タグ:子どもの権利条約 ( 3 ) タグの人気記事   

憲法と子どもの権利を守ろう   

 5月7日、東久留米市議の永田まさ子さんと一緒に、朝の宣伝をしました。連休中にメーデー、憲法集会、こどもの日がありました。夏には参院選挙があります。子どもたちが安心して生きていける社会をつくりたい。そんな思いで出勤する人たちに訴えました。以下は、その要旨です。

子どもの権利条約 発効されて30年
日本が批准して25年
 今年は子どもの権利条約が発効されて30年、そして日本が批准をして25年、という節目の年です。5月5日はこどもの日でしたが、子どもの権利条約が本当に生かされる、そういう社会にしていかなければならない、と改めて思っています。

そういうときに改憲煽る安倍首相
 そういうときに安倍首相は、「2020年に憲法を変えていく。この思いに変わりはない」というビデオメッセージを改憲をすすめようという人たちの集会(5月3日)に寄せました。どうしても憲法を変える。ここに執念を燃やす安倍首相の姿があらためて浮き彫りになっています。
 憲法をしっかりと守る。憲法9条をはじめ、みなさんの権利を守る。憲法をこれからも大事に、さらに生かしていく。そのことが問われています。

憲法と子どもの権利
ともに生かされる社会こそ
 私たち日本共産党は、憲法をしっかりと守っていく、そして、よりみなさんの暮らしに生かしていく、その立場で取り組みを強めていきたいと思います。この憲法とともに、子どもの権利条約が生かされる社会にしていかなければなりません。

高校生からの訴え
髪を染めていないのに「黒く染めてこい」と
 子どもの権利が阻害されている。それを実感をすることが多々あります。都議会議員になって最初に受けた高校生からの相談は、髪の毛を染めてもいないのに高校の先生から「黒く染めてこい」と指導された、という訴えでした。
 私たち共産党の都議団としても「重大な問題」と受け止めて、高校生や家族のみなさんとも相談しながら、また、教育委員会にも申し入れをしながら、改善させる取り組みを行いました。染めてもいない髪の毛を黒染めをしてこいという、こうした指導が実際に行われていることに驚きました。あってはならない、許されないことが教育の場で行われているということだと思います。

子どもたちの声をしっかり聞く
 子どもの権利が踏みにじられている実態を一つひとつ解決していく。子どもたちの声をしっかりと聞いていく。そういう政治に変えていかなければなりません。子どもの権利が阻害されている状況を改善していくために、私自身も力を尽くしていきたいと思います。

子どもには意見を表明する権利がある
ところが安倍政権は…
 子どもの権利条約では、子どもたちはどんな問題でも意見を表明する権利があります。意見表明権がしっかりと認められています。しかし、国連子どもの権利委員会から毎回のように勧告されている日本の状態は、過度の競争的な社会のなかで、子どもたちが苦しめられている、という事態です。ここを改善しなければいけない、と指摘されています。こういう問題に対して、国連の意見をまったく聞こうとしないのが安倍政権です。

東久留米市では
 東久留米市では、子どもたちの大切な公立保育園が全廃されようとしている、学校統廃合も進められている、児童館も民営化されている…。子どもの施設のことなのに、子どもの意見も聞かずにすすめることは、子どもの権利条約に照らせば、あってはならないことです。

子どもたちが安心して育つ社会へ
 子どもたちが安心してすこやかに育っていけるように、子どもの権利条約がすみずみまで生かされる。そして日本の憲法が、すみずみまでみなさんの暮らしに生かされる。そういう社会をめざして、ご一緒に歩んでいきましょう。


朝の宣伝で
b0190576_23133771.jpg
永田まさ子東久留米市議
b0190576_23135045.jpg




by hara-noriko | 2019-05-08 23:14 | 活動日誌 | Comments(0)

どの子にも豊かな子ども期を!   

全国学童保育研究集会に参加
 10月20日、「第53回全国学童保育研究集会in神奈川」に参加しました。主催は、全国学童保育連絡協議会と神奈川学童保育連絡協議会です。

4000人余の熱気
 前後の予定があり、場所も横浜なのでいけるかどうか微妙でしたが、なんとか、増山均先生(早稲田大学名誉教授)の記念講演を聞くことができました。会場の横浜文化体育館は満員! 4000人を大きく超える参加者で大変な熱気! 全国研究集会は初参加だったので、正直驚きました。学童保育に関わる人たちが全国からこんなに熱心に集まってくる…すごいです!

放課後、学童保育
その大事さを原点に立って考える
 増山先生のお話を聞くことができ、本当によかったです。今、国が、学童保育の全国一律の「従うべき基準」(放課後児童支援員の資格をもった指導員を原則2名以上配置)を「参酌できる基準」へと後退させることが検討されている。また、「新・放課後子ども総合プラン」が文部科学省と厚生労働省連名で通知され、学童と放課後子供教室との一体型で受け皿をふやすとしている。…などの動きが出ている中で、改めて、子どもにとっての放課後、学童保育の大事さを原点にたって考えることができました。

子どもの権利条約にもとづいて
 なかでも、放課後児童クラブ運営指針(2015年)に、子どもの権利条約が位置づけられていることの重要性を再確認しました。運営指針には、子どもの権利条約にもとづき、子どもの最善の利益を考慮して育成支援を推進することが位置づけられています。そして、子どもの人権に十分に配慮し、一人ひとりの人格を尊重すること。企画の段階から子どもの意見を反映させること。さまざまな発達過程にある子どもたちがそれぞれに主体的に運営に関わること。などを位置づけています。

「権利条約の視点で学校を変えよう」と増山先生
 学力テストの復活、土曜休みの形骸化、授業時間の増加などなど、子どもたちが学校教育のなかで緊張状態にあるなか、子どもの権利条約の視点で学校を変えていくことが大事ではないか、と先生はよびかけられました。学童の運営指針を学校の先生たちにも読んでもらい、学童自身が子ども期を大事にした実践から崩れないことが大事では、と。
 「学校を変えよう」というよびかけは、すごい、と思いました。今の学校は、子どもたちだけでなく、先生たちも大変な苦労をしている。そこを思うと、なかなか、スパッと「学校を変えよう」ということばを出しにくい雰囲気があるのではないか…と感じるときがあります。でも、増山先生は徹底して子どもの目線で語り、子どもたちがおかれている厳しい状況を話してくれたうえで、「学校を変えよう」と。

子どもが遊びの主役
 そして学童についても、こんな事例を。先生たちが一生懸命準備して、みんなでだるまさんがころんだを楽しんだ。それが終わったら、子どもが、「これから遊んでいい?」と。増山先生は、子どもが遊びの主役であることが大事であること、「名もない遊び」が大事であることを話されました。学童では、ゆっくり休み・遊ぶ権利、何度でもやり直せる権利、子ども自身が参画する権利をとくに大事にしたい、と。本当にそうだなあ、と強く思いました。
 どの子にも豊かな子ども期を! そのために、できることをしていきたいと思いました。

熱気いっぱいの全国学童保育研究集会
b0190576_22410389.jpg

若いスズメ
b0190576_22410990.jpg

ピラカンサの赤い実
b0190576_22411497.jpg





by hara-noriko | 2018-10-29 22:41 | 活動日誌 | Comments(0)

都議会総務委員会の質問から(5)   

 都議会総務委員会でおこなった質問を紹介しています。5回目は、委員会質問の最後です。テーマは、若い世代の投票率が低いことについて。子ども議会の設置を提案しました。

★若い世代の投票率が低いことについて
 選管での質問は、若い世代の投票率が低いことについて、をテーマにおこないました。私は、投票率が低いから若い世代がだめだ、ということではなく、なぜ、投票に行かないのか、まず若者自身に意見を聞いていくことが大事、ということを提起しました。都としても、選挙後に世論調査をおこなっているのですが、若者のサンプル数は少ないので、もっと若者に直接聞いていくということが大事だと要請しました。

政治や選挙 どうやって関心をもってもらうか
 同時に、その世論調査でも、若年層の意識が高まるためには、「政治や選挙についての学校教育の充実が必要」という回答がトップでした。やはり、主権者教育が大事ということです。
 今回、総務省の調査を紹介しました。2014年1月に発表された「未成年者及び若い有権者を対象とした啓発事業実態調査報告書」は、全国の選管を対象に、今後の主権者教育推進を目的におこなわれました。私が注目したのは、調査項目のなかに「子ども議会」を実施しているかどうか、ということがあったことです。調査時点で、子ども議会を実施している都道府県は11県でした。

東久留米市の子ども議会を傍聴して
 以前、東久留米市の子ども議会を傍聴したとき、子どもの目線ですばらしい提起がされ、それにもとづいて道路を直したり、部長たちが一生懸命答弁し、施策を検討する機会となりました。議会形式がなぜ大事かというと、子どもの意見表明権を公式の場できちんと保障し、それに対し大人が責任をもって答えていく。そうすることによって、自分の言ったことが実現する、活かされるという経験をしていく。もちろん実らないものもある。そのときは、どうしてなのか、どうすればいいか、を考えることができる。そういう経験を通して、社会に働きかけることは無駄ではない、政治は大事なんだという経験をすることができます。

権利の主体者としての子どもの意見にきちんと向き合う
 私は、こういう経験が日本の子どもたちには圧倒的に足りないと思うのです。単に子どもの声を聞く、という範囲ではなく、権利の主体者としての子どもの意見にきちんと向き合うということが大事だと思うのです。子どもの権利条約の立場にたって、子ども議会の検討を強く求めました。

若い世代の声を聞き、実際に生かす努力こそ
 政策企画局では、東京都の実行プラン策定の過程で、若い世代の声をどう聞いていったのか質問しました。すると、都立高校20校、290人に出前授業をおこない、実行プランの案を報告し、高校生から意見をいただいた。自主的に、1300件もの意見も寄せられた、と。
 実際に授業をおこなった局の職員の方々の感想はどうだったかうかがうと、「直接話すことによって、日ごろ気づかないことにも気づけた」などの声が紹介されました。私は、こういうとりくみは本当に重要であること、ぜひ、提案したことが今後どうなったかも、高校生に報告してほしい、今後も意識的に若い世代の声を聞くことを強く求めました。「引き続き若い世代の意見も聞きつつ、政策の立案やその推進に努めていく」と。
ある県では、高校生議会、学生議会を実施しています。半年かけて調査や議論を積み重ね、議会で質問をおこない、提案して実現されたことも公表しています。こうした事例も示しながら、検討を求めました。

子どもの権利条約にもどづく取り組みが重要に
 私は、市議会議員のときに、子どもの権利条約にもとづく条例をつくり、選挙権のない子どもたちの声を市政に生かしたい、とずっと思ってとりくんできました。なかなか、条例にはいたりませんが、今、ますます子どもの権利条約にもとづくとりくみが重要になってきていると思います。ひきつづき、とりくんでいきます。


武蔵野の雑木林に咲くカタクリ
(東京都清瀬市中里の緑地保全地域)
b0190576_18465520.jpg
b0190576_18470311.jpg
b0190576_18471551.jpg
b0190576_18471906.jpg
b0190576_18472319.jpg







by hara-noriko | 2018-03-28 18:48 | 都議会 | Comments(0)