3月議会の討論から(4) 前代未聞の下水道料金値上げ案   

 私は、3月議会の最終本会議(3月27日)で日本共産党市議団を代表して、来年度予算案に反対する討論に立ちました。その内容を5回に分けてお知らせします。

 来年度予算案として議会に付されたのは次の5つです。
 議案第23号 平成24年度東久留米市一般会計予算案
 議案第24号 同、国民健康保険特別会計予算案
 議案第25号 同、後期高齢者医療特別会計予算案
 議案第26号 同、介護保険特別会計予算案
 議案第27号 同、下水道事業特別会計予算案
 これらのうち、一般会計予算案は、自民・公明・共産・みんなの党・宮川議員の反対で否決。下水道会計予算案は、全員反対で否決。一方、国保・後期高齢者医療・介護保険の予算案は、反対は共産党と宮川議員のみで可決されています。そのため、下水道料金の値上げはなくなったものの、国保と介護保険は値上げされます(後期高齢者医療は広域連合ですでに値上げが決定しています)。
 3月29日の臨時議会では、一般会計予算と下水道会計予算について、暫定予算が可決されました。その詳細については、3月31日付のブログ「3月定例会と臨時議会が終わりました」をごらんください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 反対討論の4回目は、前代未聞の下水道料金は値上げ案についてです。

 下水道事業特別会計について意見を述べます。
 日本共産党市議団としては、今回の3つの値上げ案については反対しており、下水道料金についても、減免をいっそう厳しくし、負担を強化するものであり、建設委員会においても反対の意見を述べたところです。
 そのうえで、特別会計の質疑において、篠原重信議員(共産党)の指摘により、料金引き上げにより1億円の増収だと説明していたものが、2000万円にしかなっておらず、これでは10年間で汚水処理経費を回収できるとした計画も成り立たないことが明らかになりました。(関連記事として、「一般会計予算案などが否決される事態に」をご覧ください)
 このような事態は前代未聞ではないでしょうか。行政、とりわけ市長の責任が問われる問題です。どのように対応するのか、きちんと納得のいく説明を求めます。
 他の3つの特別会計については、それぞれ値上げが含まれており、他の議案でも見解を明らかにしていることからここではくりかえしませんが、いずれも賛成することはできません。

  咲き始めたソメイヨシノ(黒目川遊歩道)
b0190576_2231093.jpg

# by hara-noriko | 2012-04-04 22:03 | 市政報告 | Comments(0)

3月議会の討論から(3) 予算案についての補足   

 私は、3月議会の最終本会議(3月27日)で日本共産党市議団を代表して、来年度予算案に反対する討論に立ちました。その内容を5回に分けてお知らせします。

 来年度予算案として議会に付されたのは次の5つです。
 議案第23号 平成24年度東久留米市一般会計予算案
 議案第24号 同、国民健康保険特別会計予算案
 議案第25号 同、後期高齢者医療特別会計予算案
 議案第26号 同、介護保険特別会計予算案
 議案第27号 同、下水道事業特別会計予算案
 これらのうち、一般会計予算案は、自民・公明・共産・みんなの党・宮川議員の反対で否決。下水道会計予算案は、全員反対で否決。一方、国保・後期高齢者医療・介護保険の予算案は、反対は共産党と宮川議員のみで、可決されています。
 3月29日の臨時議会では、一般会計予算と下水道会計予算について、暫定予算が可決されました。その詳細については、3月31日付のブログ「3月定例会と臨時議会が終わりました」をごらんください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

 反対討論の3回目は、予算特別委員会の審議を踏まえた補足的な見解です。

 予算特別委員会での私達の意見は、予算組み替え動議に集約されていますが、かわした質疑の中から、いくつか補足的に述べておきます。
定員管理計画の抜本的な見直しが必要
 (1)権限移譲事務が、221項目にものぼることが明らかになりました。これだけの仕事がふえるにもかかわらず、市の職員数は大きく減らされています。職員の方々の健康管理も含め、大変心配されます。少なくとも、定員管理計画の抜本的な見直しが必要であることを改めて指摘します。
有料化先にありきの進め方は問題
 (2)市長は、「依然として厳しい経済状況」であると述べながらも、自分の任期中に家庭ゴミ有料化を実施したい、と述べられました。市民をとりまく状況が厳しいと認識するのであれば、現時点での有料化は見合わせるべきです。しかも、有料化先にありきでの進め方は問題です。再考を求めます。
上の原へ老人保健施設を誘導できないか
 (3)上の原への特別養護老人ホーム、小規模多機能施設の設置が行なわれても、高齢者福祉施設を建設できる土地が、なお4000平方メートルあることが明らかになっています。市内唯一の老人保健施設であるケア東久留米は、150ベッドのうち50人が東久留米市民、という状況であること、時期がくれば、他の自治体へ行かなければならない実態があること、について答弁がありました。そうしたなか、上の原へ老人保健施設を誘導できないか、検討を求めます。
イオン誘致計画はいったん立ち止まるべきです
 (4)イオンの来店者数について質問したなかで、駐輪場について、大店法では規定はないが、1日455台と想定し、1200台分を計画していることが話されました。自転車がどのようにイオンの出入りを行なうのか、安全対策が必要ですが、全体の来店者も含め、対応策がまったく不透明です。私達はイオン中止の立場ですが、少なくとも安全対策が十分でないなか、いったん立ち止まるべきであることを指摘します。
懸案の図書館司書の配置を求める
 (5)学校図書館整備に関し、新たに地方交付税措置が講じられます。前年度に比べ1150万円程度の増になると見込まれており、懸案の図書館司書の配置をすすめることを強く求めます。
市立図書館への指定管理者制度導入は中止を
 (6)市立図書館への指定管理者制度導入については、本来、なじまないものであると同時に、進め方としてもあまりにも拙速であり、中止することを求めます。
再生可能エネルギーへの転換を促進する
 (7)東京電力福島第1原発事故で明らかになったように、原子力発電は、つくられる核のゴミを処理する方法も、事故になった場合の収束する方法も確立していない未完成の技術です。原発をなくし、再生可能エネルギーへの転換を促進することが必要であり、そのために自治体としてもできることをすすめていくことが必要です。公共施設などへの太陽光発電システムの設置を求めます。
障害者の権利を守り生活を支えるために最大限の努力を
 (8)障害者福祉については、重大な時期を迎えています。国が、障害者の方々との約束を破り、自立支援法の廃止から大きく後退しようとしています。こうしたなか、来年度から全身性の障害者の方も移動支援が利用できるようになるなど、市として一歩前進することは評価するものです。今後、国の動きを注視しつつ、障害者の権利を守り生活を支えるため最大限の努力を求めておきます。

  ユキヤナギ
b0190576_22143644.jpg

# by hara-noriko | 2012-04-03 22:15 | 市政報告 | Comments(0)

3月議会の討論から(2) 予算案の問題点   

 私は、3月議会の最終本会議(3月27日)で日本共産党市議団を代表して、来年度予算案に反対する討論に立ちました。その内容を5回に分けてお知らせします。

 来年度予算案として議会に付されたのは次の5つです。
 議案第23号 平成24年度東久留米市一般会計予算案
 議案第24号 同、国民健康保険特別会計予算案
 議案第25号 同、後期高齢者医療特別会計予算案
 議案第26号 同、介護保険特別会計予算案
 議案第27号 同、下水道事業特別会計予算案
 これらのうち、一般会計予算案は、自民・公明・共産・みんなの党・宮川議員の反対で否決。下水道会計予算案は、全員反対で否決。一方、国保・後期高齢者医療・介護保険の予算案は、反対は共産党と宮川議員のみで可決されています。そのため、下水道料金の値上げはなくなったものの、国保と介護保険は値上げされます(後期高齢者医療は広域連合ですでに値上げが決定しています)。
 3月29日の臨時議会では、一般会計予算と下水道会計予算について、暫定予算が可決されました。その詳細については、3月31日付のブログ「3月定例会と臨時議会が終わりました」をごらんください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 反対討論の2回目は、予算案の問題点についてです。

 今回の予算案は、特別支援学級の設置や小中学校の普通教室へのエアコン設置など、個々には市民の願いに応えるものものありますが、全体の特徴は、市長の公約違反が重ねられていると同時に、市民負担をおしつける内容になっています。
4つの特別会計すべてが負担増をもりこんでいた
 4つの特別会計すべてが負担増をもりこんだ中身になっています。後期高齢者医療保険料については、広域連合で決定されており、市の裁量が直接及ぶものではないですが、国保税・介護保険料・下水道料金については、それぞれ仕組みは異なりますが、少なくとも市の判断により値上げを抑制することが可能です。
 さらに、家庭ごみ有料化、保育料・学童保育料の値上げ、公共施設使用料の値上げなど、次々と市民負担増の計画が予定されています。
自治体の役割は市民の暮らしを守ること
 日本共産党市議団としては、国においては消費税増税をすすめようとされ、同時に年金の支給をはじめ社会保障も切り下げようという流れのなか、市までもが一緒になって市民に負担をおしつけていては、市民の暮らしは成り立たなくなる、自治体が市民の暮らしを守る防波堤の役割を最大限果たすべきだ、と指摘しました。
 かねてから提案してきた道路占用料の引き上げについては、来年度から実現し、4年間で4900万円の効果が見込めることが明らかになり、評価するとともに、市民に還元されることを求めます。
共産党からの提案
 このほかにも、共産党としていくつかの提案を行なっています。
 歳入面では、▽駅西口の市所有壁面を活用した広告収入▽ふるさと創生基金(約8000万円)の活用と他の特定目的基金の精査と活用▽土地開発公社の解散▽大口地下水利用事業者への地下水協力金制度の創設―。
 歳出面では、▽イオン誘致計画を中止し関連支出を削る▽都市計画道路3本同時建設の見直し▽学校給食の民間委託の中止▽未利用の公共施設の利活用促進▽教育センターをはじめ民間施設借り上げ料の見直し―などです。改めて検討・実施を求めます。
「住民福祉の向上」のための改革こそ
 私たちは、行財政改革が必要ないという立場ではありません。地方自治法で規定されている「住民福祉の向上」のために、必要な改革をすすめることが大事です。その立場で市の施策に無駄がないのかをチェックし、施策の優先順位を明らかにして進めると同時に、総括質疑においても指摘したように、国の交付税措置にあわせての市民サービスの拡充や各種交付金の積極的な活用も重要です。
 また、地方交付税の振り替わりである臨時財政対策債については、市が答弁したとおり、国の地方財政制度の中で一般財源として位置付けられており、地方交付税制度における基準財政需要額に算入される仕組みになっています。市として市民サービスを後退させないためにも、今後とも適切に活用していくことを求めます。

  カワセミのメス(黒目川)
b0190576_23244944.jpg

# by hara-noriko | 2012-04-02 23:25 | 市政報告 | Comments(0)

3月議会の討論から(1) 共産党の予算組み替え案   

 私は、3月議会の最終本会議(3月27日)で日本共産党市議団を代表して、来年度予算案に反対する討論に立ちました。その内容を5回に分けてお知らせします。

 来年度予算案として議会に付されたのは次の5つです。
 議案第23号 平成24年度東久留米市一般会計予算案
 議案第24号 同、国民健康保険特別会計予算案
 議案第25号 同、後期高齢者医療特別会計予算案
 議案第26号 同、介護保険特別会計予算案
 議案第27号 同、下水道事業特別会計予算案
 これらのうち、一般会計予算案は、自民・公明・共産・みんなの党・宮川議員の反対で否決。下水道会計予算案は、全員反対で否決。一方、国保・後期高齢者医療・介護保険の予算案は、反対は共産党と宮川議員のみで、可決されています。そのため、下水道料金の値上げはなくなったものの、国保と介護保険は値上げされます(後期高齢者医療は広域連合ですでに値上げが決定しています)。3月29日の臨時議会では、一般会計予算と下水道会計予算について、暫定予算が可決されました。その詳細については、3月31日付のブログ「3月定例会と臨時議会が終わりました」をごらんください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 反対討論の1回目は、日本共産党市議団が提案した、予算組み替え動議についてです。

 日本共産党市議団としては、予算案を検討し質疑を行なって来た結果として、一般会計予算案に対し、予算組み替え動議を提案しました。
 特徴は、次の3点です。
 【1】東日本大震災から1年がたち、その教訓をふまえて、
    市の防災対策や放射能汚染対策を強化すること
 【2】市民参加と合意形成を貫くこと
 【3】弱い立場に置かれた市民への対応をはかること

 具体的には、次の7項目を見直します。
 (1)急ぐ必要のない都市計画道路東3・4・5号線整備の凍結
 (2)イオン誘致に関連する南沢地区の用途地域変更計画策定業務委託の中止
 (3)保育料・学童保育料値上げのための社会福祉審議会子育て支援部会の設置を中止する
 (4)正規調理員が不足していないもとでの小山小学校の給食調理業務委託は中止する
 (5)第4小学校の解体工事実施設計委託、校舎棟解体工事、
   体育館および便所用仮設電源配線・配管工事の一時凍結
 (6)東中学校体育館解体工事実施設計委託、新設工事基本・実施設計委託を一時凍結
 (7)国の学力テストに加え市の学力テストを実施することは子どもの負担が大きく中止する
 こうした内容により財源を生み出します。この合計が、1億8502万3000円になります。

 それを次の11項目に充てます。
 (1)木造住宅耐震改修助成の実施に300万円
 (2)学校給食食材の放射線量測定実施に160万円。
   これは、東京都の測定が年3回なので、少なくとも夏休み期間を除き月1回実施するとして、
   8回分を市として測定の委託をするという考え方です
 (3)第4小学校の跡利用に関する市民検討委員会の設置に10万円
 (4)子どもたちの意見を市政に反映するための子ども議会の実施に5万円
 (5)全国で「孤立死」や「孤独死」が相次いでいる中、高齢者の福祉電話を復活させる。
    これに500万円
 (6)保育園の待機児童が300人近いなかでも、
    保育料が高いため認可外保育を利用できない、との声に応えるため、
    月5000円の補助を実施する。これに700万円
 (7)市の基本計画では、平成27年度までにコミュニティバスの実験運行を行なうことを
   位置付けており、 これに向けて進める責任が市にはある。
   地域公共交通会議を設置するために50万円、
 (8)資源ごみの集団回収報奨金を1キログラムあたり1円引き下げることは、
   ゴミ減量に逆行しかねない。市として、雑紙だけでなく、
   缶や古着などの回収も推進するなどの努力は理解するところですが、
   一層のゴミ減量を推進するために引き下げを中止する。これに600万円
 (9)東京都の後期高齢者医療の保険料は、全国1位の8731円の引き上げで、
    平均保険料が9万3258円にものぼります。また、後期高齢者医療での差し押さえは、
    全国1792人、そのうち東京都は148人。
    さらにそのうち、東久留米市は20人にものぼります。
    後期高齢者医療加入者の8割は年金からの保険料天引きですが、
    年金18万円未満の低所得者は天引きではありません。そういう方が滞納し、
    差し押さえにあっているといえます。
    生活実態をふまえない差し押さえが行われないよう求めるとともに、
    少なくとも市の裁量としてできることとして、
    都内ほとんどの自治体が実施している後期高齢者医療の
    健康診査の自己負担(500円)をなくす。そのために350万円
 (10)「聞こえ」が不自由な方のため、市役所内に磁気ループを備える。これに30万円
 (11)第4小学校の解体工事などの予算について、
    市民参加の跡地利用検討委員会で話し会っている間は凍結することとし、
    それを中心に1億5797万3000円を財政調整基金に積み立てる

 一般会計376億1800万円の予算のうちのごく一部でも組み替えることによって、市民のくらしを応援することができることを示したつもりです。市長が公約を守る立場に立ち切れば、本来できる提案ではないかと考えます。残念ながら、他の会派の方々の賛同を得ることはできず、否決されてしまいましたが、今後とも、提案した中身の実現のためにとりくみを強めていく決意です。

  ダイサギ(落合川)
b0190576_2084366.jpg

# by hara-noriko | 2012-04-01 20:13 | 市政報告 | Comments(0)

3月定例会と臨時議会が終わりました   

定例会最終日 市長が「おわびしたい」と
 まず、3月議会最終日(3月27日)の様子です。
 議会開会前の朝の議会運営委員会で、市長から、本会議での議決後、姿勢を示したい、というニュアンスの発言がありました。下水道会計が否決されたうえで、おわびし、姿勢を明らかにするということです。しかし・・・、何を反省しているのか、がわかりません。市長がおわびしたい、と言っていることについて口出しをするわけではありませんが、何についておわびするのかがわからなければ、仮に減俸の議案がでてきても判断ができません。そこで少しやりとりさせてもらいました。
 私は、おわび以前に、予算特別委員会で説明と議案書のくいちがいについて問題になった(前回のブログ)のだから、本来、今どういう整理をしているのか、報告があってしかるべきだと思います。そのうえで、おわびしたい、というのが順序ではないでしょうか。しかも、予算特別委員会の結果、謝罪が必要と思っているのであれば、議会運営委員会(議運)に最初から提案してもいいのです。
 結果的に、議運では、下水道の問題について、「議会審議に多大なご迷惑をおかけしました。この件については只今整理をしています。私の責任の所在を明らかにするために、本会議において提案させてもらいます」との市長の発言になりました。
 そして、本会議で下水道会計は否決と決まり、再び議運を開きました。市長から陳謝と減俸の提案がありました。ここでも、また市長は何を反省しておわびするのか、という状況に…。長い休憩のあと、市長からは、2カ月間、市長の給料の50%削減という議案が提案され、本会議で可決されました。
市長の辞職勧告決議を可決
 そして、議会の最後に、馬場市長の辞職勧告決議が提案、可決されました。
現在の市政の混乱の大きな原因は、市長の相次ぐ公約違反、しかも、それについての反省がなされないという姿勢にあります。決議は、自民、公明、共産(篠原・永田・村山・原の4人)、みんなの党、宮川議員が賛成、民主、社会市民、白石議員は反対。市政の課題については、それぞれ意見が違っても、この決議が15対6の圧倒的多数で可決されたことは本当に重みがあると思います。市長がどう受け止めるのか注目されます。
臨時議会が開かれる
 さて、予算が否決されたため、6月までの暫定予算を組むということで3月29日、臨時議会が開かれました。
暫定予算に保育料値上げの仕掛けが…
 暫定予算は、義務的経費を中心としたあくまでも「暫定」であるべきですが、市長の政策経費も盛り込まれ、そのなかには、否決された予算案の議論でも大きなテーマとなった、保育料値上げのための社会福祉審議会設置が入っていました。本当に驚きます。
 行革アクションプランを市長はわざわざ8月に改定し、保育料などの値上げについては、「平成25年4月から実施される予定の子ども・子育て新システムの利用者負担について『地方版子ども・子育て会議(仮称)』の中で検討」と変更しているのです。つまり、新システムがはっきりしなければ、利用者負担は決められないのです。
 ところが、新システムは先になるが、今の保育料はとりあえず上げましょう、というのです。こんなご都合主義があるでしょうか…。
 暫定予算は、共産党と宮川議員のみ反対で、可決されました。辞職勧告決議に賛成した会派からは、辞職勧告決議を重く受け止めるように指摘しつつも、「政策経費も含めやむをえない」「行革が後退する案件ではないのでよろしいかなと考える」「政策経費が一部入っているが、行革の内容も入っているので賛成する」ということを含む賛成理由が述べられていました。
 私は、改めて、暫定予算はあくまで暫定的なものにすべきで、意見が分かれる問題、予算否決の理由になった問題は、入れ込むべきではないと思います。昨年度も、当初予算が否決されると、暫定の中に政策経費を入れて通していくという手法を馬場市長はくりかえしました。こういうやり方に対し、引き続き是正を求めていきます。

  雨に濡れるホトケノザ
b0190576_23392195.jpg

# by hara-noriko | 2012-03-31 23:40 | 市政報告 | Comments(0)

一般会計予算案などが否決される事態に   

共産党が予算組み替え案を提出
 東久留米市議会の予算特別委員会が終わりました。日本共産党市議団としては、予算組み替え動議を提出しました。残念ながら、否決されてしまいました(共産党以外の賛成者はありませんでした)。
 今回の予算は、市長の公約違反のうえに、市民負担をおしつける内容になっています。私たちは、そこを正すために提案しました。組み替え案の特徴は、(1)東日本大震災の教訓をふまえ、防災対策や放射能対策に力を入れること(2)市民参加と対話による合意形成を保障すること(3)「弱者とともにある政治」をおこなうこと―です。全体の予算の一部でも組み替えることによって、市民の暮らし少しでも応援し、支えることができることを示したつもりです。

一般会計予算案を否決
 組み替えが否決されたのち、一般会計予算案そのものの採決。共産党のほか、自民、公明、久留米ハートネット、みんなの党が反対し、否決すべきもの、という結論に。

下水道特別会計予算案で前代未聞の事態が
 さらに下水道特別会計予算案では、共産党の篠原重信議員の指摘により、下水道料金の値上げで1億円の増収になると説明していたものが、2000万円にしかなっていない問題が発覚しました。市がうちだした10年間で汚水処理経費を100%回収できる、一般会計からの繰入れを10億円減らす、という計画は、成り立たないことになります。私たちは、そもそも下水道料金の値上げには反対していますが、賛否以前に、行政側の説明と実態が違っていることがわかったのです。
 これにより、市長は答弁ができなくなり、下水道特別会計予算案は全会一致で否決すべきもの、となりました。前代未聞ではないでしょうか…。

暫定予算と臨時議会
 27日が議会の最終日です。ここで討論・採決が行われますが、今日の予算特別委員会の結果により、予算否決のため暫定予算が組まれることになります。改めて臨時議会が開かれることになります。取り急ぎの報告でした。

# by hara-noriko | 2012-03-22 22:41 | 市政報告 | Comments(0)