タグ:議会運営 ( 1 ) タグの人気記事   

都議会 第1回定例会を終わって   

 都議会第1回定例会(3月議会)が終わりました。2月20日からはじまり、長く、密度の濃い議会でした。体調管理にも気を付けてとりくんでいたのですが、いよいよ最終日に向けての討論準備、というときに花粉症をこじらせてしまいました。花粉症の薬は欠かしていないのですが、きっとかぜもひいたんですね。なんとか持ち直して、討論に立つことができました。

討論にうれしい反響
 共産党の討論は、チームでとりくんできた定例会の集大成です。みんなで練り上げます。テレビで中継を見ていた方から、声が寄せられました。「すごくわかりやすく説得力があるな~と思いながらお聞きしました。認めるところは認め、指摘するところは指摘し、何のことは、どこと手をつないでいるのかがよくわかりました」と。とても嬉しかったです。

民主主義が問われた議会

 今議会は、民主主義とは何か、最後まで考え続け、各会派が問われることになりました。
議会運営をめぐり
 ひとつは、議会運営です。当然のことですが、議会はそれぞれ考えの違う人たちによって構成されています。だからこそ、議論を十分に尽くしていくことが重要です。その保障となるのが、民主的で公正な議会運営です。そこを崩してはいけない、と各会派との共同をすすめたことはとても重要だったと実感しています。多数で押し切る政治が横行しているなかで、都議会でそこをおしかえした意味は大きいのではないか、と思います。
徹底審議をめぐり
 もうひとつは、先日のブログにも少し書きましたが、他会派と共同で提出した「市場・築地市場跡地問題等特別委員会」を設置する動議です。共産党を代表して、あぜ上三和子都議が賛成討論を行いました。私たちは、築地を守る立場、自民党は築地を早く民間に売却をという立場。まったく違う立場です。しかし、知事の方針変更はその経緯も、内容もきわめて不透明ななか、十分な議論が尽くされなければならない。その点では一致します。立場は違っても、集中的に議論と調査をすべき。これは民主主義の基本です。知事の予算に賛成した立憲・民主も設置すべきとの立場に立ちました。残念ながら、都民ファーストや公明党などの反対で否決されましたが、125人中50人が設置すべきと賛成したことは非常に重みがあります。

知事の「築地まちづくり方針」 撤回を求める
 小池知事は、今後どうしていくのか。豊洲市場で発生している黒い粉じんについても調査しない、環境は良好、といいきってしまう…。都民の命と健康を守っていく知事として、あまりに不誠実、無責任と言わざるを得ないと思います。
 共産党都議団は3月29日、同日発表された「築地まちづくり方針」の撤回、再検討を求めるとともに、知事出席のもとでの議論が必要と、幹事長談話(大山とも子都議)を出しました。ひきつづきとりくみます。


清瀬市・東久留米市で都政報告を続けています
b0190576_12502587.jpg
桃の花
b0190576_12502850.jpg
ボケとユキヤナギ
b0190576_12503243.jpg
コブシ
b0190576_12503432.jpg

by hara-noriko | 2019-03-31 12:51 | 都議会 | Comments(0)