文書質問から(2)障害児の不登校について   

私の文書質問から
障害児の不登校について


 昨年12月の都議会第4回定例会で都に出していた文書質問に対して、都から答弁がきました。質問と答弁の全文を3回に分けて紹介します。質問は、(1)新型コロナウイルス感染症対策について(2)障害児の不登校について(3)都立清瀬特別支援学校の仮設校舎について―の3テーマです。2回目は、障害児の不登校についての質問と答弁です。

【原のり子のコメント】

 不登校が大きく増えていることが、今回の質問でもよくわかりました。そのなかで障害児については、統計のなかに入っていないということはとても驚きです。
 特別支援学級で不登校になり、学習適応教室でもなじめず、安心して過ごせる居場所が見つからず苦労している、というお話や、特別支援学校高等部で不登校になりこのまま在籍するのか悩んでいる、などのお話をうかがいます。都教委は一人ひとりの状況に応じて支援を行っている、といいますが、きちんと障害児の不登校全体を把握して、話を聞き、学校自身の改善につなげる努力が必要です。都立特別支援学校高等部で退学している人たちもいることは、なんとも胸が痛みます。今回はまず、基本的な状況を聞きました。引き続き、取り組んでいきたいと思っています。

【文書質問 障害児の不登校について】

子どもたちが行きたくなる学校へ
不登校問題を自己責任にしない取り組みをすすめてほしい


 「チルドレンファーストの社会の実現に向けた子供政策強化の方針2023」には、推進チームによるリーディングプロジェクトの今後の政策強化の方向が示され、そのなかに、「学齢期の育ち」が位置付けられています。不登校の子どもたちが増えている状況に立って、多様な学びの場、居場所を支援していくとあり、大変重要です。しかし、本当は学校に行きたいけれど行けない子どもたちの思いは、それだけでは救われないと思います。学校自身が子どもたちが行きたくなる学校へと変化していくことも求められていると思います。そうした視点をもちながら、不登校問題を自己責任にしないとりくみをすすめることを求めます。とりわけ、障害をもっている子どもたちのサポートは重要です。基本的なことについて、いくつかうかがいます。

不登校の子どもたち 
全国と東京都 10年間でどのくらい増えていますか


(質問1)
 不登校の子どもたちは、この10年でどのぐらいふえていますか。10年前と現時点での全国の人数と東京都の人数を、小・中・高校別にうかがいます。

(答弁1)
 平成24年度(2012年度)と令和4年度(2022年度)の全国の学校における不登校児童・生徒の人数は以下のとおりです。
 
校種   2012年度 2022年度  増減
 小学校  21243人 105112人  83869人増
 中学校  91446人 193936人 102490人増
 高等学校 57664人  60575人   2911人増
  計  170353人 359623人 189270人増

 また、同様に、東京都内公立学校の不登校児童・生徒の人数は以下のと
おりです。
 
校種   2012年度 2022年度  増減
 小学校   1912人  10695人   8783人増
 中学校   6469人  16217人   9748人増
 高等学校  4693人   3931人    762人減
  計   13074人  30843人  17769人増


不登校の子どもたちのうち
特別支援学級に在籍する子どもたちは何人ですか


(質問2)
 そのなかでの、特別支援学級に在籍する子どもたちは何人ですか。

(答弁2)
 都内公立学校に設置されている特別支援学級における不登校を含む長期欠席の子供の実態等については、各学校において把握し、一人一人の状況に応じて支援を行っており、都教育委員会への報告は求めていません。

特別支援学級の子どもたちが不登校になった場合
どのようにサポートしていますか


(質問3)
 特別支援学級の子どもたちが不登校になったときに、安心して過ごせる場所がなく、悩んでいるケースもみられます。子どもたちをどのようにサポートしていますか。

(答弁3)
 特別支援学級を設置している各学校では、長期欠席の子供に対し、福祉や医療の関係者の助言も受けながら、例えば、教員と保護者が連携して他の子供が在校しない時間に指導を行う、自宅からオンラインで学習できるようにするなど、一人一人の状況に応じた支援を行っています。

全国の統計には特別支援学校がはいっていません
東京都は把握していますか


(質問4)
 全国の統計には、特別支援学校が入っていません。東京都は把握していますか。

(答弁4)
 都立特別支援学校における不登校を含む長期欠席の子供の実態等については、各学校において把握し、一人一人の状況に応じて支援を行っており、都教育委員会への報告は求めていません。

都立特別支援学校
安心して過ごせる場所やサポートは


(質問5)
 都立特別支援学校での不登校の子どもたちに安心して過ごせる場所やサポートはどのようにしていますか。

(答弁5)
 各学校では、長期欠席の子供に対し、福祉や医療の関係者の助言も受けながら、例えば、教員と保護者が連携して他の子供が在校しない時間に指導を行う、自宅からオンラインで学習できるようにするなど、一人一人の状況に応じた支援を行っています。

都立特別支援学校高等部
子どもたちに対するサポートは


(質問6)
 都立特別支援学校高等部で不登校になった子どもに対するサポートはどのようなことをしているのですか。

(答弁6)
 高等部を設置する特別支援学校では、長期欠席の生徒に対し、小・中学部と同様の対応に加えて、卒業後の生活に見通しを持つことができるよう、生徒の希望や適性等を考慮した実習先や進路の選択を支援するなどしています。

都立特別支援学校高等部
退学した生徒は何人ですか


(質問7)
 2022年度に、都立特別支援学校高等部を退学した生徒は何人ですか。

(答弁7)
 令和4年度(2022年度)の都立特別支援学校高等部在籍生徒数5365人に対し、退学者数は73人です。

【昨年12月の文書質問と都の答弁】

(1)新型コロナウイルス感染症対策について
(3)都立清瀬特別支援学校の仮設校舎について

駅前での都政報告は市民の方と対話できる場です
文書質問から(2)障害児の不登校について_b0190576_18245221.jpg







# by hara-noriko | 2024-03-27 18:26 | 東京都政 | Comments(0)

文書質問から(1)新型コロナウイルス感染症対策について   

私の文書質問から
新型コロナウイルス感染症対策について

 昨年12月の都議会第4回定例会最終日に都に出していた文書質問に対して、今議会の初日に都から答弁がきました。掲載が遅くなり、申し訳ありません。質問と答弁の全文を1問1答形式で3回に分けて紹介します。質問は、(1)新型コロナウイルス感染症対策について(2)障害児の不登校について(3)都立清瀬特別支援学校の仮設校舎について―の3テーマです。1回目は、新型コロナウイルス感染症対策についての質問と答弁です。

【原のり子のコメント】

 この質問を出した時点で、障害者のご家族から、発熱して診てもらえる病院がないと声が寄せられていました。5類になって、診てもらえる病院が増えたと言われながら、実際には、診てもらえなくて困っているという声にきちんと対応するよう、都に対し、強く求めてきました。質問の答弁を待っていると遅くなってしまうので、同時に直接要望もしてきました。
 空気清浄機については、学校や保育園には設置の補助がありますが、高齢者の入所施設、障害者支援施設、障害福祉サービス事業所に対しては無いということもわかり、早急に支援が必要です。
 検査の充実も求めていますが、都は現在、すべて3月末をもって終了するとしています。
また、独法化(地方独立行政法人化)後も都立病院でハイリスク者を受け入れていると答えていますが、以前のように東京都が入院調整をしているわけではないので、見えにくくなっています。今議会では、独法化後の都立病院の病棟休止は19病棟629床にもなっていることが明らかになっています。
 厚生委員会でも質問しましたが、東京都はほとんどのコロナ対策を終了しようとしています。しかし、3月22日に発表された、東京iCDCの都民1万人アンケートでも、7割の都民が「コロナは怖い」「再び拡大する不安がある」にあてはまる、ややあてはまると答えています。こうしたなかでコロナを終わったことにするというのはありえません。引き続き対策を求めていきます。

【文書質問 新型コロナウイルス感染症対策について】

障害児者 「なかなか診てもらえない」
救急車で運ばれた知的障害者の方も


 コロナ感染が再び増加傾向になるなか、障害者のグループホームなどで発熱者が増え、一時的に閉鎖せざるをえない状況が生まれました。発熱して、東京都の医療機関のリストに電話をかけても、なかなか診てもらえないという状況があり、障害児者の保護者・家族から「とても困っている」との声が寄せられました。診てもらえないまま、高熱で倒れ、救急車で運ばれた知的障害の方もいます。また、熱で休んでも、コロナかどうかの検査をしていないことも多く、発熱する人が広がるという事態もあります。

感染が疑われる人、発熱している人
5類以降後、幅広い医療機関で診てもらえますね


(質問1)
 5類移行後、コロナ感染が疑われる人、発熱している人は、幅広い医療機関で診てもらえるのではないのでしょうか、確認します。

(答弁1)
 新型コロナウイルス感染症の5類感染症への位置付け変更後は、より多くの医療機関が新型コロナ患者の診療に対応する体制へ移行することとされており、都は、発熱等の症状のある患者が身近な地域で診療を受けられるよう、外来対応医療機関を指定し、公表しています。

しかし…都のHPで紹介されている医療機関
連絡したが診てもらえなかった障害者がいた


(質問2)
 東京都のホームページでも医療機関が紹介されていますが、ある地域では、すべてに連絡したが受けてもらえなかった、との訴えもあります。幅広く受けられるように、東京都から働きかけをすべきではないでしょうか。
 障害児者はハイリスク層です。しかし、障害児者を受け止めてくれる病院を探すのに、保護者や家族は大変な苦労をしています。発熱で診てくれる病院探しにでさえ苦労するという状況は放置できません。改善を求めますがいかがですか。

(答弁2)
 都は、新型コロナウイルス感染症の5類移行後も、都内医療機関に対し、外来対応医療機関への登録や、かかりつけ患者以外にも診療を拡大するよう、東京都医師会とも連携して働きかけてきました。今後も、障害児者を含め、発熱等の症状のある方が適切に診察を受けることができるよう、引き続き関係機関と連携し、地域の医療提供体制を構築していきます。

障害者の入院 都立病院が果たした大事な役割
独法化後も役割に変更はないか


(質問3)
 コロナ禍のもとでは、障害児者が、入院が必要になったときは、都立病院が大事な役割を果たしてきましたが、独法化(地方独立行政法人化)後もその役割に変更はありませんか。

(答弁3)
 都立病院は、独法化後も、新型コロナ対応で、重症、中等症の患者や軽症でも重い基礎疾患のある方、妊婦、小児、透析患者、障害のある方などを積極的に受け入れています。

感染拡大の防止 検査で確認することが必要
発熱で受診したら検査することになってはいないのか


(質問4)
 感染拡大を防止するうえで、検査で確認することが必要ですが、発熱で受診したら検査を行うとはなっていないのですか。

(答弁4)
 発熱等の症状のある方が医療機関を受診した際の検査の実施は、新型コロナウイルスの検査も含めて、診察を行う医師が個別に判断しています。

通所・訪問系施設は抗原定性検査のみ
PCR検査も実施できるように改善すべきではないか


(質問5)
 現在、障害者・高齢者などハイリスク層の入所施設では、職員対象のPCR検査を含めた定期的検査が実施されていますが、通所・訪問系施設は抗原定性検査のみです。感染を広げないために、PCR検査も実施できるように改善すべきと考えますがいかがですか。

(答弁5)
 PCR検査は、感度は高いものの、検体の回収が必要で検査結果が判明するまでに時間を要するのに対し、抗原定性検査は、PCR検査と比較して感度が低下する可能性がありますが、その場で簡便かつ迅速に結果が判明するとされています。
 都は、検査の規模や実施体制などを踏まえ、それぞれの特性を生かした検査方法を組み合わせ、効果的に検査を実施しています。

通所系の障害者施設
感染者が出た場合 施設利用者はPCR検査を受けられるのか

(質問6)
 通所系の障害者施設において、感染者が発生したら、利用者がPCR検査を利用できる仕組みがあるのかうかがいます。

(答弁6)
 国の通知では、通所系の障害者施設から保健所に感染症の患者発生の報告があった場合等には、保健所が感染拡大防止を目的とした調査を必要に応じて実施することとされており、新型コロナウイルス感染症の5類移行後も同様です。
 また、都は、区市町村が地域の実情に応じて実施する対策を、区市町村との共同による感染拡大防止対策推進事業により支援しており、通所系障害者施設の利用者を対象としたPCR検査費用も補助対象としています。

感染対策は今後も必要
福祉施設・学校など 空気清浄機設置の支援を


(質問7)
 感染症の対策は今後も必要です。福祉施設、学校などへの空気清浄機設置の支援を行うことを求めますがいかがですか。

(答弁7)
 都は、都内の学校における空気清浄機の設置に当たっては、国の学校保健特別対策事業費補助金を活用するなどして対応を行っています。
 保育所等に対しては、保育環境改善等事業により、感染症対策のために必要となる空気清浄機の設置等を支援しています。
 なお、高齢者の入所施設や障害者支援施設、障害福祉サービス事業所等に対しては、換気設備の設置を支援しています。

【昨年12月の文書質問と都の答弁】

(2)障害児の不登校について
(3)都立清瀬特別支援学校の仮設校舎について



駅前で都政報告
文書質問から(1)新型コロナウイルス感染症対策について_b0190576_21471378.jpg




# by hara-noriko | 2024-03-24 21:47 | 東京都政 | Comments(0)

都議会厚生委員会 福祉局に質問しました   

都議会厚生委員会
福祉局への質疑


 3月18日、都議会厚生委員会で福祉局に対する質疑がおこなわれました。録画がアップされましたので紹介します。私の質問は―

医療型障害児入所施設が足りない
都外の場合 都の補助金が出る施設と出ない施設が


 医療型障害児入所施設が足りないため、都外の施設に入所している子どもたちもいます。ところが、受け入れてくれている施設に対し、サービス推進費が出されている施設と、出されていない施設があります。その問題を問いました。後日、埼玉県の「カリヨンの杜」を視察させていただいた様子とともに、くわしく報告できたらと思います。

東京には児童心理治療施設がない
「東京にも設置してほしい」という声が

 また、東京には、児童心理治療施設がない問題も問いました。これも、東京にはないので都外の施設にお願いしているケースもあります。児童養護施設の方々からも、東京にも設置してほしいという声が寄せられています。私がお話をうかがった職員の方々は、コロナの中で子どもたちの困難が大きくなっていること、職員も疲弊していることなど、胸が痛むお話をしてくださいました。都は、児童心理治療施設をつくる考えはないと…。冷たいです。
 児童養護施設「調布学園」も視察し、勉強させていただきました。また後日、その様子と、今回の質問について報告します。

多摩地域の児童相談所が増えることに
多摩児童相談所 一日も早くサテライトオフィスを


 また、多摩地域の児童相談所がようやく再編成され増えることになりました。しかし、多摩児童相談所(東京都多摩市・担当地域は多摩市、府中市、調布市、稲城市、狛江市)だけは、82万人もの管轄人口のまま、何も手を打たれませんでした。この問題を問いながら、調布市から、少なくとも急いでサテライトオフィスを、という要望がだれていることについて、「一日も早く」と質問しました。今後協議を進めていく方向が答弁されています。引き続き働きかけを強めていきます。

女性支援計画 一時保護所の利用
性自認・性的指向での差別はあってはならない

 最後に、女性支援計画について質問しています。一時保護所を必要としながら入れないという人が出ないようにする必要があると指摘し、計画案のなかでも触れている、中学生以上の男児を同伴する方や性自認が女性のトランスジェンダーの方への対応を問いました。対応していく旨の答弁はありましたが、委員会の議論では、とくに、トランスジェンダーの方への対応について、それを良しとしない発言もあり予断を許しません。どんなときでも、子どもの権利と最善の利益は保障されなければなりません。また、性自認・性的指向での差別はあってはならないことです。引き続き、しっかり議論し良い計画になるよう求めていきます。

【都議会ホームページ】

 都議会ホームページで、3月18日の厚生委員会の質疑を録画で見ていただけます。里吉ゆみ都議rと私の質問をぜひご覧ください。

*里吉ゆみ都議の質問
 ▽1時間24分10秒~ 介護・高齢者施設にかかわる議案について(介護施設等と医療機関の連携、介護施設等での管理者の兼務について、離島・過疎地における職員配置基準の緩和について)、学童クラブについて、三宅村特養ホームの建て替え・改修への対応について。2時間02分47秒まで。

*原のり子の質問
 ▽4時間48分28秒~ 医療型障害児入所施設について
 ▽5時間27秒~ 児童養護施設、児童心理治療施設、多摩地域の児童相談所について ▽5時間11分51秒~ 困難な問題を抱える女性支援計画について。5時間21分7秒まで。

質問する原のり子
都議会厚生委員会 福祉局に質問しました_b0190576_22050111.jpg
質問する里美ゆみ都議
都議会厚生委員会 福祉局に質問しました_b0190576_22050358.jpg




# by hara-noriko | 2024-03-21 22:05 | 都議会 | Comments(0)

厚生委員会で多摩地域の保健所問題などを質問   

3月15日の厚生委員会
保健医療局の議案・予算案について質疑


 3月15日、都議会厚生委員会で保健医療局の議案、予算案についての質疑が行われました。録画がアップされましたので、紹介します。

多摩地域の保健所問題を質問
都の市町村アンケートで浮き彫りになったこと

 私は、予算特別委員会につづき、多摩地域の保健所問題をまず質問しました。本当は予算特別委員会の前にほしかった、開示請求をしていた保健所に関する市町村アンケートが、予算特別委員会の質問が終わった次の日、厚生委員会の直前に手元にきました。急いで読んでみると、コロナのなかで市町村がどれだけ苦労したか、保健所の強化はまったなしであることが、リアルに伝わってくるものでした。感染症の業務は保健所の業務であり、市町村が肩代わりできるものではありません。なぜ、24市に5カ所しかない保健所を増設する方向にすすまないのか、本当に疑問です。

コロナ対策から手を引くな
都の姿勢は大問題

 また、コロナ対策から東京都は、4月、いっせいに手を引こうとしていることをとりあげました。これは本当に問題です。

島しょ医療の充実へ
新島村の眼科診療問題を取り上げる


 そして、島しょ医療の充実について、新島村の眼科診療問題をとりあげました。小池知事は、島しょ地域のことを「宝島」とよび、「みんな大好き多摩・島しょ」とも言っています。しかし、一番基本の医療については、都の補助は20年間変わらず、島の大きな財政負担となっています。新島村は島がふたつあるのに、1か所分の補助しか出ない…。見直しを強く求めました。

里吉ゆみ都議
都立看護専門学校の授業料等の無償化条例を提案

 また、共産党の里吉ゆみ都議から、都立看護専門学校の授業料等の無償化条例提案をおこないました。質疑はありませんでした。各会派の賛同をよびかけています。

【都議会ホームページ】

 
都議会ホームページで、3月15日の厚生委員会の質疑を録画で見ていただけます。私と里吉都議の質問をぜひご覧ください。

★原のり子
▽1時間20秒~ 多摩地域の保健所増設を、保健所での障害者健診改善を
▽1時間20分11秒~ 障害者歯科の充実を
▽1時間25分1~秒 コロナ対策…高齢者・障害者施設での定期的検査、治療薬への補助、モニタリング分析と公表、後遺症相談窓口などをすべて、3月末で終了する問題について
1時間34分35秒~ 島しょ医療…新島村(新島・式根島)の眼科診療について

★里吉ゆみ
▽3時間31分46秒~ 看護師修学資金、松沢病院について
▽4時間25分50秒~ 都立看護専門学校無償化の条例提案

4:28:48 委員会終了

質問する原のり子
厚生委員会で多摩地域の保健所問題などを質問_b0190576_11092741.jpg
里吉ゆみ都議が
都立看護専門学校の授業料等の無償化条例を提案
厚生委員会で多摩地域の保健所問題などを質問_b0190576_11092954.jpg








# by hara-noriko | 2024-03-21 11:06 | 都議会 | Comments(0)

都のプロジェクションマッピング 光を当てるところが違う   

政治とカネ 「本当にひどいじゃないか」
政治をもっと清潔に みなさんと一緒に政治を変えたい

 政治とカネの問題、「本当にひどいじゃないか」と多くの方から声が上がっています。確定申告でみなさんも苦労されていらっしゃる。その一方で、自民党の議員を中心とした裏金の問題、政治とカネの問題は、いっこうに解決しない。多くの方が「本当に政治を変えなければいけない」と感じていらっしゃると思います。
 私たち日本共産党は、政党助成金を受け取らず、企業団体献金を受け取らないことを貫いている政党です。政治をもっと清潔に、みなさんの声が当たり前に通る政治に、その取り組みをさらに強めていかなければならないと思っています。ぜひ、みなさんのご意見をお寄せください。そして、ご一緒に政治を変えていきましょう。

東京都がプロジェクションマッピング
都庁舎だけで7億円、全体で23億円


 いま東京都でも、大問題になっていることがあります。その1つが、都庁舎に毎晩プロジェクションマッピングといって映像が映し出されています。都のホームページでは、「東京の夜を彩る新たな観光資源を作るため、東京のランドマークの一つである都庁第一本庁舎をキャンバスに、光と音で多彩なアートを表現するプロジェクションマッピングの通年での上映を開始します」などと説明しています。都庁舎のプロジェクションマッピングだけで7億円もかける。「プロジェクションマッピング展開事業」全体では23億円もかける。共産党都議団は、今年度の予算案を決めるときも、この費用は削除すべきだと組み替え案も出しました。なんとさらに、来年度予算案では、都庁舎9.5億円、全体で25億円です。そういうところに税金が使われようとしています。

都庁舎の下では毎週土曜日
食糧支援や生活相談に長い列が

 
 都庁舎の下では毎週土曜日、住まいを失ったり、収入が減ってしまったりした人たちに、支援団体のみなさんが食糧支援や生活・医療相談をおこなっています。そこにたくさんの方たちが並んでいます。こうしたところにお金を使うのではなくて、プロジェクションマッピングに23億円も使う。みなさんから「おかしいのではないか」と声が上がっています。

共産党の原純子都議「光を当てるところが違う」
予算特別委員会でも追及していきます


 共産党の原純子都議は、一部議案の議決のために開かれた都議会本会議(3月6日)で討論に立ち、「知事、光を当てるところが違うのではありませんか。新年度予算案でプロジェクションマッピングの予算はさらに増額されています。このような税金の無駄遣いを中止し、都民の暮らしにこそ光を当てるべきです」と訴えました。
 共産党都議団は、3月12、13、14、25、26日に開かれる予算特別委員会でも徹底追及して、「税金の使い方を切り替えよう」と求めていきたいと考えています。

駅前で都政報告と市政報告
中央は北村りゅうた・東久留米市議
都のプロジェクションマッピング 光を当てるところが違う_b0190576_19521961.jpg
都庁舎のプロジェクションマッピング
都のプロジェクションマッピング 光を当てるところが違う_b0190576_19522196.jpg









# by hara-noriko | 2024-03-10 19:54 | 東京都政 | Comments(0)