急がれるパートナーシップ制度   

 「原のり子事務所ニュース」の9月号ができ、清瀬市と東久留米市で配布が始まっています。このなかで、共産党都議団が都に「同性カップルの都の職員の方に均等待遇がされるべきだ」という申し入れをしたことを紹介しました。このブログにも申し入れの内容をアップしました。大事なことなので、街頭でも訴えています。その要旨を紹介します。

同性カップルの均等待遇求める
声をあげた都の職員
 いま、東京都の職員の方々は、異性カップルの方は事実婚であっても均等待遇がおこなわれています。住居についても、また、さまざまな福利厚生制度でも、差別なくおこなわれています。
 しかし、同性カップルの方は、この均等待遇から除外されています。このことについて、同性パートナーがいらっしゃる2人の職員の方が「均等待遇してほしい」と声をあげて、都の人事委員会に措置要求をおこないました。これはとても大事な動きです。

私も質問してきたテーマ

共産党都議団として申し入れ
 私自身も都議会総務委員会で、この問題をこれまで3回質問してきました。いよいよ、当事者の方の声があるなかで東京都も動き出さなければいけないのではないか、ということで共産党都議団として申し入れをしました。声をあげてくださっている都の職員だけではなく、同性パートナーがいらっしゃる多くの方、またセクシュアルマイノリティーの方々は、差別に苦しんでいます。こうした声に、声なき声にも、しっかり耳を傾けて、必要な改善をしていくべきだ、ということを私たちは申し入れのなかで求めています。

パートナーシップ制度
急がれる東京都での実現
 さらに、この同性カップルの基準をつくっていくということを考えれば、東京都もパートナーシップ制度を早くつくっていくべきだ、このこともはっきりしてきたと思っています。パートナーシップ制度とは、同性のカップルが互いを人生のパートナーであると誓ったことを公的に認める制度です。茨城県では、全国の都道府県で初めてパートナーシップ制度を確立させました。そのことによって、県営住宅などに入りやすくなる、その資格を認めるということになりました。

当たり前の権利として
自治体ができることとして
 いま私も、同性カップルの方々から「都営住宅に入りたいけれども認められない」という声を寄せていただいています。パートナーシップ制度をきちんと確立して、同性カップルの方、セクシュアルマイノリティーのカップルの方もきちんと認められるようにする。これは当たり前の権利です。
 また、5月の世界保健機関(WHO)の総会で、国際疾病分類を改訂し、心とからだの性が一致しない「性同一性障害」が精神障害の分類から除外されることになりました。仮訳で「性別不合」とされています。人権に関する研究や認識は日進月歩で発展しているのです。自治体ができることとして、パートナーシップ制度を進めていくべきです。ご一緒に声をあげていきましょう。

【参考資料 私の質問から】

 都の人権条例の制定に向けて、都議会総務委員会でおこなった私の質問(2018年6月25日)から、東京都の責務にかかわる部分を紹介します。

 原のり子 東京都が全国に先駆けて、セクシュアルマイノリティーにかかわる条例を初めて策定することになるわけですけれど、都がどういう責務を果たしていくのかというのは本当に重要だと思っています。
 都の姿勢を示す1つとして、私はぜひ取り組んでいただきたいのは、率先して都庁内でSOGIハラ根絶の取り組み、同姓婚をした職員への均等待遇などを早急におこなうべきと考えますが、いかがでしょうか。

 人事部長労務担当部長兼務 性自認や性的指向に関する問題に限らず、すべての職員が生き生きと働ける勤務環境づくりが必要だと考えてございます。管理監督者向けの研修において、SOGIハラ事例を紹介するなど、職員の啓発に取り組んでいるところでございます。職員の待遇に係る制度につきましては、国や他の自治体を状況と条例案の今後の審議状況等も参考にしまして、客観的な事実確認の方法や法令との整合性等を踏まえながら、対応していく必要があることを認識してございます。今後とも、ハラスメントのない職場づくりに向け、職員の意識啓発等に取り組んでまいります。

 原のり子 昨年の4定(2017年12月議会)で、LGBT当事者の権利保障についての文書質問をしました。その中で、同姓カップルの里親制度について認めるべきではないかと質問しました。この間、東京都が児童福祉法改正も踏まえて、里親認定基準の改善をおこない、同姓カップルも(里親として)排除されないということになったわけです。入り口で排除されないとなったことは非常に重要だと思っています。
 こういう改善も踏まえれば、東京都の職員が同姓婚をした、そういうようなケースでも、均等待遇をするということは、当然、改善として必要になってくると思いますが、いかがですか。

 人事部長労務担当部長兼務 さまざまな状況を判断した上で、今後検討していく必要があるものと考えてございます。

 原のり子 検討を強く求めておきたいと思います。



駅前でスピーチ
b0190576_22100226.jpg
(撮影:長島可純 2次加工、SNS以外のご利用はお控えください)


原のり子事務所ニュースです
b0190576_22101066.jpg

b0190576_22101598.jpg



# by hara-noriko | 2019-09-06 22:27 | 東京都政 | Comments(0)

9月の都議会が始まります   

9月3日から都議会
 東京都議会第3回定例会(9月議会)が9月3日(火)から18日(水)の予定で開催されます。ぜひ、傍聴にいらしてください。
 9日の代表質問は、日本共産党から、とや英津子都議(練馬区選出)が質問に立ちます。10日(火)の一般質問は、私、原のり子(清瀬市・東久留米市選出)がおこないます。
 私が所属する総務委員会には、たくさんの議案がかかっていますが、改めてお知らせする予定です。

【主な予定】
9月3日(火) 本会議 知事所信表明
  9日(月) 本会議 代表質問
        日本共産党は、とや英津子都議
  10日(火) 本会議 一般質問
        日本共産党は、原のり子
        障がい福祉の問題などを中心に
  11日(水) 総務委員会(質疑)
  12日(木) 総務委員会(質疑)
  13日(金) 総務委員会(決定)
  18日(水) 最終本会議 討論・採決

傍聴にいらしてください

★すべて、午後1時から。
★傍聴する場合は、正午から都議会議事堂2階で配布する傍聴券を受け取ってください。途中の入退室も可能です。
★今議会から、すべて、インターネット中継が行われます!
★幼児ルーム(託児サービス)を希望する場合は、前日(平日)夕方5時までに、議会局 03(5320)7111
★声を聞きとりにくい場合は、磁気ループをぜひ活用してください! 前日(平日)夕方5時までに、議会局 03(5320)7122


毎週土曜日の定例宣伝で
b0190576_22083535.jpg
b0190576_22122994.jpg
宮本徹衆院議員
b0190576_22084344.jpg
北村りゅうた市議(左)
b0190576_22083841.jpg

# by hara-noriko | 2019-08-31 22:09 | 都議会 | Comments(0)

発揮された都民の力   

心身障害者医療費助成制度の拡充を求める請願
全会一致で継続審査に 都議会厚生委員会
 8月30日、都議会厚生委員会は、障害者医療費助成制度の拡充を求める請願を、全会一致で「継続審査」としました。紹介議員になっているのは、共産党都議団と生活者ネット。不採択にならなかった意味は本当に大きい! 清瀬・東久留米の障がい者団体をはじめ26団体、1万2032人の署名を添えて提出された、ねばりづよくとりくんできた都民の力です。

共産党の白石たみお都議
賛同する立場から質疑
 共産党の白石たみお都議は、全面的に賛同する立場から質疑を行いました。同じ時間、私は総務委員会に出席していたので、直接聞くことはできませんでしたが、白石都議から質問原稿を読ませてもらい、やりとりについて教えてもらいました。その要旨は…

中度、軽度の障がいの方
医療費がかかる実態を明らかに
 障害者医療費助成は、今まで対象になっていなかった精神障がいの方も、1級だけとはいえようやく前進。しかし、精神障がい者の9割は対象外。また、知的障がい者も愛の手帳1度2度の方のみ対象なので、7割の方(3度4度)が対象外。都のいい分としては、重度の方ほど医療にかかる経済的負担が大きいから、中度、軽度の方は対象にしていない、と。
そこで、白石都議が「では、中度、軽度の方がどのぐらいの医療費がかかっているのか調査したのか」と聞いたら、「調査していない」。「実態調査をしていないのに、本当に医療費の負担が大きくないといえるのか」と迫りました。そして、障がい者の方々の実例を訴え、中度、軽度の障がいの方でも、医療費がかかる実態を明らかにしました。

傍聴者から「うれしかった」の声
 傍聴していた方たちから、「うれしかった」「本当にありがとう」という声が寄せられました。共産党は採択すべきとの立場は変わりませんが、議会が一致してこの問題に継続してとりくむことが大事と考え、継続審査に同意しました。
 これからも、力をあわせて頑張ります!!



共産党清瀬市議団の懇談会で都政問題を報告
b0190576_00074905.jpg
b0190576_00075470.jpg




# by hara-noriko | 2019-08-31 00:08 | 都議選 | Comments(0)

同性パートナーの均等待遇実現を   

共産党都議団が都に申し入れ
 8月27日、日本共産党都議団は東京都に対して、「同性パートナーがいる職員への福利厚生制度の適用、およびパートナーシップ制度を求める申し入れ」を行いました。

3つのことを要請
 今回の申し入れは、3つのことを要請しています。
 1つめは、8月19日に同性パートナーがいる都職員2名が、福利厚生制度や職員住宅への入居などについて、異性カップルと同様に認めてほしいと、人事委員会に待遇改善を求める措置要求が行われたことを受け、同性婚をした職員の均等待遇を実現すること。
 2つめは、都民全体にかかわって、東京都でもパートナーシップ制度を実現すること。この制度は、セクシュアルマイノリティーのカップルを自治体が正式なパートナーと認めるものです。
 3つめは、現在策定中の「性自認及び性的指向に関する基本計画」に、これらのことをもりこんでいくこと。

政策企画局 「知事、所管局にもしっかり伝える」

人事委員会事務局 「事実を確認し、公平に判断」
 知事部局と人事委員会事務局それぞれに申し入れました。政策企画局の秘書事務担当部長は、「知事、所管局にもしっかり伝え、人事委員会と共有いたします」と。また、人事委員会事務局任用公平部審査担当課長は、措置要求について、「事実を確認し、公平に判断します」と述べました。

とくとめ都議 「人権条例の具体化として重要」
 都議会総務委員のとくとめ道信都議は、「人権条例の具体化として重要」と指摘。私も、都営住宅の入居資格に、同性カップルを認めてほしいと声が寄せられていることを紹介。また、ふたりの職員の方の措置要求については、その切実な声に真摯に向き合うことを求めました。
 これまで、総務委員会でも、人権条例の実践を都が率先して行うべきと繰り返し質問してきました。いよいよ具体的に前進することを求めて、とりくみを強めたいと思います。

【関連記事】
都民みんなの人権が尊重される東京に

都の担当者(左)に申し入れる共産党都議団
b0190576_23324565.jpg
申し入れの内容を説明
(左から)藤田りょう子、原のり子、とくとめ道信の各都議
b0190576_23325964.jpg




# by hara-noriko | 2019-08-27 23:33 | 東京都政 | Comments(0)

小中学校の体育館 エアコン設置が前進!   

市議団と都議団が連携
 命に危険を及ぼすほどの猛暑。子どもたちの教育の場であり、避難所にもなる小中学校体育館へのエアコン設置を急ごう、と地域のみなさん、市議団と連携し都議団としてもとりくみをすすめてきました。都議会でもいち早く知事に申し入れ、質問もつみかさね、条例提案もおこなってきました。東京都の補助制度を活用し、2021年度までに20区10市が全校設置の見込みです。

東久留米市では
 東久留米市では、中学校全校の体育館への設置計画書を都に提出しました。つい最近まで、共産党市議団が体育館への設置の質問をしたときには、野次を飛ばしていた議員もいる状況でしたが、ようやく実現に向けて前進することになりました。ただ、小学校は先送りになっています。

清瀬市では
 また、清瀬市では、共産党の質問に、必要性は認め設置していく場合は全校に、と答弁するものの、残念ながら計画化されていません。

多摩格差解消へ
急がれる都の補助制度拡充
 やはり、この問題でも多摩格差が歴然としています。清瀬、東久留米はじめ、多摩地域でエアコン設置を急ぐためには、都補助の期間延長(今は2021年度まで)、補助制度の拡充、市町村総合交付金の増額などを進めていく必要があります。引き続きとりくんでいきます。

「東京民報」8月25日号でエアコン設置を報道
私の談話も掲載されています


毎週土曜日の定例宣伝(東京・東久留米駅西口)
たくさんの方から声をかけていただきました
マイクを持つのは宮本徹衆院議員
b0190576_13534269.jpg
b0190576_13534682.jpg
b0190576_13535003.jpg
訴える北村りゅうた市議
b0190576_13535986.jpg




# by hara-noriko | 2019-08-25 13:54 | 東京都政 | Comments(0)

平和祈念フェスタin清瀬2019   

非核清瀬市宣言をきっかけに
清瀬市が市民と協働して実施
 8月18日、「平和祈念フェスタin清瀬2019」に参加しました。1982年、「非核清瀬市宣言」が市議会で議決されて以来、平和祈念事業を実施してきた清瀬市。2006年からは、市民公募の委員による「平和祈念展等実行委員会」を設置し、平和祈念事業の内容について議論し、市と協働して実施しています。私は、今年初めて参加することができました。共産党市議団の原田ひろみ、深沢まさ子、香川やすのり市議も参加していました。

ピース・エンジェルスの広島平和学習報告
10人の小・中学生が学んだこと
 小林二男実行委員長、そして市長と市議会議長から挨拶があったのち、今年の原水爆禁止世界大会に参加した市民団体の報告、そして、ピース・エンジェルズによる広島平和学習報告がありました。
 ピース・エンジェルズは、公募による10人の小・中学生の広島派遣事業です。事前学習もおこない広島に行き、学んだことを報告します。
 「戦争を忘れてはならない理由」「被爆者の思い」「広島に行って」「広島から学んだこと」「過去に起きた人類の過ち」「原子爆弾の恐ろしさについて」「戦争と平和への思い」「平和を伝える大切さ」。みんなすばらしかった。

「家に帰ってもなかなか眠れなかった」
被爆者の体験をやわらかい感性で受け止めて
 共通していたのは、被爆者の方の話に心を動かされていたこと。「怖くて苦しくて仕方なかった」「家に帰ってもなかなか眠れなかった」と衝撃を受けながらも、被爆したとき4歳だった近藤康子さんのお話を、やわらかい感性でしっかり受け止めていることに感動しました。みんな近藤さんのお話を聞きながら、自分だったらどうだろう、と考えている。そして、決して忘れてはいけないし、核兵器は絶対に廃絶しなければならない。そのために、自分もできることをしていきたい、とそれぞれのことばで語ってくれました。

「目を背けず、語り継いで行きたい」と
みんなが自分の問題としてとらえれば
 「同じ過ちをくりかえさないために、歴史に向き合い、目を背けず、語り継いで行きたい」とのことばを聞きながら、長崎の平和式典で被爆者の訴えに目も向けなかった安倍首相とは対照的だ…と思いました。みんながこうやって自分の問題としてとらえれば、平和を守ることができるとつくづく思いました。
 ピース・エンジェルズの報告に拍手喝采! このすばらしいとりくみを市として今後も続けてほしいと思いました。

ICANの川崎哲さんが講演
核兵器廃絶へ力が湧く
 最後は、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の川崎哲(あきら)氏による「核兵器のない平和な世界をめざして」と題しての講演。ピース・エンジェルズの小中学生も1列目に座って、最後まで講演を聞いていました。核兵器廃絶に向けて、力の湧くお話で本当に聞けてよかったです。
 広島・長崎がどんなにひどかったかというだけでなく、1万4000発にも及ぶ核兵器がもし今使われたらどうなるのか、という議論を積み重ねてきたことが、核兵器禁止条約をつくっていくうえで重要だったこと。そして、核兵器禁止条約では、2000回以上も行なわれてきている核実験による被爆者への支援を位置付けたこと。…などハッとさせられました。そして、核兵器禁止条約の意義を改めてわかりやすく話してくださり、現在25カ国が批准したが、来年には50か国を超えて発効へと前進するのではないか、という展望も話してくださいました。
 市民の運動でこそ核兵器廃絶へ前進できる! そのことが共有できたすばらしいフェスタでした。


講演するICANの川崎哲さん
b0190576_19590229.jpg
平和映画祭
【日時】8月23日(金)
(1)「つるにのって(アニメ)」=午後2時~
(2)「千羽鶴」=午後2時45分~
(3)「アンゼラスの鐘(アニメ)」=午後6時~
【注】(2)上映後と(3)上映前に有原誠冶監督の挨拶あり
【場所】アミューホール
b0190576_19591956.jpg




# by hara-noriko | 2019-08-19 20:00 | 活動日誌 | Comments(0)