タグ:いのちを守る ( 2 ) タグの人気記事   

「いのち守る」 2つの保育園で今   

「原のり子 都政報告&トーク集会」で訴え
 14日に東京・東久留米市で開かれた「原のり子 都政報告&トーク集会」から、私の報告を順次紹介しています。2回目は「『いのちを守る』その1 2つの保育園でいま」です。
 児童虐待死事件などを受けて、児童相談所の充実だけでなく、子育て支援の場が地域に網の目のように存在することが大事だと強く思っています。民営化がすすめられている、さいわい保育園の現在と今後のことを考えながら、子育て支援のあり方を訴えました。
 公立保育園の全園廃止計画を打ち出した東久留米市の並木市政。最初に廃園の対象にされたのが、市立しんかわ保育園です。市は来年度のゼロ歳から段階的に募集を停止して、在園児が卒園する2023年度末に閉園する計画です。これで東久留米市の子育て環境がよくなるのでしょうか。

いま、都議会のテーマは「いのちを守る」ではないか

東京・目黒区の児童虐待死事件で思うこと
 私は、都議会のテーマは「いのちを守る」ではないか、と思っています。
 東京・目黒区の児童虐待死事件が6月都議会で大きな議論になりました。亡くなった結愛(ゆあ)ちゃん(5つ)は、もともとは都外にすんでいました。このときも児童相談所が入っていたお子さんでした。東京に引っ越してきて、児童相談所の人が行ったけれど、本人に会わせてもらえなかったということでした。
 虐待を受けていた結愛ちゃんは、電気のない部屋でひらがなを覚えさせられ、そのひらがなを使って「ゆるしてください」と書いて、亡くなってしまいました。こういうことは絶対に起こしてはいけない、ということで都議会で議論をしました。

都内の児童福祉司は90人も足りない
 共産党都議団が代表質問などで取り上げるなかで、専門家である児童福祉司が都内で90人足りないことがわかりました。まず90人を増やしましょう、と議論をすすめています。小池知事も児童相談所について「体制を強化します」と答弁しました。

全会一致で意見書を可決
 その後、日本共産党が提案した国に対する意見書(児童虐待防止対策の強化及び充実に関する意見書)が各会派の調整の上、全会一致で可決されました。児童相談所の職員体制の強化、児童養護施設等の充実、他の児童相談所へのケース移管や情報提供等を行うルールの見直しなどを求めています。

児童相談所の強化だけでは足りない
 そのうえで、児童相談所の強化だけでいいのか、ということをすごく思っています。もともと児童相談所の数は足りません。ここに児童福祉司が90人増えることはとても大事ですが、それでもやるべきことから見れば不十分だと私は考えています。
 やっぱり大事なのは、子どもたちを応援すること、子育て支援をすすめていくことではないでしょうか。地域にどれだけ支えられる施設や場所があるか。ここが決定的だと思います。
 保育園、幼稚園、子ども家庭支援センター、児童館、学童保育、子ども食堂などなどが網の目のようにあって、子どもを応援する、子育てを支えることが大事なのではないでしょうか。

さいわい保育園は今年が最後の1年

 東久留米市で大きな課題だと思っているのが、さいわい保育園(東久留米市幸町)、しんかわ保育園(東久留米市新川町)の問題です。最初に、さいわい保育園の問題をお話しします。
 さいわい保育園は民営化が進行していまして、今年度が最後の1年です。いま5人の年長さんが残っています。この5人を本当に支えようということで、保育士さんやお父さん・お母さんたち、地域の人たちががんばっています。

園庭や保育室を地域の子どもたちに開放
 さいわい保育園の活動ですばらしいのは、園庭や保育室を地域の子どもたちに開放して、「どんどん来てください」と言っています。リピーターも多くて、幼稚園が終わったら、さいわい保育園に寄る子もいます。
 お母さんたちがお弁当持参で、幼稚園や保育園に通っていないお子さんを連れて、さいわい保育園に朝から行き、お弁当をレンジであたためてお昼を食べる。お茶も用意されていて、眠くなったらお昼寝もできる。そういうふうに園を開放しています。

園児の親でなくても子育ての相談ができる

 場所を開放していることだけが大事なのではなくて、そこに専門家である保育士さんがいることが非常に重要です。お弁当を食べながら、子どもを園で遊ばせながら、「うちの子はご飯を何十グラムしか食べないのだけれど、もう20グラム増やしてもいいでしょうか」といった相談もあるそうです。保育士さんは「お母さん、大丈夫よ。保育園の給食はこういうふうになっていて、一人ひとりこうやって食べてるんだよ」なんてことを紹介して、「何十グラムという世界じゃなくても大丈夫なんだ」とお母さんが安心したり。そういうことで、たくさんのお母さんたちが支えられています。
 ですから、「さいわい保育園がなくなったら、次はどこへ行けばいいんですか」という声がおきています。

閉園しても子育て支援の機能をしっかり残してほしい
 さいわい保育園は、年長さんが卒園すれば閉めてしまいます。問題は、その後の使い道です。「子育て支援の機能をしっかり残してほしい」とお父さん・お母さんたちは求めていますし、共産党の市議団も求めています。小山、幸町、野火止も含めて、北部地域には児童館もありません。さいわい保育園の建物は、建て替えしなくても使えます。ですから売却しないで、子どもたちと子育て支援のために使ってほしい、と声が上がっているのです。

みんなで声をあげて
 市では公共施設をどうしていくかという内部の委員会が開かれています。市民参加ではない委員会で、ここで結論を出してしまおうとしています。いちばん良くないのは売却です。保育園は都営住宅のそばにあるので東京都の土地かなと思っている方もいますが、市の土地なので、市が決められます。お父さん・お母さんといっしょに売却しないようにとりくんでいきたいと思っています。
 児童虐待がこれだけ大きな問題になっているときに、地域で安心して子育てできるようにしなければいけないときに、安心して行ける施設をなくしてしまったらダメでしょう、と言っていかなければいけないと思っています。

しんかわ保育園も、いまが正念場
保護者 「廃止につながる条例『改正」はさせない」
 しんかわ保育園は、並木市長のもとでつくられた公立保育園全廃計画の第1号にあげられています。今年度中に条例の「改正」をして、しんかわ保育園のゼロ歳の募集を来年度から停止してしまおう、というのが市の考えです。この夏は正念場です。
 ところが、北村りゅうた市議もよく訴えているのですが、実際には保育園の待機児がいるんです。それなのにゼロ歳児の募集停止をしてしまってはおかしい、とみんなで声をあげています。しんかわ保育園の廃止につながる条例「改正」はさせない、ということで、お父さん・お母さんたちがすごくがんばっています。

8月5日に市が説明会を計画
 しんかわ保育園の募集停止・閉園を含めて市の実施計画の説明をする、と7月15日付の市の広報紙「ひがしくるめ」に出ていました。8月5日午前10時から市民プラザ(市役所1階)です。市は募集停止を強行するつもりのようですが、実施させないことがいまとても重要になっています。

園庭があるしんかわ保育園の存在は大きい
 西武線より東部には、公立保育園はしんかわ保育園しか残っていません。小規模保育園の人たちからも「しんかわがなくなっては困る」という声があがっています。
 いま、園庭のない保育園が増えています。東久留米駅西口の近くにある公園は、小規模保育園の子どもたちなどでいっぱいになっています。
 しんかわ保育園には園庭がありますから、小規模保育園の子どもたちも利用しています。そういう場としても、しんかわ保育園は大事です。公園ではどろこんこ遊びはできないんですね。でも、保育園だったら、どろんこになっても水で流せるし、着替えもできます。だから、しんかわ保育園にもたくさんの親子が行っています。
 しんかわ保育園を廃止させないために、今が大事なときであることを強調しておきたいと思います。


安心して子どもたちを育てられる東京にしたいですね
b0190576_00420048.jpg
たくさんの方から激励をいただきました
b0190576_00421534.jpg
b0190576_00425508.jpg


清瀬市・東久留米市で配布中の都議会報告
写真をクリックすると表示されます



by hara-noriko | 2018-07-17 00:47 | 都政報告 | Comments(0)

いのちを守る政治にしたい   

保育・子育てにかかわる共産党後援会のつどいで
 保育・子育て支援にかかわる方々の共産党後援会のつどいに、東久留米市の村山順次郎市議と私で参加しました。村山さんから市議会の状況を報告して意見交換。党書記局長で参院議員の小池晃さんが共産党への質問に答えるDVDを観てから、私がお話しし、みんなで意見を出しあい交流しました。

「いのちを守る」が社会のテーマに

 私は、今、社会のテーマは「いのちを守る」ことになっているのではないか、と問題意識をお話ししました。
 都議会の6月議会で大きな議論となった児童虐待問題。都議会内学習会で世取山洋介先生(子どもの権利条約市民・NGO 報告書をつくる会事務局長)の講演から学んだ、過度な競争社会のなかで子どもたちのストレスが限界にまできている状況などをお話ししました。
 (都議会での議論は こちら から。世取山先生の話は こちら から)

日本共産党への入党を率直に訴えました

 そして、次のことを率直に訴えました。第2次安倍政権のもとで、平和を脅かす9条改憲がねらわれ、格差が広がり、いのちが脅かされているなか、どうしてもこの政権を終わりにして、いのちを守る政治にしなければならない。ぜひ、日本共産党に入って一緒にとりくみを広げてほしい、と。「激動の時代に歴史をつくる生き方を」と題した入党のよびかけパンフを紹介し、みんなで交流しました。

聞き入ってしまった率直な声
 そこで出た声に聞き入ってしまいました。全部は書けないのですが、すべてがとても大事な意見でした。
 *小学校で娘が上履きを隠された。子どもたちのストレスを実感する。
 *ひとつひとつ納得しながら進んでいく子どもにとって、学校のテンポは厳しい。
 *息子はアニメ関係の仕事をしているが、毎日忙しすぎて結婚できるような状態ではない。からだを壊すのではないかと心配だ。
 *小学2年の孫のテスト用紙を見た。いちばん下に、自己評価欄がついていて、そこにどう書くかで花丸をもらえるかどうかが変わる。
 *お父さんは派遣で2つの仕事をかけもち、お母さんも正規社員ではないが、朝子どもを保育園に7時より前にあずけないと間に合わない。
 *娘たちの給料が安すぎるので、自立できない。
 *子どもは放課後デイにいっているが、事業所から「今日お子さんが気分がのらないみたいなので、迎えに来てください」といわれてびっくりした…。
 *赤ちゃんから高齢者まで、どの世代も辛さをかかえている。その世代の辛さがつながっている。

生活の現場・働く現場で共同を広げたい

 生活の現場で、働く現場で、それぞれが率直に意見を出し合い共同を広げていくとりくみが大事になっているのではないかと実感しました。政治を変えることの大切さ、そのなかでの共産党の役割を共有でき、また近々集まろうとなったことはとてもうれしかったです。
 目黒の児童虐待死事件を1面トップでくわしく書き、また、3面には東久留米の公立保育園存続を求める学習会がくわしく紹介されている「東京民報」も話のなかで紹介し、2人の方が読者になってくださいました。


毎週土曜日の定例宣伝で=東久留米駅西口
b0190576_19211637.jpg
b0190576_19212147.jpg
ツバメの子育て
b0190576_19212579.jpg





原のり子都議会報告
写真をクリックすると表示されます


by hara-noriko | 2018-07-05 19:22 | 活動日誌 | Comments(0)