タグ:八丈島 ( 3 ) タグの人気記事   

東京農業の振興を   

 東京・東久留米市で開かれた「原のり子 都政報告&トーク集会」(7月14日)から、私の報告を順次紹介しています。最終回の6回目は「東京農業の振興を」と「さまざまな取り組み」です。

東京の農業は本当に魅力的
 私は、素人ながら都市農業の問題をずっとテーマに掲げて取り組んできました。農家のみなさんに教えてもらって、東久留米市議の時も取り上げてきました。昨年7月におこなわれた東京都議選のとき、農家のみなさんからたくさんの応援をいただいたきました。
 都議になって学んだことの1つは、東京の農業を全体として見ていくことの大事さです。「この地域の都市農業」といういい方をしてきましたけれど、東京の農業というのは本当に魅力的で、中山間地域もあり、多摩の木がいろいろなところに使われたりしています。そして、島もあります。この全体、都市農業だけじゃなく、東京農業を全体として推進していこう、振興していこう、ということを訴えています。

八丈島の台風被害を都議会で取り上げる
 今年の1月、八丈島にも行きました。八丈島では台風の塩害、塩の被害でフェニックス・ロベレニーという、花束に入っている緑の葉っぱなんですけれども、あれがほとんど八丈島で生産されているんですね。これがもう壊滅状態になっているというので、見に行って、その問題を都議会総務委員会で取り上げました。
 今回、市町村総合交付金というのが八丈島に2億円増えて、それでロベレニーの対策をとることになったんです。ですので、この島のみなさんの取り組みも含めて東京農業全体を振興していこうということで取り組みます。
【八丈島の関連記事】
都議会総務委員会の質問から
八丈島の台風被害 復旧支援で都知事に申し入れ

さまざまな取り組み
 地域の声を都政にということでいろいろ取り組んでいます。都営住宅のこと、都市計画道路問題、シルバーパス、ブラック校則問題などなど、もう本当にいろんな問題があります。ブラック校則問題では、都立高校でぜんぜん茶髪じゃない黒い髪なのに「黒染めしてこい」と指導されている高校生の訴えを取り上げて改善させるとか、そういうことも含めていま取り組んでいます。
 特別支援教育、障害者福祉、高齢者福祉、セクシュアルマイノリティーの権利保障についても、みなさんと一緒に取り組んでいます。

公約違反の方向に走る小池知事
 最後は、都政の状況です。小池知事はいま、大きく公約違反の方向に走っています。築地市場の豊洲移転を10月11日に強行しようとしています。でも、おかみさん会や仲卸の業者のみなさんは諦めていません。圧倒的多くの人たちは、「いまのままでは移転できない」と言っています。
 土壌汚染も本当に深刻ですので、「築地市場の豊洲移転は認められない」「公約違反を絶対に許さない」「都民の安全、安心を守っていく」ということで引き続き取り組んでいます。

国政・都政・市政の連携で

 清瀬市・東久留米市には、宮本徹衆院議員がいて、私が都議になり、2つの市議団があります。市民のみなさんがいて、国政・都政・市政の連携でいろんな問題に取り組むことができます。先日も、みんなで一緒に厚生労働省交渉をやりました。こうした努力を強めながら、来年の市議選に向けてがんばっていきたいと思っています。
【厚生労働省交渉の関連記事】
宮本徹衆院議員と一緒に厚生労働省要請 その1
宮本徹衆院議員と一緒に厚生労働省要請 その2
厚生労働省に出した要望書全文


拍手をいただいてうれしかった!
b0190576_21420735.jpg
みなさんの激励に応えてがんばります
b0190576_21421532.jpg
b0190576_21421763.jpg



「原のり子 都政報告&トーク集会」
7月22日(日) 午後2時開会
会場は東部地域センター 地図は こちら から
東久留米市大門町2-10-5 東部図書館と併設
東久留米駅東口からまっすぐ約800m
b0190576_23575279.jpg



清瀬市と東久留米市で配布中のリーフです
全文は こちら からご覧いただけます
b0190576_23574911.jpg




by hara-noriko | 2018-07-20 22:02 | 都政報告 | Comments(0)

都議会総務委員会の質問から(2)   

 都議会総務委員会でおこなった質問を紹介しています。2回目も総務局にかかわるテーマです。多摩地域振興のために市町村への支援を求め、台風被害にあった八丈島への十分な支援を求めました。

【総務局にかかわる質問(3)】
★多摩の魅力発信支援補助金について
 この補助金は4年間続いてきましたが、来年度廃止するとなっています。数市を除いてほとんどの市町村で活用されている補助金で、それぞれの自治体の魅力を発信するために有効でした。映画祭をやったり、市民提案の企画を実施したり、散歩のマップをつくるなど、それぞれの自治体で個性あるとりくみをしていました。23区との格差解消、多摩振興に有効な補助金を廃止すべきではなく、今後、それに代わる支援策を検討することを求めました。

【総務局にかかわる質問(4)】
★八丈島の台風被害への支援について

 八丈島は、昨年10月の2度にわたる台風で、大変な被害を被りました。とくに、島の基幹作物である観葉植物、フェニックス・ロベレニーは2億4300万円もの被害金額となりました。2013年の台風時の2倍の被害金額です。
都として十分な支援を
 ところが、今回は、都の災害復旧・復興特別交付金の交付がなされませんでした。交付要綱には、「知事が必要と認める事業」について支援できるとなっているにもかかわらず、実施しない都の姿勢を批判するとともに、今からでも支援するように強く求めました。都は、答弁のなかで市町村総合交付金について言及しました。すでに、町として、復興のための予算をたてているなかで、そこを支援できる市町村総合交付金などによる十分な支援を求めました。

駅前の宣伝で都議会報告
b0190576_13423170.jpg
いつも対話がうまれます
b0190576_13423407.jpg

桜が満開です
b0190576_13423841.jpg
b0190576_13424196.jpg
b0190576_13424317.jpg



by hara-noriko | 2018-03-26 13:43 | 都議会 | Comments(0)

八丈島の台風被害 復旧支援で都知事に申し入れ   

 2月14日、日本共産党都議団は、小池都知事に対して、八丈島での台風被害に対する復旧支援に関する申し入れを行いました。

●基幹作物のフェニックス・ロベレニーが大打撃
 昨年秋、2回の台風で、八丈島の基幹作物である観葉植物のフェニックス・ロベレニーが塩害により、大打撃を受けました。その被害は、耕作面積の73%、134ヘクタール、被害金額は2億5860万円にも及びます。2013年秋の台風の際は、被害金額1億1880万円でした。つまりそのときの2倍以上の被害なのです。
 ところが、2013年の時には実施した施肥による土壌改良事業も今回は予定されておらず、新年度予算案にも台風被害への支援も予定されていません。しかも、町議会からは12月に知事あてに意見書も提出されているにもかかわらず。

●とくとめ都議と一緒に八丈島を視察
 私の所属している総務委員会は、多摩・島しょ振興も担当します。現地への視察が必要だと都議団で相談し、総務委員のとくとめ道信さんと私が1月31日に八丈島へ行きました。共産党の菊池睦男町議に案内していただき、JA東京島しょ菊池勝男組合長、山下奉也町長ともお会いし、東京支庁へもうかがいました。

●現場の声は
 現場での声は…。ロベレニーはほぼ八丈島だけの生産。そのためマイナーなので保障もない。だから東京都でも過去の台風の被害のときは支援してくれたのではないか。肥料の支援がもっとも効果がある。東京都はネットハウスを推奨しているが、高齢の農家がわざわざ導入できるか。必ずしも塩害を防げるのか。何より、今起きた被害に対しての支援が先では? などなど。
 実際にロベレニーをみると、塩害で先の方は茶色くなっていました…。
 現地の声や状況をふまえての申し入れ。総務局行政部島しょ振興専門課長は、「承りました。知事に伝えます」と。改めての真剣な検討を強く求めました。


八丈島での台風被害に対する復旧支援に関する申し入れ全文


小池都知事あてに申し入れる共産党都議団
(右から)清水ひで子、あぜ上三和子、
とくとめ道信、原のり子の各都議
b0190576_03192354.jpg
菊池睦男町議(左)の案内で八丈島を視察
b0190576_03192809.jpg
台風で大打撃を受けたフェニックス・ロベレニー
b0190576_03193350.jpg



by hara-noriko | 2018-02-16 03:27 | 都政報告 | Comments(0)