迷惑防止条例「改正」案 本会議での廃案へ全力   

最終的に各会派がどういう態度をとるのか
 3月22日、都議会警察・消防委員会で、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例の一部を改正する条例」、いわゆる迷惑防止条例「改正」案について討論・採決が行われ、日本共産党の大山都議のみの反対で可決されました。最終的には、29日の定例会最終日の本会議において、議員全員で討論・採決が行われて決定されます。
 
警察・消防委員会は、都民ファースト、公明党、自民党、民進・立憲民主、共産党が委員になっていますが、かがやけ、ネット、維新は入っていません。最終的に、各会派がどういう態度をとるのか注目されます。共産党都議団は、本会議で廃案にできるよう働きかけを強めます。

【大山とも子都議の反対討論(要旨)】

 以下、大山都議の反対討論(要旨)を紹介します。

反対の要請書は1815に
 19日の委員会質疑のときにも、ファクスやメールでこの条例改定に反対、との内容の要請書が、その時点で、団体や個人の要請書、そして急きょとりくんだ署名などをあわせて1000を超える団体、個人から寄せられていることを紹介しました。
 その後もこの要請はとどまるどころか、さらに増え続け、団体・個人あわせて1815。他会派のみなさんのところにもきっと来ていると思います。反対の集会も開かれていました。
 20年以上都議会議員をしていますが、これほどまでに急速に多くの方々が立ち上がり、主体的に声を上げることはいまだかつてなかったといっても過言ではありません。私たち都議会と警視庁は、重く受け止めるべきです。

憲法に保障された権利を侵害する恐れ
 それは何より、この議案が、都民・国民の権利侵害、集会、結社及び出版、その他いっさいの表現の自由、勤労者の団結権など、憲法に保障された権利を侵害することにつながる恐れがあるからです。
 今回の改定は、つきまとい行為の禁止に「みだりにうろつくこと」「その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、またはその知りうる状態に置くこと」「名誉を害する事項を告げること」などを新たに加え、罰則規定を強化しています。しかも、被害者の告訴なしに、警察の判断で逮捕・告訴ができます。
 これでは、市民が国会前や路上で政治家の批判をする、労働組合が会社を批判する宣伝をする、ジャーナリストが取材対象の周辺を調べる、などのことを繰り返した場合、取り締まりの対象にされる可能性があります。

規制対象も拡大されている
 この条例の重大な問題点は、内心のねたみ、恨み、その他の「悪意の感情等」を目的とする行為にまで規制対象が拡大されていることです。質疑で、内心をどう判断するのか質しましたが、「個々の事案に応じて、法と証拠に基づいて判断する」としか答弁できませんでした。警察の恣意的な判断で犯罪とされ、自白を強要するしか犯罪の立証ができないことになりかねません。

なぜ条例「改正」が必要か 立法事実を示せない

 しかも、警視庁は条例改定がなぜ必要なのかという立法事実を、何ら具体的に示すことができませんでした。新設する規制に該当する事案に関しての相談のなかで、重大事件に発展しているものがあるのかも把握していないことが明らかになりました。条例改定の理由であるとした、「重大事案に発展する恐れがあり、早急な対応が必要」という根拠も示すことができませんでした。条例改定の根拠を明確に示すことができないような条例案を、議会に提出すること自体、許されることではありません。

改定による規制の拡大は認められない
 2003年の本条例に関する審議のときに、「労働運動、市民運動、取材活動は正当な権利行使」だから、「本条例の対象外」との答弁がありました。この答弁は、今回の改定によっても変わりはないか、との質問に「答弁に変わりはない」との答弁がありました。
 本条例にはもともと、濫用防止規定が盛り込まれていますが、そのこと自体、運用次第で、都民の権利を過度に制限する可能性が高いからです。今回の改定による規制の拡大はとうてい認められません。よって反対します。

ツクシ
b0190576_02202269.jpg
早春の雑木林
b0190576_02202897.jpg
b0190576_02203288.jpg



# by hara-noriko | 2018-03-23 02:20 | 都議会 | Comments(0)

本会議一般質問 答弁から(2)東京農業の振興   

 都議会本会議の一般質問(3月2日)に対する都の答弁について、2回目は東京農業の振興です。都市の農地をどう守るか。どうしても知事の認識を聞きたいと思っていました。私の質問全文は こちら からご覧ください。

重い知事の答弁
「農業者の生産活動を支え、後世に引き継いていく」
 知事の答弁のなかで重要だったのは、「農地の減少に歯止めをかけるためには、農業者の生産活動を支え、後世にしっかりと引き継いでいくことが必要だ」と述べたことです。
 東京都は、来年度予算案のなかで、2022年に生産緑地の多くが期限を迎えることに対応するため、生産緑地の買取・活用を支援する新規事業を立ち上げています。これ自身は大事です。しかし、根本的には、農業を続けようと農業者のみなさんが思えるような支援が必要です。知事がそこに言及したことはとても重要だと思います。

農業体験農園 「普及を推進していく」と都が答弁
 生産緑地で農業を続け、安定的な収入も得ることができる有効な施策のひとつが、農業体験農園です。体験農園での経験をもとに農業者になるなど、担い手になっていく事例もあります。もっとPRや支援を強めることが必要です。
 これについて、東京都として「普及を推進していく」と答弁があったことは重要です。ただ、開設するときの支援は継続するが、管理運営費や利用料への補助は「支援の対象としていない」と。ここは、今後の課題です。
 体験農園は、農園によって利用料もさまざまです。練馬は、5万円の利用料ですが、区民は3万8000円に割り引いています。こういうことを東京都の支援によって実施できれば、区市町村の財政力によらずさらに利用しやすくなるのではないでしょうか。引き続き、取り組んでいきたいと思います。

東京農業振興条例(仮称)の提案には答弁なし
 最後の質問は、東京農業振興プランを推進していくために、東京農業振興条例(仮称)をつくることを提案しました。残念ながら、条例についての答弁はなく、東京農業振興プランを着実に推進していく旨の答弁でした。

提案で「東京農業」と表現した理由
 実は、今回の提案では、「都市農業」ではなく、「東京農業」としました。私は、八丈島に視察に行き、東京農業の奥深さにすっかり魅せられました。島しょ・中山間地域・都市地域それぞれの特色ある農業を大事にしていくことが大事だと強く思いました。東京農業全体を支援する条例をつくる必要性を訴え、取り組んでいきたいと思います。


東京農業の振興を訴えました
b0190576_15265566.jpg
(撮影:長島可純 ↑ SNS以外への無断転載はお控えください)

梅とメジロ
b0190576_15270121.jpg
b0190576_15270570.jpg



# by hara-noriko | 2018-03-09 15:27 | 都議会 | Comments(0)

本会議一般質問 答弁から(1)医療   

 都議会本会議で初の一般質問(3月2日)。私の持ち時間は、13分間(答弁除く)でした。市民の力によって得られた13分を無駄にしない、と心に決めて質問しました(質問全文は こちら から)。答弁の特徴を報告します。今回は、医療に関する部分です。

【都立清瀬小児病院廃止後の多摩地域の周産期医療・小児医療について】
「充実をはかっていく」 重要な知事答弁
 「多摩地域における周産期医療体制の充実をはかっていく」。この知事答弁は、重要だと思いました。「多摩地域」と明確に述べたことは今後のベースになると思います。
また、周産期医療などの医師確保が困難な多摩・島しょ地域のより多くの医療機関に、医師を派遣できるよう検討する旨の局長答弁も、重要でした。
 小さな子どもの骨折などを地域で診てもらえない、せめて、多摩北部医療センターに小児整形外科を設置してほしい…。これについても、救急で搬送先の選定が困難な骨折等による小児の整形外科については、受け入れ促進を検討する、また、多摩北部医療センターと小児総合医療センターが密接に連携し、適切な医療を提供していく、との答弁。
 一般質問翌日付の毎日新聞では、医師確保と小児整形外科については、推進していくことを明言した、と記述しています。

【小児リハビリテーションの充実について】
「強化する」と都が答弁
 後天性脳損傷(脳梗塞など)の中高生世代の患者さんが、リハビリのために都外に転院を余儀なくされている実情について、改善を求めたことについては…。
 患者の症状に応じたリハビリが適切に行われるよう取り組む、多摩総合医療センター及び小児総合医療センターの急性期治療を経過した脳卒中や脳炎などの患者に対しても、難病リハビリのノウハウを活用したリハビリを行うなどリハビリを強化する、と都が答弁。人員についても検討する、としました。
 これは本当にうれしかった。中高生世代の後天性脳損傷のリハビリについては、ちょうど穴になっている部分です。からだもこころも成長途上にあることを十分にふまえたリハビリを、都外へ転院せず、安心して受けられるようにする。その大切さが伝わったのではないかと感じました。ひきつづき、今後の進み具合をしっかり見ていきたいと思います。

改めて実感 都民の声が政治を動かす
 やはり、都民のみなさんの声が政治を動かすんだ、ということを改めて実感しました。
 しかし、多摩地域における周産期医療の充実が必要としながらも、NICU(新生児集中治療室)については、不足している多摩に増やすとはいわず、東京都全体のなかでふやす、としていること。また、小児を診ることのできる整形外科医を多摩北部医療センターに配置することの具体化はまだこれからであること。…などまだまだ宿題が。引き続き、取り組んでいきます!

一般質問に立つ私(左)。右手前は小池知事
b0190576_15484806.jpg
フキノトウ
b0190576_15485307.jpg




# by hara-noriko | 2018-03-08 15:49 | 都議会 | Comments(0)

都議会 本会議の初質問を終えて   

たくさんの方が傍聴に
 都議会本会議での初質問(一般質問)が終わりました。まず、清瀬・東久留米地域からたくさんの方が傍聴にきてくださったことに心から感謝します。また、「インターネットでみましたよ」とのご連絡もいただきました。本当にありがとうございました。改めて、この議席は、みなさんの議席なんだと実感しています。

質問時間13分を目いっぱいつかって
 都議会での一般質問は、東久留米市議会のスタイルとはまったく違います。市議のときは、1時間の持ち時間で、行政側とのやりとりをしながら問題を追求しましたが、都議会では会派の人数に応じて持ち時間があり、それを各会派それぞれで代表質問と一般質問にふりわけます。持ち時間は質問時間で、答弁時間は入っていません。今回、共産党は代表質問に51分、2人の一般質問に13分ずつとしました。再質問をする場合は、最初の質問で時間を留保する必要があります。今回私は、13分目いっぱいつかって冒頭の質問をおこなうことにしました。

質問はチームで練り上げる
 共産党都議団は、一般質問をつくるにあたってチームをつくって練り上げていきます。私の場合は、私がとりあげたいテーマにそって調査をつみかさねていきました。尾崎あや子都議がコーディネーターになってくれて、清水ひで子都議、池川友一都議…の多摩チームと都議団事務局と一緒に。神奈川リハビリテーション病院や東京・府中の小児総合医療センターなどの視察も実施。小児総合医療センターの視察では、看護師でもある藤田りょうこ都議も参加してくれました。農業問題でも、地域の聞き取りや都市農業の学習会への参加、また、八丈島への視察も、私にとっては大事な問題意識をもつ機会となりました。そして、調査してきたことを全体の団会議にも報告しながら、さらに練り上げていきます。
 そして、質問原稿をつくりながら、質問趣旨が十分行政側に伝わるようにねばりづよくとりくんでいきます。…いよいよ、当日! 市民の声にたって、まっすぐ質問しようと心に決めて登壇しました。(質問に対する答弁については、次のブログで報告します)

傍聴初体験の方がたくさん
 私の質問が終わったあと、時間のある方に声をかけていただき、控え室で懇談させていただきました。二十数人の方が控室に! 尾崎さんにも同席してもらいました。尾崎さんが、今回初めて都議会に傍聴にきた方はどのぐらいいますか、と聞くと大半の方は初めてでした。

「市民の声を届けたい、という思いが伝わってきたよ」
 何人かの方が感想を言ってくださいました。「清瀬小児病院で運動してきたことを思い出し、ウルウルしてしまった」「議場が静かに聞き入っている感じがした」「知事も真剣に聞いていると思った」「やりとりがないのが残念」などの声。「小池知事の姿勢は?」などの質問も。
 帰りがけにみなさんと握手。市議時代からずっと見守り、支えてきてくださっている方々も多く、「市民の声を届けたい、という思いが伝わってきたよ」「都議会が身近になった」「体だけは大事にして」とのあたたかい声もかけていただき、胸があつくなりました。

 引き続きがんばります。


質問した内容などを駅前で報告
b0190576_02080209.jpg
b0190576_02080998.jpg
b0190576_02081469.jpg
白梅
b0190576_02081993.jpg
b0190576_02082232.jpg





# by hara-noriko | 2018-03-04 02:09 | 都議会 | Comments(0)

2018年第1回定例会一般質問全文   

 3月2日、都議会本会議で一般質問に立ちました。都議会本会議で質問するのは初めてでした。まずは、質問全文を紹介します。答弁などについては、改めてお伝えします。


【多摩地域の周産期医療・小児医療について】

 2001年、東京都は、都立病院改革マスタープランを策定し、母子保健院を廃止、八王子・清瀬・梅ケ丘の三つの小児病院を廃止・統合するとしました。
 清瀬・東久留米地域でも、小児病院をなくさないで、との声と運動が、立場の違いをこえて大きく広がりました。5歳3歳1歳3人の子育て真っ最中だった私自身、救急などで子どもたちがお世話になり、いてもたってもいられない思いで、小児病院を守るとりくみに参加しました。難病や重篤な病気、重い障害を持った子どもたち、そして地域の子どもたちをささえようと、9年にわたる運動となりましたが、2010年に3小児病院は廃止されました。
 清瀬小児病院廃止後も地域の小児医療を後退させない、と東京都は約束し、多摩北部医療センターの小児科が主な受け皿とされました。
 しかし、小児総合医療センターや多摩北部医療センター、さらには地域の医師会、公立昭和病院などの努力があってもなお、大きな課題があります。

 質問1 この間、清瀬市、東村山市などでは、出産できる病院自体がなくなっています。清瀬小児病院があったときは、近くに小児病院があるので安心だと話す産院も少なからずありましたが、閉院しています。東京都の産科・産婦人科医師は、約1600人。そのうち、多摩地域はわずか約300人です。
 また、NICU(新生児集中治療室)は、出生1万人あたり30床が必要とされており、23区では基準は達成されていますが、多摩地域は22床あまりです。

 「東京都周産期医療体制整備計画」でも、「周産期医療資源が不足している」と書かれています。
 知事、これは明らかに23区と多摩の間の格差ではないでしょうか。東京のどこに住んでいても、安心して子どもを産み育てていくことができるように支えていくことが重要です。知事の認識をうかがいます。

 質問2 現在、NICUは、東京都全体で329床ありますが、増加するハイリスク分娩への対応のため、340床まで増やすとしたことは評価できます。その上で大事なことは、23区と多摩の格差にきちんと光をあてられるか、ということです。1分1秒を争う、命にかかわる問題です。多摩で出生1万人に対し30床以上という基準を達成できるようにすべきだと考えますが、いかがですか。

 質問3 そのために重要なのが、医療従事者の充実です。周産期医療などに従事する医師を東京都が雇用し、多摩・島しょの公立医療機関に派遣する「地域医療支援ドクター事業」について、積極的な採用・派遣に取り組むことを求めますがいかがですか。

 質問4 小児の整形外科も、清瀬小児病院廃止後、地域で課題となっています。
 清瀬小児病院には整形外科がありました。しかし、病院廃止後の受け皿となった多摩北部医療センターには小児の整形外科はなく、「地域の病院で診てもらえず、多摩北部医療センターに行ったが、結局、府中の小児総合医療センターに行かなければならなかった」「退院後の通院が遠くて大変」などの声を多く聞いています。
 5歳以下の子どもの骨折を診てくれる病院や医師が、圧倒的に不足しているのです。
 とりわけ多摩では深刻です。来年度からの東京都保健医療計画の案でも、小児整形外科の救急の対応について検討するとしています。地域に受け入れられる病院がないという問題についても検討し、対策をとるべきではありませんか。

 また、小児外科のある病院も求められています。

 質問5 多摩北部医療センターに、小児の整形外科を担う医師、あわせて小児外科医の配置を早急に求めますが、いかがですか。

【子どものリハビリテーションについて】

 質問1 次に、子どものリハビリテーションについてうかがいます。
 中学校の授業中、意識を失い倒れた中学生が、小児総合医療センターに搬送されました。脳梗塞でした。急性期のリハビリを2か月間受けたのち、都外の病院へ転院。それから半年以上、家族と離れてリハビリ治療を受けました。突然、昨日まではできた動きや会話ができなくなっていることに向き合いリハビリにとりくむこと、しかも家族と離れた状態で長期間過ごすことは、どんなにつらく寂しかったことでしょう。
 小児総合医療センターには、小児リハビリの専門医師も2名、専門のスタッフも配置されています。リハビリテーション科で各診療科からリハビリが必要な子どもを受け入れ、急性期のリハビリをおこなっています。そして、その後については一人ひとりに応じた対応がなされています。
 そのなかで、中高生世代の脳梗塞や脳の外傷などによる後天性脳損傷の子どもたちについては、神奈川県や千葉県など都外へ転院している実情があります。成人のリハビリは、「獲得されていた機能の回復」が目的ですが、子どもの場合は発達途上であることから、「機能の回復」だけではなく、「まだ獲得されていない機能の獲得」も目的となります。そして、成人とは違う回復スピードをみせるときもあるので、段階に応じたアプローチが必要になってきます。急性期からの経過をみながらの対応がきわめて重要です。
 さらに、片麻痺が多いので、リハビリは長期間になります。家族の助けが重要であり、精神的なケアが、本人にも家族にも非常に必要だと専門の医師は指摘しています。
 学校との連携も重要です。先日、視察した神奈川リハビリテーション病院の院内学級では、退院後に子どもへの支援を行う保護者や学校の先生のために、支援の仕方のポイントを分かりやすく書いたガイドブックを作成し、学校訪問も行い、連携を重視しています。病院と自宅、学校が近くにあることで本人と家族をよく支えることができるので、なるべく神奈川県内の子どもを受け入れているが、全国的に子どもの後天性の脳損傷に対応できる病院が少ないため、他県の子どもも受け入れている、とのことです。
 子どもの成長・回復の可能性を考えたとき、中高生世代の後天性脳損傷への対応を強化していくことが重要です。こうした中高生世代も含め、支援を必要とする患者に対し、それぞれの症状に応じたリハビリテーションが提供されるよう、取り組みを進めるべきと考えますが、見解をうかがいます。

 東京都においても、中高生世代の後天性脳損傷の特徴をふまえた対応は難しい現実があり、支援の検討のための実態調査を求めておきます。

 質問2 府中にある3つの都立病院などの今後についての考えを示した多摩メディカル・キャンパス基本構想でも、リハビリテーションや地域連携を重視しています。後天性脳損傷による中高生世代のリハビリに取り組むべきだと思います。
 多摩メディカル・キャンパスにおけるリハビリテーション医療は、どのようにすすめるのでしょうか。充実していくためには、リハビリテーション科の医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの人員強化が必要です。対応を強く求めますが、いかがですか。


【農業振興について】

 質問1 次に、東京の農業・農地をまもり、農業振興をすすめるための施策についてうかがいます。
 私は、市議会議員のときに農業委員を務め、都市で農業を営むみなさんの「農地を切り売りするのはつらい」「先祖からの土地を守っていきたい」との思いに触れ、そのご苦労を知りました。相続税や固定資産税の負担、後継者難などにより、農業者の方々の努力があっても、この10年間で東京都では、農地全体でも、また生産緑地だけでも、1割以上減少しています。
 また、2022年に期限を迎える生産緑地は8割にもおよびます。高齢や後継者不足で営農を断念し、自治体も買取ができないとなれば、一気に宅地化する恐れがあります。都政モニターアンケートでは、86%の人が大都市に農業・農地が必要と回答し、みどり率の調査でも農用地を守ることが大事だと指摘されています。
東京都の農地の減少に歯止めをかけ、守ることは重要と考えますが、知事の認識をうかがいます。

 質問2 農業体験農園は、都市の農地を保全し、農業経営の安定にもつながり、市民が農業に触れることのできる大事な事業です。実際に、体験農園で学んだことを生かして、小学校の農業体験授業の講師、援農ボランティア、中には農業者になる事例が生まれています。現在、都内に107の体験農園があります。体験農園の先進自治体である練馬区では、17園あり、応募倍率は約2倍です。東久留米市農業委員会の市長宛の意見書では、そのトップに体験農園などのさらなる施策展開をあげています。
 都政モニターアンケートでは、農作業体験をしてみたいと6割近くが回答し、特に、20代は63%、30代は70%と若い人が高いのが特徴です。農業体験農園を東京都として、インターネットや広報などで、もっとPRすることが必要ではないでしょうか。いかがですか。

 質問3 都内どの地域でも、意欲ある農家が農業体験農園を実施できるように、管理運営費の助成や利用料補助などの実現を求めますがいかがでしょうか。

 質問4 最後に、東京農業振興プランは、「島しょ地域や中山間地域、都市周辺地域、都市地域など、さまざまな環境で農業が営まれており、それぞれの特色や地域資源を活かした農業振興を進める必要があります」と述べています。これは東京農業の大きな魅力です。このプランを着実に推進していくために、仮称、東京農業振興条例を策定する必要があると考えますが、いかがですか。答弁を求め、質問を終わります。

b0190576_20060500.jpg

(撮影:長島可純 SNS以外への無断転載はお控えください)


# by hara-noriko | 2018-03-02 20:06 | 都議会 | Comments(0)

いよいよ2日に本会議初質問   

 本会議での初質問。今、準備の大詰めです。議会によってやり方も違いがあるので、準備の段階から新たな経験をしています。
 清瀬小児病院がなくなったあとの課題、後天性脳損傷の子どものリハビリ、農業振興を中心に質問します。質問は、13分。答弁を合わせると全体で約30分です。13分でどうやってわかりやすく質問できるか、最後の知恵をしぼっています。この13分は市民のみなさんの力によって得られたもの。無駄にできません。ベストを尽くします。

 質問したいことは本当にたくさんあります。すべてを一般質問でとりくむことはできませんが、代表質問に多くがもりこまれ、また委員会でもとりくみます。今回の一般質問では、制度の谷間となっている課題をとりあげ、政治で何を大事にすべきか、問いたいと思います。

【原のり子の一般質問】
 3月2日午後2時すぎ 都議会本会議
 ぜひ、傍聴してください
 ネット中継もあります

*本会議の開始時間は午後1時からです。
*傍聴は、議事堂2階で1時間前から受け付け。傍聴券が配布されます。席に空きがあれば、途中からでも入れます。また、2階ロビーにスクリーンもあります。
*磁気ループを希望される方は、前日の夕方5時までに議会局へ。
 電話 03(5320)7111
*幼児ルーム(託児サービス)を希望される方は、前日の夕方5時までに議会局へ。
 電話 03(5320)7111
*本会議は、録画放映もあります。


街頭宣伝で
b0190576_10251380.jpg
b0190576_10123340.jpg
b0190576_10120722.jpg
紅梅
b0190576_10123871.jpg



# by hara-noriko | 2018-03-01 10:13 | 都議会 | Comments(0)