タグ:心身障害者医療費助成 ( 4 ) タグの人気記事   

心身障害者医療費助成 知的障害3・4度の方も対象にすべきです   

 前回、東京都の来年度予算案について、「前進面と問題点」を紹介しました。このなかで、前進面として精神障害1級の方が心身障害者医療費助成の対象になることにふれました。今回は、もう少し詳しくお話ししたいと思います。大型開発優先という予算案の基本的な構造は変わっていないので、予算の組み替えをはじめとした建設的な提案と議会論戦をしていきたいと思っています。福祉やくらし、教育、環境、都市農業を守る方向に予算を使う。そのために力を尽くします。すでに2000項目にのぼる予算要望を小池知事に提出し、みなさんの願いを1つでも多く実現していくために努力しています。

都民・当事者のみなさんの運動と議会論戦で前進
 予算案の中で私がもっともうれしかったのは、精神障害1級の方を心身障害者医療費助成の対象にする、という提案です。これまでは、「心身障害者医療費助成」といいながら、身体障害1・2級(内部障害3級)、知的障害1・2度の方が対象で、精神障害の方は医療費助成から除外されてきました。共産党は、その問題を指摘してきました。障害者差別解消法もできました。そういう中で、心身障害者医療費助成から精神障害の方を排除するのはあってはならないことです。直ちに助成を実現するよう取り組んできました。
 都民のみなさん、当事者のみなさんも運動を続けて、都議会では全会一致で請願が採択されました。それを力に私たちも論戦を続けてきましたが、いよいよ精神障害の方を助成の対象にすることになりました。まずは1級だけですが、大事な前進です。

軽度の知的障害の方も「医療費が本当にかかる」と
 しかし、医療費助成の問題はこれで終わりではありません。昨年7月におこなわれた都議選のとき、私は、知的障害者の3度・4度の方も助成の対象にすべきだ、と訴えました。東京都は、軽度の方を対象にする考えはないとしています。
 知的障害のお子さんを育てているお父さん・お母さんからお話を聞きますと、軽度の方も助成の対象にすべきだということは明らかです。なぜなら、障害をもっている方は障害そのものだけではなくて、だんだんと高齢になっていくなかでたくさんの病気をかかえていきます。多くの方が「たくさんの病院に通わなければならない」「医療費が本当にかかる」と訴えています。
 精神障害1級の方が助成の対象になりましたので、こんどは知的障害3度・4度の方も助成の対象になるように取り組みを強めていきたいと思っています。

現在の心身障害者医療費助成制度については、こちら から


毎週土曜日夕方の定例宣伝で(東久留米駅西口)
b0190576_01480621.jpg
b0190576_01481136.jpg
夜明け
b0190576_01493430.jpg




by hara-noriko | 2018-02-04 01:50 | 東京都政 | Comments(0)

東京都の来年度予算案 前進面と問題点   

 2018年度東京都予算案が発表されました。共産党都議団としての談話も出し、現在、より詳細を調査中です。

共産党として建設的な提案・議論を行う
 今回の予算案には、都民のみなさんの運動や声、それと結んでの共産党都議団の質問や予算要望が反映されているものも多くあります。しかし、石原都政以来つづく大型開発偏重の予算の基本的構造は変わっていません。共産党としては、問題点は厳しくチェックし、予算組み替えをはじめとした建設的な提案・議論を行います。以下、いくつかの前進・成果をお知らせします。

精神障害1級の方が、心身障害者医療費助成の対象に!
 これまで、心身障害者医療費助成は、身体障害1・2級(内部障害3級)、知的障害1・2度の方が対象でした。これに対し、精神障害も対象にすべき、と運動がすすめられ、請願も全会一致で採択されてきました。ここで、ようやく精神障害1級の方が対象に!まずは、大事な一歩前進です!引き続き、知的障害3・4度の方への拡充など、とりくみを強めたいと思います。

国民健康保険税の負担軽減
 これまで国民健康保険は市が運営していましたが、4月から、東京都による運営に変わります。その変更に伴って、国保税が値上げされることのないように、東京都が支援をすべきだと求めてきました。予算案では、東京都独自に14億円を市区町村に支援するとなりました! ただし、「激変緩和」との位置づけで6年間(総額79億円)としています。一人当たりにすると約400円(年)ほどの負担軽減なので、まだまだ不十分ですが、都独自の支援の実施は大事な一歩です。さらなる支援の充実に引き続きとりくみます。

特別養護老人ホームはもっと必要
 特養ホーム待機者は、清瀬233人、東久留米366人(2016年4月1日時点)。依然、特養ホームが不足しています。予算案では、特養ホーム整備目標を引き上げ、特養ホーム整備費補助を昨年の倍の249億円にふやしました。

子ども食堂へ都独自の支援
 地域の大切な子どもの居場所となっている子ども食堂。東京都として運営費の補助を実施することに! 予算1000万円。

障害福祉サービス従事者への支援
 これまでは、保育、介護が対象だった職員住宅借り上げ支援でしたが、障害福祉も対象に。予算1億円。
 職員の研修を保障するため、代替職員を派遣する。予算9000万円。
 グループホーム従事者の研修事業に700万円。

★☆このほか、保育、学童保育、NICU(新生児集中治療室)整備目標を引き上げています。また、医療的ケアが必要な子どもさんたちの通学保障として、肢体不自由特別支援学校全18校に専用スクールバスを導入私立高校生の給付型奨学金は、通信高校にも拡大生産緑地保全対策…などの前進も。
 また、市町村総合交付金が550億円(50億円増)になったことは、多摩格差解消に向け、重要です!

<予算案の問題点から>
■「食の安全・安心」「築地を守る」との約束を破り、豊洲移転すすめる。築地市場内を環状2号線を通すため用地取得費予算100億円。
■1メートル1億円の外かく環状道路、住民から裁判が起こされている特定整備路線も推進。
■実際にどれぐらいの寄港があるかわからない、大型客船のふ頭整備に116億円。
■「国際金融都市」の名で、金融事業者の支援や賞金を出す事業も。4億6100万円。
■都立病院の直営見直しの検討に1億6000万円。
■弾道ミサイルが発射されたときの避難についての周知のため、映像作成。2000万円。


共産党東部後援会(東久留米市)の「新春のつどい」で
(右から)永田まさ子市議、谷川智行さん(党都委員会副委員長)

原のり子、北村りゅうた市議
b0190576_00465569.jpg
b0190576_00470170.jpg
宣伝をしているといつも対話に(東久留米駅西口)
b0190576_00470460.jpg




by hara-noriko | 2018-01-31 00:47 | 東京都政 | Comments(0)

ぜひ実現したい東京都心身障害者医療費助成の拡充   

 東京・清瀬市で開かれた「女性のつどい」(4月22日)。私は都議予定候補(北多摩4区=清瀬市・東久留米市)としてスピーチしました。(1)公立保育園に対する都の補助復活(2)東京都心身障害者医療費助成制度の拡充(3)都営住宅の新規建設と環境改善(4)シルバーパスの改善(5)三多摩格差の解消(6)私の政治信条―の6つです。順番に紹介します。2回目は、障害者医療費助成の拡充です。

障害者の家族の方と懇談して切実さを痛感
 東京都心身障害者医療費助成制度の拡充をぜひとも実現したい。
 障害者の家族の方と懇談に参加することができて、拡充の切実さを痛感しました。3月の東久留米市議会の一般質問でこの問題を取り上げ、「都の制度なので、ぜひ、市からも強く要請していただきたい」と訴えました。

精神障害の方を対象に加える

 心身障害者医療費助成制度なのに、今まで精神障害の方は除外されていました。これに対して、運動している方々が、「精神障害者も対象にしてほしい」と都議会に請願をあげ、採択されました。この実現を急ぎたい。

知的障害の方への助成拡大も急務
 いまこの地域で大きな運動になってきているのが、知的障害の方への助成拡大です。知的障害の「愛の手帳」を持っている方で、助成制度の対象になっているのは、1度・2度の方だけなんです。3度・4度の方は対象外になっています。1・2度の方は、所得制限はあるものの、ほとんどの方が医療費負担はありませんが、3・4度の方は3割負担になっています。年齢を重ねていけばいくほどたくさんの病院に通うようになっていることからも、改善がどうしても必要です。

東久留米市も「都の会議で要望する」と
 私の質問に東久留米市は「東京都の担当課長会で要望していきます」と答弁していますので、市とも一致できることなんだなと思いました。

力いっぱい訴えました
b0190576_23045030.jpg
ハナミズキ
b0190576_23045473.jpg



homepage   twitter   facebook






by hara-noriko | 2017-04-24 23:07 | 東京都政 | Comments(0)

本会議一般質問(3)都の心身障害者医療費助成 対象者拡大を   

 3月9日、東京・東久留米市議会本会議で一般質問に立ちました。特別支援教育、保育、障害福祉、情報公開の4つの柱で質問しました。その内容を3回に分けてお伝えしています。最終回の3回目は、障害福祉と情報公開です。

障害福祉 65歳を境にしたサービスのあり方について
 障害福祉行政についてうかがいます。
 ひとつめとして、65歳を境にしたサービスのあり方についてです。
 障害福祉サービスを受けてきた方が65歳になると、原則として介護保険サービスに移行します。障害福祉サービスと介護保険サービスの内容は全く同じでないにもかかわらず、原則移行するとなっているため、全国で矛盾が噴出しサービスが後退することがないように声があがりました。まず、基本的なことを確認します。障害者の方が65歳になるときに、居宅サービスについて、地域包括支援センターやケアマネジャーなどとどういう調整が行われるのでしょうか。
 また、通所サービスについてはどうでしょうか、お聞かせください。
東京都心身障害者医療費助成制度
対象者の拡大を市から都に強く要請してほしい
 障害福祉のふたつめとして、東京都が実施している、東京都心身障害者医療費助成制度の対象者を拡大することについて質問します。陳情も提出されていますが、精神障害も対象にしてほしい、とかねてから声があがっていました。東京都の制度ですので、ぜひ、市からも強く要請していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

情報公開審査会の名簿公開を求めたい
 情報公開についてうかがいます。
 公文書などの開示請求をおこない、非開示になる、あるいは部分開示になるなどの結果について、疑問や不服がある場合には、行政不服審査法にもとづく、不服申し立てを行うことができます。これは、大事な市民の権利です。そして、その申し立てについて検討するのが情報公開審査会です。大変重要な役割をもっていますが、市民から見えにくいというのが現状であると思います。そこでうかがいますが、
 1点目、最近5年間での開催状況はどのようになっていますか。
 2点目、5人の委員は市長が委嘱し、任期は2年とのことですが、どのような方が委員なのかはわかりません。わが市は、名簿の公開などはしていないのでしょうか。状況をうかがいます。

自席で再質問
 演壇での質問を終わって、自分の席から再質問をおこないました。大事なやり取りがありましたので、答弁も含めて改めてお知らせしたいと思います。

本会議一般質問(1)中学校に固定の情緒障害学級を
本会議一般質問(2)市民の声を無視した公立保育園全廃計画

都の心身障害者医療費助成制度の対象者拡大は切実です
b0190576_16302761.jpg
河津桜
b0190576_16303843.jpg



homepage   twitter   facebook



by hara-noriko | 2017-03-11 16:32 | 市政報告 | Comments(2)