouTube





by hara-noriko | 2017-06-08 22:44 | 東京都政 | Comments(0)

都政で仕事をしたい 私の街頭演説(上)   

小池晃書記局長(参院議員)、宮本徹衆院議員とともに
 6月7日の夕方、東久留米駅西口で、小池晃書記局長(参院議員)を迎えた日本共産党街頭演説を開催しました。「東久留米駅すごい あんなに人集まるんだ」「東京の田舎東久留米駅が誰かの演説でめっちゃ人いっぱい盛り上がっている」とツイッターでも話題になるほど、たくさんの人に聞いていただきました。約1000人です。小池書記局長と宮本徹衆院議員の気迫のこもった演説とともに、私も都議予定候補(北多摩4区=清瀬市・東久留米市)として訴えました。「都政で仕事をしたい」。強い思いを込めてスピーチしました。その内容を2回にわけて紹介します。ぜお読みください。

ここから改めてスタート
 日本共産党都議予定候補の原のり子です。いよいよ都議選が迫ってきました(6月23日告示、7月2日投票)。私は昨日、東久留米の市議会議員を辞職いたしました。いよいよ本格的に都政へのチャレンジを、ここから改めてスタートしてまいります。

都政の「壁」を突破するために
 18年間、市議会議員をしてきて、やっぱり政治を動かすのは市民のみなさんなんだということを実感してきました。同時に、みなさんの暮らし・福祉・教育を本当に守ろうと思うと、都政にいくつもの「壁」がある。この「壁」を突破することによって、みなさんの暮らしを守れる。このことを痛感してきた18年間でもありました。

保育園を増やす仕事をやらせてください
 いま東久留米でも、公立保育園の廃止計画が出て、同じ選挙区の清瀬市でも、待機児がいても公立保育園を廃止していくという流れが強まっています。
 先日、この(東久留米駅)の近く、西口の公園で演説をしているときに、お母さんたちに聞かれました。「待機児が130人(4月時点)を超えているのに、どうして保育園をなくすんですか」と。本当にそうですよね。
 これは、それぞれの市の問題であると同時に、東京都が公立保育園運営費への独自補助を廃止してしまった問題でもあるんです。私はどうしても、この「壁」を突破したい。都政へ行って、小池都知事にしっかり迫っていきたい。そして公立保育園を守る。さらに認可保育園を増やして、子どもたちの発達がちゃんと保障できる場を増やしていく。ぜひとも、その仕事を私、原のり子にやらせてください。心からお願いを申し上げます。

2万510円のシルバーパスは「買えない」と
 都政の問題で、きょうはどうしても訴えたいことがあります。シルバーパス(70歳以上の方のバス・都営交通乗車証)の問題です。
 シルバーパスは、高齢者のみなさんが外出をするとき、また社会参加をするために、かけがえのない福祉制度です。昔は無料でしたけれども、どんどん後退してきて、全面有料化になってしまいました。1000円のパスを買う方と、2万510円払わなければ買えない方とがいらっしゃいます。
 いま地域を歩いていますと、「2万510円のパスは買えない。高いから諦めました」という声がたくさん寄せられます。「外に出て転んだりしたらもっとお金がかかってしまうから、なるべく家にいるようにしています」という切ない声もたくさん聞いてきました。
 高齢者のみなさんにこんなことをいわせる政治でいいのか。このことが問われているのではないでしょうか。

共産党都議団が改善提案
 共産党都議団は、こういう問題はぜひとも超党派で解決していこうと考えて、3000円のパスをつくるなどの改善の提案(条例改正案)をすべての会派によびかけて提案しました。この提案は、前議会のときに継続審査になって、あと一歩というところまできました。

自民、公明、都民ファーストなどの反対で否決に
 ところがみなさん、6月5日の都議会厚生委員会で、自民党、公明党、都民ファーストの会などの方々は、これに反対してしまって、否決されてしまったんです。私は本当に驚きました。「なぜ?」と。思想信条、立場のかかわりなく、だれでも一致できる問題なのに、そうしてこういうことになったのか。憤る思いでした。(6月7日の都議会本会議でもこれらの党の反対でシルバーパス改善の条例改正案は否決されました)

私にシルバーパス改善の仕事をやらせてください
 こうなった以上、今度の都議会議員選挙でなんとか都議会の力関係を変えて、この地域からぜひとも私を押し上げていただいて、シルバーパス改善の仕事をさせていただきたい、と強くみなさんに訴えさせていただきます。

パス改善に反対する理由は成り立たない
 シルバーパスに対する考え方の問題で、どうしてもいいたいことがあります。
 都議会自民党のみなさんは、継続審査にさえ反対していました。
 都民ファーストの会のみなさんは、前議会で継続審査には賛成していましたけれども、実は心配材料がありました。都議会会派の代表の方は、自分のブログや論文のようなもののなかで、シルバーパスは廃止した方がいいといっている方なんです。これには本当に驚きました。
 その理由なんですが、高齢者にかけているお金を若い人や子育て世代かけていく、という考え方を展開されている。高齢者の方と若い人たちとを天秤にかけるような考え方は違うのではないか、と訴えたいんです。

都には高齢者も子育て世代も応援できる財政力がある
 高齢者のシルバーパスを削らなければ成り立たないような、子育て世代を応援できないような都政の状況なのか? 財政力がひっ迫しているのか? まったくそんなことはないではありませんか。
 東京都はスウェーデンと同じだけの財政力、13兆円の規模です。そして1㍍1億円もかかる道路建設をどんどん進める。こういうところをしっかり改めれば、高齢者のみなさんを応援できるし、子育て世代のみなさんを応援できる。この当たり前の形をどうしても取り戻したい。
 今度の都議会議員選挙では、そこが問われるということを、どうしてもいいたいと思います。

ブログの記事にツイッターで感想が寄せられて
 シルバーパスの問題で、私のスピーチをブログに載せたら、ツイッターで感想を寄せてくださった方がいらっしゃいます。ここにメモしてきたんですが、これを読んで、シルバーパスは高齢者の方だけの問題ではないんだということに、改めて気づかされました。こうおっしゃっています。
 「ええっ、なぜ否決? シルバーパスは高齢者の健康維持に欠かせないですよ。私の親が東京に戻ったとたんに健康を取り戻しましたから。交通費が高額になると、通院を控えるし、重症化します。一時期、同居や介護も考えましたが、シルバーパスで気力を取り戻しました。年金が少ないのですから、自立に不可欠です」

福祉のあり方が問われている
 これを読んで、シルバーパスの問題は高齢者の問題でもあり、家族の問題でもあり、すべての世代の方の問題なんだ、福祉のあり方が問われているんだ、と心から訴えます。シルバーパス改善のために、なんとしても私を押し上げていただきたい。すべての世代の人たちが安心して住み続けられる東京をつくるために、私、原のり子を働かせていただきたいと思います。


力強い声援をいただいて改めてファイトがわきました
(右から)小池書晃記局長、原のり子、宮本徹衆院議員
b0190576_01253970.jpg
b0190576_01254878.jpg
たくさん激励をいただきました
b0190576_01255338.jpg


原のり子リーフ


都市農業への思い

市民と一緒に「共謀罪ノー」





YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ1
「2人区から風穴あける 歴史を後戻りさせない」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ2
「自己紹介 『都政の壁』を破る」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ3
「豊洲移転は中止を 築地の再整備こそ」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ4
「日本共産党とご一緒に政治を変えよう」




homepage  twitter  facebook  YouTube

by hara-noriko | 2017-06-08 01:40 | 東京都政 | Comments(0)

シルバーパス改善に向けてもっと声上げる   

きょう、市議会議員を辞職 新たな挑戦に全力
 6月6日、東久留米市議会第2回定例会が始まりました。新しい議長と副議長が選出されたのち、私は東久留米市議会を辞職しました。5期18年間、本当にお世話になりました。議会事務局のみなさん、市職員のみなさん、各会派のみなさん、ありがとうございました。党市議団の仲間から花束をいただきました。これまで学んだことを胸に、新たな挑戦に全力を尽くします。必ず都議会にいく。その決意を新たにしました。


シルバーパス改善の条例改正案
自民、公明、都民ファーストなどの反対で否決
 この日の夕、東久留米駅前で後援会員のみなさんと一緒に2時間の「おかえりなさい宣伝」をしました。いろいろなことを訴えましたが、今回はシルバーパス改善についてのスピーチを紹介します。というのも、6月5日、都議会厚生委員会で日本共産党が提案していた改善案(条例改正案)が自民党、公明党、東京改革(民進系)、都民ファーストの会の反対で否決されたからです。7日の都議会本会議で採決されます。以下が、私のスピーチです。

「高いから買えない」「外に出ないようにしている」
そんなことをいわせる政治でいいのか
 今回の結果には、私も驚きました。こうなりますと、都議会議員選挙の結果でシルバーパス改善の条例改正案を成立させる力関係に変えていくことがどうしても必要です。
 シルバーパスというのは、高齢者のみなさんが安心して外出できる、社会参加もできるための大事な福祉制度です。ところが今は全面的に有料化されています。2万510円を払わなければパスが買えないという方々から私に、「とても払えないので買うのを諦めている」という声がたくさん寄せられています。とくに胸が痛むのは、「外出をして転んだらもっとお金がかかってしまうので、外に出ないようにしています」という切ない声です。
 こんなことを高齢者にいわせる政治でいいのでしょうか。シルバーパスの改善は、どうしても必要です。それなのにほかの政党が背を向けました。本当に許しがたい。

都議会をつくりかえる

 私は改めて、シルバーパスの重要性をみなさんに訴えながら、なんとしてもシルバーパスを改善できる都議会につくりかえていくために、この地域からしっかり声を上げていきたいと思います。ぜひみなさんの大きなお力添えを日本共産党にお寄せいただきたいと思います。

高齢者支援と子育て世代支援は対立しない
 さて、このシルバーパスの条例改正案は、前回の都議会で継続審査になっていました。継続審議にさえ反対したのは、都議会自民党のみなさんでした。
 そしてもう一つ大きな心配材料があるとずっと訴えてきたのは、都民ファーストの会です。都民ファーストの会のみなさんも今回、反対してしまいました。実は、「都民ファーストの会東京都議団」幹事長の方が、シルバーパス廃止論者なんです。論文を読んでみると、高齢者にかけているお金を子育て世代などにかけていくべきだ、といっています。高齢者のための福祉制度と子育て支援の問題を対立させるような議論はおかしいのではないでしょうか。シルバーパスを充実させていくことと、子育て支援を充実させていくこととは、決して対立する問題ではありません。対立する問題にしてはいけません。

都の財政力を福祉、教育、暮らしに使う
 では財政はどうなのか、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。東京都の財政力はスウェーデンと同じ力をもっているんです。特別会計も合わせて13兆円です。シルバーパスの充実も子育て支援の充実も、十分可能です。1㍍に1億円もかかる道路をどんどん進めてしまう都政のあり方を切り替えて、お金の使い方を都民の福祉、教育、暮らしのために使っていきましょう。そのために日本共産党は、みなさんと一緒に運動をつづけながら、シルバーパスの改善、子育て支援の充実にとりくんでいきます。この日本共産党をさらに伸ばしてください。この地域では私、原のり子へお力添えをいただきますよう心からお願いいたします。


東久留米駅西口で「おかえりなさい宣伝」
b0190576_23491742.jpg
7日は、東久留米駅西口で小池晃書記局長が訴えます
b0190576_23452812.jpg


勝手連「原のり子サポーターズ」制作のリーフレットが完成
配布を開始しました。ぜひご覧ください
b0190576_23501572.jpg



原のり子リーフ ただいま配布中


都市農業への思い


homepage  twitter  facebook  YouTube



by hara-noriko | 2017-06-06 23:54 | 東京都政 | Comments(0)

6日から東久留米市議会定例会   

 6月6日から、東久留米市議会の第2回定例会(6月議会)がはじまります。日程は以下のとおりです。

6月6日(火) 初日・本会議 上程・即決・付託・報告
  8日(木) 本会議 一般質問
  9日(金) 本会議 一般質問
  12日(月) 本会議 一般質問
  13日(火) 本会議 一般質問
  15日(木) 総務文教委員会
  16日(金) 厚生委員会
  19日(月) 環境建設委員会
  20日(火) 予算特別委員会
  21日(水) 予算特別委員会
  27日(火) 本会議 討論・採決

議員の所属委員会などを改選
 市議会議員の今任期も折り返しとなり、この6月議会から後半の2年間がはじまります。そのため、議員の所属委員会等も改選となります。初日の本会議の冒頭で、所属委員会等の決定や委員長の互選などをおこないます。

3つの委員会に 半日審議が1日審議に
 また、今回から委員会は3つになり、これまでは半日間でしたが、今後は1委員会1日の開催となります。

7月以降の今年度予算を審議
 今回の予算特別委員会(予特)は全議員が出席します。並木市長の提案した当初予算(1年間の予算)は否決されたため、現在、3カ月の暫定予算となっています。7月以降の今年度予算を議論する、大事な予特となります。

行政視察の報告書について
 <ご報告>先日東京新聞において、東久留米市は、行政視察をおこなった際の報告書の提出を義務付けていない自治体、と報道されました。私も、市民の方から「どうなっているのか」と、問い合わせを受けました。その後この件について、代表者会議でも協議し、議会運営委員会において、報告書の提出について「議会申し合わせ事項」に明記することになりました。実際には、各議員、報告はこれまでも提出してきていますが、申し合わせに文字として明記することでより明確になりました。


by hara-noriko | 2017-06-05 17:01 | 市政報告 | Comments(0)

保守・無党派のみなさんと手を結んで勝ち抜く   

胸が熱くなった事務所開き
 6月4日、原のり子の事務所びらきがおこなわれました。220人の参加で、素晴らしい集まりになりました。この方たちが、政治を動かしているんだ、と実感し、胸が熱くなりました。お一人おひとりにお礼を述べて握手したかったのですが、間に合わなかった方もいらして、すみません。垣根をこえて手をつなぎ、政治を変えようという大事な場になりました。私のスピーチを紹介します。

感謝の気持ちを込めて
 たくさんのみなさんにお集まりいただき、本当にありがとうございます。
 これだけのみなさんに来ていただいて、「よく頑張ったよね」というだけの結論にしては絶対にいけない、と思いました。
 いつもですと演説のための原稿を用意して臨むわけですが、きょうはなかなか書けなくて、「感謝の気持ちを述べる」とだけ書いてきました。
 すばらしいスピーチを7人の方にしていただきました。こうやってお顔を見ますと、ここに政治の重要な分野がぜんぶ集まっているんですよね。高齢者、子ども、保育、障害者、都営住宅、都市農業、環境…、ぜんぶここにあります。お一人おひとりからお話を聞きたいと思うくらいです。みなさんと顔を合わせて事務所開きを成功させて、感謝の思いを述べようと思いました。

党派を超えて輪を広げよう
 いま新しいリーフレットをお配りしています。「私たちは党派をこえて原のり子さんを応援します」ということを打ち出したリーフレットになっています。
 この事務所開きに来ていただくだけでも、とても勇気が必要な方がたくさんいらっしゃいます。先日、農家の方が「顔を出すよ」といってくださいました。この原のり子事務所の斜め前が野島善司都議の事務所なんですね。そこで、「野島都議事務所の目の前なので」と説明に行きました。そうしたら、「かまわないよ」といっていただきました。私はその気持ちに胸を打たれました。一歩踏み出して、今度は都議選で力を合わせて勝とう、という人たちが足を運んでくださっているし、思いを寄せてくださっています。
 この輪を本当に広げれば、絶対に勝ち抜ける、と私は確信しています。

市民のみなさんから学びながら
「当たり前の声が通る政治にしたい」と
 リーフレットの中で、いちばんこだわりがあるのは、市民のみなさんから学んできた、という点です。
 東久留米市議に最初に立候補したときは、5歳・3歳・1歳の子がいました。最初の議会のときに、自分の中でも衝撃だった問題が起きました。議会の最終日、「子どもたちに行き届いた教育をするために少人数学級を実施してください」という陳情が先生方とお父さん・お母さんからあったんです。私は、当然採択されると思っていました。ところが、賛成したのは共産党の議員団と無所属の議員だけだった。不採択になってしまい、私は本当に驚いて、こんな当たり前のことまで採択されないのか、というのが議員生活のスタートでした。
 このときから、「当たり前の声が通る政治にしたい」ということをずっとスローガンにして取り組んできました。
 いま、国でさえも、小学校の1年生・2年生は35人学級にしなければいけない、というところまでなったんですよね。これはやっぱり、市民のみなさん、国民のみなさん全体のねばり強い取り組みがあってこそ、こうした流れがつくられたのだと実感しています。

市民の声と運動があるから実る
その姿勢を変えずに都議会にいきたい
 やっぱり政治を動かしているのは、市民のみなさんお一人おひとりなんだ、と。そこから私たちは学んで、それをまっすぐに議会に届けながら歩んでいく。そういう役割が議員なんだということを今改めてかみしめています。
 よく「あの議員にいったらやってくれるよ」とか「自分にいってくれればやってやるよ」とか、いろんなタイプの議員がいて、それを否定はしませんけども、本当はみなさんの声と運動があるからこそいろんなことが実っていくんです。私はそれを18年間、実感してきました。
 この思いを、この姿勢を変えずに都議会にどうしてもいきたいと思っています。

都政の「壁」を破る
 市議会議員としてやってきてわかったのは、都政が変わるともっとよくなるということです。都政にいっぱい「壁」があるんです。都はどんどん補助を減らしていますので、そこをなんとか止めたい。公立保育園への補助もそうです。東久留米市では6600万円でていた補助をゼロにしています。これで公立保育園を廃止すると市がいっていますし、清瀬市でも公立保育園をなくしていこうという動きがあります。これはどうしてもストップをかけなければいけないと思っています。

3000円のシルバーパスをつくりたい
 これだけではありません。きょう、どうしても紹介したいことがあります。シルバーパスの問題です。
 2万510円を払わないとシルバーパスを買えないひとがたくさんいます。地域を歩いていて、「高いので買っていません」という方にかなり会っています。なかには、「お金もかかるし、転んでケガでもしたらもっと大変だから家にいるようにしています」という切ない声をたくさん聞きました。
 こんなことでは福祉制度はだめじゃないか、ということで、共産党の都議団が超党派で改善させるために、3000円のパスをつくろうという提案をしています。これが継続審査になっているんですが、これがどうなるか、いま見守っているところです。

自民党はなぜシルバーパス改善に反対するのか
 とっても残念なのは、都議会自民党のみなさんは反対されているんです。どうして!と思っていまして、「反対しないで賛成にまわろうよ」と直接いいたいです。

都民ファーストの会も心配
 もう一つの心配材料は、都民ファーストの会なんです。会の代表の方は、シルバーパス廃止論者なんですね。ずっとその主張をされてきていて、その方の論文を読んでみました。そうしたら、高齢者にかけているお金を若い人にかけるべきだ、という主張です。私は、まちがっていると思います。そういう天秤にかける問題ではないですよね。高齢者も応援するし、子育て世代や若い方たち、障害者の方たち、みんなを応援しないといけません。それを天秤にかけて、高齢者の分を若い人に回せなんていうのはおかしいよっていうことを私はいいたいと思っているんです。

お金はある――都政のあり方を変えれば実現できる
 「じゃあお金はどうするんだ」といわれますが、お金はあるんです。東京都は13兆円という予算の規模をもっていて、スウェーデンと同じ規模ですから、使い方を切り替えればできるわけです。1メートル1億円もする道路をどんどん建設するのをやめる。大企業に大盤振る舞いをしてきた都政のあり方を改める。そうすれば、みんなに税金を振り向けていくことができます。

清瀬・東久留米から共産党の議席を
 こんな当たり前のことがなぜできてこなかったのか、ということを都議選でしっかり訴えたい。どんな都知事のもとでも都議会がチェック機能を働かせて、都知事のいっていることはおかしいよ、といえる都議会にしていかなければいけないと思います。
 共産党は、清瀬小児病院の廃止問題でも筋を通してがんばりぬきましたが、やっぱり議席の数が足りなかった。オール与党体制のなかで都民のみなさんの声がつぶされてきました。これにストップをかけるために、共産党の議席をさらに伸ばしていただきたいんです。とくにこの多摩地域、共産党の議員は2人だけなんです。八王子の清水さんと北多摩1区の尾崎さん。多摩格差を解消していくためにも、清瀬・東久留米の地域(北多摩4区)からも議席を獲得して、みなさんの声をまっすぐに届ける役割を果たさせていただきたいと思っています。どうかお力添えをお願いいたします。

「安倍さんの政治はごめん」――党派を超えて手をつなぐ選挙に
 最後に一言だけ申し上げます。
 今度の都議選は、平和を守る、憲法を守る、このことを掲げて、ここで一致する人はみんな応援してください、と訴えていこうと思っています。
 都議予定候補に決まってから携帯電話をスマホにしました。そういうことに関心がなく、ピアノが大好きという人間なんですが、スマホにしてツイッターを始めました。この間、私のツイートで拡散されているものがあります。有楽町の国際フォーラムで共産党の大演説会をやったときに、公明党の元副委員長、二見伸明さんが演説をされました。それをツイッターで紹介しました。
 二見さんは、本当の穏やかでまともな保守というのは、憲法や人権を大事にするんだ、だから安倍さんは違うんだ、とおっしゃいました。私は本当にそうだと思いました。農業委員などをしながら出会ってきた穏やかでやさしい保守のおじさんたちの顔が頭に浮かびました。
 こういう人たちが「安倍政権はもうだめだよね」とみなさんおっしゃってます。このあいだも訪問したら、「安倍さんだけはやめさせてほしい」と。そして「戦争だけは絶対にだめ、という保守なんだ」と話してくださいました。
 戦争だけは絶対にだめ。平和な社会を子どもたちに引き継ぐ。教育勅語を復活させるような安倍政権にストップをかける。教育をゆがめさせない。このことを声を大にして訴えて、本当の意味で党派を超えて手をつないで選挙に勝ち抜きたい。
 ここで流れをつくれれば、次の国政選挙にも、東久留米の市長選挙にもつながります。清瀬・東久留米のみなさんと力を合わせて、「政治全体を変えよう」という声を広げてがんばりたいと思います。どうかみなさん、よろしくお願いいたします。



超満員のみなさんの前で決意を語りました
b0190576_00582261.jpg
幅広い人たちと手を結んで勝利しようと訴えた宮本徹衆院議員
b0190576_00584394.jpg
たくさんの激励をいただきました
b0190576_00590403.jpg
b0190576_00590870.jpg


homepage  twitter  facebook  YouTube


by hara-noriko | 2017-06-05 01:05 | 東京都政 | Comments(0)

豊洲移転は中止して築地で再整備を   

 6月23日告示、7月2日投票でおこなわれる東京都議会議員選挙は、今後の都政がどうなっていくのか、国政を含めて大変な状況になっている政治をどうやって変えていくのかに都民の判断を下す機会になります。憲法9条を変えようとまでいっている安倍政権にきっぱり審判を下し、都民本位の都政を取り戻すために大事な選挙になります。

共産党の前進が流れを変えた
 日本共産党は、前回の都議選で8議席から17議席へと倍増させていただきました。それを力に、築地市場の移転先とされた豊洲新市場には、土壌汚染対策の盛り土がされていない事実を突き止め、豊洲移転ありきの流れを大きく変えました。その結果、土壌汚染の調査が改めて繰り返されました。そのなかでベンゼンが基準値の100倍を超えていることがわかり、シアン化合物やヒ素などまで検出されています。

豊洲の無害化できていない―小池知事が認める

 豊洲の土壌汚染は深刻で、小池都知事も6月の都議会の所信表明で、豊洲の無害化は達成できていないことを認め、「約束を守れていないことをおわびする」といって陳謝しました。
 こうした経過からみても、築地市場を豊洲に移転することはありえないことは明らかではないでしょうか。
 国会で日本共産党議員に対して、土壌汚染対策法をもってしても、汚染が深刻な場所に盛り土をしただけで生鮮食料品を使う市場をもってくることは想定していない、と政府ははきり答弁しています。法に照らしても、豊洲移転はありえません。

深刻な豊洲の汚染―生鮮食料品を扱う市場は無理

 そうはいっても築地も汚染されているのではないか、と思われている方もいらっしゃると思います。しかし、豊洲と築地のデータを比べてみると、豊洲の汚染がはるかに深刻であることがわかります。築地についてはベンゼンなどの基準を超えたのはわずか1カ所で、0.003ミリグラムに対して0.0031ミリグラムなど、十分対策がとれることが明らかになりました。豊洲の土壌汚染は本当に深刻で、ここに生鮮食料品を扱う市場をもってくることはできないことをぜひ知っていただきたいと思います。
 都議会自民党のみなさんは、豊洲は地下が汚染されているだけだから大丈夫だといいます。しかし、都の専門家会議では、地震などで亀裂が生じて有害物質が地上に出てきて汚染が広がる十分なリスク(危険)があることを認めています。

築地での再整備こそ

 私たちがいま決めなければいけないと思っているのは、豊洲に生鮮食料品を扱う市場をもっていくことは中止しましょう、ということです。豊洲ついては、都民のみなさんの健康や食品の安全に影響のない使い道を都民のみなさんと一緒に考えて決めていくべきだ、と思います。豊洲を無駄にしてしまうわけではなくて、生鮮食料品を扱う市場をもっていくのはやめましょう、と提案しています。都民のみなさんの健康にリスクがあることをやるわけにはいきません。
 築地市場の豊洲移転はきっぱり中止する。豊洲は市場以外の使い道をみなさんと考える。築地は現在地で再整備する。これをすすめていきたいと思っています。みなさんの大きなお力添えを日本共産党と原のり子にお寄せください。

地域の魚屋さんからも

 清瀬市・東久留米市の魚屋さんなどからも、「なんとか築地で営業を続けてほしい」という声があがっています。築地で働いている人たちの圧倒的多数は、「豊洲移転反対」「築地で再整備してほしい」です。地域の魚屋さんは「築地ブランドだからみなさんが安心して買ってくださる。汚染がひどい豊洲からきた魚だよといわれたら、もう売れない。なんとか築地で再整備してほしい」といっていました。
 日本共産党の志位和夫委員長が築地の現地調査に行ったときも、働いているみなさんから「築地で再整備の方向ですすめたい」という訴えがたくさんあったということです。

もっとも現実的でリーズナブル

 築地で再整備する場合には7年間で734億円程度でできることもあきらかになっています。豊洲に移転すれば毎年毎年の赤字が膨れ上がっていく。土壌汚染対策を抜本的におこなうとなれば、建物がすでに建ってしまっている現状をどうするのか。一から建て直すのか。そこに税金を投入するのか。
 もっとも現実的でリーズナブル、そして安全な築地の再整備をすすめるべきだと日本共産党は提案します。

態度を明らかにできない都民ファーストの会

 こうした方向で小池知事が判断できるかどうか。これが問われています。
 6月1日、小池知事は自民党に離党届を出し、都民ファーストの会の代表に就任しました。残念ながら都民ファーストは、移転問題の結論を決めていません。政党として、どういう考えをもっているかを明らかにしていません。
 1日夜、テレビで都民ファーストの都議予定候補のインタビューを報道していました。質問には答えないようにいわれているという方や、小池知事がきちんとした判断をしてくれると信じているという方がいました。
 都政の最大の争点になっている築地市場の豊洲移転問題で自らの提案・考えを示せないのは問題だ、と指摘せざるを得ません。ぜひ、みなさんの確かな目で判断していただきたいと思います。

移転推進の自公に審判を

 日本共産党は、都議会がオール与党体制のときから、豊洲移転はすべきでない、と一貫して主張してきました。豊洲への移転を推進し、いまでも早期移転を主張しているのが自民党と公明党です。共産党の前進で自民・公明の両党に審判を下しましょう。


6月2日の朝、清瀬市議団のみなさんと一緒に宣伝(清瀬駅南口)
b0190576_23434606.jpg
力いっぱい訴えました
左手に持っているのは新しいリーフレットです
b0190576_23505168.jpg


6月4日に事務所開きをおこないます ぜひご参加を
b0190576_23450699.jpg


6月7日は、小池晃書記局長が東久留米駅西口で訴えます
b0190576_23452812.jpg



新しいリーフレットをお読みください



YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ1
「2人区から風穴あける 歴史を後戻りさせない」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ2
「自己紹介 『都政の壁』を破る」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ3
「豊洲移転は中止を 築地の再整備こそ」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ4
「日本共産党とご一緒に政治を変えよう」



homepage  twitter  facebook  YouTube


by hara-noriko | 2017-06-02 23:52 | 東京都政 | Comments(0)