タグ:民営化 ( 8 ) タグの人気記事   

さいわい保育園 保護者の思い   

 民営化が進められている東久留米市立さいわい保育園は、今年度、年長さん5人。市は、この1年で閉園するとしています。古いとはいえ、耐震上もまだ使える園舎。地域の子どもたち、若いママたち、市内の小規模保育園の子どもたちが多数集まり、地域の子育てセンター的な役割も果たしてきている。…なくてはならない存在です。この1年を子どもたちが楽しく過ごせるように応援すること。そして、その後も、さいわい保育園が果たしてきた役割をなくしてしまうことのないようにしていくことが重要です。

 新日本婦人の会東久留米支部のニュースに、今年の3月、さいわいを卒園した子の保護者、荒川香子さんが寄稿しました。改めて、さいわい保育園のかけがえのなさ、公立保育園を存続していく大事さを教えてくれ、胸を打たれました。多くの人に読んでいただきたい…。ご本人の了解を得て、このブログで紹介させていただきます。

さいわい保育園、第48回卒園式の日を迎えて
保護者 荒川香子


 3月17日、晴れ渡った青い空の下、さいわい保育園は第48回卒園式の日を迎えました。
 市の計画どおりであれば、昨年の3月末でさいわい保育園は民営化により閉園する予定でしたが在園児、歴代の卒園児の父母、また地域の皆様のあたたかいご支援をもとに市に働きかけた結果、2年間の存続期間が与えられました。その結果迎えたこの日は感慨深く、またさいわい保育園で卒園することができた我が子たちの幸せと成長を思い、多くの保護者が嬉しさと感謝の思いで涙、涙の一日となりました。

 いま、さいわい保育園にはこの日卒園式を迎えた17名の年長と5名の年中、計22名の園児がいます。本来であれば1歳から5歳まで80名定員の園にたったの22名。下に小さい子たちがおらず、また多くの子どもでにぎやかだった園が22名になってしまったらどんなに寂しくなるか…そんな不安もありました。しかしこの1年、先生方の工夫と高い保育力でさいわい保育園は寂しさを感じる場面もないくらいのたくさんのお楽しみと笑顔であふれ、子どもたちは幸せな日々を過ごしてきました。

 何よりも有難かったのはさいわいの先生方の「子どもたちをありのまま受け入れる」という保育方針で子どもたちにたくさんの自信を与えてくださり、他者への優しい心、たくましい心へと導いてくださったことです。

 こんなエピソードがありました。年長クラスで畑を作ることになり、何を植えたいかという話をした際、皆がトマト、キュウリと言う中で「ワカメ」と言った子がいました。野菜が苦手な子で一生懸命自分が食べられる物を考え言った言葉を、先生は「〇〇(名前) ワカメ」とホワイトボードに書き加え、全く否定しませんでした。
 翌日には別の子が「あれ、ワカメって海のお野菜じゃない?」と気付き「これは畑には向かないかもね」という話になりました。ワカメといった子も「そうか!」と、苦手だけれど少しなら食べられる畑の野菜をもう一度考えることができました。
 先生は「もし誰も気付かなかったら本当にワカメを植えてみようと思ったのよ。植えてみてダメだったらそこで気付けるし、それにもしかしたら何か生えてくるかもしれないしね」と笑って仰っていました。
 その場で「ワカメは違う」と否定することは簡単です。でもその子が一生懸命考えたワカメを受け入れ、子どもたち自身の気付きを待ってくれた先生方には本当に頭が下がる思いです。

 こんな話はいくつもあって、その度に保護者としてこの園に子どもを預けられたこと、我が子達がこんな先生方に育まれたことを感謝せずにはいられません。

 子どもたちの長い人生の中で、初めて出会った「先生」がさいわいの先生でよかった。さいわい保育園で過ごした時間、与えられたたくさんの自信が今後の人生において大きな糧となる予感を持ちながら、小学校へと進む子どもたち。17名のさいわいっ子がこの春、さいわい保育園を卒園します。

 大好きなさいわい保育園が、ずっと子どもたちの心に刻まれることを信じて。


カラシナ
b0190576_16505477.jpg
カルガモ
b0190576_16523322.jpg



by hara-noriko | 2018-04-29 22:36 | 日記 | Comments(0)

さいわい保育園保護者 荒川さんのスピーチに感動   

 東久留米市で開かれた日本共産党の「国政・都政報告会」(4月8日)。さいわい保育園の保護者、荒川香子さんがスピーチしてくださいました。
 保護者のみなさんは、民営化が進んでいくなかでも、子どもたちを守るために、ねばりづよく取り組みを続けています。反対のための反対運動ではなく、子どもたちの保育を受ける権利を守るということからぶれない。さいわい保育園、そしてそれ以前の民営化反対のとりくみから貫かれているこの姿勢に、たくさんのことを学ばせていただきました。そして、一緒に考えたり、悩んだりしてきたことはかけがえのないものだと感謝しています。やっぱり、政治を動かしているのは市民のみなさんだ、と改めて実感し、胸を打たれました。ぜひ、読んでいただきたいです。

【荒川香子さんのスピーチです】
 私たちのさいわい保育園は今年の4月、まさに1週間前になりますけれども、東久留米市の計画のもと、民営化がなされました。さいわい保育園に通っていた多くの子どもたちが民営化先となる東久留米おひさま保育園へ移行いたしました。

 いま、さいわい保育園には、民営化後も残留を決めた5歳児クラス17名全員と、4歳児クラス4名の計21名だけの保育園となっております。市は、いまの4歳児クラスが卒園する2年後に、さいわい保育園を廃園するとしています。
 さいわい保育園はもともと、定員80名の保育園ですが、現在は21名の園児のみ、1歳から3歳までの保育室は空き保育室となりました。おもちゃも絵本もそのままに、ただ約60名の子どもが4月1日から登園してこなくなったのです。
 残留した5歳児、4歳児は進級した喜びを感じながらも、下の子どもたち、友だちがいなくなったことをさみしく思っています。先生方は、残った子どもたちがさみしさばかりではなく楽しいことを少しでも感じられるようにと、1週間、たくさんの遊び、イベントを考えて保育してくださいました。それでも現実に、60名の子どもがたった1日を境にいなくなった、その穴を埋めることは容易ではないです。
 私たち保護者も、先生方とともに協力し合い、今まで以上に楽しい園生活となるように力を尽くしますが、それでもなぜ私たちの子どもが、さいわい保育園の子どもたちがこんな思いをしなければならなかったのか、東久留米市の対応には今でも納得できずにおります。

 私たちのさいわい保育園は、1970年の開園で、実に開園から47年もの時がたちました。「これが小学校や中学校、高校や大学なら、『歴史ある』というふうにいわれるのに、なぜ保育園ではそのようにならないのだろう」といった保護者がいました。本当にその通りだと思います。
 幸町1丁目の地で約半世紀もの間、地域の多くの子どもたちを育ててきた公立さいわい保育園です。ただ歴史が長いだけではなく、近隣の住民の方にも温かく受け入れられ、近隣の中学校や高校とも交流も深く、地域ぐるみで子育てをする環境をつくりあげてきました。また、利用者である保護者からも、評価がとても高く、質の高い保育を実現している保育園です。昨今、保育園に関する悲しいニュースが多い中、さいわい保育園は子育てをする家庭にとって、とても貴重な保育園であるといえます。

 その私たちの大切なさいわい保育園が、次期民営化園と選定されたときからずっと、原さんには相談にのっていただき、また東久留米市より待機児童問題が深刻な23区の対応、活動などの情報をいただいてきました。
 子どもが成長し、卒園すると、父母会活動に参加できなくなるため、私たちさいわい保育園の問題に関しては、親が代替わりしながらも、原さんを頼り続け、そして原さんは議会で私たちの声を代弁してきてくださいました。原さんの保育や子どもに対する思いは私たち保護者といつも同じで、今困っている子どもも、未来の子どものことも見すえて、現状はどうあるべきか、この先どう進めていくべきかを一緒に考えてくださいました。
 私たちが市議会に提出した数々の請願、また請願署名も、原さんは議会で私たちの声を代弁するだけではなく、さらに言葉を重ね、他の市議の方に訴えてくださいました。その言葉の一つひとつが、どれだけ私たちの励みになったかわかりません。

 いま東久留米市では、民営化どころか市内公立保育園全園民間化計画が進められています。認可保育所も増設もしているとはいえ、待機児童解消にはとうてい及びもしないのに、公立保育園を廃園する計画。そして私たちのさいわい保育園の1歳から3歳までの空き保育室を活用すれば、それだけで約60名もの子どもが救済されるのに、市は活用の計画は一切ないといい切ります。非常に残念なことですが、東久留米市では待機児童は解消してもらえません。

 原さんにはもうぜひ、都議になっていただき、東久留米だけではなく、東京都議会からこのおかしな状況を変えていっていただきたい。どうか一刻も早く待機児童を解消するためにありとあらゆる手段をとっていただきたい。みんなが原さんのことを応援しています。ぜひがんばっていただきたいと思います。

スピーチしてくださった荒川さん
b0190576_23534411.jpg
桜のトンネル(黒目川遊歩道)
b0190576_23471506.jpg


homepage   twitter   facebook



by hara-noriko | 2017-04-14 23:49 | 東京都政 | Comments(0)

さいわい保育園 運動会に駆けつける   

全年齢がそろっての保育園生活は今年度いっぱい
 来年4月に民営化する、東久留米市立さいわい保育園。2年間は、4、5歳児に限っては希望すれば現保育園に残り、卒園できます。が、全年齢がそろっての保育園生活は今年度いっぱい。従来通りの運動会も今回までとなります。今日(10月15日)はたくさんの行事が重なっている日でしたが、とにかく、まず、さいわい保育園には行かなければ…と思い、うかがいました。
子どもたちの様子に引き込まれて…
 これが最後なのか、と、なんとも胸が痛む思いで行きましたが、子どもたちののびのびとした様子にすっかり引き込まれました。いつも通りの運動会、いつも通りのさいわい保育園。「いつも通り」であることを大事にする先生たち、保護者のみなさんは本当にすごいな、と思いました。そんななかで、年長さんは保育園生活で培ってきた力を生きいきと発揮し、それを年中さん以下の子どもたちが憧れの眼差しで見つめている…。この憧れの思いを来年度にどう結び付けるのか、これは本当に大きな課題です。どうか、子どもたちの思いを裏切らない対応をしてほしい。行政に求めたいです。
改めて問いたい さいわい保育園をなくしていいのか?
 それにしても、改めて、さいわい保育園をなくしてしまっていいのか、と強く思います。47回目の運動会、地域で大切にされてきた保育園。一緒に見学に行った18歳の娘(卒園児)にパートの先生たちが次々声をかけてくれる。「子どもも孫もお世話になって」と話してくれる地域の方…。どの人が先生か、父母かわからないぐらい、みんなで力をあわせて運営し、子どもたちを見守る。学芸大ひかり組のお友達も一緒に参加し、みんなが大きな声援を送る。…そうしたことが実に自然に、「いつも通り」におこなわれる運動会。一朝一夕では築かれることのないものです。その重みを行政も議会もしっかり受け止める必要があると思います。さいわい保育園について、これからが大事だと強く感じて帰ってきました。
 保護者のみなさんからの手紙…。胸を打たれました。ぜひ、読んでください。

運動会入り口
b0190576_01213522.jpg
父母会からの手紙(市議会議員あて)
b0190576_01271450.jpg
さいわい保育園からの案内
b0190576_01214189.jpg

by hara-noriko | 2016-10-16 01:23 | 活動日誌 | Comments(0)

さいわい保育園民営化 保育の継承に触れず   

事業者紹介と整備計画の説明会
 2月4日、さいわい保育園民営化による、新設園の事業者紹介と保育所整備計画の住民説明会でした。
安全対策は?
 私自身地域に住んでいる一人としても、住民の方々から出された心配なことは「そうだな」と思うことが多々ありました。とくに、予定地は通学路になっていて、もともと危険な場所。これまで、安全対策を保護者のみなさんが求め続け、私も議会でとりくんできました。法人を公募する前の説明会でも、対策を求める意見が出されていましたが、残念ながら、市としてまだ対策が十分練られていないと感じました。説明会での意見について、十分に検討し、対応してほしいです。
保育の継承は公募要項で位置付けられている
 気がかりなのは、これまでの保育を継承していく、ということについて触れられなかったことです。今回の園舎には、みんなが集まる広いスペース(ホール)がありません。また、園舎と園庭が別々の敷地になります。園舎と園庭を子どもが自由に安全に行き来できません。こうしたことは、保育の中身にもかかわる、大きな違いです。では、どこまで保護者の声を施設に生かせるかという質問には、設計を担当した事務所の方が、すでにこれまで出されてきた意見を市から聞いて設計している、また、財政的にできることに限りがあるとも…。変更はできないということ? 市としては、どう考えているのか?
 これまでの保育の継承は公募要項で位置付けられています。子どもと保護者にとっても重要ですが、近隣住民の方にとっても大事なことです。市としての誠実な対応を求めたいです。

ジョウビタキのメス(黒目川)
b0190576_00530153.jpg


by hara-noriko | 2016-02-07 00:53 | 市政報告 | Comments(0)

さいわい保育園の運動会で感じたこと   

 10月10日、さいわい保育園の運動会を見学しました。小さな園庭に飾られている万国旗は、子どもたちの絵。とても素敵です。議会からは、白石議員、間宮議員の姿も。
 それぞれの年齢に応じたプログラムは、こうやって成長していくのか…とよくわかり、とてもよかったです。また、ずっと交流を続けている、学芸大特別支援学校幼稚部ひかり組のお友達も一緒に参加。その参加の仕方も本当に自然で、いかに、日ごろからの交流が大事にされているのかが、伝わってきます。しかも、何十年も積み重ねてきている交流です。その意義を多くの人に知ってほしいです。
 
 虫取りにきた男の子(先生)に捕まらないように逃げる、せみになりきったすみれさん(3歳児)。捕まってはいけないのに、「せみはどこかな?」と男の子が言うと、いっせいに「み~ん、み~ん」。かわいい!
 
 つくしさん(1歳児)、たんぽぽさん(2歳児)はお散歩から戻って来て、お父さん・お母さんたちと対面。にこにこの子もいれば、びっくりして「わ~ん」と泣いてしまう子も。ふ れあい遊びでは、お父さんお母さんに甘えたり、安心している様子にこちらも気持ちがほっこり…。

 そして、ばらさん(年長児)の戸板のぼりは、会場が一体になって一人ひとりの挑戦を応援し、見守ります。何度も挑戦してよじ登って行く姿、やりきった誇らしい顔…。保育園での成長がそこに凝縮されて表現されていて…感動してしまいます。そして、その子どもたちを見守る大人たちや子どもたちの様子に胸を打たれます。涙をふきながら写真を撮っている写真係のお父さんの後ろ姿。わが子だけでなく、みんなを大事に思っているお父さん、お母さんたち。失敗しても、せかさず、子ども自身の思いを大事にしてじっくり見守る先生たち。なぜ、この保育園をなくさないで、と保護者のみなさんがとりくみを続けているのか、本当によくわかります。
 安心して育ちあう保育園の大事さを実感した運動会…。市は、合意もないまま、民営化を強行する姿勢を改めてほしい…強く思います。


by hara-noriko | 2015-10-15 02:09 | 活動日誌 | Comments(0)

保護者の指摘に道理あり-さいわい保育園民営化   

傍聴でいっぱいだった市議会厚生委員会
 厚生委員会は、16日午後1時から夜7時までかかりました。傍聴席もほぼいっぱい。委員会室外の控室で、音声を聞いている赤ちゃん連れのお母さんの姿も。くわしい報告は後日おこないますが、いくつかお知らせします。
さいわい保育園民営化 希望すれば卒園保障を行なうと市側が発言
 さいわい保育園民営化について、平成25・26年度入園者に公文書にて「希望すればさいわい保育園を卒園できる」としていたものを、27年度には同じ公文書で「同意のもと新園に移ってもらう」と変更した件について、もとの公文書のとおり、希望すれば卒園保障を行なうと市側が発言しました。
いったん民営化は立ち止まり、問題を整理すべきです
 しかし…間違いを訂正したわけでも、混乱を招いたことへの謝罪があったわけでもありません。新しい文書ができても、もとの文書を否定しているわけではない、との見解なのですが…とても不可解ですし、無責任であると思います。保護者の方が請願でおっしゃるとおり、ここはいったん民営化は立ち止まり、問題を整理すべきです。いったん凍結し説明責任を求める請願は、残念ながら採択を主張したのは私だけで、関根議員(公明)小山議員(自民)近藤議員(民主)が反対し、間宮議員(市民自治)は趣旨採択で、結果不採択でした。
 私は、この問題をこれで終わりにはできないのではないか、と思っています。ただ、保護者の指摘に道理あり、ということが鮮明になったことは重要です。
「認可外保育施設への保育料助成の実施を求める請願」は採択
 「待機児童を考える会in東久留米」のみなさんからの請願、「認可外保育施設への保育料助成の実施を求める請願」は、近藤議員(民)間宮議員(市民自治)私(共産)が採択を主張し、関根議員(公明)小山議員(自民)が趣旨採択で、結果採択になりました!
認可保育園増設を求める請願は不採択に
 ただ、認可保育園増設を求める請願は、自公が反対、民主が趣旨採択、市民と共産が採択で、結果不採択となっています。

18日の予算特別委員会で質問に立ちます
 17日から、予算特別委員会がはじまりました。17日の補正予算は、上の原のアクセス道路関連の繰越明許(年度内に支出が終わらないと見込まれる予算を翌年度に支出できるようにすること)があり、反対しました。18日は、各会派の総括代表質疑があります。公明、自民、共産、民主の順なので、私は多分午後1番かと思いますが、ひょっとすると若干午前中に質問が入るかもしれません。

3月議会の今後の日程
   17日(火) 予算特別委員会…補正予算
   18日(水) 予算特別委員会…当初予算の総括質疑(公明、自民、共産、民主)
          日本共産党は私、原のり子が質問に立ちます。
   19日(木) 予算特別委員会…当初予算
   20日(金) 予算特別委員会…当初予算
   23日(月) 予算特別委員会…当初予算
   26日(木) 本会議(最終日)…討論・採決

ボケの花
b0190576_02133864.jpg

by hara-noriko | 2015-03-18 02:13 | 市政報告 | Comments(2)

一般質問 保育園問題が大きな議論に   

 一般質問が終わりました。大きな議論になったひとつは、保育園問題でした。
4月からの保育園入園について、214名もの方が「不承諾」となっている深刻さに、多くの議員が注目し、それぞれの角度で待機児解消問題を質問しました。そのなかで、「人口減少のなかで認可保育園をふやすのか」「待機児の多くは0~2歳児であり、認可保育園をふやすと保育園過多になるのでは」などの意見もありました。認可保育園を増設するのかどうか、ということは大きなテーマになっています。
私は「認可保育園増設を軸にした待機児解消策が必要」と主張
 私は、認可保育園増設を軸にした待機児解消策が必要であること、人口減少傾向のなかでも乳児の保育園ニーズが大きく高まっていること、そもそも少子化対策は安心して子どもを産み育てることのできる環境づくりではないか、などの角度から質問し、やりとりしました。
民営化をすすめる立場から保育士の新規採用は考えていない、と市長
 また、保育園民営化については、さいわい保育園の次の民営化園を示すように求める議員の質問が続きました。また、「市の職員の6分の1が保育士なんて自治体があるのか」「市長は、保育士を新規採用する考えをもっているのか」という質問もあり、市長は、民営化を進める立場なので新規採用を考えていない旨の答弁をしています。
市民参加で議論する場を設けることを提案したが…
 私は、あたりまえですが、子どもの命をあずかる保育園には、職員配置基準があり、民営化を進めるから新規採用しない、などの答弁は無責任ではないか、と指摘しました。また、民営化について市民参加で議論する場を設けることを改めて提案。市長は、自分は民営化推進をかかげて当選したので、市民参加で議論する考えはない、と…。民主主義についてどうとらえているのだろう…。「この道しかない」といいながら、暴走している安倍政権と重なってみえます。
合意のない「さいわい保育園民営化」の強行はやめよ

 さいわい保育園については、保護者の合意もまったくないまま、民営化関連予算を来年度予算案に計上したことが改めて明らかになりました。また、入所のしおり平成25・26年度では、民営化計画はあるが希望すればさいわい保育園を卒園できる、としていたものを、27年度ではすべての園児は同意をもって新園に移行する、と一方的に変更したことについて、保護者の意見を直接聞きたい、と市は言うが、聞くまでもなく、公文書の誤りをまずはただちに訂正することが必要だ、と指摘しました。
 そして…合意のないさいわい保育園民営化強行はやめて、認可保育園増設にきりかえたほうがいい、と述べると、議場では「何言ってんだ」などのヤジもありました。
厚生委員会で引きつづき議論
 保育問題は、引き続き、厚生委員会(16日午後)で議論することになります。また報告します。また、一般質問は、インターネット録画放映されますので、ごらんください。

写真は、土曜日の定例宣伝。夕方は、まだ寒いですね
b0190576_01092663.jpg


by hara-noriko | 2015-03-15 01:09 | 市政報告 | Comments(0)

市民説明会 事実上不成立に   

さいわい保育園の民営化をめぐる市の姿勢
 10月19日、さいわい保育園民営化に関する市民説明会が強行されました。が、市は、配った資料にもとづいて内容を説明するには至らず、実質、不成立です。
 なんといっても、保護者に一切の相談もなく、説明会実施を決定したことについて、行政側には申し訳ない、という気持ちがないんだ…ということがまず驚きでした。しかも、保護者が市民説明会を望んだかのように言う…。決めたことを一方的に押し付けることの問題も何も感じていない…。野崎市政、馬場市政でくりかえされてきた民営化強行と全く変わりません。
詰め寄るお母さん、お父さん
 赤ちゃんを抱っこしたお母さんたちが、日曜の夜では参加できないので、今日は中止してほしいと市長に直接訴える姿。とにかく、説明に入ろうとする行政側に、「まず話しを聞いてほしい」と訴え、公開質問状を読み上げ渡すお母さん。なぜ、この説明会は中止すべきなのか、参加者に説明するお父さん。それでも、説明に入ろうとする行政側に対し、それ以前の解決していない問題を一つひとつ行政側に質問していくお父さん。…子どもたちと、保育園を思う気持ちが伝わってきます。
ていねいに話し合う時間があるにもかかわらず
 このなかでも明らかになりましたが、市は、今回の民営化は「都有地活用による地域の福祉インフラ整備事業」を活用して実施するとしていますが、その年限である平成28年3月末までに、土地の貸し付けが開始されなければならない、ということを民営化を急ぐ大きな理由にしていました。が、この10月に、その年限が37年3月末に延びたのです。急ぐ理由はない。少なくとも、もっとていねいに話し合う時間はあるのです。しかし、施設の老朽化が進んでいる、もう決めたこと、と。…つまり、何があっても、その都度理由が変わっても、民営化は進めるということなんですね。
これが、並木市長のいう「夢と希望のもてるまち」なのか
 並木市長は、「夢と希望のもてるまち」にしたい、と繰り返し強調されています。しかし、市民の声も聞かずに物事をすすめるのでは、「夢も希望も無いまち」になってしまいます。民営化は場所も先生もすべて入れ替わる大変な激変です。子どもに負担をおしつけるべきではないです。みなみ保育園の民営化を経験したお母さん方の、涙ながらの訴えもありました。
改めて、さいわい保育園民営化に強く反対する
 説明会には、近所の方やさいわい保育園の卒園生、保護者OB、元職員の方たちなどもたくさん参加されていました。こんなに愛されている保育園…市の誇りではないですか?子どもたちが安心して成長できる環境を充実することが求められているときに、安心できる場所をなくすべきではないです。さいわい保育園民営化に改めて強く反対します。
 説明会には、多数の議員も参加。共産党市議団は、篠原さん、永田さん、私が参加しました。公開質問状の締め切りは、27日(月)の午後4時とのこと。市長の誠意ある回答があるのか…注目されます。

雨に濡れた柿の実(東久留米市内)
b0190576_23454661.jpg


by hara-noriko | 2014-10-21 23:45 | Comments(4)