タグ:審判 ( 3 ) タグの人気記事   

東京に福祉の心を取り戻す   

 東京都議会議員選挙も、いよいよ最終盤。日本共産党が伸びてこそ、都政を刷新し、安倍政権による9条改憲をストップさせる力になります。定数2の北多摩4区(清瀬市・東久留米市)で必ず当選を果たすために、全力で訴えています。スピーチを紹介します。

税金の使い方を切り替える
 日本共産党の都議会議員候補、原のり子です。
 都議会議員選挙も最終盤となってまいりました。みなさんの大きなお力添えて、私、原のり子を押し上げていただきますよう、こころからお願い申し上げます。
 今度の都議会議員選挙は、都政を刷新していくうえで非常に重要な選挙です。これまで石原都政以来、ずっと福祉が削られてきました。高齢者福祉、障害者福祉が削られてきました。都民のみなさんの税金の使い方を切り替えて、暮らし・福祉・教育を守る方向に転換する、大事な機会です。
 東京都はたいへんな財政力をもっています。13兆円(一般会計+公営企業会計+特別会計)もの力をもっていて、これをもっと都民のみなさんのために使うことは、十分に可能です。1メートル1億円もする道路建設を改めて、その分を都民の暮らしに振り向けさせましょう。

一般会計の4%を使うだけで切実な願いが実現する
 13兆円の財政のうち、一般会計が7兆円。日本共産党は、このうちの4%を使うだけでさまざまなことができる、と具体的に提案しています。いま私は、清瀬・東久留米の辻々でスピーチしていますが、「大学生向けの給付型奨学金をやってほしい」という声がたいへん多く寄せられています。70歳以上の方を対象にしたシルバーパス制度の充実も切実で、3000円のパスをつくるなどの改善、さらには認可保育園の増設、特養ホームの増設など、みなさんの切実な願いを一般会計の4%を使うだけで前進させることができます。

みなさんとご一緒に 当たり前の都政をつくります
 みなさん、この当たり前の方向に都政をすすめていこうではありませんか。
 東京都にないのはお金ではありません。福祉の心です。この心を取り戻し、当たり前の都政をみなさんと一緒に実現していきたいと思います。

とんでもない公立保育園の廃止計画
 東久留米市では、公立保育園の廃止計画が出されています。ことし4月の時点で、保育園の待機児は130人を超えています。年度当初から保育園が1つ、あるいは2つ足りないという状況です。認可保育園を増やさなければいけないときに、公立保育園を廃止するなどというのはとんでもありません。

待機児解消の道 公立保育園を維持して認可園を増やす
 公立保育園をしっかり維持・運営しながら、待機児解消のために認可園を増設する。そのためには、市政だけではなくて、都政が変わることがとても重要なんです。東京都は、公立保育園の運営費に対する独自の補助をやめてしまいました。このため、公立保育園を維持することが難しい、という口実を与えることになってしまい、多摩地域でも保育園の民営化がすすんでいます。東久留米市のように、もう公立保育園を運営したくないという実態まで出てきています。
 私は、公立保育園の運営費に対する補助をどうしても復活させたいと思います。都政の場でしっかりみなさんの声を届けて、補助を復活させるために働かせてください。

保育士さんに安定した身分と賃金を

 23区の1つ北区では、待機児が多いので公立保育園を増やしています。保育士さんの応募が殺到している状況になっています。身分が安定し賃金が確保されれば、保育士さんもちゃんと集まります。公立保育園をしっかり維持・運営していくことが必要なのではないでしょうか。

保育園保護者が公開質問状
 先日は、保育園の保護者のみなさんから、公立保育園全廃計画についての公開質問状が寄せられました。回答の結果がネットで公開されています。( こちら からご覧いただけます)
 私は、公立保育園全廃計画は中止する、計画にストップをかけるべきだと考えています。そのためにも、「東京都が廃止した、公立保育園運営費への独自補助を復活するように働きかけます」「公立保育園をはじめ、現在ある認可保育園の維持・運営ができるように、東京都としての支援の強化を働きかけます」と回答しました。
 公開質問状に回答したのは、私ともう1人で、あと2人の方は回答していないことがわかりました。ぜひ、ネットで公開されている回答をご覧いただき、みなさんの目でご判断いただきたいと思います。

「安倍政権はおかしい」と思いませんか

 国政を私物化し、憲法9条を変えるなんて
 さてみなさん、今度の選挙は、都政を刷新していくと同時に、暴走を続ける安倍政権にお灸をすえる大事な機会にもなります。
 いまの安倍政権はおかしい、と思いませんか。加計疑惑、森友疑惑にみられるように、自分の友だちのためには国政を私物化する、こういうことが横行しています。さらに安倍首相は、憲法9条をどうしても変えたいといっています。2020年に憲法9条を変えるためには、今年には改憲案をまとめて、来年6月には国会で改憲を発議する、といっています。憲法9条を変えることに前のめりになっている安倍政権の暴走にここでストップをかけていくことが必要ではないでしょうか。

安倍政権と自民・公明に厳しい審判を

 安倍首相のスケジュールからいえば、都議会議員選挙できっぱりと審判を下していくことが必要です。憲法9条改定にひた走る安倍政権と、その与党の自民・公明にここで厳しい審判を下して、力を合わせて憲法9条を守りましょう。私、原のり子に、党派を超えてみなさんのご支援を心からお願い申し上げます。

野党共闘をすすめて憲法9条を守り安倍政権を倒す

 この都議会議員選挙で流れを変えることができれば、必ず次の国政選挙につながります。日本共産党は、野党共闘をしっかりすすめて、憲法9条を守る、安倍政権を倒す、そのためにみなさんと力を合わせてまいります。どうか、都議会議員選挙では、原のり子にお力添えをいただけますよう重ねてお願いを申し上げます。

時間の許す限り訴えています
b0190576_23491564.jpg
b0190576_23492205.jpg
b0190576_23493489.jpg
b0190576_23492983.jpg


日本共産党街頭演説 2017/06/30 東久留米市
原のり子都議候補 with 志位和夫委員長





日本共産党街頭演説 2017/06/25 清瀬駅前
原のり子都議候補 with 志位和夫委員長





PON PON さん制作のイメージビデオ






homepage  twitter  facebook  YouTube




by hara-noriko | 2017-06-30 23:53 | 都議選 | Comments(0)

都議選で安倍政権の流れを変えましょう   

憲法と平和、民主主義をしっかり守る
 6月17日、東久留米駅西口で続けている土曜定例宣伝に、清瀬市・東久留米市の女性たち50人余が参加して、にぎやかに訴えました。感激です! 改めて、「政治を変えるのは市民だ」と実感しました。終わった後も、「学生の高すぎる学費の問題ももっととりあげて」などのご意見をいただきました。「若い人たちが希望を持てる政治に」と訴えたい! そして、「かならず自分の役割を果たす」と改めて気持ちを引き締めました。

日本共産党と原のり子にお力添えを
 今度の都議選は、都政を刷新していくと同時に、国政のおかしな流れを切り替えていく大事な選挙になると思います。スピーチでも「憲法と平和、民主主義をしっかり守る当たり前の政治にしていきましょう。この声を党派を超えて日本共産党と私、原のり子にお寄せください」と訴えました。
 私のスピーチを紹介します。


「共謀罪」法成立を強行した自公維の3党に審判下を
 どうしても訴えたいのは、「共謀罪」法の強行成立についてです。「共謀罪」法の内容もさることながら、成立のさせ方があまりにもひどすぎます。法務委員会での採決を省略して、「中間報告」なるものをおこなうという形で本会議での採決が強行されました。「中間報告」をするような理由もないのに委員会での採決をおこなわない。国会の民主主義のルールまで踏みにじっていく。本当に憤りをおぼえます。
 こうやって強行成立させた自民・公明・維新の3党に厳しい審判を下していくことが必要ではないでしょうか。

安倍政権 世界に恥ずべき態度
 「共謀罪」法の中身そのものも、本当に問題です。2人、3人と集まって話し合いをすれば悪いたくらみをしていると勝手に決めつけて罰することが可能になってしまいます。政府は「一般人は関係ない」といっていましたが、すべての国民が対象です。電話、ライン、メールまで監視する。自由にものがいえなくなる。国民同士が監視しあうような社会にさせられてしまいます。
 だからこそ、国連の専門の機関から、「問題がある」と指摘を受けました。これに対しても、安倍政権はまともに答えない。そればかりか、逆に抗議している。世界に恥ずべき態度です。

「戦前」を復活させたいのか
 「共謀罪」がとても恐ろしいと思うのは、「現代版治安維持法」といわれている内容だからです。過去の歴史を振り返ったときに、どれだけ治安維持法が多くの犠牲者を生み出してきたのか。日本共産党員の作家、小林多喜二が虐殺されたのをはじめ、多くの人たちが死に追い込まれました。
 一方、子どもたちの教育は、教育勅語でゆがめられました。いざとなったら国家のために、天皇のために身を捧げよと教える教育勅語によって、多くの若者が戦争へと駆り立てられていきました。若い人たちがどれだけ命を落としたのか。これへの反省があって戦後の政治が始まったのではないですか。1948年には、国会で教育勅語を排除する決議があがっています。これを復活させていこうというのが、安倍政権なんです。

後悔しないために、いま、声をあげましょう
 安倍政権がやってきたことを振り返ってみましょう。特定秘密保護法、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定。安保法制(戦争法)、そして今回の「共謀罪」。教育勅語を教材として使ってもいい、という閣議決定までしました。しかも、ここで終わりではありません。安倍首相は、2020年までに憲法9条を変えると公言しています。
 私は、いまこそみなさんと一緒に、「憲法を守れ」「9条を守れ」「平和を守れ」の声をあげていくときだと思います。2020年といえば、目の前です。「共謀罪が通ったこのときが歴史の曲がり角だったね」と振り返って後悔するようなことのないように、いまこそ思想・信条・立場の違いを超えて、「平和と民主主義を守ろう」の声をご一緒にあげていきましょう。

憲法9条を守ってきた国民の力
 安倍政権がすすめるよくない流れを食い止めることはできる。私はそう確信しています。なぜかといえば、私たち日本国民は憲法9条をずっと守ってきたからです。いまも、世論調査をすれば、「憲法9条は平和を守るのに役立ってきた」と多くの人が回答しています。この力があれば、安倍政権の流れをかならず食い止められると思います。

選挙で一人ひとりの意思を示しましょう
 大事なのはタイミングです。いま声をあげることが必要であり、それを選挙で示していくことが必要だと、私はこころから訴えたいと思います。
 目の前に迫った都議会議員選挙は、安倍政権の流れを食い止めるための判断ができる機会です。力を合わせて政治の流れを変えましょう。平和な社会を子どもたちに引き継いでいきましょう。私、都議予定候補の原のり子は、みなさんと力を合わせて取り組んでいきます。お力添えをこころからお願いいたします。


50人余の女性が参加して宣伝しました。感激です!
b0190576_09580038.jpg
黒目川のカルガモ親子
b0190576_09580525.jpg


小池晃党書記局長の応援演説動画は、こちら から
b0190576_21411890.jpg

原のり子のスピーチ動画は、こちら から
b0190576_21412425.jpg

原のり子リーフは、こちら から
b0190576_21433364.jpg

「都市農業への思い」は、こちら から
b0190576_21411480.jpg


homepage  twitter  facebook  YouTube



by hara-noriko | 2017-06-18 10:04 | 国政 | Comments(0)

自主避難者苦しめる安倍政権   

安倍政権の冷たい政治が自主避難者を苦しめている
 私はこの間、東京電力福島第1原発事故によって自主避難してきた方々と何度か懇談をしてきました。自主避難している方々の状況は本当に深刻です。

使ってもいいがお金を払え、と
 とり壊す予定のある公務員住宅に数名の方が住んでいます。利用している集会所は古くてエアコンも壊れている。しかし国は理不尽にも、集会所に置いてある机や椅子をすべて撤去してしまいました。そのうえで、使いたいのなら使ってもいいですよ、お金は払ってください、という態度です。月4万円ほどを数人で負担してください、というのです。
 エアコンも壊れていて、机も椅子もない。そんな集会所を使ってもいいけどお金も払え、というのが国と福島県の姿勢なんです。私は、この冷たい政治に胸が痛みました。

ぼろぼろの住宅 メンテナンスもしてくれない
 この方たちは、国家公務員住宅にあと2年しかいることができません。でも、この2年の間、ぼろぼろになっている住宅にメンテナンスもしないでお金を払って住み続けろ、という。人権問題ではないでょうか。

支援することこそ政治の役割
 被災して東京に出てきている方たちは、小さいお子さんをかかえて、帰るにも帰れないなどさまざまな困難を抱えています。そんな状況のなかで暮らしています。そして被ばくした子どもたちへの影響を毎日心配しながら、この東京で暮らしています。
 こういう人たちを支援することこそ、政治の役割ではないでしょうか。ところが、こういう人たちを切り捨てているのが安倍政権の政治です。許せることではありません。

暴言・失言を野放しにしてきた安倍首相の責任は重大
 安倍政権のほころびは、今村雅弘復興大臣の辞任にもあらわれています。私は、遅きに失したという思いです。3月の時点で暴言・失言を繰り返してきました。質問した記者に対して激高し退室を迫るなど、横暴ぶりは目に余るものでした。「自主避難は自己責任」なんていうことまでいいました。今度は、「東日本大震災が東北でよかった」という発言までしました。批判が広がって辞任となりましたが、辞任の理由は、国会審議に影響を与えるからだそうです。まったく反省がありません。
 今村氏の発言を野放しにしてきた安倍首相の責任は重大ではないでしょうか。今村氏が「東日本大震災が東北でよかった」といった場に安倍首相がいて、直接聞いていました。その場で「不適切だ」と安倍首相が指摘して辞任になっています。いままでの発言は野放しにされ、たまたま首相が一緒にいたから辞任する。本当に許せません。

都議選で安倍政権に審判を下しましょう
 次に復興大臣として任命された吉野正芳氏は、自らも被災していて被災者の気持ちがわかるといっていました。でも、どうでしょうか。これまでも原発を推進する立場で発言を繰り返してきた人です。福島原発事故の責任を明らかにする立場にはまったく立っていません。何度人を代えても福島の人たちに心を寄せることのない人が出てくる。安倍政権はもう終わりにしましょう。
 そのための審判を下すのが、東京都議会議員選挙です。被災者の気持ちに心を寄せ、原発推進の危険な方向に終止符を打って原発ゼロをめざす日本共産党に大きなお力添えをいただきたいと思います。首都東京で行われる選挙の結果は、国政に大きな影響を与えます。東京から安倍政権の暴走にストップをかける。この声を大きく上げていきましょう。


朝の駅前宣伝でこの問題を訴えています(清瀬駅南口)
b0190576_00475736.jpg
声援を受ける佐々木あつ子市議
b0190576_00480379.jpg
ビラを配布する山崎美和市議
b0190576_00480635.jpg


homepage  twitter  facebook  YouTube






by hara-noriko | 2017-05-01 00:52 | 国政 | Comments(0)