吉良よし子参院議員を招いて新春街頭演説   

東京・東久留米市で新春街頭演説
吉良よし子参院議員、宮本徹衆院議員らが訴え


 東京・東久留米市で日本共産党の新春街頭演説がおこなわれました(1月27日)。吉良よし子参院議員、宮本徹衆院議員、都議会議員の私がそれぞれ訴えました。会場となった東久留米駅西口ロータリーにはたくさんの方が聞きに来てくださいました。「自民党ウラ金事件 真相徹底究明を」「核兵器禁止条約 日本政府はただちに批准せよ」「中学校全員給食実現を」などの横断幕も掲げられました。私のスピーチを紹介します。

【私のスピーチ】

私も訴えました
住民の苦難を軽減する 立党の精神に立って


 日本共産党の都議会議員、原のり子です。
 たくさんの方に足を止めていただきまして、本当にありがとうございます。そして今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 きょうはたくさんの手作りの横断幕もありますけれども、手作りの絵手紙のポスターを届けてくださった方もいらっしゃいます。「日本共産党、今年もがんばれ」と、多くの方に激励をいただいています。立党の精神である住民の苦難を軽減していくために力を尽くしていく、その立場で全力を尽くしてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ウクライナ、ガザ 子どもや市民が犠牲に
元日には能登半島地震が


 さて今年は、ウクライナ、またガザで子どもたちが、そして市民が多く犠牲になっている。このことに胸を痛めながらの年明けだったのではないでしょうか。
 そしてそうやって迎えた新年の元日に、能登半島地震が起きて、本当に他人事ではない、胸の潰れる思いがした、そうした方々が多くいらっしゃると思います。
 日本共産党も救援募金を取り組んでいて、本当にたくさんのみなさんからご協力をいただいていますけれども、改めて犠牲になられた多くの方々に心から哀悼の気持ちを示したいと思います。
 そして、今なお大変な状況に置かれている被災されたみなさんに、お見舞いを申し上げたいと思います。
 命の重みを感じない日はありません。命を守る当たり前の政治にしていく。その決意で今年1年、みなさんと一緒にがんばっていきたいと思います。

東京都の来年度予算案
暮らし・命を大事にする内容になっていない


 さて、そうしたなか、東京都では、昨日、来年度の予算案が発表されました。何よりもみなさんの暮らし・命を大事にする予算案になっているのかといえば、なっていないといわざるをえません。
 障害者のみなさんの福祉手当なども1円も変わっていない。石原都政のときに、「何がぜいたくかといえば福祉」、そうやって切り捨ててきた福祉を取り戻そうという予算案にはまったくなっていない、というのが大きな特徴です。さらに、世代間分断を持ち込んでいる。これが今の小池都政の特徴だというふうに思います。

共産党都議団として
しっかり役割を果たしたい


 大事な運動のなかで、今回実現するものも実はたくさんあるんですけれども、しかし、本当に困っている人に寄り添っている予算になっているかといったら、そうはなっていない。ここは私たち日本共産党都議団はしっかりと役割を果たしていく。その論戦をしていきたいと思っています。

学校給食費無償化へ一歩前進が
都が半分、補助を出すことに


 こうした予算案のなかでも、注目すべきこととしては、みなさんの運動のなかでつくり出してきた学校給食費の無償化への一歩前進です。ようやく東京都として、給食費の負担について、半分は東京都が補助を出す、市町村を応援します、ということになりました。そのことを通じて、保護者のみなさんの負担軽減を図ろうというものです。

23区では給食費の無償化が実現
多摩地域で実現するために都が全額負担する必要がある


 しかしみなさん、この多摩地域では、まだまだ給食費の補助が広がっていません。23区は給食費の無償化が実施されましたけれども、多摩地域は23区に比べて格差があります。ですから、多摩地域の市町村が本当に財政格差を問題としないで、どこの地域でも給食費の補助ができるようにする。子どもたちが安心してご飯を食べられるようにする。この環境を整えていくためには、給食費の無償化、東京都が10分の10(全額)を負担することが絶対に必要なんです。

共産党、野党共同で条例提案
野党が一致して賛成 これが大きな後押しに


 私たち日本共産党は、他の野党のみなさんに呼びかけて、東京都が全額補助しましょう、という条例を提案しました。残念ながら、自民党や公明党、都民ファーストが反対したので通りませんでしたけれども、野党が一致して全額東京都だという条例を提案し、賛成するという画期的な状況が生まれました。そのことが大きな後押しになって、今回の東京都の負担軽減つながったんだと思います。
 そして何よりも粘り強く続いているみなさんの運動があったからこそです。

給食費無償化へ
吉良よし子参院議員が国会で質問


 きょうは吉良よし子参院議員が来られるということで、給食費無償化の問題で共産党国会議員団が果たした役割の大きさをみなさんに知っていただきたいと思います。
 吉良さんは2023年、子どもたちの問題で「3つの無償化」ということを掲げられました。医療費の問題、授業料の問題、そしてこの給食費です。どの家庭の子どもたちも格差なくみんなが安心してご飯を食べられる。こういう当たり前のことを憲法に基づいて実現しよう、このことを質問されています。

文科省から大事な答弁引き出す
食材費を自治体が全額補助することは否定されない


 でも吉良さん、実はこのときだけではなくて、過去からこの問題を取り上げてきていて、特に私は大事だったな、本当にありがたかったな、と思っているのは、2018年の質問です。このときに文部科学省の答弁を得たんですけれども、この学校給食法に基づけば食材費を自治体が全額補助することは否定されない、こういう大事な答弁を得てくださった。

国会答弁をもとに地方議会で論戦重ねる
国政・都政・市政と連携して実現求める

 吉良さんの質問と政府の答弁を力に、私たち区市町村議員団、都議会議員団が論戦を重ねていきました。各自治体が給食費を無償化することはできることなんだ、ということで、一気に広がったんです。そしてこれが後押しになって、東京都でも補助をしていこうという流れにつながりました。
 私たち日本共産党は、こういう問題で、国政・都政・市政と連携して取り組んでいます。この力を、ますます大きくして、給食費の問題だけではなく、多摩格差の解消、子どもたちのさまざまな課題について、みなさんと一緒に取り組んでいきたいと思います。

ケアワーカーのみなさんへの支援
共産党都議団として意見書を提案


 もう1つ報告したいのは、ケアワーカーのみなさんへの支援、これについても大きく前進をするということです。実は昨年12月、都議会厚生委員会で、私は共産党都議団として、ケアワーカーのみなさん、福祉現場で働くみなさんの処遇改善を行うべきだということで意見書を提案したんです。ところが、この意見書、他の会派の賛成がなくて、否決になってしまいました。びっくりしました。

介護福祉、障害者福祉の現場で働いている人たちを対象に
都が処遇改善へ一歩踏み出す


 しかしその後、今回みなさんもご存知の通り、東京都が介護福祉、また障害者福祉の現場で働いているみなさんの処遇改善をするために、勤続年数5年までの方について1カ月当たり2万円補助を出す、6年目以上働いているみなさんには1万円出しましょう、ということを決めました。賃金格差からいったらわずかの改善ですけれども、大事な一歩です。
 この問題は福祉現場のみなさんがずっと求めてきていたことなんですけれども、ようやくここまでこぎつけた。都知事が「ケアワーカーの支援をします」なんて答弁をしたことは一切ないんですね。答弁したことはないけれども、動くときにはこうやって動きます。ねばり強い取り組み、厚生労働委員でもある宮本徹衆院議員、そして私たち地方議員とが連携しながら、みなさんとタッグを組めばこういう前進を切り開くことができる。それを改めて実感しています。

7月7日に東京都知事選挙
福祉・教育を大事にする都政に変えましょう


 みなさん、今年は7月7日に東京都知事選挙があります。みなさんの大切な福祉や教育を当たり前に大事にする知事を誕生させる流れを一緒につくり出していこうではありませんか。そのことを心から呼びかけて、私のきょうの訴えといたします。ありがとうございました。

国政報告をする宮本徹衆院議員(左から2人目)
(右から)村山順次郎・東久留米市議、吉良よし子参院議員
宮本徹衆院議員、原のり子(都議)
吉良よし子参院議員を招いて新春街頭演説_b0190576_18261287.jpg
訴える吉良よし子参院議員
吉良よし子参院議員を招いて新春街頭演説_b0190576_18261804.jpg
私もスピーチしました
吉良よし子参院議員を招いて新春街頭演説_b0190576_18262303.jpg





# by hara-noriko | 2024-01-28 18:27 | 活動日誌 | Comments(0)

補聴器補助の実現をめざす学習会   

東京・清瀬市で学習会
補聴器補助の実現めざす


 清瀬・東久留米地域では、補聴器補助の実現をめざす学習会や懇談会が広がっています。1月20日、清瀬市・補聴器補助を求める連絡会主催の学習会でした。連絡会に参加している原田ひろみ・佐々木あつ子・香川やすのり市議とともに参加しました。

多摩地域で補助を実施しているのは5市
府中市の方から報告が


 多摩地域では補助を実施しているのは5市だけですが、そのうちのひとつ、府中市の運動をすすめた方々が来てくださり、報告をしてくださいました。高齢期問題を考える会の武田会長と遠藤副会長がいらしてくださいました。武田会長は、なんと96歳! とても若々しく、わかりやすく話してくださいました。ねばりづよくさまざまな団体に共同をよびかけ、行政との話し合いもくりかえし、みんなで学びながらのとりくみは、とても勉強になりました。

私も報告
都政の状況と共産党都議団の取り組み

 私は、都政の状況と共産党都議団の取り組みについて報告しました。報告の柱は…
 *大事にしたい3つのこと。みんなの問題、コミュニケーションをとることの大事さ、老眼鏡のように当たり前にしたい。
 *補聴器を使う3つの壁(つけるタイミング、高すぎる、調整が難しい)を乗り越えるために、補聴器補助が必要。
 *共産党都議団の条例提案は、東京都が全額補助を行ってどこの区市町村でも実施できるようにする、18歳以上を対象にする、調整が適切に行われるよう支援、というもの。否決されたが、大きな後押しに。
 *来年度からは、「高齢者聞こえのコミュニケーション支援事業」として、包括補助だったものを単独の補助として独立させることに。
 しかし、現在、補聴器補助を実施している自治体は26自治体(19区5市2村)にまでふえたが、補助率が変わらなければ(現在、都と区市町村で2分の1ずつ)多摩格差は解消できない。また、健診のメニューに聴力検査を入れていくことが大事。

香川やすのり市議が清瀬市の現状について発言
原田ひろみ市議が市民のみなさんの声を紹介

 その後、香川やすのり市議から、清瀬市の現状について発言があったのち、みなさんの質問や意見の交流。そのなかで、原田ひろみ市議からも、市民のみなさんの声が紹介されました。アンケートをやってみると、ときどき聞こえにくいといっていても、補聴器は必要ない、と答えている人もいると。やはり、聴力検査が健診でできるようになることは早期発見に欠かせないのでは、と思いました。
 最後に、連絡会の今後のとりくみについて報告がありました。

思いあふれる学習会
都民みんなが補助を受けられるように


 清瀬市でも一日も早く補助を実現したい、という思いがあふれる学習会でした。改めて、多摩格差なく、東京のどこに住んでいても補聴器補助が受けられるように、都に対する働きかけを強めたいと思います。

共産党都議団の取り組みを報告
補聴器補助の実現をめざす学習会_b0190576_08472275.jpg
府中市「高齢期問題を考える会」の武田会長(中央)が報告
補聴器補助の実現をめざす学習会_b0190576_08472440.jpg

# by hara-noriko | 2024-01-22 08:49 | 活動日誌 | Comments(0)

東久留米商工会 新年会に参加しました   

東久留米商工会の新年会でごあいさつ
共産党市議団も参加 宮本徹衆院議員秘書がメッセージを代読

 1月17日、東久留米市商工会「会員新年会」が開催されました。共産党市議団4人全員(永田まさ子、村山順次郎、北村りゅうた、かもしだ芳美の4市議)、宮本徹衆院議員秘書の川野さんと一緒に出席しました。宮本徹衆院議員のメッセージを川野さんが代読。私も、ひとことご挨拶しました。以下、私のあいさつ要旨です。

私のあいさつ(要旨)

能登半島地震
できることをしっかりやっていきたい


 新しい年になりました。みなさん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 ほかのみなさんからもお話がありましたが、元日に能登地震が発生し、多くの方が犠牲になられました。心からご冥福をお祈りいたします。また、被災されたすべてのみなさんに心からのお見舞いを申し上げます。本当に他人事ではないと思います。できることをしっかりおこなっていきたいと思います。

商工業者のみなさんを支援する政治こそ
改善のとりくみを強めていきたい

 さて、今、商工業者のみなさんをとりまく状況はどうでしょうか。消費税の負担、インボイス、物価高騰などご苦労は計り知れません。みなさんをしっかり支援する努力が政治に求められています。改善の取り組みを強めていきたいと思います。

地域に根差してがんばる東久留米商工会
ひきこもりの方や障害のある方と事業者とのマッチング

 こういう大変な状況のなかにあっても、東久留米市商工会は地域に根差してさまざまな努力をしてくださっています。そのひとつが、東京都の補助事業を活用して、地域連携を強めながら、ひきこもりの方や障害のある方と事業者のマッチングを実施していることです。このとりくみは全都をけん引しています。都議会では、一般質問の機会が少ないのですが、そのなかでどうしてもこのことを取り組みたいと思い、ようやく昨年質問できました。東京都もこの事業は成果をあげていると答弁しています。実際に仕事をすることになった方にお話をうかがうと、会社の方々と一緒に仕事をして自分のやっている作業が製品になっていくのをみて、すごいことをやっているんだと思った、と話してくれました。商工業者をとりまく状況が厳しいなかでも、こうしたとりくみをしてくださることに本当に頭が下がります。

都の補助の拡充を求める
経営そのものを支援できるようにしたい


 こうした東京都の補助の拡充、また、商工業者の方々の経営そのものを支援できるよう、東京都の財政力を生かすことを提起していきます。今年1年も、どうぞよろしくお願いいたします。以上で私のあいさつといたします。

東久留米商工会の新年会に参加しました
(左から)村山順次郎市議、宮本徹衆院議員の川野秘書、
かもしだ芳美市議、永田まさ子市議、
北村りゅうた市議、原のり子(都議)
東久留米商工会 新年会に参加しました_b0190576_23190035.jpg



# by hara-noriko | 2024-01-20 23:19 | 活動日誌 | Comments(0)

3つのテーマで文書質問   

昨年12月、文書質問を都に提出
答弁は2月、まず質問内容を紹介します


 昨年12月の第4回定例会の最終日に、文書質問を都に提出しました。この間、質問の趣旨を所管の課長さん方に伝えながら、意見交換をおこなっています。正式に答弁がくるのは2~3月の第1回定例会の初日になりますが、この間、みえてきたこともあります。
 私の問題意識と質問内容を紹介します。

コロナ対策
「診てもらえない」という切実な声が


 最初は、コロナ対策です。コロナは決して終わっていません。実際に、市民の方々から、障害をもった家族が発熱して、医療機関にかかりたいが診てもらえないなど、切実な声が寄せられ、質問しました。質問するとともに、その答弁を待たず、障害者の受診や入院をきちんとおこなうよう求めています。また、PCR検査を行えるようにすることや、空気清浄機設置の支援などを求めています。

特別支援学校での不登校は調査の対象になっていない
自己責任にしない不登校対策を


 ふたつめは、障害児の不登校についてです。全国の統計は、特別支援学校での不登校は対象にしていません。実際に、悩まれている方々がいらっしゃいます。東京都として、不登校対策を位置づけていますが、すべての子どもたちを対象にすべきです。実際に、どのようにサポートしているのか、退学する子どもたちはいないのか、基本的なことを質問しています。今回の質問を機に、自己責任にしない不登校対策を求めていきたいと思っています。

清瀬特別支援学校の仮設校舎
スクールバスの出入口が狭い 跡地活用に住民の声を


 みっつめは、清瀬特別支援学校の仮設校舎についてです。スクールバスの出入口が狭く、門扉にぶつかる事故がおき、門扉の位置を変える改善が急がれます。また、仮設校舎は都有地に建てられており、仮設校舎としての役割が終わったあとの跡地活用に住民の声を反映させることについて聞いています。

【私の文書質問】
昨年12月の第4回定例会で提出


新型コロナウイルス感染症対策について

 コロナ感染が再び増加傾向になるなか、障害者のグループホームなどで発熱者が増え、一時的に閉鎖せざるをえない状況が生まれました。発熱して、東京都の医療機関のリストに電話をかけても、なかなか診てもらえないという状況があり、障害児者の保護者・家族から「とても困っている」との声が寄せられました。診てもらえないまま、高熱で倒れ、救急車で運ばれた知的障害の方もいます。また、熱で休んでも、コロナかどうかの検査をしていないことも多く、発熱する人が広がるという事態もあります。
 (1)5類移行後、コロナ感染が疑われる人、発熱している人は、幅広い医療機関で診てもらえるのではないのでしょうか、確認します。
 (2)東京都のホームページでも医療機関が紹介されていますが、ある地域では、すべてに連絡したが受けてもらえなかった、との訴えもあります。幅広く受けられるように、東京都から働きかけをすべきではないでしょうか。
障害児者はハイリスク層です。しかし、障害児者を受け止めてくれる病院を探すのに、保護者や家族は大変な苦労をしています。発熱で診てくれる病院探しにでさえ苦労するという状況は放置できません。改善を求めますがいかがですか。
 (3)コロナ禍のもとでは、障害児者が、入院が必要になったときは、都立病院が大事な役割を果たしてきましたが、独法化後もその役割に変更はありませんか。
 (4)感染拡大を防止するうえで、検査で確認することが必要ですが、発熱で受診したら検査を行うとはなっていないのですか。
 (5)現在、障害者・高齢者などハイリスク層の入所施設では、職員対象のPCR検査を含めた定期的検査が実施されていますが、通所・訪問系施設は抗原定性検査のみです。感染を広げないために、PCR検査も実施できるように改善すべきと考えますがいかがですか。
 (6)通所系の障害者施設において、感染者が発生したら、利用者がPCR検査を利用できる仕組みがあるのかうかがいます。
 (7)感染症の対策は今後も必要です。福祉施設、学校などへの空気清浄機設置の支援を行うことを求めますがいかがですか。

障害児の不登校について

 「チルドレンファーストの社会の実現に向けた子供政策強化の方針2023」には、推進チームによるリーディングプロジェクトの今後の政策強化の方向が示され、そのなかに、「学齢期の育ち」が位置付けられています。不登校の子どもたちが増えている状況に立って、多様な学びの場、居場所を支援していくとあり、大変重要です。しかし、本当は学校に行きたいけれど行けない子どもたちの思いは、それだけでは救われないと思います。学校自身が子どもたちが行きたくなる学校へと変化していくことも求められていると思います。そうした視点をもちながら、不登校問題を自己責任にしないとりくみをすすめることを求めます。とりわけ、障害をもっている子どもたちのサポートは重要です。基本的なことについて、いくつかうかがいます。
 (1)不登校の子どもたちは、この10年でどのぐらいふえていますか。10年前と現時点での全国の人数と東京都の人数を、小・中・高校別にうかがいます。
 (2)そのなかでの、特別支援学級に在籍する子どもたちは何人ですか。
 (3)特別支援学級の子どもたちが不登校になったときに、安心して過ごせる場所がなく、悩んでいるケースもみられます。子どもたちをどのようにサポートしていますか。
 (4)全国の統計には、特別支援学校が入っていません。東京都は把握していますか。
 (5)都立特別支援学校での不登校の子どもたちに安心して過ごせる場所やサポートはどのようにしていますか。
 (6)都立特別支援学校高等部で不登校になった子どもに対するサポートはどのようなことをしているのですか。
 (7)2022年度に、都立特別支援学校高等部を退学した生徒は何人ですか。

都立清瀬特別支援学校の仮設校舎について

 9月から、仮設校舎での生活が始まっています。4年間、ここで過ごす子どもたちが、安心して、またのびのびと楽しい学校生活が送れるように応援していきたいと思います。
 (1)スクールバスの出入口が狭く、校舎門扉にぶつかる事故が起きています。大きな事故につながらないように、門扉の位置を変更する必要があります。改善を求めますがいかがですか。
 今後とも、子どもたち、保護者、地域住民の声を聞きながら、安全安心な環境整備をすすめていただけるよう要望いたします。
 仮設校舎はプレハブとはいっても、とてもしっかりしたものになっていて、わずか4年間で撤去されるのは惜しいという声もあります。仮設校舎としての役割を終えたあと、地域で活用することは考えられないでしょうか。
 (2)仮設校舎の契約はどのようになっていますか。
 (3)仮設校舎の建物の耐用年数はどのぐらいですか。
 (4)この地域は、駅や市役所からも離れていて、お店などもなく住民は不便さを抱えています。また、かねてから、特別養護老人ホームなどを設置することを求める声も強い地域です。仮設校舎を地域ニーズの実現のために活用できないか、うかがいます。
 (5)当該都有地は、仮設校舎の用地としての使用が終了した後の使い道は決まっているのか、うかがいます。

能登半島地震 災害救援募金を呼びかけています
3つのテーマで文書質問_b0190576_23211362.jpg
3つのテーマで文書質問_b0190576_23211775.jpg




# by hara-noriko | 2024-01-18 23:30 | 東京都政 | Comments(0)

「二十歳(はたち)のつどい」に参加して   

二十歳を迎えられたみなさん おめでとうございます
清瀬市、東久留米市で「二十歳(はたち)のつどい」

 東京・清瀬市と東久留米市で「二十歳(はたち)のつどい」がおこなわれました。二十歳を迎えられたみなさん、本当におめでとうございます。7日は清瀬市の午後の部、8日は東久留米市の午前の部と午後の部に出席しました。

清瀬市では

 清瀬市では、市議会から、議長、副議長、各常任委員会委員長が来賓として参列されます。共産党市議団からは、佐々木あつ子副議長、建設環境委員長を務める香川やすのり市議が参加。
 清瀬市は、2022年度から実行委員会形式で実施されています。式の後半は、中学校のときの先生方のスライドでのスピーチと、清瀬を満喫できる特産品の大抽選会で盛り上がりました。

東久留米市では

 東久留米市では、共産党市議団は、午前は村山順次郎市議、かもしだ芳美市議、午後は永田まさ子市議、北村りゅうた市議が参列。市議会議員ほとんどが出席しています。
 式の後半は、中学校のときの先生方が来られて、会場で直接お祝いのスピーチ。そのあと、アカペラグループSoftVoiceのステージ。素敵な歌声にうっとり。

自分のやりたいことに挑戦できる社会へ

 両市とも、成人代表の方々は、立派にことばを述べていました。お疲れさまでした。
 今年は、元日に能登地震が発生し、「二十歳のつどい」を予定通り実施できなくなた地域もあります。また、ガザやウクライナの子どもや若者の困難は続いています。そういう状況を、若い人たちは敏感に感じ取っていると思います。誰もが安心して生きられる、自分のやりたいことに挑戦できる、あたりまえの社会にしていくために、力を合わせたいと強く思いました。
 頑張ったり、休んだり、人を頼ったりしながら、自分のペースで自分の人生を歩んでください。すべての二十歳のみなさんの、今とこれからを心から応援します。

東久留米市の「二十歳のつどい」
「二十歳(はたち)のつどい」に参加して_b0190576_22083347.jpg
午前の部に参加しました
(左から)かもしだ芳美市議、村山順次郎市議、原のり子
「二十歳(はたち)のつどい」に参加して_b0190576_22083502.jpg
午後の部に参加しました
(左から)永田まさ子市議、北村りゅうた市議、原のり子
「二十歳(はたち)のつどい」に参加して_b0190576_22083015.jpg
清瀬の写真がなくてすみません




# by hara-noriko | 2024-01-12 22:09 | 活動日誌 | Comments(0)