タグ:強行採決 ( 2 ) タグの人気記事   

「共謀罪」法案 強行採決は許されない   

緊迫する国会情勢
 6月18日の会期末を目前にして、「共謀罪」法案の採決強行を急ぐ自民・公明の与党に対して、民進党、共産党、自由党、社民党の野党4党は書記長幹事長会談を開き、あらゆる手段を講じて廃案をめざす構えです。そんな緊迫した国会情勢のなか、私は東久留米市内で「まちかどスピーチ」をおこない、清瀬駅前で党清瀬市議団や後援会員のみなさんといっしょに宣伝しました。「『共謀罪』」法案反対の声をさらに広げましょう」「都議選で安倍政権に審判を下し、退陣に追い込みましょう」と訴えました。
 与党は15日早朝にも本会議で強行採決しようとしています。議員会館前、国会正門前では深夜まで抗議行動が続き、強行採決に備えて残る人たちもいます。

法案の危険な中身
 「共謀罪」法案は、2人・3人と集まって話し合いをしているだけでも、悪いたくらみをしていると決めつけて罰することができるという、とんでもない内容です。政府は、ラインやメール、電話なども含めて国民を監視することが可能になります。お互いがお互いを監視しあうような、自由にものをいわせない社会をつくる法律案です。法律の運用が問題になる以前に、法律案そのものが危険だと弁護士さんたちがいっています。
 民主主義を壊すものに対して、思想信条の違いを超えて、みんなで力を合わせましょう。

与党のやり方が異常
 その内容もさることながら、与党のやり方も異常です。自民党は、参院法務委員会での採決を省略して、いきなり参院本会議で採決する方針を決めました。法務委員長を野党がとっていて採決に応じないのではありません。法務委員長は公明党です。その公明党も自民党の方針をのみました。国民の意見はきかない。与党内の思惑だけで採決強行のシナリオを描く。ここのどこに道理があるのでしょうか。立憲主義の破壊、加計・森友疑惑隠しそのものです。

この地域から声を上げ続ける

 清瀬駅北口の宣伝で、一人の女性に声をかけられました。なんと12回も国会前の抗議行動に行っているそうです。かばんから国会前でもらったさまざまなビラを取り出して、説明してくださいました。「共謀罪だけは絶対に通してはならないと思っている」とおっしゃっていました。「強行採決は絶対に許さない」の声をこの地域からもしっかり上げ続けたいと思います。


「声を上げ続けましょう」と訴えました
b0190576_23271168.jpg
国会前の抗議行動に行っている方と対話になりました
b0190576_23272878.jpg

深夜まで行われた抗議行動(国会正門前)
b0190576_23273984.jpg



homepage  twitter  facebook  YouTube


by hara-noriko | 2017-06-14 23:32 | 国政 | Comments(0)

「共謀罪」の強行採決 私も国会前で抗議   

きょうの夜 演説会にぜひ!
 いよいよ、清瀬・東久留米地域では今日、日本共産党演説会が行われます。緊迫した国会情勢はもちろんのこと、都政刷新の課題、都議選の意義についても、笠井亮政策委員長(衆院議員)がくわしくお話しします。また、宮本徹衆院議員も駆け付けてお話しします。そして、私も話します。ぜひ、いらしてください!
 午後7時から清瀬市の「清瀬けやきホール」です。清瀬駅北口から徒歩4分。6時半に開場します。

「まちかどスピーチ」で声援をいただき
 5月19日、午前中は清瀬市で「まちかどスピーチ」。夏のような日差しのなか、3カ所で。どこでも、あたたかい声援を受け、元気をもらいます。スピーチでは、最初に、「いても立ってもいられない思い」と「共謀罪」法案について訴えました。

ひどすぎる! 「共謀罪」法案の強行採決
 そしてお昼ごはんを食べに、いったん家に戻りテレビを見ると…。
 衆院法務委員会で野党が徹底抗議するなか、「共謀罪」法案が強行採決されました。ひどすぎる…。中継していたワイドショー番組は、キャスターもコメンテーターのほとんども疑問の意見。「選挙でただすしかない」という意見も。私は、改めて都議選の重要性を実感しました。必ず、共謀罪は廃案に。そして、暴走を続ける安倍政権は退陣を。
 それにしても…その後、番組はすぐに話題をきりかえて、皇室の婚約予定の話に戻りました。何とも言えない気持ちになりました…。

国会前の抗議行動へ急行
 夜は、国会前へ行きました! 6時半に着いたものの、どんどん集まって来る人たちで、ステージは見えません。民進党の蓮舫さん、共産党の小池さん、社民党の福島さん、沖縄の風の糸数さんらが、力強く連帯のあいさつ。清瀬市から参加したみなさんともお会いできました。
 また、参考人として国会で質問を受けた加藤健次弁護士とも偶然お会いし、握手を交わしました。公明党が質問で、市民団体のビラをとりあげ、「不安をあおる」などと攻撃したことに対し、明快に反論された加藤弁護士です。市民がこの法案の心配を書くことは何ら問題ないし、その内容も問題ない。むしろ、市民のビラが正しいかどうかを国会であげつらうことの怖さを批判。そして、「話し合っただけで処罰されるというのはまったく正確だ。準備行為は誰がしてもいいことになっている。計画の仕方にも法律上は一切制限がなく、組織的犯罪集団も、計画段階でその人達がどういう集団かを捜査機関が決める仕組みだ」と厳しく指摘されています。

「共謀罪」法案の廃案、安倍政権退陣へ
 みんなの力で「共謀罪」法案を廃案に追い込みましょう。都議選で勝って、野党共闘をいっそう発展させて、安倍政権を退陣に追い込みましょう。

国会前で声を上げる人たち

b0190576_10333877.jpg
b0190576_10453205.jpg

私も輪の中にいました

b0190576_10334667.jpg


きょうの夜、演説会にぜひ!

b0190576_10335336.jpg



by hara-noriko | 2017-05-20 10:35 | 国政 | Comments(0)