<   2019年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

東北復興支援チャリティーサッカーフェスティバル   

 4月29日、「東北復興支援チャリティーサッカーフェスティバルin東久留米」に参加しました。このチャリティーサッカーは、2011年3月に起きた東日本大震災の1カ月後に開催して以降、ずっと継続されています。東久留米市サッカー協会の素晴らしいとりくみに頭が下がります。会場は、東久留米総合高校。地元のお店も屋台をだし、地域の人も気軽に参加できるように工夫されています。集まった募金は、赤十字等に寄付されるとのこと。

 開会式では、私もひとことあいさつさせていただきました。東久留米に避難されてきた方が、次の住まいを見つけなければならない状況で、本当に苦労されていること。復興はまだまだ終わっていないこと。そういうときに、こうしたとりくみを続けてくださっていることに感謝したい…という思いで。

 開会式のあとのエキシビション(フットサルゲーム)には、市長や議員、市の職員、久留総の校長先生も参加し、もりあがりました。スポーツっていいな。ゲームを応援していて、気持ちがわくわくしてきます。スポーツを通じて被災地と被災者を支援するこういうとりくみを、草の根で東久留米のサッカーファミリーがやっていることに感激です。多くの市民のみなさんに知ってほしいです。

私もあいさつさせていただきました
b0190576_01481026.jpg
b0190576_01481360.jpg




by hara-noriko | 2019-04-30 01:48 | 活動日誌 | Comments(0)

公立保育園廃止計画にストップかけよう   

 統一地方選挙が終わってから初めての土曜定例宣伝を4月27日に東久留米駅前でおこないました。2期目の当選を果たした北村りゅうた市議、そして宮本徹衆院議員も参加して、後援会のみなさんと一緒に宣伝しました。このなかで私は、公立保育園を全廃していいのかが、新しい東久留米市議会に問われていることを訴えました。以下は、その要旨です。

東久留米市議会議員選挙
共産党は4人の候補が全員当選
 4月21日に投開票された東久留米市議会議員選挙で、日本共産党は4人の候補が全員当選することができました。
 北村りゅうた市議会議員は2期目です。新人のかもしだ芳美市議会議員も誕生しました。かもしださんは、3人の小さいお子さんを育てている真っ最中です。子育てママの代表として、みなさんにおしあげていただきました。そして、3期目の永田まさ子市議会議員、村山順次郎市議会議員。この4人が力を合わせて、みなさんの声をまっすぐに市政に届ける役割を果たしていきます。

市政・都政・国政と連携して
 私、都議会議員の原のり子と、この宣伝に参加している宮本徹衆院議員とも力を合わせ、市政・都政・国政と連携してがんばっていきます。みなさんの大きなご支援をひきつづき日本共産党へお寄せください。みなさんのご意見やご要望をお伝えいただけると幸いです。

「しんかわ保育園を残したい」
街中に貼りだされたポスター
 選挙中、多くの方がご覧になったのではないかと思いますが、政党や候補者のものではないポスターがたくさん貼りだされました。「しんかわ保育園を残したい」と書いてあるポスターです。自民・公明の市政は、市立しんかわ保育園を廃止しようとしています。その廃止条例が昨年9月に通ってしまっている状況です。でも、保育園の待機児はまだまだ多い。とても保育園をなくすようなときではない。公立保育園をしっかり守るべきだ。この声が大きく広がりました。

新しい市議会 自民・公明が過半数割れに
 しんかわ保育園のお父さん、お母さん方は、チラシを配布したり、ポスターを貼りだしたりして、「しんかわ保育園を残したい」「公立保育園を残そう」という声を大きく広げました。公開質問状なども出していて、各市議会議員候補が答えて、選挙がおこなわれました。質問に答えたものもすべて公約です。
 市議選の結果、並木市長を支える自民党・公明党が過半数割れになりました。新しい市議会で、公立保育園を全廃していいのかどうか、が鋭く問われています。

お父さん・お母さんの運動に学んで
 日本共産党は、子どもたちが安心して健やかに育っていける環境をつくろうと訴えています。公立保育園全廃計画にストップをかけるために全力を尽くします。お父さん・お母さんたちが取り組んでいる「公立保育園を残そう」の運動に学びながら、連帯してがんばっていきたいと思っています。

ご一緒に公立保育園を守りましょう
 公立保育園の全廃計画は、市長が方針として出してはいますが、これについての予算付けはまだありません。しんかわ保育園は今年度、ゼロ歳児の募集をおこないませんでしたけれど、このまま廃止計画が着々とすすむわけではありません。
 みなさん、この東久留米で、安心して子どもたちが育つように、障害があっても、高齢になっても、安心して住み続けられる町をつくっていくために、ご一緒に公立保育園の全廃計画にストップをかけていきましょう。こころから呼びかけます。

(注)公立保育園全廃計画 東久留米市内に5つある市立保育園をすべて廃止する計画。最初の廃止対象とされているのが、市立しんかわ保育園です。昨年の9月議会で、しんかわ保育園廃止条例が自民・公明などの賛成多数で可決され、しんかわ保育園では今年度、ゼロ歳の募集はおこなわれませんでした。毎年1学年ずつ減らしていき、在園児がすべて卒園する2024年3月末に廃止されることになっています。これにストップをかけようと運動が広がっています。


北村りゅうた市議(右)と一緒に宣伝
東久留米駅前のハナミズキがきれいでした
b0190576_12572788.jpg
対話も弾んで
左でマイクを持つのは宮本徹衆院議員
b0190576_12573126.jpg
しんかわ保育園の存続を訴えるポスター
市内に貼りだされています
b0190576_12573598.jpg




by hara-noriko | 2019-04-29 12:58 | 活動日誌 | Comments(0)

かもしだ芳美さん 初当選の意義   

 今回の東久留米市議選で、かもしだ芳美さんが初当選したことの意味、大事さを考えています。

私自身の体験から
 私自身、市議になったときは子どもたちが5歳3歳1歳でした。当時の東久留米市議会では、乳幼児の子育て真っ最中の女性議員としては初めてでした。議員は、特別な人でなければできない仕事ではなく、子育て中の人、介護している人、若い人などいろいろな人が議会にいることが大切なはず。私にもできるかも、と思ってもらえるような活動をしたい、とずっと考えてきました。
 そのことを共有してくれ支えてくれた市議団と党支部・後援会の力で続けてくることができました。…でも全国をみれば、これは特別なことではなく、共産党の議員のなかには、本当にいろいろな議員がいます。

初めてのことをやりぬいた かもしださん
みんなが「ただいま 本人 産休中です」の看板立てて
 今回、かもしださんは、予定候補になってから産前・産後休暇をとり、市政に挑戦するという、この地域では初めてのことをやりぬきました。かもしださんが街頭に立てないときも、バトンを渡す篠原重信市議と党支部の方たちが、地域をまわり、対話を広げ、「本人、ただいま産休中」という看板をたてて宣伝しました。
 篠原さんが地域の高齢の方たちから、「やめてしまうの?」と声をかけられると、「市議はバトンタッチですが、ここにずっといますよ」と話すと、ほっとした表情をみせて…。一緒に行動して、何度も感動してしまいました。

民主主義を前に進める大事な結果
 選挙は候補者がいなければなりたたないけれど、やっぱりみんなでつくっていくものなんだ、ということを今回改めて感じました。
 かもしださんが決意してくれて、篠原さんも支部もみんなで力をあわせて当選した。そして、たくさんの市民の方たちが、出産直後の子育てママに期待を寄せて1票を投じて、市議会議員にするという選択をした。民主主義を前にすすめる大事な結果だったのではないでしょうか。

政治をもっと身近なものに
 かもしださんが元気に、市議団や市民のみなさんと力をあわせて活動していってほしいし、私も一緒にがんばりたい。そして、市民の方たちに、政治をもっと身近に感じてもらい、投票率があがるようなとりくみをしていきたいと思っています。


「ただいま 本人 産休中です」
看板を立てて宣伝する篠原重信さん
b0190576_22333729.jpg
朝の宣伝では私もマイクを握りました
b0190576_22334101.jpg
力いっぱい訴える、かもしだ芳美さん
b0190576_22334642.jpg
駅前で当選報告
一人の女性が、かもしださんに駆け寄って…
b0190576_22335108.jpg




by hara-noriko | 2019-04-26 22:35 | 選挙 | Comments(0)

ドラマがあった清瀬・東久留米の選挙   

 清瀬・東久留米それぞれの市議選と清瀬市長選は、それぞれドラマがあり、学ぶことがたくさんありました。

清瀬市議選 共産党は4人から5人に
自民・公明は過半数割れ
 清瀬市議選は、共産党は4人から5人へ前進し、議会招集権を獲得! 自民・公明は過半数割れしました。今回、争点のひとつとなった、市がごみ袋代を2倍に引き上げる検討をしていることについても、新しい議会で決めていくことになります。市民と力を合わせれば、さまざまな課題で打開できる展望が出てきました。市政の大事な課題をプラスターにして、市議候補のみなさんは訴えつづけ、大きな反響がありました。

清瀬市長選 池田いづみさんを市民が押し上げ

「市政を変えたい」の思いあふれ
 そして、重要だったと思うのは、市民と野党共同の市長候補、無党派の池田いづみさんを市民のみなさんの運動のなかからおしあげたこと。本当に市民のみなさんがすばらしいです。そして、ともに市政を変えていくことを市議候補が心から訴えぬいたことです。市民が主人公の市政にしていくために、市長は池田いづみさん、市長を支える与党として共産党を伸ばしてほしい、と。市民の声を聞かない市政を本当に変えたいんだ、という意志が伝わってきて、一緒にスピーチしていても何度も感動してしまいました。そして、清瀬の党支部、後援会の底力を改めて実感しました。

東久留米市議選 共産党は現有4議席守る

自民系と公明は過半数割れ
 東久留米市議選は、共産党が現有4議席を守り、自民系は2人落選し、自民系と公明は過半数割れです。並木自民公明市政が推進する、公立保育園全廃計画の見直しを進めるべきときです!

「しんかわ保育園を残したい」の声大きく
新しい議会ですべての議員が問われている
 東久留米市にはたくさんの市民運動があります。なかでも、今、「しんかわ保育園を残したい」とのポスターがどんどん貼り出され、公立保育園廃止に反対する声が大きくなっています。保育や障がい福祉などの分野で取り組む方たちが、各候補者に公開質問やアンケートをおこなっています。それらに対する回答も当選した議員の公約です。市長が計画したものでも、議会で通らなければ実行できません。市民にとってよくないものは通さないということもできます。いよいよ、新しい市議会で、すべての議員が問われることになります。
 共産党の候補者4人の訴えは、市民の声を裏切らず、ぶれない。あきらめずに市民とともにとりくむ、という姿勢が鮮明で、横にいてじーんときてしまいました。

候補者一人ひとりが本当に素敵
 市議候補一人ひとりが本当に素敵で、誰と訴えるときでも、話したいことがいっぱいありました。何より、市政・都政・国政と結んで力をあわせれば、大きく道が拓けるということを確信を持って訴えることができ本当にうれしかったです。

市議団の活動に学びながら
市政・都政・国政の議員団が連携
 共産党都議団が、この間、とりくんでいることは、区市町村議員団のとりくみに学んだものが本当に多いです。国保税の子どもの均等割負担軽減は、清瀬をはじめ先進的にとりくんでいる4市(昭島・東大和・武蔵村山)の共産党市議団から学んで、3月の議会で条例提案をおこないました。また、高齢者の補聴器助成については、東久留米市議団が国に対してあげた意見書(自民党は反対)もひとつのきっかけとなり、都議団の質問でとりあげ、東京都の高齢者福祉の包括補助を活用して支援していく答弁がありました。そして、国会議員団でも質問しています。
 ますます、市議団・宮本徹衆院議員はじめ国会議員団・私(都議団)の連携を強めてがんばっていきたいと決意しています。

清瀬市長選・市議選の結果
東久留米市議選の結果


清瀬市議選で当選した5人と一緒に
(右から)原田ひろみ、佐々木あつ子、香川やすのり
深沢まさ子、山崎美和の5市議と原のり子
b0190576_23045935.jpg


清瀬市長候補としてたたかった池田いづみさん(右)
事務所につめかけた市民が健闘をたたえました
中央は宮本徹衆院議員
(撮影:長島可純 2次加工、SNS以外のご利用はお控えください)
b0190576_23050505.jpg

東久留米市議選で当選した4人が市民に報告
(左から)北村りゅうた、かもしだ芳美、村山順次郎
永田まさ子の4市議と原のり子
b0190576_23051087.jpg

みんなで全員当選を喜ぶ
(撮影:長島可純 2次加工、SNS以外のご利用はお控えください)
b0190576_23051690.jpg

by hara-noriko | 2019-04-25 23:06 | 選挙 | Comments(0)

島しょの一部でインターネットなどに利用障害   

御蔵島、神津島、新島、式根島
共産党都議団が都に申し入れ
 4月24日、御蔵島、神津島、新島、式根島におけるブロードバンドサービスの利用障害についての申し入れを行いました。共産党都議団を代表して、総務委員のとくとめ議員と私が担当課長に手渡し、知事に伝えるよう求めました。

各方面に影響が
 22日、東京都は、4つの島で、光回線を使ったインターネット等の利用に障害が生じていることを発表。ATMが利用できない、都心へ救急搬送される患者さんのデータを送信できない、船や飛行機の予約や決済ができない、民宿の予約を確認できない、など多方面に影響が出ています。

復旧の見込みは5月2日
 担当課長に状況を聞いたところ、ケーブルが故障、とNTT東日本からは説明があったが、原因確定はまだ。27日に船を出して調査、作業を開始し、5月2日には復旧される見込みとのこと。

都として必要な対策をとってほしい
個人にしわ寄せがいかないように
 5月2日は連休真っ只中。観光客も多く訪れるのに、影響ははかりしれません。共産党都議団は、原因究明と同時に復旧前にも必要な対策をとることや、光回線からADSLに切り替えたり、また戻したりする場合などの費用負担についても、個人にしわ寄せがいかないように求めました

申入書の全文は こちら からご覧いただけます


担当課長(右)に申入書を手渡す
とくとめ道信都議(中央)と原のり子
b0190576_21320749.jpg




by hara-noriko | 2019-04-24 21:32 | 東京都政 | Comments(0)

統一地方選が終わって   

 統一地方選挙が終わりました。私たちの地域、清瀬では市長選と市議選、東久留米では市議選がありました。

2つの市議選
清瀬で4人から5人に
東久留米で4人の現有議席を確保
 清瀬の市議選では、定数20に対し共産党は4人から5人へ躍進、議会招集権を獲得しました!
 東久留米市では、定数22に対し共産党は4人の現有議席を確保し、自民公認と推薦の2人が落選し、自民・公明は過半数割れになりました!
 候補者9人の選挙中のスピーチはみんなすばらしく、また個性的で、一人ひとりその人らしさがあり、横で聞いていて感動の連続でした。そして、候補者とともにとりくむサポーター、党後援会、支部のみなさんの力! 本当にすごいな、と。さらに、やはり市民の力! また、感じたことを改めて書きたいと思います。

清瀬市長候補の池田いづみさん

大善戦・大健闘
 まず、清瀬市長選で、大善戦・大健闘した市民と野党の共同候補、池田いづみさんのことを書かずにはいられません。すっかり池田ファンになってしまいました!
 今回の市長選は、現職市長の公私混同の市政運営が大問題になり、一方でゴミ袋代を倍にする検討をすすめ、市役所建て替えに予定以上の金額をかけ、保育園の廃止もすすめている現市政。もっと市民の声を聞く、まっとうな市政に、との声が大きくあがるなかで行われました。
 そういうなかで、市民のみなさんのとりくみのなかから無党派の池田いづみさんが、出馬してくださることになりました。陶芸家。男女平等推進条例の草案づくりにも参加するなど、市のさまざまな委員会等に参画。DVシェルターの設立にも関わってきた。…まさに、市政を市民の手に取り戻すためにうってつけ、これ以上ない候補者です。いわゆる知名度はないものの、現職市長を自民党が推薦せず、別に候補者をたてるということになり、市政転換の大きなチャンスを迎えました。

「一人の行動が社会を変えていく」と
 池田さんを擁立した「みんなが主役」市民の会は、タウンミーティングを積み重ね、政策も練り上げていきました。以前、ブログにも書きましたが、私も都市農業を考えるタウンミーティングに参加しました。清瀬のまちづくり、市民参加を考えるうえで、真っ先に都市農業をテーマにするというセンス! 素晴らしいと思いました。
 そして、池田いづみさんは、どんな場にいてもいつも変わらず、誰に対しても分け隔てなく、まったく偉ぶらず。お話の内容も、いつも本当に思っていることを率直に語ってくれる。同時に、「一人の行動が社会を変えていく」という信念が貫かれている。そして、タウンミーティングでみんなで語り合ったことを存分に生かしている。本当にすごいです。そういうなかで、ごみ袋代の引き上げに反対、消費税増税に反対を明確に打ち出されました。

ここから続いていく
 市長選の開票では、池田さんがリードする展開。最終的には、自民党推薦候補を上回ったものの、残念ながら次点。当選は現職市長、という悔しい結果になりました。私は、宮本徹衆院議員とともに、池田いづみさんの選挙事務所で開票を見守りました。結果を受けての池田いづみさん。悔しい思いを話しながらも、これで終わりでなく、ここから続いていく、と。みんなを励ましてくれました。後日のブログに、池田さんの姿勢があらわれていて、胸を打たれました。
 市民の手により、ここまでの選挙ができる。みんなが気持ちよく参加できる。本当にすばらしい! 「地元の都議」としてこの選挙にかかわれたこと、池田さんというすばらしい方に出会えたこと、本当に嬉しかったです。今後に必ず、つないでいきたいです。池田さん、お疲れ様でした、そして本当にありがとうございました!


清瀬市長選の結果
 当選 しぶや金太郎  13,014
    池田いづみ    9,439
    中村きよはる   9、105

清瀬市議選の結果
東久留米市議選の結果


開票結果を受けてあいさつする池田いづみさん
b0190576_01332652.jpg
宮本徹衆院議員と握手
b0190576_01333377.jpg
私も握手
b0190576_01341908.jpg




by hara-noriko | 2019-04-24 01:35 | 選挙 | Comments(0)

はらっぱトーク(7) ゲストに、かもしだ芳美さん   

 東久留米・村山順次郎さんが声をかけてくださり、動画撮影。題して「はらっぱトーク」一人ひとり、本当に個性的で素敵です。ただいま順次紹介中。ぜひ、ごらんください。

b0190576_01450225.jpg

7回目は、かもしだ芳美さんです。
市政に初挑戦。まず、1月に出産しての赤ちゃんやご家族の様子を報告してもらいました。子育て世代の要求だけでなく、特別養護老人ホーム増設をすすめたい、と抱負を。




by hara-noriko | 2019-04-20 02:00 | 選挙 | Comments(0)

はらっぱトーク(6) ゲストに北村りゅうたさん   

 東久留米・村山順次郎さんが声をかけてくださり、動画撮影。題して「はらっぱトーク」一人ひとり、本当に個性的で素敵です。ただいま順次紹介中。ぜひ、ごらんください。

b0190576_01450625.jpg

6回目は、北村りゅうたさん(1期目)です。
市議補欠選挙で当選し、1年4カ月。
高すぎるごみ収集袋の値下げを。ふれあい収集の実施を。毎議会、質問でとりくんできています。今後の抱負も語ってくれました。






by hara-noriko | 2019-04-20 01:46 | 選挙 | Comments(0)

東京・清瀬市議選 5人全員当選を!   

 東京・清瀬市議会議員選挙。日本共産党は現有4議席を5議席に増やしたいと全力をあげています。5候補の政策と決意をぜひごらんください。市長選挙では、市民と野党の共同候補、池田いづみさんを押し上げてください。

声援に応える池田いづみ市長候補(右から2人目)と
日本共産党の市議候補(左の5人)

宮本徹衆院議員(右から3人目)と私(右端)も
b0190576_12271566.jpg

市議団長の佐々木あつ子候補は、市民の声が通る市政にするため、どうしても5議席にする。そのために役割を果たすという 強い決意でのぞんでいます。




5期目をめざす原田ひろみ候補。「ない袖はふれない」。市長が答弁でくりかえすことば。それに対し、原田さんは…



4期目をめざす深沢まさ子候補。コミバスの運賃値上げはなんのため? そこに見える冷たさ。シルバーパスも使えるように、など改善こそ必要、と。



2期目をめざす山崎美和候補。障がいのある方たちのショートステイ、高齢者の家賃補助…。誰もが安心して生きるために必要な施策なのに…。



新人の香川やすのり候補。駅のホームドア設置を必ず進めたい。ひまわりフェスティバルの渋滞解消。要請に参加し、大事な回答を引き出したのは香川さんです!




by hara-noriko | 2019-04-19 12:31 | 選挙 | Comments(0)

はらっぱトーク(5) ゲストに香川やすのりさん   

 東久留米・村山順次郎さんが声をかけてくださり、動画撮影。題して「はらっぱトーク」。共産党清瀬市議団と香川やすのりさんに来ていただきました。一人ひとり、本当に個性的で素敵です! 順次紹介中。ぜひ、ごらんください。
b0190576_08443330.jpg
5回目は、香川やすのりさん(新人候補)です
市政に挑戦する思いをうかがいました。自己紹介やこれまでどんなことをしてきた人なのか、よく分かると思います。障害をもつお子さんから学んで、社会に目を向け、政治を変えようと考えるようになった香川さん。飾らず、人をほっとさせてくれる魅力が伝わると思います。



5人そろって(各回共通)
 日本共産党清瀬市議会議員の原田ひろみさん、深沢まさ子さん、山崎美和さん、佐々木あつ子さん、日本共産党清瀬市子育てくらし応援パートナーの香川やすのりさんに聞きました。




by hara-noriko | 2019-04-18 08:46 | 市政報告 | Comments(0)