タグ:児童相談所 ( 2 ) タグの人気記事   

児童虐待をなくしたい   

 2月9日、小雪がちらつくなか、北村りゅうた市議や後援会の人たちと一緒に、定例の土曜日宣伝をおこないました。いま、本当に切実だと思うことがあります。スピーチの一端を紹介します。

繰り返される児童虐待
 きょうは、みなさんに訴えたいことがあります。児童虐待の問題です。千葉県で小学校4年生の女の子が親からの虐待を受けて亡くなってしまいました。児童虐待死が繰り返されています。胸がつぶれる思いです。
 今回、私たちがショックを受けたのは、女の子が大人にSOSを出していた、ということです。学校のいじめのアンケートに、「お父さんにぼう力を受けています。夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています。先生、どうにかできませんか。」と書いていました。SOSがありながら、これに応えられなかった。このことに、まず衝撃を受けました。

胸がえぐられる思い

 父親が教育委員会を恫喝して、彼女のアンケートのコピーを見ることになりました。その後、「お父さんにたたかれたということは、ウソです」という文章を書いていたこともわかりました。これについて児童相談所は、父親に書かされたものだろうと疑っていたようです。同時に彼女は、「お父さんとお母さんに早く会いたい、一緒に暮らしたいと思っていたのは本当のこと」と児童相談所の職員にいっていたと報道されています。
結局、児童相談所は、彼女を親元に帰して、その後に亡くなってしまうという事態に至りました。父親は虐待していたことを動画にも録っていた、という報道まででてきていて、胸がえぐられる思いです。

政治の大きなテーマに
 児童虐待が繰り返されている状態をみんなで食い止めなければならないと思います。子どもの命が守られる当たり前の社会にしていかなければなりません。これは、政治の大きなテーマではないかと思っています。

東京都 児童相談所の職員増員へ
 東京都議会では、2月から3月にかけて開かれる第1回定例会のなかで、児童虐待防止条例を議論することになっています。来年度の予算案で、児童相談所の職員を抜本的に増やす提案がされています。日本共産党都議団の質問の中で、児童福祉司の方が90人も足りないことが明らかになり、緊急に増やさなければいけないと大きな議論になりました。児童虐待防止条例をつくり、児童相談所の体制も強化していく。このことが、ようやく始まろうとしています。

急がれる地域にある子育て支援施設の充実

 同時に訴えたいのは、児童相談所だけを強化されても児童虐待はなくならない、という問題です。地域の子育て資源を大事にして、不安なことがあれば、お父さんやお母さんがいつでも相談にいける環境を充実していくことが大事ではないでしょうか。
 東久留米市でいえば、小学校にあがる前に障害のある子が通う「わかくさ学園」や、公立保育園をはじめとする保育施設、子ども家庭支援センター、児童館をより充実させて、幼稚園や小学校も含め連携を強化していくことなしに、児童虐待はなくならないと思います。

子どもたちを応援する政治に

 そういうなかで、私が心から訴えたいのは、東久留米では、市直営の児童館をすべて民営化したり、子ども家庭支援センターの専門職員の方々がいまだに非常勤であったり、さいわい保育園を売却しようとしていることです。さらに市は、公立保育園の全園廃止の計画を打ち出しています。とんでもないことではないでしょうか。
 子どもたちが安心していける場を奪おうとしている市政を変えなければならないと思います。公立保育園の廃止計画にストップをかけ、子どもたちを応援する施設を充実させて、子どもたちが安心して育っていける市政につくりかえていきましょう。私も、共産党東久留米市議団と協力しながら全力をあげたいと思います。


定例宣伝では、いつも声援をいただきます
b0190576_16314717.jpg
(撮影:長島可純 ↑ 2次加工、SNS以外のご利用はお控えください)


北村りゅうた・東久留米市議と一緒に訴えました
b0190576_16315248.jpg
b0190576_16315591.jpg

ホトケノザ(2月10日朝)
b0190576_16315777.jpg






by hara-noriko | 2019-02-10 16:34 | 活動日誌 | Comments(0)

胸が引き裂かれる事件に直面して   

両親から虐待を受けて亡くなった5歳の少女
 文字にするのもつらい事件です。今年3月に、東京都目黒区のアパートで、5歳の船戸結愛ちゃんが両親からの虐待を受けて亡くなりました。6月6日、両親は逮捕されました。結愛ちゃんがつづった文章が公表されましたが、胸が引き裂かれる思いで読みました。多くのみなさんがそうだったのではないでしょうか。…結愛ちゃんのご冥福を心からお祈りします。

政治がやるべきことを考える

 こんな悲しい事件が繰り返しおきている、この状況を本当に変えていきたい…。何をしたらいいんだろう。政治でやらなければならないことは何だろう。改めて考えています。

共産党都議団の提言「児童虐待ゼロの東京をめざして」
 日本共産党都議団は2010年9月、「児童虐待ゼロの東京をめざして」と題した提言を発表しています。この冒頭に、「児童虐待はどの家庭にも起こりうる問題であると同時に、子育て家庭の孤立と貧困が背景にあることが指摘されています」「早期発見・早期対応の促進や、保護した子どもへの支援と社会的養護体制の整備、子育て家庭の孤立と貧困の打開など総合的対策の拡充に、都としてふみだすことを提言するものです」と記し、具体的に提起しています。

児童相談所の児童福祉司と児童心理士の拡充を真っ先に提起
 このなかで、児童相談所の児童福祉司と児童心理士の拡充を真っ先に提起しています。今年度、東京都の予算では、児童福祉司・児童心理士等を40人ふやすとなっています。これは評価できることであり、さらなる拡充が必要です。しかし、当然ですが、それだけでは十分ではありません。

子ども家庭支援センターや在宅子育て支援の拡充

 私は、この提言で、区市町村の相談支援体制の拡充として、「子ども家庭支援センターの拡充」、そして「かゆいところに手がとどく在宅子育て支援の拡充」をあげていることはとても重要だと思いました。
 子育て支援は立派な相談所や立派な遊び場をひとつつくっておけばいいというものではなく、身近なところに親子が安心していける場がどれだけあるか、気軽に相談できる場がどれだけあるか、支えてくれる人がいるか…が大事だと思います。

安心できる場をなくしてはいけない
 東久留米市でも問われている問題があります。東久留米市立さいわい保育園は、現在5人の年長児が今年度卒園し、その後、この場所をどうしていくのか、という市の検討が始まっているそうです。さいわい保育園でおこなわれている、朝9時半から4時半まで地域の親子を受け入れる地域活動には、205組もの親子が登録。昨年はのべ1999人もの子どもたちが参加しています。公園ではできない水遊びやどろんこ、空いている保育室でお弁当を食べても、遊んでもいい。ゆったりしたなかで、保育士さんに相談もできる…。
 「来年、ここがなくなったらどこに行ったらいいんだろう」と涙している若いママも。安心できる場をなくしてはいけないのではないでしょうか。しかも、さいわい保育園の地域は、児童館からも子ども家庭支援センターからも遠い場所です。地域で子育てしている人たちの声をよく聞いて、子育て支援活動の継続など、今後について決めていくことが大事ではないか、と思います。

川面の反射に浮かぶ白い花
b0190576_23221395.jpg
テントウムシ
b0190576_23221713.jpg

by hara-noriko | 2018-06-11 23:44 | 日記 | Comments(0)