都が里親認定基準を改善   

同性カップルも里親になれる
 5月18日、東京都は里親認定基準の改正を発表し、21日に担当部署からの聞き取りをおこないました。今回の改定で、里親の年齢上限を撤廃し、配偶者がいなくても(成人の親族がいなくても)、同居者が補助者として認められることになりました。つまり、同性カップルも里親になることが可能になります。また、子育て経験があり、十分な養育が可能であれば単身者でも認められるとしています。

昨年12月に文書質問
 以前、西東京市の大竹あつ子市議(日本共産党)から、同性カップルで里親を希望しても、東京では認められない、との話が寄せられたことをきっかけに、昨年12月に文書質問をおこないました。このとき、大阪では男性カップルが里親として認められていることなども示しながら、里親にふさわしいかどうかは、認定したあとに委託する段階で判断すべきであり、同性カップルを排除すべきではない、と指摘し、認定基準の改善を求めました。
 その時点での回答は、同性カップルについては言及を避けるものでしたが、養育の理念にもとづき、児童福祉審議会で認定基準について議論しているというものでした。

実施は10月1日から
 今回その結果を受けて、ようやく基準が改正されました。まずは、一歩前進です。10月1日から実施とのことです。今後の施行しての状況を注視し、関係者の声もうかがっていきたいと思います。
 私がこの問題で大事だと思ったのは、こういう一つひとつの課題で、性的マイノリティ当事者が排除されている問題を解決していくことと同時に、社会的養護を必要としている子どもたちにとって選択肢をふやす、ということです。この思いを質問にこめたつもりです。

「性的指向、性自認に関する差別を禁止する条例(仮称)」を提案
 また、この文書質問のなかでは、SOGIについての考え方の普及啓発や、「性的指向、性自認に関する差別を禁止する条例(仮称)」の提案もおこないました。
 6月の定例会では、総務委員会において、都側から「東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念実現のための条例(仮称)」の検討をすすめている内容が報告されます。その後、パブリックコメントを経て9月の定例会に議案が提案される、という見込みですが、いったんその前に、報告に対する質疑をおこなえます。都側の条例案は、LGBTとヘイトスピーチの問題が中心になっています。これまでの文書質問や調査してきたことをふまえて、取り組みたいと思います。

☆質問趣意書と答弁書は こちら からご覧いただけます。


ツバメのヒナたち(東京・東久留米駅)
b0190576_23173325.jpg
b0190576_23173616.jpg



# by hara-noriko | 2018-05-24 23:56 | Comments(0)

共産党との出会いや思いに聞き入って   

東久留米市のOさん宅で「つどい」
 5月21日、東久留米市のOさん宅で開かれた「つどい」に呼んでいただきました。13人も参加! 小池晃さん(共産党書記局長・参院議員)のDVDを観て、おしゃべり。小池さんの語りは、ざっくばらんで、とてもわかりやすい! 疑問に答えるとともに、共産党って自由を大事にしているんだな、ということが感じ取れて、みんなでおしゃべりする入り口としてもとてもよかったです。あっ、自由に話せばいいんだな、と。
 みなさん共産党との出会いを話したり、戦争体験を話したり、今とりくんでいることを話したり、きょう来た思いを話したり…。おひとりおひとりの話そのものが、本当によかった! つい聞き入ってしまい、あまりメモはできませんでしたが…。

「スタンディングに参加している」
 ・昨年から年金生活になり、滝山でやっているスタンディングに参加している。
 ・かっこいいと思ってずっと○○議員に投票していた。でも、だんだんその党が変わってしまい、共産党を応援するようになった。Tさんに「手伝って」と声をかけられると、「はい!」という感じで。
 ・子どものころ、両親が共産党のことを「アカ」といっているのを聞いて、共産党は嫌だなと思っていた。7年前に引っ越してきて、Iさんと出会って少しずつ変わってきた。今日は、1回、勉強のために来てみようと思った。Iさんはお金をもらっているわけでもないのに、一生懸命スタンディングしたり、すごい。みなさんに少しだけでもと思い、少しだけカンパしている。
 ・スタンディングは都議選がきっかけ。似顔絵を描いたり、要求を書いたりして、少しの時間立って…。これなら、高齢であってもできるな、と。

「共産党のことを勉強したいな」と話したら…
 ・戦争の体験、保育の仕事を通じて、共産党のことはよくわかっているけど、どっしり入っていくほどの気持ちにまでにはなってこなかった。でも、本当に応援したい。
 ・家賃が高いことが悩み。高齢者のための住宅のはずなのに、空きがたくさんある。改善したい。
 ・姉の影響で共産党に入った。
 ・実家は、福島の農家で自民党。すすめられて「しんぶん赤旗」をずっと読んできた。共産党のことを勉強したいな、とSさんに話したらとんとん拍子でこの「つどい」があるって話しになり、びっくり。

私も一緒におしゃべり
 私も、党に入ったのはどうしてか、議員になったのはどうしてか、都議になってみて思っていることはどういうことか、など一緒におしゃべりしました。手作りカレーを食べながらさらに交流。その後、3人の方がハーモニカ演奏をしてくださいました。やさしい音。しっとりとした気持ちでお開きになりました。
 今回初参加の方が多く、なかには、「何か協力したいけど、スタンディングはどきどきしてできないかも」との声が。すると、それぞれのできることでいいんですよ、とみんなが口々に。また、帰りがけにも、住宅の家賃問題で意見をまとめよう、という話や、またあつまりたいですね、という声も。政治は生活そのもの、そして、共産党はみなさんにもっとも身近な政党、ということを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。


対話がうまれる東久留米駅西口の土曜定例宣伝
b0190576_21321941.jpg
b0190576_21333723.jpg
b0190576_21322618.jpg



# by hara-noriko | 2018-05-21 21:33 | 活動日誌 | Comments(0)

ウソと疑惑の政治を変えましょう   

 きょう12日は、毎週土曜日に東京・東久留米駅西口で続けている定例宣伝でした。地元後援会のみなさんと一緒に、安倍政権による9条改憲に反対する「3000万人署名」を呼びかけながら、「原のり子事務所ニュース」と北村りゅうた市議の市政報告を配布しました。国政の私物化、改ざん、隠蔽、ウソ、セクハラ、数々の暴言…。いまの安倍政権は日本を壊しています。最近の国政問題を取り上げてスピーチしました。

首相秘書官が首相に報告しない?
 今の政治の状況、本当におかしいと多くの方が思っていらっしゃるのではないでしょうか。柳瀬唯雄・元首相秘書官の参考人質疑がおこなわれました。学校法人「加計学園」の獣医学部設置(愛媛県今治市)をめぐって柳瀬氏は、「記憶の限りでは(加計学園関係者とは)会っていない」といってきたことから一転して、首相官邸で加計学園関係者と3回会っていたことを認めました。しかし、愛媛県の文書に「首相案件」と書かれている部分は否定しました。
 官邸で3回も加計学園の関係者に会いながら、安倍首相に報告も何もしていないという、誰が聞いてもおかしなことを平気で答弁しています。本当に驚きます。
 愛媛県の知事は、職員が文書を捏造する必要性などまったくない、柳瀬さんがいっていることには疑問がある、とはっきり表明して、柳瀬さんと会ったときの名刺も公開しました。知事は、自分が国会に呼ばれれば応じる、ちゃんと話す、といっています。

加計問題 安倍首相の疑惑いよいよ深まる
 みなさん、この加計問題では、ますます安倍首相の疑惑が深まったことがはっきりしているのではないでしょうか。首相と一心同体で、首相の立場に立って活動する秘書官が、大事な問題を安倍首相に何も報告していなかった。こんなことを国会で平気で答弁すること自体が問題です。柳瀬氏の発言について安倍首相は、なんら問題ないといっています。とんでもないことです。
 ウソや疑惑で塗り固められているいまの国政の状況を変えていかなければなりません。

「はめられた」 麻生財務相の発言を追及
 昨日は、麻生太郎財務相(副総理)のセクハラ問題での発言が衆院財務金融委員会で大きな問題になりました。
 女性記者が告発した福田淳一財務事務次官のセクハラ発言について、麻生氏は「はめられた」という言葉まで使いました。また「『セクハラ罪』という罪はない」ともいいました。

野党が連携して発言を撤回させる

 このことについて、委員会で野党から厳しく追及されました。午前中、立憲民主党の尾辻かな子議員が、「はめられたなどということについては直ちに撤回すべきだ、と求めました。しかしこのときには、麻生氏は撤回しませんでした。
 午後の質問に立った日本共産党の宮本徹議員は、尾辻さんの質問をふまえながら麻生氏の発言の事実を示して追及しました。麻生氏は「指摘のとおりなら撤回させていただく」と答えました。
 麻生氏は、撤回するとはいいましたが、本当に申し訳なかった、自分の認識が間違っていた、としっかり表明したわけではありません。いったとすれば撤回してもいいですよ、という態度自体が問題だと思います。
 同時に、野党共闘が本当に重要だということも感じました。立憲民主党の尾辻さんの質問をふまえて共産党の宮本さんが質問をして、麻生氏の問題発言を撤回させる。こういうところでも野党共闘、連携の大事さがはっきりしてきているのではないでしょうか。

市民と野党の共闘で一日もはやく安倍政権を退陣に
 今起きている「森友・加計」問題や、セクハラ発言問題だけでなく、「残業代ゼロ」法案の問題などでも連携を強めたい。市民と野党の共闘が重要であること、ウソと疑惑で塗り固められている安倍政権を一日もはやく退陣させ国政を正常化していくこと、これが本当に大事であることを訴えます。


たくさんの人から声援をいただきました
b0190576_23155947.jpg
b0190576_23160421.jpg

安倍9条改憲に反対する「3000万人署名」も訴えました
b0190576_23161078.jpg
b0190576_23161356.jpg


# by hara-noriko | 2018-05-12 23:16 | 国政 | Comments(0)

滋賀県庁で子ども議会について学ぶ   

2000年から子ども議会を継続している先進県
 5月9日、滋賀県庁へ行きました。滋賀県では、2000年から子ども議会を継続し、今年で19回目。一時的なものではなく、継続・定着させている先進県です。

東久留米市議の時代から提案してきたもの

 私は、東久留米市で単発的に実施された子ども議会を傍聴し、子どもの発想のすばらしさ、子どもは大人が思っている以上に深く考えていることを実感するとともに、「意見表明権」を保障することの大事さを実感しました。単に、子どもの意見を聞きおくのではなく、真剣に向き合い、それを市政に生かすために定期的におこなうべきではないか、と質問してきました。共産党市議団としても、代表質問や予算組み替え案にも盛り込んできました。

共産党都議団としても実施を求める
 都議になり、総務委員としても、主権者教育の大事さや、子どもの意見を都政に生かすためにも子ども議会の実施を提案しました。共産党都議団としても、予算組み替え案にも盛り込んでいます。

小学校4年生から中学校3年生までの「議員」が…

 いろいろ調べていく中で、滋賀県では、単にイベント的に実施するのでなく、自ら応募してきた小学校4年生から中学校3年生までの「議員」が、半年かけて、体験活動や勉強会をしながら最後に議会を開く、というやり方をとっていることを知りました。担当課は、子ども・青少年局です。くわしく学びたいと思い、都議団で相談して、幹事長の大山とも子都議、総務委員のとくとめ道信都議と一緒にうかがうことになりました。

共産党滋賀県議団の協力を得て
 当日は、共産党滋賀県議団全員(ふしきみちよさん、藤井みえ子さん、杉本敏隆さんの3人)が迎えてくださり、ふしき県議と藤井県議は、私たちの聞き取りに同席してくださいました。説明してくださったのは、子ども・青少年局の副局長、副参事、子ども県議会担当の方です。担当の方は、元教員。くわしくお話してくださいました。

子どもの「意見表明権」をふまえ
 説明資料には、まず目的として…子どもの権利条約第12条が保障する「子どもの意見表明権」をふまえ、子どもが県政等に対する意見や提言を積極的に表明できる機会づくりを通じて、滋賀県の魅力や問題等に関心をもち、社会に参加する意識を高めるとともに、子ども自ら考え、自ら行動する力を育むよう支援することを目的とする…と書かれています。この位置づけが大事だと実感しました。

「思いがけない発想を大事にしたい」と
 なぜ、小学校4年生から中学校3年生までを対象にしているのかうかがうと、「自分としては、この年代の思いもかけない発想を大事にしたいと思っている」と担当の方が。そして、否定せず、まるごと受け止める。大人からしたらグサッとくるようなことも、県政にとって耳が痛いなということもちゃんと受け止め、実現できるものはしていこうと部局をこえて協議をしていく…と。すごい!

自己肯定感を育んで

 私は、主権者教育のベースは、小さい頃からいかに自己肯定感を育んでいくかではないか、と思っています。自分の意見を受け止めてもらえる経験をどれだけできるか…。それは、子どものわがままをなんでも許す、ということではなく、正面から向き合うということです。
 実はその点で「議会」はとても有効だと思うのです。公式に質問し、それを受け止めて公式に答える。実現できるものが出てくれば、働きかければ変わる、自分の意見が活かされるという経験にもなり、実現できないものは、またそこで考えを深める機会にもなります。若い人の投票率をいかに上げていくかが課題になっていますが、小手先のことではなく、小さい頃からの経験が大事ではないか、と改めて思いました。
 子ども県議会は、楽しくて毎年応募してくる子もいたり、高校生になってからはサポーターとして協力してくれる子もいるそうです。

子どもたちの提案がすばらしい
 子どもたちの提案を読みましたが、すばらしいものばかりでした。不登校の友達のためにフリースクールをつくったらどうか、高齢者や障害者の人の生活をみんなと同じ生活に近づけたい、などなど。そうした提案をふまえて、県の福祉読本を改定する、子ども目線の観光パンフレットを子ども自身が参加して作成する、などが進められています。
 県では環境団体への委託もとりいれながら、協力して行なっているとのことです。予算額は、全体で現在100万円とのことでした。

学んだことを生かしたい
 担当のみなさんの熱意や子どもたちの成長を見守る視点に、学ぶことが多々ありました。本当にありがとうございました。
 そして、レクチャーが終わったあと、共産党県議団の控え室で県議のみなさんと交流もでき、とても有意義でした。学んだことを今後に生かせるように取り組んでいきたいと思います。


滋賀県庁の入り口で
(右から)大山とも子都議、原のり子、とくとめ道信都議、
b0190576_00374909.jpg
滋賀県子ども・青少年局の方から説明をうかがいました
b0190576_00375251.jpg
共産党県議団のふしきみちよ県議(右奥)、藤井みえ子県議(右手前)と懇談
b0190576_00375684.jpg


# by hara-noriko | 2018-05-11 00:38 | 活動日誌 | Comments(0)

憲法記念日 大きくあげよう「9条守れ」の声   

 5月3日は憲法記念日。施行から71年です。午前中、日本共産党清瀬市議団と一緒に市内で訴えました。中里のマルエツ前では、9条改憲に反対する「3000万人署名」を22人の方からいただきました。清瀬駅前では、最後まで聞いてくださった高齢の女性としっかり握手。「がんばってくださいね」と激励をいただきました。
 そして、東京都江東区で開かれた憲法集会へ。広ーい会場にいっぱいの人! 6万人のすごい熱気。でも、それは殺気立ったものではなく、あたたかい、優しい雰囲気なんです。立場の違う人たちが、お互いを尊重しあいながら、力を合わせるとはこういうことか、と…。市民と野党の共同が前進していることを感じ、感動しました。そして、ドキドキの「3000万人署名」の集約数発表。1350万人を超えたと! すごい! さらに広げていきたいです。

 清瀬駅前でおこなった私のスピーチを紹介します。

国民の声は「9条守れ」が圧倒的
 きょうは憲法記念日です。憲法9条をしっかり守って平和な社会を子どもたちに引き継いでもらう。その誓いを、みなさんと一緒に、新たにしたいと思います。
 憲法9条を変えようとする流れを安倍政権が強めています。加計問題、森友問題、イラク日報問題、セクハラ問題などで政権がぼろぼろの状態になって、説明もできない、責任もとれない状態になっても、なぜ安倍政権が倒れないのか。それは、安倍首相がどうしても憲法9条を変えたいと思っているからです。
 でも、みなさん、国民の声は圧倒的に「9条を守れ」です。
 思い起こしてみれば1年前のNHKの世論調査でも、憲法9条が平和と安全を守るのに役に立っていると答えた人は、なんと82%です。だれもが戦争は絶対にいやだと思っていることが、この結果からわかります。憲法9条をしっかり守って、二度と戦争を起こさないようにご一緒に声をあげていきましょう。

「戦争はだめだ」の気持ちを形に表そう
 いま大事なのは、「戦争はだめだ」と思っている気持ちを形に表すことです。そのためには、安倍9条改憲に反対する「3000万人署名」の一筆一筆に示していく。その数をもって声を示していく。このことが大事ではないでしょうか。
 きょうは、東京都江東区の有明防災公園で「憲法を守ろう」という大集会が開かれます。私たち日本共産党も参加します。志位和夫委員長もあいさつします。平和を守るために、思想・信条、立場の違いを超えて力を合わせましょう。

画期的な南北首脳会談と共同宣言
 朝鮮半島では南北首脳会談がおこなわれ、画期的な共同宣言(板門店宣言)に署名しました。朝鮮半島全体を非核化することが合意されました。朝鮮戦争を終結することも確認されています。朝鮮戦争(1950年~53年)は65年間休戦していただけで、終わっていないのです。在日朝鮮人の方々も「本当によかった」「大きな一歩だ」と泣いて喜んでおられます。休戦していたものが終戦へと歩みを進める。本当に歴史的な大きな一歩です。

日本が果たすべき国際的な役割
 しかし、日本のメディアの中には、北朝鮮は信用できない、また約束を破るのではないか、という懐疑的な発言を流しているものもあります。でも、みなさん。話し合いの席に着き、朝鮮半島全体を非核化して二度と戦争しないようにしよう、という合意を話し合いでかちとったこと自体が重要だと思います。その合意を無駄にしないために、日本が果たす役割があることを訴えたいと思います。
 1つは、憲法9条をしっかり守ることです。9条は、武力によってではなく、話し合いで平和をすすめていくんだ、戦争はおこさないんだ、ということを決めています。この9条を日本国民はこれからも守りますよ、と世界に発信していくことが重要な国際貢献になるのではないでしょうか。南北共同宣言を守らせる力にもなることを訴えたい。
 もう1つは、核兵器禁止条約の批准をすすめることです。唯一の被爆国・日本だからこそ、核兵器をなくそうという声を大きくしていくことによって、朝鮮半島の非核化も実現していく役割を果たせるのではないでしょうか。

平和的に外交をすすめる能力 安倍政権になし
 いま、拉致被害者家族のみなさんがアメリカに行かれました。家族のみなさんは安倍首相に対して、ただトランプさんにお願いしましたというだけでは困るんだ、といっています。本当にその通りだと思います。拉致被害者家族のみなさんがわざわざアメリカにまで行って、拉致問題をしっかりいってほしい、とお願いしなければならない。ここに安倍政権の問題がはっきり表れているのではないでしょうか。
 本当に拉致問題を解決しようと思うのであれば、安倍首相みずからが「北朝鮮と話し合いをしましょう」というべきではないでしょうか。それをしないまま、圧力一辺倒でやってきました。平和的に外交をすすめていく能力さえもっていないことが明らかになりました。
 核兵器を廃絶していく、二度と戦争は起こさせない、拉致問題もしっかり解決していくためにも、安倍政権を退陣に追い込んでいきましょう。日本共産党も役割を果たせるように、力いっぱいがんばっていきます。

米軍横田基地 危険なオスプレイ配備をやめさせよう
 東京都が発行している『東京の米軍基地』という冊子があります。1センチ半ほどの厚さです。この東京にも、たくさんの米軍基地があります。清瀬市にも埼玉県新座市にまたがる米空軍・大和田通信基地があります。その中心である横田基地には先日、オスプレイが5機飛来しました。突然飛来してきて、2年後には10機にして本格配備する計画です。とんでもありません。
 配備されるのは特殊作戦用のオスプレイで、低空飛行して拉致や誘拐などをおこなうための訓練をする。こんな危険なものを東京で飛ばすわけにはいきません。沖縄で起きている問題は、私たち東京都民の問題でもあります。力を合わせて、横田基地へのオスプレイ配備をやめさせましょう。同時に、危険なパラシュート訓練もやめさせる。その声を大きくあげていきましょう。
 平和があってこその暮らしです。平和を守る声を東京からあげていくために、私自身も役割を果たしていきたいと思います。

日本共産党を大きく
 ちょうど1年後に、清瀬市では市議会議員選挙と市長選挙があります。東久留米市では市議会議員選挙があります。それに続いて参院選挙があります。平和と民主主義を守る政治の流れを強めていく絶好の機会です。市民と野党の共同をすすめる要、日本共産党を大きく伸ばしてください。

清瀬市議団と一緒に市内で訴えました
(左から)山崎美和、佐々木あつ子、深沢まさ子の各市議

(右から)原田ひろみ市議、原のり子
b0190576_23255546.jpg
私も憲法集会に参加
b0190576_23255820.jpg
6万人の熱気
b0190576_23260306.jpg


# by hara-noriko | 2018-05-03 23:26 | 活動日誌 | Comments(1)

さいわい保育園 保護者の思い   

 民営化が進められている東久留米市立さいわい保育園は、今年度、年長さん5人。市は、この1年で閉園するとしています。古いとはいえ、耐震上もまだ使える園舎。地域の子どもたち、若いママたち、市内の小規模保育園の子どもたちが多数集まり、地域の子育てセンター的な役割も果たしてきている。…なくてはならない存在です。この1年を子どもたちが楽しく過ごせるように応援すること。そして、その後も、さいわい保育園が果たしてきた役割をなくしてしまうことのないようにしていくことが重要です。

 新日本婦人の会東久留米支部のニュースに、今年の3月、さいわいを卒園した子の保護者、荒川香子さんが寄稿しました。改めて、さいわい保育園のかけがえのなさ、公立保育園を存続していく大事さを教えてくれ、胸を打たれました。多くの人に読んでいただきたい…。ご本人の了解を得て、このブログで紹介させていただきます。

さいわい保育園、第48回卒園式の日を迎えて
保護者 荒川香子


 3月17日、晴れ渡った青い空の下、さいわい保育園は第48回卒園式の日を迎えました。
 市の計画どおりであれば、昨年の3月末でさいわい保育園は民営化により閉園する予定でしたが在園児、歴代の卒園児の父母、また地域の皆様のあたたかいご支援をもとに市に働きかけた結果、2年間の存続期間が与えられました。その結果迎えたこの日は感慨深く、またさいわい保育園で卒園することができた我が子たちの幸せと成長を思い、多くの保護者が嬉しさと感謝の思いで涙、涙の一日となりました。

 いま、さいわい保育園にはこの日卒園式を迎えた17名の年長と5名の年中、計22名の園児がいます。本来であれば1歳から5歳まで80名定員の園にたったの22名。下に小さい子たちがおらず、また多くの子どもでにぎやかだった園が22名になってしまったらどんなに寂しくなるか…そんな不安もありました。しかしこの1年、先生方の工夫と高い保育力でさいわい保育園は寂しさを感じる場面もないくらいのたくさんのお楽しみと笑顔であふれ、子どもたちは幸せな日々を過ごしてきました。

 何よりも有難かったのはさいわいの先生方の「子どもたちをありのまま受け入れる」という保育方針で子どもたちにたくさんの自信を与えてくださり、他者への優しい心、たくましい心へと導いてくださったことです。

 こんなエピソードがありました。年長クラスで畑を作ることになり、何を植えたいかという話をした際、皆がトマト、キュウリと言う中で「ワカメ」と言った子がいました。野菜が苦手な子で一生懸命自分が食べられる物を考え言った言葉を、先生は「〇〇(名前) ワカメ」とホワイトボードに書き加え、全く否定しませんでした。
 翌日には別の子が「あれ、ワカメって海のお野菜じゃない?」と気付き「これは畑には向かないかもね」という話になりました。ワカメといった子も「そうか!」と、苦手だけれど少しなら食べられる畑の野菜をもう一度考えることができました。
 先生は「もし誰も気付かなかったら本当にワカメを植えてみようと思ったのよ。植えてみてダメだったらそこで気付けるし、それにもしかしたら何か生えてくるかもしれないしね」と笑って仰っていました。
 その場で「ワカメは違う」と否定することは簡単です。でもその子が一生懸命考えたワカメを受け入れ、子どもたち自身の気付きを待ってくれた先生方には本当に頭が下がる思いです。

 こんな話はいくつもあって、その度に保護者としてこの園に子どもを預けられたこと、我が子達がこんな先生方に育まれたことを感謝せずにはいられません。

 子どもたちの長い人生の中で、初めて出会った「先生」がさいわいの先生でよかった。さいわい保育園で過ごした時間、与えられたたくさんの自信が今後の人生において大きな糧となる予感を持ちながら、小学校へと進む子どもたち。17名のさいわいっ子がこの春、さいわい保育園を卒園します。

 大好きなさいわい保育園が、ずっと子どもたちの心に刻まれることを信じて。


カラシナ
b0190576_16505477.jpg
カルガモ
b0190576_16523322.jpg



# by hara-noriko | 2018-04-29 22:36 | 日記 | Comments(0)