タグ:農業 ( 7 ) タグの人気記事   

一般質問から(5)都市の農地を守る   

一般質問 答弁含めて再掲載
 都議会第3回定例会の本会議で一般質問(9月10日)に立ちました。すでに質問全文を紹介しましたが、今回は答弁を含めて再掲載します。
一般質問は、一問一答ではないので、聞いているとわかりにくさがあります。そこで、どの質問に対する答弁なのかがわかるように、このブログで5回にわけて報告したいと思います。あわせて、大事な答弁については太字にしました。お読みいただければうれしいです。

質問を終えて自席へ
b0190576_18530225.jpg

農業を続けようと思える支援こそ
都からも前向きな答弁が
 最後は、都市農業です。今回は、都市の農地をまもるためには、生産緑地の追加指定や生産緑地の活用が重要であること、何よりも、農業者の方々が農業を続けようと思える支援が必要であることを軸に質問し、前向きの答弁が得られました。引き続き取り組んでいきたいと思います。
 以下は質問と答弁です。

ミゾソバ
b0190576_19023239.jpg

【質問1】
生産緑地の追加指定で農地を増やす
農地に戻して営農したい農家への支援を
 最後に都市農業についてうかがいます。現在、各区市で、2022年で期限がくる生産緑地についての意向とともに、今後の農地活用についての意向調査が行われています。
 農地保全のためには、特定生産緑地だけでなく、生産緑地の追加指定を進めて農地をふやすとりくみが欠かせません。駐車場に転用した土地を農地に戻すことになった人は、「高齢なので迷ったが、市の人が一緒に考えてくれて、工夫すれば農業ができるとわかりうれしかった」と話していました。農地に戻して営農しようという農家への東京都の支援を強化する必要がありますが、いかがですか。

【答弁1】
 (産業労働局長)農地の減少に歯止めをかけ、東京の農地を保全していくため、都は、市街化区域において、農家が所有する宅地や駐車場を農地へ転換する際の建物の基礎や舗装の撤去等の取り組みを支援しているところでございます。
 今後とも、東京農業の発展に向け、新たな農地の創出に取り組んでまいります。


ミゾソバ
b0190576_18531235.jpg

【質問2】
生産緑地の貸借制度を活用して
福祉施設と農家とのマッチング支援を促進
 法整備によって、生産緑地の柔軟な活用が可能になりました。担い手が少ない農家でも、農地を手離さず、生産緑地の貸借制度を活用して農地を維持できる可能性が広がっています。地域でも、福祉通所施設などからも声があります。福祉施設などと農家のマッチングを支援していくことが求められていますが、いかがですか。

【答弁2】
 (産業労働局長)都市農地の保全には、新たな貸借制度を有効に活用し、福祉法人など多様な担い手とのマッチングを促進することが必要でございます。
 都は、今年度から、福祉農園の開設に向け、農福連携コーディネーターの派遣制度を創設し、農業者と福祉施設のマッチングや農地貸借の手続き等を支援しているところでございます。
 今後とも、こうした仕組みを活用し農地の保全を図ってまいります。


 将来にわたり東京の農地を保全していくためには、営農継続の支援こそ重要であることを指摘し、質問を終わります。

キバナコスモス
b0190576_18564526.jpg



by hara-noriko | 2019-09-29 18:56 | 都議会 | Comments(0)

東久留米市都市農政推進協議会の総会に参加   

考えさせられたこと
 7月31日、東久留米市都市農政推進協議会の第33回通常総会に参加しました。開会あいさつでは、遠藤副会長から、私たちは必死で農地を守ってきたつもりだが、農家だけでなく消費者の方たちに応援してもらわないと都市農業は守れない。市議会の新しい議員さんにも市民の方にも理解、応援してもらえるようにとりくみたい。…という趣旨の内容が話され、改めて考えさせられました。その後、大山会長のあいさつで、今日も総会後に特定生産緑地指定についての説明会を行うので、参加して学んでほしいとのよびかけがありました。

私もごあいさつ
 議案可決後、来賓として出席していた市長と都議がそれぞれお祝いの言葉を一言述べました。以下は、私のあいさつ要旨です。

東京農業を牽引する東久留米

安心して家族農業が続けられるように
 本日は、第33回通常総会の開催まことにおめでとうございます。また、ご案内をいただきありがとうございます。ここ数日の猛暑で、作業も本当に大変だと思います。どうか、熱中症には十分注意され、体調に気を付けていただきたいと思います。
 2月22日に東京農業者大会がおこなわれ、私も会派を代表して出席させていただきました。毎年、農業者の方への表彰がおこなわれ、冊子にまとめられていますが、今年は、表紙が東久留米の農業者の方でした。
 改めて、東久留米のみなさんが、東京農業を牽引してくださっていると実感しました。そして、みなさんご家族を中心に頑張られています。日本の家族経営の農業の良さが大事にされる。今後とも家族農業が安心して続けられるように、国にもいっそう働きかけていかなければならない、と冊子をみながら感じました。

担い手のみなさんへの支援を強めたい

 そういうなかで、今、特定生産緑地指定についての対応をみなさん検討されています。勉強会なども積み重ねながらのきめ細かい取り組みに敬意を表します。私は、こうして都市農業を継続するために努力を続けられているみなさん、農業の担い手のみなさんへの支援を今こそもっと強めていくことが必要だと実感します。
 たとえば、固定資産税の負担が重い、という問題についても、市や都が知恵をだしていくことなど、真剣にすすめていくことが求められていると思います。

農業のプロに学びながら
 農業のプロであるみなさんのご意見に学ばせていただきながら、微力ですが、私もしっかりとりくんでいきたいと改めて考えています。今後ともよろしくお願い致します。
 会がますます発展することを祈念してお祝いの言葉といたします。

バッタ
b0190576_01562385.jpg
流れ(落合川)
b0190576_01562683.jpg
アメンボウ(黒目川)
b0190576_01562959.jpg





by hara-noriko | 2019-08-01 01:58 | 活動日誌 | Comments(0)

市民みんなで農業の発展を考える   

東京・清瀬市 「みんなが主役」市民の会
都市農業をテーマにタウンミーティング
 東京・清瀬市で、「みんなが主役」市民の会が主催するタウンミーティングに参加しました(2月18日)。テーマは都市農業。会場は、満席です! 「市民の会」の池田いづみさん、ステキな方です。言い残すことなく話していってください、との冒頭のあいさつに、市民が主役を貫ける方だと感激! 私は、都市農業とのであい、農業者から学んだことを発言しました。以下は、その要旨です。

【私のスピーチ(要旨)】

 みなさんこんにちは。ただいま紹介していただきました都議会議員、日本共産党の原のり子と申します。きょうはありがとうございます。こんなにたくさんの方が集まっていて、しかもスタートの本当に大事な集まりだということがいまわかって、とてもドキドキしています。

池田いづみさんの言葉に感激
 池田いづみさんがいまごあいさつされました。短いあいさつでしたけれども、すばらしい方だと思いました。「みなさんいい残すことなく発言されて帰ってくださいね」とおっしゃっていましたけれども、本当にそこが大事だと、私も思います。みんなが主役になって、みんなが意見をいい合える。そのことが大事にされる、そういう市政にしていかなければならない。池田さんがいかにふさわしい人かということが、そのひとことでも表れているなあと思って感激しました。きょうは、自分の都市農業に対する思いを話させてもらって、みなさんのこの後の討論に生かしていただけたらいいなあというふうに思います。よろしくお願いいたします。

川があって、緑があって、畑がある
この環境が清瀬・東久留米の魅力
 都議になる前は、東久留米の市議会議員として5期活動してきました。子育て世代から市議会議員をというなかで、3番目の子が生まれた直後でしたけれども、3人の子を保育園で支えてもらいながら、市議会議員になったという経緯があります。
 都市農業と私の関わりは、市議会議員になるときに、実はありました。子育てしやすい、また高齢になっても、障害があっても安心して住み続けられる町にしていきたい。じゃどういうことを政策化していくのか。みんなで話し合っているときに、清瀬・東久留米地域の大好きなところは、やっぱりこの環境なんですね。川があって、緑があって、畑がある。東久留米では、落合川があり、その落合川は夏になると子どもたちが泳いで遊べる。すぐ近くは湧水があるんですが、私も子育てのなかでもそこが大好きで、市民プールはないけど川があるじゃないか。この環境がとても大事と思っていました。

水が豊富で環境がいい
「畑がたくさん残されているからだよ」と
 そのことをみんなで話し合っているうちに、どうしてこんなに水が豊富なのかなあという話になりました。いろいろみんなで検討するなかで、当時、東京農民連の事務局長をされていた方にお願いをして、勉強会を開いたんです。そのときに、これだけ水が豊富で環境がいいというのは、畑がたくさん残されているからだよ、っていうふうに聞いて、私は目からうろこだったんです。もうみなさんはそんなの当たり前と思うかもしれないです。でもその当時、私にはそういう知識がありませんでした。

都市農業を守ることが一大テーマに
 畑があって、そこに雨もしみこんでいく、それが湧水にもつながっていくんだ、と。環境を守るためには農業を守っていくことがとっても大事なんだということを、そのときに教えられました。もうハッとして、そうなんだということで、都市農業を守っていくことが一大テーマになりました。

農家に聞きに行って
 いろいろ教えてもらいたくて、「どんな農業をやってるんですか」と農家に聞きに行きました。私は共産党なので、みなさんどういうふうに思われるかなと思っていましたが、自民党のポスターとかが張ってあるお家でも、「いいよ、いいよ」ということで話を聞かせてもらいました。

「この土地で農業を続けたい」

「先祖から受け継いだ土地を守りたい」
 そういうなかでわかったことは、みなさんいろいろ立場の違い、考え方の違いはあるけれども、この土地で農業を続けたいということ、そして先祖から受け継いだ土地を守りたいと、すごく強く思っているということを知りました。それは、自分の私利私欲とかではなくて、この大事な土地を受け継いできたものをなくしたくない、と。今の国の農業政策では、なかなか農業だけでは食べていけないけれども、本当は農業だけでやりたいというふうにいってらっしゃる方もたくさんいることも知りました。

立場の違いを超えて農業守る
 それを知らないときには、また農地を売って家を建ててるというふうに思っていました。でも、本当はつらいんだという話も農家の方に聞かせてもらいました。そういうなかで、都市農業を立場の違いを超えて、一緒に守っていくという、そういうとりくみが大事だなあということを感じました。

農業は素人の私だけれど…
 それで、そんなことを自分なりに、本当に素人で、私、農業をぜんぜんやったことなくて、そういう農家に行くと、「そこのトマト持ってっていいから、自分でちょっと切って持っていきな」っていわれても、そのはさみの使い方さえわからなかったくらいです。不器用だし、農業は素人なんだけれども、その素人の私が、農業が本当大事だと思っていますということを訴えて、市議会議員選挙なんかもとりくんだわけです。

農業委員になって
 そして、農業委員になりました。当時は議員の枠があって、なんとか入れて、農業委員になったら、「素人が来てもらっても困る」と農業委員会でいわれました。けれども、素人だからこそ、また消費者の一人として、大事だという思いを発信していきたいということをみなさんと話し合いながら、いろんなことを教えてもらいました。

活性化支援事業を使いやすく

 私なりに都市農業にとりくんできて、この問題はやっぱり立場の違いを超えるということを実感しています。私は都議会議員になって初めての一般質問で、小児医療の問題と都市農業の問題を取り上げました。決算委員会では都市農業活性化支援事業についてとりあげました。これについて農民連のみなさんや東久留米、清瀬の農家の方に話を聞くと、「もっと使い勝手をよくしてほしいんだ」ということをいわれました。
 これはですね、3戸以上、3つの農家が集まって、1件あたり最低事業費500万円という事業なんですね。そうすると、3つの農家が事業をやりたいと思わなければ、この補助は使えないということです。「たとえ1軒であっても施設整備などに支援を受けたい、といったらこの補助がつけられるようにしてほしい」ということを一般質問の前の決算委員会で取り上げました。そうしたところ、「その地域の特性に応じて、必要であれば1軒でも補助をつけます」という答弁がありました。これは、本当に良かったなと思います。
 みなさんにもっともっと使ってもらえるようにしていきたいと思いますが、先日も、清瀬のある大きな農家の方にお会いしたときに、活性化支援事業は本当に良かったと、助かったっていうふうにいってくださっていたので、ああ良かった、と思っています。

農業体験農園の支援もすすめたい
 また、農業体験農園を支援していく事業、これも非常に重要で、いま東京都でもやっていますけれども、もっと利用者の負担を軽減するとか、いろんな形で工夫できないかということを都に提起しているところです。
 生産緑地の8割が2022年にちょうど期限を迎えてしまうんですね。そうすると、東京の農地がいっぺんに宅地化する危険もあるので、そこをくい止めていくためにも、農地を守るためにも、体験農業を推進して、応援していくというのはとても重要なんです。これについても、東京都が農業体験農園のPR、これからもっと進めていくという答弁がありました。

みなさんの声を市議会、都議会へ

 こういうことを一つひとつ、本当にみなさんの声で、とくにその補助金の関係は、東京都と密接につながっていますので、みなさんの声を市議会でも、そして都議会でも取り上げることで実現できることはたくさんあるなというふうに思っています。

自然が大事にされた環境を市民が守る

 私はそういうなかで、この本当に立場の違いを超えて清瀬の農業を守っていく、そして農業がよくわからなくても、自然が大事にされた環境を一緒に市民で守っていきましょうということで、やっていくことが本当に重要だなと思います。
 今日みなさんがいろいろ話し合われるということ、それが都市農業をテーマにするということ自体が本当にすばらしいなあと、画期的だなあと思います。有意義な議論がされるように期待をいたしまして、私の話を終わりたいと思います。ありがとうございました。

満席の会場でスピーチ
b0190576_23043340.jpg
あいさつする池田いづみさん
b0190576_23043732.jpg
タウンミーティングの予定
b0190576_23044134.jpg

《関連情報》
「みんなが主役」市民の会
原のり子 一般質問(東京農業の振興)
原のり子 一般質問(全文)
原のり子 決算特別委員会での質問(都市農業への支援)
原のり子 都市農業への思い



by hara-noriko | 2019-02-22 23:10 | 活動日誌 | Comments(0)

都議予定候補として自己紹介(2)都市農業への思い   

 東京・清瀬市で行われた「つどい」で、都議予定候補として自己紹介しました。前回は、3人の保育園児を抱えながら東久留米市議としての活動がスタートしたエピソードを紹介しました。2回目は、農家の方々との出会いと交流です。

 こんなこともありました。私は1期目に当選して農業委員会の議会選出の議員になりました。私は、水と緑豊かなこの地域が大好きです。ここで子育てできて幸せだと思っていました。
「素人に来てもらっても困るんだよな」
 それで、市議選に出る前に東京農民連の方に来てもらい、農地の果たしている役割を勉強しました。農業を大事にしていかなければならないな、と強く感じ、選挙でもそのことを訴えました。当選して農業委員になったのですが、初めての会合のときです。私が会場に入り席に着くと、ある農業委員の方がいいました。「素人に来てもらっても困るんだよな」と―。
「大丈夫だよ」「よろしくね」
 その場は、シーンとなりました。私は、ショックというよりも、「たしかにそうだな」「真剣に農業をしている方からしたら、そう思うのは当然かもしれない」と思いました。自己紹介することになったので、「たしかに私は素人です。でも、消費者として、また子育てをしながら、この地域の農業は大事だと思ってます。勉強しながらとりくむのでよろしくお願いします」という趣旨の発言をしました。農業委員会の会合が終わって帰りがけに何人かの方たちが、「大丈夫だよ」「よろしくね」と声をかけてくださいました。
「いろんな人が関わってくれることが大事だ」
 その後も、農業関係者の大きな集まりに行ったときも、共産党の若い女性が来た、という視線を感じました。そのときの代表の方のあいさつで、「いろんな人が関わってくれることが大事だ」といってくれ、輪に入れてくれました。
私の大事な宝物
 それから、農家の方たちにいろいろなことを教えてもらいました。青果市場についていったこともあります。農業委員会でもみんなで相談して、超党派で生分解マルチシートへの助成を実現するなどのとりくみをすすめてきました。農業委員ができたのは4年間だけでしたが、この4年は私の大事な宝物です。

都議予定候補として自己紹介(1)3人の園児を育てながら
都議予定候補として自己紹介(3)都政に挑戦する思い
清瀬の佐々木あつ子市議が私を紹介してくださいました


みなさんから温かい感想をいただきました
b0190576_23290906.jpg
一緒にスピーチした宮本徹衆院議員と
b0190576_23291264.jpg


homepage   twitter   facebook



by hara-noriko | 2017-03-01 23:32 | 東京都政 | Comments(0)

宮本徹衆議院議員と一緒に農業者を訪問   

農地を残したいのだが…
 4月3日、宮本徹衆議院議員(東京20区予定候補)と一緒に、農業者の方を訪ねました。少し肌寒い日。作業小屋で、抹茶のお茶をいただきながらお話しをうかがいました。国では、都市農業振興基本法にもとづき、基本計画の策定が進められています。その状況を宮本議員が伝えながら、どうやったら農地を残していけるか、どんな課題があるか、さまざま話しになりました。「農地を残したくても、相続が起きれば、土地を切り売りするしかない」「固定資産税の負担も大きく、ウン百万円。この小屋も農作業のために必要だけど、農地として認められない」
 基本法ができたことは画期的ですが、本当に、都市に農地を残すためには、相続税や固定資産税の対策がなければできない、と改めて実感します。
さっそく国会で質問
固定資産税の抜本的軽減や相続税納税猶予制度の適用を求める
 宮本議員はさっそく、5日の衆院財務金融委員会でこの問題をとりあげ、その一端が9日付の「しんぶん赤旗」に載っています。宮本議員は、「農家には農地以外にも、納屋、屋敷林、農作業の場所もあり、これらについても、固定資産税の抜本的軽減や相続税納税猶予制度の適用が必要」と指摘し、次年度の税制改正で踏み切るよう求めました。それに対し、麻生財務相が、関係省庁と詰めていく旨の答弁をしています。ぜひ、実現するよう働きかけを強めたいと思います。

世界で一番貧しい大統領
 4月9日付の、しんぶん赤旗のコラム「潮流」に、南米ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領のことが紹介されています。「世界で一番貧しい大統領」。でも、その称号には誤解があると。また、戦争法(安保関連法)についての認識も。とてもいい内容です。ぜひ。
沖縄報告は改めて
 本当に行って良かった…。すぐにブログに沖縄のことを書こうと思ったのですが、「行って良かった」の中身が本当に重く、まだ自分のなかで考え続けています。もう少ししたら、写真とともに、報告したいと思います。

農業者の方から意見を聞く宮本徹衆院議員

b0190576_13253442.jpg


by hara-noriko | 2016-04-09 13:25 | 活動日誌 | Comments(0)

農業の大事さ、農業者の苦労と努力   

東京農民連の総会に参加しました
 2月7日、第27回東京農民運動連合会(東京農民連)の総会があり、参加しました。予定が重なっていて、少し遅れてしまい、来賓の尾崎あや子都議のお話を聞けなかったのは残念でした。
学ぶ場に恵まれて
 私は、市議会議員1期目の4年間、幸運にも議会選出の農業委員として活動しました。地元の農業者の方々にいろいろと教えていただきました。そして、農民連の会員にもなり、学習会に参加したり、都市農業を守るための要請行動などにも参加してきました。農業にまったく縁のない私が、こうした活動に参加でき、農業の大事さ、農業者の苦労と努力を知る機会に恵まれたことは、本当によかったです。このことを何も知らないまま、議員として過ごしていたら、どういう感じだっただろう…。
 今回も、島(利島)のとりくみをはじめ、各地域のとりくみ、また、都市農業振興基本法をどう生かすのかなど、さまざま学ぶことができました。小平の細谷市議、町田の渡場市議も参加されていました。
 総会の最後に、田中山五郎さんから、小寺理一さんに会長をバトンタッチ。大変な状況のなか、長年会長を務められた田中さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

活動報告をする田中山五郎さん
正面向かって左端が小寺理一さん
右端が全国農民連の斉藤理事
b0190576_23573051.jpg


by hara-noriko | 2016-02-10 23:58 | 活動日誌 | Comments(0)

都市農業の振興に力を尽くしたい   

 この間、さまざまな大事な集会や学習会があり、いろいろ考えさせられ、勉強になりました。そのなかから、いくつか報告したいと思います。

 まず、3月15日の東京農民運動連合会総会。
 私は、議員1期目のときに、農業委員として活動しました。農業委員会には、当時、議会選出枠が3人あり(今は2人)、自民・公明・共産からそれぞれ1人ずつ委員になりました。そのときの4年間は、私にとって宝物です。
 私は、農業についてまったくの素人です。都市農業のこと、東久留米の歴史などをいちから教えていただき…このまちがいっそう好きになりました。生分解マルチシート助成について話し合うときも、実物を見たり、畑に行ったり、本当に勉強になりました。農は、人の基本なんだと実感する日々でした。このころから、農民連の会員にもなり、農民連の役員の方が東久留米にも幾度となく足を運んでくれました。
 国において、都市農業振興基本法が制定されようという動きについて、今回の総会で学びました。国が、都市に農地はいらない、としてきたことからすると、180度の転換です! 農家の方々の長い間の努力の結果だと思います。私は、市議会で、過去に、都市農業を振興する条例制定を提案しました。改めて、市としてできることを考えていきたいと思います。また、同時に、都市農業を本当に守るためには、税制の見直しが不可欠です。国への働きかけを強めたいと思います。
 総会には、清瀬市の佐々木あつ子市議、小平市のほそや正市議も参加していました。

黒目川の桜
b0190576_00270966.jpg

by hara-noriko | 2015-04-01 00:32 | 活動日誌 | Comments(0)