タグ:築地市場 ( 14 ) タグの人気記事   

築地移転(上)〝このまま豊洲に〟はありえない   

 いま、大きな問題となっている築地市場の豊洲移転問題。最近、大きな進展がありました。
 2回にわけて報告します。

環境基準の79倍のベンゼンを検出
 まずは、1月14日に発表され豊洲新市場予定地の地下水のモニタリング調査です。9回目の調査結果ですが、環境基準の79倍もの発がん性物質・ベンゼンが検出されました。猛毒のシアン化合物、ヒ素が広範囲にわたって検出されています。
共産党都議団 移転計画の抜本的な再検討を小池知事に求める
 このままでは移転など絶対にありえないことは明らかです。私たち日本共産党は、中止を含めた抜本的な再検討がどうしても必要だと訴えています。
 そうした立場で1月16日、日本共産党都議団が小池知事に直接、申し入れました。主な内容を紹介します。
 (1)地下水モニタリング調査について、調査会社、手法を含め全面的に検証し、都民に公表する
 (2)汚染された地下水が上昇して盛り土が汚染された可能性が高いため、盛り土の汚染調査を実施する
 (3)豊洲新市場予定地の汚染状況について、これまでの汚染調査、土壌汚染対策工事などについて、真に食の安全・安心を確保するために、専門家会議と異なる見解をもつ専門家を含めて徹底検証をおこない、公表する
 (4)当面、築地市場の必要な補修、改善を急ぐとともに、築地市場の現在地での継続を含め、豊洲移転中止について、本格的な検討を行う
 小池知事は、共産党都議団の申し入れに対して、自分で直接、これを受け取り、懇談しました。これは石原都知事以来、なかったことでした。共産党都議団が申し入れや提言をするときも、石原都知事以来3代の知事は、会うこともしませんでした。小池知事は、豊洲の問題については重大だということで、党都議団の申し入れを直接受け止める姿勢を示しました。私は、これはとても評価できることだと思っています。
小池都知事「要望については共有する部分もある」
 そのなかで小池知事は、党都議団の申し入れに対して、「ご要望については共有する部分もあり、しっかり考えていきたい」と答えました。都議団との懇談のなかで小池知事は、いったい過去のこの調査はどうだったのか、と語っています。日本共産党は、過去の検査、調査についてももう一度検証する必要があると指摘しています。
 今回の結果をみれば、今のままで築地市場を豊洲に移転することはありえないことは明らかです。共産党は当面、築地市場の必要な改修、改善を急ぐ、そして今の築地市場を現在地で継続をすることも含めてしっかり検討する必要があると指摘しています。
いよいよ重要 都議会議員選挙
 築地市場の豊洲移転問題について小池知事は、都議会議員選挙(6月23日告示、7月2日投票)の後に判断をするとしています。それだけに、いよいよ都議選が重要です。日本共産党は、石原元知事らが東京ガスの跡地を高価で買い取ることに対して、土壌汚染が指摘されていることなどを明らかにして、「移転すべきではない」といい続けてきた政党です。他の政党のみなさんがなかなか豊洲移転反対といわないもとでも、15年来追及してきました。移転問題を都民の立場で解決するために、共産党の役割がますます大きくなっていると実感しています。
都民の声が事態を変えた
 最近は、他の政党も疑問を発言をするようになり問題を解明する立場に立たざるを得ないというところまできました。事態を変えたのは、都民のみなさん、業者のみなさんの声と運動です。私たち日本共産党も、都民のみなさんといっしょに運動をすすめます。

 《日本共産党都議団が小池都知事に申し入れた内容は、こちらから》

市政・都政を考えるつどいで(東久留米市)
築地移転(上)〝このまま豊洲に〟はありえない_b0190576_22104052.jpg
党東久留米市議団と
築地移転(上)〝このまま豊洲に〟はありえない_b0190576_22104594.jpg
冬の雑木林
築地移転(上)〝このまま豊洲に〟はありえない_b0190576_22194434.jpg


homepage   twitter   facebook






by hara-noriko | 2017-01-30 22:13 | 東京都政 | Comments(2)

築地市場の豊洲移転 問題解明へ百条委員会の設置を   

東久留米駅北口で朝の訴え
 12月6日朝、日本共産党東久留米市議団、党後援会員の方たちと一緒に東久留米駅北口でお話しさせていただきました。築地市場の豊洲移転をめぐって大きなできごとがありましたので、その問題を訴えました。要旨を紹介します。

都議会特別委 中央卸売市場会計決算を不認定
 築地市場の豊洲移転をめぐって、大きなできごとがありました。5日に東京都議会の公営企業会計決算特別委員会が開かれまして、移転のための支出を含む2015年度中央卸売市場会計決算を不認定、認定しないという判断をしました。これは、大変大きいことです。お金の使い方はおかしい。都民をあざむいてきた。このことが決算の不認定によっていっそう明らかになったのではないでしょうか。
徹底追及してきた日本共産党都議団
 日本共産党都議団は、東京ガスの跡地である豊洲は大変危ない場所で、ここに食を取り扱う市場を移転していいのか、と訴えてきました。調査も進めて、ことあるごとにこの問題を追及してきました。そして、前回の都議会議員選挙で議席を17人へと大きく伸ばしていただいて、それを力に発言する時間も増え、豊洲移転問題もさらに徹底追及をしてきました。盛り土をするといっていた部分に盛り土がにされず地下に大きな空間ができている問題、地下水が全くコントロールされていない問題を解明してきました。入札の談合疑惑も追及しています。
 そうしたなか都議会でも、ほとんどの政党・会派が築地市場の豊洲移転推進派であるにもかかわらず、現場へ行って調査をする、議会でも取り上げるという状況になりました。私たち共産党は、今まで推進してきたのに突然態度が変わった、などということはいいません。この問題を解決していくためには都議会でも力をあわせて取り組んでいくことが必要だ、と他の会派のみなさんに呼びかけをしています。
百条委員会の設置を他の会派に呼びかけて
 その一つが、百条委員会の設置です。百条委員会を設置をできるのは、都議会の力です。小池知事の判断ではありません。都議会の各会派が百条委員会を設置をして、証拠書類も全部出させる。必要な人はその場に呼んで、きちんと質問をする。虚偽の答弁は許されない。この百条委員会を設置して問題を解明しましょう、と呼びかけています。
 都民のみなさん、市民のみなさんと力をあわせ、また、他の会派にも呼びかけながら、築地市場の豊洲移転問題をしっかりと追及していきたい。そう決意しています。
来年夏 都議選の重み
 そしてみなさん、ぜひともみなさんに呼びかけたいのは、来年夏の都議会議員選挙の重みです。築地市場の豊洲移転問題をどうするか、小池知事が最終的に判断していく時期は来年の夏ということです。ということは、6月に行われる都議選の直後ということになります。都議選の結果が築地市場の豊洲移転問題に直結します。知事の判断に大きく影響する、ということになります。
 都民のみなさんの立場でぶれずに追及してきた日本共産党をぜひとも大きく伸ばしていただき、この豊洲移転の問題をしっかり解決していきましょう。

声援もいただいた朝の訴え
築地市場の豊洲移転 問題解明へ百条委員会の設置を_b0190576_22480848.jpg
マイクを握るのは村山順次郎市議
築地市場の豊洲移転 問題解明へ百条委員会の設置を_b0190576_22482692.jpg

homepage   twitter   facebook





by hara-noriko | 2016-12-06 22:50 | 東京都政 | Comments(0)

築地市場と豊洲を見てきました   

尾崎あや子都議と一緒に
 10月27日、築地市場と豊洲へ行ってきました。尾崎あや子都議と武蔵村山の内野直樹市議が、後援会の企画の下見に行くと聞き、便乗させてもらいました。やはり、実際に見ることは大事ですね。
築地を見て実感した移転計画の無理
 ターレが走り回り活気ある市場。市場の入り口を入っていくと、大型のトラックが停められ、左横が大きく開かれて物の出し入れをしています。「豊洲のサイズでは、これはできなくなる」と尾崎都議。中に入っていくと、たくさんの大型の保冷庫や生け簀。「大型のものはそのまま豊洲に持ち込めない」。一つひとつの業者のスペース(レジカウンターのようなところ)も「今より狭くなる」。
 また、市場なのに、魚臭さがあまり気になりません。「今は壁がないので風通しがいい。また、下が汚れたら、すぐに水で洗い流せる。豊洲では、同じような形での洗い流しはできない」
 実際に見ながら尾崎都議の説明を聞くと、「えー…」と思うことばかり。もともと、無理がある計画だという基本的なところがわかりました。
 そして、そもそも築地市場を解体することを前提にした、環状2号線が間近に。仮設道路も含め、計画内容も進め方もひどすぎる…。実感です。
破たんした都の移転計画
 さて、築地市場の移転先としてつくられた豊洲市場がある、ゆりかもめの「市場前駅」に移動。駅からおりて、問題の青果棟前にも行き、中に入ることはできませんが、尾崎都議からいろいろ説明してもらいました。
 東京都が、豊洲の安全対策の決め手として説明してきたのは、「盛り土」と「地下水管理システム」。その盛り土はされておらず、再検証になっています。そして、地下水の汚染対策「地下水管理システム」も、本格稼働後も水位が下がっていません。もはや、東京都の説明は破たんしています。移転中止に向けての検討を進めなければならないことは明らかではないでしょうか。
業者への補償も必要に
 東京都が強引な移転をやろうとしたがために、仲卸業者はすでにさまざまな負担を背負っています。さらに、問題が続発しての「移転延期」で負担は大きくなっています。きちんと補償をしてほしい、と東京都に要望を出されたと。当然ですよね。

豊洲市場の前で
築地市場と豊洲を見てきました_b0190576_00582863.jpg


by hara-noriko | 2016-10-31 00:58 | 活動日誌 | Comments(0)

豊洲移転問題と共産党の値打ち   

宮本徹衆院議員といっしょに宣伝 激励の合図をいただいて
 10月9日の日曜日、宮本徹衆院議員と一緒に、宣伝カーで東久留米市内をまわりました。あいにくの悪天候…カッパを着てスタート。人通りも少なく。でも、少しずつ天気も回復してきて…。どこでも、激励の合図を送ってくださる方がいて、うれしかったです。以下、私のスピーチです。

 日本共産党の市議会議員、また来年夏に行われます都議会議員選挙の予定候補、原のり子です。少しの時間、この場で訴えをさせていただきます。
 みなさん、国も東京都も、そして東久留米市も、政治は大変な状況になっていると感じていらっしゃるのではないでしょうか。
都議会の代表質問を傍聴
 私は10月4日、都議会の本会議を傍聴してきました。各政党の代表質問が行われていました。傍聴者もたくさんいらしていて、私が行った時には順番待ちでした。ロビーでモニターテレビを見ながら傍聴席に入れるのを待っていました。共産党の大山とも子都議の代表質問のときに、ようやく中に入って傍聴することができました。
 大山都議の質問のとき、議場は大きなどよめきに包まれました。築地市場の豊洲移転の問題です。みなさんご存知のように、盛り土がされていなかった。地価の空間に地下水が溜まっていて、その地下水からベンゼンやヒ素など有害な物質が基準値以上に検出されてしまった。さらには、共産党が追及している談合疑惑もあります。落札率が100%近いことも明らかになっています。
不適格な業者が地下水コントロールの仕事を受注
 大山都議の質問でどうして議場がどよめいたのかといいますと、新たな疑惑を突き付けたからです。地下水をコントロールして地下水を解析する「日水コン」という業者が不適格な業者ではないのか、と質問しました。都の市場長が答弁をしました。きちんと会社のパンフレットを見て、解析できる実験研究施設をもっていることを確認した、唯一受注できる業者だ、と。
自前の実験研究室があるはずなのに、「ない」と―
 大山都議は再質問に立ってこの問題を追及しました。私も「同じパンフレットを見ましたよ」といって、「パンフレットには実験研究室があるとはなっていません」と都の答弁をひっくり返しました。大山都議が日水コンに直接確認したところ、会社には実験研究室がないこと、実験が必要なときは外部に委託していることを答えたそうです。
 受注するには条件があります。それは、自前の実験研究室があることです。それなのに、「実験研究室はない」と認めている会社が受注している。4年間で3億円ものお金をかけて都が委託する。都民のみなさんの税金がいいかげんに使われてしまう。問題ではないでしょうか。
 傍聴者は静かに聞いていなければいけないのですが、「どこまでメチャクチャなんだ」というつぶやきが聞こえました。小池都知事も「必要があればプロジェクトチームできちんと調べます」といわざるをえませんでした。
15年も前から築地市場の豊洲移転の問題を追及してきた共産党
 みなさん、共産党議団がこうした問題をきちんと追及できるのは、15年も前から「豊洲移転は問題だ」と指摘し、都民のみなさんと一緒に「移転は中止した方がいい」と取り組んできた、そして調べてきたからです。そういう裏付けがあっての追及であることをみなさんに知っていただきたいと思います。
共産党都議団 各党に「百条委員会を設置して究明しましょう」と呼びかけ
 共産党はいま、「この重大な問題を都議会が一体となって解決しましょう」と呼びかけています。いままでの経緯を考えると、共産党以外の人たちは都議会の中で豊洲移転推進派なんです。でも、推進派の人たちも「このままにしておくわけにはいかないな」と動き出しています。だからこそ、「百条委員会を設置して、いっしょに究明しましょう」と共産党都議団は呼びかけています。
 共産党は、一致点を大事にして力を合わせることを重視しています。
 これからも、その立場で全力を尽くしたいと思います。
保育の問題―都の壁を突破したい
 私自身、17年間、東久留米市議会議員として活動してきて、たくさんの問題で都政が壁になっていることを実感しています。公立保育園を廃止するなどという無謀な計画を市が出しています。その大本には、東京都が公立保育園の運営費に対する独自補助をゼロにしてしまった問題があります。私はここを何とか突破したい。
市民のみなさんの声をまっすぐ都政に届ける
 市民のみなさんの暮らしを守り、もっとよくしていく。子どもたち、障がい者の方、高齢者の方が安心して住み続けられる地域を守っていくためにも、どうしてもみなさんの声をまっすぐ都政に届けたい。その決意で全力を尽くします。

宮本徹衆院議員(右)と一緒に訴えました=東久留米駅西口前
豊洲移転問題と共産党の値打ち_b0190576_22485069.jpg
たくさんの方から激励の合図をいただきました
豊洲移転問題と共産党の値打ち_b0190576_22485416.jpg


by hara-noriko | 2016-10-09 22:49 | 活動日誌 | Comments(0)