タグ:しんかわ保育園 ( 26 ) タグの人気記事   

都政報告会を開きました   

東京・東久留米市で
 11月3日、東京・東久留米市において、共産党東久留米市議団と一緒に都政報告会を開きました。行事もたくさんあり、しかも連休の真ん中の夜に、足を運んでいただいたみなさん、本当にありがとうございました。

うれしかった!
社民党の青木市議が自主参加
 なんと、社民党の青木ゆうすけ市議がツイッターの告知を見て、自主的に参加してくださいました。青木さんにご挨拶をお願いしたら、「今、都議会に社民党はいないので、都政の様子はこの地域の都議の原さんのブログやツイッター、駅頭宣伝を通じて知ることができる。突然来てしまってすみません、勉強しようと思ってきました」と。なんて真摯なのだろう。そして、共産党市議団も一致点を大事にして頑張っているんだな、とも感じて、うれしかった。野党共闘、市民との共同をさらに強めていけるように頑張りたいと思いました。また、地域の都議として頑張ろうと改めて強く思いました。

都政と市政を結んで
北村りゅうた、永田まさ子両市議が報告
 まず、北村りゅうた市議から、連携してとりくんでいる都市計画道路問題や高齢者の補聴器問題について報告。つづいて、永田市議から、今の市政の特徴をしんかわ保育園、学童保育問題を中心に。また、学校体育館のエアコン設置についても報告。
 都政と市政連携してとりくんでいることが、参加者のみなさんに伝わったのではないかと思います。感想でも、「北村さん、永田さんのご発言も素晴らしく、立派な活動をされていると思いました」と書いてくださった方も。本当にうれしかったです。

しんかわ保育園の1歳児募集停止
あいまいにできない大問題
 しかし…重ね重ね、しんかわ保育園1歳児募集停止を1年繰り下げる条例案否決は本当に残念でたまらない。保護者のみなさんの必死の努力に野党が応えたのに、自民・公明・宮川議員が反対し、1票差で通らなかった…。待機児がいるのに、しんかわ保育園の1歳児の募集停止をしてしまうなんて、考えられない。それに、子どもたちにとっての1年の重みを考えたら本当にあいまいにできない。このまま終わりにしてはならない大問題です。

都の待機児ゼロも道半ば
公立保育園廃止ストップへ努力
 東京都も、待機児ゼロを公約にかかげた小池知事の任期が残り1年を切りましたが、待機児ゼロは道半ば。都政の場から、公立保育園廃止ストップ、待機児解消のため、私も努力したいと改めて決意しています。

たくさんの意見・感想をいただきました

いくつか要旨を紹介します
 私の報告のあと、みなさんから意見も寄せていただきました。カジノ、人権、ヘイトスピーチ、幼児教育無償化など、ご提案も多数。ハッとさせられ、勉強になります。また、感想を書いていってくださった方々も。そのなかから、いくつか要旨をご紹介します。
 ・北村市議より補聴器補助のとりくみが報告された。ぜひ、都の補助をすすめて。
 ・都でそういう質問したとは知らなかった。よかった。
 ・都知事選が大事ですね。高知に続いて東京でも、市民と野党の共闘で。
 ・髪の黒染めのことについては、大きな成果だったと思う。私が高校生の頃も、もともと茶髪の人は美容師の証明書を出すようにいわれていた。55年前のことですが、まだ生徒の人権が守られていないブラック校則には腹がたちます。
 ・今回も都政が身近になり、市民要求が都政で実現する、先が見えてきた感じがしました。障がい者問題は日本の福祉の問題でもあり、引き続きよろしくお願いします。私たちも具体的な調査データを提供できるようにしたいと思います。
 ・豊洲の安全の問題。現状を知りたいと思いました。
 ・ブラック校則の話、びっくりするやら、怒りでいっぱいになりました。
 ・高校生の髪染め強要の問題で、あの(都の)教育委員会が「人権尊重を基本」と認めたことは画期的。

清瀬市でも都政報告会を予定

 そのほか、私の一般質問や活動について、過分なおことばもいただき、恐縮しつつ、とても励まされました。ありがとうございました。引き続き頑張ります。
 今月、清瀬市でも都政報告会を行う予定です。詳細が決まり次第、お知らせします。


たくさんの方に来ていただいた都政報告会(東久留米市)
b0190576_23101141.jpg
都政について報告しました
b0190576_23101720.jpg
あいさつする社民党の青木市議
b0190576_23102560.jpg
都市計画道路などについて北村市議が報告
b0190576_23102925.jpg
市政の特徴について永田市議が報告
b0190576_23103255.jpg

メモをとって聞いてくださる方も
b0190576_23103451.jpg




by hara-noriko | 2019-11-06 23:11 | 東京都政 | Comments(0)

公立保育園廃止計画にストップかけよう   

 統一地方選挙が終わってから初めての土曜定例宣伝を4月27日に東久留米駅前でおこないました。2期目の当選を果たした北村りゅうた市議、そして宮本徹衆院議員も参加して、後援会のみなさんと一緒に宣伝しました。このなかで私は、公立保育園を全廃していいのかが、新しい東久留米市議会に問われていることを訴えました。以下は、その要旨です。

東久留米市議会議員選挙
共産党は4人の候補が全員当選
 4月21日に投開票された東久留米市議会議員選挙で、日本共産党は4人の候補が全員当選することができました。
 北村りゅうた市議会議員は2期目です。新人のかもしだ芳美市議会議員も誕生しました。かもしださんは、3人の小さいお子さんを育てている真っ最中です。子育てママの代表として、みなさんにおしあげていただきました。そして、3期目の永田まさ子市議会議員、村山順次郎市議会議員。この4人が力を合わせて、みなさんの声をまっすぐに市政に届ける役割を果たしていきます。

市政・都政・国政と連携して
 私、都議会議員の原のり子と、この宣伝に参加している宮本徹衆院議員とも力を合わせ、市政・都政・国政と連携してがんばっていきます。みなさんの大きなご支援をひきつづき日本共産党へお寄せください。みなさんのご意見やご要望をお伝えいただけると幸いです。

「しんかわ保育園を残したい」
街中に貼りだされたポスター
 選挙中、多くの方がご覧になったのではないかと思いますが、政党や候補者のものではないポスターがたくさん貼りだされました。「しんかわ保育園を残したい」と書いてあるポスターです。自民・公明の市政は、市立しんかわ保育園を廃止しようとしています。その廃止条例が昨年9月に通ってしまっている状況です。でも、保育園の待機児はまだまだ多い。とても保育園をなくすようなときではない。公立保育園をしっかり守るべきだ。この声が大きく広がりました。

新しい市議会 自民・公明が過半数割れに
 しんかわ保育園のお父さん、お母さん方は、チラシを配布したり、ポスターを貼りだしたりして、「しんかわ保育園を残したい」「公立保育園を残そう」という声を大きく広げました。公開質問状なども出していて、各市議会議員候補が答えて、選挙がおこなわれました。質問に答えたものもすべて公約です。
 市議選の結果、並木市長を支える自民党・公明党が過半数割れになりました。新しい市議会で、公立保育園を全廃していいのかどうか、が鋭く問われています。

お父さん・お母さんの運動に学んで
 日本共産党は、子どもたちが安心して健やかに育っていける環境をつくろうと訴えています。公立保育園全廃計画にストップをかけるために全力を尽くします。お父さん・お母さんたちが取り組んでいる「公立保育園を残そう」の運動に学びながら、連帯してがんばっていきたいと思っています。

ご一緒に公立保育園を守りましょう
 公立保育園の全廃計画は、市長が方針として出してはいますが、これについての予算付けはまだありません。しんかわ保育園は今年度、ゼロ歳児の募集をおこないませんでしたけれど、このまま廃止計画が着々とすすむわけではありません。
 みなさん、この東久留米で、安心して子どもたちが育つように、障害があっても、高齢になっても、安心して住み続けられる町をつくっていくために、ご一緒に公立保育園の全廃計画にストップをかけていきましょう。こころから呼びかけます。

(注)公立保育園全廃計画 東久留米市内に5つある市立保育園をすべて廃止する計画。最初の廃止対象とされているのが、市立しんかわ保育園です。昨年の9月議会で、しんかわ保育園廃止条例が自民・公明などの賛成多数で可決され、しんかわ保育園では今年度、ゼロ歳の募集はおこなわれませんでした。毎年1学年ずつ減らしていき、在園児がすべて卒園する2024年3月末に廃止されることになっています。これにストップをかけようと運動が広がっています。


北村りゅうた市議(右)と一緒に宣伝
東久留米駅前のハナミズキがきれいでした
b0190576_12572788.jpg
対話も弾んで
左でマイクを持つのは宮本徹衆院議員
b0190576_12573126.jpg
しんかわ保育園の存続を訴えるポスター
市内に貼りだされています
b0190576_12573598.jpg




by hara-noriko | 2019-04-29 12:58 | 活動日誌 | Comments(0)

14日 いよいよ市議選告示   

 13日夕、東京・東久留米駅前で、北村りゅうた・東久留米市議と一緒に毎週土曜日の定例宣伝を行いました。スピーチの要旨を紹介します。

公立保育園を廃止する条例
これに賛成する議員がいるから通ってしまう
いよいよ、14日から市議会議員選挙がはじまります。その大きな争点である、公立保育園廃止計画について、お話ししたいと思います。
 東久留米市でも、保育園に入れない待機児がまだまだいます。そういう状況であるにもかかわらず、市は5つある公立保育園をなくしていく計画をたてました。最初の廃止対象にされたのが、しんかわ保育園です。市議会はすでに、しんかわ保育園を廃止する条例を通してしまっています。計画は市長が提案したものですが、これに賛成する議員がいるから通ってしまいます。ですから、市議会議員選挙は非常に重要になります。

しんかわ保育園存続求めて
お父さん・お母さんが一生懸命に取り組み
 しんかわ保育園を廃止しようという条例に自民・公明の与党や一部の野党が賛成してしまう。しかしみなさん、この条例が通ったからといっても、すぐに廃止されるわけではありません。しんかわ保育園は、今年度のゼロ歳児の募集は停止されてしまいましたが、しんかわ保育園を存続していくとりくみをお父さん・お母さんたちが一生懸命すすめています。

「地域の保育園をなくしてはいけない」
立場の違いを超えてポスター貼りだす
 市内には、「しんかわ保育園を残したい」というきれいなポスターが貼りだされています。思想・信条・立場の違いを超えて、「地域の保育園をなくしてはいけない」という思いでポスターが貼り出されています。

廃止にストップをかける日本共産党
 私たち日本共産党も、「公立保育園廃止反対」をブレずに取り組むとともに、いままでは公立保育園廃止に賛成していた人も含めて、「廃止反対で保育園を守ろう」という呼びかけを広げていきたいと思います。
 そのためにも、日本共産党の4人の存在が本当に重要です。みなさんの大きなお力添えで、公立保育園廃止にストップをかける日本共産党の4人を押し上げていただきたいと思います。

お父さん・お母さんが都議会に陳情

 私は、都議会議員になって2年弱になりました。市政が基本だということをますます感じています。
 公立保育園廃止にストップをかけたいと、東久留米のお父さん・お母さんたちが都議会に陳情を出してくれました。東京都として公立保育園を存続できるように運営費の補助を出してほしい、という内容です。もっともな意見です。
 この陳情が都議会厚生委員会に初めて出されて、議論することになりました。結果は、自民、公明、他の野党が反対で、否決されました。

市民の声が都政を動かしている
 でも、この議論はその後も大きく進んでいます。都政は長い間、認可保育園を増やす方針はとってきませんでした。共産党が8議席から、17、18議席へと前進し、自民が減る中で、認可保育園の増設が待機児解消の柱になってきました。保育予算も10年間で、10倍です。小池知事も、共産党の質問に、公立私立の認可保育園を含め地域の保育を支援していくといっています。これは、お父さん・お母さん方の働きかけがあったから、こういう答弁が引き出されたのだと思います。
 いよいよ公立保育園の廃止にストップをかける。その絶好のチャンスが市議会議員選挙ということになります。

児童虐待防止条例を可決
子育てをもっと応援することが位置づけられた
 さらに都議会では、児童虐待防止条例も可決されました。地域の子育て支援をもっと応援していくことが大事だと位置づけられ、子ども家庭支援センター、児童相談所、そして保育園、幼稚園、学童保育、学校が連携して子どもたちを支える、子育てをもっと応援することが位置づけられました。
 こんなときに公立保育園をなくすというのは、まったくの逆行です。

地域の子育て支援の充実へ
市民の声を議会にまっすぐ届ける北村りゅうた市議
 胸が痛む児童虐待死。これを食い止めていくためにも、地域の子育て支援の充実がどうしても必要です。この問題を先頭に立って取り組んでいるのが、共産党の市議団と北村りゅうた市議会議員です。
 北村市議は、さいわい保育園を売却させない、さいわい保育園の子育て支援を継続させる取り組みをすすめてきました。お母さん方の話を聞く会も設けて、直接話を聞いてきました。それをまっすぐに議会で取り上げてきた人です。こういう人が市議会には必要です。みなさんの声をブレずにまっすぐ伝えていく北村市議に大きなお力添えを心からお願い申し上げます。


北村りゅうた市議と一緒に定例宣伝
b0190576_00375110.jpg
b0190576_00374706.jpg
b0190576_00373934.jpg
b0190576_00375577.jpg




by hara-noriko | 2019-04-13 23:33 | 活動日誌 | Comments(0)

市民の声が届く政治に   

 いよいよ統一地方選挙の後半戦が始まります。14日告示、21日投開票。東京・東久留米市でも市議会議員選挙がおこなわれます。選挙の争点などについて私も市内で訴えています。北村りゅうた市議と一緒におこなった毎週土曜日の定例宣伝でのスピーチを紹介します。

共産党にお力添えを

 みなさん、いま政治が本当におかしくなっている、そういうなかで、まずは4月に統一地方選挙、この地域でも市議会議員選挙があり、そして夏には参議院選挙があります。二つの選挙を通じて、みなさんの当たり前の声が届く、そうした政治に切り替えられるように、一歩でも二歩でも前進していけるように、私たち日本共産党、力を合わせてとりくんでまいります。みなさんの大きなお力添えを日本共産党へお寄せください。

東久留米市の公立保育園全廃計画をどうするのか
「公立保育園守る」を一大争点に
 この市議会議員選挙では、争点となる問題がたくさんあります。とくに、公立保育園全廃計画をどうするのか、このことが問われています。今、市内には公立保育園が5カ所あります。この5つの園をすべて廃止にしようというのが、自民、公明が与党の並木市政です。
 廃止計画を提案をしているのは市長ですけれども、これに議会が賛成をすれば通るけれども、賛成をしなければ止まります。ところが、現在の市議会では、自民、公明などが推進していこうということで、廃止計画がなかなか止まりません。
 私たち日本共産党は、みなさんと力を合わせて、地域にある大事なこの子育て支援の施設である保育園、公立保育園を守っていく、このことを一大争点にしてとりくんでいきたいと思います。

しんかわ保育園が最初の廃止対象

保護者や市民が存続訴える
 最初に廃止が計画されているのが、しんかわ保育園です。ことしの4月から、ゼロ歳児の募集が停止されました。昨年9月、「しんかわ保育園廃止条例」が自民、公明などの賛成で可決されたからです。
 保護者や市民は、市内にポスターを貼りだしたり、市に請願を出したりして、しんかわ保育園の存続を訴えています。

都議会 全会一致で児童虐待防止条例を可決
 私は都議会議員として活動しています。先日の都議会定例会で児童虐待防止条例が成立しました。この児童虐待防止条例をさらによりよくしていこうということで、私たち共産党都議団は、修正案を出しました。残念ながら、修正案は通りませんでしたけれども、児童虐待防止条例については、内容がいいものとして全会一致で可決されました。

子どもは権利の主体

 この児童虐待防止条例、何が大事かといいますと、私たち共産党が提案しました「子どもは権利の主体だ」ということをしっかり前文に盛り込むことができました。さらに、体罰は禁止だということも明記されています。そして、児童相談所の機能をより充実していくこと、児童福祉司や児童心理士を増員をしていことも、この条例に基づいてすすめていくことができるようになりました。

子ども家庭支援センター、保育園、幼稚園、学童保育、学校
網の目で連携して子どもを守る
 私が、みなさんにいちばんに訴えたいと思うのは、児童虐待防止条例が、地域の子育て支援の施設と連携して子育てを応援していくことが大事だということを位置づけた点なんです。子ども家庭支援センター、保育園、幼稚園、学童保育、学校などが、ちゃんと連携をして、網の目のようになって、どこでも、どこかで、子どもたち救うことができる、子育てで悩んでいるお父さん、お母さんたちの相談に乗ることができる、こういうことを児童虐待防止の上でも大事にしていこうということが条例で位置づけられました。

子育て支援を充実することこそ時代の流れ
公立保育園全廃は、とんでもない逆行
 私はこれは本当に重要なことだと思っています。みなさん、この条例に基づいて今の東久留米を見たらどうでしょうか。子育て支援をもっと充実していかなければいけない、施設同士の連携を充実しようというときに、この東久留米では公立保育園を全廃をしようとしています。とんでもないことです。みなさんとどうしてもストップをかけなければいけないと思っています。

さいわい保育園が閉園に
待機児も多いのになぜなくすのか
 さらに、3月31日をもって、公立さいわい保育園が閉園になりました。私は村山順次郎市議、北村りゅうた市議といっしょに訪問して、園長先生からもお話を聞いたり、様子を見させていただきました。最終日になった3月30日には、子どもたち、卒園児や先生方、親たちでいっぱいになっていました。どうしてこの保育園を待機児も多いのになくさなきゃいけないのか、と涙ながらにみんなで話していました。

閉園と同時に子育て支援事業も打ち切り
跡地も売却する冷たさ
 さらに、子育て支援の事業には、年間、昨年度は6300人ものべでこの保育園に来ていました。しかし、市長も共産党以外の会派も、さいわい保育園でやっている子育て支援事業を、ここでもう打ち切るという判断をしてしまいました。そして、さいわい保育園の跡地は売却をするといっています。

支援事業に救われた、と若いお母さんが
北村りゅうた市議と一緒に開いた懇談会で
 みなさん、こんなに子育てに冷たい市政でいいのでしょうか。この問題を毎議会のように取り上げてきているのが日本共産党市議団です。先日、北村りゅうた市議と一緒に、さいわい保育園の子育て支援事業を利用しているお母さんのお話を聞く懇談会をもちました。このなかでもお母さんから、育児ノイローゼになりそうだったところを、さいわい保育園のこの支援があったから、先生たちが寄りそってくれて、何とか持ち直すことができたんだという話がありました。
 こういう話に耳を傾けることこそ、市長と市議会の役目ではないでしょうか。それをやっていない今の市政をどうしても変えたい、その思いで北村りゅうた市議は、さいわい保育園の問題、そして公立保育園全廃計画にストップをかけるという問題についてとりくんでいます。
私も、都政の場から、この児童虐待防止条例に基づけば、今東久留米がすすめようとしている保育園をなくすという計画は絶対にストップをかけなければならないんだということを、声を大にして訴えていきたいと思います。

ご一緒に市議会を変えましょう
 みなさん、いよいよ4月のこの市議会議員選挙が本当に重要になってきました。この東久留米で安心して子育てができる、そして、高齢になっても、障害があっても、安心して暮らすことができる、そういう町にしていくために、市議会を変えていきましょう。
 日本共産党の4人の議員団、いま活動していますが、北村りゅうた市議を含めて、ぜひともみなさんのお力で押し上げていただきたいと思います。
 日本共産党は、ほかの政党のみなさんにも大事な問題では一致点をつくれるように呼びかけながら、同時に、筋を通す、みなさんと一緒に運動していることは絶対に裏切らない、ブレない政党です。そういう日本共産党をこれからも引き続きみなさんに応援していただけるように、私たちも頑張りたいと思います。


北村りゅうた市議といっしょに土曜定例宣伝(東久留米駅前)
b0190576_12331504.jpg
b0190576_12331932.jpg
共産党後援会の人たちも街頭で訴え
b0190576_12455742.jpg
市民のための市政へ 挑む日本共産党の4人
(左から)村山順次郎市議、永田まさ子市議、
北村りゅうた市議、かもしだ芳美市議予定候補
b0190576_12034510.jpg










by hara-noriko | 2019-04-10 12:34 | 活動日誌 | Comments(0)

子育て集会で学んだこと   

東久留米 保育・教育・子育てを考える集会
 2月3日、「第36回 東久留米 保育・教育・子育てを考える集会」(子育て集会)があり、午前の部に参加しました。永田まさ子市議も一緒です。
 オープニングは、「あすなろ組」のみなさんのすばらしい太鼓! 最初は小さかった子どもたちが、毎年毎年腕を上げて、今では素敵な若者になって、見事な演奏を披露してくださいました。
 つづいて、実行委員長の草刈智のぶさんは、子どもたちを大切に思う活動をみんなで手をつないできたこと、厳しいなかでも一歩もひかずにとりくんできたことはみんなの誇り、と。毎年子育て集会を続け、ここで語り合い交流し合う意義の大きさを実感するあいさつでした。

市民がリレートークで訴え
 そして、11団体がリレートーク。このリレートークに毎年学ばされます。これがまさに子育て集会の基調となります。記念講演の講師の方も、このリレートークを聞いてから講演してくださいます。
 「しんかわ保育園の廃止条例が通ってしまい、わが子が入園した場合、最後の学年になってしまう。しんかわに入れたいが、悩む」
 「さいわい保育園の園庭開放と子育て支援事業は、何より、地域の親子に寄り添ってくれる。今年の1月だけで476人も利用している。保育園は3月末で閉園となってしまうが、子育て支援の事業は継続してほしい。売却しないでほしい」
 「幼児教育無償化はどこに通っているかで差がでてくる。真の無償化に向けてとりくみたい」
 「公立保育園への支援をすべきだ」
 「よい舞台を観ようと、親子三代で参加してくれる人たちがいてうれしい」
 「小学校では、英語、オリ・パラ教育、プログラミング教育など、どんどんふえるが減るものがない。休みも減らしている。行事のあとなど、月曜日に休む子がふえる」
 ほかにも、障がい福祉の現状や、不登校だった若者の声など、大事な発言が続きました。

清水玲子先生の記念講演 胸にじわっと…
 記念講演は、清水玲子先生(元帝京大学教授)。演題は「子育て がんばりすぎていませんか? ~子どものために日々奮闘しているあなたへ」。
 「どんな子どもに育てたいかという問いは、つきつめれば、私たちがほんとうはどんな人間でありたいかがその答えであり、期限をつけてこんな子どもに育ってほしいということではないのではないか」
 レジュメの冒頭に書いてあるこの一文が、まず、胸にじわっと…。そして、子どもの発達はただひたすらまっすぐ進むものではなく、「成長するとできなくなることもたくさんある」と。だんだんとまわりが見えてきて、小さいころには平気だったことができなくなるなど…。人間の発達は、行きつ戻りつだったり、飛躍があったり…。単純化してとらえてはいけないな、と。
 そして、徹底して子どもの立場に立つ、別人格として尊重するとはどういうことか、やさしくわかりやすく話してくださった。話の最後には、地域でつながりあって子育てしていく、その意味を、子育て集会の営みもふまえて話してくださり、胸があつくなりました。

安心して子育てできる地域にしたい
 また起きてしまった小学4年生の女の子の虐待死。信頼できる大人にSOSを出していたのに…。胸がつぶれる思いです。子どもたちが安心して育っていける社会・地域にしなければならない。子育て集会で学ぶなかで、心の底から思いました。


記念講演する清水玲子先生(元帝京大学教授)
b0190576_14284949.jpg





by hara-noriko | 2019-02-05 14:29 | 活動日誌 | Comments(0)

公立保育園存続へ たたかいはこれから   

しんかわ保育園廃止条例 可決されたが
反対5人 継続1人 退席1人
 9月26日は、東京・東久留米市議会の最終本会議でした。
 しんかわ保育園廃止条例がどうなるのか、心配していました。残念ながら、廃止条例は可決したと…。しかし、聞いたところ、反対は共産党4人と市民自治1人、久留米ハートネット1人が継続審査を求め、未来政策3人のなかの1人(立憲民主)が退席。
 現在議長をのぞくと19人の市議。自民公明で10人。当初は、共産党の4人と市民自治の1人が反対するだけとみられていたのが、継続審査や退席という形で、このまま可決することに賛成しない議員が複数出たことはとても重要です。
 (しんかわ保育園廃止条例=来年度のゼロ歳児の募集を停止、毎年1歳ずつ募集停止して、2023年度は年長さんだけの保育になり、年度末に保育園廃止、というもの)

保護者の道理ある訴えが事態を動かしている
 保護者のみなさんの道理ある訴え、運動が事態を動かしています。さらに、この条例を通しただけでは、0歳児の募集を停止することは本来できない、と広島大学田村和之名誉教授が指摘。その「所見」をしんかわ保育園の保護者のみなさんは、市長と市議会議員に提出しています。市議会の9月議会は終わり、条例は通りましたが、まだまだこれからです。

募集停止は許されない
 市民の声を聞かず、子ども子育て会議での議論も認めず、委員が意見を言っても市の計画を変えることはない、とシャットアウトしてきた。障害児保育など、しんかわ保育園が担っている保育の担保もない。だんだんと人数が減る保育のなかで、異年齢保育も成り立たなくなるが、卒園は保障するのだからいいだろう、という計画。子どもの保育を受ける権利を大事にする、最善の利益を保障する、という姿勢が感じられない。
 しかも、待機児は解消されていない。そして、さらなる違法性。…このまま、粛々と0歳児の募集停止を進めることは許されません。

みんなで考え、押し返そう
 市の計画は、しんかわ保育園だけでなく、最終的には公立保育園を全廃するというものです。安心して子どもを育てられる環境を守るために、みんなで考え、押し返していきたい、と切に思います。


【関連情報】
公立保育園存続プロジェクト@東久留米しんかわ さらなる違法性、市長提案の廃園条例では「0歳児の受け入れ停止」はできない

共産党・村山順次郎市議公式サイト 障害児保育の代替策なし 市民意見の反映なし しんかわ保育園定員削減・廃園条例が可決


ハナミズキ
b0190576_10100767.jpg

ムラサキシキブ
b0190576_10091129.jpg




by hara-noriko | 2018-09-27 10:10 | 市政報告 | Comments(0)

公立保育園を廃止する根拠はあるのか   

開会中の東久留米市議会に しんかわ保育園廃止の条例案
宮本徹衆院議員と一緒に政府のレクチャー受ける
 9月5日、東久留米市立しんかわ保育園の廃止条例が市議会に出ている中、衆議院議員会館の宮本徹議員室で、改めて、子ども子育て支援法の趣旨、子ども子育て支援事業計画の考え方などについて、内閣府・厚労省・総務省の担当の方々のレクチャーを受けました。村山順次郎市議と私が参加しました。公立保育園全廃計画の最初に実施されようとしているのが、しんかわ保育園の廃止です。

ニーズ調査も「子ども子育て会議」の議論もなく

 村山市議から、東久留米市の事業計画の概要と、公立保育園全廃を含む市の実施計画について話し、私もいくつか問題意識を話しました。そのうえで、内閣府の方から、子ども子育て支援法の趣旨について説明がありました。
 そして、廃止についてのジャッジはできないが、廃止により保育園が不足することになるとすれば、法にはなじまない、という基本的な話がありました。すでに条例提案しているということをみれば、不足することはないとの見込みなのだろう、と。
 しかし、その見込みをどうたてたのか、その根拠を示す責任が市にはあるのではないか、と聞きながら思いました。次期事業計画に向けてのニーズ調査や子ども子育て会議での議論はこれからなのに、しんかわ保育園の廃止を決められる根拠を市がどう示すのか。

子育て支援法の趣旨に反しているのではないか
 重要だと思ったのは、ニーズが変わったり、大きな変更をする必要が出た場合には、子ども子育て支援法の第61条の8において、幅広く市民の声を聞くことになっている、努力規定ではあるが、ここに照らしてどうなのかという視点は重要である、と指摘されたことです。
 東久留米市の子ども子育て会議では、公立保育園の廃止を含む実施計画について、委員が議論することを求めても、あくまで説明であり、意見を受けて何かかわるわけではない、と事務局(市)がはっきりと述べています。つまり、議論を認めていないのです。もともとの子ども子育て支援事業計画には、公立保育園があることを前提にしているのに、それをなくすという大きな変更をしようという実施計画の中身を議論させない、というのは法の趣旨に反していないでしょうか。

保育ニーズを細かく把握するよう厚労省が通知
 さらに、ニーズの把握については、きめ細かくおこなうよう2017年12月21日に厚生労働省が通知を出している、との説明もありました。待機児解消について、全体でどうか、だけではなく、地域ごとのニーズがどうなっているかをみていくように通知している、と。そうであれば、各地域にある公立保育園を廃止していくという計画が、地域のニーズに照らしてどうなのか、少なくとも子ども子育て会議で議論してもらうことは必要なことではないのか、と思いました。

公立保育園の全廃計画

政府の担当者も「あまり聞いたことはない」
 私は、「公立保育園をすべて廃止していくという計画は、ほかで聞いたことがありますか?」とたずねました。すると、「他ではあまり聞いたことはない」と。そして、公立保育園の数は減ってはきているが、小学校との連携を重視するなか、地域の拠点になっている状況についてもお話がありました。

園庭がなくてもOKにした政府の責任は大きい

自治体任せでなく、国が実態調査を
 また、園庭のない保育園がふえるなか、地域の公園が満杯状態になっていること、園庭のある保育園の園庭開放の利用がふえていることを話しました。
 担当の方は、子どもの遊びや学び、発達を一番に考えていかないといけない。代替えとして認めた公園が満杯であれば、一般の利用の方への配慮も考えなければならないので、さらなる代替えの場所を自治体が確保すべきでは、と。国が規制緩和をして公園があふれてしまっているのに、その対応は自治体まかせというのはいかがなものでしょうか。国として実態調査をすべきではないか、と求めました。

園庭のある保育園を増やしてこそ
同時に、市としても、園庭のある保育園を廃止せず、ふやしていくという立場にたつべきです。これは保育の質にかかわる重要な問題です。

共産党市議団の一般質問(本会議質問)
4人全員が保育問題を取り上げる予定(10日)
 ここに書ききれない問題もふくめ、今回のレクでいろいろと学ぶことがありました。
 共産党東久留米市議団は、4人全員が一般質問(10日)で保育問題をとりあげると聞いています。また、厚生委員会では、しんかわ保育園の廃止条例や保護者のみなさんからの請願が審査されます。

16日には、保護者がシンポジウムを計画

 このまましんかわの廃止を拙速に決めてしまうのは問題です。公立保育園全廃計画は撤回すべき、との思いをいっそう強くしました。16日には、保護者の方々が、訴訟に向けたシンポジウムを行うと聞きました。一緒に学び、考え、都政の場からもできることをしていきたいと思います。シンポは午前10時から商工会館です。

《子ども子育て支援事業計画とは》

 「市町村子ども子育て支援事業計画」は、5年間の幼児期の学校教育・保育・地域の子育て支援についての需給計画。住民の利用希望の把握をして、量の見込みをたてます。量の見込みと施設等の確保状況に差がある場合には、施設整備等が必要。現在の計画は、2015年度(平成27年度)~2019年度(平成31年度)。

《東久留米市保育サービスの施設整備・
運営及び提供体制に関する実施計画とは》
 「東久留米市保育サービスの施設整備・運営及び提供体制に関する実施計画」(公立保育園を全廃する計画)は、「子ども子育て支援事業計画」の幼児期の教育・保育提供体制の確保を具現化するとともに、東久留米市財政健全経営計画における、市立保育園の民間活力の導入による行政サービスの維持・向上を具現化するもの、と位置付け。2023年度末(平成35年度末)までの計画として、随時見直しがされています。

「実施計画は、子ども子育て支援事業計画の具現化」といいながら、期間はその範囲を超えています。子ども子育て支援事業計画の次期計画のニーズ調査やパブリックコメント、子ども子育て会議の議論もしていないのに、公立保育園の廃止計画を決めてしまっているというのが実態です。

公立保育園全廃計画の撤回を訴えています
右は北村りゅうた市議
b0190576_02032767.jpg
b0190576_02033401.jpg
b0190576_02033993.jpg




by hara-noriko | 2018-09-10 02:04 | 活動日誌 | Comments(0)

東久留米市の市長座談会に参加して   

村山順次郎市議と一緒に
 8月19日、東久留米市でおこなわれた市長座談会に参加しました。午前10時から11時半は、60人強の参加(東部地域センター)。午後2時から3時半は、40人強の参加(生涯学習センター)。共産党市議団の村山順次郎市議と一緒に参加しました。

学ぶことがたくさんありました
 やはり、市民のみなさんの声は大事だな、と学ぶことがたくさんありました。並木克巳市長に対して、こんな意見がありました。
 火事の対策、コミバスの実現を、学童保育の保育時間をせめて保育園並みにしてほしい、空き家対策・活用、市役所のエスカレーターのスピードが速すぎて危険、市役所の窓口対応、防災対策、畑の土留め、川のごみ対策、川への下水の流入問題、図書館落語がなぜ中止に、柳泉園のプール等の利用の改善、学校のトイレの改善、学校のセキュリティ対策、外国人の子どもたちへの支援、中央図書館は直営を維持してほしい、リサイクルの推進、避難所にもなる体育館のトイレの洋式化などなど…。

ごみ有料化 「袋が高すぎる」という圧倒的な声

 そして、全体を通してもっとも発言が多かったひとつが、ごみ有料化問題。袋が高すぎる、というのが圧倒的な声でした。市長は、下げると即答できることではない、同じ時期に有料化した自治体は同じ値段、などの話。でも、道理あるたくさんの声がだされたなか、検討せざるをえないのではないか、と思いました。

しんかわ保育園廃止の「条例を出さないでほしい」
公立保育園の役割を訴える保護者の意見に胸打たれる

 そして、もうひとつ、意見が多く出されたのが公立保育園全廃計画でした。とくに、8月5日に保育実施計画の説明会があり、その2日後には市の庁議で、しんかわ保育園廃止条例を9月議会に出すことを決める、という事態に、廃止しないでほしい、条例を出さないでほしい、なぜ市民の声を聞かないのか、との声が次々あがりました。40年以上も歴史があり、地域の親子や小規模保育園に園庭やプールも開放し、セーフティーネットの役割も果たしてきている公立保育園。その役割の大事さを訴える保護者のみなさんの意見に、胸を打たれました。簡単に廃止などといえるものではない、と改めて思います。

保育園は足りている これが市の認識なのか?
市長は「待機児は38人」と 共産党調査で実際には108人もいる
 市長は、待機児は38人で、保育園定員の空きは97人ある。マッチングが課題だ、とくりかえし、マッチングさえうまくいけば、保育園は基本的に足りているという認識に受け取れました。しかし、実際には、認可保育園に入れなかったため、求職活動を中断していたり、育休を延長していたり、認証保育園を利用していたり、諸事情からひとつの保育園を希望して待機しているなどの人たちはカウントされていません。この問題は共産党として調査もし、隠れ待機児が東久留米は70人いる。つまり待機児は108人なのです。保育の空きについても、年齢や場所によって、空いていても利用できないケースも多々あります。

10年後も人口は減らない
いまある保育園を廃止することがありうるのか
 さらに、市長は、10年後の東久留米の人口は10万人を切ると以前は予測されていたが、今は現状を維持できるという見込みに変わっていると話されました。そうなんです。東京都全体をみても、子どもも含め、人口は減らない、増える見込みなんです。そうであれば、そんなときに、いまある保育園を廃止するということがありうるでしょうか。

自治体の裁量で公立保育園に財源を充てられる
 そして市長は、いかに公立保育園には国と都の補助がないかを強調しました。たしかに、公立保育園の運営費も整備費も名目はありません。しかし、過去の三位一体改革のなかで、一般財源化され、それは交付税に含まれています。つまり、自治体の裁量で公立保育園に必要と判断すればそこに充てるわけです。ここは正確に言うべきではないか、と意見が出されましたが、私もそう感じました。もちろん国と都の補助をもっと増やす必要があることは言うまでもありませんが。

廃止条例は出すべきではありません
 市長は、この座談会での意見をどう受け止めたでしょうか。廃止条例を出すべきではない。安心して子育てできる東久留米市であってほしいと強く思います。

さいわい保育園を利用しているお母さんが発言

「子育て支援施設として存続させて」
 さて、保育の問題では、さいわい保育園を利用している地域の若いお母さんの発言も重要でした。さいわい保育園は今年度、5人の年長さんの卒園を最後に保育園としては閉園する予定です。本当に残念です。いつでも全体を見渡せる平屋のかわいい園舎。園庭、プール。今、毎日、地域の親子もたくさんおとずれ、利用しています。
 お母さんは、「さいわい保育園を子育て支援施設として存続させてほしい」と訴え、「利用しているみんなが気持ちを書きました。今日持ってきました」と思いの束をかばんから出して…。すると、まわりから他の市民のみなさんが、「渡して渡して」「市長受け取って」との激励の声が。じーんときました。司会の課長が、地域のお母さんたちの思いの束を受け取りました。

お母さんたちの声が届いてほしい
 身近な場所に、安心して子どもが遊ぶことができ、子育て相談もできる、こういう場所はもっともっと必要です。なくさないでほしい、とのお母さんたちの声が届いてほしい。切に願います。


毎週土曜日の定例宣伝(東久留米駅西口)
b0190576_01171701.jpg
左は北村りゅうた市議
b0190576_01172790.jpg
b0190576_01173499.jpg





by hara-noriko | 2018-08-23 01:18 | 活動日誌 | Comments(0)

本当に 本当に 驚きました   

しんかわ保育園閉園に向けた条例案
説明会の2日後に議会提出を庁議で決める
 本当に本当に驚きました。東久留米市で8月5日に保育の実施計画説明会があり、時間切れだったこと、まだ回答も十分ではなかったことは、このブログでもお知らせしたとおりです。子育て支援課は、質問票に書いてもらえれば後日回答する、としていました。ところが! 説明会の2日後の7日、午前中に庁議が開かれ、しんかわ保育園の閉園に向けた条例を提出することを決めたというのです。

市民からの質問に回答しないまま
父母会からも回答を求められているのに
 私も説明会に出ていたので、みなさんから寄せられた質問に対しての回答はいつするのか気になっていました。まさか、回答しないまま庁議決定しているのか・・・と思い、担当部長に確認したところ、回答はこれからとのこと。信じられません。また、父母会からの抗議と要請、共産党市議団からも申し入れをいただいています、と。父母会からは回答も求められているのに、それにも答えないうちに決定。こんなことをしていていいのでしょうか。

市民不在のやり方 市長に再考を求める
 8月はお盆もあるので、その前の庁議で決めた。事務的には進めておくということ。最終的には議運に提出して初めて正式な議案となる…と。でも、説明会の直後に庁議決定できるということは、説明会の中身は関係ない。説明会をやりました、という「実績」だけで強行する、ということではないでしょうか。このような市民不在のやり方はあってはならないと思います。市長に再考を強く求めます。


トンボ
b0190576_22532028.jpg

アメンボウ
b0190576_22531234.jpg




by hara-noriko | 2018-08-09 22:53 | 市政報告 | Comments(0)

東久留米市の保育説明会に参加して   

説明会の会場はいっぱい いすを追加
 8月5日、「東久留米市保育サービスの施設整備・運営及び提供体制に関する実施計画」に係る説明会がありました。会場の市民プラザホールはいっぱい、いすを追加する状況でした。
 顔ぶれは、子育て真っ最中の若いお父さんお母さんたちから、地域の方々、お孫さんがしんかわ保育園に行っているという方など。説明するのは、市長、子ども家庭部長、子育て支援課長。市議会議員の姿も。共産党からは篠原重信、村山順次郎、北村りゅうたの各市議(永田まさ子市議は原水爆禁止世界大会に参加中)が。また、この8月から、共産党の子育て・くらし応援パートナーとして活動している、かもしだ芳美さん(市議予定候補)も一緒に出席しました。

どの意見も切実で
 部長と課長の説明が重複する部分もあって時間がかかり、「くりかえしはしないでほしい」「簡潔に」という声も出されました。そして質疑応答へ。質問・意見は11名ほどの市民が。どの意見も切実で、重要な内容。市民のレベルは本当に高い、と実感しました。市長選時の公約や発言との齟齬、しんかわ保育園が廃止された場合の影響の検討もされていない、財政の根拠があいまい、などなどさまざまな意見・質問が次々と。

並木市長 公立保育園は「閉じていく」
民間化計画は公立保育園全園廃止計画
 重要だったのは、「公立保育園の民間化というが、要するに公立保育園全園廃止ですよね」との質問に対し、最終的に民間化をめざす、公立保育園は「閉じていくということ」、と市長自ら認めたことです。「実施計画」を読めば一目瞭然なのですが、それを市長の口で公立保育園はなくなっていく、と言った点が重要です。それでも「全廃とは一言もいっていない」というのでしょうか。あの「ごはん論法」のように…。

保育の質にかかわる質問・意見が

 そのうえで、本当に公立保育園をなくしていくことでいいのか。今回の説明会では、市民の方々から、保育の質にかかわる大事な問題がたくさん提起されました。そこにしぼって報告します。

市民の質問 「園庭のある保育園のニーズを調査しているか」
市の回答 「園庭についてのニーズはとっていない…」
 ひとつは、園庭の問題です。「園庭のない保育園がふえているなか、園庭のある保育園のニーズを調査しているか」と聞かれ、市長は「園庭についてのニーズはとっていないが、認可基準(園庭がなくても代替があればいい)は守る」。「代替」としての公園は、園庭のない保育園の子どもたちでいっぱいの状態。そのため、公立保育園の園庭を借りに来る実態を市長は知らないのでしょうか。
 また、公園ではダイナミックな水遊びやどろんこ遊びはできません。そして何より、子どもの発達・成長には外遊びは欠かせません。ニーズを把握する考えもないのには驚きです。
 しんかわ保育園には、小規模保育園や地域の親子が園庭に遊びに来ています。園庭がある貴重な保育園をなくすべきではないと改めて思います。

学芸大特別支援学校幼稚部との交流
公立の役割を発揮している しんかわ保育園
 もうひとつは、学芸大特別支援学校幼稚部との交流です。学芸大のお子さんたちが、長い間さいわい保育園に来て、交流を続けていました。もう20代になっているわが家の娘たちも、保育園時代、「今日は○○ちゃんが来たよ」と話していたり、運動会も一緒にやったりしたことを覚えています。
 説明会では、市民から次のような発言がありました。
 「昨年から学芸大のお子さんたちがしんかわ保育園に来ていることを市長はご存知ですか。さいわい保育園民営化で、新設された民間園で受け入れることは難しく、しんかわに来ることになったと。民営化でたいへんななか、受け入れが難しいというのはわかる。そこでしんかわ保育園で受ける。園長先生から、公立保育園としての義務でもあり、ご理解を、との説明があった。本当にすばらしいことだと思った。それこそ公立の役割ではないか。公立と民間それぞれ役割分担をしているということ。これでしんかわを数年後に廃止したら、学芸大のお子さんたちはまた別のところに行くのか?」
 残念ながら、市長は、学芸大のお子さんたちとの交流について十分認識されていないようでした。「障害児だっけ?」と確認する場面も。保護者のみなさんはずっと訴えてきたし、私も市議会でもとりあげてきたのですが…。さいわい保育園民営化のときの重要な中身だったのですが…。

しんかわ保育園 母親の訴え
「だんだんと人数が減ることで保育の質は向上するといえるのか」

 みっつめに、だんだんと人数を減らして廃止することについて。市は、来年度からまず、ゼロ歳の募集停止。次は1歳…とすすめ、最後は年長さんだけになり卒園したら廃止するとしています。
 そのことについて、お母さんは声を詰まらせながら訴えました。
 「だんだんと人数が減ることで保育の質は向上するといえるのか。人数を減らしていけば、これまでと同じような経験ができなくなる。先ほど市長は子育て支援のビジョンを問われて、自分も子育てしているなかで、その年その年で経験することは大きいといっていた。それなのに、毎年人数を減らしていくというやり方がいいと思うのか」
 市長は正面から答えられませんでした。

問われている自治体のあり方

 また、無認可保育園が撤退して、しんかわ保育園が設置されることになった経緯や、当時の市長が、子どもの立場にたって保護者の意見を受け止めて動いたことなどを、当時保護者だった方からの発言もありました。自治体のあり方が問われていると実感しました。市長はどう聞いたでしょうか。

時間切れ 市民から「もう一度開くべきだ」
しんかわ保育園廃止の条例案提出は成り立たない
 説明会は時間切れ。まだ、十分な回答がない問題も多く残されました。参加者からは、もう一度開くべきだ、との声が出されましたが、市長は「私としては説明会はやりましたから」といって退室してしまいました。たくさんの市民の意見が出たにも関わらず、とにかく説明した、ということで終わりにしようとしている…。
 これはだめです。説明会は言い渡しの会ではないです。説明して質疑しているのですから、その場で解決できなかった問題はちゃんとクリアする責任が行政側にはあります。9月議会に、しんかわ保育園の廃止に向けた条例を提出する動きがありますが、成り立つ話ではありません。

市民参加のない計画をこのまま進めるのか

 保育の実施計画は、市民参加はいっさいなく策定。パブリックコメントも市民説明会もなし。とにかくしんかわ保育園の保護者だけに説明会をしようとして、これまで保護者のみなさんは、そのやり方はおかしいと指摘。それでも、市は先日、保護者説明会を強行しようとしました。しかしだれも出席がなかったそうです。
 そこで、この市民説明会。いままでかたくなに開かなかった市民説明会をやって、説明会をやったという実績をつくって、しんかわ保育園の廃止を前にすすめようということと受け取れます。市長選の公報では「ともに歩もう」と市長は書いていました。本当に「ともに歩もう」というなら、何がなんでも一方的に進めるのでなく、市民の声をうけとめるべきです。


カルガモのヒナたち
b0190576_22063427.jpg
b0190576_22062887.jpg
b0190576_22063903.jpg





by hara-noriko | 2018-08-07 22:09 | 市政報告 | Comments(0)