タグ:東京農業 ( 2 ) タグの人気記事   

東京農業の振興を   

 東京・東久留米市で開かれた「原のり子 都政報告&トーク集会」(7月14日)から、私の報告を順次紹介しています。最終回の6回目は「東京農業の振興を」と「さまざまな取り組み」です。

東京の農業は本当に魅力的
 私は、素人ながら都市農業の問題をずっとテーマに掲げて取り組んできました。農家のみなさんに教えてもらって、東久留米市議の時も取り上げてきました。昨年7月におこなわれた東京都議選のとき、農家のみなさんからたくさんの応援をいただいたきました。
 都議になって学んだことの1つは、東京の農業を全体として見ていくことの大事さです。「この地域の都市農業」といういい方をしてきましたけれど、東京の農業というのは本当に魅力的で、中山間地域もあり、多摩の木がいろいろなところに使われたりしています。そして、島もあります。この全体、都市農業だけじゃなく、東京農業を全体として推進していこう、振興していこう、ということを訴えています。

八丈島の台風被害を都議会で取り上げる
 今年の1月、八丈島にも行きました。八丈島では台風の塩害、塩の被害でフェニックス・ロベレニーという、花束に入っている緑の葉っぱなんですけれども、あれがほとんど八丈島で生産されているんですね。これがもう壊滅状態になっているというので、見に行って、その問題を都議会総務委員会で取り上げました。
 今回、市町村総合交付金というのが八丈島に2億円増えて、それでロベレニーの対策をとることになったんです。ですので、この島のみなさんの取り組みも含めて東京農業全体を振興していこうということで取り組みます。
【八丈島の関連記事】
都議会総務委員会の質問から
八丈島の台風被害 復旧支援で都知事に申し入れ

さまざまな取り組み
 地域の声を都政にということでいろいろ取り組んでいます。都営住宅のこと、都市計画道路問題、シルバーパス、ブラック校則問題などなど、もう本当にいろんな問題があります。ブラック校則問題では、都立高校でぜんぜん茶髪じゃない黒い髪なのに「黒染めしてこい」と指導されている高校生の訴えを取り上げて改善させるとか、そういうことも含めていま取り組んでいます。
 特別支援教育、障害者福祉、高齢者福祉、セクシュアルマイノリティーの権利保障についても、みなさんと一緒に取り組んでいます。

公約違反の方向に走る小池知事
 最後は、都政の状況です。小池知事はいま、大きく公約違反の方向に走っています。築地市場の豊洲移転を10月11日に強行しようとしています。でも、おかみさん会や仲卸の業者のみなさんは諦めていません。圧倒的多くの人たちは、「いまのままでは移転できない」と言っています。
 土壌汚染も本当に深刻ですので、「築地市場の豊洲移転は認められない」「公約違反を絶対に許さない」「都民の安全、安心を守っていく」ということで引き続き取り組んでいます。

国政・都政・市政の連携で

 清瀬市・東久留米市には、宮本徹衆院議員がいて、私が都議になり、2つの市議団があります。市民のみなさんがいて、国政・都政・市政の連携でいろんな問題に取り組むことができます。先日も、みんなで一緒に厚生労働省交渉をやりました。こうした努力を強めながら、来年の市議選に向けてがんばっていきたいと思っています。
【厚生労働省交渉の関連記事】
宮本徹衆院議員と一緒に厚生労働省要請 その1
宮本徹衆院議員と一緒に厚生労働省要請 その2
厚生労働省に出した要望書全文


拍手をいただいてうれしかった!
b0190576_21420735.jpg
みなさんの激励に応えてがんばります
b0190576_21421532.jpg
b0190576_21421763.jpg



「原のり子 都政報告&トーク集会」
7月22日(日) 午後2時開会
会場は東部地域センター 地図は こちら から
東久留米市大門町2-10-5 東部図書館と併設
東久留米駅東口からまっすぐ約800m
b0190576_23575279.jpg



清瀬市と東久留米市で配布中のリーフです
全文は こちら からご覧いただけます
b0190576_23574911.jpg




by hara-noriko | 2018-07-20 22:02 | 都政報告 | Comments(0)

本会議一般質問 答弁から(2)東京農業の振興   

 都議会本会議の一般質問(3月2日)に対する都の答弁について、2回目は東京農業の振興です。都市の農地をどう守るか。どうしても知事の認識を聞きたいと思っていました。私の質問全文は こちら からご覧ください。

重い知事の答弁
「農業者の生産活動を支え、後世に引き継いていく」
 知事の答弁のなかで重要だったのは、「農地の減少に歯止めをかけるためには、農業者の生産活動を支え、後世にしっかりと引き継いでいくことが必要だ」と述べたことです。
 東京都は、来年度予算案のなかで、2022年に生産緑地の多くが期限を迎えることに対応するため、生産緑地の買取・活用を支援する新規事業を立ち上げています。これ自身は大事です。しかし、根本的には、農業を続けようと農業者のみなさんが思えるような支援が必要です。知事がそこに言及したことはとても重要だと思います。

農業体験農園 「普及を推進していく」と都が答弁
 生産緑地で農業を続け、安定的な収入も得ることができる有効な施策のひとつが、農業体験農園です。体験農園での経験をもとに農業者になるなど、担い手になっていく事例もあります。もっとPRや支援を強めることが必要です。
 これについて、東京都として「普及を推進していく」と答弁があったことは重要です。ただ、開設するときの支援は継続するが、管理運営費や利用料への補助は「支援の対象としていない」と。ここは、今後の課題です。
 体験農園は、農園によって利用料もさまざまです。練馬は、5万円の利用料ですが、区民は3万8000円に割り引いています。こういうことを東京都の支援によって実施できれば、区市町村の財政力によらずさらに利用しやすくなるのではないでしょうか。引き続き、取り組んでいきたいと思います。

東京農業振興条例(仮称)の提案には答弁なし
 最後の質問は、東京農業振興プランを推進していくために、東京農業振興条例(仮称)をつくることを提案しました。残念ながら、条例についての答弁はなく、東京農業振興プランを着実に推進していく旨の答弁でした。

提案で「東京農業」と表現した理由
 実は、今回の提案では、「都市農業」ではなく、「東京農業」としました。私は、八丈島に視察に行き、東京農業の奥深さにすっかり魅せられました。島しょ・中山間地域・都市地域それぞれの特色ある農業を大事にしていくことが大事だと強く思いました。東京農業全体を支援する条例をつくる必要性を訴え、取り組んでいきたいと思います。


東京農業の振興を訴えました
b0190576_15265566.jpg
(撮影:長島可純 ↑ SNS以外への無断転載はお控えください)

梅とメジロ
b0190576_15270121.jpg
b0190576_15270570.jpg



by hara-noriko | 2018-03-09 15:27 | 都議会 | Comments(0)