タグ:築地市場移転 ( 5 ) タグの人気記事   

百条委員会設置へ 共産党都議団が果たした役割   

 2月21日、東久留米駅北口で党市議団、後援会の人たちといっしょに朝の宣伝をしました。「豊洲百条委設置で合意」と1面トップで報じた「しんぶん赤旗」を手に、日本共産党都議団が果たした役割や都議会の変化などを訴えました。

12月には反対だった政党・会派の態度が変わり
 築地市場の豊洲移転問題で、都議会に百条委員会が設置されることになりました。日本共産党都議団が12月に提案したときは、自民党、公明党、民進党系2会派(現在の東京改革)、生活者ネット、かがやけ(現在の都民ファーストの会)などの反対で百条委員会を設置できませんでした。しかしここにきて、ほぼ全会派が一致する形で設置されることになり、大きな前進です。実りある質疑がおこなわれるように、しっかり注視したいと思います。
なぜ百条委員会が必要なのか
 なぜ百条委員会が必要なのでしょうか。それは、利権・私物化・情報隠しという都政の闇を象徴しているからです。
 石原元知事が東京ガスの工場跡地を高値で買い取りました。土壌汚染が心配されていた土地です。石原元知事は、それまで築地の再整備で進んでいた方向を転換させました。ここから問題が始まりました。東京ガスへの便宜が図られてきたことも明らかになっています。豊洲新市場建設にかかわる談合疑惑も指摘されています。石原元知事を証人喚問することがどうしても必要です。さらに舛添元知事、猪瀬元知事、浜渦元副知事、歴代市場長、東京ガスの会長、日水コンの社長、建物建設を受注した鹿島建設、清水建設、大成建設の社長ら関係者をしっかり証人喚問することが求められています。
 百条委員会は地方自治法100条にもとづく強力な権限をもっています。偽証には罰則規定もあります。理由もなく出席を拒否することも認められていません。この百条委員会でこそ、問題を解明していくことができると思っています。
十数年前から追及してきた共産党都議団
 同時にここで、各政党も問われていくことになります。
 日本共産党は十数年前から移転問題を追及してきました。東京ガスの土地は土壌汚染が心配であり、ここに食を扱う市場を持ってくることはふさわしくない、と訴えてきました。しかし、当時「オール与党」の都議会は、圧倒的多数の都議が移転に賛成し、移転を推進・応援してきました。
事態を一変させた力―都民の運動と倍増した共産党の議席
 日本共産党は前回の都議会議員選挙で8議席から17議席へ倍増させていただき、その力で豊洲問題をさらに追及してきました。豊洲市場の地下は盛り土もされていない、地下には巨大な空間ができていることを突き止めました。ここから大きく事態が変わりました。地下水はコントロールされておらず、地下水を解析する会社(日水コン)は、地下水を解析できる実験研究施設を持っていないことまで明らかにしました。この問題で虚偽の答弁をした市場長は更迭されました。9回目のモニタリング調査もおこなわれ、ベンゼンが基準値の79倍、ヒ素やシアン化合物など、本来検出されてはいけないものまで検出されました。
 こうしたことが明らかになったのが1月半ばです。共産党都議団は直ちに小池知事に会って申し入れをおこない、豊洲新市場の汚染状況の全面調査、豊洲移転の抜本的再検討を求めました。小池知事は「共有できる部分もある」と認め、「しっかり考えたい」と語りました。その直後、都はモニタリング調査を改めておこなうことを明らかにしました。
 都民のみなさんの世論と運動、共産党都議団の追及のなかで、事態が一変したのです。移転を推進してきた議員の人たちも、この問題に正面から取り組むことが求められていると思います。
 同時に、これまでの経緯はともかく、解決に向けて力を合わせることが必要です。
中止を含めた移転計画の抜本的な再検討こそ
 いま大事なのは、豊洲の土壌汚染が深刻であることが明らかになったのですから、直ちに移転することはできない、ということではないでしょうか。この点では多くの方が一致できるのではないでしょうか。そして、中止を含めた抜本的な再検討を十分におこなうことが求められていると思います。食の安全を確保し、都民の健康を守っていく、築地ブランドを守っていく立場で取り組みをさらに強めていきたいと思います。


【日本共産党都議団】
 調査特別委員会(百条委員会)設置要綱案
 証人喚問要求名簿(第一次分)


「しんぶん赤旗」の報道を紹介しながら訴えました
b0190576_23570904.jpg
永田まさ子市議(左)といっしょに
b0190576_23571309.jpg

homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-02-22 00:01 | 東京都政 | Comments(0)

百条委員会の設置で合意 築地市場移転問題   

早ければ22日にも設置が決まる見通し
 いよいよ、築地市場の豊洲移転をめぐって、東京都議会に百条委員会が設置される動きになりました! きょう2月20日、都議会議会運営委員会が開かれて、百条委員会の設置に合意しました。早ければ22日の都議会本会議で設置が決まる見通しです。
共産党都議団の提案 12月議会で否決されたものの
 日本共産党都議団は、12月の都議会でも各会派によびかけましたが、そのときは、残念ながら賛成が少なく否決。しかし、その後も、証人喚問リスト案も発表し、百条委員会設置を呼びかけ続けてきました。真相解明のためには、石原・猪瀬・舛添の各元知事、浜渦元副知事、東京ガス取締役会長、技術会議座長などの証人喚問が必要です。百条委員会がその役割を十分に果たす内容になるように、期待したいです。
長年の努力が実る
 築地市場豊洲移転問題は、石原都知事がそれまでの築地再整備を転換させ、東京ガス工場跡地を強引に買い取るところからはじまりました。共産党都議団は、東京ガス工場跡地は、市場にふさわしくない、と当初から反対してきました。長い間、都議会では、共産党がこの問題を質問すると、「豊洲は決まっている!」などのヤジが飛び交う状況でした。しかし、ずっとぶれずに都民の健康、食の安全を守る立場でとりくんだことで、盛り土問題も突き止め、この問題の闇を明らかにし、そのことを全体で共有できるところまでになりました。こうした、共産党都議団が長年にわたって果たしてきた役割も、多くの方に知っていただけたらと思います。

「築地市場移転中止!築地大デモンストレーション」に参加
 2月18日(土)午前10時半、「築地市場移転中止!築地大デモンストレーション」に参加しました。清瀬・東久留米のみなさん、党市議団と一緒に「築地がいいじゃないか~」「豊洲移転は今すぐ中止」と声をあげました。築地4丁目交差点に2500人も集まりました!
 リレートークでは、都議会から共産党の曽根はじめ都議と生活者ネットの小松久子都議がスピーチ。曽根都議は、石原元知事の責任、百条委員会設置を力強くスピーチしました。小松都議も「豊洲はだめ」と。共産党は都議のほとんどが参加していました。また社民党からは杉並区の市来とも子区議が。そして、共産党の笠井亮衆議院議員も駆けつけあいさつ。
移転を強行してはならない
 東京都のモニタリング調査結果で土壌汚染が深刻だとわかった以上、豊洲に今移転はありえない、これは多くの人が一致できるのではないか、と思います。寄せられるご意見に、「豊洲にあれだけの建物をつくってしまい、どうするのか」「築地は絶対に安全なのか」という声も聞かれます。もし、豊洲移転が中止となれば、今後、豊洲の活用をどうするか、都民に開かれた形で専門家も交えた検討が必要になるでしょう。また、築地で再整備となれば、再整備の内容も、築地の現状もしっかり検討することになるでしょう。
 でも、今大事なのは、汚染が深刻だとわかった場所に、移転を強行してはいけないということ、中止を含めた抜本的な再検討をすることです。

「築地大デモンストレーション」でプラカードを掲げました
b0190576_22111557.jpg


homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-02-20 22:13 | 東京都政 | Comments(0)

共産党と一緒に都政を変えましょう   

築地移転 都議会の責任は重大
 築地市場の豊洲移転を抜本的に見直す機運が高まっています。移転中止を求める市民団体の署名運動も始まりました。都議会では移転問題を審議する特別委員会が石原元知事らを参考人として招致することを決めています。日本共産党が提案する百条委員会の設置も焦点になっています。強力な権限をもった百条委員会でさまざまな疑問や疑惑を解明できるかどうか。都議会の責任は重大です。最近の新しい変化は、このブログで紹介してきました。下にリンクをはりましたので、ぜひお読みいただければと思います。

いよいよ大事になってきた都議会議員選挙
 石原・猪瀬・舛添の3代の知事によってすすめられてきた移転計画を抜本的に見直すために、いよいよ大事になってきたのが都議会議員選挙(6月23日告示、7月2日投票)です。小池知事は、移転問題の最終判断を都議選後におこなう、といっています。都議選の結果によって判断の内容が大きく変わってくるのではないでしょうか。
 都民の健康、食の安全、築地ブランドをしっかり守る。この立場で15年間取り組んできた日本共産党が伸びてこそ、移転にかかわる闇を解明し、移転計画を抜本的に見直すことがでると思います。都民の立場で筋を通す党、共同をすすめる党、日本共産党が前進することがもっとも確実な力になると確信しています。私も全力を尽くします。
大型開発優先の政治を切り換えたい
 豊洲の問題は都政の闇の象徴です。この問題が解決されたからといって都政全体が刷新されるかといえば、そうではないと私は考えています。都政を刷新するには、大型開発優先の政治を切り換える必要があります。小池知事の来年度予算案は、大型開発優先の政治を切り換えるものにはなっていません。都政を刷新するためには、石原元知事らを与党として支えてきた自民・公明が多数を占める都議会の力関係を変えていくことがどうしても必要です。日本共産党の前進でそれを果たしたいと全力をあげているところです。
改善したいシルバーパスや子ども医療費無料化
 東京都はスウェーデン並みの財政力をもっています。お金の使い方を切り換えればもっと都民のみなさんのための施策に予算を使うことができます。
 完全有料化されて2万510円を支払わなければならないシルバーパスの改善もできます。共産党都議団は、3月の都議会にシルバーパス改善の条例提案をすることを公表しています。多摩格差の象徴である子ども医療費無料化も、23区並みに小学校・中学校の子どもたちまで無料化を広げていくことも可能になります。
 いい施策は前進させ、問題があるものはきちんと改善させる。この立場で取り組みをすすめているのが日本共産党です。ご一緒に都政を変えていきましょう。

【関連記事】
築地移転 百条委員会の設置が焦点に
築地移転(上)〝このまま豊洲に〟はありえない
築地移転(下)都議会に百条委員会設置を


村山順次郎・東久留米市議といっしょに団地で訴え
b0190576_22544626.jpg
各地で励ましをいただいています
b0190576_22545398.jpg
日差しは春です
b0190576_22552595.jpg


homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-02-13 22:57 | 東京都政 | Comments(0)

築地移転 百条委員会の設置が焦点に   

 築地市場の豊洲への移転計画をめぐって、東京都議会で新たな進展が生まれています。このブログでもすでにお知らせしたこと(下のリンクをご覧ください)に加えて、百条委員会の設置の機運が生まれてきました。
全会一致で石原元知事らを参考人招致
 日本共産党都議団はかねてから、百条委員会を設置して築地移転をめぐる疑惑を解明することが必要だ、といってきました。しかし、他の党の反対で実現していませんでした。でも、移転問題を審議する特別委員会は2月7日、石原慎太郎元知事、浜渦武生元副知事をはじめ、関係者を参考人として招致することを全会一致で決めました。共産党都議団の提案が実ったもので、招致に後ろ向きだった自民、公明両党も世論の高まりに押されて賛成せざるをえなくなりました。一歩前進です。
強力な調査権限もつ百条委員会こそ
 さまざまな問題・疑惑を解明するためには、都議会に百条委員会を設置できるかどうかが焦点になってきました。百条委員会は地方自治法100条にもとづく強力な調査権限をもった特別委員会です。証人喚問や記録の提出を求めることができます。偽証罪などを問うこともできます。
共産党都議団 設置実現へ他会派と共同
 共産党都議団は2月6日、改めて百条委員会の設置と石原元知事ら19人の証人喚問要求名簿を提案し、都議会議長と各会派に申し入れました。これまで反対してきた民進党や一部の自民党都議からも設置を求める声があがっています。共産党都議団の大山とも子幹事長は、「他党・他会派とも可能な限り共同し、一刻も早く設置を実現したい」と語っています。
 志位和夫委員長は6日の記者会見で、「この問題は、都政に関する各党・各会派の姿勢が根本から問われる“試金石”ともなると思う」と語り、「ぜひとも前向きの合意をつくって、『百条委員会』設置、真相究明をはかっていきたい」と表明しました。
何を調査するのか
 共産党都議団が提案する設置要綱は、次のことを調査事項に掲げています。
 (1)築地市場の移転先を豊洲の東京ガス工場跡地に決定した経緯、土地取得の経緯
 (2)豊洲新市場の土壌汚染対策の経緯
 (3)豊洲新市場における建物の設計・施行の経緯
 (4)豊洲新市場の主な建物下に盛り土がされず地下空間がつくられた経緯
 (5)地下水管理システムの機能ならびに設計および運転保守契約の経緯
 (6)地下水モニタリング調査の経緯
 (7)その他調査に必要な事項
だれを証人喚問するのか
 証人喚問すべき人として共産党都議団は、石原元知事、浜渦元副知事、猪瀬直樹元知事、舛添要一元知事をはじめ、東京ガスの会長、技術会議の座長、歴代市場長、土壌汚染対策や建物などの工事を受注した鹿島建設、清水建設、大成建設、日水コン、日建設計の社長ら19人の名前をあげています。
ご一緒に声をあげていきましょう
 共産党都議団は、この問題が起きた15年前から豊洲移転先にありきの姿勢をはじめ、豊洲の汚染問題や談合疑惑などの追及を続けてきました。築地市場の卸売り業者のみなさんと力を合わせて取り組んできました。つい最近まで、共産党議員が「豊洲は心配だ」と質問すると、他の会派から「もう決まっていることだ」とヤジが飛ぶような状況でした。筋を通して都民のみなさんと一緒に取り組んできたことで、「豊洲の問題を解明しなければならない」「直ちに移転は無理だ」ということが多くの会派の共通認識になってきました。
 筋を通し、共同をすすめる共産党の役割はますます大きくなっていると実感しています。みなさん、ごいっしょに百条委員会の設置を求めていきましょう。

【過去記事 築地市場をめぐる最近の動きについて】
築地移転(上)〝このまま豊洲に〟はありえない
築地移転(下)都議会に百条委員会設置を

街頭で訴えていても豊洲の問題は関心が高いです
b0190576_21402460.jpg
あちこちで激励をいただいています
b0190576_21402992.jpg
山茶花とメジロ
b0190576_21404259.jpg


homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-02-11 21:42 | 東京都政 | Comments(0)

2月18日 築地大デモンストレーションに行きましょう   

 「豊洲移転中止署名をすすめる会」は2月18日(土曜日)午前10時から、築地市場周辺で署名・宣伝に取り組む「豊洲市場移転中止!! 築地大デモンストレーション」を行います。リレートーク、都政・国会報告などがあります。
 午後12時半から、労働組合が主催するデモ行進も計画されています。
 私も参加します。みんなで参加しましょう。東久留米駅から参加される方は、駅改札前に午前9時集合で、ぜひご一緒に!

■豊洲市場移転中止!! 築地大デモンストレーション
 日時 2月18日(土)午前10時半から11時半
 場所 「築地4丁目」交差点

■築地市場を包みこむデモ
 午後12時半、「あかつき公園」出発
 東京都中央区築地7丁目19番1号

■豊洲移転中止署名をすすめる会
 この会について詳しい説明や「豊洲市場移転中止!! 築地大デモンストレーション」の詳細については、ホームページをご覧ください。

築地移転の抜本的見直しを訴えています
b0190576_23304734.jpg
水仙
b0190576_23305282.jpg


homepage   twitter   facebook



by hara-noriko | 2017-02-09 23:33 | 東京都政 | Comments(0)