保育行政について市民説明会が開かれたが   

 7月14日、保育行政に関する市民説明会が行われました。正確にはわかりませんが、100人ほどの参加があったのでは…。
みなみ保育園民営化の説明はなし
 保育行政全体の説明とはいえ、6月議会で問題となったみなみ保育園民営化について、いっさい説明もおわびもない、というのは驚きでした。「法人が辞退したり、議事録を削除してでもすすめる民営化に正当性はあるのか」という質問に対しても、回答はありませんでした。
 また、保育のあり方検討委員会を開けていないことについて「おわび」がありましたが、あり方委員会をやらないままみなみ保育園民営化を強行していることについての説明はありませんでした。
 そして、「全園民営化とはいっていない」といいながらも、やがては公立保育園はなくなる、という前提のもとでの話しでした。
ビジョンが不明の市の姿勢
 何も「あら探し」をしているわけではありません。基本的なところが不明であり、待機児解消など今後のビジョンも不明なのです。ただ市はお金がない、保育だけにお金を充てることはできない、ということを強調しているという印象でした。
 市長は、この説明会で何を伝えたかったのでしょうか。まずは、たくさんの質問・意見に対し、今後どのように対応していくのか、注視していきます。
再度の開催を求めます
 また、この日は、保育園父母会連合会の定例会や、お泊り保育の保育園もあり、参加したくてもできない人が多くありました。改めて説明会を行なうことを市は要請されていますが、実施することを求めていきます。

  カルガモの親子(黒目川)
保育行政について市民説明会が開かれたが_b0190576_22415438.jpg

# by hara-noriko | 2012-07-16 20:14 | 市政報告 | Comments(0)

市政報告会で貴重な意見をいただきました   

 7月10日、共産党東久留米市議団の市政報告会を行ないました。平日の夜にもかかわらず、二十数名の方のご参加をいただきました。参加してくださったみなさん、ありがとうございます。
 6月議会、臨時議会と本当にいろいろあったので、それをコンパクトにまとめて報告することは難しく…。でも、私としては、厳しい市政の状況のなかでも、市民の方々のねばりづよいとりくみによる、大切な前進もあることを伝えたい、という気もちで報告しました。
 報告後、参加者の方々から、大変貴重な意見をいただきました。
 「議会のインターネット放映や活動センターかなえの請願が全会一致採択になって本当によかった」
 「予算が否決されているもとでの市民生活への影響は」
 「非常用の井戸、飲料水について」
 「通学路の改善について」
 「イオン内に予定されている施設について」
 「5小通りで子どもがまた交通事故にまきこまれた。改めて、あの場所にイオン建設はすべきではないと言いたい」
 「家庭ゴミ有料化、グリーンボックスの今後について」
 「みなみ保育園にかかわる文書の改ざん問題について」
 「なぜ、介護保険のホームヘルプの時間短縮について改善を求める請願が採択されなかったのか」
 「市政・市議会の状況がわかりにくい。市民にわかりやすく伝えてほしい」
 などなど…。
 いただいた意見を受けとめ、とりくみを強めます。

  たくさんの意見が寄せられた市政報告会
市政報告会で貴重な意見をいただきました_b0190576_23311925.jpg

# by hara-noriko | 2012-07-11 23:32 | 活動日誌 | Comments(0)

臨時議会での質問から   

 臨時議会でおこなった質問を紹介します。

■みなみ保育園民営化問題(1)文書改ざん
 6月議会最終日、5月26日のみなみ保育園保護者説明会の記録が提出されました。このことについて質問したところ、大変な問題になりました。
 文書が出されることになった経過は、以前のブログ「一般会計予算案に反対する」の記事のうち、「市立みなみ保育園の民営化について」の項で書いた通りです。文書提出にあたって私は、保護者にもみてもらったうえで出してほしい、と要望しました。しかし、時間的に難しいということだったので、その点は了承しました。
 文書は、保護者全員にも配布されたということだったので、保護者の方に、万が一、実際の説明と異なるような部分があったら教えてほしい、と事前にうかがいました。すると、2カ所、問題がわかりました。特に重大なのは、市長の発言の一部分を削除していることです。
 私は、議会の場で突然とりあげるのでなく、事前に担当部長に問題を指摘し、調べるように求めました。そして、議会の質問のときに、調査の結果どうだったか、と尋ねたのです。
 すると、部長の判断で、誤解を招きやすい文章だったので削除した、という趣旨の答弁でした。本来、全文をありのままにおこし、公文書として提出するものに手を加えるということは大問題です。議長が、「言語道断。行政側は問題をどう整理するのかきちんと対応を」と休憩に入りました。
 その結果、文書をさしかえ、市長の陳謝・減俸ということになりました。担当部長の責任については、今後検討され、明らかにされます。
 なぜ、こんなことになってしまったのでしょう…。市長の失言がくりかえされ、これ以上問題を大きくしたくない、という意識が働いたのでしょうか。本当に悲しい気持ちです。
 いったんは、保護者の指摘を頭から否定し、その後保護者が事実を言っていることが明らかになる。そして、きちんと事実確認して前に進もうとしたら、今度は文書の改ざんをしてしまう…。こんな状態で、民営化を強行することはありえない、と思います。
 でも、本当にお母さんたちはすごいです。お母さんたちの指摘がなければすべて気づかれずに通り過ぎてしまったかもしれません。もしそうなったときのしわ寄せは子どもたちにいくのです。それは、絶対に避けなければ、とのお母さんたちの思いに胸をうたれます。

■みなみ保育園民営化問題(2)1位の法人辞退の謎
 なぜ、法人の承諾を2カ月近くも待ったのか…。本当に謎です。4月2日に決定通知が行き、4月26日には市長自らが訪問したといいます。しかし、さらにそこでも決まらず、5月11日に辞退、となっています。
 質問したところ、通常の入札では、決定後原則5日以内に契約をするそうです。私がおかしいなと思うのは、1位が辞退した場合は2位がくりあがる、と選定委員会で確認しているのに、市長も1位の法人にわざわざ「説得」(?)にいっていることです。そして、ひたすら「いい回答」を待っている。こうやっていつまでも待つのがうちの市のやり方なのか? 1位の法人には、常に市長が説得にいくのか? だったら、なんのための選定委員会なのか? もしかしたら、1位の法人と約束していたのではないか、と思わず勘ぐりたくなってしまいます。
 タイトスケジュールにもかかわらず、選定委員さんたちは誠実に選定を行なっています。その努力すらだいなしにしかねない事態であり、とてもこのまま進められません。いったん立ち止まり、問題を整理・解決すべきです。
 
■小中学校の避雷針設置を早く
 5月28日、3小の屋上掲揚塔に落雷事故があり、コンクリートが破裂し、破片が飛び散りました。幸い、子どもにけがはなかったのですが、最も遠いところでは50メートル先にまで手のひら大の破片が飛んだそうです。
 この事故を受けて、教育委員会として、避雷針のない小中学校9校に緊急に設置するための設計予算が提案されました。
 6月議会の予算特別委員会で富田議員(民)がとりあげ、今回の臨時会では、佐藤議員(み)、篠原議員(共)、私もそれぞれ質問しました。保護者のみなさんからは、一日も早く設置してほしいと要望書が教育委員会に提出されており、私たち議員にも配布していただきました。とくに、3小は屋上にプールもあることから、心配の声が広がっています。引き続き、早急な対応を求めていきます。

  コサギ(黒目川)
臨時議会での質問から_b0190576_2340445.jpg

# by hara-noriko | 2012-07-03 23:41 | 市政報告 | Comments(0)

暫定予算に対する反対討論   

 日本共産党東久留米市議団を代表して、私がおこなった暫定予算に対する反対討論の要旨を紹介します。

 日本共産党市議団を代表して、討論いたします。
 本来暫定予算は、本予算が成立するまでの間のつなぎの予算です。本予算に異論があっても、市民生活を支える最低限の内容で組まれるものであり、協力していくのがふつうだと思います。
暫定予算であるにもかかわらず
 しかし、市長は、暫定予算であるにもかかわらず、本予算で意見が対立しているものや、自分自身の政策的経費も盛り込む、というやり方をくりかえしてきています。私たちは、この是正を一貫して求めてきました。
 しかし、今年度予算についていえば、すでに3月時点での暫定予算の中に、私たちが、当初予算に対して予算組み替え案で指摘したもの(削除・凍結すべきなど)の大半を逆にもりこみました。
4小校舎解体や東中体育館の工事関係まで盛り込んで
 そして今回も、4小の跡利用について、市民参加の検討委員会を実施したのちに、4小校舎解体や東中体育館の工事関係は、来年度予算に計上したらどうかとの私たちの提案は、まともに検討されず、この暫定予算にもりこまれました。なぜ、暫定でなければならないのか、わかりません。
 東中の体育館を新設することは、私たちも必要であると考えており、賛成です。しかし、跡利用について基本プランを検討した、平成22年4月の教育委員会の実施計画では、「後利用について現時点では、方向性が定まっていない。したがって、今後の教育環境等を見定め検討していく」となっています。
市民に周知し意見を聞くべきだ
 つまり、これが市民に知らされている到達点なのです。そこからどう検討され、体育館を新設するとなったのか、また、それ以外の全体計画はどうなのか、市民にきちんと周知し、必要な意見を聴取すべきです。それを教育委員会任せにせず、市長が教育委員会と相談しつつ、責任をもってすすめるべきだと、3月議会で指摘しました。
 しかし、その後、何も動きがないまま6月議会になり、結局今、臨時議会の最後の場面となっています。
 子どもたちにとって大切な学校が閉校されたことの重みを、市長は、本当にわかっているでしょうか。市長が、「情報公開・市民参加・市民対話」というのであれば、市民への周知と意見を聞くことについて、責任をもってすすめることを強く求めるものです。
みなみ保育園の文書の隠ぺい・改ざん
 さて、みなみ保育園の文書の隠ぺい・改ざんという、市長のかかげる情報公開とは正反対のことがおきる事態となりました。
 先ほど、陳謝がありましたが、市長の公約違反がおおもとにあることを改めて指摘します。みなみ保育園については、保護者の子どもを大切にする思いが問題を明らかにしてくれました。この問題はまだ終わっていません。きちんと保護者説明会を行い、合意のないまま、三者協議(保護者・市・法人)に入ることのないように強く求めます。
「コンパクトシティ」の公約まで降ろす
 最後に、大きな議論となった「コンパクトシティ」について一言述べておきたいと思います。
 6月議会の一般質問で村山順次郎議員(共産党)が指摘しましたが、市長選では「コンパクトシティ」という市長の言葉に、少なくない市民が、イオン見直しの願いを託しました。市長は、この願い・公約を裏切ったうえ、今度は、(イオン見直しはできなかったので)イオンの部分だけ「コンパクトシティ」から取り下げます、という宣言を行いました。そして、先ほどの陳謝では、結局、「コンパクトシティ」ということばはすべておろすという…。「歩いて暮らせるまち=コンパクトシティ東久留米」への市長のこだわりはなんだったのでしょう。篠原重信議員(共産)が指摘したとおりです。そもそも本来、イオン見直しを裏切った時点でこの言葉は使えなくなったはずではないでしょうか。
 公約という市民との約束の重みを感じ取れない、責任を持てない市長は、職を辞すべきだと思います。
 以上の意見を述べ、反対いたします。

  カルガモの雛(黒目川)
暫定予算に対する反対討論_b0190576_113158.jpg

# by hara-noriko | 2012-07-02 01:01 | 市政報告 | Comments(0)

暫定予算は可決されたが   

 6月議会で今年度予算が否決となり、6月26日に臨時議会が開かれました。1日限りの予定でしたが、夜中までやっても終わらず、27日に延会。最後は、市長陳謝、暫定予算可決、市長減俸(3カ月間給与半額)で幕を閉じました。
 討論・採決の前に、休憩に入り、3時間あまりも止まりました。そして再開すると、市長は、みなみ保育園保護者説明会の記録の改ざんについての謝罪と、「コンパクトシティ」について全面的に取り下げると発言。休憩前までは、取り下げる考えがまったくない、と繰り返しのべていたのですが…。
 これに対し、日本共産党の篠原重信議員が、市民から見えないいところで180度発言が変わることはおかしい、と厳しく指摘。市長は、まともにこたえることができませんでした。
 その後、討論に入り、暫定予算は可決されました(久留米ハートネットと共産党が反対)。賛成の会派からは、「諸情勢にかんがみ賛成する。しかし、これからも辞職勧告決議にもとづき対応していく」「コンパクトシティ、ようやく取り下げた。今後も市長を監視するという思いは変わっていないが、賛成する」「市民生活への影響を最小限に抑えることから賛成する」などの意見がだされました。
 賛成するか、反対するか…。共産党市議団でもくりかえし議論しました。私たちは、「市長が気に入らないから反対」という態度はとりません。市長の政治姿勢についてはきちんと指摘しながらも、予算そのものの中身で判断します。とりわけ、これは暫定予算なので、問題がなければ反対する理由はありません。しかし…、6月議会で否決された予算と基本的に変更なく出されています。なんのために、6月議会で議論したのか…。
 次回、私がおこなった反対討論を紹介します。

  アジサイ(落合川遊歩道)
暫定予算は可決されたが_b0190576_0192267.jpg

# by hara-noriko | 2012-07-01 00:19 | 市政報告 | Comments(0)

みなみ保育園に関わる請願は採択すべきだ   

 6月議会には、市立みなみ保育園にかかわる請願が6件提出されました。私は本会議で請願の採択を求めて討論に立ちました。その内容を紹介します。請願は、反対多数で不採択とされました。

 私は、日本共産党市議団を代表して、
24請願第26号 みなみ保育園の廃園撤回及び公立保育園の存続を求める請願、
同36号 待機児童を解消するために認可保育園の増設を求める請願
同37号 公立保育園の存続を求める請願
同39号 市民参加で保育行政のあり方の検討を求める請願
同41号 市の無責任な公立保育園民営化計画の見直しと公立みなみ保育園の存続を求める請願
同42号 公立みなみ保育園に正規看護師・栄養士のや配置を求める請願
 以上、6件の請願は、採択すべきとの立場から討論いたします。
無責任な民営化はすすめるべきではない
 請願第41号にあるように、そもそも、みなみ保育園民営化は、市民合意がないまま強行されており、公募要項も父母への説明とは食い違いがあり、法人選定委員会も非常に短期間での実施でした。そして、選定結果や内容についての情報公開は2カ月もの間いっさい行われませんでした。このような無責任な民営化はこのまま進めるべきではありません。と請願は述べています。まさに、この間の問題を的確に指摘しています。
選定1位の法人が辞退したわけは
 さて、そのうえで、6月1日の行政報告で明らかになったように、選定委員会で第1位の法人は辞退をし、第2位の法人に決まったとのことです。選定委員会が終わってから2カ月も経っての報告です。
 1位の法人は、選定結果の通知を受けてから、1か月余りも保留をしたあげく、辞退をしていたのです。また、1位の法人がなぜ辞退したのかもはっきりせず、報告に対する質疑のなかで、財政上の理由だと述べられました。そうであれば、その法人は、そもそも応募資格がなかったのではないでしょうか。それを市が見逃したのだとすれば、選定の前提が崩れることになるので、選定はやり直すべきでしょう。そうではなく、すべて法人の責任であるというのであれば、きちんとペナルティを課すべきです。
保護者の不安は増すばかり
 さらに、問題が深刻であることが明らかになったのは、5月26日の保護者説明会の内容です。市長は、行政報告以上に、法人の辞退の理由を踏み込んで説明し、さらに、選定の辞退などは往々にしてあること、と保護者に説明していたのです。保護者の不安はさらに大きなものとなっていることが、保護者のみなさんの指摘により明らかになりました。このことについては、きょう提出された説明会の記録を読んだうえで、改めてきちんと質問したいと思います。
子どもや保護者を置き去りにする市長の姿勢
 私は、情報公開という点でも、市の姿勢には大きな問題があると指摘しておきたいと思います。
 まず、6月1日の行政報告時点で、選定結果の資料や選定委員会の会議録は何も公開されていませんでした。また、6月8日の私の一般質問では、会議録を使って質問する予定でしたが、そのときにも会議録は提出されませんでした。ようやく、12日の厚生委員会前に提出するとなりましたが、前日の4時過ぎに配布され、翌日の朝には部分差し替えもありました。私は、きちんと資料を整えて次の議会で報告し直すべきではないか、と提起しましたが、市長は譲りませんでした。ただただ民営化をすすめたいのか、子どもたちや保護者をおきざりにするその姿勢に、本当にがっかりしました。
根本にある市長の公約違反
 私は、やはり根本には、市長の公約違反の問題があると思います。市長は、みなみ保育園の民営化をするといって当選した市長ではありません。今後の保育行政については、市民参加で検討していく、と約束していたのです。しかし、それをやらずにみなみ保育園民営化をすすめている。これは明らかに公約違反なのです。そのことをお詫びするわけでもなく、当然のことのように進めるその姿勢が、不信を大きくしているのです。
市長の行為にも誤りが
 しかも、個人情報保護条例の遵守を求める陳情がだされ、保護者が知らせていない個人の電話番号を使って、市長が保護者の携帯電話に直接電話をしていた問題についてきちんと解決されていないことも明らかになりました。
 本来、電話番号という個人情報が本人の同意なく市長に伝えられ、それを使って市長自らが電話するということは、間違った行為ではありませんか。それを認めないまま、不安を与えてしまった、と結論づけている。5月26日の説明会での発言も、誤解を与えてしまった、ということをおわびしている。つまり、自分の行為は間違いではなく、しかし、相手は誤解した、と相手の問題にしてしまっているのです。だから、同じことがくりかえされているのではないでしょうか。
保護者の思いこそ市の誇り
 市長は、廃園・民営化に反対する保護者の思いを本気で考えたことがありますか。反対の気持ちは変わらないけれど、子どもたちを守るために選定委員会にも参加し、説明会も求め、市に要望書も出す、という保護者の努力をどのように受け止めていますか。こうした保護者の努力により、選定委員会でも、引き継ぎの大事さが委員会の共通認識になっていることが選定委員会の会議録から読み取れます。
 40年もの歴史をつみかさねてきたみなみ保育園を大切に思って行動する保護者がたくさんいることは、本来市の誇りではないですか。それだけの保育をしてきたということをきちんと評価すべきです。そうした立場から採択を主張します。
認可保育園と認可外保育施設 急がれる保育料の格差是正
 また、待機児対策について、今議会も大きな議論となった認可保育園と認可外保育施設の保育料の格差是正については、市長の公約からしてもただちに具体化をすすめるべきです。そして、新システムがますます混沌としているなかで、市として、認可保育園の増設を柱にすえた計画をたてるべきであり、今後の保育について、やはり、市民参加による保育のあり方検討委員会が必要であることを強く指摘し、討論とします。

  オナガ(東久留米市内)
みなみ保育園に関わる請願は採択すべきだ_b0190576_23261957.jpg

# by hara-noriko | 2012-06-23 23:26 | 市政報告 | Comments(0)