タグ:新生児集中治療室 ( 2 ) タグの人気記事   

多摩地域の小児医療充実へ   

 東京・東久留米市で開かれた「原のり子 都政報告&トーク集会」(7月14日)から、私の報告を順次紹介しています。4回目は「多摩地域の小児医療充実へ」です。3回目で取り上げた子ども医療費無料化と合わせ、多摩格差解消にむけた取り組みの1つでもあります。

都議会本会議の一般質問で取り上げる
 お手元にカラーのリーフ「こんにちは原のり子です」というのがあると思います。ここでその一端をまとめました。文字が多いのですが、お時間があるときにぜひ、読んでいただきたいと思います。
 3月の予算議会で本会議の一般質問に立ちました。みなさんからうかがってきたこと、一緒に運動してきたことをしっかり取り上げたいと思って、多摩地域の小児医療充実の問題を取り上げました。

不足している多摩地域の小児医療や周産期医療

 2010年に清瀬小児病院がなくなってから、医師会の先生たちや多摩北部医療センター(東村山市青葉町。東村山市・清瀬市・東久留米市・小平市・西東京市を中心とした北多摩北部地区の中核病院)、公立昭和病院(小平市花小金井)などなど、みんながんばっているんですけれども、多摩地域は小児医療や周産期医療(周産期=妊娠22週から出生後7日未満までの期間)が不足しています。

足りない象徴が新生児集中治療室(NICU)

都知事は「多摩の周産期医療体制の充実を図る」と答弁
 そのいちばんの象徴が、新生児集中治療室(NICU)です。出生1万人当たり30床なければいけないのですが、多摩地域は22床です。23区は30床を超えています。これは明らかな格差なので、「改善してほしい」と質問しました。
 小池知事の答弁は、「多摩の周産期医療体制の充実を図る」という趣旨でした。なんてことのない答弁と思われるかもしれませんが、「多摩の周産期医療」と多摩を限定した答弁は初めてです。とても重要で、今後の運動の足がかりになると思っています。
 この質問をしたあとに、NICUが足りないから八王子市や町田市の人たちが昭和病院まで来ている、という指摘をいただきました。NICUの充実は待ったなしの課題です。

小さい子の骨折を診てくれる病院がほしい
 一般質問で取り上げたなかには、小さい子、とくに5歳以下のお子さんたちの骨折を診てくれる病院がない、という問題もあります。地域の方からたくさんの声をうかがいました。みんな府中市にある小児総合医療センターまでまわされているんですね。多摩北部医療センターで小児の骨折を診られるようにしてほしい、と質問しました。これについては、まだ確約はありませんが、前向きに検討されています。現場の実情もうかがいなから、実現したいと考えています。

清瀬小児病院の廃止問題は終わっていない
 「清瀬小児病院の廃止問題は終わっていない」。これは、昨年7月の都議選で私が訴えた柱の1つです。この「終わっていない」問題をどうしても解決したいという思いで質問しました。みなさんの運動や後押しがあって、少しずつですが前進する方向になっていることを確信にして、ご一緒に声をあげていきたいと思います。

私の一般質問全文は、答弁と一緒に こちら からご覧いただけます


たくさんの方に参加していただいた「都政報告&トーク集会」
b0190576_23573050.jpg

街頭でもカラーリーフを紹介しながら訴えています
b0190576_23573758.jpg

リーフを配布してくださる党後援会の女性
b0190576_23574287.jpg

これが配布中のリーフです
全文は こちら からご覧いただけます
b0190576_23574911.jpg


「原のり子 都政報告&トーク集会」
7月22日(日) 午後2時開会
会場は東部地域センター 地図は こちら から
東久留米市大門町2-10-5 東部図書館と併設
東久留米駅東口からまっすぐ約800m
b0190576_23575279.jpg




by hara-noriko | 2018-07-19 00:00 | 都政報告 | Comments(0)

小児医療の充実へ全力あげる   

 清瀬市と東久留米市の地域を回って訴える「まちかどスピーチ」をやっています。さまざまなテーマをお話ししていますが、今回は清瀬駅北口でおこなった小児医療の充実についてのスピーチを紹介します。

都立清瀬小児病院廃止に反対して
 日本共産党の都議予定候補、原のり子です。商店街のみなさん、いつも本当にご協力、ありがとうございます。お買い物中のみなさん、ぜひとも私、原のり子の話に少しでも耳を傾けていただけたら幸いです。
 私はこれまで市議会議員として東久留米で18年間、仕事をしてきました。先日、辞職をいたしまして、都政に挑戦してまいります。
 東久留米で仕事をしながらも、ここ清瀬でもさまざまな問題に取り組んでまいりました。長い間取り組んできたことの1つは、都立清瀬小児病院の廃止問題でした。廃止計画が出たときから、みなさんと一緒に「守る会」を立ち上げ、10年越しの取り組みになりました。

20万人の署名で痛感したこと
 小児病院の廃止に反対する20万人の署名が集まり、そういう中で多摩北部医療センター(東村山市)に小児科ができるなど、さまざまな取り組みが広がりましたが、都立清瀬小児病院は廃止されました。
 このとき私は、この地域からまっすぐに声を届ける議席が必要だと痛感しました。ぜひとも、小児医療拡充の仕事を、私、原のり子にやらせていただきたいと思います。

新生児集中治療室の新設などを求める
 私は、市議会議員として、また「小児医療を良くする会」のメンバーとして、東京都や多摩北部医療センターに繰り返し申し入れてきました。
 ▽小児整形外科を設置すること
 ▽子どもの脳血管疾患によるリハビリの実施
 ▽NICU(新生児集中治療室)の新設
 ▽障害児・者が受診しやすい環境づくり―などです。
 多摩格差を解消して、中学生までの子ども医療費を無料にすることとあわせて、実現していきたいと思います。

チェック機能がはたらく都議会につくりかえましょう
 石原都知事(当時)が都立清瀬小児病院の廃止という計画を出し、これにストップをかけられない都議会。この問題が大きくありました。日本共産党をもっと伸ばしていただいて、チェック機能がはたらき、都民の願いがまっすぐに通る都議会につくりかえていこうではありませんか。


どこでも真剣に訴えを聞いてくださる方がいます
b0190576_20250202.jpg
b0190576_20251217.jpg

摩北部医療センターに申し入れ(今年4月)
左から3人目が尾崎あや子都議、その右が原のり子
b0190576_20251656.jpg


小池晃党書記局長の応援演説動画は、こちら から
b0190576_21411890.jpg


原のり子のスピーチ動画は、こちら から
b0190576_21412425.jpg


原のり子リーフは、こちら から
b0190576_21433364.jpg


「都市農業への思い」は、こちら から
b0190576_21411480.jpg



この街から都政へ 原のり子インタビュー



homepage  twitter  facebook  YouTube


by hara-noriko | 2017-06-12 20:32 | 東京都政 | Comments(0)