タグ:小池知事 ( 4 ) タグの人気記事   

ミサイル起動展開訓練 都から聞き取り   

 航空自衛隊が10月9日、東京・有明にある東京臨海広域防災公園で、地上配備型迎撃ミサイルパトリオット(PAC-3)の起動展開訓練を実施し、小池都知事が視察しました。私と米倉春奈都議が都の総合防災部の担当課長に改めて聞き取りをしました。前回の記事と合わせてお読みください。

どういう経緯で訓練を容認したのか
知事が視察したのは…
 (Q)先日の知事あての申し入れ時に、どういう経緯で都内での訓練を容認し、知事が視察することになったのか尋ねましたが、その回答を聞きました。
 (A)9月17日に国から訓練への協力要請が出されたので、それに協力するスタンスで調整してきた。事態対処法5条では、地方公共団体としての責務が位置づけられており、国民保護計画にもとづいている。防災公園は、警察や消防の訓練もやっているので、貸し出すことは問題ないと判断。
 そして、9月17日以降に、知事サイドから機会があれば視察したいとの話があり、そういう運びになった。

訓練の様子は
 (Q)今日の訓練の様子について聞きました。
 (A)防衛大臣、幕僚長、北関東防衛局長などが参加。また、都からは、知事や危機管理監、総務局長など。一般席も設けられていた。座っている人はあまりいなかったよう。

なんのための訓練なのか
 弾道ミサイルが発射されて7分ぐらいの間に、わざわざ公園まで移動して迎撃するなどということは考えられず、いったいなんのために基地の外で訓練するのか…意味がないし、都民の不安をあおるだけではないでしょうか。国からの協力要請がどういうものなのか、今、さらに聞いています。こういう「訓練」に知事が視察をする目的はなんなのでしょうか。ひきつづき、注視し、必要なとりくみをしたいと思います。

駅前の宣伝で

b0190576_21024125.jpg
b0190576_21024523.jpg
(撮影:長島可純 2次加工、SNS以外のご利用はお控えください)


by hara-noriko | 2019-10-09 21:04 | 東京都政 | Comments(0)

都内の公園で自衛隊がミサイル起動展開訓練   

共産党都議団が都知事に申し入れ
 航空自衛隊は10月9日、東京・有明にある東京臨海広域防災公園で、地上配備型迎撃ミサイルパトリオット(PAC-3)の起動展開訓練を実施し、小池都知事が視察しました。これに先立つ7日、日本共産党都議団は小池知事に対し、「東京臨海広域防災公園でのPAC-3起動展開訓練に関する申し入れ」をおこない、訓練を実施しないように知事が国に求めるとともに、視察はおこなわないことを求めていました。

都は「後日説明したい」と
 総務局総合防災部長は、知事に報告させていただきます、と述べました。私は、どういう経緯で都内での訓練を容認し、知事が視察することになったのか尋ねましたが、「今は資料がなく正確にお答えできない。後日説明したい」と。しかし、その後、まだ説明はありません。

防衛省からも聞き取り
 10月8日には、共産党の宮本徹衆院議員室において、防衛省の担当から聞きとりをおこない、口頭で訓練の中止を求めました。経緯については、展開できそうな地域を探し、防災公園を東京都と江東区にお願いして受け入れてもらった、と。首都圏が狙われるとの想定での訓練だが、この間の北朝鮮のミサイル発射による訓練ではなく、あくまで、通常訓練の一環といいます。

なぜ基地の外でやるのか
 しかし、なぜ、基地の外に出てやる必要があるのか、腑におちません。展開訓練とはいっても、この公園のまわりに住宅や学校、病院などがあることを考慮しているのか。仮に、ミサイルを飛ばした場合どの程度の被害が予想されるのか想定しているのか聞きましたが、二次被害、三次被害についての検証はとくになく、今後必要になってくるかと思う、と。なんのための基地外の訓練なのか、よくわかりません…。

アメリカの先制攻撃体制を確保するもの
 最後に、大山とも子都議団幹事長から、▽そもそもPAC-3はアメリカのミサイル防衛計画とセットで打ち出され、アメリカの先制攻撃体制を確保するためのもので憲法違反であること▽北朝鮮のこの間のミサイル発射は許されないものであり、厳しく批判するとともに、話し合いによる外交努力を手放さないことが重要であること―を指摘し、訓練はすべきではないことを申し入れました。

安全どころか不安をあおる
 航空自衛隊の報道発表資料には、順次、全国的に同様の訓練を実施予定、とあります。今回は埼玉・入間の部隊約30人15車両が防災公園に移動。国民の安全・安心感の醸成に寄与する、とありますが、むしろ不安をあおるものです。引き続き、中止を求めていきます。

 *PAC-3は、昨年、北朝鮮情勢の激変を受けて撤収していました。(赤旗2018年8月1日付)

都の担当者(左)に申し入れる共産党都議団

b0190576_15220775.jpg


9日朝、大山とも子幹事長が、監視のため現地へ
病院も隣接し、住民の人たちがくつろぐ場所が異様な雰囲気に

b0190576_15221377.jpg




by hara-noriko | 2019-10-09 15:23 | 東京都政 | Comments(0)

9月議会で質します 築地市場の豊洲移転   

「豊洲新市場」を内覧
 小池都知事は、「豊洲新市場」の安全宣言をおこない、その後、農水省が開場の認可書を交付。そして、9月13日、内覧会・開場の記念式典が行われました。日本共産党都議団は、式典には出席せず、内覧をしました。1時間半以上かけて全体を見ました。

使い勝手の悪さ、土壌汚染…
 実際に、歩いてみると、関係者の方々が指摘している、使い勝手の問題をはじめ、さまざまな課題が実感できます。また、地下の土壌汚染の問題が、なんら解決されていないことの重大さを改めて、考えさせられました。このまま進めてしまうことを、仕方がない、とはとてもいえないです。

言葉を失う
 見学コースには、何枚か、市場の歴史の写真が飾られ、築地のセリの様子などの写真も。まさか、この数枚の写真が「築地を生かす」? 築地の歴史と培ってきた技術の何を学んだのでしょうか。悲しさと憤りで言葉を失いました。

築地の関係者は
 翌日、別件でお会いした方が、築地に働く方の関係者でした。「10月5日に築地から引っ越すようにいわれているが、たいへんだ。豊洲は、トラックを横づけして、サイドのドアを開けての荷おろしができず、後ろからしかできないので、いったいどのぐらい時間がかかるだろう」と。

9月26日に代表質問
 まもなく、都議会第3回定例会(9月議会)が始まります。まず、初日の19日は、知事の所信表明があります。そして、26日が代表質問です。共産党都議団は、知事の姿勢、豊洲への移転の問題点を厳しく質していきます。

「豊洲新市場」を内覧する共産党都議団
b0190576_02161934.jpg

築地市場の豊洲移転は中止するよう街頭でも訴えています
b0190576_02162453.jpg




by hara-noriko | 2018-09-15 02:16 | 都議選 | Comments(0)

築地市場の豊洲移転はきっぱり中止   

小池知事には賢明な判断を求めたい
 築地市場の豊洲移転問題がいよいよ大事な局面になりました。小池知事が近く態度を表明するといわれています。メディアはあれこれ報道していますが、私は「豊洲移転は絶対に反対。築地市場の再整備こそ」の声をあげたいと思います。
 豊洲は土壌汚染が本当に深刻です。他の土地と比べものになりません。ベンゼンは基準値の100倍も出てしまっている。小池知事も6月の都議会の冒頭で、豊洲は無害化ができていないことを公式に認め、謝罪しました。先日は、築地市場にも行って、築地で働いているみなさんの前で頭を下げました。
 無害化ができていないのに、移転できるはずはないではありませんか。この問題では、小池知事に賢明な判断を求めたいと思っています。

築地市場の再整備こそ理にかなう
 地下の汚染だから大丈夫、と自民党の人たちがいってきましたが、専門家会議は、地上まで汚染を広げるリスク(危険)がある、と指摘しました。小池知事も、安全・安心の総点検をしなければいけない、といっていたはずではありませんか。
 豊洲移転はきっぱり中止する。この声をみなさんと一緒にさらに大きくしていきたいと思っています。そして、築地での再整備に進みましょう。約800億円でできることもわかっています。もし豊洲に移転を強行したら、これまで6000億円をかけてきたけれども、さらに赤字額は60年で1兆円にも膨れ上がることもはっきりしました。
 築地のみなさんは、豊洲に行っても今の建物ではすぐに働くことはできないよ、とはっきりいっています。
 築地市場の再整備がもっともリーズナブル(理にかなっている)で安全・安心なんです。働いているみなさんたちの暮らし・営業を守っていくこともできます。清瀬市の魚屋さんに聞いても、「とにかく築地でがんばってね」とおっしゃっていました。「豊洲から来た魚だといったら、売れない」といっています。商店のみなさんの営業を守っていく点でも、きちんと決着をつける必要があると思います。

豊洲移転を強行すれば1兆円の赤字が見込まれている
 さきほど、赤字が1兆円といいました。税金の使い方の点でも、移転問題は重要です。いままでも東京都は大企業に大盤振る舞いしてきました。豊洲の建物をつくるときも、大手ゼネコンが一手に仕事を引き受けてきました。東京ガスは十分に汚染対策をしないまま東京都がその土地(豊洲新市場が建設された土地)を引き取っています。大企業には便宜を図ってきたといわざるをえない状況です。

共産党だから税金の使い方を切り替えられる

 私たち日本共産党は、大企業から1円も献金を受け取っていない政党です。だからこそ、税金の使い方を切り替えることができます。
 地域を回ってみなさんとお話ししますと、「シルバーパス、2万510円は高すぎる」「3000円のパスなどをつくってほしい」という声がたくさん聞かれます。先日は、ヘルパーさんのからお話しを聞きました。「高齢者のみなさんが、転んでケガでもしたらもっとお金がかかるからといって、なるべき家にいますといっている。そういう話はたくさんあるんですよ」とおっしゃっていました。シルバーパスは、何のための福祉制度かということが問われています。

シルバーパスの改善も保育園の増設もできる
 シルバーパスの改善も、お金の使い方を切り替えれば、十分に可能です。一般会計の約4%程度で、シルバーパスの改善や保育園の増設、給付型の奨学金などもできると共産党は提案しています。
 【都の予算4%で実現できるもの】
  認可保育園を9万人分増設
  シルバーパスの負担軽減などの改善
  特養ホームを2万人分増設
  国保料1人年1万円軽減
  35人学級の実現
  大学生向け返済不要の奨学金

都にお金はある ないのは「福祉の心」

 豊洲の問題をきっぱり決着をつけ、大企業に大盤振る舞いの都政のあり方を切り替える。1㍍つくるのに1億円もかかる道路建設などは改めていく。こういう方向に進んでいこうではありませんか。東京都にはお金はある。ないのは福祉の心です。
 東京都は13兆円のお金を持っています。スウェーデン1国の予算と同じです。このことを訴えていたら、こんな話が返ってきました。「スウェーデンは1つの国なので、13兆円のなかに軍事費もある。でも東京都にはそれはない」と。都民の暮らしのためにお金を使う。そういう当たり前の都政にするために、ぜひとも私、原のり子を働かせてください。

都民の声を都政に届ける仕事を原のり子にやらせてください
 18年間、東久留米の市議会議員を務めてきて、地域のみなさの声をうかがってきました。18年間のうちの10年間、清瀬のみなさんと一緒に都立清瀬小児病院廃止反対のとりくみもすすめてきました。
 廃止反対のとりくみで悔しい思いをしたのは、「廃止反対」の声をあげる都議会議員がいなかったことです。地域のみなさんの声をまっすぐ都政に届ける議席が絶対に必要だと痛感しました。その仕事を日本共産党の原のり子にやらせてください。みなさんと力を合わせて、声を届けるために役割を果たしたいと思います。


「豊洲移転はきっぱり中止に」と訴えています
b0190576_22444075.jpg

「まちかどスピーチ」のあと、2階から声援をいただきました
b0190576_22444371.jpg


homepage  twitter  facebook  YouTube




by hara-noriko | 2017-06-19 22:46 | 東京都政 | Comments(0)