タグ:意見表明権 ( 2 ) タグの人気記事   

滋賀県庁で子ども議会について学ぶ   

2000年から子ども議会を継続している先進県
 5月9日、滋賀県庁へ行きました。滋賀県では、2000年から子ども議会を継続し、今年で19回目。一時的なものではなく、継続・定着させている先進県です。

東久留米市議の時代から提案してきたもの

 私は、東久留米市で単発的に実施された子ども議会を傍聴し、子どもの発想のすばらしさ、子どもは大人が思っている以上に深く考えていることを実感するとともに、「意見表明権」を保障することの大事さを実感しました。単に、子どもの意見を聞きおくのではなく、真剣に向き合い、それを市政に生かすために定期的におこなうべきではないか、と質問してきました。共産党市議団としても、代表質問や予算組み替え案にも盛り込んできました。

共産党都議団としても実施を求める
 都議になり、総務委員としても、主権者教育の大事さや、子どもの意見を都政に生かすためにも子ども議会の実施を提案しました。共産党都議団としても、予算組み替え案にも盛り込んでいます。

小学校4年生から中学校3年生までの「議員」が…

 いろいろ調べていく中で、滋賀県では、単にイベント的に実施するのでなく、自ら応募してきた小学校4年生から中学校3年生までの「議員」が、半年かけて、体験活動や勉強会をしながら最後に議会を開く、というやり方をとっていることを知りました。担当課は、子ども・青少年局です。くわしく学びたいと思い、都議団で相談して、幹事長の大山とも子都議、総務委員のとくとめ道信都議と一緒にうかがうことになりました。

共産党滋賀県議団の協力を得て
 当日は、共産党滋賀県議団全員(ふしきみちよさん、藤井みえ子さん、杉本敏隆さんの3人)が迎えてくださり、ふしき県議と藤井県議は、私たちの聞き取りに同席してくださいました。説明してくださったのは、子ども・青少年局の副局長、副参事、子ども県議会担当の方です。担当の方は、元教員。くわしくお話してくださいました。

子どもの「意見表明権」をふまえ
 説明資料には、まず目的として…子どもの権利条約第12条が保障する「子どもの意見表明権」をふまえ、子どもが県政等に対する意見や提言を積極的に表明できる機会づくりを通じて、滋賀県の魅力や問題等に関心をもち、社会に参加する意識を高めるとともに、子ども自ら考え、自ら行動する力を育むよう支援することを目的とする…と書かれています。この位置づけが大事だと実感しました。

「思いがけない発想を大事にしたい」と
 なぜ、小学校4年生から中学校3年生までを対象にしているのかうかがうと、「自分としては、この年代の思いもかけない発想を大事にしたいと思っている」と担当の方が。そして、否定せず、まるごと受け止める。大人からしたらグサッとくるようなことも、県政にとって耳が痛いなということもちゃんと受け止め、実現できるものはしていこうと部局をこえて協議をしていく…と。すごい!

自己肯定感を育んで

 私は、主権者教育のベースは、小さい頃からいかに自己肯定感を育んでいくかではないか、と思っています。自分の意見を受け止めてもらえる経験をどれだけできるか…。それは、子どものわがままをなんでも許す、ということではなく、正面から向き合うということです。
 実はその点で「議会」はとても有効だと思うのです。公式に質問し、それを受け止めて公式に答える。実現できるものが出てくれば、働きかければ変わる、自分の意見が活かされるという経験にもなり、実現できないものは、またそこで考えを深める機会にもなります。若い人の投票率をいかに上げていくかが課題になっていますが、小手先のことではなく、小さい頃からの経験が大事ではないか、と改めて思いました。
 子ども県議会は、楽しくて毎年応募してくる子もいたり、高校生になってからはサポーターとして協力してくれる子もいるそうです。

子どもたちの提案がすばらしい
 子どもたちの提案を読みましたが、すばらしいものばかりでした。不登校の友達のためにフリースクールをつくったらどうか、高齢者や障害者の人の生活をみんなと同じ生活に近づけたい、などなど。そうした提案をふまえて、県の福祉読本を改定する、子ども目線の観光パンフレットを子ども自身が参加して作成する、などが進められています。
 県では環境団体への委託もとりいれながら、協力して行なっているとのことです。予算額は、全体で現在100万円とのことでした。

学んだことを生かしたい
 担当のみなさんの熱意や子どもたちの成長を見守る視点に、学ぶことが多々ありました。本当にありがとうございました。
 そして、レクチャーが終わったあと、共産党県議団の控え室で県議のみなさんと交流もでき、とても有意義でした。学んだことを今後に生かせるように取り組んでいきたいと思います。


滋賀県庁の入り口で
(右から)大山とも子都議、原のり子、とくとめ道信都議、
b0190576_00374909.jpg
滋賀県子ども・青少年局の方から説明をうかがいました
b0190576_00375251.jpg
共産党県議団のふしきみちよ県議(右奥)、藤井みえ子県議(右手前)と懇談
b0190576_00375684.jpg


by hara-noriko | 2018-05-11 00:38 | 活動日誌 | Comments(0)

ますます重要 主権者教育   

都議会総務委員会で質問
選挙管理委員会の事業について
 11月21日、都議会総務委員会の事務事業質疑で、選選挙管理委員会にかかわる事業についても質疑を行いました。以下主な内容です。

18歳選挙権
 18歳選挙権が始まり、選管では、高校において出前授業や模擬投票などを実施している。ところが、提出していただいた資料をみると、毎年のように選挙が行われているにもかかわらず、都選管による高校での出前授業・模擬投票が減少している。状況をうかがう。→都選管ホームページで資料や授業の様子を公開している。それらを活用して市区町村独自にも実施されてきている。それらを含めると、高校において昨年度は109校で実施しており、増えている。

意識を高める取り組みを
 主権者教育はますます重要。教育委員会とも連携しながら、意識を高めるとりくみが必要。取り組み状況は?→中学3年生に「レッツスタディ選挙」を教材として配布するなどのとりくみや、教職員の説明会に講師として参加している。

投票の仕方がわかりにくい
 先に行われた衆院選において、最高裁判所国民審査と比例代表の投票用紙を一緒に渡され、それぞれの投票箱に入れるが、わかりにくい、戸惑った、なぜひとつずつの投票にしないのか、という声がたくさん寄せられた。本来、小選挙区、比例代表、国民審査、と一件ずつの投票にすべきではないか、と考え、都選管の見解を聞いた。
 →何度かやりとりしましたが、総務省が示しているやり方にそって実施している、とのこと。また、選挙の投票が終わったら退出してしまわないように、同時に国民審査の投票用紙も渡している、とも述べていましたが…う~ん、疑問です。また調べていきたいと思います。

<私の思い>

意見表明権などを大事にしてこそ
 18歳選挙権がはじまり、若い人達の投票率が話題になるなかで、「大人でも投票しない人がたくさんいるのに、若い人ばかり問題視されるような取り上げ方はいやだ」という声も紹介しながら、全体の投票率アップへのとりくみが大事であることを指摘しました。
 また主権者教育のおおもとで大事なのは、子どもの権利条約で位置付けられている意見表明権などが日ごろから大事にされ、子どもたちの意見が社会にいかされていくという経験をたくさん積み重ねていくことです。今後、東京都150年のとりくみが行われるとのことだが、子ども議会を実施したらどうでしょうか。
出前講座と模擬投票
 ある障害者通所施設では、選管に相談して出前講座と模擬投票を実施したとの経験をうかがった。大変有効で、自分で考えて決めるということ、そして当日わからなかったら心配しないで係の人に聞けばいいとわかり、自信をもって投票に行けた、との経験を紹介し、こうしたとりくみを選管としてさらに進めていくことを求めました。

選挙管理委員会に質問

b0190576_13433234.jpeg
答弁を聞く
b0190576_13434158.jpeg
(撮影:長島可純 ↑上の2枚 転載はお控えください)

朝の宣伝で握手(東久留米駅前)

b0190576_13434610.jpeg



by hara-noriko | 2017-11-26 13:44 | 都議会 | Comments(0)