タグ:人権 ( 4 ) タグの人気記事   

総務局の仕事について質問   

 11月21日、都議会総務委員会でした。総務局、選管にかかわる事務事業質疑をおこないました。私がとりあげたなかから、いくつか紹介します。まず、総務局です。

首都大学東京
 首都大学東京が来年度から学部再編が行われることに伴い、連絡バスの増便など必要な対応を。→大学の要望を聞きながら、適切に対応。

とちょう保育園
 とちょう保育園付近の喫煙所については撤去を。→検討課題。

都庁内のパワハラ
(1)今年の2月から都庁内のパワーハラスメント等に対応する弁護士相談が始まった。これまでに寄せられた件数と内容は。→70件。パワハラ、無視、セクハラなど。
(2)一個人の問題に解消せず、組織の問題として受け止め職場環境の改善に努めるべきだ。→管理監督者を中心に研修、講習、相談事例も示しての意識啓発。

LGBTの方たちへの理解
 LGBTの方たちへの理解を広げていくことを位置付けている東京都として、同性パートナーのいる職員への結婚休暇や介護休暇などの実施を。→すべての職員がいきいきと働ける環境づくりは組織としての責務。国や他自治体の状況も参考に対応する。

人権相談
(1)人権相談はどんな相談でもできることが大切であり、特定相談という形で同和とアイヌをとりだすのでなく、人権相談全体の充実が必要ではないか。→相談事業全体のあり方について見直しを検討。
(2)人権問題について、優先すべきものとそうではないものがあるか。→人権問題に優劣はない。
(3)その視点で人権相談の見直しを求める。

人権プラザ分館は存続を
(1)台東区の人権プラザ分館について。今年度末をもって、閉館するとなっているが、スケジュールは。→年度末に閉館し、手続きを経たのち、建物を除却する予定。
(2)すぐに解体されるわけではないということ。地域のみなさんから、引き続き活用したいとの要望が東京都にだされている。この声に向き合うべき。→一部の方々から要望がある。が建物は老朽化しているので使用継続は考えていない。
(3)決して一部の方々の声ではない。台東区にも陳情を出されるなど、なんとか存続の道を開けないか、たくさんの住民のみなさんがとりくまれている。建物の躯体は耐震上問題ない。公共施設はストック活用という考え方で既存の建物をリノベーションして利活用するところが増えている。ぜひ、再度検討を。→もし建物を存続させるとなれば、大規模改修が必要になり、多額の費用がかかる。これは都民の理解を得られない。現時点では存続は考えていない。
(4)台東区の陳情は継続審査になっている。東京都として、慎重に対応すべきだ。

人権プラザ本館をより利用しやすいものに
(1)港区の人権プラザ本館は、人権問題を子どもにもわかるように工夫している。ぜひ、広く周知してほしい。同時に、多くの人が利用しやすいように、常に必要な施設改善を。→ご意見をふまえより利用しやすい施設にしていくよう努める。
(2)とくにバリアフリーについての改善をすすめてほしい。例えば点字ブロックの色を黄色にわかりやすくするなどの改善を。


総務局の事務事業について質問
(右は、とくとめ道信都議)

b0190576_13144579.jpeg
(撮影:長島可純 ↑ 転載はお控えください)


清瀬市・東久留米市で都政報告をしています

b0190576_12030621.jpg




by hara-noriko | 2017-11-24 12:03 | 都議会 | Comments(0)

人権を考える   

奥西さんが獄中で亡くなって
 人権について考えさせられることが次々と起きています。ひとつは、名張毒ぶどう酒事件の奥西さんが獄中で亡くなったことです。半世紀、無実を訴え続けて…。
 私は、2013年10月のブログに、「裁判所は、命が尽きるのを待っているのか」と書きましたが、本当に奥西さんが亡くなってしまいました。外に出られないまま…。奥西さんの生涯は…と思うとたまらないです。こんなことがあっていいのかと。でも、奥西さんの妹さんが再審請求を引き継ぐことになったとの報道に接し、すごい、奥西さんのたたかいが引き継がれていくんだと胸がいっぱいになりました。必ず無罪が勝ち取れるように、私もできる支援をしていきたいです。
沖縄・翁長知事の決断
 そして、もうひとつ。沖縄の基地問題です。翁長雄志知事は、辺野古新基地建設に関し、前知事の「埋め立て承認」を取り消すことを発表しました。共産党の志位委員長は、この決断を強く支持し、連帯してとりくみを広げる立場を表明しています。
 私は、知事が国連に行って、沖縄の基地問題を人権の問題だと訴え、そして、今回の決断についても民主主義を国民のみなさんに考えてほしいと話されていることに、本当に感激しました。
 その知事に対し、知事の行動が危険な普天間基地を固定化していると責任をなすりつける議論があること、本当に許せないです。まったくの筋違い、悪質な主張です。これに対しても、知事は明快です。基地移転先を頼み歩くようなことが知事の責務ではない。ここに国の政治の堕落があらわれていると。しんぶん赤旗日曜版(10月18日付)は、この問題を特集しています。那覇市議会議長の話も必見です! ぜひ、この機会に。

スズメ(黒目川)
b0190576_02012357.jpg

by hara-noriko | 2015-10-18 02:01 | 日記 | Comments(0)

ファミリースポーツフェスティバル   

 10月12日、第30回ファミリースポーツフェスティバルが開催され、開会式に参加しました。市から体育協会に委託して行われている事業で、ニュースポーツをはじめ、さまざまな競技を無料で体験できる場として、市民にすっかり定着しています。並木市長、野島都議、そして市議会議員も14名参加。共産党市議団からは、永田まさ子議員と私が出席しました。
 開会式後、開始時間になったらすぐに、クライミングの受け付けには子どもたちが並んでいました。続々と集まってくる市民の方々。こういう、だれもが気軽にスポーツできる機会は本当に大事だと改めて実感しました。この事業をずっと続けていただいていること、関係者のみなさんに心から感謝したいです。
スポーツと人権
 12日付のしんぶん赤旗「主張」は、「体育の日」にちなんで、国民のスポーツ環境の整備をと題して書いています。その結びに、「オリンピック憲章は根本原則の一つに『スポーツを行うことは人権の一つ』とうたい、その実現に努めることが開催都市とホスト国の役割だとしています。『体育の日』は1964年の東京オリンピックの開催を記念して設定されました。その原点に立ち返り、国民のスポーツ環境の整備に力をそそぐ時です」とあります。遠藤五輪相の「メダル30個」「とれなきゃクビ」というような発言は改めて問題だと思います。

木漏れ日
b0190576_01384478.jpg

by hara-noriko | 2015-10-13 01:39 | 活動日誌 | Comments(0)

ハンセン病について学ぶ中学生たち   

 11月1日、市内小中学校の一斉公開日でした。今回、中央中学校は、全学年共通でハンセン病について学び、人権について考える、というとりくみをしているということで、ぜひ、授業の見学と公開講座に参加したいと思い、うかがいました。
 道徳の授業は、特別支援学級のクラスを見学しました。ハンセン病回復者で語り部活動を続ける、平沢保治さんのビデオを前の授業で観たうえでの授業でした。みんなの感想を聞きながら、差別と人権について、自分に引き寄せて考えていくことを大事にした内容でした。生徒たちが、差別を受けた人達の辛さに気持ちを寄せていることが印象的でした。
胸に迫る公開講座での講演
 公開講座は、全員が体育館に集まり、国立ハンセン病資料館の学芸員・金貴粉(きん・きぶん)さんの講演でした。ハンセン病の元患者の方々の命がけの運動をていねいにふりかえりながら、国の隔離政策の誤りを認めさせた事実。しかし、今なお、ハンセン病問題は終わっていないこと。同時に、陶芸や絵画、書道、写真、将棋、そして語り部活動など、さまざまな分野で活躍する元患者さんの現在についてもくわしくお話しをしてくださいました。そして、全生園内に保育園ができ、子どもを持つことを強制的に禁じられてきた元患者の方々が、子どもたちがそばにいることを喜んでいるとのお話…。胸に迫りました。
学校の姿勢に敬意を表したい
 金さんのお話にはとても感銘を受けると同時に、学芸員という仕事の奥深さも感じました。講演後、金さんを囲んで、懇談がありましたが、金さんが元患者の一人ひとりに心を寄せて話してくださることに、さらに感激しました。前に、このブログでも資料館の展示について感じたことを書きましたが、元患者さんたちとも相談しながらすすめているとのお話しも聞けてよかったです。
 子どもたちがこういう学習をする経験は、本当に大事だと感じるとともに、それを地域の公開講座として設定し、一緒に考えていこうという学校の姿勢に心から敬意を表したいと思います。
 11月16日から、国立ハンセン病資料館では、新たな企画展がはじまります。くわしくは、資料館のホームページをごらんください。私も、ぜひ行きたいと思っています。

ヒメツルソバ
b0190576_00351824.jpg


by hara-noriko | 2014-11-02 00:35 | 活動日誌 | Comments(0)