タグ:イリアンソス ( 3 ) タグの人気記事   

あたたかい気持ちになった「祝う会」   

社会福祉法人イリアンソス
新入所者・新成人・還暦を祝う会
 10月4日、社会福祉法人イリアンソスの新入所者・新成人・還暦を祝う会に出席しました。のぞみの家、活動センターかなえ、なかまの家に通所する障害者のみなさんとスタッフが一堂に会して、お祝いします。

4名がお祝いの対象
 今年は、新成人1名、新入所3名がお祝いの対象。保護者の方も一緒に出席しています。来賓は、東久留米市障害福祉課係長、清瀬特別支援学校の先生方、ともしび工房所長、元わかくさ学園職員、家族会代表。(今年は、市議会決算特別委員会の日程と重なったため、市長や市議会は欠席)
 まず、4人のみなさんが日ごろどんなお仕事をしているか紹介があり、そのあと来賓からの祝辞。それぞれ、4人の方にかかわるエピソードを紹介したり、エールを送りました。ある方の元の職場の施設長も参加してくださることは、とても本人を激励するものとなっていると感じました。

私もスピーチ
 私は…みなさんが特技や個性を生かしてお仕事をしていることが素晴らしいなと思ったこと。毎年この会に参加させていただき、利用者さんとスタッフのみなさんでお祝いする、本当にあたたかい雰囲気が素敵だと思っていること。こういうあたたかさが広がって、誰もが差別なく、安心して生きてゆける社会にしていきたいと感じていること。東久留米では、わかくさ学園からはじまり、だんだんと大きくなり、大人になってもこの地域で暮らしていける環境を大事にしていきたい…という内容でスピーチしました。

胸を打たれたエピソード
 胸をうたれたのは、元わかくさ学園職員の方のスピーチです。その一部の要旨は…わかくさ学園の発達相談室第1号の相談だったSさんは、当時、まだ1歳半ぐらい。相談室のブランコに乗りながらお母さんと話したことを覚えている。お母さんが、「この子は大人になるのかな、仕事なんてできるのかな」と。「お母さん、ちゃんと大人になるし、仕事できるようになるわよ!」というと、「本当に?」と。地域で暮らしてゆけることはすばらしいこと。わかくさ学園、学校、作業所、みんな大事。…
 そのSさんのお母さんは、お礼の言葉のなかで、「娘はちょっと凶暴ですが、私にとってはかわいい娘です。ライバルは、広瀬すずだと思っています」と。その言葉に、積み重ねてきた年月を感じ、じーんときてしまいました。そして、福祉就労の大事さを実感しました。

一人ひとりの思いを大事に
 4人それぞれの仕事仲間からのお祝いのスピーチも素敵でした。予定していた人が緊張して前に出て来れなくなり、別の仲間がピンチヒッターになったり、言葉にならない思いをこめてスタッフと一緒にスピーチしたり、一人ひとりの姿が本当に素敵です。それにこたえての4人の挨拶もそれぞれが個性的で立派でした。
 その後全員で記念撮影し、会食。私もみなさんと一緒に、楽しくおいしくいただきました。大勢なので緊張したり、落ち着かなくなったりという姿もありましたが、スタッフのみなさんがせかさず、一人ひとりの思いを大事に、そして一緒に食事を楽しむ雰囲気がとてもいいなあ、と。楽しいひとときでした。

「ほんとにそうだよね~」
 帰りがけに、「今日どうだった?」と利用者のMさんから声をかけられました。「楽しかったし、おいしかったです」といったら、「ほんとにそうだよね~」と実感をこめて返してくれました。私の感想に共感してもらえたことがとても嬉しく、あったかい気持ちになりました。共感ってこういうことか…としみじみ思いました。

萩(ハギ)
b0190576_09504947.jpg
溝蕎麦(ミゾソバ)
b0190576_09505680.jpg
藪蘭(ヤブラン)
b0190576_09510022.jpg



by hara-noriko | 2019-10-05 09:51 | 活動日誌 | Comments(0)

たくさん学んだ一日でした   

 6月11日は、大事な行事が続きました。

映画「幸せのありか」を鑑賞
 午前中は、イリアンソス後援会の映画会へ。今回の映画は、ポーランドの「幸せのありか」。脳性まひの障害をもつ男性、マテウシュの幼少期から青年期を描いています。とても考えさせられ、あとからあとからこみあげてくるものがあります。
 どの人も持っている力を伸ばし、発揮し、自分らしい人生を送れる社会でなければ…と強く思いました。印象に残ったのは、マテウシュの能力がようやく理解されたのも束の間、知的障害がないなら、今度は、施設を移らなければならないと面接を受けることになり、そこで理不尽さにマテウシュが怒りを力いっぱい表したシーンは胸に迫りました。
 そしてそこから部屋に戻るときに、知的障害のある他の入所者と心や目で交流している様子にも…。マテウシュがあんなに帰りたかった家に帰省しても、楽しいけれど違和感を感じている様子にも…。人として成長していく姿に胸を打たれます。
 映画は、こうすべきということを声高に伝えたりしていません。だからこそ、一人ひとりの自己実現の大事さを考えさせられます。ぜひ、多くの方に直接観ていただきたい映画だと思いました。
 すてきな映画会を本当にありがとうございました。
 イリアンソスは、市内で障害者の通所訓練施設や生活寮などを運営する社会福祉法人です。

環境フェスティバルへ
 午後は第20回環境フェスティバルへ。市民プラザはたくさんの市民でいっぱい! たいへんなにぎわいでした。45団体の参加、多彩なとりくみが紹介されていました。環境・エコLIFEガイド「エコMAP@東久留米」(100円)も購入。自然保護活動をはじめ、東久留米の環境問題にこんなにとりくんでいる方たちがいること、頭が下がります。私もできることで応援していきたいと思いました。

東久留米9条の会主催のつどいに参加
 夜は、東久留米九条の会の11周年のつどいに参加しました。
 アニメーション「戦争のつくり方」を初めて観ました。とてもわかりやすく、それでいて、もう一歩踏み出してしまっている日本の現状を認識させられ、ドキッとしました。同時に、今止められる、そのためにも参院選は大事だと実感しました。
 そして、法政大学の山口二郎教授の講演。とてもすっきり、元気のでる内容でした。「嫌な時代を吹き飛ばすのは、自分たち自身でしかできない。参院選はその大事な機会」「安倍首相は、また、アベノミクスで選挙して、終われば憲法改定も支持されたとするだろう。そういう選挙をさせないようにしよう」と。ポツダム宣言にもさかのぼって解説。さらに、アベノミクスの破たんについても、具体的に明らかにしながらわかりやすく話してくださいました。
 印象的だったのは、「シールズの若者たちには教わることが多い」と一緒にとりくむなかで実感している、シールズ世代の力、期待についてのお話です。改めて若い世代のすばらしさ、またそのことをリスペクトしている山口先生たち大人の人たちも本当に素敵だと思いました。
 学んだことを力に、がんばりたいです。つどいは300名の参加者。共産党市議団4人も全員参加しました。

東久留米九条の会のつどいで講演する山口二郎教授
b0190576_12192861.jpg

by hara-noriko | 2016-06-12 12:19 | 活動日誌 | Comments(2)

映画「シンプル・シモン」を観て   

 7月26日、イリアンソス後援会の企画で、「シンプル・シモン」というスウェーデンの映画を観ました。アスペルガーの青年「シモン」が主人公。とても面白く、あとからじわじわ感じる映画で、期待以上でした!
 あまりうまく言葉にできないのですが、障がいについてどう考えるか、というより、人と人のかかわりの面白さに引き込まれてしまいました。そして、観終わってから、登場人物すべての人が幸せになってほしいなあ、とつくづく思ってしまいました。シモンを理解できず、家を出て行ったサム(シモンの兄)の恋人も含めて…。
 障がいのある人も、そうでない人も、みんな一緒に生きて、悩んで、成長していくんだなと、胸が熱くなりました。そして…障害者権利条約の大切さを思わずにはいられませんでした。
 素敵な映画を観る機会をありがとうございました。

(イリアンソスは、市内で障害者の通所訓練施設や生活寮などを運営する社会福祉法人です。映画会は、「映画を通して障害について知っていただきたい」との趣旨で実行委員会をつくってとりくまれ、私たち議会にもよびかけてくださいました)

「シンプル・シモン」オフィシャルサイトは、こちらから
社会福祉法人イリアンソスのサイトは、こちらから

黒目川の夕焼け
b0190576_23145695.jpg

by hara-noriko | 2015-07-27 23:15 | 活動日誌 | Comments(0)