タグ:市民パレード ( 12 ) タグの人気記事   

「市民パレード」でスピーチしました   

 6月29日、東京・東久留米市でおこなわれた市民パレード。私もひとことスピーチしました。

 まずいちばん話したかったのは、このパレードを市民のみなさんがずっと積み重ねてくださり、広く市民に呼びかけるだけでなく、私たち議員にも声をかけつづけてくれていることです。だから、毎回、超党派の議員が参加しています。この意義は本当に大きいということです。みなさんのとりくみに心から敬意を表します。こうした草の根のとりくみの積み重ねが、参院選での野党共闘にも結びついています。

 先程、市民の方から、「投票に行こう」というお話もありました。本当に大事です。今回、市民連合が中心になってまとめられた共通政策は、画期的なものになりました。とくに9条を守るということが一致点になったことは本当に嬉しかったです。市民と野党の共同が大きく前進しています。

 都議会でもこうしたとりくみのなかで共同を強める努力をしていきたい。先日、共産党都議団として、私が所属している総務委員会で、アメリカの臨界前核実験に抗議する決議をあげましょう、と各会派によびかけました。生活者ネットの方は共同提案者になってくださいましたが、残念ながら委員会の理事会で調整がつかず、委員会に提出できないという結果になってしまいました。都議会では、委員会理事会(非公開)で全員が一致すると、意見書や決議をあげられるということになっています。理事会は公開すべきですし、また、決議や意見書は理事会にはからなくても委員会で審議するようにすべきだと私は思います。
 平和を守るあたりまえの声が通る都議会にしていくために、努力をしていきたいと思います。

【関連記事】
「市民パレード」で切実な訴えが


市役所前の集会でスピーチ
(左から)宮本徹衆院議員、村山順次郎市議、
原のり子、北村りゅうた市議
b0190576_12335782.jpg
市役所周辺をパレード
b0190576_12340078.jpg





by hara-noriko | 2019-07-03 12:34 | 活動日誌 | Comments(0)

「市民パレード」で切実な訴えが   

140人を超える人が参加して
 6月29日の土曜日、東京・東久留米市で「市民パレード」がおこなわれました。140人を超える人たちが参加して、「憲法9条を壊すな!」「安倍政権の改憲発議を止めよう!」「沖縄・辺野古新基地建設中止を!」「兵器の爆買い反対!」と声をあげながら、市役所周辺を歩きました。
 パレードに先立って市役所前でリレートークが行われました。日本共産党から宮本徹衆院議員をはじめ、永田まさ子、村山順次郎、北村りゅうた、かもしだ芳美の各市議と私が参加しました。社民党の青木佑介市議もあいさつしました。

「市の公立保育園全廃計画を止めよう」の訴えが
 リレートークでは、市民のみなさんがかわるがわるマイクを握り、訴えました。そのなかで、2人の方が東久留米市が強引にすすめている公立保育園全廃計画を「市民の手で止めよう」と訴えました。1人は、最初に廃止対象にされている、しんかわ保育園のお父さんです。「しんかわ保育園を残したい」とアピールするポスターを紹介しながら、取り組みへの協力をよびかけました。もう1人は、よりよい保育を実現するために活動している富岡佑理子さんです。富岡さんの訴えを紹介します。


富岡佑理子さんのスピーチ

 私自身、子どもがお世話になっていた保育園が市より民営化が打ち出され、コスト削減とうたわれたその政策には当初、賛成していました。

 ですがその中身は、約束の反故、いいかげんな法人募集、不透明な法人選定、文書の改ざん、繰り返す隠ぺい、ずさんな経理とさんざんなものでした。
 にもかかわらず、現場の保育士や子どもたち苦しめておきながら、「問題はなかった」と言い張り、民営化を繰り返してきました。

 さらに―
 いま、この東久留米市では、民間保育園の運営、保育士不足が社会問題としてある中で、公立保育園の全園廃園計画を打ち出し、しんかわ保育園の廃園を強引にすすめています。

 しんかわ保育園は、駅の近くでは唯一の園庭のある保育園であり、それをなくすことは子育てに大切な外遊びの希少な場所を失うことになります。
 また、近隣の小規模保育施設、民間保育施設が困ったときの支えとなっている重要な施設です。
 公立保育園とは、地域の子育ての拠点、保育の支えとなる大切な施設です。

 さらに、しんかわ保育園の場合は、これまでの民営化とは異なり、受け入れ先となる新しい保育園もなければ、廃園での転園も保障されていない、行き場がないという過酷な状況です。

 そして、このままでは来年、しんかわ保育園の1歳児の受け入れ停止がなされてしまうかもしれません。
 つまり、待機児童の中でもいちばん多い1歳児の待機を、市みずからの計画でさらに増やしてしまうことになります。

 市が、自治体として児童福祉施設をどう考えているのか、公的保育が地域の子育てのセイフティーネットであることの重要性をどう考えているのか。市みずからが打ち出した計画の問題点や危険性に向き合わない市政には、たいへん問題があると考えます。

 また、学童保育施設も来年4月より2カ所で業務委託、つまり民営化される動きがあります。

 民営化により延長保育が拡大するなど、保育時間の幅があることは利点だとされていますが、ただ、その中身には職員の配置人数の緩和、専門職である保育士の資格要件の緩和という実質の切り下げ。そして、計画が来年4月という、あまりにも短い期間での強行で、これは職員の方にさらなる苦労を強いるものであり、子どもの安全、子どもの心への配慮といった何よりも大切な部分が置き去りになっていると考えます。

 公立保育園の廃園計画の強行、学童民営化が強行されようとしている中、今国会では幼児教育、保育の無償化が今年10月からスタートする予定です。
 その前進は望むのですが、やはりその中身は、給食費の課題、無償化に財源を取られることでの保育の質の低下、保育士不足が加速する可能性など、さまざまな懸念の声があがっており、各自治体では慎重に検討がなされているところです。
 しかし、東久留米市は慎重な議論も検討もないまま、国の制度に沿ってすすめようとしており、今後、保育環境の激変が予想されます。

 その中で、公立すべてを廃園にし、そのすべてを民間保育園に委ねようとしています、
 本来、公立、民間で互いに特色を持って保育を支え合っているのであり、保育が多様化してきている中であればなおさらに、地域に根差し、根底から保育を支える公立保育園という施設は、なくしてはならないものと考えます。

 このまま、市の計画を進めさせてはならない、と強く思います。

 いま、しんかわ保育園では9月議会に向け請願署名活動が検討されております。この運動を大きく広げたいと思います。

 子育ての問題は、いま子育てされている方のみならず、これからの未来をつくる地域社会全体につながる問題です。
 どうかみなさんのお力をお貸しください。


パレードで訴える人たち
b0190576_20410001.jpg
市役所前に集まって
b0190576_20410317.jpg
しんかわ保育園のお父さん(左)も訴え
b0190576_20410985.jpg
共産党も参加してスピーチ
(左から)宮本徹衆院議員、村山順次郎市議、
原のり子、北村りゅうた市議
b0190576_20411289.jpg




by hara-noriko | 2019-07-01 20:42 | 活動日誌 | Comments(0)

市民パレードに参加しました   

8回目のパレード
 「第8回戦争はいや! 安倍条改憲NO! 市民パレード」に参加しました。
 塚田先生のお話、市民のみなさんのスピーチに続いて、今こそ立ち上がろう、を歌い、その後、ひとことずつ議員もスピーチしました。
 宮本徹衆院議員、渡辺浩一郎元衆院議員(自由党)につづいて、私もスピーチ。あわせて、共産党市議団の村山順次郎市議、永田まさ子市議、北村りゅうた市議を紹介しました。そして、間宮みき市議(無所属)がスピーチ。
 その後、みんなでパレードしました。

私のスピーチ(要旨)
 あとで、間宮さんからお話があると思いますが、白石玲子市議が亡くなられました。本当にショックです。今日は、白石さんの追悼の思いを込めて参加しました。白石さんと一緒に、毎回このパレードに私たちは参加してきました。特定秘密保護法反対以来、超党派の議員で力を合わせてとりくんできました。それは、こうやって市民のみなさんが実行委員会をつくってよびかけをしてくださってきていることが、本当に大きな力です。これからも、市民のみなさんと一緒に、野党の共闘を強めて頑張っていきたいと思います。みなさんと一緒に歩きます!

市民パレードに参加した各党・会派の代表
(右から)村山市議、間宮市議、北村市議、
宮本衆院議員、渡辺元衆院議員、原のり子
b0190576_23594864.jpg
(撮影:長島可純 二次加工、SNS以外のご利用はお控えください)

参加を呼びかけるビラです
b0190576_00034921.jpg



by hara-noriko | 2018-06-18 00:00 | 活動日誌 | Comments(0)

戦争はいや!「共謀罪」反対!市民集会&パレ―ドに参加   

市民150人が東久留米市内をパレード
 5月27日、戦争法の廃止と「共謀罪」法案の廃案を求めて「戦争はいや!共謀罪反対!市民パレード」が、東京・東久留米市でおこなわれました。約150人が参加して、「共謀罪は憲法違反」「テロ対策とうそつくな」「自由に話せる社会を守れ」「戦争する国ぜったい反対」「憲法守れ」「9条守れ」と訴えました。
 戦争法に反対して始まった「市民パレード」は、こんどで7回目。集会が終わってパレードに出発する前、参加者が集まっていっせいにプラカードを掲げました。

3会派から5人の市議がスピーチ
 集会には5人の市議も参加しました。社民党の桜木善生さん、市民自治フォーラムの白石玲子さんと間宮美季さん、日本共産党の永田まさ子さんと私、原のり子です。5人がそれぞれスピーチしました。
 桜木さんは、「かつての治安維持法のようなものを持ってくる安倍さんの神経がわからない。安倍さんの強硬な姿勢そのものだ」とのべ、安倍首相が9条改憲を表明したことを批判。「安倍さんの打倒に向かって協力してやっていきたい」と語りました。
 白石さんは、安倍政権について「みなさんと思いは同じ」と表明。「安倍一強といわれながらも、あちこちにほころびを生じてきている」と指摘しました。「みなさんと連帯しながら、平和、人権を守っていくためにともにがんばっていきたい」とのべました。
 間宮さんは、「私たちが自由に発言できる権利をかちとっていきましょう」と呼びかけ、「子どもたちが教育勅語を教えられる社会がこないように、私たち大人がしっかりがんばっていきましょう」と訴えました。
 永田さんは、「秘密保護法が成立し、集団的自衛権の行使を認める閣議決定が行われ、そして戦争法が成立しました。いま『共謀罪』法案の成立もねらわれている」と安倍政権の暴走ぶりを振り返りました。「なんとしてもストップをかけるために、多くの人と一緒にがんばっていく」と決意をのべました。

私はこんなスピーチをしました
 私は、次のようなスピーチをしました。
 先日、衆院法務委員会で「共謀罪」法案が強行採決されたとき(5月19日)に、いてもたってもいられなくて、夜、国会前の抗議行動に行きました。たくさんの人たちが集まってきていて、私がいた短い時間でも、何人もの東久留米の市民の方にお会いしました。いま、本当にこえをあげていかなければいけないときだと思っています。
 「共謀罪」は、話し合うことさえ罰することができる。お互いを監視しあうような社会にしてしまう。同時に、子どもたちには教育勅語を復活させるかのような動きをして、教育までゆがめようとしている。安倍政権の暴走にストップをかけなければいけないと思います。
 多くのみなさんと、さまざまな立場の違いを超えて、平和を守ろう、戦争は絶対にだめ、この声をあげていきたいと思います。みなさん一緒にがんばりましょう。


参加者みんなでプラカードを掲げました
b0190576_21434942.jpg
3会派5人の市議がスピーチ
(左から)桜木、白石、間宮、永田の各市議と私

b0190576_21474592.jpg
元気にパレード
b0190576_21435983.jpg
沿道の声援に応えて
b0190576_22095298.jpg




by hara-noriko | 2017-05-27 21:45 | 活動日誌 | Comments(0)

「戦争はいや!市民パレード」に参加しました   

 5月28日、「第5回 戦争はいや!市民パレード」に参加しました。200人の市民のみなさんが参加。市議会からは、市民自治フォーラムの間宮議員・白石議員、社民党の桜木議員、共産党市議団の永田議員・村山議員・私。天気もちょうどよい感じで、気持ちよく歩けました。
 パレード出発前のスピーチでは、戦争法廃止へさらに共同を広げよう、平和を守ろうという思いが口々に。広島出身の方の思い、障害者運動を続けている方の思い…二本松はじめさんは素敵な歌でみんなと思いを通わせて。みなさん、たった2分ずつなのに、本当にすばらしかったです。政治学を学ぶ大学院生が寄せてくれたメッセージも紹介されるなど、さまざまな立場、考えの人たちが、このパレードに気持ちを寄せていることもわかりました。
 パレード賛同者も732人(6日現在)に広がっています。この一人ひとりの思いが結実されるように、さらに力をあわせたいです。
 パレードのあとは、定例の土曜日宣伝を行いました。チラシを受け取って下さる方も多く、いよいよ参院選が近づいていることを実感です。

「戦争法は今すぐ廃止」とコールしながら進むパレード
b0190576_00284852.jpg
市議会議員も参加してスピーチ
(左から)白石、間宮、村山、永田、原の各議員
b0190576_00290990.jpg


by hara-noriko | 2016-05-29 00:33 | 活動日誌 | Comments(0)

戦争法廃止へ 4回目の市民パレード   

 3月21日、「戦争はイヤ!声をあげよう実行委員会」主催の市民パレード(第4回)に参加しました。220人を超える方が参加! 出発前のスピーチでは、みなさんが思いを次々と。市議会議員の参加は、市民自治フォーラムの間宮さん・白石さん、共産党の篠原さん・村山さん・私。代表して白石さんと村山さんから、それぞれ思いのこもった、そして戦争法廃止への共同を広げ強める決意のスピーチがありました。(社民党の桜木さん、共産党の永田さんは別の仕事のため欠席)
 パレードは、小さい子どもさんから若者、高齢者まで、まさに老若男女で。沿道の桜もほころびはじめ、楽しく歩きました。子育て真っ最中のママさんの優しい声のコールと村山さんの若々しい凛としたコールがひびきました。
 国会前まではいけないけど、このパレードなら参加できると話す高齢の方々の思いに胸が熱くなります。
パレード出発
b0190576_22515073.jpg
出発前のスピーチをする村山市議(左)と、篠原市議(中央)、原
b0190576_22521043.jpg


by hara-noriko | 2016-03-22 22:52 | 活動日誌 | Comments(0)

「戦争はいや!市民パレード」に参加して   

 10月24日、「第3回 戦争はいや!市民パレード」(戦争はイヤ!声をあげよう実行委員会 主催)に参加しました。
清水雅彦さんが講演
 今回は、パレードの前に、「この間の運動の盛り上がりと戦争法廃止の展望」と題して、清水雅彦さん(日体大教授・憲法学)の講演会がありました。戦争法案反対の運動のなかで、さまざまな違いをのりこえて共同がすすめられてきたこと、野党の共同も国民の運動によって前進したことなど、とてもリアルに語ってくださり、「そうだったのか」と知ることもたくさんありました。
国民の共同を広げて戦争法廃止へ
 同じ「反対」と思っている人のなかにも、それぞれの微妙な違いもあり、そこをのりこえて共同することはとてもねばりづよさが必要であることも感じました。この間、そうした積み重ねをしてきているからこそ、戦争法を発動させない、戦争法を廃止する、という展望があることを実感しました。
 日本共産党の「国民連合政府」の提案についても、「ひとつのたたき台として、野党の協議をしていくことが大事ではないか」と指摘されました。そうだ、議論して、共同して、本当に選挙で戦争法廃止の国会議員を多数にしていきたい、と強く思いました。
 講演会は会場あふれる、200名を超える参加者でいっぱいになりました。赤ちゃん連れのお母さん、高校生や若い人たちの姿も。市議会議員は、社民党の桜木善生さん、共産党市議団の篠原重信さん、永田まさ子さん、村山順次郎さん、私。講演会後のパレードには、清水先生も参加してくださいました。

夕方は定例の土曜日宣伝
 夕方は、東久留米駅西口で定例の土曜日宣伝。いつも、ビラ配布に参加してくださっている後援会員の方が、「わざわざ戻ってきてビラを受け取ってくれる人もいて、ちょっと変わってきたなと思う」と。激励も多くいただきました。ひきつづき、とりくんでいきます。

パレードの前におこなわれた清水雅彦さんの講演
b0190576_23225049.jpg


by hara-noriko | 2015-10-24 23:23 | 活動日誌 | Comments(0)

戦争法廃止へ 力を合わせましょう   

共産党市議団として駅前で宣伝
 10月20日、共産党市議団の定例朝宣伝。東久留米駅西口で、篠原重信議員と永田まさ子議員、私で行いました。「国民の力で、戦争法(安保法制)なくす政府を」と題したしんぶん赤旗の号外チラシを配布。いつもよりも受け取りがよく、わざわざ取りに来てくださる方や、激励の声も寄せられました。とくに、ちょうど戦争法が強行成立して1カ月。SEALDs(シールズ=自由と民主主義のための学生緊急行動)による渋谷ハチ公前での宣伝や、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」による国会正門前集会が行われた直後だけに、改めて関心が高まっていることを実感しました。

10月24日 講演会と市民パレード
 夕方は、「戦争はイヤ!声をあげよう実行委員会」の駅頭宣伝へ。24日の講演会と市民パレードのチラシを配布しながら、市民のみなさんとともに、市民自治フォーラムを代表して白石玲子議員が、共産党市議団を代表して私がスピーチしました。
 第3回目となる市民パレードの賛同者は、600人を大きく超えました! 今回は、パレードの前に、憲法学が専門の清水雅彦教授(日体大教授)に講演していただきます。戦争法廃止の展望を学び合います。ぜひ、多くの方にご参加いただきたいと思います。
 講演会は午前10時から、市役所にある市民プラザホール・室内ひろばで。
 市民パレードは午前11時半から。

講演会と市民パレードのお知らせ
b0190576_00352063.jpg
講演会と市民パレードへの参加を呼びかける実行委員会の人たち
b0190576_00351402.jpg


by hara-noriko | 2015-10-21 00:35 | 活動日誌 | Comments(0)

戦争法案に反対する市民パレードに400人余が参加   

 9月6日、「第2回 戦争はいや!市民パレード」でした。始まる少し前から、雨が降り出し…。悪天候のなか、傘をさし、カッパを来て次々と集まる人たち。400~450人の人が参加されました。
若いお母さんもスピーチ
 出発前の市民のみなさんのスピーチは本当にすばらしかった! 平和の朗読劇に参加した青年をはじめ、十数名の市民がスピーチ。そのなかには、男の子を育てている若いお母さんが2人も。子育ての実感から自分の言葉で語られました。
 …子ども同士のけんかでも、やられたらやりかえせとは言えない自分。ママ友のなかでは、結構当たり前だったりして、悩むこともある。でも、7月のパレードに初めて参加してみて、そういう自分でいいんだと思えた。楽しかった。
 …子どものけんかでまず、自分の気持ちを言おうね、お友だちの話しを聞こうね、と解決していくのに、戦争法案の動きは、まったく逆。子どもに説明のつかないことをしてもいいのか。憲法9条をまもって、話し合いを大事にしないといけない。一人ひとりの力は小さくても集まれば必ず動かせると信じている。
市議会からは…
 市議会からは、市民自治フォーラムの間宮さんと白石さん、社民党の桜木さん、共産党の篠原さん・永田さん・村山さん・私が参加。必ず廃案に、と雨の中で決意を新たにしました。

雨の中、市内をパレードしました
b0190576_23153503.jpg

by hara-noriko | 2015-09-07 23:18 | 活動日誌 | Comments(0)

「戦争はいや!市民パレード」に350人余が参加   

「戦争法案反対」を訴えて
 12日(日)、本当に暑い日でしたが、戦争法案に反対する「戦争はいや!市民パレード」は350人以上の参加者で、大成功でした! 小さなお子さん連れのお母さん、お父さんたちの姿もあり、改めて、子どもたちに平和な社会を引き継いでもらわなければ、と決意を新たにしました。
 スピーチもみなさんすばらしかった! 佐藤学・学習院大学教授(東大名誉教授)も市民の一人としてマイクを握り、学者の人たちや東大でのとりくみの変化を話され、「国会外で私たちは多数派。力をあわせてがんばりましょう」とよびかけました。
 市議会議員は、10日の宣伝行動につづき、3会派7人がそろって参加。市民自治フォーラムの間宮議員と白石議員、社民党の桜木議員、共産党の篠原議員・永田議員・村山議員と私です。
共同の輪をもっと広げて廃案に追い込もう
 まさに今ががんばりどころ。不良に絡まれたアベさんをアソウさんが助ける…といった、とても説明とはいえないたとえ話をしてしまうほど、安倍政権は追いつめられています。共同の輪をもっと大きくして、必ず戦争法案を廃案に追い込みましょう!

市役所前の広場で集会
b0190576_23380198.jpg
350人余が参加して市内をパレード
b0190576_23380825.jpg
(左から)白石、間宮、篠原、桜木、永田、原、村山の7市議
b0190576_23382004.jpg


by hara-noriko | 2015-07-13 23:39 | 活動日誌 | Comments(0)