タグ:比例は共産党 ( 8 ) タグの人気記事   

参院選 私の最後の訴えです   

かけがえのない吉良よし子さんの議席
 これまでのブログでも書きましたが、ブラックな問題と対決する吉良よし子さん(東京選挙区)を何としても、と今日の最後のスピーチでも訴えました。そして、さらにどうしても伝えたいことを最後の最後に述べました。次のような主旨でスピーチしました。

ことばのない赤ちゃんにも意見表明権はある、と

 以前、とことん共産党だったと思いますが、吉良さんが出演したとき、子どもの権利について話していました。吉良さんは、子どもの権利条約に位置付けられている子どもの意見表明権について、ことばのない赤ちゃんにも意見表明権はあるということを一生懸命話していました。本当にその通りです。泣いたり、笑ったり、むずかったり…。それが赤ちゃんの意思表示、意見表明です。それを、大人が、社会がしっかり受け止めていくことが重要です。

子どもたちの思いを受け止める吉良さん

 私は、いま、国会でブラック校則の問題、選挙権のない子どもたちの思いもしっかり受け止めてとりくむ吉良さんの根幹には、このことがしっかりすえられている、子どもたちには意見表明権があり、それをしっかり受け止めることの重要性を本当によくわかっているのだと思います。

絶対に失うわけにはいきません

 ブラック校則の問題で、高校生が声をあげることによって政治を動かしている。でもその声をしっかり受け止める議員がいることが欠かせません。吉良さんの議席は本当にかけがえのない議席で、絶対に失うわけにはいきません。
 19日付、20日付の「しんぶん赤旗」に掲載されたブラック校則の記事の最後にも、吉良さんのとりくみについて触れています。ぜひごらんください。

比例は共産党へ
 そして、国会議員団、都議団、市議団と連携して、子どもたちの声を受け止めてとりくんでいるのが共産党です。この党を比例でおおきく伸ばしてください。

最後の訴えをする比例候補の小池晃書記局長(左)と
東京選挙区の吉良よし子候補(東京・新宿駅前)
b0190576_00034359.jpg
b0190576_23404885.jpg
(撮影:長島可純 ↑ 2次加工、SNS以外のご利用はお控えください)




by hara-noriko | 2019-07-20 23:41 | 選挙 | Comments(0)

あなたの1票が政治を変えます   

比例は日本共産党へ
東京選挙区は吉良よし子さんへ
 あす7月21日は参院選挙の投票日です。20日、私は東京・立川駅北口・南口での宣伝を皮切りに清瀬市、東久留米市で最後の訴えをしました。若者たちやママさんたちが自分の言葉でスピーチ。宮本徹衆院議員、立川市議団、清瀬市議団、東久留米市議団も夜のお帰りなさい宣伝まで全力をあげて「比例は日本共産党へ、東京選挙区は吉良よし子さんへ」と呼びかけました。私のスピーチを紹介します。

参院選挙 明日が投票日
政治をよくしていくのは一人ひとりの1票
 いよいよ明日(7月21日)が投票日となりました。みなさんの大切な一票を、選挙権を行使していただきたいと思います。政治はみなさんの暮らしに直結しています。その政治をよくしていくのは、みなさんお一人おひとりの1票です。
 私は、知的障害をもつ青年から話を聞いて、とても感動しました。「おとなになったらできること」という話でした。おとなになると飲み会に参加できる。恋愛ができる。働いたお金で好きなものが買える。そして、投票できる。その青年は、そう教えてくれました。投票して政治をよくしていく、生活をよくしていく。これは、私たち有権者一人ひとりに与えられている大切な権利です。この権利をご一緒に行使しましょう。投票にいって意思表示をしましょう。このことをまず最初に呼びかけたいと思います。

一人暮らしで消費税が年5万2000円
10%なんてとんでもない
 この選挙戦のなかで、私もいろいろな方たちの声を聞いてきました。そのなかで、こういう声がありました。「消費税の増税は絶対にやめてほしい」と。
 その方は、8%の消費税でも1年間どのくらいかかっているかを計算してみたそうです。レシート記された消費税をすべて足し算してみました。定年退職された一人暮らしの方ですが、年間5万2000円ほどかかっている、といっていました。さらに年齢を重ねていって、病院に通うことも増えてきて医療費もかかっている、という話でした。「この上、消費税をあげられてしまったら本当に大変になる」と、実感を込めて話していました。
 一人暮らしで年間5万2000円もかかっている実態からすれば、消費税の増税は本当にありえないと思います。

小さなパン屋さんの怒り
「増税をいまからでもストップしてほしい」
 また小さなパン屋さんをやっている方は、いままでお客さんに消費税がかからないようになんとかやりくりしてきたそうです。「でも、10%になったらそうはいかなくなる」といっていました。さらに、「増税に対応するということで軽減税率など制度がいろいろ複雑になっている。新しいレジを買わなければいけない。それに百数十万円もかかる。レジに補助があるといわれたが、聞いてみたら30万円ほどにしかならないみたいだ」と話していました。「とてもとても割に合わない。消費税の増税はいまからでもストップしてほしい」と。

10%増税は止められない?
共産党と野党の勝利でストップかける
 10月から消費税が上がることは決まっているから間に合わないのではないか、と思っている方もいらっしゃるかもしれません。でも、いまなら間に合います。明日の投票がチャンスです。「消費税増税反対」の声を日本共産党にお寄せいただいて、共産党と野党を伸ばし、自民・公明・維新を減らして、消費税増税にストップをかけていきましょう。心から呼びかけます。

「年金、いまでも少ないのに…」

「老後のために2000万円もためられない」
 この選挙戦のなかでたくさん聞いてきた、もう一つの声は、やっぱり年金です。「いまでも少ないのに、これからもっともっと減らされていくと聞いて驚いた」という声がたくさんあります。「老後のために2000万円もためることはできないよ」の声もたくさんあります。「もっと早くいってほしかった」といった方もいらっしゃいます。「でも、早くいわれたからといって2000万円もためることはできないよね」とおっしゃっています。本当にこれが実感ではないでしょうか。

安心できる年金が選挙の大争点
年金を減らすマクロ経済スライドは廃止
 いまこそ、きちんと受け取れる安心の年金制度に変えていくべきです。物価が上がっても年金が減っていってしまう。いまのマクロ経済スライドは廃止しましょう。マクロ経済スライドがあるおかげで、これから7兆円も年金が減っていくことが明らかになっています。安倍首相はいろいろと言い訳をしているようですけれど、マクロ経済スライドを廃止して安心できる年金へ、これが選挙の大争点です。

年金―共産党の提案は
財源を確保して減らない年金つくる
 私たち日本共産党は、減らない年金にしていくための提案をしています。マクロ経済スライドを廃止するというが、財源をどうするのか? 
 まず第一に、新しい財源を1兆円つくり出しましょう。これは、まったく無理のない提案です。与党勢力が共産党の政策をゆがめて宣伝しているようですが、私たちが提案している中身をぜひ知っていただきたいと思います。
 それは、どんなに年収が増えても1000万円以上の方は保険料が頭打ちになっています。これを私たち共産党は2000万円まで引き上げて、応分の負担をしていただくという提案です。自民、公明などはゆがめて、高額所得者の負担を重くして低所得者に回そうとしているなどといっていますが、まったく違います。マクロ経済スライドを廃止しても、きちんと財源を確保できるように、高額所得が優遇されている1000万円上限を2000万円まで引き上げて財源をつくりましょう、という建設的で現実的な提案です。

200兆円の積立金を活用
 もう一つは、年金の積立金が200兆円もあります。これをずっと先の将来のためにとっておくのではなくて、計画的に使っていきましょうと提案しています。

現役世代を応援 賃上げ、正社員化
安定した保険料を確保
 さらに、私が本当に大事だと思っているのは、現役世代のみなさんを応援しようということです。賃上げを実現する。最低賃金を全国どこでもいますぐ時給1000円に引き上げ、1500円を一日も早く実現する。そして、正社員化を実現する。こうしたことで安定した保険料収入を確保して、減らない年金をつくっていこうというのが共産党の現実的で具体的な提案です。

若者も高齢者も
願い託せる日本共産党
 みなさん、ご一緒にこの道を進もうではありませんか。年金の問題は、受け取っている方たちにとっても深刻ですが、若い世代の人たちにとっても本当に深刻です。30代の方が年金を受け取ろうと思ったら、いまでも基礎年金は6万5000円と低すぎます。マクロ経済スライドで年金が減らされると、2万円も低くなってしまいます。これでは安心して暮らしていくことができません。若い人たちも高齢者のみなさんも一緒に、減らない年金にしよう。このことが明日投票の参院選挙の大争点です。日本共産党にみなさんの願いを託してください。
 減らない年金にする共産党の提案について、他の野党のみなさんからも「いい提案だね」という声が聞こえてきています。新しい国会の中で減らない年金の議論をしていくためにも、日本共産党を大きく伸ばしてください。こころからお願い申し上げます。

憲法9条を変えたい安倍首相
アメリカの戦争に自衛隊が駆けつける
 私はここで、安倍政治をどうしても変えなければならない思いを訴えたいと思います。
 この選挙戦のなかでいよいよはっきりしてきたのは、憲法9条を変えようという安倍政権の考えです。安倍首相はもともと憲法を変えようとしています。憲法に自衛隊を書き込んで、アメリカの起こす戦争が世界のどこで起きても、そこへ自衛隊が駆けつけるようにする。血を流すことが起きてしまいます。でも、選挙のときには、改憲をあまりいいませんでした。
 しかしいま、安倍首相は、自民、公明、維新で3分の2の議席をとっていく気持ちで進んでいることが明らかになりました。思想・信条、立場の違いを超えて、保守も革新もなく、「憲法9条を守ろう」という意思表示を選挙でしていくことがどうしても必要です。

反戦・平和 にわか仕込みでない共産党
改憲勢力に3分の2の議席は取らせない
 日本共産党は、党をつくって97年、侵略戦争に一貫して反対し、憲法9条をはじめ現憲法のすべてをしっかり守っていく立場に立っている政党です。にわか仕込みではない日本共産党を、戦争反対で絶対に譲らない日本共産党を、こんどの選挙で伸ばしていただいて、憲法9条を守る判断をご一緒に下していこうではありませんか。改憲勢力に議席の3分の2を取られるわけにはいきません。

多様な生き方を認めない安倍政治

さまざまな選択を認め合える社会こそ
 安倍政権が危険な理由は、もう一つあります。それは、多様な生き方を認めない政治だからです。選択的夫婦別姓は、強制的に夫婦別姓にすることではなく、別姓も同姓も自由に選べるようにしようということなのに、反対する。各党の党首の中で安倍首相ただ一人が、選択的夫婦別姓に反対しています。つまり、さまざまな生き方、さまざまな選択を認めない。これが安倍自民党の大変危険な姿だといわざるをえません。東京都の人権上条例をつくるときもそうでした。人権条例に唯一反対したのが自民党でした。
 多様な意見を認める。いろんな意見をいい合える。そういう社会を守っていかなければ、戦争が引き起こされてきた過去の歴史が繰り返されてしまうことになるのではないでしょうか。

希望は市民と野党の共闘 1人区で与党と対決

自民や維新と競り合う共産党候補
 憲法9条を守り、多様な生き方を認め合い、多様な意見を出し合える社会にしていくためには、安倍政治を終わりにしなければなりません。その展望が大きく開かれてきています。全国に32ある1人区で市民と野党の共闘が実現して、多くのところで自民党候補と野党統一候補が競り合っています。東京選挙区でも、共産党の吉良よし子さんは当落線上の大激戦です。首都圏の神奈川や埼玉、千葉などの複数選挙区でも、共産党の候補者が自民党候補や維新の候補と競り合っています。

比例は日本共産党へ
東京選挙区は吉良よし子さんへ

 みなさん、比例代表で日本共産党を大きく伸ばしていただくことで、憲法9条を守り、多様な生き方を認め合い、さらに安倍政権を倒していく道が開かれます。みなさんの1票1票が政治を変える力です。みなさんの確かな1票で政治の新しい流れをつくっていこうではありませんか。比例代表の1票は必ず議席に結びつきます。東京選挙区は吉良よし子さん。みなさんの大きな大きなお力添えをお願いいたします。


マイクで訴える宮本徹衆院議員と
共産党清瀬市議団、原のり子
(20日午後6時すぎ、清瀬駅前)
b0190576_22240724.jpg
宮本衆院議員、東久留米市議団と一緒に
(20日午後7時半、東久留米駅前)
b0190576_22241205.jpg
市民の主張を掲げて(東久留米駅前)
b0190576_22241652.jpg
b0190576_22242047.jpg







by hara-noriko | 2019-07-20 22:25 | 選挙 | Comments(0)

若者の声が政治を動かす   

 7月7日、雨と強い風のなか、宮本徹衆院議員、共産党東久留米市議団と一緒に東京・東久留米市内で訴えました。東久留米駅に近いイトーヨーカドー前では、たくさんの方に訴えを聞いていただきました。私は、「ブラック企業」「ブラック校則」をなくそうと活動する東京選挙区の吉良よし子候補の取り組みを紹介しながら、日本共産党の躍進と吉良よし子さんの再選を訴えました。夕方には、党立川市議団や後援会の方たちと一緒に立川駅前で宣伝しました。若者たちが次々にマイクを握り、党昭島市議団も若者と一緒に参加しました。

比例は日本共産党へ
 雨のなか、風の強いなか、足を止めて聞いていただきまして、ありがとうございます。 参院選挙がおこなわれています。今度の選挙は、みなさんの当たり前の声が通る政治にしていくための絶好の機会だと思います。
 私たち日本共産党は、みなさんの声をしっかり受け止めて、その声をまっすぐ届けるために全力を尽くします。どうか日本共産党へ大きなご支援を心からお願い申し上げます。「比例は日本共産党」。この声を大きく広げてください。

大激戦の東京選挙区
吉良よし子候補のことをぜひ訴えたい
 東京選挙区(定数6)は、当落線上の大激戦になっています。私は、吉良よし子候補のことをぜひ訴えたいと思います。
 吉良さんは6年前に参院議員になりました。赤ちゃんを出産して、子育ての真っ最中です。障がい者のみなさん、高齢者のみなさん、そして子どもたちの声をまっすぐに国会に届けてきました。私は、2つのことをお話ししたいと思います。

ブラック企業の実名を公表させる
若者や過労死遺族の声を国会に届けて
 1つは、ブラック企業対策です。政府が是正を勧告しても是正しないブラック企業を国会で取り上げて、ブラック企業の実名公表を実現しました。厚生労働省のホームページで実名が公表されています。吉良さんが論戦のなかでかちとった成果です。それは、みなさんの声があったからできたことです。
 吉良さんは、国会議員になる前から若い人の声を聞き、実態調査を積み重ねてきました。それを国会に持っていって質問しています。さらに、過労死遺族のみなさんの声もしっかり受け止めて、「二度とこういう悲劇が起きないように」の信念でとりくんできました。こういう政治姿勢を持っている政治家だからこそ、こういうことができます。

企業・団体献金を受け取らない党だから
 もう一つの理由は、共産党が企業・団体献金を1円も受け取らない政党だからです。もし、吉良さんや共産党が企業からの献金を受け取っていたら、こういう仕事はできないのではないでしょうか。
 吉良よし子さんは、引き続きブラック企業対策、そして8時間働けば普通に暮らせる社会をつくるために全力を尽くしていきます。どうか、吉良よし子さんへのお力添えを心からお願いいたします。

高校生の声を聞き、ブラック校則を告発

文科大臣から重要答弁引き出す
 ブラックの問題で、もう一つ、どうしても紹介したいのは、「ブラック校則」の問題にとりくんでいるのが、吉良よし子さんだということです。
 学校の校則に理不尽な内容がたくさんあることをご存知でしょうか。吉良よし子さんは、高校生から声を聞き、下着の色までチェックする、こんな人権侵害が学校でやられていることを国会で告発しました。
 文部科学大臣は、校則は適宜見直していくことが必要で、その際には子どもたちの声をしっかり聞いていくことが大事だ、という答弁を引き出しました。これは、本当に画期的なことです。

吉良さんの論戦と結んで
共産党都議団も取り組む
 私たち共産党都議団は、吉良よし子さんの論戦とも結んで、ブラック校則の問題に取り組んでいます。

私に高校生から相談が
黒い髪なのに「学校の黒ではないから染めてこい」と
 私が都議会議員になって、高校生から受けた最初の相談が、校則の問題でした。きれいな黒い髪をしている女の子ですが、この黒い髪が学校の黒ではないから黒染めしてきなさい、という指導がおこなわれていることがわかって、本当に驚きました。
 この高校生は諦めないで、生徒手帳を開いて、髪の毛は染めてはいけないと書いてあるのに私は黒く染めてこないといけないんですか、と先生に抗議しました。しかしこれがきっかけで、合理的な説明がされないまま、授業を受けさせてもらえず、特別指導になってしまいました。

池川友一都議が一般質問で追及

都の教育長も重要答弁
 共産党都議団は、重大な問題だということで是正に向けてとりくみました。このケースでは、学校が謝罪したのですが、これは氷山の一角です。調査をして、子どもたちの声が踏みにじられていること、人権侵害がたくさん起きていることを改めて実感しました。
 これを池川友一都議が6月議会の本会議一般質問で取り上げました。東京都の教育長も、校則を見直す必要性と子どもの声を聞いていくことを認めざるを得ませんでした。

高校生の声が政治を動かした
 この問題で一番に言いたいのは、高校生の声が政治を動かしたんだということなんです。先ほどのブラック企業の問題でも、ひどい働き方を強いられている人たちの声が政治を動かしています。そして、高校生が校則の問題でも是正に向けて政治を動かしている。当事者の声をしっかり受け止めてとりくむのが日本共産党であり、吉良よし子候補なんだということを、みなさんに知っていただきたいと思います。

比例は日本共産党へ
東京選挙区は吉良よし子さんへ
 選挙権のない子どもたちの声をしっかり受け止めてしっかりとりくむ日本共産党の吉良よし子候補に、みなさんの大きなお力添えをいただき、2期目の国会へ押し上げてください。
 比例代表は日本共産党へ! 全国どこでも共産党と書いていただければ、かならず議席に結びつきます。みなさんの大きな大きなご支援を日本共産党にお寄せいただきますよう重ねてお願い申し上げまして、この場での訴えとさせていただきます。


毎日、力いっぱい支持を訴える吉良よし子候補
b0190576_00063268.jpg
b0190576_00063786.jpg
東久留米市のイトーヨーカドー前で訴え
右は、北村りゅうた市議
b0190576_00064038.jpg
宮本徹衆院議員(左)が共産党の値打ちを語りました
b0190576_00064467.jpg
立川駅前でも共産党と吉良候補への支持をよびかけました
右は、若木さなえ市議
b0190576_00064790.jpg
(撮影:長島可純 2次加工、SNS以外のご利用はお控えください)




by hara-noriko | 2019-07-08 00:07 | 選挙 | Comments(0)

参院選スタート 私の訴え   

始まった参院選
東京・立川市と昭島市で訴え
 7月4日、参院議員選挙がスタートしました。私は、東京・立川市と昭島市で日本共産党への支持を訴えました。立川駅北口デッキでは標旗を立てて、党立川市議団の上條彰一さん、永元すま子さん、若木さなえさん、党東京都委員会副委員長の谷川智行さんと。立川駅南口では、谷川さん、立川市議団の浅川修一さん、中町聡さんと。昭島駅北口では、昭島市議団の荒井ひろゆきさん、佐藤あや子さん、奥村博さんと。党後援会のみなさんもたくさん参加されました。
 以下は、立川駅北口での私のスピーチです。

比例は日本共産党へ
東京選挙区は吉良よし子候補へ
 いよいよ参院議員選挙がスタートしました。21日が投票日です。期日前投票も始まります。みなさんの大きなご支援を比例は日本共産党へ、東京選挙区は吉良よし子候補へお寄せいただきますよう、まず最初にお願い申し上げます。
 こんどの選挙は、みなさんの暮らしを守る政治、当たり前の声が通る政治を実現するための大事な機会になります。絶好のチャンスといえるのではないでしょうか。

9条改憲ストップの審判を下しましょう
 安倍政権になって、本当にひどいことが続いてきました。日本をアメリカの戦争に巻き込む安保法制や秘密保護法を強行してきました。今度は憲法9条を変えよう。これが安倍首相の考えであることはだれもが知るところとなりました。いまストップをかけなければならないと思います。

力を合わせて政治を変えるとき
 今の政治は変わらないのではないか、という思いの方もたくさんいらっしゃると思います。森友・加計疑惑を見ても、ウソがごまかし、隠ぺい、改ざんが繰り返されてきました。先日、若い人たちから「やっぱり政治は変わらないんですね」という声を聞きました。
 でも、みなさん一人一人の判断、一票一票があれば、必ず変わっていきます。そのために、悪い選挙制度の中でも、みなさんと力を合わせて政治を変えよう、ということで全国に32ある1人区すべてで市民と野党の統一候補を誕生させることができました。
 みなさん、いよいよ力をあわせて政治を変えるときです。みなさんの一票一票は大きな力を持っています。みなさんの判断がしっかり下していただけるように、精一杯訴えていきます。

年金―このままでは暮らせない
 きょうお配りしている法定1号ビラには、年金の問題が詳しく書いてあります。若い人も高齢の人も、多くの方が年金をちゃんと受け取ることができなくなるのかな、と心配していると思います。
 というのも、老後に2000万円の貯えがなければ安心して暮らせないという金融庁審議会の報告書がまとめられて、都合が悪くなった政府が報告書を受け取らないといいだす始末だからです。本当に無責任な政権です。
 先日、国会で党首討論がありました。共産党の志位委員長の質問のなかで、年金を自動削減する「マクロ経済スライド」を使って安倍政権が国民の年金を実質7兆円減らそうとしていることが明らかになりました。このままでは安心して暮らせない。これが多くのみなさんの心配事になっていると思います。

減らない年金をつくろう―共産党の提案

 共産党は、減らない年金をつくっていこうということで、財源も含めて具体的に提案しています。高額所得者の優遇を改めて1兆円の新財源をつくります。200兆円にもおよぶ積立金を取り崩して給付に充てていきましょう。現役世代の方の賃上げ・正社員化を実現して年金財政を安定させましょう。

老後に2000万円貯めるより
選挙で審判下す方が早道
 みなさん、ご一緒にこの道を進んでいこうではありませんか。こころから呼びかけます。老後のために2000万円を貯めるよりも、今度の選挙できちんと審判を下す方が早道です。みなさんの暮らしを守るために、ぜひとも日本共産党へ大きなお力添えをお願いいたします。

暮らしに希望がもてる3つのプラン
 日本共産党は、暮らしに希望が持てる3つのプランを発表しています。
 1つめは、8時間働けばふつうに暮せる社会にしていこう。
 2つめは、学費を引き下げ、子育てにかかる費用を軽減して、お金の心配なく学び、子育てできる社会にしていこう。
 3つめは、高すぎる国保税(料)を引き下げるなど、暮らしを支える安心の社会保障にしていこう。
 この3つは本当に重要です。

最低賃金 時給いますぐ1000円に
一日も早く1500円に
 3つのプランにかかわって、きょうは、どうしてもお話ししたいことがあります。それは、最低賃金の問題です。
 最低賃金をいますぐ全国どこでも時給1000円を実現し、一日も早く1500円にする。これは切実な、命のかかった課題になっていると私は思います。
 一人暮らしの若い人にとって1カ月に必要なお金は、最低でも22万円から24万円です。これを保障しようと思えば、最低賃金を時給1500円にしなければなりません。そのために、中小企業への賃上げ支援を1000倍にします。

東京の最賃審議会 今年から公開に
働くみなさんの声が政治を動かしている
 私たち日本共産党都議団は毎年、東京労働局(厚生労働省)に申し入れをおこなっています。働くみなさんの声を背景に、最低賃金の引き上げとともに、東京の最低賃金を決める最賃審議会が非公開でおこなわれていることをずっと問題にしてきました。今年の申し入れで初めて、7月からおこなわれる最賃審議会は公開にします、回答がありました。みなさんの声がこうやって政治を動かしています。

最低賃金1500円―できもしない課題

自民党のあきれた主張
 こういう流れのなかで、自民党はどうでしょうか。自民党の三原じゅん子参院議員が国会で討論に立っているところをテレビでご覧になった方も多いのではないでしょうか。いろいろなことをいっていましたが、最低賃金のこともいっていました。最低賃金1500円というできもしない政策を掲げている、と私たちのことを非難したんです。
 みなさん、とんでもないことではないでしょうか。最低賃金1500円は、できもしない課題などではなくて、やらなければいけない課題です。これを実現しなければ命が守れない。安心して働き生活できる社会に切り替えなければなりません。
 共産党は、3つのプランのなかでもこの課題を第一に掲げてとりくんでいます。

3つのプラン 財源はある
消費税に頼らない道
 共産党は、3つのプランを実現する財源があることも示して訴えています。消費税に頼らない道です。
 1つは、大企業に中小企業なみの法人課税をする。
 2つは、大株主の人たちの優遇税制を改める。
 3つは、日本を守るためにはまったく関係のない1機100億円の戦闘機を爆買いするすることも改める。オスプレイなどもいりません。
 こうしたことをしっかりやっていくだけでも消費税の増税にストップをかけ、希望のもてる政治へと進んでいける提案です。この道をご一緒に進んでいきましょう。

ブラック企業追及の吉良よし子さん
企業名を公表させる
 最後に、吉良よし子候補のことを訴えさせていただきたいと思います。
 8時間働けばふつうに暮せる社会。この問題で吉良さんは、参院議員になって6年間、ブラック企業を徹底的に追及し、ブラックな働かせ方をやめさせるために堂々と質問を続けてきました。
 このなかで、いくら勧告しても是正しないブラック企業は実名で公表させることを実現したのが、吉良よし子参院議員です。さらには、過労死遺族のみなさんの声に応えて、「残業代ゼロ」法案反対の論陣を張ってきました。

若い人や過労死遺族に寄り添って
信念もって活動する吉良よし子さん
 吉良さんがこういう問題で追及できるのは、なぜでしょうか。ひどい働かせ方をされている若い人たちの声をいっぱい聞いてきているからです。実態調査もしているからです。過労死遺族のみなさんの訴えを「絶対に忘れることはできない」「忘れてはいけない」といって、みなさんに寄り添い、過労死の悲劇を二度と繰り返させない信念で活動している政治家だからです。

企業・団体献金をもらわない党だから
 もう一つ大きなことは、日本共産党は企業・団体献金をいっさい受け取らない政党だからです。ブラック企業を追及するのに、その企業からお金をもらって政治をやっていたら、何もいえなくなるのは当然ではないでしょうか。私たち共産党は、企業・団体献金を受け取らないからこそ、堂々とブラック企業の問題を追及してきました。
 その先頭に立っている吉良よし子さんを、ぜひとも押し上げてください。

ブラック校則を取り上げた吉良さん
文部科学大臣から重要答弁引き出す
 もう一つ、ブラック校則の問題でも取り組んでいるのが、吉良よし子参院議員です。
 下着の色までチェックして違反だといい、ペナルティを生徒たちに課す校則があることをご存知でしょうか。吉良よし子さんは、子どもたちの権利を守っていく立場で質問に立ちました。文部科学大臣からも、「校則は絶えず積極的に見直す必要がある」「児童生徒や保護者が参加したうえで決定することが望ましい」という答弁をさせました。子どもたちの立場に立って取り組むからこそかちとれた答弁です。

吉良さんと共産党都議団が連携
都議会でも重要答弁引き出す
 吉良よし子さんと共産党都議団とが連携して、6月の都議会でも校則の問題を取り上げました。都立高校でも、髪の毛を染めてもいないのに、うちの学校の黒い髪の毛ではないから黒く染めてきなさい、という指導がおこなわれていました。とんでもない人権侵害です。そういわれた生徒さんは諦めずに「おかしい」と声をあげてくれました。そして、このことも含め、高校生の声を池川友一都議の一般質問でとりあげました。
 東京都の教育委員会も、校則を見直すときには親や子どもたちの声を聞いていくことが必要だ、と認めました。これは大きな前進です。
 国会議員団、都議会議員団、市議会議員団のみなさんと連携して人権を、一人ひとりの尊厳をしっかり守っていく政治にするために、選挙権のない子どもたちの声をしっかりと受け止めて、政治の場に届けていく、政治を変えていく。そのとりくみをすすめているのが、日本共産党です。みなさんの大きなお力添えを重ねてお願いいたします。

比例代表は日本共産党へ
東京選挙区は吉良よし子候補へ
 今度の選挙は、2つの投票があります。
 1つは、東京選挙区。吉良よし子さんを再び国会へ押し上げてください。
 もう1つは、比例代表です。比例は日本共産党へ。市民と野党の共闘をすすめる要として全力をあげます。政党名を書いていただけば、全国どこでも必ず議席に結びつきます。比例代表で日本共産党を大きく押し上げてください。比例代表の候補の中には、テレビなどでおなじみの小池晃書記局長も奮闘しております。日本共産党を伸ばしていただきますよう、心からお願い申し上げまして訴えとさせていただきます。


日本共産党への支持を訴えました。右は、谷川智行さん
b0190576_09113358.jpg
訴える谷川智行さん
b0190576_09113600.jpg
スピーチする永元すま子市議。後ろは上條彰一市議
b0190576_09114022.jpg
法定1号ビラをもって
b0190576_09115288.jpg
法定1号ビラ
b0190576_09115865.jpg
b0190576_09120388.jpg




by hara-noriko | 2019-07-05 09:13 | 選挙 | Comments(0)

比例は共産党 東京20区は宮本徹さん   

比例は共産党
 あす10月22日は、総選挙の投票日です。台風が近づく大変なお天気になっています。みなさんの一票一票を無駄にしないように、ぜひ投票にお出かけいただきたいと思います。その一票一票が政治を変えます。政党を選ぶ比例代表は、一票一票の積み重ねで議席が決まります。無駄になる票はありません。比例代表は、日本共産党へお寄せいただき、一票を活かしていただきたいと思います。

東京20区 宮本徹候補と一緒に最後の訴え
 最終日の21日午後、東京20区(東村山市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市)の宮本徹候補といっしょに東久留米市内で最後の訴えをしました。日本共産党公認で東京比例候補でもある宮本さんは、立憲民主党、社民党、自由党だけでなく、「市民連合」をはじめとした幅広い市民のみなさん、無所属市議のみなさんたちの応援を受けて、「市民と野党の共同候補」として訴えぬいてきました。

「今、あなたに入れてきた」
 きょうも雨。しかし、声援をたくさんいただいて、うれしかった! 期日前投票を済ませた人が通りかかり、「今、あなたに入れてきたよ」と宮本さんに伝えてくれました。10代のかわいい女の子2人がずっと聞いてくれて、拍手してくれました。宮本さんが「おじさんの話し難しかった?」と聞いたら、「大丈夫です。投票したいな。応援します」と。宮本さんはパパの笑顔になりました。

笠井亮比例候補も駆けつけて
 夜、宮本さんといっしょに清瀬駅前で「おかえりなさい宣伝」をしました。拡声器を使えない時間なので、肉声です。後援会やサポーターズの人たちがたくさん集まってくれて、元気いっぱい。笠井亮比例候補が駆けつけてくれて、比例1位の笠井さんと2位の宮本さんが並ぶという豪華な顔ぶれに。電車を降りてきた人たちから握手を求められ、「入れたよ」「入れるから」という声をたくさんかけていただきました。
 宮本さんをこの東京20区からなんとしても国会に押し上げたい。「比例は共産党」「東京20区は宮本徹さん」。最後の最後までがんばりぬきます。


東久留米市での最後の訴えをする宮本徹候補
b0190576_23562471.jpg
私もいっしょにスピーチ
b0190576_23562816.jpg
(撮影:長島可純 上の2枚↑ 転載はお控えください)

清瀬駅前で、おかえりなさい宣伝
笠井亮さんも駆けつけて一気に盛り上がる
b0190576_23561721.jpg
b0190576_23563153.jpg
b0190576_23563411.jpg
b0190576_23563838.jpg




by hara-noriko | 2017-10-21 23:58 | 選挙 | Comments(0)

熱気と感動 東京・立川の共産党街頭演説   

雨の中、人、人、人
 10月16日、東京・立川駅北口にて、日本共産党の街頭演説がありました。雨も降り、寒い中、デッキの上も下もギッシリ。立ち止まって聞いてくださる方も多く、はるか遠くにも足を止めてこちらを見ていたり、大きく手を振って「がんばれ」と合図をしてくださる方がいたり。私は司会をしたのですが、まさに、市民と野党の共同を真剣に追求するなかでの街頭演説になり、感動的でした。

市民連合の広渡清吾さん 「共産党へ絶大な支持を」

 まず最初に、「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」の呼びかけ人のひとり、広渡清吾さん(元東京大学副学長)のごあいさつ。広渡さんは、共産党が誠実に、たじろがず、市民と野党の共闘路線を断固として維持し、安倍政権打倒の先頭に立ってくれたと述べ、「共産党へ絶大な支持を」とよびかけてくださいました。

立憲民主党 菅直人さんからメッセージ
 続いて、東京18区候補、立憲民主党・菅直人さんからの「安倍政権を打倒するためともに頑張りましょう」とのメッセージを紹介。

東京21区の野党共同候補 社民党の小糸けんすけさんがあいさつ
 そして、野党共同候補・社民党小選挙区東京21区候補の小糸けんすけさんが駆け付け、あいさつをしてくださいました。憲法を守る熱い思い、野党共同候補として勝ち抜く決意を述べられました。21区での野党共同を実現するために、立候補をとりやめた共産党の田川豊さんも隣にならび、聴衆から大きな拍手が!
 民進党の希望の党への合流の動きにより、いったんは市民と野党の共同が分断される動きがあったところから、よくここまでみんなでおしかえしたな…共同をこわさないために共産党として役割を果たせたことを誇りに思いました。

共産党の比例候補 谷川智行さんの訴えに感動
 次に、日本共産党の谷川智行比例代表候補が訴え。胸を打たれました。医師として庶民の痛みに寄り添い続けている話に、みんな聞き入りました。子どもさんが過労自殺をしたお母さんが、ずっと自分を責め続けている姿…。ホームレスの方たちへの継続した支援…。政治を変える熱いい思い。こういう人を国会に送らなければ、と強く思いました。谷川さんは比例の4番目。なんとしても「比例は共産党」で押し上げたい。

東京20区野党共同候補 共産党の宮本徹さんが「勝ち抜く」と
 そして、東京20区(比例重複)の宮本徹さんが訴え! 市民と野党の共同候補となり、どんどん支援の輪が広がっている。必ず勝ち抜く決意を語りました。

志位和夫委員長 「選挙結果を決めるのはみなさんの1票1票」
 最後の弁士として訴えた志位和夫委員長からも、「20区で勝ち抜かせてほしい」と。「もり・かけ」問題でも追及の先頭に立ってきたことなど、宮本さんの実績を紹介しながらの訴えが。そして、「比例は共産党」を心をこめて訴え。選挙結果を決めるのは世論調査ではなく、みなさんの1票1票だと。大きな拍手、手拍子、声援がしばらく続く状況になりました。

20代の若者から感想が
 20代の若い方から感想が。「志位さんが、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)がノーベル賞をとったこともちゃんと言ってくれて、すごく良かった。世界からみたら、安倍政権が少数派だとわかった」「学費無償化を共産党もちゃんと言っているんだと知った。与党がポスター貼っているから、与党だけなのかな、と思っていたので…。しかも消費税に頼らない提案なんだ、と知ってうれしかった」


ぎっしり人で埋まった東京・立川駅前(16日)
b0190576_23281740.jpg
「ご支持の輪を広げてください」(16日)
b0190576_23283916.jpg

東京・清瀬駅前で訴える宮本徹候補(18日)
宮本さんの左は、ふせ由女(ゆめ)清瀬市議(無所属)
b0190576_23285892.jpg
b0190576_23290311.jpg
b0190576_23290953.jpg

清瀬市民連合から、小林二男・東京外国語大学名誉教授が応援
18日夕、清瀬駅前
b0190576_23293941.jpg
市民連合の呼びかけ人、佐藤学・東京大学名誉教授が応援
18日夕、清瀬駅前
b0190576_23294310.jpg


b0190576_12424694.jpg




by hara-noriko | 2017-10-18 23:31 | 選挙 | Comments(0)

市民のみなさんと共にすすむ共産党と宮本徹さん   

日本共産党街頭演説@東京・東久留米駅前
 10月15日午後、東京・東久留米駅西口でおこなわれた日本共産党街頭演説。雨で寒い中、たくさんの方に来ていただきました。ありがとうございます!
 「選挙で変えよう東久留米市民連合」の内田知行さん(大東文化大学教授)のあいさつに続き、私もスピーチ。都議選で実感した、政治を動かす市民のみなさんの力が、さらに広がっていること。宮本徹さん(前衆院議員、東京20区・比例代表重複候補)が地域にとってもなくてはならない政治家だということ、しかもそのことを無所属の市議の方も応援スピーチしてくださっていること、市民と野党の共同をさらに強めるために比例は共産党を、と訴えました。

宮本徹候補の訴えに「ジーンとした」
 私に続いて宮本候補が訴え。「強気を助け、弱気をくじく政治は許さない、という気持ちが伝わり、ジーンとした」という感想をいただきました。

私も聞き入ってしまった不破哲三さんの訴え
 最後に不破哲三前議長! 本当にすごいです。宣伝カーの急なはしごも昇り降り。不破さんにしか語れないお話。未来まで見据えたスケールの大きさ。宣伝カーの上に一緒に立っていることも忘れそうなぐらい、聞き入ってしまいました。
 19歳の方からのメールをいただきました。「不破さんのICANの話と沖縄の話が良かったです。憲法に触れ世界平和の思いが沁々と伝わりました。消費税って経団連が言い出したんですね。希望の党の話が分かりやすかったです」と。
 ICAN(アイキャン)は、「核兵器廃絶国際キャンペーン」という国際NGOです。先日、ノーベル平和賞を受賞しました。

動画もアップされています
 当日の動画がネットに紹介されています。この記事の下にリンクを貼りました。ぜひ、ご覧ください。


【私のスピーチを紹介します】

都議選の結果が総選挙につながっています
 7月に行われました都議会議員選挙では、本当に大きなお力添えをいただきまして、都政の場に送り出していただきました。定数2のこの地域から、その壁をみなさんと一緒に乗り越えることができました。
 きょう司会をしている尾崎あや子都議会議員は、北多摩1区(東村山市、武蔵村山市、東大和市)で再選をかちとり、北多摩4区(清瀬市、東久留米市)では私が初めて選出していただきました。この結果、衆院東京20区(5市)の地域には、自民党の都議会議員はいなくなりました。
 それが今度の都議選の1つの結果になり、いまの衆院議員選挙につながっています。

市民のみなさんの議席
 都議選のなかでたくさんのことを学びました。なかでも確信になったことは、市民のみなさんの力は本当にすごい、ということです。市民のみなさんの力によって、定数2の壁を突破する。そういうところにまでなりました。
 都議選が終わったあとに、地元の方たちから声をかけられました。「原さんを応援すると決めて、名前を出して応援した。このことは勇気が必要だったんだよ」といわれました。そういう何人もの方の決断で、この地域で共産党の議席をかちとったわけですが、これはまさに、市民のみなさんの議席だと実感しています。市民のみなさんの議席に恥じない活動に全力をつくしていきたい、と決意しています。

共同の輪がさらに広がっています
 都議選の経験を踏まえて、きょう一番いいたいことは、そのときの共同の輪がさらにさらに広がって今に至っている、ということなんです。
 「宮本徹さんを応援しよう」という人たちは、市民連合のみなさんや、さまざまな地域の市民団体のみなさんなど、垣根を越えて広がっています。5市の地域の社民党の市議会議員の方、無所属の市議会議員のみなさん、無所属市議のなかには民主党総支部の代表をされていた方もいらっしゃいます。

共同の輪がさらに広がって
宮本徹さんを東京20区から押し上げることができる
 こういう方たちで、「宮本さんをこの地域から押し上げよう」「安倍政権をやめさせて、憲法9条を暮らしを守ろう」の声が大きく広がっています。こんな大きな広がりは、これまでなかったことではないでしょうか。この力をもってすれば、必ず宮本さんを東京20区から押し上げることができる、と日々その気持ちを強くしています。
 第一声のときも、無所属の市議の方がこういうふうにいってくれました。「宮本さんを送り出したい。宮本さんは地域にとってかけがえのない人なんだ」と。私は感動しました。私自身も、宮本さんと一緒に活動していて、この方は本当に地域にとって欠かせない、必要な国会議員だ、ということを毎日感じています。

小児医療、周産期医療、高齢者福祉、障害者福祉
国にどんどん働きかけています
 宮本さんは、どんな小さな声にも耳を傾けてくれて、「その声を実現する、あるいは問題を解決するためには、国にもどんどん働きかけようと」といつもいってくれます。
 清瀬小児病院廃止後の問題でも、まだまだ小児医療や周産期医療が不足しています。そういうなかで、宮本さんと尾崎都議、5市の市議が協力して、病院を訪ねています。以前は会ってくれなかった病院も、地元の国会議員の宮本さんが来るということで、会ってくれました。地域の要求や問題を実現・解決するために先頭に立っているのが、宮本徹さんです。
 この地域の高齢者福祉、障害者福祉を充実していくために宮本さんは、直接国と交渉する場を何度も設けてくれています。

公立保育園全廃計画に対しても
 東久留米市では公立保育園の全廃計画が立ち上がっています。宮本さんは「とんでもない計画だ。児童福祉法にもかかわる問題だから、国にも話した方がいいよ」といってくれました。実際に国との話し合いの場をもってみたら、国の担当者でさえも「保護者のみなさんに知らせもしないで廃止計画を決めてしまう。これは信義則に反するのではないか」といわざるを得ない。こういう発言を引き出してくれたのが、宮本徹さんなんです。

地域の代表としてもっともふさわしい
 私は、この方は地域の問題を解決するために真剣なんだ、と実感しました。こういう方こそ、地域の代表としてふさわしいのではないでしょうか。
 今度は宮本徹さんをなんとしても東京20区、この地域の代表として、みなさん一緒に送り出していきましょう。心から呼びかけます。

比例は共産党 この党を大きく伸ばしてください
 宮本徹さんに存分に働いてもらうためにも、比例代表は共産党、比例代表で共産党を大きく伸ばしてください。私たちは市民のみなさんとともに運動し、行動していく、要求を実現するために一貫して取り組む、そこからブレずにがんばってまいります。この日本共産党を大きく伸ばしていただきますよう、重ねてお願い申し上げます。


日本共産党街頭演説のライブ録画です




(前列右から)宮本徹候補、不破哲三さん、原のり子

b0190576_03402644.jpg


左は尾崎あや子都議

b0190576_03411406.jpg
b0190576_03403236.jpg
b0190576_03412964.jpg
b0190576_03413552.jpg

(撮影:長島可純 上の5枚 転載はお控えください)

スピーチする東久留米市民連合の内田知行さん

b0190576_00560412.jpg
b0190576_03414173.jpg
b0190576_12424694.jpg






by hara-noriko | 2017-10-17 12:36 | Comments(0)

政治を変えるカナメは宮本徹さんと日本共産党   

 9日、衆院東京20区(東村山市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市)から挑戦する宮本徹さんと一緒に東久留米市内の街頭で訴えました。10日はいよいよ総選挙の公示です。私のスピーチを紹介します。

市民と野党の共同で
 日本共産党の都議会議員、原のり子です。7月に行われました都議会議員選挙では、みなさんの大きなお力添えをいただき、都政の場へ送り出していただきました。公約実現のために全力を尽くします。
 この東久留米市、そして清瀬市の地域は、定数2でしたが、市民の力が集まればこういう結果が出せる。私は、市民のみなさんの力を改めて実感しています。
 今度は、総選挙です。都議選以上の市民のみなさんと野党の共同で、この地域からなんとしても宮本徹さんをご一緒に国会へ送り出していきましょう。

宮本徹さんはこの地域に欠かせない人
 宮本徹・前衆院議員は、この地域でみなさんの声を届ける役割を果たしてきた人です。
 とくに、東久留米市がすすめる公立保育園の全廃計画について、この問題をどうやって押し返していくかというときに、宮本さんがアドバイスをしてくれました。「公立保育園をなくすというとんでもない計画については、国にもちゃんと話をした方がいい」といってくれたんです。そして、厚生労働省、総務省と交渉する場を設定してくれて、交渉が実現しました。
 交渉の中で、「保護者のみなさんに知らせもしないで廃止を決めてしまうなどというのは信義則に反するのではないか」と国の役人でさえ認めました。こうした取り組みが力になって、市民の取り組みも進みました。廃止計画は今年4月から1年ストップしています。その間に都議選が終わり、続いて総選挙があり、市長選挙、市議補欠選挙があります。
 国政・都政・市政を担う党議員団としっかり手をつないで政治の流れを変えていく。公立保育園全廃計画にストップをかけていく。そのためにも、ここ衆院東京20区から市民のみなさんの声をまっすぐに国政に届けることができる宮本徹さんをなんとしても押し上げていただきたいと思います。

都議会で給食費の助成提案を葬った自民、公明、都民ファ
 私がもう一つみなさんに訴えたいのは、都議会と小池都知事の問題です。
 今回、都議として都議会に行ってみて、一般の常識とは違うところが都議会にはあることを実感しました。たとえば税金の使い方一つにしても、議員のための黒塗りの車=公用車を22台も用意しています。その維持費などにに2億円近くもかけています。私はこういうことはやめようと取り組んでいます。
 共産党都議団は9月議会で、小・中学生の給食費に対する助成を実現しようと提案しました。月々1000円の助成を東京都の財政から出そうという提案です。これにはネットも賛成してくれました。ところがみなさん、自民党や公明党、都民ファーストの会のみなさんが反対の態度をとりました。公明、自民、民進は、都議選で給食費の無償化を公約していたのに、反対したんです。私はたいへん驚きました。これが都議会の実態です。

9条含む改憲を計画する小池新党
 小池知事は、新しく自分の党=希望の党を立ち上げました。国政に手を伸ばそうとしていたため、共産党都議団は9月議会で質問しました。憲法9条について小池知事は、「9条に限らず改憲を前に進める」と都議会の議場で答弁しました。こういう人たちが総選挙で議席を伸ばしたとしても、自民党の補完勢力が増えるだけで、9条を守る方向には結び付かないことをみなさんに訴えたいと思います。
 憲法9条をしっかり守る。平和な社会を続けていく。そのために力を合わせようではありませんか。そのためにも宮本徹さんを押し上げてください。

比例代表は日本共産党
 そして大事なのは、比例代表でも日本共産党を伸ばしていただくことです。
 前回も共産党を大きく伸ばしていただいて、宮本さんを先頭に消費税の増税にストップをかけてきました。市民と野党の共同の要でもある日本共産党へ、みなさんの大きなお力添えをいただきますよう、重ねてお願いを申し上げます。

【宮本徹さん 10日の行動予定】

10:00 宮本徹事務所前(東村山市栄町2-25-8)
    (尾崎あや子都議)
11:00 東大和市ヨーカドー前
    (応援 中野しのぶ・東大和市議=無所属)
    (尾崎あや子都議)
12:10 武蔵村山市村山団地1101号棟西側
    (応援 中野しのぶ市議)
    (尾崎あや子都議)
14:10 東久留米市 西団地スーパーヤマザキ前 
15:00 東久留米市イトーヨーカドー前
    (吉良よし子参院議員)
    (原のり子都議)
16:10 清瀬駅北口西友前
    (吉良よし子参院議員)
    (原のり子都議)
16:45 清瀬市竹丘緑地公園
18:00 久米川駅南口
    (応援 島崎よう子・東村山市議=無所属)
    (応援 市民連合の広渡清吾元東大副学長)
    (尾崎あや子都議)
19:15 東村山駅東口
    (尾崎あや子都議)
(予定が変更になる場合もあります)


ごいっしょに政治を変えましょう
b0190576_23122762.jpg
b0190576_22391309.jpg
b0190576_00254093.jpg
b0190576_00254520.jpg
(撮影:長島可純 下の2枚 転載はお控えください)





【ボランティア大募集 宮本徹事務所】
人手が足りません! ぜひご協力を!
東京都東村山市栄町2-25-8 エリナスビル1階
西武新宿線・久米川駅南口から徒歩約4分
電話 042(396)6050

b0190576_22450225.jpg




by hara-noriko | 2017-10-09 23:02 | 選挙 | Comments(0)