タグ:カジノ ( 2 ) タグの人気記事   

新春街頭スピーチ(上)   

 2020年も松の内が明けようとしています。私は3日に清瀬市を、4日に東久留米市を遊説して、街頭から新年にあたっての思いを訴えました。その大要を2回にわけてお伝えせします。

トランプ米政権がイランの司令官を殺害
戦争にしてはなりません
 みなさん、2020年、今年もよろしくお願いいたします。
 新年の幕開けに、胸が痛むようなできごとが起きました。イラクのバグダッド空港でイランの革命防衛隊・ソレイマニ司令官が米軍の空爆によって殺害されました。トランプ米大統領の指示であったということで、ここから「戦争になってしまうのではないか」と、世界中が心配しています。
 戦争にだけは絶対にしてはいけません。本当にしっかり取り組んでいかなければいけないと思っています。

自衛隊の中東派兵

安倍政権に撤回を求める
 安倍政権は自衛隊の中東への派兵を閣議決定で決めてしまうという、とんでもないやり方をしています。ただちに撤回するよう求めていきたいと思います。憲法9条をしっかりと守って、平和な社会を子どもたちに引き継いでいけるような、そういう1年にするために、みなさんと力をあわせていきたいと思います。どうか1年よろしくお願いいたします。

消費税増税 税金私物化、カジノ疑惑
安倍政権はもう終わりにしたい
 さて、みなさん、昨年を振り返りますと、本当にひどい政治がおこなわれてきました。消費税の増税もありました。「桜を見る会」の税金私物化も本当にひどい。共産党の宮本徹衆院議員が、この問題を国会でいち早く取り上げて追及してきました。年末には、カジノ収賄事件まで起きて、現職の国会議員が逮捕されるという、大変な事態になっています。安倍政権は、もう終わりにしなければならないし、終わりが見えているのではないでしょうか。

カジノは都政の大問題
都は誘致を検討
 このカジノの問題、実は、国政だけではなく東京都政にとっても大問題なんだということをみなさんに知っていただきたいと思います。
 小池都知事のもとで、カジノを東京に誘致することが検討されています。都は国に対しても、「いま検討している」と報告しています。

開示請求で入手した資料は黒塗りだらけ
質問の答弁に立たない小池知事
 実は日本共産党都議団が、情報開示請求をおこなってカジノに関する都の調査・検討の資料を入手しました。出てきた資料は、真っ黒、黒塗りです。ただカジノの検討をしているということは分かりました。それで、私たち共産党都議団は、これを議会で追及しました。しかし、一度も、知事は、その質問に答弁に立ちません。

情報開示は「一丁目一番地」ではなかったか
知事みずから都政をブラックボックスに
 みなさん思い出していただきたいんですが、小池知事は知事選に出るときも、また、その後の都議選で都民ファーストを応援するときも、こういうふうにいっていました。「情報公開が一丁目一番地です」と。そして、古いブラックボックスになっている都政を変えていくんだといいました。でも、いま自らが、情報は公開しないし、ブラックボックスをより深刻にしてしまっている。そういう状況になってしまっています。

都政はいま深刻な状況
7月の知事選で政治を変えたい
 私たち日本共産党都議団は、どんな知事のもとでも、いいことをやろうとすれば、それをきちんと前に進める、よりよくしていくという立場です。でも、だめなことについてはきっぱりと反対し、そして対案を示す、そういう態度で臨んできました。
 残念ながらいまの小池都政は、築地市場を残すといって裏切りました、そしてカジノの検討もしている。さらに今度は都立病院をすべて直営ではなく独法化しようということまで打ち出しています(次回に詳報)。都政はいま、本当に深刻な状況になっているといわざるをえません。
 私たち日本共産党都議団は、多くの市民のみなさんと共同し、また野党共闘しっかり強めて、国政だけではなく都政もここで変えていく、その決意で今年1年間臨んでいきたいと思います。7月5日投票で、都知事選挙が行われます。大事な選挙になります。みなさんと一緒に、都政を変えていく、そのために力をあわせていきたいと思います。(つづく)


1月3日 清瀬市を遊説

宮本徹衆院議員(右)、原田ひろみ市議と一緒に
新春街頭スピーチ(上)_b0190576_22044676.jpg
(右から)香川やすのり市議、山崎美和市議らと一緒に
新春街頭スピーチ(上)_b0190576_22045318.jpg
佐々木あつ子市議(左)と一緒に
新春街頭スピーチ(上)_b0190576_22045552.jpg
訴えを聞いてくださった方としっかり握手
新春街頭スピーチ(上)_b0190576_22050254.jpg
新春街頭スピーチ(上)_b0190576_22050422.jpg




by hara-noriko | 2020-01-06 22:06 | 活動日誌 | Comments(0)

カジノ誘致 都政の大問題に   

小池都知事がカジノ誘致を検討
都が開示した資料は黒塗り
 きょうは、都政でも大問題が出てきたことをみなさんに報告したいと思います。カジノを東京に誘致するかどうか、小池都知事がその検討をしていることが明らかになりました。カジノをめぐり東京都が開示した資料は、多くの文書が黒塗りで、のり弁状態でした。どんな検討をしているのか、というところはほとんど黒塗りでした。

共産党 代表質問で取り上げる
資料の全面開示を要求
 日本共産党都議団は、各政党のなかでも唯一、この問題を取り上げて、代表質問で追及をしました(9月9日)。とや英津子都議(練馬区選出)が、どんな検討をしているのか、資料の全面開示を要求しました。「知事、情報公開を進めるという公約に違反しているのではありませんか」「カジノによるギャンブル依存症の深刻な実態が、都民の目にふれないようにするためだとしか思えません。黒塗りをはずして開示し直すべきです」と。

都知事選の大争点に浮上
 カジノを検討していくのかどうかついて国から問い合わせがあって、9月19日が回答日でした。小池知事は、東京にカジノを誘致するかどうかについて検討中だ、と回答しました。来年は知事選。この知事選に向けて、大争点が浮上してきたということを私は指摘をしたいと思います。

逆立ち政治を正す
 カジノの問題では、ギャンブル依存症で苦しむ人たちのことが本当に深刻な社会問題になっています。こういうときにカジノの誘致を検討する。私はあってはならないことだと思います。共産党都議団は、検討自体を中止すべきだ、と強調しています。政治で何に力を入れていくべきなのか、本当に逆立ちしているといわざるをえません。

東京にもカジノはいらない
 小池知事については、私たち日本共産党は、さまざま考えの違いはあっても、いいことを進める場合には協力をして、より良くしていくとりくみを強めています。しかし、カジノの検討を進めていくことについては絶対に譲ることはできない、賛成することはできません。いま横浜でも大問題になっていますが、東京にもカジノはいらない、このことをしっかりと今後とりくみを強めていきたいと思います。

駅前の街頭宣伝で
カジノ誘致 都政の大問題に_b0190576_19522741.jpg
カジノ誘致 都政の大問題に_b0190576_19523153.jpg
カジノ誘致 都政の大問題に_b0190576_19523447.jpg



by hara-noriko | 2019-10-10 19:53 | 東京都政 | Comments(0)