タグ:成人式 ( 4 ) タグの人気記事   

すてきな成人式(下)   

清瀬わかば会の「祝う会」
 もうひとつの成人式は、1月20日、社会福祉法人清瀬わかば会の「第26回わかば成人を祝う会&第1回還暦を祝う会」です。宮本徹衆院議員、市議会福祉保健常任委員会委員長の原田ひろみ市議、委員の山崎美和市議、そして元職員の香川やすのり市議予定候補も一緒です。市長、都議、市議多数が参列しました。

成人したスタッフもお祝いする
 今年は、6人の新成人。還暦の方はひとり。わかばの成人を祝う会は、スタッフの方でも20歳になる人は一緒にお祝いします。今年は、2人の方がスタッフでした。
 理事長あいさつでは、障害者自立支援法廃止に追い込んだ、障害者の方たちのとりくみにも触れられました。集会で、すべて人の手を借りなければ生きられない私は自立していないということでしょうか?と訴えていた方の姿を思い出します。

先輩の言葉
 また、働く仲間の先輩からのお祝いの言葉も素敵でした! 「大人になると投票できます、ぜひ投票してください」と。そして、還暦を迎えた方に、「○○さんは大先輩だけど、ぜんぜん威張らないからすごいです」と。

新成人 ひとことの重み
 新成人の人達も抱負をひとことずつ話しました。ひとことをいうのに時間がかかる方も。そのひとことの重みが伝わってきます。ある方は、「将来の夢は、学童で○○(職員の名前)みたいに指導員になりたい」と。日々のくらしが充実していること、職員の方とのあたたかいつながりに感激します。

私もあいさつ
「みなさんを応援するのが政治の役割」
 私も、ひとことごあいさつ。わかばにくると仲間のみなさんが主人公であると同時に、ご家族も職員のみなさんも、一緒に歩まれていることが本当に素敵だなといつも思うこと。みなさんを応援するのが政治の役割であること。障害者医療費助成の拡充やグループホームを応援することなど、もっと頑張りたいと思っていることなどを話し、エールを送りました。

心洗われる思い
 前回紹介した東久留米市手をつなぐ親の会の「新成人と新年を祝う会」。今回の清瀬わかば会「第26回わかば成人を祝う会&第1回還暦を祝う会」。ふたつの成人式に、心洗われる思いになりました。政治で何を大事にしなければならないか教えられ、原点に立たせてくれます。とくに、家族のみなさんは、子どもの成長に合わせて、ずっと運動を続けています。子どもが成人になって終わりではなく、「親亡き後」まで考えグループホーム建設に奔走する、子どもの年齢が上がってくると病院にも多くかかるようになる中、医療費助成を拡充するために署名を広げる…本当に頭が下がります。ずっと親たちが運動しなければならない状況を変えたい、ここにこそ政治の役割がある、と決意を新たにしました。

清瀬わかば会の「祝う会」に参加
(左から)山崎美和市議、原のり子、原田ひろみ市議
b0190576_13595312.jpg

サザンカにメジロ
b0190576_14000316.jpg

ツグミ
b0190576_14001219.jpg






by hara-noriko | 2019-01-22 14:04 | 活動日誌 | Comments(0)

すてきな成人式(上)   

東久留米市手をつなぐ親の会の「祝う会」
 ふたつの素敵な成人式に出席しました。
 1つは、1月19日、東京・東久留米市手をつなぐ親の会の「新成人と新年を祝う会」です。共産党市議団4人全員も参加しました。

胸を打たれ、考えさせられた

政治の役割が求められている
 4人の新成人、そして2人の2度めの成人。会長のあいさつとご家族のことばに胸を打たれ、考えさせられました。そこに大事なことがすべて表現されていると思いました。
 ある新成人の方のお兄さんは、「親がいなくなったときのことが心配だ」と。またある新成人の方の親御さんは、「地域で迷惑をかけることがあるかもしれないけど、尻拭いは自分達がやるので、息子にはどんどん地域に出ていって成長してほしい」。40歳の方の親御さんは、「だんだんと病院に行くことも増えてきている」。…政治の役割が求められていると痛感しました。

私もがんばる
 地域全体の意識啓発のために、障害者権利条約にたち、障害者差別解消法にもとづく東京都の条例を生かし、合理的配慮を徹底していくこと。親亡き後を心配しなくてもいいように、グループホームなどをふやしていくこと。安心して病院にかかれるように医療費助成を拡充していくこと…など、力を入れていく必要があります。頑張りたいと思います。

【私のお祝いの言葉(要旨)】

 成人の日を迎えられた4人の方、2度目の成人を迎えられた2人の方、本当におめでとうございます。また、ご家族のみなさん、一緒に働いたり活動している仲間のみなさん、スタッフのみなさんにも心からお祝い申し上げます。

 会長、ご家族のみなさんのお話のなかに、大事なことはすべて表現されていると思いました。そこにこたえるのが政治の役割だと感じています。

 昨年は、障害者雇用の水増し、という問題がおきました、障害のある方たちを、官公庁や自治体でも積極的に採用していくとしながら、実際には多く採用しているように偽装していた。障害者の働く場をうばい、尊厳を傷つけた、本当に許されないことです。

 東京都ではいわゆる水増しはありませんでした。しかし、都庁における障害者の採用試験では、身体障害者と精神障害者の方は採用されていますが、知的障害の方の採用はゼロです。試験は受けられるとしながら、実際には、合理的配慮がないために合格者が出ないのです。

 一人ひとりの特性に応じた働ける場をつくることが本当に大事です。また、みなさんのお話にあった福祉作業所でのお仕事をはじめ、さまざまな場をつくり応援していくことが大事です。同時に、「働かざるもの食うべからず」的な発想になっても困ります。誰もが安心して自分の力を発揮し、自分らしく生きてゆけることを大事にされなければいけないし、そこに政治の役割があると思います。

 手をつなぐ親の会のみなさんは、ずっと子どもの成長とともに運動を続けられてきています。心から敬意を表するとともに、私も都政の場からできることをしっかりやっていきたいと改めて思っています。
 みなさんのますますのご活躍を心から期待しお祝いの言葉とします。


手をつなぐ親の会の「新成人と新年を祝う会」
私もお話しさせていただきました
b0190576_02441324.jpg
東久留米駅から見た朝焼けの富士山
b0190576_02550344.jpg











by hara-noriko | 2019-01-21 02:44 | 活動日誌 | Comments(0)

成人式 若い人たちの感性が生きる社会にしたい   

 1月8日。東久留米市の成人式でした。2018年の新成人は、1164人。東久留米市生涯学習センターホールは、午前の部も午後の部もほぼ満席でした。

 市議の頃から毎年出席していて思うのは、20歳になるまでみんなどんな道を歩んできたのだろう、ということです。中学校区で午前・午後が分けられているので、地元の小学校・中学校ですごしてきた友人と参加したり、会場で出会ったりという姿が多くみられます。でも、病気で学校に通えなかった人、不登校だった人もいます。学校に行っていた人のなかにも、つらさを抱えていた人もいるでしょう。家庭に困難があるなか生きてきた人も少なくないと思います。
 でも、20歳まで生きてきたことを大事にして、みんなに幸せになってほしい。そのためにできることをしたい、と心から思います。

 成人代表のことばで、午前の部では、「大学で福祉を勉強して、安心できる場所のない子どもがいることを知り、自分は恵まれていたんだと気付いた」という趣旨のスピーチがありました。親がいない、一緒に暮らせないなど、つらい境遇の子どもたちの存在を知り、自分にできることをしようと考えていることが伝わってきました。
 また、午後の部では、「戻れるとしたらいつの自分に戻りたいか。…私は、いつも今の自分がいい、と思える生き方をしたい」とのスピーチが。大事なのは一人ひとりが自分らしく生きられること。そのことがまっすぐに伝わってきました。
 こうした感性が生きる社会にしていきたい、一緒に力をあわせたいと強く思いました。

 成人式が終わって帰りがけに、特別支援学級出身の新成人の方から声をかけられました。「のり子さん来てたね、見てたよ」。そして、少し興奮したように、「中学校のときの大好きだった先生に会えたよ。のり子さん、先生に自分のいた中学校に戻ってきてほしいんだ」と。その傍らには先生がいて、「よろしくお願いします」とニコニコと。
 なんだか胸がいっぱいになってしまった。自分はもう中学生ではないのに、戻ってきてほしいと願う。先生も、その気持ちを受け止めて「よろしく」と…。中学時代にこういうすばらしい出会いがあったことが、支えになっている…。生涯のたからものですね。

 新成人のみなさんに素敵な出会いがあり、自分らしい人生を送られることを、こころから応援します。


 1月7日は、市民駅伝大会、東久留米市消防団の出初式に参加しました。写真はそのときのものです。


市民駅伝大会で
b0190576_01544712.jpg
b0190576_01545110.jpg

東久留米市消防団の出初式で
b0190576_01550123.jpg
b0190576_01550698.jpg
(左から)篠原重信市議、永田まさ子市議、宮本徹衆院議員
北村りゅうた市議、原のり子、村山順次郎市議
b0190576_01551070.jpg








by hara-noriko | 2018-01-09 01:57 | 活動日誌 | Comments(0)

新成人、おめでとう!   

 今日(1月12日)は、成人式(午前の部)に参列しました。日本共産党市議団からは、篠原重信さん、村山順次郎さん、私。永田まさ子さんは、午後の部に参列しました。会場入り口では、保育園で一緒だった子どもさんのお母さんお父さんたちとバッタリ。「お久し振りです・・あ、20歳?」。本当に月日がたつのは早いです。みんなが幸せな人生を歩んでほしいです。
若い人たちを応援 一緒に力を合わせたい
 式典では、式辞のなかで教育委員長から、希望を持ちたくてもなかなか難しい、この先に一抹の不安を感じているのではないか、という趣旨のことばがありました。また、中学校時代の先生方が何人か参列されていて、お祝いのことばがありましたが、「何があっても生き抜いてほしい。応援しています」と話された先生も…。希望をもちにくい社会に生きている若い人たちの思いに寄り添って、応援する大人でありたいと強く思いました。そして、一緒に、人間らしく生きられる社会をつくるために力を合わせられたら…と。
 新成人のみなさん、本当におめでとうございます!
身体障害者福祉協会の新年会へ
 午後は、身体障害者福祉協会の新年会へ。大勢の市議会議員が、成人式の合間をぬって出席しました。共産党市議団からは、篠原さん、永田さん、私が出席しました。おいしいお弁当をいただきながら、楽しく交流させていただきました。いつもこのあつまりに出席すると、議員になったばかりのころ、身体障害といっても目に見える障害と見えない障害がある、ということを身障協で教えていただいたことを思い出します。この原点を忘れずに、がんばっていきたいと思います。

カルガモ(黒目川)
b0190576_00084616.jpg

by hara-noriko | 2015-01-13 00:08 | 活動日誌 | Comments(0)