タグ:被爆者 ( 3 ) タグの人気記事   

原爆投下から74年   

 8月6日は広島に、9日は長崎に原爆が投下されてから、今年は74年です。絶対に忘れてはならない日です。

長崎市主催の平和式典
田上市長の平和宣言に感動
 8月9日。長崎の平和式典をNHKの中継で観ました。番組の冒頭、「政府は核兵器禁止条約に反対し続けている」とのナレーション。ローマ法王が昨年、原爆投下直後に撮影された写真「焼き場に立つ少年」の配布を指示したこともくわしく紹介されました。
 田上富久・長崎市長の平和宣言は毅然と、「唯一の戦争被爆国の責任として、一刻も早く核兵器禁止条約に署名、批准してください」と。そして、「そのためにも朝鮮半島非核化の動きをとらえ、『核の傘』ではなく、『非核の傘』となる北東アジア非核兵器地帯の検討を始めてください。そして何よりも『戦争をしない』という決意を込めた日本国憲法の平和の理念の堅持と、それを世界に広げるリーダーシップを発揮することを求めます」と。感動しました。しかし、アップで写った安倍首相は、市長を見るわけでもなく、他人ごとのよう…。

被爆者の思いに応えなくては
 さらに、被爆者代表、山脇佳朗さんの「平和への誓い」。涙なしには聞けませんでした。被爆者にしか語れない内容に胸がえぐられる思いです。11歳の少年がこんなにつらいめに遭い、それをずっと抱えて生きてきた。病気もしながら、命の限り、そのことを話してくれる。その思いに応えなくてどうするのか、と心の底から思います。

「私はこの場で安倍総理にお願いしたい」と
 途中、山脇さんは、「被爆者は日を追うごとに亡くなっています。私はこの場で安倍総理にお願いしたい」と、安倍首相のほうへ体の向きをかえて語りかけました。「被爆者が生きているうちに世界で唯一の被爆国として、あらゆる核保有国に『核兵器を無くそう』と働きかけてください」「それが、74年前、広島・長崎の原爆で失われた二十数万人の命、後遺症に苦しみながら生き残っている被爆者に報いる道だと思います。私は、第2次世界大戦によって310万人の命を犠牲にした日本が、選後に確立した『平和憲法』を守り続け、戦争や核兵器もない世界を実現する指導的な役割を果たせる国になってほしいと念願し『平和への誓い』といたします」。再び、安倍首相の顔がアップで写りましたが、山脇さんのほうを見るでもなく、目を閉じたり薄目をあけたり。被爆者の心からの訴えにも他人ごとのような態度。本当にひどすぎると思いました。

空虚だった安倍首相のあいさつ
 その後の安倍首相のあいさつは、あまりに空虚。被爆者の話を聞いていたのか?と思わざるをえませんでした。そして、核兵器禁止条約の「か」の字もありません。平和の問題は思想信条の違いをこえて力を合わせるべきこと。しかし、安倍首相の姿勢はあまりにもひどい…。安倍政治を本当に終わらせたいと強く思いました。

長崎市主催の平和式典

b0190576_14115380.jpg

「平和への誓い」をのべる被爆者の山脇佳朗さん

b0190576_14115703.jpg
広島・長崎の両市で開かれた原水爆禁止世界大会
写真は9日の「ナガサキデ―集会」
b0190576_14114717.jpg


by hara-noriko | 2019-08-10 14:12 | 日記 | Comments(0)

命の重みを共有して平和を守る   

東京原水協と東京平和委員会の合同新春のつどいに参加
 1月13日、原水爆禁止東京協議会・東京平和委員会合同の新春のつどいに、日本共産党都議団を代表して出席しました。開会あいさつも、東友会(東京で生きてきた原爆被爆者の団体)の方をはじめ来賓あいさつもみなさん素晴らしく、改めて核兵器禁止条約成立の重みと安倍改憲にストップをかける重要性をかみしめました。

素敵だった田村智子副委員長のあいさつ

 日本共産党からは田村智子党副委員長・参院議員があいさつ。「学生時代、ヒロシマ・ナガサキからのアピール署名(注1)を一生懸命集めたことは、私の原点」と。田村さんと私は同い年。話を聞きながら、大学生だった当時、核抑止力論や均衡論などがはびこり、核兵器廃絶は究極の目標とする流れに対し、核兵器廃絶は緊急の課題だと広島・長﨑の痛苦の経験を学びながら議論をし、署名にとりくんだことを思い返しました。こうした原点をふまえ、憲法を守り平和を守る決意を語る田村さん。素敵でした。

私も感謝の気持ちを込めてあいさつ
 さて、すばらしいあいさつのなか、私も都議団を代表してごあいさつ。平和運動をけん引してきた方々の顔触れを前に恐縮する思いもありましたが、感謝の気持ちをこめてお話しました。
 米軍横田基地に、特殊作戦用オスプレイ配備をしようとしていることに、いよいよストップをかけるとりくみが重要であること。沖縄でヘリコプターから窓枠が小学校校庭に落下することをはじめ事故が繰り返されていること、横田でもパラシュートによる物資投下訓練での事故など深刻な問題がいくつも起きていること。それらに対し共産党都議団も申し入れや必要な交渉などにとりくんでいること。基地のない平和な東京をつくっていくために力を合わせたい。名護市長選挙の勝利を…。このことはスピーチの最後に話しました。

胸に刻んだ「原爆は二度と繰り返してはいけない」の思い
 その前段で、話した私の思いを記憶の範囲で…。
 「日本共産党都議団の原のり子です。昨年の都議選で共産党は議席を増やしていただきました。私はその増えた分の一人です。
 改めて、昨年を振り返ると、何といっても核兵器禁止条約が成立したことに本当に感動しました。被爆者の方々の命をかけたとりくみが、ここまでの状況を生み出した。本当にすごいことだと思います。
 私は子どものころ、「はだしのゲン」(注2)の映画を観て、なんでこんなひどいことが起きるんだろうとショックを受け、ずっと考えていました。原爆について学ぶ講座がある高校に進学し、広島に行きました。
 でも、このときの私はちょっと斜めに構えていて、放射能の影響はずっと残るわけではない、広島も再生したなどと思っていました。放射線影響研究所に希望して話を聞きに行ったりして、「影響はない」と説明を受けたりしました。でもすっきりしない。何かしっくりこない。
 その後、被爆者の方の話を聞きました。そして改めて、二度と繰り返してはいけないことだ、と胸に刻みました。私は、当時の先生が斜めな私を否定しないで、調べて考えるようにしてくださったこと、そして、被爆者の方の話を聞けるようにしてくださったことにとても感謝しています。……」

命の重み 若い人たちに被爆者の話を聞いてもらいたい
 なぜこのことを話したか。それは被爆者の方々が語ることばの力を伝えたかったということと、平和教育は大切であることを私の実感でお話ししたかったからです。
 平和教育は、平和が大事だということを「刷り込む」のではなく、疑問も含めて学んで確かめていくこと、試行錯誤が大事だと思うのです。NHKのドキュメンタリーでサーロー節子さんが、質問や疑問を否定せず受け止め、どうしたらヒロシマ・ナガサキを伝えられるか、共感しあえるか、ことばを考えていました。そして、「一人ひとりの命の重み」を語る中で思いを共有していく姿は本当に感動的でした。疑問をぶつけた高校生は、「あなたは私の質問に応えてくれた」と泣いていました。
 今こそ、被爆者のお話を多くの若い人たちに聞いてもらいたい…。改めて強く思った新春のつどいでした。

(注1)
「ヒロシマ・ナガサキからのアピール署名」については、原水爆禁止日本協議会(日本原水協)が簡潔な解説をしています。こちらをご覧ください。
(注2)「はだしのゲン」は、中沢啓治(1939~2012年)が、自らの被爆体験をもとに描いたマンガ。アニメや映画、テレビドラマにもなっています。


今年最初の土曜定例宣伝で(1月13日、東久留米駅西口)
b0190576_01131297.jpg
b0190576_00564057.jpg
b0190576_00564444.jpg
右は、北村りゅうた市議
b0190576_00564995.jpg


東京・清瀬市消防団の出初式に参加しました(1月13日)
(左から)山崎美和市議、深沢まさ子市議、原のり子
宮本徹衆院議員、佐々木あつ子市議、原田ひろみ市議
b0190576_00565311.jpg
b0190576_00565762.jpg




by hara-noriko | 2018-01-14 03:10 | 活動日誌 | Comments(0)

命の重みをかみしめて平和を守る   

東京原水協と東京平和委員会の合同新春のつどいに参加
 1月13日、原水爆禁止東京協議会・東京平和委員会合同の新春のつどいに、日本共産党都議団を代表して出席しました。開会あいさつも、東友会(東京で生きてきた原爆被爆者の団体)の方をはじめ来賓あいさつもみなさん素晴らしく、改めて核兵器禁止条約成立の重みと安倍改憲にストップをかける重要性をかみしめました。

素敵だった田村智子副委員長のあいさつ
 日本共産党からは田村智子党副委員長・参院議員があいさつ。「学生時代、ヒロシマ・ナガサキからのアピール署名(注1)を一生懸命集めたことは、私の原点」と。田村さんと私は同い年。話を聞きながら、大学生だった当時、核抑止力論や均衡論などがはびこり、核兵器廃絶は究極の目標とする流れに対し、核兵器廃絶は緊急の課題だと広島・長﨑の痛苦の経験を学びながら議論をし、署名にとりくんだことを思い返しました。こうした原点をふまえ、憲法を守り平和を守る決意を語る田村さん。素敵でした。

私も感謝の気持ちを込めてあいさつ
 さて、すばらしいあいさつのなか、私も都議団を代表してごあいさつ。平和運動をけん引してきた方々の顔触れを前に恐縮する思いもありましたが、感謝の気持ちをこめてお話しました。
 米軍横田基地に、特殊作戦用オスプレイ配備をしようとしていることに、いよいよストップをかけるとりくみが重要であること。沖縄でヘリコプターから窓枠が小学校校庭に落下することをはじめ事故が繰り返されていること、横田でもパラシュートによる物資投下訓練での事故など深刻な問題がいくつも起きていること。それらに対し共産党都議団も申し入れや必要な交渉などにとりくんでいること。基地のない平和な東京をつくっていくために力を合わせたい。名護市長選挙の勝利を…。このことはスピーチの最後に話しました。

胸に刻んだ「原爆は二度と繰り返してはいけない」の思い
 その前段で、話した私の思いを記憶の範囲で…。
 「日本共産党都議団の原のり子です。昨年の都議選で共産党は議席を増やしていただきました。私はその増えた分の一人です。
 改めて、昨年を振り返ると、何といっても核兵器禁止条約が成立したことに本当に感動しました。被爆者の方々の命をかけたとりくみが、ここまでの状況を生み出した。本当にすごいことだと思います。
 私は子どものころ、「はだしのゲン」(注2)の映画を観て、なんでこんなひどいことが起きるんだろうとショックを受け、ずっと考えていました。原爆について学ぶ講座がある高校に進学し、広島に行きました。
 でも、このときの私はちょっと斜めに構えていて、放射能の影響はずっと残るわけではない、広島も再生したなどと思っていました。放射線影響研究所に希望して話を聞きに行ったりして、「影響はない」と説明を受けたりしました。でもすっきりしない。何かしっくりこない。
 その後、被爆者の方の話を聞きました。そして改めて、二度と繰り返してはいけないことだ、と胸に刻みました。私は、当時の先生が斜めな私を否定しないで、調べて考えるようにしてくださったこと、そして、被爆者の方の話を聞けるようにしてくださったことにとても感謝しています。……」

被爆者のお話を若い人たちに聞いてもらいたい
 なぜこのことを話したか。それは被爆者の方々が語ることばの力を伝えたかったということと、平和教育は大切であることを私の実感でお話ししたかったからです。
 平和教育は、平和が大事だということを「刷り込む」のではなく、疑問も含めて学んで確かめていくこと、試行錯誤が大事だと思うのです。NHKのドキュメンタリーでサーロー節子さんが、質問や疑問を否定せず受け止め、どうしたらヒロシマ・ナガサキを伝えられるか、共感しあえるか、ことばを考えていました。そして、「一人ひとりの命の重み」を語る中で思いを共有していく姿は本当に感動的でした。疑問をぶつけた高校生は、「あなたは私の質問に応えてくれた」と泣いていました。
 今こそ、被爆者のお話を多くの若い人たちに聞いてもらいたい…。改めて強く思った新春のつどいでした。

(注1)
「ヒロシマ・ナガサキからのアピール署名」については、原水爆禁止日本協議会(日本原水協)が簡潔な解説をしています。こちらをご覧ください。
(注2)「はだしのゲン」は、中沢啓治(1939~2012年)が、自らの被爆体験をもとに描いたマンガ。アニメや映画、テレビドラマにもなっています。


今年最初の土曜定例宣伝で(1月13日、東久留米駅西口)
b0190576_01131297.jpg
b0190576_00564057.jpg
b0190576_00564444.jpg

右は、北村りゅうた市議
b0190576_00564995.jpg


東京・清瀬市消防団の出初式に参加しました(1月13日)
(左から)山崎美和市議、深沢まさ子市議、原のり子
宮本徹衆院議員、佐々木あつ子市議、原田ひろみ市議
b0190576_00565311.jpg
b0190576_00565762.jpg








by hara-noriko | 2018-01-14 00:57 | 活動日誌 | Comments(0)