タグ:戦争はイヤ ( 3 ) タグの人気記事   

東京・東久留米市で市民パレード   

戦争ぜったいいやだから
 12月21日、「戦争はぜったいいやだから!」市民パレード(主催:戦争はイヤ!声をあげよう実行委員会)に参加しました。前日とは打って変わって寒~い日。東久留米市役所前に集まりました。

市民のみなさんが次つぎ発言
 釣りをする方たちの9条の会で、版画によるビラをつくり、定期的に駅で宣伝しているとりくみ。毎月、横田基地撤去・オスプレイ撤退を求める座り込み集会に参加している方のとりくみ。歴史を学び、朝鮮学校の支援を続けている方のとりくみ。原発をなくそうとよびかけるスタンディングを続けている方のとりくみ。公立保育園、わかくさ学園を守ろうとのよびかけ。…などなど、次々に市民のみなさんが発言しました。

各会派から議員も発言
 最後に、議員もそれぞれの会派から一言ずつあいさつしました。
 市民自治フォーラムの間宮美季市議(無所属)と青木佑介市議(社民党)、共産党の村山順次郎市議・北村りゅうた市議・かもしだ芳美市議。都議の私です。

私もスピーチ
「市民が政治を動かしている」
 私は、「市民のみなさんのスピーチを聞いて、やはり市民のみなさんこそ政治を動かしていると改めて実感しました。横田基地では、住宅地・市民に銃口を向けた状態でオスプレイが飛んでいる。そういうことをやめさせなければととりくみを強めています。市民のみなさんとの共同、そして野党共闘を市でも、都でも、国でも強めて頑張りたい」とあいさつしました。

ねばりづよいとりくみこそ力
 長く続いている市民パレード。こういうねばりづよいとりくみこそ力です。実行委員会のみなさんに心から敬意を表します。


パレードに出発!

東京・東久留米市で市民パレード_b0190576_15592780.jpg

参加した市議と都議
(左から)青木市議、北村市議、原(都議)
村山市議、かもしだ市議、間宮市議

東京・東久留米市で市民パレード_b0190576_15593287.jpg



by hara-noriko | 2019-12-22 16:00 | 活動日誌 | Comments(0)

戦争はいや!「共謀罪」反対!市民集会&パレ―ドに参加   

市民150人が東久留米市内をパレード
 5月27日、戦争法の廃止と「共謀罪」法案の廃案を求めて「戦争はいや!共謀罪反対!市民パレード」が、東京・東久留米市でおこなわれました。約150人が参加して、「共謀罪は憲法違反」「テロ対策とうそつくな」「自由に話せる社会を守れ」「戦争する国ぜったい反対」「憲法守れ」「9条守れ」と訴えました。
 戦争法に反対して始まった「市民パレード」は、こんどで7回目。集会が終わってパレードに出発する前、参加者が集まっていっせいにプラカードを掲げました。

3会派から5人の市議がスピーチ
 集会には5人の市議も参加しました。社民党の桜木善生さん、市民自治フォーラムの白石玲子さんと間宮美季さん、日本共産党の永田まさ子さんと私、原のり子です。5人がそれぞれスピーチしました。
 桜木さんは、「かつての治安維持法のようなものを持ってくる安倍さんの神経がわからない。安倍さんの強硬な姿勢そのものだ」とのべ、安倍首相が9条改憲を表明したことを批判。「安倍さんの打倒に向かって協力してやっていきたい」と語りました。
 白石さんは、安倍政権について「みなさんと思いは同じ」と表明。「安倍一強といわれながらも、あちこちにほころびを生じてきている」と指摘しました。「みなさんと連帯しながら、平和、人権を守っていくためにともにがんばっていきたい」とのべました。
 間宮さんは、「私たちが自由に発言できる権利をかちとっていきましょう」と呼びかけ、「子どもたちが教育勅語を教えられる社会がこないように、私たち大人がしっかりがんばっていきましょう」と訴えました。
 永田さんは、「秘密保護法が成立し、集団的自衛権の行使を認める閣議決定が行われ、そして戦争法が成立しました。いま『共謀罪』法案の成立もねらわれている」と安倍政権の暴走ぶりを振り返りました。「なんとしてもストップをかけるために、多くの人と一緒にがんばっていく」と決意をのべました。

私はこんなスピーチをしました
 私は、次のようなスピーチをしました。
 先日、衆院法務委員会で「共謀罪」法案が強行採決されたとき(5月19日)に、いてもたってもいられなくて、夜、国会前の抗議行動に行きました。たくさんの人たちが集まってきていて、私がいた短い時間でも、何人もの東久留米の市民の方にお会いしました。いま、本当にこえをあげていかなければいけないときだと思っています。
 「共謀罪」は、話し合うことさえ罰することができる。お互いを監視しあうような社会にしてしまう。同時に、子どもたちには教育勅語を復活させるかのような動きをして、教育までゆがめようとしている。安倍政権の暴走にストップをかけなければいけないと思います。
 多くのみなさんと、さまざまな立場の違いを超えて、平和を守ろう、戦争は絶対にだめ、この声をあげていきたいと思います。みなさん一緒にがんばりましょう。


参加者みんなでプラカードを掲げました
戦争はいや!「共謀罪」反対!市民集会&パレ―ドに参加_b0190576_21434942.jpg
3会派5人の市議がスピーチ
(左から)桜木、白石、間宮、永田の各市議と私

戦争はいや!「共謀罪」反対!市民集会&パレ―ドに参加_b0190576_21474592.jpg
元気にパレード
戦争はいや!「共謀罪」反対!市民集会&パレ―ドに参加_b0190576_21435983.jpg
沿道の声援に応えて
戦争はいや!「共謀罪」反対!市民集会&パレ―ドに参加_b0190576_22095298.jpg




by hara-noriko | 2017-05-27 21:45 | 活動日誌 | Comments(0)

「戦争はいや!市民パレード」に参加して   

 10月24日、「第3回 戦争はいや!市民パレード」(戦争はイヤ!声をあげよう実行委員会 主催)に参加しました。
清水雅彦さんが講演
 今回は、パレードの前に、「この間の運動の盛り上がりと戦争法廃止の展望」と題して、清水雅彦さん(日体大教授・憲法学)の講演会がありました。戦争法案反対の運動のなかで、さまざまな違いをのりこえて共同がすすめられてきたこと、野党の共同も国民の運動によって前進したことなど、とてもリアルに語ってくださり、「そうだったのか」と知ることもたくさんありました。
国民の共同を広げて戦争法廃止へ
 同じ「反対」と思っている人のなかにも、それぞれの微妙な違いもあり、そこをのりこえて共同することはとてもねばりづよさが必要であることも感じました。この間、そうした積み重ねをしてきているからこそ、戦争法を発動させない、戦争法を廃止する、という展望があることを実感しました。
 日本共産党の「国民連合政府」の提案についても、「ひとつのたたき台として、野党の協議をしていくことが大事ではないか」と指摘されました。そうだ、議論して、共同して、本当に選挙で戦争法廃止の国会議員を多数にしていきたい、と強く思いました。
 講演会は会場あふれる、200名を超える参加者でいっぱいになりました。赤ちゃん連れのお母さん、高校生や若い人たちの姿も。市議会議員は、社民党の桜木善生さん、共産党市議団の篠原重信さん、永田まさ子さん、村山順次郎さん、私。講演会後のパレードには、清水先生も参加してくださいました。

夕方は定例の土曜日宣伝
 夕方は、東久留米駅西口で定例の土曜日宣伝。いつも、ビラ配布に参加してくださっている後援会員の方が、「わざわざ戻ってきてビラを受け取ってくれる人もいて、ちょっと変わってきたなと思う」と。激励も多くいただきました。ひきつづき、とりくんでいきます。

パレードの前におこなわれた清水雅彦さんの講演
「戦争はいや!市民パレード」に参加して_b0190576_23225049.jpg


by hara-noriko | 2015-10-24 23:23 | 活動日誌 | Comments(0)