タグ:共産党 ( 7 ) タグの人気記事   

保育後援会の小集会に参加して   

おいしい紅茶をいただきながら
 7月16日、日本共産党東久留米保育後援会の小集会に参加しました。毎月発行されている後援会ニュース「風だより」の印刷などの作業に、退職した保育士さんがたくさん参加されています。その作業がおわるころにうかがい、おいしい紅茶をいただきながらおしゃべり。とても楽しく、また考えさせられたひとときでした。

レシートを使って消費税を計算
ひとり暮らしで年間5万2000円も
 「すごい!」と声があがったのは、1年間の消費税がいくらだったか調べた、という方の話。
 「いまの8%でもどのぐらいなのかレシートみて足してみたら、5万2000円ぐらいだった」「洋服もほとんど買わないし、ぜいたくもしていないひとり暮らしの私でも、このぐらいかかっている。これ以外に、年とともに医療費がかかっているから結構大変」
 10%への増税はありえない、とみんなで共感。

それぞれの言葉と切り口で
 また、年金については、どこでも「2000万円貯められないわ」「いまさら無理よ」「早くいわれていても無理だけど」などの声がだされ、話になる。また、年金だけでなく、最低賃金と中小企業支援のことなど、とても話しやすい。それぞれの言葉と切り口でもっと話していこうと。

絶望感 あきらめ 自己責任
打ち破る選挙にしたいね、と
 話が多岐にわたるなかで、いっかんしてテーマになったのは、「絶望感」「あきらめ」「自己責任」でした。
 「この先どうなっていくのだろう、と日々怖い。いいことがない」「戦争になっていく流れなのではと思ってしまう」「現役世代の人達の働かされ方はひどい。毎日が精一杯で余裕がない」「声をあげてもどうせ変わらないと多くの人が思っているのでは」「若い人たちが怒らない、あきらめているのかな」…
 本当にこういう状況を打ち破る参院選にしていきたいね、と話になりました。

あなたの声が政治を動かす
多くの人に 若い世代に 伝えたい

 私は、若い人たちは、働きかけたら良くなった、政治が変わった、という経験がほとんどない。でも、ひとたび、働きかける方法や展望がみえ、それをちゃんと受け止める人たちがいるとわかれば、本当に大きな力を発揮する。ブラック校則に異議を唱えた高校生の姿に希望があると実感する。あなたの声こそ政治を動かしているんだよ、ということを多くの若い世代に伝え、励ましながらこの選挙戦はとりくみたい。

にわか仕込みでない共産党の前進こそ
比例は共産党へ 東京選挙区は吉良よし子さんへ
 また、憲法9条を変えようとし、異なる意見を排除し多様な生き方を否定するアベ政治をどうしても終わりにしよう。過去の戦争の教訓も、ものをいえなくしていく、というところにあったことをあらためてかみしめたい、ということも。
 野党共闘の共通政策は格段の前進をしています。9条を守ることがしっかり位置付けられました。これを確実にすすめていくためにも、戦争反対、主権在民を貫いて97周年、「にわか仕込みではない」共産党の前進はどうしても必要ではないか。全国どこでも、共産党と書いていただければ必ず議席に結びつく、比例代表で共産党を応援してもらえるように広げたい。かけがえのない吉良よし子さんの議席を絶対守ろう…。
 そんな思いをみなさんと話し、頑張ろうと改めて!


楽しく、そして考えさせられた小集会
b0190576_12345603.jpg
吉良よし子カーで訴え(東京・東久留米駅前)

(左から)かもしだ芳美市議、永田まさ子市議、原のり子
b0190576_23435030.jpg
比例カーで訴え(東久留米市滝山)
右は、村山順次郎市議
b0190576_23435429.jpg




by hara-noriko | 2019-07-17 23:44 | 選挙 | Comments(0)

参院選で希望ある政治をつくりましょう   

 6月26日、通常国会が終わり、参院選は7月4日に公示され、21日に投開票がおこなわれます。6月25日、東京・東久留米駅前で共産党市議団、宮本徹衆院議員といっしょに朝の宣伝をしました。激励の言葉をたくさんいただき、うれしい。参院選挙を前に、私はこんなスピーチをしました。

みなさんと一緒に安倍政治を変えたい
32の1人区すべてで野党統一候補
 7月は参議院選挙が行われます。消費税を増税しようとしている、また、憲法9条を変えようとしている安倍政治をみなさんと一緒に変えていきたい、と考えています。でも、今の選挙制度は本当に悪くて、1人区が32もある。この1人区で市民と野党の共同を広げなければ安倍政治を追い込むことはできません。そういうなかで、市民連合のみなさんが本当に努力され、政策も一致させて野党は力を合わせることになりました。32ある1人区すべてで野党の共同候補が誕生することになりました。

市民と野党の共同政策
ここに希望への道がある
 先日、若い人と話をしたときに、「安倍政治を変えるといっても、なかなか変わらない。とりあえずこれ以上悪くなってほしくないから、現状維持で自民党に入れてきた」という方がいらっしゃいました。その気持ち、本当によく分かります。社会がよくならない。政治が変わらない。ウソばかりつく政治がまかり通っている。これでは希望がもてない―。
 日本共産党は、そこを変えたい。そのために市民と野党で政策を一致をさせて、共同の力で進めていく。ここに希望への道があるのではないでしょうか。
 市民連合のみなさんと野党でかかげた共通政策は、これまでよりも格段に前進しました。消費税の10%への増税は中止をする。原発ゼロへ向かう。憲法9条改定は許さない。こうした問題ではっきりと一致することができました。さらに、沖縄のみなさんとしっかり連帯して、辺野古への新基地建設をやめさせていこうということでも一致しました。

一人ひとりの判断が政治を変える力です
 みなさん、これを力に本当に政治を変えていきましょう。政治を変えるのは、みなさんお一人おひとりの判断です。年金の問題を見ても、これはあきらめるわけにはいきません。この年金の問題も参院選の大きな争点です。共産党は、減らない年金を実現するために、高額所得者を優遇した保険料のしくみを改善して財源を生み出し、低年金の方には一律年6万円を上乗せするなどの政策を訴えています。

希望ある社会へ 共産党の3つのプラン

 共産党は、希望のある社会にするために、(1)8時間働けばふつうに暮せる社会に(2)お金の心配なく学び、子育てできる社会を(3)くらしを支える安心の謝意会保障に―という3つのプランを掲げています。
 そのために、最低賃金を一日も早く1000円にし1500円をめざしていく。大学・専門学校の学費を半額にして段階的に無償化していく。国民健康保険税(料)も1兆円の国費を投入することで引き下げを実現していく。
 さらにその財源も示しています。消費税の増税にストップをかけます。3つのプランを実現をしていくためには、7.5兆円が必要です。大企業や大資産家の優遇の税制度をしっかり見直し、米軍への「思いやり予算」を改め、日本には必要のない戦闘機の爆買などをやめれば、消費税に頼らなくても財源をうみだせることを共産党は示しています。みなさん、力を合わせて、この道を進んでいきましょう。共産党を大きくしてください。


東久留米駅前で朝の宣伝
(左から)原のり子、かもしだ芳美市議、宮本徹衆院議員
b0190576_23090186.jpg
永田まさ子市議
b0190576_23090506.jpg
村山順次郎市議
b0190576_23092868.jpg
北村りゅうた市議
b0190576_23093524.jpg



by hara-noriko | 2019-06-26 23:10 | 選挙 | Comments(0)

東久留米市で共産党国政市政報告会   

 2月11日、東京・東久留米市で開かれた「日本共産党国政市政報告会」。寒い日になりましたが、たくさんの方が駆け付けてくださいました。私は、司会を担当しました。

産休中のかもしだ芳美さんからメッセージ
 市議予定候補のかもしだ芳美さんは、現在産休中。あずかったメッセージを私が代読しました。自分の気持ちと決意を素直に綴っていて、感動を呼びました。私も読んでいてグッときました。(別の機会に紹介します)

かもしださんと一緒に奮闘 篠原重信市議
 続いて、篠原重信市議があいさつ。聞きながら、私が市議に出るとき、「予定候補になってほしい」と一番最初に話しに来られたのが篠原さんだったこと、それは産休中だったことをふりかえりました。篠原さんは、女性がどんどん市議になっていくことを応援し、また、いろんな人がいることが大事だという姿勢で、長年市議団の中心となってくれました。感謝です。今、かもしださんとともに奮闘している姿にすばらしいな…と改めて思いました。

北村りゅうた、永田まさ子、村山順次郎の3市議がスピーチ
 北村りゅうた市議、永田まさ子市議、村山順次郎市議のスピーチもすばらしかった。市政を変えていく思いと力をもっている、フレッシュでたのもしい議員団です。

宮本徹衆院議員が市議団を紹介
 宮本徹衆院議員は、国会でのとりくみを話すと同時に、かもしださん、北村さん、永田さん、村山さんを紹介。いつも市議団と連携してとりくんでいる宮本さんだからこその話に、4人の魅力がより輝きます。

笠井亮・党政策委員長の話に確信新た
 そして、笠井亮・党政策委員長(衆院議員)。最初に、沖縄の豊見城市議選で、共産党5人が全員当選したことを報告すると、大きな歓声と拍手! 定数2減の22議席中、共産党5人。市長選勝利につづき、市議選でも大きな勝利となりました。やっぱり政治が動いている、市民が動かしている。これからの統一地方選挙と参院選で必ず政治を変えよう、市民の声が通る市政に向け前進し、そして安倍政治を終わらせよう、と思いました。

共産党の前進は欠かせない
 笠井さんの話を聞いて、安倍政権はいよいよ末期で鋭いせめぎあいになっていること、野党共闘も前進していることがよくわかりました。その共闘を強固にしていくために、共産党の前進は欠かせない、と実感。頑張りたいと思います。


熱い声援をいただきました。全力でがんばります
b0190576_01573030.jpg
産休中のかもしださんのメッセージを私が代読
b0190576_01573721.jpg

篠原重信市議
b0190576_01574052.jpg

北村りゅうた市議
b0190576_01574459.jpg
永田まさ子市議
b0190576_01574777.jpg

村山順次郎市議
b0190576_01575085.jpg

宮本徹衆院議員
b0190576_01575348.jpg

笠井亮・党政策委員長(衆院議員)
b0190576_01575689.jpg

私は司会を努めました
b0190576_01580025.jpg





by hara-noriko | 2019-02-12 01:59 | 活動日誌 | Comments(0)

人間らしく生きられる社会へ   

日本共産党にお誘いしています
 今、人間らしく生きられる社会をつくるために政治を変えよう、そのために少しずつ力を出し合えたら、と共産党の活動にお誘いしています。入党する方もそうでない方ももちろんさまざまですが、話し合うことは本当に大事。とても学ばされます。

パワハラで苦しんできた30代の方が
 最近入党してくださった30代の方は、職場でのパワハラに苦しんできた方。そのなかで、選挙ボランティアに参加し、「しんぶん赤旗」を申し込んで読んでくれている。「つどい」や党本部見学会にも参加してくれた。経済的な問題や体調の問題などもあり、これまでは入党にはいたりませんでした。でも、改めて地域の支部長さん、篠原重信市議とお訪ねすると、以前にお渡ししていた申込書を机から出して、心配事を改めて話し合ったうえですぐ記入してくれました。

理不尽な社会を変えたい、と
 そのとき、自民党の杉田水脈衆院議員の、LGBTの人たちは子どもを作らないから「生産性が」ない。そこに税金を投入することは果たしていいのか。…などと書かれた文章について話になりました。「これはLGBTの人だけでなく、障害者や他の人たちにも向けられているのではと思った」と。
 杉田議員は、生産性がない、という文章の前に、こう書いています。「リベラルなメディアは『生きづらさ』を社会制度のせいにして、その解消をうたいますが、そもそも世の中は生きづらく、理不尽なものです。それを自分の力で乗り越える力をつけさせることが教育の目的のはず。『生きづらさ』を行政が解決してあげることが悪いとは言いません。しかし、行政が動くということは税金を使うということです」。そして、「例えば」と記して、「生産性」を論じているのです。
 子どもを作らないということを「生産性」がない、ということ自体おかしいですが、そもそも人を「生産性」でみていくということが問題ではないでしょうか。こういう見方をのりこえて、理不尽な今の社会を力を合わせて変えていこう、と入党してくださった思いに胸があつくなりました。

70代のご夫妻も
 また、70代後半のご夫婦。一緒に入党してくださいました。夫さんが定年退職してから、児童養護施設の子どもをフレンドホームとして育てたと。今の政治のおかしさを話し合う中で、初めてそのことを知りました。少しでも人のために、と生きてきた方々。それも、本当に謙虚に…。心から尊敬します。そういう方々からたくさんのことを学び、力を合わせていきたいと改めて強く思っています。


各地で都政の報告をしています
b0190576_00502217.jpg
b0190576_00502792.jpg






by hara-noriko | 2018-07-31 00:50 | 活動日誌 | Comments(0)

共産党との出会いや思いに聞き入って   

東久留米市のOさん宅で「つどい」
 5月21日、東久留米市のOさん宅で開かれた「つどい」に呼んでいただきました。13人も参加! 小池晃さん(共産党書記局長・参院議員)のDVDを観て、おしゃべり。小池さんの語りは、ざっくばらんで、とてもわかりやすい! 疑問に答えるとともに、共産党って自由を大事にしているんだな、ということが感じ取れて、みんなでおしゃべりする入り口としてもとてもよかったです。あっ、自由に話せばいいんだな、と。
 みなさん共産党との出会いを話したり、戦争体験を話したり、今とりくんでいることを話したり、きょう来た思いを話したり…。おひとりおひとりの話そのものが、本当によかった! つい聞き入ってしまい、あまりメモはできませんでしたが…。

「スタンディングに参加している」
 ・昨年から年金生活になり、滝山でやっているスタンディングに参加している。
 ・かっこいいと思ってずっと○○議員に投票していた。でも、だんだんその党が変わってしまい、共産党を応援するようになった。Tさんに「手伝って」と声をかけられると、「はい!」という感じで。
 ・子どものころ、両親が共産党のことを「アカ」といっているのを聞いて、共産党は嫌だなと思っていた。7年前に引っ越してきて、Iさんと出会って少しずつ変わってきた。今日は、1回、勉強のために来てみようと思った。Iさんはお金をもらっているわけでもないのに、一生懸命スタンディングしたり、すごい。みなさんに少しだけでもと思い、少しだけカンパしている。
 ・スタンディングは都議選がきっかけ。似顔絵を描いたり、要求を書いたりして、少しの時間立って…。これなら、高齢であってもできるな、と。

「共産党のことを勉強したいな」と話したら…
 ・戦争の体験、保育の仕事を通じて、共産党のことはよくわかっているけど、どっしり入っていくほどの気持ちにまでにはなってこなかった。でも、本当に応援したい。
 ・家賃が高いことが悩み。高齢者のための住宅のはずなのに、空きがたくさんある。改善したい。
 ・姉の影響で共産党に入った。
 ・実家は、福島の農家で自民党。すすめられて「しんぶん赤旗」をずっと読んできた。共産党のことを勉強したいな、とSさんに話したらとんとん拍子でこの「つどい」があるって話しになり、びっくり。

私も一緒におしゃべり
 私も、党に入ったのはどうしてか、議員になったのはどうしてか、都議になってみて思っていることはどういうことか、など一緒におしゃべりしました。手作りカレーを食べながらさらに交流。その後、3人の方がハーモニカ演奏をしてくださいました。やさしい音。しっとりとした気持ちでお開きになりました。
 今回初参加の方が多く、なかには、「何か協力したいけど、スタンディングはどきどきしてできないかも」との声が。すると、それぞれのできることでいいんですよ、とみんなが口々に。また、帰りがけにも、住宅の家賃問題で意見をまとめよう、という話や、またあつまりたいですね、という声も。政治は生活そのもの、そして、共産党はみなさんにもっとも身近な政党、ということを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。


対話がうまれる東久留米駅西口の土曜定例宣伝
b0190576_21321941.jpg
b0190576_21333723.jpg
b0190576_21322618.jpg



by hara-noriko | 2018-05-21 21:33 | 活動日誌 | Comments(0)

東京20区 宮本徹候補 気迫の訴え   

 10月10日、総選挙が公示されました。市民と野党の共同で安倍内閣を退陣させましょう。22日が投開票です。
 ここ東京20区(東村山市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市)は、日本共産党公認の宮本徹候補が、市民と野党の統一候補として自民党の議席に挑みます。希望の党を含めて候補者は3人。「自民党も希望の党も9条改憲を掲げています。憲法を守る候補者は私しかいません。必ず勝ち抜く」と力をこめて訴える宮本さん。この日、東大和市、清瀬市、東村山市では、無所属の市議会議員が応援に立ってくださいました。みんなの力で宮本さんを国会に押し上げましょう。
 東久留米市での第一声は、宮本徹さんが決意の訴えをしました。応援スピーチのなかから吉良よし子参院議員、原のり子を加えた動画を「原のり子チャンネル」で公開しました。ぜひ見てください。

 選挙区は宮本徹さんへ 比例は共産党へ


宮本徹候補(東京20区) 東久留米市での第一声



(右から)宮本徹候補、吉良よし子参院議員、原のり子
b0190576_23090470.jpg
b0190576_23085813.jpg
b0190576_23091261.jpg
b0190576_23091692.jpg
b0190576_23095903.jpg



【ボランティア大募集 宮本徹事務所】
あなたの力をかしてください!
東京都東村山市栄町2-25-8 エリナスビル1階
西武新宿線・久米川駅南口から徒歩約4分
電話 042(396)6050

b0190576_22450225.jpg




by hara-noriko | 2017-10-10 23:10 | 選挙 | Comments(0)

「自民党批判票を共産党が獲得してほしい」   

 12月6日(土)とてもさむ~い朝、衆院東京20区候補の池田真理子さんと東久留米駅西口で宣伝しました。共産党後援会のみなさんも十数人あつまってくださり、共産党市議団からは篠原重信さんと私が参加。寒い中でも、池田さんは元気いっぱいです!
 今日は、東久留米で生まれ育ち、地元中の地元の方が、わざわざ池田さんの演説を聞きにきてくださいました! これまで共産党と縁の無かった方…。「自民党批判票を共産党が獲得してほしい」と、池田さんとがっちり握手。ありがとうございます!
 中央地域党後援会のみなさんと、夕方の定例宣伝も行ないました。選挙中のため、ハンドマイクは使えず、池田さんのビラを配布することもできません。…変ですよね。選挙中だからこそ、誰がどのような政策なのか、みなさん関心を持つのに…。そんな中、「赤旗」号外を配布しました。「政治とカネ」の問題など、わかりやすく書かれています。ぜひ、ごらんください!

訴える池田真理子候補(東久留米駅西口)
b0190576_00540668.jpg

by hara-noriko | 2014-12-07 00:54 | 選挙 | Comments(0)