「旧こどもの城」を視察   

「こどもの城」 国の施設として開館
閉館され東京都が取得
 12月24日、共産党都議団で「旧こどもの城」(東京都渋谷区神宮前)を視察しました。国の施設だった「こどもの城」は、1985年に開館し、2015年に子育て中のママパパをはじめ、「存続してほしい」との声をおしきって閉館されました。そして、今年の9月に東京都が取得することになりました。

「都民の城」として活用へ

今年度中に基本計画
 東京都はこどもの城の既存建物を誰もが利用できる施設へとリノベーションし、都民の城(仮称)として活用していくとしています。今年度中に基本計画を策定し、2023年度からの供用開始を予定しています。

子どもたちの意見が反映されることが必要
青山劇場、青山円形劇場の機能存続求める声も
 都民の声はもちろんですが、とりわけ、これまで子どもたちの大切な施設だったことに鑑みて、子どもたちの意見が十分に反映されることが必要です。また、「旧こどもの城」の中にある青山劇場、青山円形劇場については、12月11日時点で機能の存続を求める演劇人声明(301名、3団体)が出されています。こうした声をしっかり受け止めて検討することが求められてます。

わが家も家族で利用
泊りがけで遊びに来た
 入り口の岡本太郎さんの「こどもの樹」が出迎えてくれる「こどもの城」。なつかしい。実は、わが家の子どもたちが小さいときに、泊りがけで遊びにきたことがあります。13階まである「こどもの城」は、6、7階がホテルになっていて、家族5人で泊まりました。子どもたちがたくさんいるので、気兼ねなく泊まれました。

工夫が随所に
落書きができる壁も
 プレイホールにはアスレチックがあって、子どもたちに大人気! つくりはしっかりしていて、これは今後も活用していくとのこと。よかった。おむつ替えの部屋もゆったりとつくられていて、34年前当時としては、相当考えられ、先進的だったのではないでしょうか。保育室も小さな子どもへの配慮が随所に。
 屋上遊園には、夏には仮設プールも設置されます。庭がない分、屋内も屋上も子どもたちが遊べるように工夫がされています。
 思い切り落書きができる壁、地下のプール、迷路のような「ふしぎが丘」、照明などもばっちりの音楽スタジオなどなど…。

円形劇場と青山劇場
他にはない特徴を生かして
 そして、円形劇場と青山劇場。何度か、コンサートやお芝居を見に来たことがありますが、改めて、本当に貴重だと実感しました。都民の城になった場合、多目的ホールにしていくとありますが、貴重で、他にはない特徴をどう生かしていくのか、真剣に検討することが必要です。

よい施設になるよう
都民のみなさんと一緒に取り組む
 「こどもの城」の今後について、財政委員会や本会議の一般質問で池川友一都議も質問し、尾崎あや子都議が共産党の代表質問でもとりくんできました。よい施設になるよう、都民のみなさんととりくんでいきたいと思います。

「旧子どもの城」を視察した共産党都議団
「旧こどもの城」を視察_b0190576_12013183.jpg
入り口
「旧こどもの城」を視察_b0190576_12013371.jpg
アスレチック
「旧こどもの城」を視察_b0190576_12013974.jpg
「旧こどもの城」を視察_b0190576_12014130.jpg
青山劇場
「旧こどもの城」を視察_b0190576_12014575.jpg
円形劇場
「旧こどもの城」を視察_b0190576_12015100.jpg
屋上
「旧こどもの城」を視察_b0190576_12015813.jpg
授乳室
「旧こどもの城」を視察_b0190576_12020281.jpg
私も家族で利用した「こどもの城ホテル」
「旧こどもの城」を視察_b0190576_12020428.jpg




# by hara-noriko | 2019-12-30 12:06 | 活動日誌 | Comments(0)

東京・東久留米市で市民パレード   

戦争ぜったいいやだから
 12月21日、「戦争はぜったいいやだから!」市民パレード(主催:戦争はイヤ!声をあげよう実行委員会)に参加しました。前日とは打って変わって寒~い日。東久留米市役所前に集まりました。

市民のみなさんが次つぎ発言
 釣りをする方たちの9条の会で、版画によるビラをつくり、定期的に駅で宣伝しているとりくみ。毎月、横田基地撤去・オスプレイ撤退を求める座り込み集会に参加している方のとりくみ。歴史を学び、朝鮮学校の支援を続けている方のとりくみ。原発をなくそうとよびかけるスタンディングを続けている方のとりくみ。公立保育園、わかくさ学園を守ろうとのよびかけ。…などなど、次々に市民のみなさんが発言しました。

各会派から議員も発言
 最後に、議員もそれぞれの会派から一言ずつあいさつしました。
 市民自治フォーラムの間宮美季市議(無所属)と青木佑介市議(社民党)、共産党の村山順次郎市議・北村りゅうた市議・かもしだ芳美市議。都議の私です。

私もスピーチ
「市民が政治を動かしている」
 私は、「市民のみなさんのスピーチを聞いて、やはり市民のみなさんこそ政治を動かしていると改めて実感しました。横田基地では、住宅地・市民に銃口を向けた状態でオスプレイが飛んでいる。そういうことをやめさせなければととりくみを強めています。市民のみなさんとの共同、そして野党共闘を市でも、都でも、国でも強めて頑張りたい」とあいさつしました。

ねばりづよいとりくみこそ力
 長く続いている市民パレード。こういうねばりづよいとりくみこそ力です。実行委員会のみなさんに心から敬意を表します。


パレードに出発!

東京・東久留米市で市民パレード_b0190576_15592780.jpg

参加した市議と都議
(左から)青木市議、北村市議、原(都議)
村山市議、かもしだ市議、間宮市議

東京・東久留米市で市民パレード_b0190576_15593287.jpg



# by hara-noriko | 2019-12-22 16:00 | 活動日誌 | Comments(0)

がんばれ 久留総!   

東京都立東久留米総合高校
男子サッカー部全国大会出場壮行会
 12月19日、「都立東久留米総合高校男子サッカー部 全国大会出場 壮行会」に出席しました。東久留米市サッカー協会主催。
 久留総の全国大会出場は、8年ぶり、5度目。私学の強豪がひしめきあうなか、東京都A代表として都立高校が出場するということも意義深い。

私もスピーチ
のびのびプレーしてほしい
 久留総はいままで、初戦を突破したことはありません。それだけに、ぜひ1勝を、という期待が高まっていますが、何より思いきりのびのびプレーしてほしい、その思いをこめて私も一言スピーチしました。以下要旨です。
だから強いんだ、と実感
 全国大会出場、本当におめでとうございます。私は、久留総のすぐそばに住んでいます。練習を見学すると、選手のみなさんが自主的に一生懸命話し合っている姿に出会います。その主体的な様子に、自分たちで考えてとりくんでいるんだな、すごいなと思います。また、私の友人の子どもさんが数年前に久留総サッカー部でした。レギュラーではありませんでしたが、友人の話では、レギュラーの人だけでなく、一人ひとりが活躍できるシステムがつくられているとのことでした。それを聞いて、だから強いんだ、と実感しました。
心から応援します
 ぜひ、そうやって培ってきた力を思う存分発揮して、結果を恐れず全力でがんばってください。心から応援しています!

選手インタビューの人選もすばらしい

 壮行会の最後は選手へのインタビューでした。加藤監督(久留総出身)がこの3人に、と指名したのは、初めて得点をかちとった選手、マネージャー、レギュラーではない3年生の選手でした。この人選もすばらしい。一人ひとりを大事にしたチームづくりをしていることが伝わってきます。ケガなどもあり、現在はレギュラーではない3年生の選手は、「明日から、対戦校のスカウティングを行う。しっかり分析して、そういう形でチームの勝利に貢献したい」と。

「最弱の代」といわれながら
 現監督を育てた、斉藤前監督もあいさつし、「加藤監督が就任して2年、伴走してきたつもり。でも、それはもう必要ないな、と感じている。とにかく、選手も、監督も、体調に十分気を付けて、万全のコンディションで臨んでほしい」と。
 最弱の代といわれながら、地道な努力で全国大会の扉をこじあけた選手たちの歩みが動画で映し出され、ジーンときてしまいました。校長先生も、「いやあ、涙が出てしまいますね」と。スポーツはすばらしい、そして高校生の力は本当にすばらしい。

試合は12月31日
 試合は、12月31日、12時5分キックオフ。対戦相手は、滋賀県の草津東高校。会場は、味の素フィールド西が丘。がんばれ、久留総!

東久留米駅に飾られた横断幕の前で
がんばれ 久留総!_b0190576_22362209.jpg
全国大会出場壮行会の会場で
がんばれ 久留総!_b0190576_22363284.jpg
がんばれ 久留総!_b0190576_22363658.jpg




# by hara-noriko | 2019-12-21 22:37 | 活動日誌 | Comments(0)

共産党都議団 都知事に予算要望   

 12月19日、日本共産党都議団は、18人全員そろって2020年度予算編成に対する要望書を小池知事に提出しました。この日は、知事が各会派と直接会い、要望書を受け取ります。その様子もそのまま公開されています。

約2500項目の要望
重点要望は107項目
 共産党都議団の要望書は、次のことを柱に約2500項目。そのうち、重点要望を24の柱に107項目にまとめています。
 (1)台風被害の被災者支援と防災対策
 (2)2020オリンピック・パラリンピック大会
 (3)子どもの権利、子育て支援、女性福祉
 (4)高齢者福祉
 (5)雇用・くらしへの支援、格差是正
 (6)障害者福祉
 (7)地域福祉
 (8)医療・看護・保健
 (9)中小企業、農林水産業
 (10)教育
 (11)私学教育
 (12)特別支援教育
 (13)若者・学生、社会教育
 (14)人権
 (15)消費者行政、卸売市場
 (16)スポーツ・文化
 (17)気候変動対策
 (18)住宅・地域交通など生活基盤整備
 (19)都民が中心の都市づくり・行財政運営
 (20)平和
 (21)多摩格差解消、島しょ振興

都知事のあいさつをうけ
各都議が要望の趣旨を説明
 まず、知事のあいさつがあり、大山とも子幹事長から要望の趣旨を説明。そして、藤田りょうこ都議が台風被災者の水道料金減免について、白石たみお都議が国保税の子どもの均等割軽減について、里吉ゆみ都議が私立高校生の授業料負担軽減と低所得世帯の入学金補助について、私が性犯罪・性暴力被害者のワンストップ支援事業への支援強化をそれぞれ求め、さらに、和泉なおみ都議から、重点要望全体を説明しました。
 以下は、私の発言要旨です。時間が短かったため、実際の発言はもう少しコンパクトになっています。

《私の発言要旨》

性犯罪・性暴力被害者ワンストップ支援事業
支援の強化を求める
 私は、性犯罪・性暴力被害者ワンストップ支援事業への支援を強化することについて、要望したいと思います。

同意のない性行為は違法
ここを位置づけて
 昨日、伊藤詩織さんの民事裁判の判決が出されました。刑事事件では、不起訴とされていましたが、今回、伊藤詩織さんの性被害を認定するものとなりました。刑法規定の見直しが来年に迫る中、同意のない性行為は違法だという位置づけを、規定していくことが求められていると思います。

相談できずに苦しんでいる人が多い
少しでも早く相談機関とつながるように
 同時に、この間、性被害にあってどこにも相談できず、苦しんでいるひとがたくさんいるということが明らかになってきています。改めて、相談機関と少しでも早くつながるようにしていくことが重要です。

被害者を支えるワンストップ支援事業
本当に重要な取り組みをしている
 東京都の性犯罪・性暴力被害者ワンストップ支援事業は本当に重要なとりくみをしています。私たちも何度かおたずねし、支援員の方のとりくみを学ばせていただいていますが、24時間365日、きちんと研修を受けた支援員の方が常時2人体制で電話相談を行い、同行支援も行なっています。病院や警察にいくときの同行支援は、都内、どこへでもかけつけてくれています。そして、ただ送迎するというのではなく、病院や警察で、ここの場所でずっと待っているから、と話して被害者を支えてくれています。

支援員の体制を強化できるよう

十分な予算措置が必要です
 また、被害者の方が、被害後時間が経過してからフラッシュバックで苦しんだり、SNSなどで拡散されたり、事実を歪められてうわさを広げられるなどして精神的に追い詰められるなどの二次被害の相談もワンストップがいったん受け止めてくれています。犯罪被害者支援条例案概要には、二次被害への対応がもりこまれていて非常に大事ですが、ワンストップの体制の強化・拡充がなければ支えられないと思います。あわせて、女性だけでなく、子ども・トランスジェンダーなどセクシュアルマイノリティ・男性の相談も深刻だと聞いています。支援員の体制を強化できるように、十分な予算措置をお願いしたいと思います。

小池知事に予算要望書を手渡す共産党都議団
共産党都議団 都知事に予算要望_b0190576_01482782.jpg
駅前で都政報告
共産党都議団 都知事に予算要望_b0190576_01482914.jpg


一般質問を特集した
「こんにちは原のり子です」



# by hara-noriko | 2019-12-21 01:57 | 東京都政 | Comments(0)

押し返したい公立保育園廃止計画   

しんかわ保育園と公立保育園
これからを考えあう会

 12月14日、東京・東久留米市保問協・公立保育園存続プロジェクト主催のしんかわ保育園と公立保育園のこれからを考えあう会に参加しました。現役とOBの保護者・保育士のみなさんや地域のみなさん、永田まさ子市議、かもしだ芳美市議も参加しました。

廃止時期を1年延期する条例案
1票差で否決されたもとで
 すでに今年度からしんかわ保育園の0歳児は募集停止されています。市議会では、9月議会で廃止時期を1年延期する議員提案の条例案が1票差で否決され、来年度は1歳児の募集も停止される…そういう状況のもとでの緊急の会です。

これからの子どもたちのために
胸打たれた保護者の思い
 代表の富岡佑理子さんから、「今日はしんかわに特化して話したい」と。そして、しんかわ保護者のお父さんが、くわしく報告をしてくださいました。その冒頭でこういうエピソードを話されました。
 「上の子がしんかわ保育園に在園しているある保護者の方が、下の子を1歳児で入れたかったがかなわず、小規模保育所に行くことになると思う、と。それでも、『自分は仕事で今日の会に出られないけど頑張って』と激励してくれて…ここに来ました」と。1年延期してほしいということにさえ反対する人たちがいるという現実に、どれほどつらい思いをしているのか…それなのに、自分の子どもだけでなく、これからの子どもたちのためにとりくむ保護者のみなさん。本当に頭が下がります。

東久留米市の公立保育園全園廃止計画
二重三重に子どもの権利条約に反している
 私は都議会に行って、東久留米の公立保育園民間化計画(公立保育園全園廃止計画)は、ありえない計画だと改めて実感しています。民営化をすすめている自治体はありますが、東久留米市のように、毎年毎年子どもの人数を減らしていって廃止にもっていく、引き継ぎもない、そういう例はほかに聞きません。異年齢の子どもたちで育ちあう大事さを保育士さんも報告してくださいましたが、私は、二重三重に子どもの権利条約に反している計画だと思います。必ず、おしかえすためにみなさんと一緒にとりくみます。

市長と市議会に、しんかわ保育園廃園中止の決断を求めるポスター
押し返したい公立保育園廃止計画_b0190576_00253625.jpg
しんかわ保育園
押し返したい公立保育園廃止計画_b0190576_00254234.jpg







# by hara-noriko | 2019-12-16 00:08 | 活動日誌 | Comments(0)

共産党支部の方たちと農家を訪ねて   

「都市農業について質問しました」と
 12月7日、急に冷え込み、寒い一日でしたが、午後、東久留米市内の地域の共産党支部の方々と農家をたずねました。ちょうど、都議会一般質問をまとめたリーフ、「こんにちは原のり子です」の全戸配布版もできたので、「都市農業について質問しました」とお届けしながら数件の方とお話ししました。

「できるかぎり続けていきたい」
 Kさんは、長く「しんぶん赤旗」も読んでくださっている方ですが、入院を機に購読は中止していました。久し振りにおたずねすると、「手術は成功し、落ち着いています」と。良かったです。「息子が農業を継いでくれているので、できるかぎり続けていきたい」「期限がくる生産緑地も継続する」と。
 生産緑地の貸借制度など柔軟な活用もできるようになってきましたよね、と話すと、「ようやく国も都市の農地を残すという方針に変わった。…とはいっても厳しい状況であることに変わりはないが」。
「新聞をもうふやさないようにしようと考えていた」といいつつ、赤旗日曜版を改めて購読してくださることに。

「農地は残したいけど…」
 Eさんは、ご夫婦で出てきてくださり、ずいぶん久しぶりだね、と。すみません、とおわびしつつ、いろいろとお話しを聞かせていただきました。「将来を考えて子どもは勤めに出した。自分の代で農業は終わりにする予定。仕方ないよ」と。お話しした農作業小屋も農地として認められていないため、「ウン百万の固定資産税」とも。「農地は残したいけど、難しい」。

家族農業を本気で支援したい
 そのほか、初めてうかがった農家も。いろいろと考えさせられました。家族農業を本気で支援し、後継者がいなくても農地を残せるように対策をとることが必要です。一般質問でとりくんだことをもとに、さらに取り組んでいきたいと思います。

「桜を見る会」が話題に

 他にも、「桜を見る会」が話題に。「いつもテレビを見ている。ひどい話だ」「共産党が一番にとりあげたんでしょ? そのことは知ってるわよ」など…。消費税署名をしてくださった方も。

話を聞かせていただくことは大切
 やはり、話を聞かせていただくことは大切。支部のみなさんとまたうかがいたいと思います。

土曜日夕方の定例宣伝で
共産党支部の方たちと農家を訪ねて_b0190576_10524776.jpg

初冬の風景

共産党支部の方たちと農家を訪ねて_b0190576_10525973.jpg
雑木林
共産党支部の方たちと農家を訪ねて_b0190576_10525281.jpg
川霧
共産党支部の方たちと農家を訪ねて_b0190576_10525436.jpg
共産党支部の方たちと農家を訪ねて_b0190576_10525786.jpg


一般質問を特集した
「こんにちは原のり子です」




# by hara-noriko | 2019-12-08 10:53 | 活動日誌 | Comments(0)