ひばりヶ丘駅北口が利用しやすくなりました   

エレベーター、エスカレーターを設置
 4月26日、西武池袋線・ひばりヶ丘駅北口の階段が新しくなり、エレベーターとエスカレーターも新設され、利用できるようになりました。さっそく、東久留米市の永田まさ子市議と一緒に見に行きました。

「よかったわねえ~」とうれしそう

 新しくなった北口は、出入り口が3つ。駅舎に向かって右側に階段、真ん中にエレベーター、左側にエスカレーター。エレベーターは細いですが、車椅子が回転しなくても出入りできます。次々と手押し車の方や杖をついた方たちが利用していました。みなさん口々に、「よかったわね~」と。うれしそうな生きいきとした表情に、ジーン…。バリアフリー化は、こころにも大きな効果がありますね。

市民が署名を集め要請もして
 ひばりケ丘駅北口は、東京都西東京市、埼玉県新座市、そして東京都東久留米市の浅間町地域のみなさんも多く利用されています。長年にわたり、市民のみなさんが署名を集めたり、要請をするなど、取り組まれてきました。

東久留米市議会では共産党が市民の声とりあげて
 東久留米市議会では、2007年6月に共産党の糸魚川知子市議が初質問でとりあげました。その後も繰り返し、急こう配で一段一段の幅も狭い階段で、高齢者や障害者がケガをするなどのことも起きている、一日も早く階段の改善、エレベーター、エスカレーターの設置が必要と質問。西東京市ともしっかり連携して働きかけてほしいと要望。
 その後、糸魚川市議の議席をひきついだ永田まさ子市議も質問しました。当初の予定よりも大幅に遅れていることを指摘。北口全体の改修・整備があっても、まずは、階段、エスカレーター、エレベーターを先行してすすめてほしいとの、住民のみなさんの声をとりあげました。

力を合わせて住みやすい町に
 やはり、市民のみなさんの力によって動きますね! これからも、力をあわせて、住みやすいまちづくりに取り組んでいきたいと思います。

永田まさ子市議(右)と一緒に見てきました
b0190576_01010277.jpg
b0190576_01013291.jpg
b0190576_01013705.jpg



# by hara-noriko | 2018-04-27 01:01 | 活動日誌 | Comments(0)

米軍横田基地 無通告パラシュート降下訓練に抗議   

宮本徹衆院議員らの防衛省レクに参加
 4月23日、米軍横田基地での無通告のパラシュート降下訓練(19、20日)についての防衛省レクチャーに参加しました。これは、先日の羽村市立中学校へのパラシュート落下事故があったにもかかわらず、その直後に、無通告で訓練が行われたことに抗議し、事情を聴き取りするものです。宮本徹衆院議員室で緊急に行われ、地元の住民のみなさん、近隣自治体の党議員、そして都議団から私が参加しました。

無通告は米軍の「連絡ミス」? 
 冒頭、防衛省側は、「事前に通告がなかったことは米側に確認している。今後は事前に通告するよう申し入れを行なった」と説明。宮本議員が、日米間のルールについて問うと、「事前通告の合意のとりきめはないが、米側が自主的におこなっている」と。それでは今回はなぜ、事前通告をしなかったのかを問うと、「連絡ミス」と。えっ? 連絡ミス?

「意図的に伝えなかったのか、確認すべきだ」
 思わず、「連絡ミスとはどういうことですか?」と聞きました。すると、「米軍によると、運用部隊から広報部に伝わっていなかったとのこと」。「なぜ、伝わっていなかったのか?」「わからない」…。「意図的に伝えなかったのかもしれない。そこは確認すべきだ」と強く求めました。こういう問題を放置すると、米軍の都合で情報が提供されたりされなかったり、ということになっていく。厳しく抗議すべきだ、と参加者で口々に訴えました。

「防衛省として監視すべきではないのか」
 宮本議員は、この間、「市民の方たちが監視してくれていることで、パラシュート落下や貨物の落下がわかった。沖縄の普天間基地については監視しているが、横田基地についても防衛省としてきちんと監視すべきではないのか」と指摘。防衛省は、「普天間基地は防衛省が委託して目視がおこなわれている」と認め、指摘を受け止めるとしました。

米軍は無反省
 東京都あきる野市では、C-130(輸送機)の「訓練場」になっている実態も話されました。19日には夜9時に4機が旋回していて、「こわい」との市民の声が寄せられている。また、「パラシュート落下事故が起きた翌日も、パラシュートが降りないだけでC-130は朝9時すぎから飛んでいる」「まったく無反省だ」との指摘も。
 また、高度制限が守られていない実態なども指摘され、防衛省は「確認する」と述べました。

アメリカにものをいわない日本政府
 それ以外にも、そもそもパラシュートの落下の原因や点検の状況など、すでに調べるように申し入れしていたことのほとんどが「調査中」「米側の回答待ち」。あまりに米側に対しものをいわない日本の姿勢。だから、通告なしで訓練を再開したり、問題がくりかえされているのではないか。「このような状態で、パラシュート訓練はやめてほしい」「オスプレイの配備は認められない」との声が相次ぎました。


防衛省に説明を求める宮本徹衆院議員(手をあげている人)
宮本議員の(向かって)左が私
b0190576_17024674.jpg
駅前で無通告パラシュート降下訓練に抗議
b0190576_17024901.jpg
対話が弾んで
b0190576_17025287.jpg



# by hara-noriko | 2018-04-24 17:05 | 活動日誌 | Comments(0)

都営住宅の空き住戸で都に申し入れ   

東久留米生活と健康を守る会の調査をもとに
 4月13日、東久留米生活と健康を守る会のみなさんが、市内の都営住宅の空き住戸の状況を調査した結果について、東京都・都市整備局に申し入れをおこない、懇談しました。篠原重信、北村りゅうたの両市議、私も参加しました。都市整備委員の白石たみお都議も同席してくれました。

空き住戸を歩いて調査 「もっと募集にまわして」

 守る会のみなさんは、歩いて調査し、200を超える空き住戸があったことを示し、もっと募集にまわしてほしいと話をしました。これに対し、都市整備局は、空き住戸224戸のうち、募集に充てるものが131戸であることを明らかにし、建て替え時のために確保しておく事業用を72戸としていること、残り21戸は住居変更などへの対応のために確保していると説明しました。
 参加者から、「今後の建て替えのスケジュールを示してほしい。それによって、事業用が72戸必要なのかどうかがわかる」と指摘があり、「改めて建て替え予定などを調べて報告する」と。

切実! 都営住宅の新規建設

 また、さまざまな要望も出されました。
 「老朽化とカビ、近くの工場の煙で外壁の汚れがひどい…という住宅への対応を」については、「営繕の担当に伝える」。
 「シルバーピアをふやしてほしい」との声については、「まず、市が予定するかどうかが重要」。
 そして、色々と意見交換をするなかで、「今日参加して、空き住戸すべてが、むやみに空けているわけではないとわかった。ということは、本当に都営住宅は足りないということではないか。申し込んでも倍率が高くて入れない現状。新規建設をしてほしい」との声が。本当にその通りだと思いました。
 今回の調査と申し入れによって、空き住戸の内訳が明らかになったことは、とても重要でした。そして、新規建設は必要不可欠であることもますますはっきりしました。守る会の、日ごろからの相談会などの地道な活動があってこそ、と実感です。引き続き、一緒にとりくんでいきます。


東京都に申し入れる東久留米生活と健康を守る会のみなさん
篠原・北村両市議、私も同席しました
b0190576_11592346.jpg
新緑
b0190576_11592948.jpg







# by hara-noriko | 2018-04-21 12:00 | 活動日誌 | Comments(0)

地域のみなさんが都議会を見学に   

東久留米市の西部地域から
 4月12日、東久留米市西部地域のみなさんが、都議会議事堂の見学に来てくださいました。地域の党後援会発行の地域通信でお知らせしたところ、10人の方が。午前中は第1庁舎の展望室や近くの公園の散策などを楽しまれ、議会レストランで昼食をとられたそうです。そして、午後1時半からの議事堂見学には私も同行しました。

議事堂と知事室は同じ高さにある
 都議会2階のPRコーナー、6階の窓から庁舎の説明を受けました。議事堂と知事室は同じ高さにあること(2元代表制を表現)、知事室の高さはちょうどはしご車が届くぎりぎりの高さだということ、など。知事室より上で働いている人たちに何かあったときの避難は大丈夫なのか、などいろいろと質問も出されていました。

議場に入り、こぼれ話も聞いて…
 その後、第15委員会室に入りました。予算特別委員会をおこなういちばん大きな委員会室です。予算特別委員会の委員になった都議が、ここで予算の審査をおこない、その後、本会議で全議員による討論・採決をおこなう…などの仕組みについても質問がありました。
 そして、議場へ。都議が同行しているので、議場に入っての見学ができました。
 「ここは、鎌倉の大仏様がすっぽり入る広さなんですよ」「知事の席が他の席と違うのは、石原元知事が腰痛持ちだったため、固い椅子に変えてくれとの話があって、変えたためです」など、こぼれ話も。都の担当職員の方による説明はここまで。ていねいに説明していただき、とてもよかったです。

共産党都議団の控室で大山とも子幹事長と懇談

 最後は、共産党都議団の控え室にご案内し、お茶を飲みながら懇談。東久留米出身の大山とも子幹事長も参加、みなさんにごあいさつ。みなさん自己紹介しながら交流。「とくに選挙に関心もなかったが、家にお知らせが入ったので参加してみた。来てみてよかった」との感想も。
 「築地市場の問題はどうなるのか?」との質問も。「豊洲でまとまるしかないのでは」と最初はいっていた方が、豊洲の土壌汚染の深刻さや業者のみなさんが合意していないことを知り、「築地再整備に戻せばいいのでは」と。

「都政を身近に感じた」「これから応援していきたい」

みなさんの感想に感激
 帰りがけ、「来てみてよかった。都政を身近に感じた」「これから応援していきたい」との感想も寄せられ、とてもうれしかったです。来てくださったみなさん、ありがとうございました!

*都議会議事堂の見学申し込みは、都議会PRコーナーへ。
電話 03(5320)7129(直通)


議場の中へ
b0190576_01143120.jpg
b0190576_01143489.jpg
都議会2階のPRコーナーで
b0190576_01131182.jpg
都議会6階の窓から庁舎の説明も聞きました
b0190576_01142883.jpg

共産党都議団控室で大山とも子幹事長(左側手前)と懇談
b0190576_01143748.jpg



# by hara-noriko | 2018-04-16 01:15 | 都議会 | Comments(0)

安倍内閣退陣へ 国会前大行動に参加   

自分たちの力で民主主義つくる
 4月14日、安倍内閣退陣を求めて行われた国会前大行動に参加しました。のべ5万人の参加者! 若い人たちのコールはリズム感があって、自由で、すごくイイ。おっ、三連符入れるんだ、とか、聞いていて楽しい。そのコールに象徴されるように、大行動全体が明るく前向き。自分たちの力で民主主義をつくっていくエネルギーにあふれています。

みんなの思いをとどめることはできない

 少しでもステージを見たくて、国会正門前の左側の歩道に入りましたが、人がギッシリで動けない! すぐ先に、東久留米ののぼりが見えているのに、行けない!…とその時、歩道の外に人があふれ、正門前に広がりました。あたりまえの政治を求めるみんなの思いをとどめることはできません。いよいよ、市民と野党の共同で、安倍政権退陣の時! 必ず!と、決意を新たにしました。


国会正門前にある公園で。これから歩道に出るところ
b0190576_12115524.jpg
歩道に出たら動けない!
b0190576_12115961.jpg
すぐ先に東久留米ののぼりが見えるのに、行けない!
b0190576_12120154.jpg
車道に人があふれました
2015年夏の戦争法(安保関連法)に反対する行動以来
b0190576_12120378.jpg


# by hara-noriko | 2018-04-15 12:12 | 活動日誌 | Comments(0)

都議として初めて迎えた入学シーズン   

学ぶことがたくさんあった入学式
 都議会議員になって初めて迎えた入学シーズン。地域の東久留米市立小山小学校、都立清瀬高校、都立清瀬特別支援学校、都立東久留米総合高校定時制、小平特別支援学校、小平特別支援学校武蔵分教室…。日程が重なっていて、出席がかなわなかった学校もありますが、ご案内をいただいた学校には可能な限り出席しました。
 学ぶことが多くありました。どの子どもにも学ぶ権利が保障されることの大事さをかみしめました。出席して感じたことを、その都度ツイッターでもお伝えしましたが、ここでは定時制高校について少し書きたいと思います。

定時制高校をこれ以上減らしてはいけない
 都立東久留米総合高校の定時制。今年は、45人の新入生でした。出席して、私は改めて、定時制をこれ以上減らしてはいけない、と思いました。新入生代表のことばは、率直で、実感がこもっていて胸に迫りました。

年齢や性別の違いを超えて学びたい、と
 今日、私たちは、東久留米総合高校定時制の扉を開いた。ここまでくるのに、それぞれ壁にぶつかったり、悩んだりしてきたと思う。私もそのひとり。でも迷いは吹っ切れた。この学校で年齢や性別の違いを超えて、学びあっていきたい…という趣旨でした。
 いろいろな学び方、いろいろな歩みがあっていい。定時制はその大事な選択肢です。「年齢や性別の違いをこえて」という表現、本当にすばらしいと思いました。心からのエールを送ります!

ニリンソウ
b0190576_21554467.jpg
b0190576_21555081.jpg
b0190576_21555315.jpg



# by hara-noriko | 2018-04-14 21:56 | 活動日誌 | Comments(0)