タグ:大島 ( 2 ) タグの人気記事   

台風被害の大島へ   

東京・島しょ部の被害で関係省庁から聞き取り
共産党国会議員団東京事務所が主催
 9月30日、共産党国会議員団東京事務所の主催で「台風15号による東京・島しょ部への被害・対策についての関係省庁からの聞き取り」が行われました。山添参院議員の進行で内閣府、国交省、農水省、経産省・中小企業庁などから聞き取りを行い、とくに、大島の小池町議、新島の綾村議から実情も伝えながら要望もしました。ほかに、笠井衆院議員、吉良参院議員、あぜ上都議、尾崎都議、米倉都議、私。共産党都委員会からも出席。
大島 水が染み出してきて住めない家を修繕中
中央は吉良よし子参院議員、右は原のり子
b0190576_00151125.jpg

関係省庁への聞き取りに参加
b0190576_00151546.jpg

実際には住めないのに「一部損壊」の認定
正確な認定調査をすすめる必要が
 小池町議、綾村議からは、「水が天井に伝わって手をつけられない家の状態」「屋根がとばされ水浸しで住めない状態」だけれど、一部損壊の認定にしかなっていないケースを紹介。実際にはそこに住めない状態なのだから、半壊の扱いにして法の適用にできないのか、と。国の担当者は、被害認定調査をきちんと行ってもらう必要があること、屋根をとばされたあとに、水浸しになり使えない、となれば一部損壊ではなく半壊の可能性が高いことを説明。急いで都が認定調査を進める必要がある、と。

支援は被災した農家全体を視野にいれて
農業を始めたとたんにハウスがつぶれた人も
 また、農業の被害については、被害の状況を現在把握中で、その実態に応じて対策をとっていく予定とのこと。共済加入率は50%強とのこと。つくっている作物等がメニューになく未加入の方もいます。被災した農家全体を視野に入れた支援が必要です。「新規就農者支援事業で2年間研修生としてとりくんだ人が、大島で2組就農。そのとたんに、ハウスがつぶれてしまった。支援してほしい」と切実な声も紹介されました。

「店をたたむ」という小規模事業者も
希望をもって再建できる支援メニューを
 小規模事業者への支援も、国も都も融資が中心です。「高齢者も多いので店をたたんでしまおうという声も。地域から店がなくなることの影響は大きい。でもこれからまた借金することがつらい」との声も。山添議員からも、「希望をもって再建できるように支援メニューが必要ではないか」と検討を求めました。
 このほかにも重要なやりとりもありました。都としてできることをしっかり考え、早急に提案していきたいと思います。

吉良参院議員と一緒に大島へ
橋本町議らの案内で南部の地域を調査
 10月1日、吉良参院議員とともに、大島へ行きました。橋本町議や地元の方々にも案内していただき、現地を調査しました。主に、島の南部の地域の状況を見せていただきました。1000人ぐらいの人が住む地域唯一の店が営業できない状態になっていました。また、同じ場所に同じように建てられていても、損壊している家と、そうでもない家があります。風の通り方で被害に違いが出ています。海から巻き上げてくる風による被害とのこと。そのため、木や草が塩の影響で茶色くなっていました。

「一部損壊」なのに住めない状態を目の当たりに
正確な認定で支援が受けられるようにと実感
 前日の国への聞き取りのときに一部損壊の問題がやりとりになりましたが、まさに、一部損壊といわれたが水が全体にまわり染み出て住めない、という状態になっている状況を目の当たりにしました。とても「一部損壊」ではありません。正確な認定をおこない、支援を受けられるようにと実感しました。

副町長に義援金を手渡し意見交換
東京都としてやるべきことを考えたい
 最後に、副町長に義援金をお渡しし、短時間意見交換をさせていただきました。橋本町議、山田町議も同席。改めて、息の長い支援をすすめることが大事だと実感しました。東京都としてやるべきことについて、考えさせられました。大変ななか、時間をつくってくださったことに心からお礼を申し上げます。都議会でしっかり取り組んでいきたいと思います。
 今回の台風被害について、共産党都議団から、これまでに、とや、河野、とくとめ、米倉、あぜ上、私が日をかえて島しょに派遣されています。笠井衆院議員、山添参院議員、吉良参院議員と一緒にうかがっています。

屋根の一部損壊といわれた家
水が天井からどんどん染み出して住めない
b0190576_00152115.jpg
地域に一軒しかないお店。営業できない
b0190576_00152625.jpg
同じつくりの家でも、風の通り方で被害が全く違う
b0190576_00153040.jpg
地域で唯一の歯医者さんも、診察できない
b0190576_00153191.jpg
副町長(左)に義援金を渡す吉良参院議員(中央)と私
義援金はみなさんからいただいた救援募金です
b0190576_00153735.jpg
素晴らしい眺め。台風被害のすさまじさに胸が痛む
b0190576_00171524.jpg



by hara-noriko | 2019-10-03 00:18 | 活動日誌 | Comments(0)

台風被害への本格的支援を   

首都圏を襲った台風15号
 首都圏で猛威を振るった台風15号。9月8日から9日にかけて、大島や新島、式根島、神津島などで甚大な被害が出ました。共産党都議団は、東京都に緊急の申し入れをおこなうとともに、現地調査のため、代表を現地に派遣することにしました。あわせて、救援募金も訴えています。私も14日の定例土曜宣伝で、訴えました。その要旨を紹介します。

東京の島しょ部で深刻な被害が
 いま、東京の島しょ部で深刻な被害になっていることを、ぜひ知っていただきたいと思います。大規模な停電、断水があったり、家そのものが壊れたりして、大変心配です。ビニールシートが足りないなどの課題が山積しています。農業者のみなさんからは、ビニールハウスが倒れてしまって仕事ができない、収入が途絶える、ということがたくさん届いています。
 私は千葉県の牛乳を配達してもらっていますが、届けられない事態になっています。台風の被害にあわれた地域のみなさんへの支援を強めていきたいと思います。

共産党都議団 都に緊急申し入れ

 日本共産党都議団は10日、東京都知事に緊急の申し入れをしました。次の4点を求めています。
 (1)島しょ地域の被害状況を都として把握し、島しょ地域の町村及び住民から要望を聞き、迅速に対応すること
 (2)家屋損壊、農漁業等の被害に関しては必要な財政上、税制上の支援を行うこと
 (3)必要な飲料水、生活用水の確保、支給を迅速に行うこと
 (4)倒木、流木などの被害に関し、撤去に要する支援を行うこと

都議会総務委員会でも都の支援求める
 都議会総務委員会で私は、息の長い支援をしていくべきだ、とくにくらしを支える支援が必要だ、と指摘しました。
 法律に基づいた国の支援を早急におこなうだけでなく、国の支援を待つことなく東京都が独自に支援すべきだ、と私たち共産党は都に求めています。
 全壊もあれば半壊もあります。どの方もこのままでは家に住めないということで、「屋根の代わりになるものはないか」「ビニールシートはありませんか」と声をあげています。避難所で何とかしのいでいる方々もいらっしゃいます。島の中にある教職員、都職員の住宅などを利用できるようにするなどの改善を求めていきたいと思っています。きちんとした家で生活できるようにする。そういう支援が必要です。

都議団として現地を調査
 現地では、共産党の議員さんたちが毎日、駆けまわっています。なんとか支援を強めてほしい、ボランティアに来てもらいたいと思っても、受け入れる人手さえ足りない、と訴えています。
 共産党都議団は、現地をしっかり見てくる、そのことを開会中の都議会に反映させよう、ということで代表を現地に派遣することにしました。調査の内容を都議会開催中に明らかにして、支援を求めていきます。

救援募金にご協力を
 東京の島の人たちは、これまでも台風被害を受けてきました。昨年、私も八丈島に行き、台風被害の実態をこの目で見て、議会で取り上げました。今回の深刻な被害についても、実態を把握して取り組んでいきます。
 島のみなさんを緊急に直接支援していこう、ということを救援募金を呼びかけています。千葉県や東京都の大島、新島をはじめ、台風被害を受けている方々への支援にご協力を心からお願い申し上げます。

毎週土曜日の定例宣伝で救援募金をよびかけました
右は、北村りゅうた東久留米市議
b0190576_20222199.jpg
募金に応じてくださった方々
b0190576_20222714.jpg
b0190576_20223258.jpg





by hara-noriko | 2019-09-15 20:23 | 活動日誌 | Comments(0)