6月議会一般質問から(1) 障害者福祉の前進へ   

 私は6月14日、市議会本会議で一般質問をおこないました。市政に対する日本共産党の基本的な考え方をのべたうえで、4つのテーマについて市の市政をただしました。(1)障がい者福祉(2)高齢者福祉(3)保育園の民営化(4)安心して暮らせるまちづくり―です。詳報を5回にわけて紹介します。初回は、障がい者福祉についてです。

障がい者の実態にあった計画をつくる必要がある
 障害者自立支援法にもとづく第二期障害福祉計画は今年度で終了し、来年度からは第三期計画となります。日本共産党は、一日も早く自立支援法を廃止し、総合的な福祉制度を確立することを求めてとりくんでいますが、そこに至るまでの間、地域の障がい者の方々の生活を支えていくため実態にあった良い計画をつくっていく必要があると考えています。障がいの当事者の方々も参加しての計画づくりがすすめられるよう求めます。その前提として、第二期の達成状況はどうなのか、日中活動のサービス量は十分といえるのか、うかがいます。
だれもが自分らしく生活できるようにするのが行政の役割
 また、第二期計画策定時のアンケート調査のなかで、18歳から64歳までの障がい者の方々の日中の過ごし方についての設問がありましたが、「特に何もしていない」と答えた方が27・4%といちばん多く、福祉作業所などに行っている人はわずか10・1%でした。
 以前も指摘しましたが、「特に何もしていない」という状況を改善し、誰もが自分らしく生活できるようにしていくことは、行政の重要な課題です。まずは、「特に何もしていない」と答えた方の状況把握はできているのでしょうか。うかがいます。
震災による施設への影響はあったのか
 障がい福祉の2項目目として、3月11日の震災による、市内の障がい者関係施設への影響はあったのか、被害状況についてお聞かせ下さい。3月議会の時点でうかがったときには、担当部・課により点検をしたということでしたが、改めて結果についてお知らせいただきたいと思います。
全身性障がい者の方々に外出時の支援を
 障がい福祉の3項目目として、移動支援の充実についてうかがいます。
 これまでも質問を重ねてきましたが、全身性障がい者の方々は、制度のはざまにおかれ、外出時の支援が受けられません。ここにも、自立支援、と銘打ちながら、自立して地域で生活していくことに障害がある、自立支援法の問題があらわれていると思います。
 国に対し移動支援を含めた地域生活支援事業の補助をふやすことを求めつつ、市としても、一日も早く、移動支援利用を認めるよう強く求めます。

【答弁と感想
 答弁では、第二期障害福祉計画の達成状況について、ある程度のサービスの確保はできている、と。しかし、日中、「とくに何もしていない」という方が多い中、そのことを分析できていないのにサービスが足りているとは言えないはずです。
「とくに何もしていない」方に状況や理由を聞くようにする、との答弁が
 そのことを指摘したところ、第3期計画に向けたアンケート調査のなかでは、「とくに何もしていない」方に状況や理由を聞くようにし、分析し、目標をたてていくとの答弁がありました。小さいことのようですが、これはとてもうれしかったです。障がい者のみなさんが、この地域で、自分らしく、生きがいをもって暮らしていけるように、ひきつづき働きかけます。
「活動センターかなえ」の老朽化 一日も早い解決求める
 また、3月11日の大地震による施設の被害については、「問題は生じていない」との答弁。しかし、実際には、南沢のいずみ幼稚園跡地の施設の2階(エレベーターなし)に暫定的に入っている「活動センターかなえ」は、施設が老朽化していることが指摘されています。この点を質すと、「震災前から亀裂もあったり、全体的に老朽化している。暫定利用の状況を解決しなければならない」と。一日も早い解決を改めて強く求めました。
全身性障がい者の方の外出支援 少し光が見えた
 移動支援については、3期目も毎議会のようにとりくんできました。「23年度予算では、視覚障害・知的障害・精神障害の利用者だけで予算額を上回り、全身性の方のサービスは開始できなかった。今後、他市の状況もふまえ、真に必要なサービスを検討していく時期と考えている」との答弁。少し…ですが、光がみえたなと思いました。やはり、全身性の方が外出するときの支援は必要なのです。少なくとも、来年度予算では対応されるよう、これまで以上に、さまざまな角度から必要性を明らかにしていきたいと思います。
 なお、共産党としては、財源の面でも、3月議会において、予算組み替えによって移動支援の充実をはかることができる、と具体的に提案しています。

《関連記事》
一般質問終わる 東日本大震災が市政に問うもの
6月議会一般質問から(1) 障害者福祉の前進へ(このページ)
6月議会一般質問から(2) 高齢者福祉について
6月議会一般質問から(3) 検証なしの保育園の民営化
6月議会一般質問から(4) まちづくり(上)
6月議会一般質問から(5) まちづくり(下)
予算特別委員会で予算案否決
6月議会 日本共産党の反対討論(1)
6月議会 日本共産党の反対討論(2)
6月議会 日本共産党の反対討論(3)

                          オイカワ(黒目川)          
b0190576_13232119.jpg

# by hara-noriko | 2011-06-18 13:24 | 市政報告 | Comments(0)

一般質問終わる 東日本大震災が市政に問うもの   

村山・永田両議員が初質問
 日本共産党市議団4人の一般質問が終わりました。村山順次郎議員、永田まさ子議員もとても落ち着いて、市民の声をふまえて初質問しました。
保育園待機児解消は待ったなし 村山議員
 村山さんの質問で、待機児解消問題について政令市のなかで最悪になったと報道された名古屋市が、人口1000人あたりの待機児が0・56人。しかし、東久留米市は0・93人にもなることを指摘。認可保育園の増設を柱にした待機児解消がまったなしであることを明らかにしながら質問しました。
プール水の安全を確認して水泳指導を 永田議員
 永田さんは、学校のプール指導がはじまるにあたり、プール水の安全をきちんと確認してから水泳指導を行なうよう質問。子どもたちの命と健康にかかわる重大な問題であり、あのときこうすればよかった、などという後悔を絶対にしないようにしなければならない、と訴えました。
災害ボランティアの経験ふまえて 篠原議員
 篠原重信議員は、岩手県陸前高田市での災害ボランティアの経験で学んだことや、党市議団としての3回にわたる市長への申し入れをベースに、防災対策と被災者支援について詳細に質問しました。
 もちろん、そのほかにも、それぞれ質問しています。また、あらためて、議会後に報告会なども開いていきたいと思います。
           ◇       ◇       ◇       ◇       ◇
市政に対する共産党市議団の考え方を述べる 私の質問
 私は、今回の一般質問の冒頭、市政に対する日本共産党市議団としての考え方を述べました。以下、その発言部分です。具体的な質問については、今後、このブログで、項目ごとに報告したいと思います。
市民のみなさんと一緒に考える
 4月に行われた市議会議員選挙において、4期目の議会に送りだしていただきました、日本共産党の原のり子です。市民のみなさんと一緒に考える姿勢を大切にして、活動していきたいと思います。よろしくお願いします。
大震災で明らかになった自治体の役割とは
 今回の市議選は、東日本大震災の直後に行なわれました。そのため、政治が何を大切にしないといけないのか、自治体の役割は何か、このことが問われたと思います。3月11日以降、命とくらしを守るということを何より大事にしなければならないことが鮮明になってきているのではないでしょうか。
市の「行財政改革」の方針には問題がある
 こうした視点で考えたとき、今年度から平成27年度までの5年間の計画として3月に発表された「東久留米市第四次行財政改革基本方針」「行財政改革アクションプラン」は、大きな問題をもっているといわざるをえません。保育園、小学校給食、図書館などの民営化、公共施設使用料や保育料・学童保育使用料・下水道使用料の見直し、家庭ゴミの有料化などが列挙されているだけでなく、市として守らなければいけないものは何か、ということが不明です。
「セーフティネット」などを言ってはいるが…
 しいていえば、行財政改革基本方針の、はじめに、の部分で「市は基礎自治体として、社会保障関係費をはじめとするセーフティネット関係費などの不可避的責務を果たしながら、将来を見据えた不断の行財政改革により、市民が直面する諸課題に応え、明るい未来へとつながる市政を推進する必要がある」と述べている部分があたるのかもしれません。しかしこれは、生活保護などについてだけは責任を果たします、というように読め、積極的に市として守るべきものをあげているわけではないと思います。
「地方自治の担い手である職員」の本来の役割を改めて確認せよ
 さらに、伝えられる被災地の状況をみても、改めて役所とその職員の役割の大きさを実感しますが、この基本方針では、「地方自治の担い手である職員」の育成について、厳しい選択の場面にあっても合理的・客観的判断能力を発揮できるよう人材育成につとめなければならない、と述べています。
 しかし、「地方自治の担い手である職員」の本来の役割は、地方公務員法で規定されているとおり、地方自治の本旨の実現に資することを目的とし、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、かつ、職務の遂行にあたっては全力をあげてこれに専念しなければならない、これが前提です。今回の大震災のような緊急時においては、どういう職種であっても、自治体・住民全体を守るために仕事をします。こうした役割も改めて確認していく必要があります。
やみくもに職員削減をすすめると住民の安全や福祉が損なわれる
 先ほど、村山議員の質問でも防災対策を担当する係長が課長兼務となっている現状を指摘しましたが、係長不在の部署が多い状況のなかで、やみくもに職員削減だけをすすめるようなことがあれば、住民の安全や福祉が損なわれることになりかねません。
市の計画を見直すことが必要
 3月11日の大震災を受けて、行財政改革基本方針、アクションプラン、定員管理計画については、自治体としての役割をふまえ、見直すことが必要ではないでしょうか。そして、市民とともに、命とくらしを守る自治体のあり方を議論していくことが重要です。ここでも、市長が、市長選でかかげた情報公開、市民参加と対話による合意形成がどのように進められるのか、問われていることを指摘します。
防災やくらしに財源を振り向けよ
 いうまでもなく、私たち共産党としても、市の実施している事業について、きちんとふりかえり、たえず見直すことは必要であると思います。施策の優先順位、財政状況など十分に検討して、可能な改善をすすめていくべきです。
 私たちはその観点で、3月議会に予算組み替え案も提案しました。都市計画道路建設やイオン誘致計画、小学校給食民間委託などを見直して、防災やくらしに財源を振り向けようというものです。
市民負担によらない財源づくりこそ
 また、特定目的基金を目的にあわせて積極的に活用するとともに、時代とともに役割を終えている特定目的基金はないか精査していくことなど、11項目の市民負担によらない財源づくりの提案もおこなってきました。財政が厳しい、といえば即市民にしわ寄せをする、というのでなく、まずは、できうる手立てを十分に尽くしていく、そのうえで市民に協力していただく必要があるものは十分に相談していく、その姿勢が自治体には求められていると考えます。共産党市議団として、そうした立場で議論を尽くしていきたいと思います。

《関連記事》
一般質問終わる 東日本大震災が市政に問うもの(このページ)
6月議会一般質問から(1) 障害者福祉の前進へ
6月議会一般質問から(2) 高齢者福祉について
6月議会一般質問から(3) 検証なしの保育園の民営化
6月議会一般質問から(4) まちづくり(上)
6月議会一般質問から(5) まちづくり(下)
予算特別委員会で予算案否決
6月議会 日本共産党の反対討論(1)
6月議会 日本共産党の反対討論(2)
6月議会 日本共産党の反対討論(3)

                          アゲハ(落合川)
b0190576_0533410.jpg

# by hara-noriko | 2011-06-16 00:55 | 市政報告 | Comments(0)

原発からの撤退を求めて署名を呼びかけました   

 6月7日、東久留米駅西口で、「原発からの撤退を求める署名」活動を行ないました。地域の日本共産党後援会などのみなさんと共産党市議団、総勢20名ほどの参加。1時間で81人の方から署名が寄せられました。

日本共産党都議団が独自に放射線測定調査 都を動かす
 マスコミでも大きく注目されましたが、日本共産党東京都議団は5月6日から25日にかけて、都内128カ所で放射線測定調査を実施しました。東京都が実施している調査は新宿区にある測定地点のみで、地上18メートルの地点。党都議団は地上1メートルの地点で実施した結果、高い線量になる結果となりました(詳しくは、党都議団ホームページへ)。この調査のあと、6月1日、東京都は1メートル地点でも実施する、と改善を発表。さらに8日には、都内全域100カ所で地表と地上1メートル地点での測定を15日から1週間実施することを発表しました。また、区市町村から希望があれば、小型の放射線量測定器を貸し出す、としました。

党東久留米市議団は、放射線測定器の購入や予算組み替えを提案
 日本共産党市議団としては、3月議会の時点で放射線測定器の購入を提案、予算組み替え案も提案しました。また、先日このブログでもお知らせしましたが、1日の市長への申し入れで、小中学校のプール水の安全性の確認について急いで行なうよう求めました。6月議会、自治体として、市民の健康を守るために、最善を尽くすことをしっかり求めていきたいと思います。

            署名を呼びかける日本共産党市議団と党後援会の人たち
b0190576_23425935.jpg
 

# by hara-noriko | 2011-06-09 23:43 | 活動日誌 | Comments(0)

6月議会を前に市政報告・懇談会開く   

 6月4日、市政報告・懇談会をおこないました。新しい4人の議員団になって初めての会です。会場いっぱいの60名ほどの方々に参加いただき、貴重なご意見もいただきました。
 磁気ループについて、特別養護老人ホーム増設の展望について、コミバス実現へのとりくみについて、議会のインターネット中継の実施について、議員団のホームページについてなどなど…。みなさんの声を受け止め、とりくみます。

8日から6月議会
 いよいよ、6月議会がはじまります。8日からです。日本共産党市議団の一般質問は14日(火)になりそうです。
 村山順次郎議員・・・保育園の待機児解消(大道幼稚園跡地の活用を)、保健福祉センター跡地問題、防災対策、コミュニティバス、イオン問題、しんやま親水広場について、ゴミ減量について
 永田まさ子議員・・・磁気ループについて、コミバス、小児医療、小中学校のエアコン設置、東久留米団地余剰地に特養ホームを、防災対策
 篠原重信議員・・・東日本大震災被災者支援、原発事故への対応、防災対策、イオン問題、介護保険

私の質問は…
 私は、市長の政治姿勢や予算案の考え方を問いながら、以下の項目について行ないます。
(1)障がい者福祉について~第二期障害福祉計画の達成状況と課題、大地震を受けての施設の点検状況と対策、移動支援の充実
(2)高齢者福祉について~高齢者の見守り施策の充実について
(3)保育園民営化について~今回の予算案で、市長は公約であった、保育のあり方検討会をとりやめた。どうやって民営化の検証をするのか。
(4)安心して暮らせるまちづくり~昭和病院に行きやすくするための対策、バス停までが遠い地域の対策、道路・通学路の安全対策

                   市政報告・懇談会で発言する原
b0190576_956113.jpg

# by hara-noriko | 2011-06-06 09:57 | 市政報告 | Comments(0)

被災者救援と防災対策の強化を市長に申し入れました   

 6月1日、日本共産党東久留米市議団は、防災対策について馬場一彦市長に申し入れを行ないました。内容は次のとおりです。

■震災からもうすぐ3カ月
 大震災で犠牲になられた方々、行方不明の方々、いまなおたいへん厳しい生活を強いられている被災者のみなさんの状況に胸が痛みます。こうしたなか、市としても現地に職員を派遣するなど、支援のとりくみをされていることに敬意を表します。
 震災から間もなく3カ月になろうとしていますが、被災地への支援のいっそうの強化と、息長く支援を続けることが大切になっているのではないでしょうか。さらに、原発事故の影響も深刻化し、現地はもちろんのこと東京でも大きな不安が広がっています。改めて、市として大震災の被災者支援とともに、原発事故や防災の対策強化を求め、以下、申し入れるものです。
■被災者支援について
 (1)避難者の受け入れを積極的に行なうこと。
 (2)救援募金や物資の提供を継続すること。
 (3)市職員の派遣を継続し、報告会などを行い、市民に現地の状況を知らせること。
 (4)災害ボランティアへの参加を市民によびかけること。
■原発事故に関する対策について
 (1)東京都に、放射線量測定を新宿だけでなく、東久留米など多摩地域でも行うよう求めること。また、測定については、地面に近い地点で継続的に行い、結果を公表するよう要請すること。
 (2)市として、放射線測定器を購入し、そのデータを市民に知らせること。
 (3)土、水、農作物などへの影響について、市民に情報を提供すること。
 (4)小中学校の水泳指導については、プール水の安全性を確認した上で実施すること。
■防災対策の充実について
 (1)予備費で粉ミルクや水などの備蓄がすすむことは、評価する。その上で、6月議会での議論をふまえ、いっそうの備蓄物の充実をすすめること。
 (2)防災防犯課の職員体制を強化すること。
 (3)個人住宅・マンションの耐震改修、リフォーム助成を実施すること。
 (4)小中学校、保育園など市公共施設の耐震診断・改修について、最優先で実施すること。
 (5)災害時要援護者の情報伝達、避難誘導、避難所整備などの抜本的見直しを行なうこと。
 (6)災害時における、医療・福祉車両へのガソリン確保対策をすすめること。

篠原議員が被災地でボランティア活動
 先週、篠原重信議員は市民の方々と岩手県陸前高田市に赴き、災害ボランティアとして活動してきました。「がれきの撤去だけで3年はかかると現地では言われている。息の長い支援が必要」と実感をこめて市長に伝えていました。できることをみんなですすめていきたい、と改めて思います。

                馬場市長(左)に申し入れる日本共産党市議団
        (左2人目から)篠原重信、原のり子、永田まさ子、村山順次郎の4市議
b0190576_17820.jpg

# by hara-noriko | 2011-06-02 01:08 | 市政報告 | Comments(0)

コミュニティバスの早期実現を求める署名に反響   

 土曜日の定例宣伝。今週は、コミュニティバスの早期実現を求める署名にとりくみました。雨にもかかわらず、1時間弱で50人の方から署名が寄せられました。たくさんの声も寄せられました。「早く実現してほしい」「この署名なら協力したい」などです。
市の計画には2015年度までに実験運行するとあるが…
 馬場市長はコミバス実現について公約していますし、昨年の9月議会では1名をのぞき圧倒的多数で請願も採択されています。市の計画にも、2015年度までに実験運行すると明記されました。しかし、今年度予算案には、コミバス関連は何も計上されませんでした。
実施のための検討を
 コミバス実施のためには、市民や専門家も入れて実施のための具体的な検討をすすめることが必要です。交通不便地域の解決は、一日も早くすすめなければなりません。みなさんと力をあわせてとりくみたいと考えています。

「市民参加と市民合意」が市長の公約なのに
 この間、予算案・議案の説明がつづきました。市長が、3月に示した予算案から変更したことは二つ。「外部評価委員会はとりやめ、市民による事業仕分けを実施する」「保育園のあり方検討委員会はとりやめる」というものでした。
 保育園についていえば、これまでの民営化の検証をどうすすめるのかも未定のまま、みなみ保育園は民営化しようというのです。
 保育園やコミバスの問題も含め、3月議会の時点で共産党市議団としては予算組み替え案を提起しましたが、残念ながら、6月議会で議論する今年度の予算案(8~3月)に反映されているものはありませんでした。改めて、市長の公約であるはずの「市民参加と市民合意」が問われています。

                          アオサギ(落合川)
b0190576_0233026.jpg

# by hara-noriko | 2011-05-29 00:24 | 市政報告 | Comments(0)