市田忠義副委員長の訴えから(2)   

 日本共産党の市田忠義副委員長(参院議員)は2月2日、東京都・清瀬市で開かれた日本共産党演説会で、1時間にわたって訴えました。統一地方選挙と参院選挙の意義、共産党清瀬市議団の役割、安倍政治の実態と日本共産党の立場、日本共産党員として生きる思いなどを語り、大きな感動をよびました。
 このうち、(1)統一地方選挙と参院選挙の意義、党清瀬市議団の役割(2)日本共産党員として生きる思い―を2回に分けて紹介します。今回は2回目。市田さんの訴えに感動して、日本共産党員として生きる決意をしてくださった方がいました。

戦後かつてない危険な情勢
 いま日本は、戦後かつてない歴史的な大激動のさなかにあると思うんです。一方では、戦後最悪の安倍内閣によって、憲法9条まで壊されようとする。戦後の保守政治が曲がりなりにも守ってきた、海外での戦争はしない、この大原則まで投げ捨てる、戦後かつてない危険な情勢が進展しています。これを直視する必要があると思うんです。許せば軍国主義、ファシズムへの道になります。

国民一人一人が主権者として立ち上がる
 同時に、この面だけ見ないで、他方で、この動きに対して戦後かつてない新しい市民運動がほうはいとしてわき起こっています。すなわち、国民一人ひとりが主権者として自分の頭で考え、自分の言葉で語り、連帯して立ち上がる。私たちはこれを「市民革命的な動き」と評しましたが、こういう新しい市民運動がほうはいとしてわき起こり、豊かに発展している。

市民と野党の共闘が発展

 そしてこの運動に背中をおされて、日本共産党自身も自己脱皮しました。他の野党も変わりました。市民と野党の共闘が発展して日本の政治史の上で初めて全国的規模での選挙協力が実現しました。その最初の挑戦の舞台となった2016年の参議院選挙で、32の1人区すべてで1本化して、11選挙区で自民党を負かす成果をあげました。残念ながら総選挙では後退しましたが、「日本共産党を除く」という壁が再構築されたわけではありません。

一日一日が新しい歴史をつくる
共産党員として生きる幸せ
 私たちは、いまその一日一日が新しい歴史をつくる、かつて経験したことのない未踏の領域に足を踏み入れつつあります。未踏の領域ですから、そこには新しい困難や試練があるでしょう。模索や試行錯誤もあるでしょう。しかしそこには、歴史をつくる開拓者としてのロマンがあり、わくわくするような喜びがあるんじゃないでしょうか。
 こんな時代に日本共産党員として、あるいは日本共産党の支持者として生き、たたかえることほど幸せなことはないと思います。

「共産党排除の壁」は崩れた
 なぜこんなことをいうのか。私たちは長い間、「日本共産党を除く」という厚い壁に阻まれてきました。5年前まで私は13年間、共産党の書記局長をやっていました。在任期間中、勝利の記者会見を一度もやったことはありませんでした。敗北とおわびの会見ばかりでした。2大政党による「政権選択論」という最強・最悪の反共シフトが本格的に敷かれ始めたのが2000年代の初めでした。
 正論を吐いても議席や得票になかなか結びつかない。それでも、「真理は必ず多数派になる」「道理ある主張は必ず多くの国民の心をやがてとらえる」と、お互いに確信を失わずに不屈に励まし合いながら頑張り抜いた。支持者のみなさんも、入れても入れても当選しないことはわかっていながら、浮気をしないで共産党をずうっと支えてくださった。
 共産党排除の路線を決めた社会党と公明党との合意(1980年)から、数えれば実に苦節30数年です。ようやくその苦労が実った。2016年の参議院選挙、その直前の東京都議選から、「第3の躍進」が始まりました。「日本共産党を除く壁」は、みなさん、政治戦線の上では崩れたではありませんか。

同僚や先輩の思いを胸に
 こういう時代を見ずに死んでいった同僚や先輩が、たくさんいるんです。私はそういう人たちの思いも胸に、頑張らなければならないと決意しています。私たちは、頑張りがすぐ成果に結びつかない時にも力を尽くす政党であります。いまは違います。頑張れば安倍政権を倒して、野党連合政権への展望も切りひらける。こんなときに頑張らなくていつ頑張るのかと、そういい続けてきました。

80歳の国会議員として迎える党創立100周年
こんな光栄ある任務はない
 こんな演説をしていましたから、私自身、内外に引退を表明していたのに、「もう一期やってほしい」といわれて、断ることができませんでした。私、任期満了時には80歳になります。しかし考えてみると、今年は党創立97周年です。ちょうど任期満了の年は創立100周年なんです。どこの部署で活動していても共産党員はみな同じですが、階級闘争の最前線といわれる国会の場で、現役の国会議員として創立100周年を迎えることができる。こんな光栄ある任務はない。体の続くかぎり、頑張り続けたいと思います。

羅針盤をもった生き方 宮本顕治の手紙から
 最後に、無期懲役の判決を受けていた宮本顕治が、獄中から宮本百合子を励ます手紙に次のように綴りました。
 「人生を漂流しているのでなく、確乎として羅針盤の示す方向へ航海しているということは、それにどんな苦労が伴おうと、確かに生きるに甲斐ある幸福だね。漂流の無気力な彷徨(ほうこう)は、生きるというに価いしない。たとい風波のために櫓(ろ)を失い、計器を流されても、尚天測によってでも航海する者は祝福されたる者哉。そして生活の香油(こうゆ)も、そういう航海者にのみ恵まれる産物であって、その輝きによって、生存は動物でなく人間というに値する生彩と栄誉、詩と真実に満たされてくるものだね」(『宮本顕治獄中からの手紙-百合子への十二年』(下)新日本出版社)
 1944年10月10日付、顕治35歳のときでした。

入党の初心

 人間は、誰しも新しいことを始めるには勇気がいります。私にできるだろうかという不安があるかもしれません。現在、日本共産党で活動している多くの仲間も、私も含め、不安がありながらも、そのことによってたとえ風波が強くなろうと、羅針盤をもった生き方をしようと真剣に考え、入党を決めた初心がありました。
 大海原を漂流して歩くような人生でいいんだろうか。一回しか送れない人生、たとえ風波が強くなっても、羅針盤をもった生き方をしよう。それは自分の幸せとともにみんなの幸せを考えたい。たとえ小さい力であっても、社会の発展のために役立ちたい。そうした自分の思いに正直に向き合って生きていこう。そして、自分も社会も変えていこうという決意。これがわれわれの入党の初心でした。

自分の幸せと社会の進歩を重ねて生きる
 いま日本では、市民と野党の共闘で、自民党政治を終わらせ野党連合政権に挑戦する、歴史的時代を迎えている。世界では核兵器禁止条約という人類史の画期をなす変化が進行し、アメリカや旧ソ連などの大国が支配した世界から、多数の国々が主人公となって国際政治を動かしています。こういう激動の時代に、歴史をつくり、未来をひらく生き方に、足を踏み出そうじゃありませんか。自分の幸せと社会の進歩を重ねて生きる。このもっとも生きがいのある人生を送り、次の世代の人々に歴史をつなごうじゃありませんか。(おわり)


感動をよんだ市田さんの訴え
b0190576_22495388.jpg
ロビーで参加者と交歓
b0190576_22500373.jpg

武蔵野台地の夜明け
b0190576_22500818.jpg
b0190576_22511216.jpg
b0190576_22511523.jpg




# by hara-noriko | 2019-02-08 22:54 | 活動日誌 | Comments(0)

市田忠義副委員長の訴えから(1)   

 日本共産党の市田忠義副委員長(参院議員)は2月2日、東京都・清瀬市で開かれた日本共産党演説会で、1時間にわたって訴えました。統一地方選挙と参院選挙の意義、共産党清瀬市議団の役割、安倍政治の実態と日本共産党の立場、日本共産党員として生きる思いなどを語り、大きな感動をよびました。
 このうち、(1)統一地方選挙と参院選挙の意義、党清瀬市議団の役割(2)日本共産党員として生きる思い―を2回に分けて紹介します。まずは1回目です。

安倍政権のウソとごまかし 脆さのあらわれ
 きょうは清瀬にお呼びをいただきまして大変ありがとうございます。
 今度の連続選挙は、日本の命運のかかった大変重要なたたかいだと思います。安倍政権の強権政治、ウソと隠ぺいの政治、最近も統計偽装問題が明らかになりました。「偽造、ねつ造、安倍晋三」なんていう言葉がちまたで流行るとか、「ウソつきは安倍晋三の始まり」という言葉までありました。ウソとごまかしでしか政権を維持できない安倍政権。これは強さのあらわれではなくて、脆(もろ)さのあらわれであり、破たんの証明ではないでしょうか。

9条改憲 力を合わせて阻止しよう
 もし彼らの暴走を許すならば、私たちの暮らしや日本の政治、社会に取り返しのつかない災悪をもたらします。みなさん、安倍首相の最大の野望である憲法9条の改悪、「戦争する国」づくり、軍国主義、ファシズムへの暴走をなんとしてもご一緒に力を合わせて阻止しようではありませんか。

国民の審判で「与党3分の2」を崩す
 なぜ強権とウソの政治があれだけまかり通るのか。国民が支持しているのか。違います。安倍自公政権が衆議院、参議院とも3分の2以上の議員によって支えられているからです。数の力によってのみ、支えられているからにほかなりません。だったら答えは簡単です。主権者、国民の審判で、3分の2を崩して少数に追い落とし、日本に民主政治をみなさん、ご一緒に取り戻そうじゃありませんか。

参院選 市民と野党の共闘で勝利しよう
 参議院選挙は野党にとってチャンスの選挙であります。1人区での本気の共闘が実現すれば、大変動を起こすことが可能ですし、それは複数選挙区にも大きな影響を与えるし比例にも前向きの影響を与えるでしょう。みなさん、日本の命運のかかった参議院選挙を市民と野党の共闘の勝利、日本共産党の躍進で安倍政権を退陣に追い込んで野党連合政権をつくる第一歩を踏み出す、そういう選挙にしていこうじゃありませんか。

統一地方選 2つの意義
 目前に迫った統一地方選挙は、「住民福祉の機関」という自治体本来の役割を取り戻すと同時に、安倍自公政権に地方から審判を下す選挙になります。日本共産党が地方選挙で躍進をすれば、それぞれの自治体で福祉と暮らしを守る力が大きくなります。それだけではありません。それは、参議院選挙での党躍進の力、流れをつくることになるし、何よりも市民と野党の共闘を前進させる最大の力になることはまちがいありません。

渋谷市長のもとで清瀬市政はいま
 自治体にとっていちばん大事な仕事は、そこにお住まいになっている住民のみなさんの福祉の増進のために力を尽くすことです。そのいちばん大事な仕事、渋谷市長のもとで清瀬市政はどうなっているか。
 すでにお話がありましたように、こともあろうに、緊急福祉貸付制度、これは無担保で保証人もなしでお金が借りられる制度ですが、これを去年の9月に廃止しました。窓口での相談業務もなくしてしまいました。それだけではありません。ごみ袋代の400円が1.8倍の720円にされようとしている。コミュニティーバスの値上げまでたくらむ。公立保育園は渋谷市政になってからすでに3園廃園にされて、新たに乳児保育園も閉鎖、職員も減らす。なんとも冷たい市政といわなければなりません。

自治体本来の仕事を投げ捨てて何をやっているのか
 いまの市政は自治体本来の仕事を投げ捨ててしまった。そういってもみなさん、言い過ぎではないんじゃないでしょうか。じゃあみなさんの貴重な税金を何に使っているのか。
 市役所の建て替え費用は当初の予定を3億4000万円上回って54億2000万円になりました。公私混同もひどい。市長の家族旅行に羽田空港まで公用車を使う。沖縄での公務に妻を同伴させている。まるで夫婦旅行を楽しんでいる。全部みなさんの税金です。さらに国の悪政には何でも賛成。
こういう市政をだれが支えているのか。自民党、公明党が中心になってこの市政を支えてきました。

清瀬市議団 国民健康保険税の軽減を実現
 これに対して日本共産党清瀬市議団は、予算組み替え案を提起して、こうすれば暮らしはよくなるということを具体的に提案してきました。いま4名で議席占有率20%ですが、5議席になれば25%、全国トップクラスです。
 党清瀬市議団はいまの4名でも、今年度から高すぎる国民健康保険税の軽減のために子どもさんがいらっしゃる世帯の2人目の子どもを対象に均等割3万8000円を半額にする減免制度を実現させました。
 毎議会ごとに質問をして条例や予算修正を提起するなかでの画期的な成果をあげています。予算のわずか1%を使うだけで、切り捨てられた福祉施策が復活できる。公立保育園の存続も可能です。

4人の清瀬市議団が5人になれば
 現有4議席を絶対確保して、必ず5議席に増やす。そうなれば、市民のみなさんの声をもっともっと市政に届けることができますし、何よりも共産党単独で必要な場合には臨時議会を開かせることができる、議会招集権も行使できるようになります。先ほど決意を表明された佐々木あつ子さん、原田ひろみさん、深沢まさ子さん、山崎美和さん、そして新人の香川やすのりさんをそろって市政にお送りいただきますように、心からお願い申し上げます。

夏の参院選挙
共産党への支持を広げに広げて
 夏の参議院選挙では、「日本共産党」とお書きいただく方をここ清瀬だけではなくて東京中に、いや遠慮しないで日本中に広げに広げ抜いていただいて、全国で850万人、15%以上、東京では「日本共産党」と書いていただく方を110万人、得票率で20%を獲得して、志位和夫委員長とともに党を代表して縦横無尽の大活躍をしている小池晃書記局長をはじめ、7人以上の勝利を必ずかちとる。東京選挙区では、1期目とは思えない大奮闘をしている吉良よし子さんを再び国政に送り出してください。

小池晃書記局長の論戦力 他党の議員も絶賛
 それにしても、小池晃書記局長の代表質問(2月1日、参院本会議)はすごかったですね、私も数十回代表質問やりましたが、あんな質問やれたらなあと思いました。質問が終わったあと廊下で他党の議員に会いましたが、「市田さん、木戸銭とってでも聞かせたらどうか。無料で聞かせるのはもったいない」と絶賛しておりました。

吉良よし子さん ブラック企業ゼロの公約貫く

 吉良よし子さんは、ライフワークであるブラック企業ゼロの公約を貫いて、440社の企業名を公表させた。ブラック校則是正の先頭にも立ちました。
 さらにあまり知られてないことなんですが、超党派の国会議員でつくる文化芸術振興議員連盟というところがあります。実は私も副会長をしておりますが、彼女もメンバーであります。文化予算の増額、日本の文化予算はフランスの8分の1ぐらいなんですね。これをもっと増額しなさい、あるいは「表現の自由」、このためにもこの議連の中心になっていちばん頑張っているのが吉良さんであります。
 吉良さんのお連れ合いは、東京・目黒区の区会議員であります。お父さんは高知の県会議員なんです。いずれも統一地方選挙の投票となる予定候補です。加えて前回と違って今回はかわいい赤ちゃんと一緒の選挙であります。大変な頑張り屋さんです。名前のごとくキラキラ輝く吉良よし子さんを今度もみなさんのお力で国政に送り出していただきますよう、よろしくお願いします。(つづく)


訴える市田忠義副委員長(参院議員)
b0190576_23090087.jpg

たくさん声援をいただきました
(左から)原田ひろみ市議、山崎美和市議、深沢まさ子市議
市田忠義副委員長、原のり子、
佐々木あつ子市議、香川やすのり予定候補
b0190576_23090541.jpg
佐々木あつ子市議
b0190576_23462745.jpg
原田ひろみ市議
b0190576_23462419.jpg
深沢まさ子市議
b0190576_00053258.jpg
山崎美和市議
b0190576_23461953.jpg
香川やすのり予定候補
b0190576_23461584.jpg




# by hara-noriko | 2019-02-07 23:14 | 活動日誌 | Comments(0)

万年塀の工事が始まりました   

 よかった!
 東京・東久留米市立久留米中学校の万年塀の工事が始まりました!
 まず、門に向かって左側はすべて撤去されました。北村りゅうた市議が市の教育部に確認したところ、残った右側も年度内にすべて工事する、と。

 かねてから、この万年塀の危険性を地域の住民のみなさんが指摘していました。狭い歩道に倒れたら、逃げ場もありません。小金井街道に面していて、車もひんぱんに通っています。私も東久留米市議のときに質問し、都議になってからも文書質問で取り組んできました。日本共産党東久留米市議団も申し入れなどもおこない、私も連携してきました。
 引き続き、しっかり見ていきたいと思います。

 東京都の来年度予算案では、学校や民間建築物等のブロック塀等の安全対策の補助制度が新設されました。民間福祉施設への助成制度も継続されます。これらの十分な活用と、適用にならない危険カ所をチェックして対策をとることが必要です。
 党市議団と連携して取り組んでいきます。

【関連記事】
東久留米市立久留米中学校の万年塀改善へ
6月の都議会で出した私の文書質問
東京の防災対策を考える


北村りゅうた市議と工事現場を見てきました
b0190576_21183882.jpg
昨年8月に万年塀を視察
b0190576_21184171.jpg




# by hara-noriko | 2019-02-06 21:20 | 活動日誌 | Comments(0)

子育て集会で学んだこと   

東久留米 保育・教育・子育てを考える集会
 2月3日、「第36回 東久留米 保育・教育・子育てを考える集会」(子育て集会)があり、午前の部に参加しました。永田まさ子市議も一緒です。
 オープニングは、「あすなろ組」のみなさんのすばらしい太鼓! 最初は小さかった子どもたちが、毎年毎年腕を上げて、今では素敵な若者になって、見事な演奏を披露してくださいました。
 つづいて、実行委員長の草刈智のぶさんは、子どもたちを大切に思う活動をみんなで手をつないできたこと、厳しいなかでも一歩もひかずにとりくんできたことはみんなの誇り、と。毎年子育て集会を続け、ここで語り合い交流し合う意義の大きさを実感するあいさつでした。

市民がリレートークで訴え
 そして、11団体がリレートーク。このリレートークに毎年学ばされます。これがまさに子育て集会の基調となります。記念講演の講師の方も、このリレートークを聞いてから講演してくださいます。
 「しんかわ保育園の廃止条例が通ってしまい、わが子が入園した場合、最後の学年になってしまう。しんかわに入れたいが、悩む」
 「さいわい保育園の園庭開放と子育て支援事業は、何より、地域の親子に寄り添ってくれる。今年の1月だけで476人も利用している。保育園は3月末で閉園となってしまうが、子育て支援の事業は継続してほしい。売却しないでほしい」
 「幼児教育無償化はどこに通っているかで差がでてくる。真の無償化に向けてとりくみたい」
 「公立保育園への支援をすべきだ」
 「よい舞台を観ようと、親子三代で参加してくれる人たちがいてうれしい」
 「小学校では、英語、オリ・パラ教育、プログラミング教育など、どんどんふえるが減るものがない。休みも減らしている。行事のあとなど、月曜日に休む子がふえる」
 ほかにも、障がい福祉の現状や、不登校だった若者の声など、大事な発言が続きました。

清水玲子先生の記念講演 胸にじわっと…
 記念講演は、清水玲子先生(元帝京大学教授)。演題は「子育て がんばりすぎていませんか? ~子どものために日々奮闘しているあなたへ」。
 「どんな子どもに育てたいかという問いは、つきつめれば、私たちがほんとうはどんな人間でありたいかがその答えであり、期限をつけてこんな子どもに育ってほしいということではないのではないか」
 レジュメの冒頭に書いてあるこの一文が、まず、胸にじわっと…。そして、子どもの発達はただひたすらまっすぐ進むものではなく、「成長するとできなくなることもたくさんある」と。だんだんとまわりが見えてきて、小さいころには平気だったことができなくなるなど…。人間の発達は、行きつ戻りつだったり、飛躍があったり…。単純化してとらえてはいけないな、と。
 そして、徹底して子どもの立場に立つ、別人格として尊重するとはどういうことか、やさしくわかりやすく話してくださった。話の最後には、地域でつながりあって子育てしていく、その意味を、子育て集会の営みもふまえて話してくださり、胸があつくなりました。

安心して子育てできる地域にしたい
 また起きてしまった小学4年生の女の子の虐待死。信頼できる大人にSOSを出していたのに…。胸がつぶれる思いです。子どもたちが安心して育っていける社会・地域にしなければならない。子育て集会で学ぶなかで、心の底から思いました。


記念講演する清水玲子先生(元帝京大学教授)
b0190576_14284949.jpg





# by hara-noriko | 2019-02-05 14:29 | 活動日誌 | Comments(0)

東京・清瀬市で共産党演説会   

市田忠義副委員長が駆けつける
 2月2日、東京・清瀬市で日本共産党演説会がおこなわれました。自分自身も弁士の一人として参加しましたが、何より、日本共産党副委員長の市田忠義参院議員と市議・予定候補のお話に胸を打たれっぱなしでした。

市議・予定候補の訴えに聞き入って
 トップバッターは、香川やすのり予定候補。政治にまったく関心のなかった自分が、なぜ、予定候補を決意することになったのか、という話にみんな聞き入りました。つづいて、山崎美和市議、深沢まさ子市議、原田ひろみ市議、佐々木あつ子市議。清瀬市議団が、市民によりそい、市民とともに、どれだけ大きな役割を果たしてきたのか実感する話が続きました。

あたたかい雰囲気の清瀬市議団
 私は、都議になってから、清瀬のことはなんでも市議団のみなさんに相談してとりくんでいます。ときどき、市議団の会議にも寄らせてもらっています。いつ行っても、ほっとできるあたたかい雰囲気の市議団です。団結していて、一人ひとりが本当に個性豊かで魅力的。みなさん自身の訴えが、聞いている方々にまっすぐ届いている、と感じました。

私のスピーチは
 都議選のときにも実感した、市民のみなさんこそ政治を動かす…その力で2人区の壁をみんなでのりこえたことに触れながら、この地域は、市議団・都議の私・宮本徹衆院議員と連携しながらとりくめるようになったこと。さらに、清瀬市議団が国民健康保険税の子どもの均等割の負担軽減や、オスプレイの無通告訓練に対し、いちはやく他会派にもよびかけて意見書を提出するなど、先駆的な活動をしてきていること。そこに学んで都議団でもとりくんでいること。…などを話しました。
 そして、都議会も共産党の議席がふえて前向きの変化をつくりだしている。清瀬でも必ず5人に前進すること。また、市民の声を聞く、まっとうな市長をみんなで誕生させること。そして、いよいよ参院選で、共同の力で安倍政治を終わりにしよう。そのために全力を尽くす決意を述べました。(一人ひとりへの私の思いは、リーフの短い文章に込めました)

胸にしみた市田さんの演説
 最後に、市田さんが60分にわたり演説。優しく、わかりやすく、胸に染み入るお話でした。消費税、憲法9条、沖縄…統一地方選挙、参院選…。今、人としてどう生きるのかを問いかける話に深く考えさせられました。

私もがんばる
 だれもが人間らしく生きられる社会にしていくために、今、自分にできることをしよう。あらためて、すばらしい5人の市議・予定候補のみなさんや市民のみなさんと一緒に、その活動ができることを本当に幸せだと思いました。がんばります!


大きな声援をいただきました
b0190576_23442357.jpg

市田忠義副委員長(参院議員)
b0190576_23461010.jpg

香川やすのり予定候補
b0190576_23461584.jpg

山崎美和市議
b0190576_23461953.jpg

深沢まさ子市議
b0190576_00053258.jpg

原田ひろみ市議
b0190576_23462419.jpg

佐々木あつ子市議
b0190576_23462745.jpg

私も訴えました
b0190576_23462901.jpg




# by hara-noriko | 2019-02-04 23:47 | 活動日誌 | Comments(0)

ホームドア設置を 西武鉄道に要請   

「安全な駅舎づくりをすすめる会」が主催
 1月29日、「西武池袋線にホームドア設置など安全な駅舎づくりをすすめる会」による、西武鉄道本社への要請に同席しました。

宮本徹衆院議員の働きかけで実現
 今回の要請は、運動を続けているみなさんの要請を受けた宮本徹衆院議員のはたらきかけにより、セッティングされました。会のみなさんと一緒に、清瀬市の深沢まさ子市議、香川やすのり予定候補、東村山市の山口みよ・佐藤直子両市議、浅見みどり・山田たか子両予定候補も参加しました。

清瀬駅、秋津駅の安全対策求める
 今回の要請では、とくに清瀬駅、秋津駅の安全対策を求めました。(要望書参照)
 なんといっても、視覚障害の方、車椅子の方の声は切実かつ、説得力がありました。担当課長からも、要請されたことについて現地もみて、できる対応を検討していきたい旨の発言もありました!

具体的に出された意見は…

《視覚障害の方から》
*清瀬駅南口の階段の段差が一定ではないため、捻挫した人がいる。
*階段が何段で終わり、ということがわかるようにしてほしい。
*手すりが途切れているところがあり、とても危なく、不安。
*弱視の人もわかるように、コントラストをはっきりと。
*音声案内を流す場所の改善を。
*駅構内に「誰でもトイレ」(さまざまな人が利用できるように設計されたトイレ)を。
*男女のトイレが左か右か駅によって違う。故意に女性のトイレに入ったわけではないけど、恥ずかしい思いをする。音声で案内してほしい。
*ホームに駅員がいないのだから、ホームドアはどうしてもお願いしたい。急いでほしい。
《車椅子の方から》
*「誰でもトイレ」の利用者がふえていて、車椅子の人が待たされることもふえている。個数をふやしてほしい。
*ホームドアは、具合の悪い人などにも必要。とくに強くお願いしたい。
*秋津駅の南北通路の実現を。できないのであれば、駅のなかを許可証をみせて通れるようにしてほしい。

ホームドア設置のスピードアップを

 ホームドアについては、乗降人員1日あたり10万人以上の6駅(池袋駅、練馬駅、西武新宿駅、高田馬場駅、所沢駅、国分寺駅)は2020年度までにすすめていく。それで終わりではなく、10万人未満の駅は、転落事故の発生状況、視覚障害のある人の利用状況や設置要望、ホームの混雑状況等を勘案して検討していく、というのが西武の姿勢。秋津駅も清瀬駅も乗降客10万人未満とはいっても、それぞれ13位までに入っていて、高位です。2020年度までに6駅では少ない、スピードアップしてとりくむべき、とみなさん次々に発言されました。

清瀬駅南口にエスカレーターを
 清瀬駅南口の階段にエスカレーターを設置することについては、階段自体の古さなど課題があります。駅前広場を改善していくことと一体に検討することが必要との担当課長のお話があり、「ひばりケ丘駅のようなことを想定しているのか」聞いてみました。そうだ、とのこと。その場合、当然自治体の姿勢が重要であることも強調されました。しかし、ふりかえれば、ひばりケ丘駅も相当の時間がかかりました。危険な状態を放置せず、すぐにできる改善をしていくべきだとみなさんから口々に。エスカレーターがすぐに無理なら、エレベーターの改善はどうなのか、など具体的に利用者の立場にたって検討してほしいと。そのとおりだと思いました。

西武鉄道 「要請内容を検討する」

 ほかにも、秋津駅の自由通路の問題では、自治体の要請があれば協議していくという話もあり、具体的なやりとりもありました。市議や予定候補からも現場の声が伝えられ、とても有意義な要請になりました。西武鉄道は、要請内容の検討をすること、また今後も話しをうかがう機会に応じることを確認し終了しました。

ひきつづき取り組みます

 私は、翌日、改めて清瀬駅に行きました。階段の段差は、北口でも最後の1段が急に浅くなり、ドキッとしました。このことか、と実感しました。視覚障害の方が、「捻挫した人がいる」といっていたのもうなずけます。要望した項目が一日も早く対応・改善されるように引き続き取り組みたいと思います。

どの駅でも安全対策が必要
 ここまで原稿を書き終えたところで、ツイートが届きました。それは、萩山駅で、お孫さんが落ちて頭を縫うけがをしたというものでした。やはり、どの駅でも安全対策が必要、ホームドア設置が必要と思いました。それで思い出したのですが、以前別の機会に視覚障害者の方とお話ししていたときに、ホームドアを設置してある駅としていない駅があるのが怖い。とくに、ホームの片側だけついているというのは最悪、と話されていました。しっかり取り組まなければと思います。


清瀬駅、秋津駅の安全な駅舎づくりへの要望書
西武池袋線にホームドア設置など安全な駅舎づくりをすすめる会

 私たち西武池袋線にホームドア設置など安全な駅舎づくりをすすめる会は、3月市議会に清瀬駅と秋津駅のホームにホームドアを設置すること、清瀬駅南口階段にエスカレーターを設置することを主な内容とする陳情を提出し、6月議会で採択されました。その後視覚に障がいをお持ちの方と清瀬駅舎を視察するなどの活動を行ってきました。
 こうした活動結果を集約し、清瀬駅、秋津駅の安全な駅舎づくりをすすめるために清瀬市や西武鉄道株式会社のご理解とご協力をいただきたく要請することにしました。
(1)清瀬駅、秋津駅にホームドアを設置すること
(2)清瀬駅南口階段にエスカレーターを設置すること
(3)秋津駅に南北間に自由通路の設置を進めること
(4)清瀬駅南口のエレベーターが、雨の日など滑りやすいという苦情が寄せられています。エレベーター内外にマットを引くなど滑らないようにしていただきたい。また清瀬駅南口のエレベーター乗り場がわかりにくいという声があります。案内板を設置していただきたい
(5)清瀬駅南北階段の手すりで、シャッターをおろす場所の手すりが一旦きれています。視覚に障がいをお持ちの方々にとっては不安を覚えます。ぜひ改善していただきたい
(6)清瀬駅南口階段の段差が異なる部分があります。均等な段差にしていただきたい
(7)駅構内のエスカレーターの出だしで、最初と最後に2、3段のパネルが平らに出るように改善していただきたい
(8)
清瀬駅改札から駅構内のエスカレーターまでに点字ブロックの設置を進めていただきたい
(9)駅構内の階段にあと何段で終わりということがわかるようにしていただきたい
(10)清瀬駅構内や清瀬駅南口や清瀬駅北口などで音声案内を充実し、視覚に障がいをお持ちの方が利用しやすいものに改善していただきたい
(11)清瀬駅構内の上りホームのエスカレーター脇(昇りの右側)に鉄製の出っ張りがあります。この出っ張りは、視覚に障がいを持っている方がぶつかったりします。そしてホームへの転落につながる危険性があり改善していただきたい
(12)駅構内に「誰でもトイレ」を設置し、トイレへの音声案内を充実するようにしていただきたい


西武鉄道への要請に参加した人たち
b0190576_21360939.jpg
b0190576_21361151.jpg




# by hara-noriko | 2019-02-01 21:36 | 活動日誌 | Comments(0)