イオンによる説明会を再開する必要がある   

 ひさしぶりのブログになってしまいました。オリンピックで寝不足気味ですが、私は季節で夏がいちばん好きなので、暑いですが元気に過ごしています。
 
 今日は、7月30日に実施されたイオンによる説明会について、市に申し入れを行いました。市民部長と産業振興課労政商工係長が対応してくださいました。
時間切れで打ち切りに
 イオンの説明会には、149名の市民が参加しました。イオン側の説明のあと、次々に質問がだされ、最後は、時間切れで打ち切りとなりました。まだ、挙手していた人もいましたが・・・。
 また、「今日の説明で終わりにせず、また開催を」という意見に対し、「今日の1回限り」とイオン側が発言するなど、本当に市民に理解してもらいたい、と考えているのか疑問を感じました。また、配布された資料は説明のごく一部で、十分とはいえないものでした。
突然出てきたシャトルバス
 さらに重大なのは、シャトルバスの運行など、新たな情報が報告されたことです。駅とイオンを結ぶシャトルバスに加え、滝山とイオンを結ぶ路線を考えているとのこと…。滝山商店街のお客さんまで吸い取ろうというのでしょうか。こんな重大なことを突然イオン側が発表する、というのも不可解です。
 シャトルバスは、地域貢献の一つとして市側がイオンに要請していますが、その内容についてはイオン任せであり、結果として地域貢献には程遠いものになっていくのではないでしょうか。
市は説明会の再開をイオンに「要請はする」と
 説明会は終結しておらず、再開する必要があります。このことをイオン側に要請することを求めたところ、「要請はする」との回答でした。推移を見守りたいと思います。
 なお、イオンの出店計画について、意見書を提出することができます。宛先は、〒163-8001 東京都産業労働局 商工部 地域産業振興課 大型店環境調整係 東京都新宿区西新宿2-8-1 都庁第1本庁舎30階北。郵送か、持参。提出期限は11月12日(必着)。問い合わせ先は、045-438-3505(イオンリテール 伊藤さん)。


南沢五丁目地区大型商業施設(仮称)イオン東久留米店の
大規模小売店鋪立地法における説明会についての申し入れ


 イオンリテール株式会社(以下事業者とする)は、2012年7月30日に大規模小売店鋪立地法(以下大店立地法と省略する)における手続きとして説明会を開催しました。事業者による説明の後、多数の参加者から質問が出されました。事業者によれば149名の市民が参加したとのことです。

 私たちは、7月17日に「南沢五丁目地区大型商業施設(仮称)イオン東久留米ショッピングセンターの大規模小売店鋪立地法における手続きについての申し入れ」として、(1)第五小学校など広い会場を用意すること(2)口頭で説明した内容を含む資料を用意すること(3)説明会を東久留米市全域に対して告知すること(4)参加者からの質疑応答の時間は十分確保すること(5)市担当部の担当者も説明会に参加することなどを事業者に対して要請すること―を求めました。(関連記事はこちらから)

 市担当部の担当者が説明会に出席されたことは評価するところですが、出店予定地の周辺住民にとって参加しづらい会場および時間の設定であり、配布された資料についてもごく簡単なもので不十分であるとの声が参加者からも聞かれました。また、多数の参加者が質問の機会を求めて手を挙げている中、事業者は一方的に説明会を終了するなど極めて不誠実な説明会の内容であり、参加者から不満や抗議の声が上がり、再度の説明会の開催を求める声が出たことは当然です。

 事業者により事業計画の概要、荷さばき施設およびそれへの車両誘導計画、来店車両の誘導計画、東久留米駅と滝山団地を経由するシャトルバス運行に関する計画、騒音の予測について、大店立地法の手続きについてそれぞれ説明がありました。

 参加者からは、「南沢通りが主な来店車両の誘導ルートになっていないが、実態を反映しておらず不十分」「左折イン左折アウトというが、そのすぐ前やすぐあとには右折がありちぐはぐな計画」「出店により年間で300万台の車両が増えることになる。説明ではちっとも納得できないし、問題を解決できないと思う」「田無警察署もこの計画で大丈夫と言ったわけではない。渋滞が起きたらどのように責任を取るのか不明確」「五小通りは、拡幅できない。代替策として五小通りより北に向かう都市計画道路の開通がいわれているが、市と事業者の連名の資料でも開店から7年後になる。来年開店するということはとんでもないこと」「交通弱者への対策が不十分であり、自転車などでの来客が周辺の生活道路に入り込んでしまう」「営業時間が朝9時からは早すぎるし、夜11時は遅すぎる。朝10時から夜10時までなどに改善してもらいたい」などの意見が出され、説明会では事業計画が持っている問題点について具体的な解決策も示されず、参加者の理解を得るにはほど遠い内容であることは明らかです。

 7月17日の申し入れでも指摘している大店立地法の目的から考えても、これまで私たちがくりかえし指摘してきた交通渋滞などにより生活環境や教育環境が大きく悪化することなどの問題が、出店についての具体的な計画が明らかになるにあたってより深刻になり、周辺住民の皆さんをはじめとする多くの市民からさらに多くの不安の声が上がっている現状などから考えても、7月30日に事業者が実施した説明会は極めて不十分なものです。

 ついては、下記の点についてすみやかに事業者に要請されますことを求めます。
【申し入れ事項】
 1. 事業者に対して大店立地法に基づく説明会を再度開催すること。

  市に申し入れる日本共産党市議団
イオンによる説明会を再開する必要がある_b0190576_162314.jpg

# by hara-noriko | 2012-08-11 01:07 | 市政報告 | Comments(0)

30日に「イオン東久留米店」地元説明会   

重大な局面に
 「仮称 イオン東久留米店」の地元説明会が、7月30日に行われることがわかりました(23日に告示されました)。これは、商業施設設置計画に関する大規模小売店舗立地法(大店立地法)にもとづくものです。イオンが今回の計画内容について市民に説明し、質疑を行います。また、計画内容について、市民は意見書を東京都に提出することができます。いずれにしても、重大な局面にきました。
共産党はイオン誘致に反対
 共産党市議団としては、イオン誘致計画に反対しています。先日も、5小前で子どもが交通事故にあい、救急車で運ばれました。改めて、学校の目の前、住宅街の真ん中、細い道路しかない場所に巨大ショッピングセンターをつくることは無謀である、といいたいです。しかし、馬場市長は公約をホゴにしてイオン誘致を推進しています。…
市民の声を示す重要な機会
 こうしたなか、実際の手続きにのっとり説明会が開かれるわけですが、まず事業者がどういう計画をしているのかがわかります。そして、市民の声を示す重要な機会になります。多くの市民の方が参加されることが大事だと思います。
市議団が市に申し入れ
 去る7月17日、この説明会の日程が発表される前に、共産党市議団として説明会についての申し入れを市に対して行ないました。市民部長と産業振興課長が対応してくださいました。具体的には、(1)5小体育館など広い会場を用意すること(2)口頭で説明する内容も文書で配布すること(3)説明会開催については、東久留米全市民に告知すること(4)参加者からの質疑時間を十分に確保すること(5)市担当部も説明会に参加して状況を把握すること―です。
 (1)~(4)については、すみやかに事業者(イオン)に要望することを求めました。「事業者に要望内容を伝える。説明会には、私達も出席する」とのことでした。イオンがどのように対応するのか、注視していきます。

  市に申し入れる共産党市議団
30日に「イオン東久留米店」地元説明会_b0190576_16301369.jpg

# by hara-noriko | 2012-07-25 16:30 | 市政報告 | Comments(0)

さようなら原発集会に17万人   

それぞれの思いで自主的に参加している
 「さようなら原発集会」(16日)に参加しました。東京・代々木公園は、17万人の人であふれかえりました。東久留米からもたくさんの人が参加。残念ながら、ステージは良く見えず、音もところどころしか聞こえませんでした。でも、参加して本当によかった! みんながそれぞれの思いで自主的に参加している…声をあげていくことが大切と感じている…その変化を肌で実感しました。
 「さようなら原発」の一点での共同が、確実に進んでいると確信しました。東久留米でも、こういう集会は初めてという方の参加もありました。以前の明治公園(昨年9月)での集会につづいて、一緒に参加したわが家の末娘(14歳)も、「こんなに集まってよかったね。また協力するよ」と。
スタッフの方に感謝
 さて、なんといっても、暑い中、大変な人数に対応されたスタッフの方々に、心から感謝したいと思います。道に迷って尋ねたときも、本当に丁寧に対応してくださり、おかげで東久留米の仲間に合流することができました。そのときも、「あ、坂本龍一さんの話しだよ」とスタッフ同士で話していて、本当にこの人達はこの集会に自分の意志で参加し、要員を引き受けているんだな…と思いました。こうした思いが結集していることは、本当にすごいことだと思います。
原発とさようならできる政治へ
 声を広げ、豊かに柔軟につながりあい、原発とさようならできる政治の実現に向けとりくんでいきたい、と改めて思いました。

  集会に参加した共産党東久留米市議団
さようなら原発集会に17万人_b0190576_23101245.jpg

# by hara-noriko | 2012-07-16 23:10 | 活動日誌 | Comments(2)

保育行政について市民説明会が開かれたが   

 7月14日、保育行政に関する市民説明会が行われました。正確にはわかりませんが、100人ほどの参加があったのでは…。
みなみ保育園民営化の説明はなし
 保育行政全体の説明とはいえ、6月議会で問題となったみなみ保育園民営化について、いっさい説明もおわびもない、というのは驚きでした。「法人が辞退したり、議事録を削除してでもすすめる民営化に正当性はあるのか」という質問に対しても、回答はありませんでした。
 また、保育のあり方検討委員会を開けていないことについて「おわび」がありましたが、あり方委員会をやらないままみなみ保育園民営化を強行していることについての説明はありませんでした。
 そして、「全園民営化とはいっていない」といいながらも、やがては公立保育園はなくなる、という前提のもとでの話しでした。
ビジョンが不明の市の姿勢
 何も「あら探し」をしているわけではありません。基本的なところが不明であり、待機児解消など今後のビジョンも不明なのです。ただ市はお金がない、保育だけにお金を充てることはできない、ということを強調しているという印象でした。
 市長は、この説明会で何を伝えたかったのでしょうか。まずは、たくさんの質問・意見に対し、今後どのように対応していくのか、注視していきます。
再度の開催を求めます
 また、この日は、保育園父母会連合会の定例会や、お泊り保育の保育園もあり、参加したくてもできない人が多くありました。改めて説明会を行なうことを市は要請されていますが、実施することを求めていきます。

  カルガモの親子(黒目川)
保育行政について市民説明会が開かれたが_b0190576_22415438.jpg

# by hara-noriko | 2012-07-16 20:14 | 市政報告 | Comments(0)

市政報告会で貴重な意見をいただきました   

 7月10日、共産党東久留米市議団の市政報告会を行ないました。平日の夜にもかかわらず、二十数名の方のご参加をいただきました。参加してくださったみなさん、ありがとうございます。
 6月議会、臨時議会と本当にいろいろあったので、それをコンパクトにまとめて報告することは難しく…。でも、私としては、厳しい市政の状況のなかでも、市民の方々のねばりづよいとりくみによる、大切な前進もあることを伝えたい、という気もちで報告しました。
 報告後、参加者の方々から、大変貴重な意見をいただきました。
 「議会のインターネット放映や活動センターかなえの請願が全会一致採択になって本当によかった」
 「予算が否決されているもとでの市民生活への影響は」
 「非常用の井戸、飲料水について」
 「通学路の改善について」
 「イオン内に予定されている施設について」
 「5小通りで子どもがまた交通事故にまきこまれた。改めて、あの場所にイオン建設はすべきではないと言いたい」
 「家庭ゴミ有料化、グリーンボックスの今後について」
 「みなみ保育園にかかわる文書の改ざん問題について」
 「なぜ、介護保険のホームヘルプの時間短縮について改善を求める請願が採択されなかったのか」
 「市政・市議会の状況がわかりにくい。市民にわかりやすく伝えてほしい」
 などなど…。
 いただいた意見を受けとめ、とりくみを強めます。

  たくさんの意見が寄せられた市政報告会
市政報告会で貴重な意見をいただきました_b0190576_23311925.jpg

# by hara-noriko | 2012-07-11 23:32 | 活動日誌 | Comments(0)

臨時議会での質問から   

 臨時議会でおこなった質問を紹介します。

■みなみ保育園民営化問題(1)文書改ざん
 6月議会最終日、5月26日のみなみ保育園保護者説明会の記録が提出されました。このことについて質問したところ、大変な問題になりました。
 文書が出されることになった経過は、以前のブログ「一般会計予算案に反対する」の記事のうち、「市立みなみ保育園の民営化について」の項で書いた通りです。文書提出にあたって私は、保護者にもみてもらったうえで出してほしい、と要望しました。しかし、時間的に難しいということだったので、その点は了承しました。
 文書は、保護者全員にも配布されたということだったので、保護者の方に、万が一、実際の説明と異なるような部分があったら教えてほしい、と事前にうかがいました。すると、2カ所、問題がわかりました。特に重大なのは、市長の発言の一部分を削除していることです。
 私は、議会の場で突然とりあげるのでなく、事前に担当部長に問題を指摘し、調べるように求めました。そして、議会の質問のときに、調査の結果どうだったか、と尋ねたのです。
 すると、部長の判断で、誤解を招きやすい文章だったので削除した、という趣旨の答弁でした。本来、全文をありのままにおこし、公文書として提出するものに手を加えるということは大問題です。議長が、「言語道断。行政側は問題をどう整理するのかきちんと対応を」と休憩に入りました。
 その結果、文書をさしかえ、市長の陳謝・減俸ということになりました。担当部長の責任については、今後検討され、明らかにされます。
 なぜ、こんなことになってしまったのでしょう…。市長の失言がくりかえされ、これ以上問題を大きくしたくない、という意識が働いたのでしょうか。本当に悲しい気持ちです。
 いったんは、保護者の指摘を頭から否定し、その後保護者が事実を言っていることが明らかになる。そして、きちんと事実確認して前に進もうとしたら、今度は文書の改ざんをしてしまう…。こんな状態で、民営化を強行することはありえない、と思います。
 でも、本当にお母さんたちはすごいです。お母さんたちの指摘がなければすべて気づかれずに通り過ぎてしまったかもしれません。もしそうなったときのしわ寄せは子どもたちにいくのです。それは、絶対に避けなければ、とのお母さんたちの思いに胸をうたれます。

■みなみ保育園民営化問題(2)1位の法人辞退の謎
 なぜ、法人の承諾を2カ月近くも待ったのか…。本当に謎です。4月2日に決定通知が行き、4月26日には市長自らが訪問したといいます。しかし、さらにそこでも決まらず、5月11日に辞退、となっています。
 質問したところ、通常の入札では、決定後原則5日以内に契約をするそうです。私がおかしいなと思うのは、1位が辞退した場合は2位がくりあがる、と選定委員会で確認しているのに、市長も1位の法人にわざわざ「説得」(?)にいっていることです。そして、ひたすら「いい回答」を待っている。こうやっていつまでも待つのがうちの市のやり方なのか? 1位の法人には、常に市長が説得にいくのか? だったら、なんのための選定委員会なのか? もしかしたら、1位の法人と約束していたのではないか、と思わず勘ぐりたくなってしまいます。
 タイトスケジュールにもかかわらず、選定委員さんたちは誠実に選定を行なっています。その努力すらだいなしにしかねない事態であり、とてもこのまま進められません。いったん立ち止まり、問題を整理・解決すべきです。
 
■小中学校の避雷針設置を早く
 5月28日、3小の屋上掲揚塔に落雷事故があり、コンクリートが破裂し、破片が飛び散りました。幸い、子どもにけがはなかったのですが、最も遠いところでは50メートル先にまで手のひら大の破片が飛んだそうです。
 この事故を受けて、教育委員会として、避雷針のない小中学校9校に緊急に設置するための設計予算が提案されました。
 6月議会の予算特別委員会で富田議員(民)がとりあげ、今回の臨時会では、佐藤議員(み)、篠原議員(共)、私もそれぞれ質問しました。保護者のみなさんからは、一日も早く設置してほしいと要望書が教育委員会に提出されており、私たち議員にも配布していただきました。とくに、3小は屋上にプールもあることから、心配の声が広がっています。引き続き、早急な対応を求めていきます。

  コサギ(黒目川)
臨時議会での質問から_b0190576_2340445.jpg

# by hara-noriko | 2012-07-03 23:41 | 市政報告 | Comments(0)