タグ:東久留米市 ( 2 ) タグの人気記事   

かもしだ芳美さんのすてきなメッセージ   

市議予定候補 かもしださんは産休中
決意を綴ったメッセージが感動呼ぶ

 東京・東久留米市で開かれた「日本共産党国政市政報告会」(2月11日)。産休中の、かもしだ芳美・市議予定候補(党東久留米子育て・くらし応援パートナー)から、すてきなメッセージが届き、私が代読しました。自分の気持ちと決意を素直に綴っていて、感動を呼びました。そのメッセージを紹介します。

【かもしだ芳美さんのメッセージ】

 ご来場の皆さま、こんにちは。予定候補のかもしだです。
 この場に立ってご挨拶ができず、申し訳ありません。

 先月1月11日に無事元気な男の子を出産しました。
 産前はたくさんの方々に温かい声をかけていただきまして、そして支えていただきまして、ありがとうございました。現在は、赤ちゃんとの時間を過ごしながら、娘や息子との時間も大切に、バランスをとりながら過ごしています。

 退院後、家族のアイドルとなった赤ちゃんは、甘えた声で泣いてはオムツを替えてもらったり、安心して抱っこされています。ちょっとした変化に1回1回大きな歓声があがる我が家です。まさに、彼の存在が家族のみんなを笑顔に、そして幸せにしてくれているのです。赤ちゃんのパワーはすごい。こんな風に関わる人を幸せにしてくれる赤ちゃんに、大人は何ができるのでしょうか。今回出産して、改めて「子どもたちが幸せを感じられる社会になってほしい」「私たち大人が、その社会をつくっていかなくては」と思っています。

 今回、予定候補となるにあたって、本当に悩みました。
 これまでの人生、勉強も、仕事も、育児も、人付き合いも…何でも上手ではない私が、そんな大変な仕事に就けるのだろうか?向いていない、と。

 それでも、大きく一歩を踏み出したのは、自分が社会を変えたい、変わってほしいと願うだけでは何も変わらない。自分が変わることで周りも一歩踏み出すきっかけになるのでは?という想いが一つあったからです。それは小さなきっかけであり、大きな変化は起こせないかもしれない。でも、「希望の持てる社会を子どもたちにプレゼントできた」「できている」と胸を張って言えるまで、一歩ずつ進んでいくことを絶対に諦めてはいけない。そう思うのです。

 活動をするようになって、市内には「諦めない大人」がたくさんいるということを知りました。よりよい街にするために、よりよい国になるように、諦めずに日々活動し訴えている方々がこんなにもいらっしゃるということに私は驚きながら、そして学びながら、決断して良かったと思っています。

 私はまだまだ分からないことばかりです。できることも少ないかもしれません。でも、私がこれまで公立保育園の民営化問題や給食の調理業務委託で感じてきた、「これ以上、市民に寄り添わない市政を続けさせてはいけない」という強い想いを胸に、市内の様々な山積している問題を皆様に勉強させていただきながら、皆様と共に全力で取り組んでいきたいと強く思っています。

 今、産休中で動けない私の分まで全力で動いてくださる方々に支えていただいているということを実感しながら、私も前を向いて一緒に進んでいく決意です。よろしくお願いいたします。


笑顔あふれる かもしだ芳美さん(昨年12月撮影)
b0190576_22583448.jpg
かもしださんを囲んで (昨年12月撮影)
(後ろ左から)篠原重信市議、原のり子、宮本徹衆院議員
b0190576_22584056.jpg
生まれて3日目の赤ちゃんです(今年1月撮影)
b0190576_00513533.jpg




by hara-noriko | 2019-02-12 23:09 | 市政報告 | Comments(0)

子ども食堂支援 東久留米市に申し入れ   

共産党市議団に同席
 7月25日、日本共産党東久留米市議団による「子ども食堂支援に関する申し入れ」に同席しました。市の子ども家庭部長が対応してくださいました。
 この間、市議団では、篠原重信議員がくりかえし質問してきました。また、私自身も、清瀬・東久留米地域の子ども食堂の見学や尽力されている方々のご意見をうかがっています。

星見てい子都議が本会議の質問で取り上げる
補助事業の予算化を実現
 共産党都議団は、昨年12月の本会議一般質問(星見てい子都議)で、子ども食堂支援についてとりあげました。その後、今年度予算で補助事業が予算化されました。
 1食堂あたり、上限24万円(年)。人件費以外の会場費・食材費・高熱水費・保険料などに充てることができます。市も関わっての子ども食堂の連絡会に参加することが要件です。全額都負担なので、市の持ち出しはいりません。ただし、3年間です。
 東京都の予算は、50カ所、1200万円です。

市も「補助事業の活用に向けて取り取り組んでいる」と
 この補助事業の今年度前半期分は、7月末までに申請する必要があります。市としての考え方をうかがったところ、「補助事業の活用に向けて取り組んでいる」とのことでした。まずは、ほっとしました。ただ、課題もあることを実感しました。市として心配していることとして…

支援の継続が課題
 ひとつは、3年間の事業なので、その後どうするか、都の補助がなくなった場合、市の単独補助として実施できるか、ということ。
 これについては、経過をみながら検討していくことが大事ではないか、と思います。都としても、現時点では3年間ですが、実績をみながら検討していくことを求めたい。とくに、子どもたちの支援は継続することが重要ですから、必要とされながら財政的な事情で子ども食堂ができなくなる、ということはあってはなりません。

支援の規模も課題
 もうひとつは、50カ所、1200万円ということでは、手をあげても該当にならない、あるいは上限額の引き下げなどのことにならないか、ということ。
 都の担当課にうかがったところ、現時点でも、50カ所を大きく上回る申請があると見込まれており、まずは手をあげていただきたい。多い場合は、財政当局にかけあっていく、と。また、上限額を引き下げるなどのことはおこなわない、とのことでした。

ひきつづき取り組み強める
 ひきつづき、子ども食堂を必要としている子どもたち、そして、子どもたちを支えているみなさんの熱意に応えられるよう、とりくみを強めていきたいと思います。


子ども食堂支援に関する申し入れ

2018年7月25日
東久留米市長 並木克巳殿
日本共産党東久留米市議団

 現在、市内に少なくとも5つの子ども食堂が運営されています。学習支援とあわせて実施しているものや、世代を超えた交流を大事にしているもの、子どもたちが安心して過ごせる居場所としての役割を重視している取り組みなど、それぞれが地域に根ざし、関係者の努力により運営されています。
 こうしたなか、東京都が子ども食堂への補助事業をスタートしました。今年度前半期分は、この7月までに東京都に申し出ることになっていると聞いています。つきましては、市としてこの補助を積極的に活用し、子ども食堂のとりくみが定着、さらに広がるようにするため、下記の点について要望いたします。

 (1)それぞれの子ども食堂を実施している団体などに聞き取り調査を実施し、実施状況などとともに、と補助について要望を把握してください。
 (2)すみやかに、市として補助申請をすすめる意思表示を東京都におこなってください。
 (3)市のホームページに、子ども食堂の案内を載せるなど、事業の普及を進めてください。


子ども家庭部長(右)に市長あての申し入れ書を手渡しました
(左から)北村りゅうた市議、永田まさ子市議、村山順次郎市議、
原のり子、篠原重信市議
b0190576_23190324.jpg

東久留米市で開かれた「都政・市政を語るつどい」
b0190576_23190880.jpg
b0190576_23191350.jpg





by hara-noriko | 2018-07-25 23:20 | 活動日誌 | Comments(0)